ブログトップ | ログイン
c0060143_10323111.jpg
屋上ってのは、たぶん現代都市社会のフロンティアなんだと思う。その空間の活用法について考えるのは楽しい。

さて。

屋上は、切り取られた屋外空間。庭とも似てるけど、そこにアクセスするために必ず建物を通らなければならないんだよな。プライベートな、アウトドア。中庭に近いけど、建物の一番上にある事で、開放感がある、と。

で、この切り取られた屋外空間をどう活用するか?

すぐに思いつくのが、緑化とか、ソーラーパネルとか、環境のための取り組み。それはそれでありだと思う。植物を植え、太陽エネルギーを活用する。

今回はもうちょっと、その「場」の活用について考えてみたいんだ。そこで、みんなで何ができるのか、を。

プライベートなプチアウトドア空間。BBQやキャンプ、かな。それなら、うちでもベランダバルコニーでやってる。映画の上映も面白いと思う。つい先日もユナイテッドピープル社配給の映画の試写会に参加したけど、そこの市民映画上映会のプログラムをやるのは楽しいと思う。

一方で、都内のビル密集地ということで、音の問題がある。大きな音の出るイベントには向かない。となると、みんながヘッドセットになってしまうのか。大声で喋る飲み会イベントなども微妙なところ。近隣住民からの苦情が来た時点で、アウト。その後のイベント運営も窮屈なものになってしまう。

なるべく音の出ないもの。

鑑賞する、愛でるってのは確かにあるよな。作品展、写真展。

あと、天候にも左右される。先日、元学校の屋上でドローンを飛ばすというイベントに参加したんだけど、当日の天候不良(強風)のせいで、急遽体育館での開催となった。

基本、アウトドアなので、雨に弱い。

* * * 

最近、月一回のペースで個人主催の勉強会/ワークショップをやらせてもらってる。そのシリーズを内容によってはここでやふのも良いかもしれない。屋上で彫刻制作とか。鉄工、金工などはできるんだろうか?家にある電気窯を持ってく?設備的にどこまでいけるか。もちろん、レーザー加工機を置けたら最高だけど。木版プレス機とか。

そこに置ける設備によって、できることも変わるのか。例えば、イーゼルはそこに置いとけるの?とか。

工房的な利用がどこまでできるかは条件次第なので、とりあえずいったんこれくらいにしておいて、イベント利用としてはどんな可能性があるか。

などなど。

先週土曜日と、昨日と、ビアガーデンに行った。良いよね、屋上で、日が落ちて暗くなってくのを感じつつ、お酒と肉。もう、これでいいのかも。

消費するのではなく、創造するなにかをしたいと思うのですよ。それは作品かもしれないし、人の輪かもしれないし、なにかコミュニティとかきっかけとか繋がりとか、そういう目に見えないものかもしれない。

続きはまた今度。


# by t0maki | 2018-05-25 18:11 | Comments(0)
c0060143_23530867.jpg
さて、イベント帰り。今日は自主企画の勉強会/ワークショップ的な、みんなで遊びながら学ぶ会。

最近、「大人もできるかな」っていう、テクノロジーと創造性を掛け合わせて、みんなでなんか面白いことしようよ、っていうイベントを月一でやってます。今回で2回目。

前回は、機械翻訳と電子書籍をテーマに。今回は、音声・文字認識とPDFなど。

AIスピーカーの普及や、Google Duplexの開発など、音声認識がすごく面白いことになってる。そこらへん、みんなで遊びながら一緒に学ぼう、と。

参加者みんなで音声入力をするってのが実現できて、楽しかったー。

主催してる本人が一番楽しんでるっていうね。おすすめのアプリとか、OCRのAPIの話が聞けたり、勉強になりました。ご参加いただいた方々、ありがとうございました。また、会場も無料で貸していただき、感謝感謝です。これは、絶対に恩返ししなければ。

