ブログトップ | ログイン
c0060143_22532933.jpg
デルアンバサダー プログラムの無料体験モニター企画で、デル社製ノートパソコン「New XPS 13」をお借りすることになりました!テーマは、「DELL CINEMAスペシャル企画」というわけで、このパソコンを持ち歩きつつ、映画を観ますよ、と。

まずは、最初のセットアップ。Windows Updateを一通りやってから、ログインのパスワード設定。PIN決めて、Windows Helloの顔認証(メガネ有りと無し両方)を設定して、さらに指紋認証も設定してバッチリ。細かい設定やインストールはあとでやるとして、とりあえずおもむろにNetflixを立ち上げて、映画を探す、と。

Netflixはもうすでにスマホでもタブレットでも視聴してます。なので、既にUIも勝手知ったる感じで、すいすいとお気に入りからまずは一本目を視聴。

クリストファー・ノーラン監督・脚本・製作の、第二次世界大戦を描いた『ダンケルク』という戦争映画。ダンケルク海岸から撤退するイギリス兵を陸海空から描いた作品。ノーラン監督らしい、すごく雰囲気とリアリティのある映像。

実はこの映画、以前飛行機の中で見はじめて「すごく良い映画だなー」と思ってたんですけど、フライトの時間の関係で最後まで観られなかったんですよね。Netflixに登場して、最後まで観られて良かった。

で、この映画の後に観たのが、同じく戦争をテーマにしてるけど、ある意味真逆の映画。オリバー・ストーン監督の、実際にあった事件を描いた『スノーデン』っていう作品。これもまた、すごくこの監督らしい感じで、テーマの選び方とか、その描き方とか、映像も含めて、「あぁ、オリバー・ストーン監督だなぁ」って感じなのですよ。

以下ちょっとネタバレありで。

第二次世界大戦と比べて、「戦争」というものがこんなにも変わってるんだな、と。情報セキュリティ、サイバー攻撃、そしてプライバシーとは?通話記録も含めて、なんでも監視されるのって、やっぱりなんか不気味だよね。この映画を観たら、なんかパソコンのカメラに目隠しをしたくなるのが理解できるかも。

それにしても、真実を伝えることの代償は大きいね。自分の国から追われて、もう帰れなくなってしまうって……。この映画を観てこの主人公かわ「若いなー」と思ったら、それはあなたが年を取った証拠かも。僕も、多分年を取ったな。もっと良い折り合いのつけかたがあったような気もするし、でも結局はこうするしかないんだろうな。難しいよな。

この映画を観てると、「本人はどんな人なんだろう」って気になってくる。すると、映画の最後でご本人登場でびっくり。そして、主人公の彼女が美人なのでさらにびっくり。こう言っちゃ失礼かもだけど、本人役を演じた女優さんより綺麗じゃない?いや、個人的な意見ですけども。

あー、あとさ。ぶっちゃけ、ニコラスケイジだけなんかとってつけた感じはしましたけど。いらなくね?


というような映画視聴記です。
パソコンの感想として、画面が広くて良いな、と。全画面表示にして、広々と。バッテリーの持ちもかなり良いですね。きちんと充電してから持ち歩けば、出先で映画を観るのにもぴったり。サイズや重さも持ち歩きにちょうど良い感じだし。

というわけで、次回は多分屋外でのレビューかな。ではまた。


# by t0maki | 2018-07-22 22:53 | Comments(0)
c0060143_22070100.jpg
あっという間にまた週末が終わってしまうね。

打ち上げでアジア料理を食べながら、なんかひとりで喋りまくってた気がする。

極寒のカナダでオーロラを観た話とか、ニュージーランドの温泉湖で見た朝の景色が信じられないくらい綺麗だったこととか、屋久島で偶然参加した満月の夜の綱引き祭りとか。

なんだろね。なんか、ひとりでテンション上がってたのは。きっと夏のせい、なのか?

