ブログトップ | ログイン
c0060143_14071908.jpg
「カナンアカデミーeラーニング講座」のモニター体験レポート第二弾です。
ちなみに、前回の記事はこちら。

【PR】英語を効率的に学びたいならこんなeラーニング講座はどうです?

最近、仕事で英語を喋る機会がほとんどなくって、あっても週一のグローバルテレカンくらい。たまに外国人の知人と会ったときに、普通に英語で会話してたら突然簡単な単語が出てこなくなって、「やばいぞコレ」って、英語を勉強しないとだなぁ、と思ってたところ。eラーニング英会話のモニター企画があったので、やらせてもらいました。

今回は、「Class 2」です。まずは、動画を見ます。英語で「アメリカ人の生活」を説明してくれるので、それをじっくり聞いて、必要に応じて文字の書き起こしを参照しつつ、分からない単語などを覚えます。動画を見終わったら、10問ほどのクイズに挑戦。80点以上が合格点。つまり、間違えて良いのは2問だけ。合格するまでクイズにチャレンジできます。
c0060143_14080976.jpg
動画を見ながら英語でアメリカの文化を学びます

その後、筆記の課題。質問に対して数行の英文で回答する「ショートアンサー」の課題と、4段落以上の長めの英文で回答する「エッセイ」の課題を提出します。課題提出後、エッセイは添削されて返ってくるので、その内容を見ながら自分が書いた英文の良いところと直すべきところを確認できます。

c0060143_14074611.jpg
提出した英文エッセイに、赤字で添削してくれます

c0060143_14075097.jpg
エッセイの例文も

英語だけでなく、アメリカの文化や習慣を学ぶことができるので、とても面白いですよ。子どもの育て方も、だいぶ違うんだなぁ、と。アメリカ人の気質がちょっと理解できた気がします。

基本的に、週1回のペースで全6回のクラスを受講する形です。早い人は、どんどんクラスを受講してもOK。自分のペースで勉強できるのが、eラーニング講座の良いところですよね。

英語を勉強したいけど、何から手をつけて良いか分からないという人、まずはeラーニング講座から始めてみるのも良いとおもいますよ。

TOEIC700点あっても会話は苦手。英語でのコミュニケーション能力を徹底的に鍛えるeラーニング講座そんなあなたにアメリカ人とのコミュニケーション能力を鍛える英会話eラーニング講座「カナンアカデミー」



# by t0maki | 2018-04-21 14:12 | ライフスタイル>語学 | Comments(0)
c0060143_17431512.jpg
学生時代、アートを専攻していたころに鉄工彫刻もやってたので基本的な溶接の技術は学びました。バチバチ火花を飛び散らせながら、鉄を溶かして作品をつくるのはすごく楽しいですよ。

大学を卒業してからしばらくは溶接や鉄工とは無縁でしたが、最近都内でもあちこちにシェア工房があって、鉄工ができる施設もあるんですよね。僕は、都立大学駅前にある「Makers' Base」で鉄工の講習を受けたので、そこで溶接ができるようになりました。

なんで溶接の話をしてるかと言うと、4月25日から28日に東京ビッグサイトで開催される、2018国際ウエルディングショーの紹介をしようと思って。ブログスカウト事務局の掲載企画に参加しての、PR記事です。

PRとは言え、僕は本当に溶接が好きなので、このイベントにはすごく興味があります。実は僕、2014年の国際ウエルディングショーも行ってきました。ハイテクの溶接用マスクとか、最新の溶接機材とか、すごく面白かった思い出。ロボットによる機械溶接の実演は、間近で見るとかなりの迫力。

どちらかと言うと、ビジネス用の溶接機材の展示イベントですので、業界の人が多く訪れていますが、こういうロボットとかテクノロジーとか、工場見学が好きな人などにもお勧めのイベントです。

