ブログトップ | ログイン

c0060143_10281415.jpg

広告として報酬をもらって書く記事は「PR」なのか、「AD」なのかっていう話。


そもそも、「広告(AD)」と、「広報(PR)」は似て非なるもの。お金をもらって広告として掲載するなら、PRじゃなくてADじゃないかなぁと僕は思うんですけど、なんとなく一般的にはステマ防止にPRって入れてることが多いような。あれ?


もうちょっと詳しく説明すると、広告は、もう単純に「広告枠」を買って、宣伝すること。テレビも新聞雑誌もラジオも、広告枠を売ることで、番組づくりの予算にしてる。ウェブもSNSも同様、広告バナーや、広告記事などがある。これすなわち、AD。


一方の広報・PRは、企業やブランドが面白いイベントやプロモーション企画を行って、プレスリリースなどで告知をしたり、雑誌や媒体に売り込んだりして、ニュースメディアやバラエティ番組の特集コーナーなどが取材をして載ること。あくまで、コンテンツのネタとして提供して、載せたい人は是非載せてください、と。広告と違って、そこは基本的に掲載費はない。まぁ、少なくとも、建前上は。というわけで、こっちがPR。


ざっくり分けると、お金を払って広告枠を買うのが広告(AD)で、情報を提供して載せてもらうのが広報(PR)ということ。


なので、ウェブメディアがお金をもらって記事を書くのは「AD」だと思うんです。雑誌の広告ページとか、新聞の広告欄、テレビCMもみんなAD広告。


で、企業やブランドから情報をもらって記事を書いたり、金銭はもらわないけどプレスイベントやファンイベントなどに参加して記事を書くのが「PR」ということですね。テレビ番組や雑誌の特集コーナーで紹介されるとか。広告枠じゃないところに、記事やコンテンツとして載るとか。口コミとして情報が広がってく感じ。


ちょっと例外として「インフォマーシャル」的に、コンテンツっぽくみせて実は広告・タイアップ、なんてのもありますけどね。タイムラインに紛れ込ませるネイティブ広告とか。


ま、そんなのもありつつ。


つまり、ウェブやSNS等でお金をもらって商品やサービスを宣伝してる、いわゆる「インフルエンサー」的な人が発信するものは、広告(AD)ですね。ステマ防止のために、きちんと広告であることがわかるようにしておくことが大切。


一方、製品やブランドのファンが発信することは広報(PR)の方。お金をもらわずに、自分のSNSやブログなどのメディアで発信する方ね。こっちは、「アンバサダーマーケティング」とも言いますが。アンバサダーは、基本的にはPRなわけです。ポイントは、「広告報酬を受け取っていない」ってこと。


お金をもらって載せるか、こちらが興味をもって取材やリサーチして載せるか。それが、ADとPRの違い。まぁ、PRでありながら口コミを集めるために企業がお金を払ったりするので、その境界は曖昧だったりもするわけですけど、単純化するとそんな感じ。


だから、報酬をもらって商品を宣伝する「タレントアンバサダー」は「広告塔」、すなわちADってこと。これは、ファンベースのアンバサダーマーケティングとは、一線を画すもの。という理解。


個人的には、こんな認識なんですけど、どうですかね?人それぞれ意見はあると思いますが。僕のブログでも、明らかにADの内容ですけど先方からの指示で「PR」って書くことありますし。きっかけはADでも、いったん好きになって、その後いろいろ自分で調べたり体験したりしながら書いたりするのは、すでに広告でもなく、個人的な「好き」の表現だったりもするし。そこらへんの線引きがね。


要は、広告なのにそれを意図的に隠す「ステマ(ステルスマーケティング)」だと思われないことが重要なので、この際ADでもPRでも、何かしら宣伝であることがわかるように、まずはしっかりその旨を書いておきましょう、と。そっからですかね。




