ブログトップ | ログイン

c0060143_18452338.jpg
さて、「メモ」についてである。
手描きで書くか、デジタルデバイスで入力するか。

ぼくは、そうだな。できればデジタルで入力しておきたい。なぜなら、ブログなどにコピペで活用できるから。
文字情報がない画像のメモは、入力し直さなければならないから不便。検索もできないし。
でも、場合によっては手書きの方が良い時もある。ものづくりのアイデアをまとめる時なんかは、やっぱりイラスト描きながらになるから、紙とペンですね。あともちろん、手元にデジタル機器が無い時は、手描きでメモを取るしかないよね。セミナーイベントなどで、デジタルデバイスを出せない時なんか、ひざの上でメモをとるよね。

で、手書きのメモをデジタル化する時、普通にスマホで写真撮るだけでも十分だけど、専用のデジタル文具などがあるとまたちょっと便利だよね、と。専用アプリで撮影するタイプのメモ帳とか、紙に仕掛けがあってその上で専用のデジタルペンで書くとリアルタイムにデジタル化されるやつとか、いろいろあるけどやっぱりキモになるのはOCRだと思うんです。手書きの文字を画像認識でテキスト化するテクノロジー。もちろん、コンピュータが自動で完璧に判別してくれればそれがベストなのだけど、なかなか完全にテキスト化してくれるものってないよね。人力OCRっていう技術もあったりしますけどね。画像のテキスト部分をバラバラにして、バイト君がネット越しに頑張って訳してくれるっていうサービス。昔、かなり精度が高い名刺OCRのサービスがあったけど、事業に失敗してなくなっちゃったり。

というわけで、製品の情報。今回の記事は、iWire(インフルエンサーワイヤー)っていうニューズリリースを読みながら書いてます。ブログのネタになりそうな記事を提供してくれるサービス。今回で、37回目の配信みたいですね。今回は、「打ち合わせ」「PC/手書き」「メモ」っていうキーワードでツイート内容を分析した結果と考察とに加え、Wacom社製の新発売の電子メモツールなどについての紹介など。紙にボールペンでメモを書いて、ボタンを押すと一瞬でデジタル化してくれるらしい。ノートに書かれた筆圧も感知。バッテリー駆動で8時間使える、と。ベクター形式で出力できるのは良いなぁ。手書きのイラストをそのままレーザー加工用の彫刻データにできそうですね。どんな仕組みを採用しているんだろうか?そして、OCRは英語だけでなく日本語にも対応しているんだろうか?いろいろ気になります。




発売されたら、触ってみよう。こういう製品って、実際に使ってみないと分からないからね。
今日のところはそんな感じで。

インフルエンサーワイヤー


by t0maki | 2016-09-29 18:44 | PR広告 | Comments(0)
c0060143_21065504.jpg


へー、単三電池2本。こんなに小さいのにきちんと血圧測れるんだ。手首に巻いて、スイッチ入れると「ウィーーーーン」って控えめな音がして、ベルトが膨らんでくるのもまんまそのまま血圧計。こんな、家庭用よ血圧計とか、あるんだねぇ。

オムロン ヘルスケア株式会社さんが開催された「薄くて軽い iPhone対応の新型血圧計 モニター体験イベント ~35歳からはじめたい血圧測定~」に参加してきました。

今回の主役は、11月30日に発売される、オムロン社の血圧計「HEM-6321T」です。

c0060143_21065535.jpg


血圧測るって言ったら、たいてい病院で診察を受ける時か、あるいは近所のスポーツセンターに置いてあるので泳いだ後に測ったり。

健康のバロメーターとして、体重とか体脂肪はそれなりに測ったりするけど、今まで血圧はそんな頻繁に測ることもありませんでした。時刻や曜日によっても、血圧に変化があるようなので、これからこの血圧計を実際に使っていきつつ、またブログ記事を書こうと思います。

そう、今回、オムロン ヘルスケア株式会社さんよりこの血圧計をご提供いただいたんですよ。オムロンさんのイベントですけど、ご招待いただいたのは、いつも面白いニューズリリースでブログネタを提供してくださる、iWire(インフルエンサーワイヤー)さん。前回の「おにぎり」に引き続き、今回もリアルイベントにからめて、実際に触れたり体験したりできるのは素晴らしい。

ブログを書いてる方なら誰でも登録できるので、興味ある方はぜひ!

