ブログトップ | ログイン
土砂降りの雨の中「越後謙信きき酒マラソン」が楽しすぎる
c0060143_12011728.jpg

雨の山道を泥だらけのずぶ濡れになりながら走ってたら、後ろからビール瓶の着ぐるみの人にゆっくりと抜かされた。僕は、その背中をずっと見送った。

新潟県上越市で開催された、「越後謙信きき酒マラソン」に参加しました。山道はもちろん、神社、ダム、滝、階段など、なんでもありの高低差200m、21kmを走るマラソン大会です。

c0060143_19330862.jpg

c0060143_19331102.jpg

c0060143_19331342.jpg


あいにくの雨の中スタート。そのまま雨足は衰えることなく、後半2kmは横殴りの雨と、風と、落ち葉が舞い散る暴風雨。個人的には、雨の中を走るのは好きなので、大歓迎ですけど。山道とか、途中川になってたぞ。最初は濡れないように水たまりの無いところを選んで走ってたけど、全身くまなくパンツまで濡れきってからは、もう雨でも何でもどんと来い、と。水たまりも関係なしにジャバジャバみんな走ってました。

c0060143_19340088.jpg

c0060143_19340475.jpg


もう、汗だか雨だか鼻水だか分かんないようなドロドロ状態で、目に汗が入って染みるのがなんだか楽しくてね。「なにやってんだオレは」、みたいな。下り坂をスピードに乗って走るときに、一歩ごとに足を踏み込むときにびしょ濡れのシューズからグシャッ、グシャッって水が染み出すのが可笑しくて、可笑しくて。変なテンションで、笑いのツボにはまった。

このマラソンは、エイドステーションがかなり充実してて、地元のいろんな人たちが食べ物などを提供してくれました。スタート直後にアツアツのなめこのみそ汁。その後も大根の味噌漬け、ビールの仕込み水とモルト、抹茶と和菓子、蕎麦、バーベキュー肉、そしてスキー汁とおにぎり。もちろん、ゴールしてからの利き酒コーナーでは、15種類の日本酒を飲み比べ。雨の中にも関わらず、こんなにたくさんおもてなしをしてもらって、本当に感謝です。

c0060143_19344148.jpg

c0060143_19344380.jpg

c0060143_19344551.jpg

c0060143_19344888.jpg


あと、沿道の声援とか、ありがたい。元気が出ますね。もう歩きたいとか思うんですけど、応援してくれる人がいるとついつい頑張って走っちゃう。

雨で全身ずぶ濡れになって、筋肉が冷え切って最後の方で足がつったり、雨でずっと濡れ続けてたので手の指とかしわしわになるし。肉体的にはめちゃめちゃ辛くてしんどいのに、なぜか笑いがこみ上げてくる感じ。すげー楽しかった。

ようやく山道を抜け15kmを過ぎたあたりで、雨の音を聞きながら防水ジャケットのフードを深くかぶって田園風景の中まっすぐな道を走ってたら、急に眠気が襲ってきた。そのままずっと走り続けてたら、ふと急に「あ、いま完全に無だった」っていう瞬間があって面白かった。もちろん、その無の瞬間は「自分が無だ」とか意識してない。それが過ぎた後、振り返ったら「そこに無があった」みたいな感覚。なんか、不思議。

スタートしたのが、午前10時。ゴールしたのは、13時40分。主催者の方も言ってたけど、今回のファンランは楽しく走るのが目的なので、むしろ早すぎるゴールはNG、と。エイドステーションでゆっくり飲み物や食べ物を補給して、バーベキューで肉を焼いて炭火で暖をとりつつ、屋根のあるところで雨宿りしながらストレッチなんかもしつつ、呆れるくらい過酷でとんでもなく楽しいマラソンを走りきることができました。

c0060143_19353227.jpg

c0060143_19353411.jpg

ゴールした後は、利き酒大会。15種類の日本酒を飲み比べました。

こういうのに参加すると、走ってて良かったなと思います。これからも、走り続けますよ。

c0060143_19364730.jpg



by t0maki | 2017-11-04 19:31 | ライフスタイル>スポーツ | Comments(0)

<< ブレードランナーの新作が見られ...     上越新幹線に乗りながらブログに... >>
Back to Top