スマホで蘇った15年前のピンホール写真

昔の、日記というかジャーナルを引っ張り出してきて、この写真を現在レビュー中のARROWS NX F-02Gで撮りました。
スマホで蘇った15年前のピンホール写真_c0060143_23699.jpg

貼ってあるこの写真は、ブリキ缶で自作したピンホールカメラで15年前に撮ったもの。印画紙に直接撮影するから、白黒が反転したネガの状態。

これを普通にInstagramで投稿。
スマホで蘇った15年前のピンホール写真_c0060143_236316.jpg


その後、ふと思い立って、Android版のPhotoshop、「PS Touch」でリタッチ。
スマホで蘇った15年前のピンホール写真_c0060143_236661.jpg

白黒を反転させたりコントラストを上げたりしたら、都会の街並みが見えてきました。

これは、1999年頃のロサンゼルスの風景。
手前に写っているのは、Angeles Flightっていう、ロサンゼルスのダウンタウンにある坂を走るトロッコ列車みたいなもの。ちょっといわくつきの乗り物で、もともと1901年から1969年に運行されたものを、場所を移して1996年に再稼動。しかし、2001年に死亡事故を起こして閉鎖。2010年に再開したって聞いたけど、また事故を起こして今は走ってないみたい。

今は見られない、15年前のロサンゼルスの姿が、スマホの画像加工でネガを現像して蘇る、と。
昔だったら、バスルームを暗室にして印画紙同士をくっつけて光を当て、現像液に浸してネガからポジの画像にしてたのに。今は手のひらサイズのスマホを使って画像加工で現像できて、しかもその写真画像をソーシャルやクラウドで共有できちゃうっていう。

テクノロジーって面白いよね。
そういう時代なんだなぁ。


ブロガーさんたちがARROWS NX F-02Gをブログレビュー中。下記バナーから見てみてください。

タグ:
by t0maki | 2014-12-11 20:28 | モニターレビュー>ケータイ会議 | Comments(0)

書くこと、つくることが好き。旅をしながら写真を撮ったり、製品レビューをしたり、思いつきでいろんなところに飛び込んでみたりします。英語と走ることが得意。

カレンダー