【PR】わりかんアプリ「paymo(ペイモ)」を使うときのお作法

【PR】わりかんアプリ「paymo(ペイモ)」を使うときのお作法_c0060143_19302861.jpg
名前だけは聞いたことあったんだけど、実際に使ってみたのは初めて。わりかんアプリ「paymo(ペイモ)」のブロガーイベントに参加して来ました。


【PR】わりかんアプリ「paymo(ペイモ)」を使うときのお作法_c0060143_15235392.jpg
AnyPay社のpaymoのブロガーイベント。電子決済のルールとか、お作法とか、面白い。


【PR】わりかんアプリ「paymo(ペイモ)」を使うときのお作法_c0060143_15235253.jpg
お弁当を買って、アプリで割り勘をするというデモ体験。


【PR】わりかんアプリ「paymo(ペイモ)」を使うときのお作法_c0060143_15235291.jpg
という、シミュレーション。


面白いね。飲食店などで割り勘することに特化したアプリだけど、それを支える金融テクノロジーとか、仕組みの部分とか、法律的な部分とか、すごく勉強になったし、電子決済にも興味が湧いてきた。ユーザーにとってはわりかんが便利になるって以外にも会員登録特典とか、友達紹介特典とか、5パーセント割引とか、「え?こんなに!」ってくらい今ならメリットがあるのに、このサービスを提供してくださってるAnyPay社はビジネスとして成り立ってるんだろうか?っていう素朴な疑問があったけど、そこはきちんと今後、法人向けサービスの方で回収していくっていう流れらしい。なので、paymoのユーザーにとってはホントにメリットしかないくらいな感じで。いや、すばらしい。

paymoの仕組みとは?

paymoは、仕組み的には「収納代行」っていう方式で、分類的には個人間オークションの「メルカリ」と同じカテゴリってのがおもしろい。要は、paymoのユーザー同士で、個人間の請求や支払いができる、と。現金が手元になくても、paymoアプリのポイントや残高、あるいはクレジットカード決済で支払いができるのが特徴。なので、居酒屋やレストランなどで、幹事の人が料金を支払ったら、レシートや領収書をアプリで撮影し、あとはその場にいる人たちにアプリで請求ができる、と。この「レシートや領収書が必要」ってのがpaymoの特徴。飲食店に行って、飲み食いをした後に料金を払って、「連帯債務」という形で支払った人に同席した人たちが個人間でお金をやりとりするっていう仕組みなんですね。そんな使い方。

今回のイベントで、僕が幹事役でシミュレーションをしてみたんだけど、普通にお金を払って、レシートをもらって、それをアプリで撮影したら、請求の準備完了。請求の方法は何通りかあって、今回は知らない人同士だったので、僕が請求用のQRコードをつくって、それをみんなに画面で読み取ってもらって、各自割り勘の金額を払ってもらう、と。カンタンでした。

他にも、paymoのアプリから友達登録してる人に請求したり、あるいは請求用のURLを個人的に伝えたりしても、わりかんの請求ができますよ。
そして今なら、会員登録特典で1000ポイントがもらえるのと、友達紹介で500ポイントがもらえたりするので、うまく使うとかなりかなりお得ですよ。

残高とポイントの違いは?

paymoには「My残高」と「ポイント」があって、どちらも支払いに使えます。ただし、ポイントは6ヶ月、残高は1年の期限があるのでご注意を。有効期限内に使わないと、消滅してしまうので気をつけて。

残高の方は、200円の手数料で、自分の銀行に振込みができます。ポイントの方は、残高に移行はできないので、これは有効期限内に支払いで使うようにしましょう。

手数料や月額使用料はかかるの?

ここがわりと不思議なところなんだけど、paymoを利用する際に、今はキャンペーン期間中につき手数料がかからないという。もちろん、月額や年額の使用料もなし。ただし、月間5000万円を超えた分だけ、2.8%の手数料が発生します。と、割り勘や立て替えをする際は、1回の支払い金額の上限は10万円。さらに、月間で支払い可能な金額は計30万円まで。詳しくは、paymoの公式サイトを見てくださいね、ということで。

どんなときに使えそう?

paymoを使うと、飲み会や食事会の支払いが楽になりますね。paymoのユーザー同士ならその場でさくっと幹事に支払いができるし、「後から金額計算してURLを送っとくから払っといてねー」って感じにも使える。途中で帰らなきゃいけない人とか、お酒が飲めない人とかいると、わりかんって結構計算がタイヘンですからね。お釣りを渡すときに、やれ小銭が足りないとか、払い忘れてるヤツがいるとか、そういう面倒から開放されるだけでも、かなり便利なアプリだと思いますよ。

というわけで今回、会員登録特典の1,000ポイントと、ブロガー向けイベントのシミュレーション用に500ペイモポイントをいただいて、さらに幹事役をやったので、みんなのお弁当代2,000円を支払った後にpaymoで徴収したので、My残高が2,000円と、ポイントが1,500に。合計3,500円、ぜひわりかんに使いたいので、飲みに行きましょう。

とりあえず便利だし、使ってみたら良いと思います。会員登録と友達招待だけで、1500円分のポイントがもらえるしね。
招待した人とされた人、双方に500ポイントずつ付与されるという話なので、最後にこれみよがしに招待コードを出しときますよ。
よかったら使って。
【PR】わりかんアプリ「paymo(ペイモ)」を使うときのお作法_c0060143_23120134.jpg
paymo 招待コード: PMVKLBP


と、今日はそんな感じで。わりかんしたいので、今度みんなで飲みに行くぞ!

※ここらへん、期間限定のキャンペーンです。執筆時の情報ということで。今後変更あるかも。

by t0maki | 2017-06-22 23:10 | ブロガーイベント | Comments(0)

書くこと、つくることが好き。旅をしながら写真を撮ったり、製品レビューをしたり、思いつきでいろんなところに飛び込んでみたりします。英語と走ることが得意。

カレンダー