# by t0maki | 2018-07-18 09:26 | アンバサダー | Comments(0)
c0060143_21480987.jpg
オフィスの時計がぐるりと一回りする頃「さて、そろそろ帰るかな」と。

もうとっくに脳みそは干からびたドライフルーツ状態で、絞ったって一滴の汁も出やしない。

帰りの電車の中で、スマホアプリを立ち上げて、ブログを書き始める。

特に着地点も決めず、とりあえず言葉の海にダイブするような。フリーライティング。

20年だよ。
社会人になってからの年数。

最初は、ロサンゼルスでホームレスになりかけながら、ようやく手にした写真の仕事。宝石デザイン会社のオンライン広告部門で、ひたすらアクセサリーの写真を一日中撮影して、パソコンで編集してた。そっから、帰国してからはインターネットサービスプロバイダーとパソコンスクールの講師を兼任して、ウェブサイトなんかをつくってたら、ウェブ制作が本業に。恵比須に何年か勤めた後、神田でモバイルコンテンツや通信キャリア系とかヘルスケアと医療系とかいろいろなオンラインコンテンツやサイトやアプリをつくりつつ、今は外資系のデジタルマーケティングの代理店の制作の部署のプロジェクトマネージャーというお仕事。の、何でも屋。また、今月から出向。受け入れ先がきちんと受け入れてくれるのか多少の心配はありつつ。引き継ぎも中途半端のまま、まずは走り出してみる、と。いつもの感じ。ゴールは、走ってると見えてくる。遠回り寄り道回り道上等です。とにかく、走り続けること。

20年ですよ。

デジタルとインターネットと広告とかデザインとか。英語を忘れないようにたまに使いつつ。アートに触れるのは週末のプライベートの時間。待ち受けつくったり、サイトを量産したり、ブログを書いたり。

ずっと何かをつくっていたいと思う。身の回りのいろんなものを吸収して、それを作品として吐き出す。たまたま今は、ブログが一番しっくりくる。でも、それに限定はしてなくて、インスタに2万枚の写真をアップしてみたり、超短編小説を書いてみたり、思いつきで電子書籍を販売してみたり、ひたすらいろんなカメラやケータイで写真を撮ってみたり。

やりたいことをやりたいようにやってるだけだから、特にこれを仕事にしようとも考えず、好きだからという理由だけで好きなようにやってる、と。

それがきっかけで、いろんな人と出会って、つながって、きっかけが生まれて。なかなか楽しい。

これまでの20年と同じように、これからの20年も、その先の20年も、ずっとこうして今という時間の連続を精一杯生きられたら幸せだろうね。まだまだ、チャレンジしてみたいことはたくさんある。チャンスを逃さないように、いつでもどこにでも飛び込めるようにしておきたい。

そろそろ、乗り換え駅。


# by t0maki | 2018-07-17 21:47 | 乱文・雑文 | Comments(0)
c0060143_21043498.jpg

野口英世といえば、世界的で活躍した細菌学者。千円札の人としても有名ですよね。

幼い頃に左手を火傷して指が癒着して開かなくなり、その後アメリカ帰りの医師に手術をしてもらったおかげで手が使えるようになり、その影響で医学の道に進んだ、と。そして、数々の輝かしい細菌学の研究成果を残し、最後はアフリカで黄熱病の研究中に自分も感染して命を落とす。小さい頃に伝記で読んで、すごい人だなぁと思った。

確かに、すごい人なんだけど、すごい人であるがゆえにちょっと常人には理解できない部分もあったりして、そこが人間っぽくて良いなぁ、ということで、野口英世先生のエピソードを集めてみました。海外赴任費用を使い切ったり、婚約者の持参金を渡航費にするかと思えば、出発前に使い切ってしまったり。で、結局婚約者と結婚しないとか。戸籍の名前を変えるときのエピソードとか、「マジかそれ」って感じですよ。

以下、そんなエピソードの一覧です。

* * * 

・先輩から金を借りようとしたが、その先輩の給料足んなかったので、先輩に月給を上げる秘策を与えて、上がった分の給料で援助してもらった。その援助額は、最終的にその先輩の最初の給料の三倍以上に。