僕も、金曜日か土曜日に行ってみようと思っています。



2018国際ウエルディングショー
JAPAN INTERNATIONAL WELDING SHOW 2018
会期: 平成30年4月25日(水曜日)~28日(土曜日) 
時間: 10:00~17:00 (最終日4/28は16:00迄)
会場: 東京ビッグサイト
住所: 東京都江東区有明3-11-1
入場料: 1,500円 (団体・学生500円) ※事前登録により無料



# by t0maki | 2018-04-20 17:45 | PR広告 | Comments(0)
c0060143_04443565.jpg

恩師そっくりのアンドロイド。3Dプリンタで作ってあるらしく、よく見ると瞳の質感が偽物だと分かるけど、遠目で見ると本物そっくり。仕草も、笑い方も。
突然大声で歌い出して、その歌声、懐かしいな、と。授業中も時々歌ってくれてたから。

喋り方もそっくり。声も、イントネーションも。会話もできるらしいので、ちょっと喋ってみた。普通に会話ができる。

「お久しぶりです」と話しかけると、「ホント久しぶり、元気にしてた?」と、答えてくれた。「先生もお変わりなく」「いえ、いえ、すっかり年をとって…」

ご本人は昨年亡くなってて、変わりないどころか、もうこの世に存在しないのだが、アンドロイドはこの先もずっと変わりなく。

故人の記憶を日記をOCRで読み取ったり、ネット上の書き込みやメンションなどを収集してデータベース化。喋り方の特徴や仕草などは、生前に3Dスキャンと音声録音の組み合わせで記録してパターン化。人工知能とプログラミングと、ロボットに特集メイクを施すことで、アンドロイドが完成。故人の似姿が、人工的に残る、と。

そんな夢を見た。


# by t0maki | 2018-04-19 04:27 | Comments(0)
c0060143_00093611.jpg
帰り道、雨降ってるけど今日も傘を差さず。このくらいの雨なら、傘要らない。
学生時代、僕は4年間ほぼ全く傘を使わなかった。それは、僕の大学が砂漠の真ん中にあったからという理由もあるんだけど、単純に傘を差すのがめんどくさいのと、傘をなくすと気分が悪いので最初から持ち歩かない、と。

あと、雨の中を歩くのが割と好きだってのもある。雨の匂いも好き。

今思い返すと、人生の節目になるような出来事がある時は、いつも雨の中を濡れながら歩いていたような気がする。あるいは、雨の中を濡れながら歩いていると、人生を変えてしまうような決断をしてしまうのかも。よくわからんけど。



# by t0maki | 2018-04-18 00:07 | Comments(0)
c0060143_17102772.jpg
意外と初心者でも簡単に操縦できるものなんですね。ドローンの操縦体験ができるDJI認定ストア日本橋主催のイベント「DJI New Pilot Experience」に参加してきました。会場は、3331 Arts Chiyodaの体育館。

c0060143_17154280.jpg
まずは、簡単に座学から。ドローンの基礎知識や、飛ばすためのルール、各ドローンの機能や、取り扱いの注意点などについて講習を受けます。

c0060143_17154334.jpg
操作自体は、すごく簡単。コントローラで基本的な指示を出すと、細かい調整はドローンの方でやってくれる感じ。ラジコンを操作してるというよりは、テレビゲームの操作感に近いかも。静止させたいところで、きちんと静止してくれる。しっかり水平を保って、スムーズな移動。

c0060143_17154571.jpg
フライトのデモンストレーション。移動する物体を自動で追尾するアクショントラッキングモードや、手の動きでドローンを操縦するジェスチャーコントロールも見せてもらいました。すごいね。