インフルエンサーワイヤー

by t0maki | 2015-11-17 20:52 | ブロガーイベント | Comments(0)
c0060143_2123155.png


iWire(インフルエンサーワイヤー)のニューズリリースが届くと、「今回どんな切り口で記事を書こうかなー」と考えながら読んでます。iWireに登録すると、記事のネタになりそうなニューズリリースが定期的にメールでお知らせされるので、本文を読んで記事にすることができます。ブログ記事で利用可能な写真素材なんかも用意されてるので、なかなか便利。今回で、もう33回目。毎回、何かしら書いてます。

で、今回は読み進めていくうちにどんどんどんどん思考があさっての方向に飛んでったんだけど、そのまま書くぜ。

Vol.33 「和っぽいのが今っぽい」!? 和をアレンジしたライフスタイルに注目。
http://influencerwire.com/newsletter/vol/vol33/

今回のリリースのテーマが「和」を中心として、「お米(新米)」であったり、「書道」であったり、さらに和を取り入れたファッション・ライフスタイルのトレンドを紹介しているんだけど、なぜか突然「流行」ってなんだろう?みたいなことが気になって、いろいろ考えてみました。

「流行」とは?最初は一部の人しか知らなかったものが、どんどんいろんな人がその価値を認めるようになって、どんどん広まって行って、それが一般的になってみんなが手に入れようとするもの。「この色が流行るよ」っていうとたくさんの人がその色のアイテムを買い求め、「このブランドが人気だよ」っていうとそれを買ってみようかということになり、「タレントの○○さんが」とか「友だちが進めてた」とか、雑誌やテレビとかきっかけはともかく、新しくどんどん広まってく。つまり、流行は消費をもたらすきっかけになりえる、というのが今回のポイントかな。

で、気になるのは、「みんなやっぱり、流行に乗っかりたいの?」って。
メディアが多様化してきて、趣味嗜好もバラバラになってきている現代、「流行を追い求める」ってこと自体がそもそも時代遅れなのかもしれないなぁ、なんて、感じたりするのです。みんなと同じじゃなくて良いんじゃないの?「流行ってるから」っていう理由だけで、追っかける人、減ってるんじゃないかな、とか。

昔みたくさ、メディアが限られていて、情報発信が一方的だった頃は、「流行」っていうのはそれこそみんな従うべき絶対の王道で、それ以外は「ダサイ」っていうのがあったのかなぁ、と。でも今は、個人個人がそれぞれ自分の中での「流行」を持っていて、「オレ、今はこれが好みなんだ」「私は最近こっちかな」みたいな感じで、自分の価値基準で選べる。そういう個人の価値観を尊重できる世の中になってきている、と。(ホントに?)

いや、今これ書いてるオレが40のおっさんだからってのもあると思うけど……。
まぁ、とにかく。

「流行は絶対で、流行は正義だ」みたいなのは、時代の変遷とメディアの多様化とともに、以前よりは薄れてきてるんじゃないか、というのが、今回言いたかったこと。

と、ここでこの説を裏付けるようなデータなりグラフなりを探してきて載っければ良いんだろうけど、面倒なのでそこまでやらん。誰か、アンケートリサーチしてくれ。

で、今回のニューズリリースで、「和を取り入れたライフスタイルがプチトレンド」っていう見出しで、「折り紙ピアス」や「骨董品」、「古民家リノベーション」に絡めて「お米」も押し出してきているけど、ここらへんのものは流行り廃りとかではなく、そもそもの文化の根っこのところにずっとあるものだと思うし、それをトレンドと呼ぶことにちょっとした違和感があったというわけ。いつの時代にも、そういうの好きって人はいたと思うし、それこそ、個人個人の流行というか、個々のマイブームとして存在し続けるものじゃない?