クーラー強めの店内でアジア料理を食べ、パクチーモヒトを飲みつつ、「真冬のニューヨークマラソンも良いなぁ」などと思ったり。

ホントに行ってみようかな。



# by t0maki | 2018-07-22 22:06 | Comments(0)
c0060143_21360949.jpg
僕も、小学生の頃にこんなワークショップに出会ってたら、人生がガラリと変わってたかもしれない。ここまで来るのに、僕はえらく回り道をした気もする。

こんな風に、メンターと呼べるような存在の人がいて、ガチでリアルにためになることを教えてもらってたら、もう少し楽に人生設計ができてたかもしれない。同じ道のりでも、もう少し楽に歩いて来れたかも、とか。

c0060143_21361410.jpg
分からないけどね。回り道したからこそ、ここに来れたってのもあるかも。そもそも、ここってどこだ?よく分からないけど、平らな山に登ってみたり、旅をしたり、イベントに参加したり、こんな風にワークショップのボランティアをしてみたり。

よく考えたら、遅すぎることって無いよね。今からでも、学んだことを十分に生かすことはできる。で、自分が学んだこと、体験したことを、周りの人たちとも共有したりしつつ。

このワークショップに参加した子達は、ホントにラッキーだよな。正直、羨ましいと思う。僕も、小学生の頃にこんなワークショップに参加できていたらなぁ、と思うよ。そして、今回こういうワークショップをちょっとでも手伝うことができて、僕はラッキーだったと思う。



# by t0maki | 2018-07-22 21:35 | Comments(0)
c0060143_20554626.jpg
去年からちょこちょことお手伝いさせてもらってる、「モチベーション・メーカー」のワークショップ。今回のテーマはCM制作体験ということで、プロのコピーライターの山田さんと、女優の田中さんが講師。僕も、ボランティアスタッフとして参加してきました。

製品の特徴を考え、アイデア出しをして、絵コンテをつくり、コピーを考えて実際にCMをつくるのがゴール。さすが、本格的なプログラム。

さらに、演劇のワークショップでは身体を動かしながらポーズをつくったり、田中さんに実際のCMを見ながらお話を伺ったり。リアルな「オーディションのお話」とか、面白かったですよ。

c0060143_20555087.jpg

c0060143_20555738.jpg

c0060143_20560137.jpg

最後に、完成したCMをみんなで見たんだけど、子供達それぞれ個性があって面白い。絵コンテのテンプレがあったんだけど、それを使わずに自分でまるっとつくってる子もいたりして。絵を描いて人形劇風な作品とか。2人でYouTuber風な演出とか。みんなすげーな、と。

とても中身の濃いワークショップでした。僕も、CMに声だけ出演。一応、竹内涼真役ということで。なんかすみません。




# by t0maki | 2018-07-22 20:55 | Comments(0)
c0060143_00074870.jpg
『スターウォーズ』のスピンオフ、『ハン・ソロ』を観てきた。会社帰りに、ふと思いついて。ひとりで。

「ソロ」の名前の由来が、「ソロ」だったとはね。

映画の感想を書こうと思うんだけど、今回はネタバレ無しで書くのが厳しそうだから、まだ観てない人は読み進めなくても良いですよ。

物語は、スターウォーズシリーズの最初の作品のちょっと前。時系列で言うと、3と4の間ですね。ハリソン・フォードが演じたスターウォーズのハン・ソロが、若かった頃のストーリー。

多分、スターウォーズシリーズを見た人なら、「あー、あのシーンは!」っていうのがいろいろ見つかると思う。クレイアニメのチェスとか、旧型のロボットデザインとか、コスチュームデザインなんかも含めて。

何よりも嬉しかったのは、宇宙船ミレニアム・ファルコン号がまだ新しいこと!新車みたいな雰囲気。あの姿が出てくると、やっぱりニコニコしちゃうねー。船内もきれいだし。アンテナは、やっぱり今回も吹っ飛ぶんだよなー、とか思いつつ。

あとあれだ、銃の構え方がオリジナルそっくり。ちょっと中腰で、狙ってるんだかよくわからないけど当たるっていう構え。あともちろん、銃のデザインも。最初、ライフルみたいな形だったんかい!と。