c0060143_17154743.jpg
コントローラ。こちらの機種は、スマホをモニターとして使用しています。

c0060143_17154940.jpg
さっそくみんなで、操縦体験。僕も生まれて初めての操縦でしたが、意外とスムーズにコントロールできた。これは楽しい。

c0060143_17205897.jpg
DJI Mavic Pro

c0060143_17210071.jpg
すごく安定してます。

c0060143_17210103.jpg
こちらは、DJI Mavic Air。高機能で価格もリーズナブル。コンパクトに折りたたむこともできて、旅にぴったり。

c0060143_17210261.jpg
実際に操縦してみて、「買うならこれかなぁ」って思いました。これは、欲しくなる。

c0060143_17210414.jpg
こちらは、デモンストレーションとして。Phantom 4 Proです。サイズは一回り大きく、プロペラも大きいですね。

c0060143_17252210.jpg
コントローラも、だいぶ大きい。モニターは、スマホではなくコントローラに付属のもの。

というわけで、初めてのドローン体験でしたが、いよいよ家庭用に買っても良いかな、と思いました。僕が欲しいと思ったMavic Airは、本体だけなら10万くらい。アクセサリーなどをひと通り付けたセットが、13万程度。その他に、スマホなども必要ですが。これで、4Kの映像が撮影できる、と。折りたたむのかなりコンパクトに収納できるので、本当に旅先での撮影に最適だと思いました。

これは本気で、お金を貯めて購入を検討しようかな。

DJI認定ストア日本橋では、定期的にこういった操縦体験のイベントを開催してるそうです。次回は5月に開催予定。



# by t0maki | 2018-04-15 17:07 | イベント・スポット | Comments(0)
c0060143_09081617.jpg

涙を振り絞って泣く演技はもういいよ。涙がすぐに出てくるのはすごいことじゃない。涙が出なくても、目薬でも、そこでホントに「泣いてる」ことを表現できれば。

分かります?泣く演技をするときに、泣こうとして泣くな、と。

泣くときって、どちらかというと、泣きたくて泣こうとして泣くんじゃなくて、泣きたくないけどこらえきれずに泣くじゃん。我慢しきれずに、どうしようもなくなって、泣いてしまう。だから、泣く時の演技って、どちらかというと泣くのを堪える演技なんだよね。泣く演技が上手いのは、ブラッド・ピットだと思う。そしてあの人は、大概の映画で泣いとる。特に若い頃の映画。堪えつつ、泣く演技。涙なんて流れてなくても、悲しみや切なさが伝わってくる。

よく居るよね。泣くのが上手い俳優さん、女優さん、子役とか。あれは、泣く演技が上手いんじゃなくて、涙がすぐ出るってだけ。ちっとも上手くない。涙を振り絞ろうとして、泣きます、泣かせてくださいみたいにトライして、先に鼻水出てきたり。いやいやいや、と。ひとつの現象が起こる時、必ずそこには反対に作用する動きがあって、そのせめぎ合いの結果、一方に動くと。

転ぶ時の演技は、転ぼうとするのではなく、転ばないように頑張る演技が正解。なんとか体制を立て直そうとするけど、でも最後に転んでしまう、と。

重いものを持ち上げる演技も、持ち上げる前にいったん沈んでから、ぐいっと持ち上げる。

くしゃみする演技も、いったんくしゃみを我慢して、その後に出てしまう。

作用、反作用。

ここでこうやって言うのは簡単だけど「じゃぁお前やれ」って言われても僕はできない。だから、素晴らしい俳優さんの演技はすごいなと思うのである。



# by t0maki | 2018-04-13 08:51 | Comments(0)


「ナースときどき女子」というWebメディアのご担当者さんから、Twitter経由で「貴サイトの記事を紹介させていただけないでしょうか?」っていう問い合わせが来たので、「どうぞー」って返事したんですね。

で、その記事が先日公開された、と。

いつもと違う自分に変身☆看護師さんの変身願望を叶えられる記事特集!