・海外赴任のために支度金96円を受け取ったが、出発する前に放蕩で使い果たした。結局、資金は前述の先輩に工面してもらった。

・女学生と婚約し、その婚約持参金でアメリカへ渡航する予定だったが、出発前に遊郭で使い果たした。前述の先輩が高利貸しから借りた金で、渡航した。

・婚約したもののその女性とは結婚したくないので、前述の先輩に婚約持参金を返済して、婚約破棄した。今だったらちょっとした結婚詐欺事案。

・前述の先輩がアメリカにいる野口英世を訪れた際は、付きっ切りで案内してまわり、通訳をかってでて、なんと大統領にまで謁見させた。

・生涯に様々な研究成果を発表したが、一部の研究論文は間違っていて、現代の医学では否定されているものもある。

・もともと名前は野口清作だったが、坪内逍遥の『当世書生気質』という小説に登場する野々口精作という人物が借金癖があり、自分とそっくりで嫌だったので本名を変えることを決意。

・自分の名前を変えるため、自分と同じ「清作」という名前の人物を生家近くの野口家に養子に入ってもらい、「野口清作が二人いるので紛らわしい」という状況を自らつくりだし、役所に申請して戸籍名を「英世」に変えた。

・1915年に日本に一時帰国したのを最後に、1928年に黄熱病で亡くなるまでの13年間一度も日本に帰ることはなかった。ニューヨークの墓地に埋葬。

・「学問は一種のギャンブルである」という言葉を残している。

* * * 

ここらへん、だいたいソースはWikipediaですけど、読めば読むほど「これホントか?」っていうようなエピソードが次々と出てきて、さすが、スケールの大きな人は逸話もでかいな、と。
改めて、すごい人だなと思うわけです。

そんな野口英世の銅像が、上野の科学技術館の近くに立ってます。こういうエピソードを知ってからまた銅像を見にいくと、ちょっと印象が変わって見えるかも。



# by t0maki | 2018-07-17 20:58 | Comments(0)
c0060143_18115635.jpg
7月1日のお山開きの日。怒涛の富士塚めぐりが終わって、たどり着いたのはやっぱりここ。飛鳥山。

登らない登山家「アーバンアルピニスト」っていう遊びの企画は、ここで生まれたんですよ。「山」なのに、「山」じゃない山。きちんと頂上に標高を示す石碑とモニュメントがあるのに、この飛鳥山は国土地理院的には山として認められていないのですよ。

そっから、都内の「山」にいろいろ興味がわいて、「なるべく登らない」ということを条件に山登りをする「アーバンアルピニスト」っていう肩書きというか、遊びが誕生しました。

c0060143_18120638.jpg
c0060143_18120983.jpg
モノレールでするっと頂上まで登れてしまうのも、この飛鳥山の特徴。

カタツムリみたいな形の愛嬌のあるそのモノレールは、飛鳥山の「アスカ」と「エスカルゴ」を合わせて、「アスカルゴ」という名前がつけられた。ゆっくり、ゆっくりと往復運行するそのモノレールの乗車時間は約2分くらい。あっという間です。

飛鳥山で思いついた企画が、西郷山とか、青山や代官山といった地名に広がり、そこから「富士塚」と呼ばれる都内に50箇所くらいあると言われるミニチュア富士への興味につながっていったわけです。

7月1日は、「お山開き」の日ということで、この日だけしか登れない富士塚も含め、都内で7箇所の富士塚に登頂しました。

まだまだ、山のつく地名や、山ほどではない山、富士山を模した富士塚など、たくさん登頂したい山があります。「アーバンアルピニスト」として、そんな山々にチャレンジしていこうと思うわけです。

そんな感じで、ちょっと視点を変えてあたりを見渡すと、以前は見えてなかったものが見えてくる。登らない山登り、面白いですよ。



# by t0maki | 2018-07-16 22:55 | ライフスタイル>アーバンアルピニスト | Comments(0)
c0060143_18055867.jpg
豊島区にある有名な富士山は2ヶ所。ひとつは、前回の記事で書いた「高松富士」もしくは「豊島長崎の富士塚」という呼び名で知られているミニチュア富士山。で、もうひとつが今回紹介する池袋氷川神社にある「池袋富士塚」です。