次回募集は7月の予定。さて、どんなテーマにしようかな。と、考えてる時もすごく楽しいのです。


# by t0maki | 2018-05-22 23:52 | イベント・スポット | Comments(0)
c0060143_23390157.jpg
20年前のネガを業者さんに頼んでお試し無料でデジタル化した話の続き。なんと、この時モデルをやってくれた大学の後輩とFacebookで繋がって、「久しぶりー」「懐かしいねー」って会話の流れで、彼女が今、アートの先生をやってるって知ってびっくり。しかも、陶芸彫刻だって。なんともすごい偶然というか、運命的とでもいうか。あの後も、ずっと陶芸を続けてたんだな。すごいな。

「写真、作品展に使っても良い?」って僕が聞いたら「もちろん。光栄よ」って言ってくれたので、さっそく富士フイルムさんの写真展はこの写真に決定。

カメラ屋さんに行って「シャッフルプリント」ってやつで、48枚の色調が異なる彼女の写真を並べて、四つ切りワイドのサイズで現像してもらった。明日には、台紙に貼って発送予定。

こういうのって、ホントにタイミングなんだなと思う。偶然の繋がりやきっかけを感じたら、あとはそのチャンスを逃さないように、丁寧にかつ迅速に進める、と。

ここからきっとまた、何かに繋がってくと思う。こういう瞬間がたくさんあればあるほど、人生は豊かになると思うんですよ。

あぁ、今日僕が話したかったけどうまく伝えられなかったことは、こういうことなんだな。


# by t0maki | 2018-05-17 23:37 | アート>写真 | Comments(0)
c0060143_23271466.jpg
神田のとあるビルの屋上、秘密基地みたいな場所。あまりにも秘密基地っぽすぎて、ナビ通りに行ったはずなのにたどり着けなかったという。

そうだな。ここで、ワークショップをやるのも楽しいだろうな、と。いろんな企画を考えるだけでも面白いかもしれない。まだオープン前の、心地よいカオスな雰囲気も良いよね。

ここで何ができそうか、いろいろ考えてみようかな。僕がやるかもしれないし、誰か他の人のために考えても良い。

うむ。




# by t0maki | 2018-05-17 23:26 | Comments(0)
c0060143_00501826.jpg
アメリカの砂漠の真ん中にある大学で、僕がアートの勉強をしてた頃。

卒業間際に学内のギャラリースペースで個展をやった時、陶芸クラスの後輩が「この作品ちょうだいよ」って言うから「いいよー」って。「その代わり、写真のモデルやって」ってお願いしたら、交渉成立。その時に撮った写真。

c0060143_00501961.jpg

c0060143_00502038.jpg

c0060143_00502135.jpg

c0060143_00502129.jpg
当時、人を撮るのが好きだった。今でも好きだけど。やっぱりフイルムとデジタルとでは、気合の入り方が違う。

骨董品みたいなカメラをよく持ち歩いてた。オートフォーカスなんてもちろんないし、ズームすらもできないカメラ。光量計で明るさを測って、絞りとシャッタースピードを決めて、一枚一枚が真剣勝負だったよね。楽しかったなー。

そういえば、実家のどこかにあの頃使ってた現像機があるはず。まだ使えるかな?


# by t0maki | 2018-05-17 01:17 | アート>写真 | Comments(0)
c0060143_22423433.jpg
今僕は、クラウドファイルストレージサービスの「Dropbox」で、無料会員ですが約30GBの容量を所有しています。もともとが2GBから始まって、コツコツとキャンペーン参加などに参加して、ここまで増やした感じです。

なのですが、あと2週間ほどでプロモーションキャンペーンで取得した20GB分が有効期限切れでごっそりと無くなってしまう。残り10GBで運用も可能なのですけど、最近8GBのファイル一式をシェアされたこともあり、2GBではさすがにどうにもならず、そろそろ1TBにアップグレードが必要かな、と。