日光江戸村で、「新撰組」と「武家娘」に変身した時の記事を紹介してもらいました。

掲載許可の連絡をしてくれるなんていまどき珍しい、ていねいな対応で好感が持てるサイトだなぁと思いました。
というわけで、こちらもお礼として、「ナースときどき女子」がどんなサイトなのかをうちのブログでご紹介。
運営を行っているレバレジーズ社のご担当者さんにTwitterで質問しつつ。

c0060143_15085123.jpg

もともと、この「ナースときどき女子」を運営しているレバレジーズ社は、看護師さんに特化した転職サービスを展開していたとのこと。その事業を運営していく中で、看護師さん特有の悩みやニーズに応えていくために、さまざまな記事を発信するWebメディアを立ち上げたそうです。看護師に特化しているメディアでありながら、記事自体は転職斡旋に限定せずに、広く看護師さんが興味を持ちそうな内容の記事を積極的に発信しています。看護師さんのニーズに応えられるメディアを作ることで、結果として自社サービスの認知が広まれば、という考え方だそうですよ。なるほど。

現在、月間約40-50万PVくらいのアクセス数があり、多いときは100万PV近くまでいったことも。この数字はすごいなぁ、と思いました。「看護師」に特化しつつも、一般の人も楽しめるような記事になってます。

サイトを見てくれている読者さんからも、「いつも見ています!」「あのインタビュー連載が面白かったです!」という言葉をもらうこともあるそうですよ。

看護師さんって、人の命や生活を預かる大切な仕事ですからね。勤務時間が不規則だったり、仕事もキツイし、理不尽な患者さんにあたっちゃったりしたらものすごいストレスですもんね。こういうWebメディアの存在は、役に立つんじゃないでしょうか、と。

僕も、子どもの頃に肺に穴が開いた際に入院したり、大人になってから靭帯の手術をしたりしたときなど、とてもお世話になってますよ。入院して気分が滅入ってるときに、看護師さんの笑顔を見るとずいぶん助けられますよね。15年くらい前に、度重なるスポーツの怪我で靭帯を修復する手術をすることになりました。ちょうどその頃、日韓合同でワールドカップサッカーの試合をやってて、僕はベッド脇に設置されたテレビでその試合を見てました。「この先、またスポーツができるようになるのかなぁ」などと不安な気持ちもありつつ。

そしたら看護師さんが「どう?日本勝ってる?」って元気よく笑顔で声をかけてくれて、なんかとても気持ちが明るくなったっていう思い出。まぁ単に、その看護師さんが日本戦の試合が気になってただけかもしれませんけど。

「ナースときどき女子」は、看護師さん向けのサイトですが、普通に一般の人が読んでも面白い記事がたくさんあります。こういう形でコンテンツマーケティングを行っている会社さんはたくさんあると思いますが、記事を掲載するにあたってしっかりとコミュニケーションを大切にして、ていねいに記事をつくるってのは良いな、と。

そんなわけで、うちのブログからも記事掲載のお礼として、サイトを紹介させていただきます。ありがとうございました。


ナースときどき女子



# by t0maki | 2018-04-12 20:59 | Comments(0)
c0060143_20403313.jpg
帰り道に見かけたポスター、通り過ぎようとしてから、二度見した。鉄道写真の中井精也さん!何度か展覧会にお邪魔したり、トークショーに参加したり、存じ上げてますよ。エプソンのイベントにいらっしゃってて、とにかく写真が素晴らしい。よくある電車ありきの鉄道写真じゃなく、写真の中に鉄道も写っているような感じ。美しい写真、感動する写真、楽しげな写真。そのどこか一部に、しっかり鉄道も写っているというような、作品としても素晴らしい鉄道写真を撮る方です。

5月にギャラリーオープン予定とのことで、楽しみ。うちの嫁さん、中井さんを見かけたって行ってた。なんか、変なTシャツを着た胡散臭い人が歩いてたって。いやそれ、失礼すぎるだろ。