富士塚の説明は、池袋富士塚の紹介のところに分かりやすく書いてあったので、そこから抜粋。

富士塚は、さまざまな理由から富士登山ができない人たちも、これに登れば富士山に登ったのと同じ霊験が得られるとして、江戸時代後期以降、現東京都域および近隣地域に各富士講集団を単位として築造されたものである。
c0060143_18060862.jpg
氷川神社の入り口。鳥居をくぐって、本殿のほうへ。
c0060143_18061247.jpg
この日は、7月1日ということで、ここでも「お山開き祭」が開催されていました。
c0060143_18061502.jpg
池袋富士塚についての説明。すごく分かりやすい。

c0060143_18062375.jpg
というわけで、さっそく富士塚に登ります。東京には、こういった富士塚がまだ50箇所くらい残っています。

c0060143_18063315.jpg
ここの富士塚は意外と新しく、明治45年(1912)につくられました。平成10年(1998)に、東京都豊島区指定史跡となりました。

c0060143_18063728.jpg
高さ5メートル。あっという間に頂上へ。

c0060143_18064438.jpg
それにしても、この日は本当にたくさんの富士山に登りました。「お山開き」の日だけ特別に一般開放している富士塚もあるので、とりあえず行けるところは全部いった感じ。最終的に、7つの富士塚に登頂することができました。さすがに疲れた……。

「アーバンアルピニスト」を名乗って、なるべく登らずに登山をするという企画をいろいろ実行していく仮定で富士塚の存在を知り、意外と身近にたくさんあるんだなぁ、と。江戸七富士制覇まであと1山。他にも行ってみたい山がいろいろ見つかったので、登頂目指して登らない山登りにチャレンジしていきますよ。


■詳細情報
池袋富士塚(池袋氷川神社)
東京都豊島区池袋本町3-14-1



# by t0maki | 2018-07-16 15:44 | ライフスタイル>アーバンアルピニスト | Comments(0)
c0060143_21021343.jpg
1ヶ月間、毎日ブログを更新し続ける企画「1Day 1Post」もそろそろ折り返し地点 。今んとこ危なげなく、7月に入って毎日書き続けて、47本の記事を書いてます。まぁ、普段から割と書く方なので。特にストックも作らず、その日に書きたいものを書く、と。

この企画の良いところは、毎日「こんなネタはどう?」って書くためのお題がもらえるので、そのテーマを使って書いても良いってこと。

本日15日目のお題は、「ここは行っとくべき!」というわけで、オススメのお店なり旅なりを紹介すること。

「行っとくべきねー。あ、そういえばあそこがある!」

僕の紹介するオススメスポット。それは、カナダ大使館の地下にあるアートギャラリー。「カナダ大使館 高円宮記念ギャラリー」です。

会社から近いところにあるので、割とよく行きます。静かで、落ち着ける場所。

カナダにゆかりのある方の作品展をよかやってます。ちょうどつい先日も、企画展を見てきたばかり。今は、カナダ人のデレク・ベサントさんのデジタルアート作品を展示しています。

c0060143_21021685.jpg

c0060143_21021842.jpg

c0060143_21022023.jpg

c0060143_21022216.jpg
シルエットをテーマにした作品。布に、UVプリントしているようですね。写真とプリントデザインの中間のような。

部屋の入り口左隣にあるソファーに座って、天井からタペストリーのように吊るされて、かすかにユラユラ揺れているその作品をしばらく見ながら、物思いにふけってました。

ここが、僕のオススメスポット。大使館の敷地内なので、入館の際は入り口で写真入りの身分証明書(運転免許証やパスポート)が必要です。

ゲートをくぐり、いったんエスカレーターで三階に上がってから、エレベーターで地下二階へ。アートギャラリーと、図書館。そして、イベントなどで利用される劇場スペースがあります。

