3Dプリンタアイデアコンテストに応募してみた

3Dプリンタアイデアコンテストに応募してみた_c0060143_2231848.jpg

さっきFacebookで「こんなコンテストがあるよー」って教えてもらったので、さっそく応募してみた。

生活者のユーザー・イノベーションのための100万円コンテスト

3Dプリンタを使ったアイデアを発掘するフェスティバルだそうです。「こんなものがあったらオモシロい」とか、「こんなモノの修理に困っている」などというアイデアを募集しているそうですよ。

とりあえず僕は、「超遠距離恋愛」を成就させるための画期的なアイデアをまとめてみました。
名づけて、『超遠距離恋愛用バレンタインチョコ製造機』です。
これがあれば、彼氏が世界一周の冒険中でも、ジャングルの奥地をさまよってても、宇宙ステーションにいても、バレンタインデーに手づくりのチョコレートが贈れます。素晴らしいでしょ?

使い方はこんな感じ。

1.チョコレートで造形する3Dプリンタを彼氏のところに送りつけます
2.彼氏にチョコレートを購入させます
3.バレンタインデー当日、チョコレートのデータを彼氏に送信
4.彼氏はその3Dデータをチョコレート用3Dプリンタを使って出力
5.出力したチョコレートを彼氏が食べて、二人はハッピー


このアイデアが賞をもらって、100万円もらったらどうしよう!!!
……なんてこと、全く考えてませんが。

9月9日が締め切りだそうなので、3Dプリンターを使った何か良いアイデアを思いついたら、ぜひ応募してみては?


■コンテスト詳細
生活者のユーザー・イノベーションのための100万円コンテスト
「3D-Business Digging festival 2016」

[ 募集対象 ]
3Dプリンターに関連したアイディアを広く募集します。ジャンルは工業用3Dプリンター、パーソナル3Dプリンター、金属3Dプリンターなど種類は問わず、3Dプリンターに少しでも関わるビジネスのアイディアであればOKです。例えば、
1.こんな使い方ができると、人々の生活が便利になり、生活が楽しくなるアイディア
2.3Dプリンターを使った人々が集まるビジネス・アイディア
3.3Dプリンターを使ってこれまでに無いこんなサービス・アイディア
基本は最後にビジネスに育つアイディアです。ビジネスまでの道のりのアイディアであれば良いですが、「これは面白い」というものでもOKです。

応募締切: 9月9日(金)夜24時まで
応募方法: A4サイズ3枚以内/うちイメージ図1枚:PDF
賞金: 1位 100万円、スポンサー賞 3Dプリンター複合機など

応募方法等、詳しくはICTCOの公式サイトにてご確認ください。
by t0maki | 2016-08-29 22:17 | アート | Comments(0)

書くこと、つくることが好き。旅をしながら写真を撮ったり、製品レビューをしたり、思いつきでいろんなところに飛び込んでみたりします。英語と走ることが得意。

カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31