オープンしたら、もちろん見に行きますよ。都電も近いし、良い場所ですね。


# by t0maki | 2018-04-12 20:40 | 地域情報 | Comments(0)
c0060143_19004147.jpg
僕は、大学でアートを専攻する前は、人類学を学ぶ気満々でした。実際に、まだ留学を決意する前は国公立受験と併願で早稲田大学のヒューマンエコロジー的な学部を受験する予定だったし、アメリカのネバダ州にある大学に入学した後もしばらくは人類学部に籍を置いてました。人間について学ぶのが好き。歴史とか、哲学とか、宗教とか、文化とか、すごく面白いと思う。結局、アートの方がもっと面白くなっちゃって、アート学部に転部しないと卒業できないくらいアート系の単位を取っちゃったので、途中からアート学部陶芸彫刻学科に移りましたが。でも今でも、人間について考えたり学んだりするのは好き。生物学的にとか、認知学的にとか、とにかくなんでも。むしろ、アートに惹かれたのも、それが人間の本質に一番近いと感じたから。作りたいという創作欲求は、人間の根源に近いところにあるから。

前置きが長くなったけど、『サピエンス全史』がめちゃめちゃ面白くて、多少飛ばし飛ばしだけど上下巻を三、四時間くらいで一気に読んでしまいました。いろんなものが「腑に落ちる」感じ。歴史や経済、文化、宗教など、人間の誕生から今までの歩みがいろんな側面から分かりやすく簡潔に書かれてあって、「あぁ、そういうことだったのか」って感じですごく納得できる。目からウロコがボロボロこぼれ落ちてく感じ。

多分、それぞれの分野の専門家が読んだら「ここはちょっと違うんだよなぁ、もっとここがこうなってね……」みたいなことがあるんだろうと思うけど、すごく広い分野をうまく単純化して整合性をつけて、しかも分かりやすく伝えてる点で、ものすごく楽しめる読み物になってる。すっごい遠くから俯瞰しつつ、えらい勢いで現代まで話を繋げて、そして本の最後では未来までもチラッと垣間見せる感じ。これはぜひ、みんなにもオススメしたい本です。人間として生まれたからには、きちんと理解しておきたいことばかり。

で、こっからは個人的な意見になるんだけど、シンギュラリティについて。電脳が人間を超える日が来るのか、と。ある意味、一部のデータ処理なんかは、コンピュータの方が人間よりももっともっと効率よく動いてくれる。計算とか、検索とか、参照して識別してひたすら指示通りに処理を繰り返すのは、人間よりももっと素早く正確にこなしてくれる。

ただ、機械やコンピュータが人間以上の存在として、さながらアメコミヒーローのように「新しい人類」になるかというと、それはちょっと違うよなー、と思う。機械やプログラムは便利なツールだけど、それが有機的な生命体に取って代わることは無さそう。どんなに精巧な義手も、それを使う人がいて初めての機能する。

ロボットとか、人工知能とか。なんでも人間は、擬人化したがる。捉えどころのないものを人にたとえることで、理解しやすくなるんだよな。それは、宗教もテクノロジーも同じ。擬人化された神と、擬人化されたテクノロジー。そうするふことで、イメージしやすくなる。

で、何が言いたかったんだっけ?

そう、科学と宗教は相容れないみたいな考え、実はそうでもなくて、どちらも根っこの方では繋がってると思うんだ。信仰によって心の安らぎを得ようとするのも、科学技術によって僕らの暮らしを便利にするのも、その根本にあるのは人間がより良い暮らしを求めること、幸せを追い求めるってことだよね、と。

歴史って、一直線にある目的を持って進んでいるわけではなくて、ある時は精神的な幸せを追い求めるし、それが過ぎると物質的な豊かさを追い求めるし、それは両方とも共存しつつ、でっかい振り子のように行ったり来たりしてる。ルネサンス以降、人は科学寄りに進歩してきたけど、それ自体は4,000年前にもあったもの。

振り子というより、コマみたいなもの。ゆらゆら回転しながら、その軸も移動している感じ。

思うんだけど、今この瞬間って結構科学信仰から精神の拠り所を探究する変わり目のタイミングなのかな、とも思うわけですよ。なかなかに面白い時代。グルグル回転しながら、次はどんな方向に人類は向かってるんですかね。