ここでもう一個言うと、「流行る」ということは、そのあと「廃れる」ってことなのじゃないかな、と。だから、お米であったり、日本の文化自体は、流行るとかそういう尺度で測るべきものとはちょっと違うんじゃないかなぁ、なんて。

勢いついでにもうちょっと書くと、現代の広告って「流行らせる」っていうマーケティング手法だけでは成り立たなくなってきているんじゃないかと思うわけですよ。商品名を拡声器でがなり立てるような広告手法で流行をつくろうとするだけじゃなく、個々のこだわりを持った人たちに対して、ブランドや製品のファンになってもらって、一緒に盛り上げていこうよ、っていうのが、アンバサダーマーケティングであったり、ブランドアドボケイツであったりすると思うのです。

ここらへんのオンラインマーケティングとかについては、以前うっかり大学の「非常勤講師」をやらせていただいたときに、がっつり話をしたことがあります。本業は一応「マーケティング」を仕事にしているので、そんなことを考えたり、考えなかったり。

と、ここまで書いてきてアレだけど、今回のメインテーマであるお米とかコシヒカリについて、全然書いてないよね。おいしいお米は大好きですよ。そういえば、こないだベトナムに行ったとき、普通にスーパーで日本のお米が売られててびっくりした。うん。

今回はそんなところで。


インフルエンサーワイヤー

by t0maki | 2015-10-07 21:37 | アンバサダー | Comments(0)

c0060143_21092345.jpg


前回は5月の配信だったから、きっかり2ヶ月半ぶりですね。
iWireから久しぶりにニューズレターが届きました。Vol.32の今回のキーワードは「お盆」、と。

インフルエンサーワイヤー – 「帰省」「実家」そして「家族」。 話題になるのはやっぱりお盆!?
http://influencerwire.com/newsletter/vol/vol32/

お盆休みって、いまいち期間とかよく分かってないのですが、8月15日前後ってことらしいですね。会社ごとに違いますよね。そもそも、うちは無いけど。

お盆と言えば、夏休みに実家に帰省してお墓参りをする、みたいなのが定番ですかね。
あとは、盆踊りとか。きゅうりとナスで馬をつくったり。
うちもお盆の時期、13日と14日に有給使って休みました。と言っても、お盆の行事らしいことはなにもせず、汗だくになりながらランニングイベントに参加したり、家族と一緒に映画観に行ったり。普通に夏休みなだけ。

お盆といえば、思い浮かぶのはアメリカの「ハロウィーン」であったり、メキシコの「シンコデマヨ」であったり。「死」とか「霊」にまつわる季節イベント。

というわけで、そこらへんの共通点と違いを文化的背景や成り立ちとともに、レポートにまとめるの夏休みの宿題としてみんなまとめてくるように。オレはやらんけど。


で、iWire(インフルエンサーワイヤー)に話を戻すと、実はここ2ヶ月以上もニューズレターの配信がなかったので、「もしかしたら、もうサービス自体が終わったのかな?」と感じていました。何事もなかったかのように配信されたので、ちょっと意外。

iWireは「電通」と「AMN」がタッグを組んでブロガーとプレスリリースを組み合わせてさせて新しいメディアをつくるっていう面白そうな試みでしたが、どうもなにかいまいちブロガーにとって書くことのメリットが見出せない現状。モニター企画でモノをばら撒けばそりゃ書く人増えるだろうけど、そういうことじゃないんだよね。このプラットフォームから何かが生まれそうな予感が欲しい。

サービスイン当初からずっと言ってるんだけど、記事を書いてもらいたい企業と、インフルエンサーワイヤーの運営側と、そして記事を書くブロガーがみんな幸せになれるような仕組みが必須だよ、と。それは、モノをばら撒くことでは無いし、金銭的報酬でもなく、僕が欲しいのは参加して良かったと思えるワクワク感とか、いろんな人との交流とか、繋がりとか。ま、そこらへん何をメリットと考えるかは、人それぞれだと思いますが。

