【AD】BenQ社製のWebデザイナー向けディスプレイ「PD2700Q」を堪能できる実践的ワークショップイベント

この記事は、reviews(レビューズ)より依頼した企画です。
【AD】BenQ社製のWebデザイナー向けディスプレイ「PD2700Q」を堪能できる実践的ワークショップイベント_c0060143_16244342.jpg
会場に入った瞬間、ずらりと並んだスタイリッシュなモニターディスプレイが目に飛び込んできて、なにやら映画に出てくるラボのシーンみたいでかっこいい。6月16日(金)に、上野の「いいオフィス」の会場で開催された、BenQアンバサダープログラムのイベント『BenQのデザイナー向けディスプレイ「PD2700Q」体験イベント』に参加してきました。今回の主役は、BenQ社製のWebデザイナー向けディスプレイ「PD2700Q」です。

【AD】BenQ社製のWebデザイナー向けディスプレイ「PD2700Q」を堪能できる実践的ワークショップイベント_c0060143_15322417.jpg
今日の主役は、webデザイナー向けディスプレイ。


【AD】BenQ社製のWebデザイナー向けディスプレイ「PD2700Q」を堪能できる実践的ワークショップイベント_c0060143_15322409.jpg
ブライアン、でしたよね。

イベントのタイトルどおり、BenQ社製のディスプレイ「PD2700Q」を体験できるイベントです。
今年2月下旬に横浜で開催された「CP+ CAMERA & PHOTO IMAGING SHOW 2017」でもBenQのブースでご登壇された黒野さんが講師となり、PhotoshopやDreamweaverといったWeb制作のソフトを操作しながら、このディスプレイの魅力を遺憾なく体感するという内容のワークショップ。

僕も、もともとは2000年代頃からゴリゴリのWebデザイナーをやっていたので、こういう最新の機材を使って操作を体験できるのは楽しくて仕方ない。写真補正のPhotoshopの機能として、フィルタの「かすみの除去」とか、顔認識による表情の補正といった操作を実際にやってみたり、Web制作のDreamweaverの方では「Emmet」っていうコードの直打ちをカンタンに省略語で入力する方法や、.psdファイルをそのまま同期しながらWeb用に最適化する方法などを教わりました。

いやはや、だいぶ新しい機能が増えていて面白い。

【AD】BenQ社製のWebデザイナー向けディスプレイ「PD2700Q」を堪能できる実践的ワークショップイベント_c0060143_15322447.jpg
講師の黒野さん。教え方、慣れていらっしゃる。


【AD】BenQ社製のWebデザイナー向けディスプレイ「PD2700Q」を堪能できる実践的ワークショップイベント_c0060143_15322486.jpg
フォトショの最新機能とか、プリクラみたく顔を補正できるのすごいね。

で、今回の主役はそういったWeb制作の現場に最適化されたWebデザイナー向けのディスプレイ「PD2700Q」なわけですが、特長としては27インチで、2KすなわちWQHD(2560 x 1440)っていうサイズ感の画面で、Web制作にはぴったりの大きさ。特長としては、「10ビットの色深度とRec.709および標準RGBの色空間(sRGB)から10億を超える色が生まれ、驚くほど正確な作業を可能にします」っていう説明からは伝わりづらいかもしれないけど、要は色の再現力がすばらしい、と。かつ、作業に応じていろいろなモードをディスプレイの方で選択することができます。

標準: 一般的な画面設定。
Rec.709: Rec.709(HDTVの国際標準)による色の再現。
sRGB: sRGB(IECによるRGB色空間の規格)による色の再現。
CAD / CAM: コントラストを強調。CAD / CAMソフトを使う時に適している。
デザイン: 暗い色のコントラストを高める。0から10で設定。
ブルーライト軽減:ブルーライトを減らす。四段階で調整可能。
暗室: 写真画像などの影の部分がくっきり鮮明になって、画像編集しやすい。
エコ: 輝度を最小限にして電力消費を少なくする
ユーザー: ユーザーが定義した設定

で、こっからがこのディスプレイのさらなる特長でもあるんですけど、DualView(デュアルビュー)っていうのが指定できて、ディスプレイ画面の左右をそれぞれ異なるモードに設定できるんですよ。これの何がすごいかって、例えば画面の左半分を「暗室モード」にしてPhotoshopを使って写真の細かなリタッチをしつつ、さらに画面の右半分を「CAD / CAMモード」にしてコントラストが高めの状態でコードを書くとかできるわけですよ。つまり、ディスプレイを2つ用意することなく、ことなる二つの画面モードを同時に試せる、ということ。

