知り合いじゃないけど知り合いみたいな既視感

知り合いじゃないけど知り合いみたいな既視感_c0060143_14423719.jpg

はじめて会ったのに、はじめて会った気がしないっていう。「あれ?どこかで会ったことありません?」なんて、気の利かないナンパでよくある台詞みたいだけど、実際にそういう人とたまに出会う。

なんかちょっとうれしくなって、必要以上になれなれしく話しかけてしまったり。すると、向こうはもちろん僕のことをまるで知らないわけだから「なんでこの人、こんなに親しげに話しかけてくるんだろう」くらいに思われるかもしれないけど。まぁそれはそれで。

その、知り合いじゃないけど知り合いみたいな既視感が、まれに(本当にごくまれに)双方向で起こることも、ありえないことじゃない。もしかしたら前世で二人は何かつながりがあったんじゃないか、っていうような、ね。必ずしも恋愛に行き着く関係ではないだろうけど、なんていうか、「ソウルメイト」みたいな感じかなぁ。言葉や理屈じゃないけど、心が通じ合う親友。

そういう人との出会いは、大切にした方が良いですよ。


by t0maki | 2017-03-13 20:36 | 乱文・雑文 | Comments(0)

書くこと、つくることが好き。旅をしながら写真を撮ったり、製品レビューをしたり、思いつきでいろんなところに飛び込んでみたりします。英語と走ることが得意。

カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31