と、効果音だよねー、やっぱり。ライトセイバーは出てこないけど、いろんな音響効果が「スターウォーズ」感満載で、それだけで幸せ。

ハリソン・フォードは、確か大工だった時に顎を怪我してるんだよね。だから、彼の演じた役の若い頃を演じる役者さんは、みんな顎の傷跡も特殊メイクで再現する、と。もちろん今回も。インディ・ジョーンズの三作めでリバー・フェニックスが演じた時は、傷ができたエピソードなんかも入れてたけど、今回は最初から既に傷あったよね。特にエピソードはなく、当たり前のように。

懐かしいのばかりで、嬉しい。

逆に、「あれ?」って思ったのは、ドアが閉まる速度。遅くない?スターウォーズの最初の作品を見た時、驚いたのはあのスピード感。ドアの開閉が倍速再生みたいになってたのに、今回は普通の速度。ま、それはそれで全然良いんですけど。あと、音楽もだいたいオリジナルっぽいオーケストラスタイルで懐かしいのばかりでしいんだけど、ところどころ新しいのも入ってて、西部劇ばりに列車を襲うところのシーンとか、ちょっと「あれ?アキラ?」みたいな音楽が出てきたり。それも、全然良いですけど。なまじオリジナルを見過ぎてると、そういうとこが気になる。

一度ね、スターウォーズの六作を一気見したことがあります。制作順ではなくて、作中のストーリーの順番で。もともと九部作だってのは聞いてた。だけど、こんなに長い期間かけて九作品をつくるとは思わなかったけどね。4,5,6とつくったあとに、1,2,3をつくって、今作ってるのが7,8,9のいよいよフィナーレな部分。

あ、そうか、今回無いのは、「父と子」っていうテーマもあんまりないね。ハンの父親が宇宙船をつくる職人さんだってのは、会話の中で出てきただけだし。「この船を、つくってたんだなぁ」みたいなのは、どうも取って付けたみたいな感じになっちゃってたけど。

あとは、なんだろ。あ、チューバッカの言葉を聞き分けられるってのは元々の設定からあったけど、まさか喋れるとは思わなかった。「君の名は?」「アウアウアー」「あ、チューバッカだね」っての、どこがチューバッカやねんってツッコミいれそうになったけど。「あだ名つけなくちゃだね」じゃねーし。ちょっと笑った。

ストーリー的には、すごくわかりやすくてストレートだったけど、よく考えたら最初の時点であのエネルギーの塊みたいなのを渡してしまえばよかったんじゃない?とか。奪い合うから、両方とも損をする、っていう。あとは、えーと、これ以上のネタバレはやめておこう。なんかもう、十分すぎるほどネタバレしてるかもだけど。

とりあえず、スターウォーズの4を事前に見ておくと良いと思います。あの、一番古い作品ね。

で、その一番古い作品を見るときのポイントなんだけど、劇場版がよいんだよね。できれば。
デジタルリマスター版だと、大事なシーンが抜けてるのですよ。

ハンソロが、問答無用でいきなり相手を撃ち殺すシーン。これが、オリジナルの劇場公開版ではあったけど、後で削られてしまったシーン。あのシーンがあることで、ハンソロが「良い人」なのか「悪い人」なのか全く分からなくなるという。あのシーンは、削らない方が作品としては良かったのになーと思いつつ、でもこうやって全部を繋げてシリーズとして見ると、やっぱりあの極悪人っぷりはカットだったんだろうなー、とか。