なんか、まんまとプロモーションキャンペーンにハメられた感じでなんだかシャクだけど、クラウド上に1TBは便利だよなぁ、と。どうしようかな。

それとはまた別に、ついこないだもうっかりAdobeのサブスクリプションがキャンペーン価格でアップグレードしそうになったり。サブスクリプション、ヤバイ。Netflilx、Amazonプライム、Flickr、Navitime、各種ドメインやサーバ使用料などなど。あ、このブログも広告非表示のためにそこそこのお金払ってるし。

いろいろちょっと見直さないとね。今、auのなんちゃらパスってのは解約した。そろそろau自体も解約かなぁ。浮いたお金で、DropboxとAdobeのアップグレード、とか。ちょっと考える。




# by t0maki | 2018-05-15 22:43 | Comments(0)
c0060143_22111732.jpg
うーん、おかしいなぁ。
JAMLIVE(ジャムライブ)っていうクイズアプリのモニターに参加して、レビューを書いてるわけなんですけど、どうも僕のスマホ環境ではアプリがうまく動かない。12問全問正解すると、賞金を山分けっていう、なかなか面白いアプリです。20時半になるとクイズのライブ配信がスタートして、1問につき10秒で回答する、と。これが、毎日あるってすごいですね。

参加方法は簡単。アプリをダウンロードして、電話番号などを登録し、毎日夜20時半より始まるクイズのライブ配信を待つだけ。登録時に、招待コードがあるとちょっと良いことがあるのですが、それは記事の最後で説明します。

前回、さっそく登録して、外出先でやろうとしたんだけど、通信環境がよくなかったせいか一問目の回答画面が出てこなくって、回答できなかった。
今回はWi-Fi環境で、通信もバッテリーも万全の体制で挑んだんだけど、やっぱり最初の2問くらい、回答画面が出てこなくて、時間内に答えることができなかった……。音は聞こえるんですけどね。何もできずにタイムアップ。うーん、なんでだろ。また今度試してみる。

c0060143_22113881.jpg

c0060143_22114233.jpg

c0060143_22113317.jpg


というわけで、今回は全問正解はできませんでしたが、クイズ自体は面白かったですよ。結構難しい問題もあって、「てん菜」が出てくる問題で間違えた。あと、漢字の画数問題は、答えた後で「あ、間違えた!」って気づいたんだけど、なかなか10秒で答えるのは難しいですね。

本日5月15日はなんと、50回目の記念すべきライブ配信ということで。賞金20万円を山分け、と。事前にTwitterの方でちょっとしたキャンペーンもやってて、リツイートの数によって当日のクイズのヒントを教えてくれるっていう。500RT達成したので、2つのヒントが出ましたよ。【ブラウニーってどんなスイーツ?】っていうのと、【宝塚歌劇で、最も最後に誕生した組は?】っていうもの。特に、2つ目は答えが全然分からなかったので、検索して調べてみたら「宙組」ってことが分かったので、これは答えられました。こういうTwitterを使ったキャンペーン企画も面白いですね。また、Twitterで参加者からクイズの問題も募集しているそうですよ。

JAMLIVE(@jamlivetvjp)公式ツイッターアカウント

遊び方としては、ひとりで参加して頑張って答えるのもありですが、友達とかみんなでやっても楽しそうだな、と。得意分野の異なる5人くらいで集まれば、誰か一人くらい正解を知ってそう。5人がそれぞれ、自分のスマホを持ち寄って、知恵を持ち寄ってクイズに参加したら、たぶん全問正解の確率が上がるよね。

問題は、簡単なものからそこそこ難しいものまで。10秒で答えなきゃならないのって結構タイヘン。回答を押しちゃってから「あ、違う!」なんてこともあったりするので、持ち時間使って慎重に。

今回は、197名が12問全問正解して、20万円を山分けして1,015円ずつゲット、と。一定量以上の賞金が貯まると、出金申請ができるようですよ。参加は無料ですので、ぜひアプリをダウンロードして、毎日ライブ配信されるクイズにチャレンジしてみてください。