なんてことを考えつつ、会社帰りのブログ更新。


# by t0maki | 2018-04-12 19:00 | ライフスタイル>映画・書籍 | Comments(0)
c0060143_20171740.jpg
戦時中に「英語は敵国語だ!」っていうんで勉強できなかった人ならともかく、今の日本人で普通に高校を卒業した人なら、だいたい6年は英語を勉強してきたことになる。それにしては、英語に対して苦手意識を持ってる人が多いよね。

僕も、高校までは英語はめっちゃ苦手でした。っていうか、嫌いだった。
今思うと、「受験のために英語を勉強する」ってのがどうしても好きになれなかったんだな。高校の授業でおじいちゃんの先生がカタカナ英語で受験対策の英語を教えるってのをずーっと聞いてて、「こんなんで、ぜったいに英語をしゃべれるようにはならない!」って思ったらなんだかとても悲しくなって、次第に腹が立って、でもってその反動でアメリカ留学を決意しました。それまで海外旅行経験は一切無く、留学のためにアメリカへ渡ったのが僕にとってはじめての海外だったわけですよ。

そこから4年間、大学でも私生活でもがっつり英語を身につけつつ、アートを専攻しながらスペイン語も学びました。語学を勉強するのが、すっかり好きになったので。
c0060143_20180373.png
今回「カナンアカデミーeラーニング講座」のモニターを募集しているっていうことで、迷わず応募しました。というわけで、今回の記事は、カナンアカデミーのPRです。実際に動画を見てレッスンを受けて見ましたよ。

感想としては「あー、なんて勉強しやすいんだ」って思いました。だって、僕が留学のために英語の勉強をしていた20年前は、もちろんスマホもインターネットも無かったですし、こんなに簡単に動画レッスンが受けられるなんて想像もしなかったですよ。僕らの頃は、何とか生の英語を聞きたくて、電波の入りづらい米軍向けのラジオ放送を必死にアンテナの向きを調整しながら聴いてましたからね。

第一回目のレッスン内容は、まずイントロダクションとしてレッスンの受け方などや、英語学習の心得などを学びます。ちなみに、レッスンの英語はアメリカ英語です。そして、アメリカ文化を中心に学びます。動画を見た後、小テストを受け、課題を提出するという流れです。

c0060143_20182642.png
英語を学ぶ際にまず大事なのは、「いきなり完璧でなくても良い」ってこと。カタコトでも、身振り手振りを交えてでも、まずは伝えたいことをきちんと伝えるということ。難しい単語やフレーズばかりを暗記する必要はなくて、簡単な言葉で分かりやすく伝えることが大事。

アメリカ人は、よく会話の中で「なぜ?」とか「何でそう思うの?」って質問をはさんでくることがありますが、これはあなたを問い詰めたり尋問したりしているわけではなく、単純にあなたの話に興味があるから。もっと会話を掘り下げたいと思うから聞いているんですよ、と。なので、怖がらずに、不安にならずに、どんどん話したら良い。

というような内容を、レッスンの中では英語を使って分かりやすく説明してくれます。聞き取れなくても大丈夫。きちんと、レッスン内容を文字起こしした資料も用意されていますので、リスニングの内容をきちんと文字でも確認することができます。分からない単語は自分で調べたり、用語集のリストで確認することも可能。

英語を身につけるコツは、なるべくたくさんの時間英語に触れること。そして、分からないことはどんどん調べて、反復して、覚えること。まずは、できるところから始めると良いとおもいます。

「カナンアカデミーeラーニング講座」の詳細やお申し込みは、下記バナーからどうぞ。


TOEIC700点あっても会話は苦手。英語でのコミュニケーション能力を徹底的に鍛えるeラーニング講座そんなあなたにアメリカ人とのコミュニケーション能力を鍛える英会話eラーニング講座「カナンアカデミー」


# by t0maki | 2018-04-10 20:23 | ライフスタイル>語学 | Comments(0)

   
Back to Top