そういうのを踏まえて、今回の『ソロ』のエンディングを見ると、「あー、なるほどね」って思うよね。

なんか、いろいろ書きたいこと多すぎて、映画見終わったあとに一気に書いちゃったよ。

何はともあれ、『スターウォーズ』のあの世界観に触れることができて良かったなー、と。映画って良いよなー、と思うのでした。

もう次で最終作なんだよね。でもまた、スピンオフとか出るのかね。どうかね。もつこうなったら、時代劇ばりにずっと続けていったら良いと思うよ。



# by t0maki | 2018-07-21 00:07 | ライフスタイル>映画・書籍 | Comments(0)
c0060143_22353923.jpg
まずはじめに買ったiPhone 5は物理ボタンが不調をきたし、ジーニアスバーにて持ち込むもあっさりあっけなく有償新品交換。続いてその交換したiPhone 5も電池からエイリアンが現れんとし、画面を突き破る勢いで膨れ上がった端末を修理できるはずもなく二度目の有償新品交換。かくいうわけで現在三代目。そろそろこれも不調極まりない。特に、本体の残り容量が減少するとすぐ固まる、すねる、白目をむく、意識を失う。電波を掴まないこと甚だしく、4Gを表示したまま死んでるので、機内モードオンオフオンオフ繰り返し、しばらくたつとようやく「はっ!」と目を覚まし、のろのろと電波を探して圏外、1x、3Gで、ようやく4G、と。で、繋がったころにはまた意識を失ってたりもして、機内モードオンオフオンオフ繰り返し、しばらくたつとようやく「はっ!」と目を覚まし、のろのろと電波を探して圏外、1x、3Gで、ようやく4G、なんてことの繰り返し、目を開けたまま気絶していて、起きろ起きろ起きろと機内モードオンオフオンオフを繰り返すとようやく「はっ!」と目を覚まし、のろのろと電波を探して圏外、1x、3Gで、ようやく4Gにたどり着くも、その時点で既にまた気を失い、機内モードからの電波を検索中、圏外、1x、3Gで、ようやく4G……。

天才という呼称がむなしく聞こえるジーニアスバーでまた新しい旧機種に交換するのもさすがにもう嫌なので、そろそろ本気で機種変更をしようと思うのです。



# by t0maki | 2018-07-20 17:53 | Comments(0)
c0060143_12532184.jpg
小学生らしい男の子が、父親と図書館に来ている。
父親は僕の隣に座ってるが、子どもはどこか離れた席で勉強をしているらしい。

父親のところへ、その子どもが血相を変えて走ってきた。
「自転車を盗まれたかもしれない!」
かなり焦っているらしく、周りにいる僕らにもダダモレの声量で話している。

「自転車が見つからない。もう一回見てくるね」と、その子は階段を駆け下りていった。
ちなみに、ここはこの図書館の最上階の5階。

しばらくすると、またその男の子が駆け込んできた。
「自転車見つかった!でも鍵が付いてない。鍵を盗まれたかもしれない」
「席の周りは探した?トイレ行った?」と父親。
「今日はトイレ行ってない。席の周りにもない」
「受付の人に、落し物が届いてないか訊いてきなさい」

子どもは、階段を駆け下りていった。

しばらくすると、また子どもが駆け込んできた。
「そういえば、自転車の鍵はロッカーに入れてたんだ。でも、ロッカーの鍵が見つからない」

こうなってくると、僕もこの親子の会話が気になって仕方ない。

自転車が盗まれたと思ったら見つかって、鍵が無いと思ったら勘違いでロッカーに入ってて、で結局ロッカーの鍵を失くしたらしい、と。

「トイレに落としたんじゃない?」と父親。
「今日はトイレ行ってない」と答える子ども。
(その質問、さっきもう聞いた)と心の中で突っ込むオレ。

「受付に、もう一回行ってくる」と、また男の子は走っていった。

その間に、お父さんはお母さんにスマホで連絡。

しばらく経って、そろそろまたあの男の子が戻ってくるかな、と思ったら、やっぱり来た。

「とうちゃん!ロッカーの鍵、見つかった!」
「よかったじゃん。どこにあった?」
「とりあえず、見つかった」
「まぁよかったよかった。母ちゃんに伝えとかないと」

その瞬間、周りにいる図書館利用者全員が(よかったねぇ)と心の中で思ったに違いない。

それにしてもこの男の子、せっかく図書館に来たのに、全然勉強がはかどってない。


# by t0maki | 2018-07-20 13:07 | Comments(0)
c0060143_13030248.jpg

真っ暗な闇の中。その闇を光が照らした瞬間に、闇は闇ではなくなる。同じように、他人には知られてはいけない秘密が明らかになった瞬間に、その秘密は秘密ではなくなるのだ。

秘密、とは?