今回の長い充電期間の後、なにかいろいろ考えて、画期的に変わったのかと思えばそんなこともなく。過去2回の配信がモニター企画だったので、ブロガーさん達が書いた記事は多めだったようですが、そん時はモノをもらわずに書いてたのって、編集委員を除けば、ホント俺しかいないような感じ。っていうか、モノを配ってたの知らなかったんだもの。後で、他の人の記事読んで知った。なんか、バカみたいじゃん、オレ。

ともかく、今回はモニター商品プレゼントは無いはずなので、今回の配信で媒体のホントの力が試されますね。たくさん記事が集まると良いなー。前回、前々回、モノを受け取った人、今回書くのかな。

編集委員の人たちが声かければ、みんな書くと思うよ。そして、iWireの編集の方もすごく面白いブログを始められたので、そっからもなにかうまいこといろいろ繋がったり発展していくと良いな、とも。

みんなに書いてもらいたいけど、すでにもう、お盆過ぎちゃってて書きづらいよね。

加えて、AMNは「レビューズ」というサービスを開始したので、そことの住み分けも気になるところ。

最近ちょっと思うのは、「オレ、なんでiWireの記事を書き続けてるんだっけ?」ってこと。ま、書くこと好きなんで良いですけど。



インフルエンサーワイヤー

by t0maki | 2015-08-18 09:02 | PR広告 | Comments(0)
c0060143_22334312.jpg

今さら気づいたんだけど、どうもニューズリリースだけでブログを書くのが苦手らしい、オレ。
さんざ記事書いといてアレだけど。

前に、ヘッドセットの記事書いたときにも直販店でわざわざ視聴しに行ってから書いたりもして、そもそも自分の身になっていないことは書きづらいというか、書いてもモヤっとする。興味があることなら調べながらでも全然書くのだけど、必然性のない記事はつらいやね。

さて。

というわけで、今回iWireのニューズリリースで台所用洗剤「Magica(マジカ)」の記事を書くにあたって、実物を購入しました。香り違いで三種類全部。
c0060143_22334210.jpg

泡立ちが良い。そして、濯ぎがすっと落ちるのも分かる。なるほどなるほど。
嫁さんも使ってみて泡立ちと濯ぎの良さももちろんそうだけど、「ピンクベリーの香りって、他にはあまりないから良いね」って言ってました。

そんなわけで、使ってみて満足、満足。
「ナノ洗浄」らしいけど、そういう目に見えない仕組みがどうなってるかはいまいち分からないけど、使ってみたらよく分かる。

なので、使ってみて。


CHARMY Magica(チャーミーマジカ) フレッシュピンクベリーの香り 本体 230mL


今回は、iWire(インフルエンサーワイヤー)のニューズレターから記事を書きました。
↓↓↓
ヌルヌルベタベタとおさらば! 魔法のようにサラサラに、食器のナノ洗い!


インフルエンサーワイヤー

by t0maki | 2015-04-21 22:33 | PR広告 | Comments(0)
c0060143_18103294.jpg

さて今日は、iWire Vol.29のニューズレターについて、ブログ記事を書きます。

ヌルヌルベタベタとおさらば! 魔法のようにサラサラに、食器のナノ洗い!

と、その前にiWireの説明。

iWire(インフルエンサーワイヤー)とは


インフルエンサーワイヤーは、旬な企業情報を中心に、クチコミ分析の技術を活用し世の中の「話題」を立体的に捉えたレポートをお届けするニューズレターです。
ブロガーの皆様を中心に、マスメディア、ネットメディアの皆様にも、新鮮な記事ネタとして配信させていただいております。
出典:iWire


