【AD】レシートがペーパーレスになる「スマートレシート」を使ってみた

【AD】レシートがペーパーレスになる「スマートレシート」を使ってみた_c0060143_22020732.jpg
いろんなものがデジタル化されていく中、なぜかいまだにお店のレシートっていまだに紙のまま。こんなにテクノロジーが進歩しているんだから、レシートも今の時代に合うように新しいカタチに進化すれば良いのに、と思ったら、もうそういうサービスはあるみたいですね。今の時代にマッチした、スマートなレシート。その名も、スマートレシート。

というわけで今回は、東芝テック株式会社さんのモニターとしてこの「スマートレシート」を使ってみましたので、ご紹介します。

使い方はとても簡単。スマートレシートに対応したお店で、会員カードを連携させる手続きを行うと、次回からレシートが紙ではなく、スマートフォンのアプリに直接届くというもの。

今回僕は、神楽坂にある「よしや」というお店で、スマートレシートを使ってみました。手順としては、まずその店舗に行き、お店の会員カードを発行してもらいます。で、一度そのカードを利用すると会員カードがアクティベートされ、スマートレシートと連携できるようになるので、お店の方に手続きをしてもらいます。すると、翌日以降の買い物分から、レシートが電子化されるという仕組み。とてもシンプル。

【AD】レシートがペーパーレスになる「スマートレシート」を使ってみた_c0060143_22055373.jpg
レシート一覧の画面。使い始めたところなので、まだ一件のみ。月間の集計もできるようですね。

【AD】レシートがペーパーレスになる「スマートレシート」を使ってみた_c0060143_22055558.jpg
スーパーで買い物をしたので、内訳は食費と消費税です。


【AD】レシートがペーパーレスになる「スマートレシート」を使ってみた_c0060143_22055695.jpg
ビールとお菓子を買いました。

というわけでこのスマートレシートを使うと、レシートの内容がいつでも自分のスマートフォンで確認できます。お店によっては、クーポンが発行されたり、ポイントがついたりなども。

実際に使ってみて、最初の会員カードの連携までがちょっと手間ですが、一度連携してしまえば、後は会計時に会員カードを出すだけなので、特に追加で何かをすることもなく、自動的にレシートが直接電子化されるのは便利です。

ちなみに、お店によっては会員カード連携ではなく、アプリのバーコード画面を見せるという使い方もあるようですので、詳しい使い方はスマートレシート対応のお店で確認してみてください。

まだこのスマートレシートに対応している店舗はそれほど多くないので、今後もっと店舗が増えれば、さらに使いやすくなると思います。


by t0maki | 2018-01-16 22:04 | モニターレビュー | Comments(0)

書くこと、つくることが好き。旅をしながら写真を撮ったり、製品レビューをしたり、思いつきでいろんなところに飛び込んでみたりします。英語と走ることが得意。

カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31