「二人だけのヒミツだからね」と、彼女は僕の耳元でささやいた。
すっかり氷の溶けたグレフルハイをストローでかき回しつつ、「なんだろね。こんなこと今まで誰にも話したことなかったのに」
そう言って彼女は少し恥ずかしそうに笑った。

秘密の共有。

「あと少し、あと少しだ」
銃弾は幸いなことに肩を掠めただけ。トレンチコートの袖が血で真っ赤に染まっているが、このまま進むしかない。人気のない裏通りをわざとジグザグに歩く。絶対に尾行を巻かなければならない。
この【マクガフィン】に収められた秘密を守り抜かなければ。なんとしても。

秘密を守る。

「ごめんねー、今月またお金が無くなっちゃってさー」
──どうせまたギャンブルだろ。
と、ワタシは思ったが、口には出さなかった。
「で、いくら欲しいの」
「10万。……いや、5万でいい」
こんな男と、なぜ3年も結婚生活を我慢できたのか不思議でならない。そして、元旦那となった今でもなぜこうして会っているのか。
「うちも苦しいの知ってるでしょ。2万なら渡せるけど」
「てめぇ、あの秘密をチラシにしてばら撒くぞ」
こいつが絶対にそんなことしないのは分かってる。金づるが無くなって困るのはこいつの方だから。
ワタシが黙って3万円を差し出すと、それをひったくるように受け取り、男は家を出て行った。

知られたくない秘密。

いろいろな秘密。

あなたの秘密は?



# by t0maki | 2018-07-20 12:52 | アート>もの書き | Comments(0)
c0060143_23193920.jpg
まいったな、今日は。音楽を大きめの音量で聴き続けてたら、耳が痛い。

どういうわけか、今日はちっとも作業に集中できなかった。ゾーンに入ったら、多少周りがうるさくても全く作業に支障はないんだけど、今日はどうにも周りの雑音が気になって。集中力、途切れ過ぎ。新しいお客さんの仕事だっていうのもある。ひとつひとつ学びながら覚えながら構成を組み立てて行く。ちょっと進んでは寄り道して、違う角度から眺めてみたり、少し戻ってみたり、ゆっくりじっくりと5つのページと、5つのメールの構成を組み立てる。

すげー集中したいのだけど、周りの音が気になるから、LINKIN PARKの曲をイヤホンでひたすらループで聴いてた。いつもは聴かないようなボリュームでずっと聴いてたので、若干音楽酔いみたいになってる。

そもそも、この際言ってしまうけど、オフィスで酒を飲むようなイベントはホントに止めて欲しい。ガス抜きにもなるし楽しいのは分かるが、締め切り間際に必死で仕事して人間もいるのですよ。僕もお酒は好きですけど、だからこそ周りのことを考えない酔っ払いにはなりたくないと思う。

あまりにも鬱陶しいので、作業を中断して外に出た。銀杏並木を歩いて、絵画館を横切って、そのまま建設中の競技場を眺めて、コンビニのイートインで少し甘いものを入れたら少しは落ち着いたけどね。

仕事がら、集中して手を動かす作業が多い。いったん集中のゾーンに入ったら、周りの音とか気にならないんだけど、今日はホント、なんだろね。なぜか集中が続かなかった。イライラトゲトゲしつつ、奥歯噛み締めながら仕事してたよ。

今夜はきちんとリフレッシュして、明日からまた頑張ろう。とりあえず、23時過ぎにようやく静かになって、仕事もようやく一区切りついた。完全じゃないけど、形にはなってきた。明日の午前中に仕上げて提出する予定。で、夕方から客先ですり合わせ。

多少調子悪かろうが、仕事の邪魔が入ろうが、自分でなんとかしなければならぬ。でもまぁ、気分がささくれ立ってる時は愚痴の一つも吐き出したくなる。そんな時に、オフィスで軽く飲める会とかあっても良いのにね。って、ん?




# by t0maki | 2018-07-19 00:00 | Comments(0)

   
Back to Top