『TENGAI 2.0』はなんとも不思議な作品展でしたよ

『TENGAI 2.0』はなんとも不思議な作品展でしたよ_c0060143_18540876.jpg


六本木ヒルズ A/Dギャラリーで開催してた、『TENGAI 2.0 curated by TENMYOUYA HISASHI』を見に行きまして、ちょうど昨日が最終日だったんですけど、なにやら一見繋がりのないいろんな作品が集まっていて面白かったです。

『TENGAI 2.0』はなんとも不思議な作品展でしたよ_c0060143_19110146.jpg


『TENGAI 2.0』はなんとも不思議な作品展でしたよ_c0060143_19110255.jpg


『TENGAI 2.0』はなんとも不思議な作品展でしたよ_c0060143_19110354.jpg


『TENGAI 2.0』はなんとも不思議な作品展でしたよ_c0060143_19110382.jpg


『TENGAI 2.0』はなんとも不思議な作品展でしたよ_c0060143_19110465.jpg



作風もメディアも違う6名のグループ展。共通してるのは、なんとなく、「日本」を感じることかな。ここらへん、個人的な意見ですけど、なぜか日本の職人さんとかエンジニアを連想させるような精巧さとか、正確さとか、美しさとか。そんなのを感じました。

なんとも不思議な現代アートの作品展でしたよ。

by t0maki | 2015-08-24 18:53 | アート | Comments(0)

書くこと、つくることが好き。旅をしながら写真を撮ったり、製品レビューをしたり、思いつきでいろんなところに飛び込んでみたりします。英語と走ることが得意。