平日の昼は、だいたいほとんど貸切状態。ゆっくりと作品を鑑賞することができます。

影の気配: デレク・ベサント
日時:2018年6月13日(水)~ 8月31日(金)
平日:午前10時から午後5時半まで
土、日、7月2日(月)、8月13日(月)は休館
場所: カナダ大使館高円宮記念ギャラリー
(東京都港区赤坂7-3-38 地下鉄「青山1丁目」駅より徒歩5分)
入場: 無料




# by t0maki | 2018-07-15 22:23 | Comments(0)
c0060143_18013439.jpg
やっとたどり着いたー。「早く行かないと、一般開放の時間が終わっちゃうかも!」と思って、途中から小走りに。7月1日の「お山開き」に合わせて、都内各地の富士塚が登れる、特別な日。なるべくたくさん登りたい!

この「豊島長崎の富士塚」はどうしても押さえておきたいスポットだったので。「江戸七富士」のひとつであり、しかも「国指定重要有形民俗文化財」にもなっている。有名な富士塚。

さっそく、登りました。
c0060143_18020992.jpg
祭囃子。遠くから聞こえてきたとき、「録音かな?」と思ってたら、なんとライブで演奏してました。
気分が高まります。
c0060143_18021514.jpg
そして、山登り。普段は閉鎖されていて、この日は山開きということで特別に入れる、と。
c0060143_18021862.jpg
普段から開放しているわけではなく、しかも「お山開き」に合わせて開放するようになったのもここ数年とのことで、ところどころ植栽が生い茂って通るのがたいへんな場所も。歴史のある富士塚ならでは。

c0060143_18023295.jpg
高さ8メートル。あっという間に登頂。
c0060143_18024540.jpg
頂上にある、大日如来坐像が祀られている祠。お参りします。
c0060143_18022456.jpg
登頂記念の自撮り。
c0060143_18024198.jpg
富士塚の向かいは公園になっていて、とてものどかな雰囲気です。
c0060143_18025915.jpg
ガイドの人の話を横で聞きつつ。昔、子どもたちはここを遊び場にしていたらしいですよ。
富士塚で遊ぶなんて、なんと贅沢な。うらやましい。
c0060143_18030420.jpg
「富士講の一つである豊島郡長崎村の月三椎名町元講の人々によって築造された」とのこと。「塚内には、頂上に大日如来坐像、山腹に小御岳石尊大権現碑、烏帽子岩奉献碑、合自合、講碑、石仏、天狗像、御胎内などが配置され、約50の石造物群で構成されている」ということで、見た目も立派な、由緒ある富士塚です。

昭和54年5月21日に重要有形民俗文化財に指定されました。公園でのんびりしながら、富士塚を見上げる。
良い感じ。

と、ゆっくりするまもなく、次の富士塚へ。まだギリギリ行けそう!
続きは次回のブログで。


■詳細情報
豊島長崎の富士塚/高松富士(浅間神社)
東京都豊島区高松2-9-3



# by t0maki | 2018-07-15 18:31 | ライフスタイル>アーバンアルピニスト | Comments(0)
c0060143_16261462.jpg

六本木の富士フイルムスクエアで開催中の『"PHOTO IS" 想いをつなぐ。 50,000人の写真展 2018』に来ています。自分も写真を出展したので。


c0060143_16261780.jpg

c0060143_16261926.jpg

c0060143_16262044.jpg


僕が今回出展したのは、20年前に自宅で撮影して、自分でフイルム現像した白黒写真。モデルは、リノの大学でアートを専攻してた頃のクラスメイト。


陶芸彫刻クラスの後輩。僕が卒業間際の四年生の頃、彼女はちょうどアートのクラスを取り始めた頃。卒業してから、全くお互いコンタクトもとってなかったけど、この写真がきっかけで、彼女と20年ぶりにFacebookでつながりました。めちゃめちゃ懐かしい。今は学校でアートを教えてるんだって。僕が「日曜アーティスト」とか名乗ってお茶を濁してる間に、彼女はしっかりとアートの道を進んでた。素晴らしい。僕も、頑張らねばと思う。そんなわけで、この写真展に、彼女の写真を使わせてもらうことに。