ついでに、もうひとつ引用を。

ニュース系ブロガー支援プログラムは、アジャイルメディア・ネットワークが運営しているブロガーの方向けのプログラムです。 現在は、ニュースなどをもとに記事を書いているブロガーの方々を中心に 記事を書くための情報提供を実施しています。 もしニュースをもとにしてブログに記事を書くことを既に行っていたり、 これから行いたい・興味を持っているという場合には、ぜひご登録をいただければ幸いです。
出典:iWire


iWireは、そんなサービスです。
良い感じに編集されたブログネタが届くので、うまく料理して自分の記事が書けますよ。
記事用に使える画像が用意されているのもありがたいです。


iWireに登録してみよう

iWireへの登録の仕方は、トップページに「サービス登録」のリンクボタンがあるので、そこからフォームにアクセスして、必要事項を記入すると、次回分からニューズレターの通知がメールで届きます。サービス名に「インフルエンサー」なんてのが入ってるので敷居が高そうですが、別に普通に誰でも登録申請できます。
で、ニューズレターの更新通知が届いたら、内容を読んで、面白かったら記事を書く。そうでなければスルーでもOK。
あと、どうしても書きたくて書きたくて仕方がない人は、iWireのサイトにアクセスすれば過去ネタ30回分あるので、好きなのをピックアップして記事を書いても良いと思います。

ちなみに僕は、今回の第30回配信に至るまでコンスタントに全部のニューズリリースに対してまんべんなく記事を書いてます。書いたからって別に何か報酬があるわけでもなく、自分のブログ記事がリリースページに載ったところでそっからのアクセスなんてほとんどないですが、なんとなく修行のように書き続けている感じですが、書くのが楽しいのでずっと書いている感じです。


これまでにiWire用に書いた記事一覧


【iWire】 ラムネはレモネード、サイダーはシードル、では「キリン ハードシードル」は?
【iWire】 こっちが元祖らしいけど、うまいよ「スナックサンド」食べてみて
[iWire] 地球滅亡の日、最後の食事はカレーがいいっす
[iWire] ニューズレターで空手のデータ読んでるだけじゃ本物の迫力は伝わらない
[iWire] 希少糖についてブログを書こうとしたけどうまく書けなかったというブログ記事
【iWire】 宇佐美里香さんと高野万優さんの演武に圧倒されっぱなしの記者会見でした
【iWire】ホントだ!すげーな、QC20のノイズキャンセリング
【iWire】 バイクとは無縁の生活をしておりますが
【iWire】 味覚について日頃思っていることなど
【iWire】ゲランの香水が似合うおじさんを目指そうかな
【iWire】 お米がおいしいのはなによりだ
【iWire】 バナナといえば彫刻…ではなくて美肌なの?
【iWire】 楽器はできないけど家族でカラオケとかアートフリマなら
『iWireブロガーミーティング』に参加して、「応援してますよ」と伝えてきた
【iWire】 「うれスマ」の魅力は「安さ」だけでは無い気もする
『BIGLOBE スマホ「うれスマ」新WEBムービー&新端末発表会』で迷子になったけど泣かなかった
【iWire】 クジラ肉がお店で食べられる理由
【iWire】 見ても触ってもいないデバイスのことについて記事を書くのは難しい
【iWire】 「フレーバーウォーター」を自分でつくってみるのはおもしろそう
【iWire】 ネイマールの本を読んで考えたこととか
Airbnbのロゴ入りケーキも登場!原宿のZipZap
Airbnbのイベントに参加して、いま猛烈に旅がしたい
【iWire】 お金、好きですか?
【iWire】 オーストラリアのシャークベイ塩田が気になる
【iWire】 坂本龍馬といえばマダム・タッソーのワックスミュージアム in お台場
【iWire】 奇跡的にまだ営業中のGW期間限定カフェが存在していてた!
【iWire】 エデュテインメントアプリのニューズレターを読んだけど、結局残ったのは「早戻し」の衝撃
【iWire】 えーと、つまり何が言いたい?
【iWire】 誰もが一度は「スナフキン」に憧れると思うのです
【iWire】 「シャトルシェフ」は宇宙と同じ構造かもしれない、真相はいかに…。
【iWire】Airbnbから思いついて、いろんなマッチングサービスを妄想してみた
【iWire】 コメ兵よりもKOMEHYO、中古というよりリユースらしい

最近は、ブロガー向けの商品モニターの企画や、リアルなイベントも何回か行われているので、そういうところにメリットを感じる人は、とりあえず登録だけしておいても良いかと思います。
あとは、ストイックに記事を書き続けたいブロガーさんとか、「修行」として登録してみてはいかがでしょう?