例えば、スマートフォンアプリを開発するときなどに、様々な画面の見え方を簡易的に素早く確認したいときなどにも、ディスプレイの設定をsRGBやエコモード、ブルーライト軽減や、デザインモードなどくるくると切り替えつつ、どんな画面でも見やすい状況をディスプレイの設定を変えることで確認することができる、と。

長時間画面に向かって作業を続けるWebデザイナーにとって、フリッカーフリーでチラつきが軽減されるのもすばらしいし、ブルーライト軽減モードなどもぜひ活用すると良いと思います。目に優しいってのは、かなり重要です。

【AD】BenQ社製のWebデザイナー向けディスプレイ「PD2700Q」を堪能できる実践的ワークショップイベント_c0060143_15322421.jpg
PD2700Qをこんな感じでノートPCに繋いで、左右の色設定を変えると、それぞれ用途の違う作業が同時にできるので捗るし、見やすい。


さらに、この「PD2700Q」の特長としては、画面の角度や向きがカンタンに調整できるということ。左右に45度回転できるので、隣の人にデザインを見せるときなどにくるっと角度を変えられます。さらに、目線の高さや姿勢に合わせて、上方向に20度と下方向に5度の角度調節も可能。高さ調節も、上下130mm動かすことができます。これは、室内の照明の反射を軽減させたり、あるいは長時間の作業で疲れてきて姿勢がぐでーーってなった時とかに、目線が低くなるから画面の角度も下向きに変えてみたりなど、作業しながらもいろいろ変えることができて良いですね。

僕が好きなのは、画面をぐるりんと90度回転させて、横向きのディスプレイを縦向きに変えてしまうこと。画面の下側を手前に引っ張ってちょっと斜めにした状態で、「えいやぁ」ってディスプレイを回すと、縦長のディスプレイに早がわり。画面を縦向きに表示させる設定は、パソコンの方からやる感じです。例えば、スクロールのある縦長のページを確認するときなどに、ディスプレイも縦にすると確認がしやすい。必要なときだけくるっと縦にしたり、横に戻したり、画面の見え方ががらりと変わるので面白いですよ。

【AD】BenQ社製のWebデザイナー向けディスプレイ「PD2700Q」を堪能できる実践的ワークショップイベント_c0060143_15322444.jpg
この、ディスプレイをくるんと回して縦にするやつ、良いよねやっぱり。


【AD】BenQ社製のWebデザイナー向けディスプレイ「PD2700Q」を堪能できる実践的ワークショップイベント_c0060143_15322470.jpg
モニターディスプレイを縦に配置するとなんだかちょっと違った世界。
全部で2時間のイベントでしたが、ホントにあっという間でした。楽しくで役立つワークショップでしたよ。「へー」「ほー」とか言いながら、あちこち触って試してみたり。ディスプレイをぐるぐる動かしてみたり。

最近、ブログ用の写真編集も画像加工も文字入れもほとんどスマホだけでやっちゃうことが多いのですけど、ひさびさにじっくりパソコンとモニターディスプレイを使ってみて、やっぱりクオリティとか処理速度とか、そもそもの画面の見やすさとか、あたりまえだけどだいぶ違うよなぁと実感。

そんなイベントでした。
今回ご紹介したPD2700Qは、以下のオンラインショップで購入できます。



■BenQアンバサダープログラムについて

BenQアンバサダープログラムは、このような製品体験ができるアンバサダー限定イベントや、新製品の情報を教えてもらえたり、あるいは実際の製品に触れられるモニター企画など、BenQファン向けの様々な取り組みを行っています。僕もなぜか、アンバサダーとしてCP+のBenQブースにお手伝いをしに行ったりもしました。貴重な体験ができるチャンスなので、ご興味ある方はぜひ登録してみてください。

【AD】BenQ社製のWebデザイナー向けディスプレイ「PD2700Q」を堪能できる実践的ワークショップイベント_c0060143_15322420.jpg
プレゼン用スライド。


【AD】BenQ社製のWebデザイナー向けディスプレイ「PD2700Q」を堪能できる実践的ワークショップイベント_c0060143_15322483.jpg
BenQアンバサダーのパネルも。




by t0maki | 2017-06-29 07:34 | イベント・スポット | Comments(0)

書くこと、つくることが好き。旅をしながら写真を撮ったり、製品レビューをしたり、思いつきでいろんなところに飛び込んでみたりします。英語と走ることが得意。

カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31