「あの写真、今度写真展に出していい?」って聞いたら、オッケーしてくれた。honored って言葉を使ってくれて、嬉しいけどちょっとこそばゆい。もっとしっかりと、創作活動にも取り組まないと。社会人になったタイミングで、いろんなものがいったんリセットされちゃったけど、つくりたい欲求は今でもあるし、できるところから、つくれるものからつくっていくしかない。


なんてことを考えつつ。写真展の会場でこれを書いてます。



僕のこの作品は、「懐かしいあの頃」部門の、平成10年あたりのところに展示されてます。


『"PHOTO IS" 想いをつなぐ。 50,000人の写真展 2018』は、六本木の富士フイルムスクエアにて、7月18日まで。





# by t0maki | 2018-07-15 16:25 | アート>写真 | Comments(0)
c0060143_15041041.jpg
Facebook で、「過去の思い出」が見られる機能があるでしょ。何年前のこの日に、何してなのかなー、ってのがわかる機能。10年日記みたいなやつ。

で、今日、その過去の投稿を見てたら2年前に麻布のテンプル大学で2ヶ月間だけ社会人学生をやってた頃のことが出てきた。クリエイティブ ライティングって言って、英語で小説の書き方を学ぶクラスを受講してました。もちろん、授業も全部英語で。

ロサンゼルスに住んでた頃の体験をもとに短い私小説っぽいものを書いていましたが、やっぱり外国語で書くのは難しいなぁと思った次第。それはそれで、楽しいんですけどね。

また、がっつり長めに何か書きたいな、と思うのです。構想はあるので、やってみよう。まずは、しっかり書いて、電子書籍で販売することを目標に。

ちょうど、この小説のストーリーから20年。先月ちょうど、この小説の舞台になったホテルとか、当時働いてた会社のあたりにも行ってみた。そこらへんをからめて、自分の足跡を振り返ってみますかね。



# by t0maki | 2018-07-15 15:04 | アート>もの書き | Comments(0)
c0060143_18083546.jpg
この日、7月1日の「お山開き」で最後に訪れたのがこの十条冨士。

冨士神社に近づくにつれ、祭りの活気が!すごい数の人と、たくさんの屋台。地元にしっかりと根づいてるんですね。

富士塚は、登山道ではなく、まっすぐに伸びた石段で登ります。そこには、参拝する行列が。今回、一番長い時間かかっての登頂。

てっぺんにある祠に手を合わせます。

お札や線香など、物販的なものも一番充実してますね。富士山の世界遺産登録にしっかりのっかってる看板があったり。なんとも上手いな、と。

c0060143_18093701.jpg
c0060143_18094170.jpg
c0060143_18095242.jpg
c0060143_18100757.jpg
c0060143_18101802.jpg
頂上にいらっしゃった、富士講の方とちょっとだけお話ししました。聞けば、この富士塚は、道路拡張のために取り壊されるか、移転するらしいです。

確かここって、富士塚ができる前は古墳だったんじゃないかな。戦空襲や震災を生き延びても、都市開発には勝てないんだな、と。ちょっと寂しい気もしますが。

というわけで、この日は8箇所の富士塚を訪れて、そのうちの7箇所に登ることができました。7月1日の「お山開き」にしか登れない山もあるので、すごく貴重な体験。

東京で、なるべく登らずに山登りをする「アーバンアルピニスト」の企画は、まだまだ続きます。

富士塚だけでも、都内には50箇所くらいあります。その他、山のつく地名とか、山と呼ぶほどでもない低い山など、いろんな山がありますので、少しずつ、楽しみながらアタックしていきますよ。

それではまた。


■詳細情報
十条富士(冨士神社)
東京都北区中十条2-14-18



# by t0maki | 2018-07-14 18:11 | ライフスタイル>アーバンアルピニスト | Comments(0)

   
Back to Top