ちなみに、敗者復活に使えるハートっていうものがあって、登録時に招待コードを入力すると、登録者と紹介者にそれぞれひとつずつハートがもらえます。

というわけで、僕の招待コードはこちらー。
招待コード: 8VZ6T

アプリのダウンロードは、下記リンクからどうぞ。



# by t0maki | 2018-05-15 22:13 | モニターレビュー | Comments(0)
c0060143_02452815.jpg
近くて遠い外国、北朝鮮。まるで鎖国でもしてるかのように、隔絶されてしまっているように見えるけど、実際中から見るとどうなってるのか、と。

北朝鮮でドキュメンタリー映画を撮るために、韓国籍を放棄し、ドイツ国籍を取得して、この映画をつくったのがチョ・ソンヒョン監督。北朝鮮の素顔が垣間見える。
c0060143_02452982.jpg
映画を観ながら感じたのは、こういう時代が日本にもあったな、ということ。まさに昭和の懐かしい風景が、現代の撮影技術で鮮明に蘇ったかのような。そんな感じ。

日本のニュース映像で流れる、ステレオタイプの北朝鮮映像ともちょっと違う。カメラにはにかむ少年たちとか。洋服を縫製する女工さんが夢を語るシーンとか。電力の供給が不安定であるがゆえに、サステナブルな生活が実現できている農家の生活とか。

美しいものを見せたいという気持ち。ちょっとすまして、よそ行きの自分を見せる感じ。昔の日本も、こんな感じだったよ。60年代の昭和の日本が、そのまんまそこに残っているかのような。

ビキニが禁止とか、国の最高指導者の写真が飾られ、みんなで歌を歌うとか、休憩中に突然全員で踊りだすとか、文化の違いは確かにある。でも日本だってラジオ体操をやるだろうし、カラオケの文化もあるし、そうそう大きな違いはない。

中に入って見てみれば、意外とそういった文化の違いも、納得できるかもしれない。極度のメディア統制も、「みっともないところを見せるのは恥ずかしい」っていう気持ちの表れだとしたら、その奥ゆかしさは日本人の我々もすごく理解できるし、共感できると思う。

c0060143_02453177.jpg
来日したチョ・ソンヒョン監督。登壇中、真面目な話をしている合間に、通訳さんが話してるタイミングで会場の様子をパチリ。

c0060143_02453251.jpg
ついでに、自撮りまで!お茶目な方でしたよ。僕より、8歳上ってことは、52歳?ホントか?随分とお若く見える。

いろいろ聞きたいことがあったけど、残念ながら時間切れで聞けなかった。韓国籍を捨てたことで、むしろ北朝鮮と韓国の両方を俯瞰で見られるようになって、2カ国の未来についてどんな考えを持っているのか、聞いてみたかったな。今後も、北朝鮮を訪れて、映像作品を作り続けるのか、とか。

チョ・ソンヒョン監督の『ワンダーランド北朝鮮』は、6月30日よりシアター・イメージフォーラムほか、全国で順次公開予定です。


# by t0maki | 2018-05-15 02:44 | ライフスタイル>映画・書籍 | Comments(0)
c0060143_09345685.jpg
ここしばらく、時々記憶が無いほどバタバタしてて、そういえばこないだ誕生日で44歳になってたことも忘れそうになってたり。

隙間時間に書いてるブログも、何を書いて何を書いてないのか微妙にわからん状態に。いっぺん、書いたものリストと書いてないものリストかなんかをつくって、見比べてみるなんてことが必要かもね。とりあえず、書きたいことを全部書き尽くしたい。

さてさて。


# by t0maki | 2018-05-14 09:33 | Comments(0)
c0060143_21580679.jpg
食事も美味いし、タイのビールも飲めて幸せだけど、何よりも嬉しかったのは参加者さんたちがみんなタイ好きで旅好きの、ホントいい人たちで。TABIPPO主催の旅大学イベント「タイナイト」に参加してきました。
c0060143_21580736.jpg

c0060143_21580991.jpg

c0060143_21581090.jpg

c0060143_21581211.jpg
詳しくは、あとで書きます。
とりあえず、記事アップ、と。



# by t0maki | 2018-05-13 21:57 | Comments(0)

   
Back to Top