いろんなブロガーさんが登録しているので、定期的に開催されるユーザーイベントに参加して、ネットワークを広げるのも良いかもです。

というわけで、一緒に、ブログの修行をしませんか?
というところまで書いたところで、長文になったので、肝心のニューズレターに関する記事は後編で。

つづく、よ。


インフルエンサーワイヤー

by t0maki | 2015-04-02 12:00 | PR広告 | Comments(0)
c0060143_2340695.jpg

今回は、「キリン ハードシードル」について。

ホントは飲んでから記事を書きたいのだけど、どうやらコンビニやスーパーでは売ってないとのことなので、ニューズリリースを読んだだけで記事を書きます。

iWire(インフルエンサーワイヤー) Vol.30 についての記事です。

おとなのサイダーがシードルです。

iWireが何かというと、ブログ向けのニューズリリース配信サービス。登録しておくと、定期的に「ブログネタ」になりそうな記事を送ってくれます。で、今回のテーマが「シードル」というワケ。


「レモネード」がなまって、日本では「ラムネ」ってのは有名な話。
今回のニューズリリースでは、「シードル/サイダー」がなんで日本で「炭酸飲料」になったかってのが紹介されて……、紹介されて……、あれ?紹介されてない。
あ、ご自分で調べるのね。

どれどれ、「明治」「シャンペンサイダー」で検索、と。
おぉー、なるほど。このメーカーのか。だからサイダーなんだね。
どぞ、ご自分で調べてくだされ。

というわけで、シードルに戻ります。
フランス語で「cidre」、英語で「cider」、スペイン語で「sidra」、バスク語で「sagardo」らしいですよ。リンゴを発酵させて造られた果実酒ですが、発泡性のシュワシュワな感じの方が多いので、その場合は日本の酒税法に基づいて「発泡性酒類」なんだと。ふーん。

ちなみに、ビールは「ブルワリー」、ワインは「ワイナリー」で、サイダーは「サイダリー」でつくられる、と。(もしくは、醸造ひとくくりで「ブルワリー」と呼ばれることも)

僕は、シードルと言えばなんとなくサントリーさんのイメージ。もしくは、「大日本果汁株式会社」が語源のニッカウヰスキーがつくってたりね。キリンもシードル出してたんだぁ、っていう感想。

あ!前半で気を使って「三ツ矢サイダー」の名前を伏せてたのに、ここで別のメーカーさんの名前出しちゃった……。

というわけで、今回は「キリン ハードシードル」についてのブログ記事でした。
機会があったら、飲んでみようっと。
c0060143_23411673.png



インフルエンサーワイヤー

by t0maki | 2015-03-30 23:44 | PR広告 | Comments(0)
c0060143_0195358.jpg

食ってみた。パンがフワフワでうまいな、これ。なんかやっぱり、いつも食べてる方のやつと違う。
「元祖」携帯サンドイッチこと、フジパンの「スナックサンド」が40周年ということで、iWireのニューズレター配信前日に実物をお土産でいただきました。

iWire(インフルエンサーワイヤー)とは、電通社とAMN社が運営するニューズレターサービスで、ブロガーやメディア向けに記事のネタになるような情報を配信しています。

Vol.28 あの定番商品、実はこちら先行商品?! ひそかに続いてきた「元祖」携帯サンドイッチとは??

実は僕、あんまりパンのメーカーにこだわったことがなくて、「このメーカーのやつだったら買う!」とかいうこだわりも、お勧めの商品もあまり知らなかったりするので、ましてやスナックパンの歴史なんて全然気にしたことすらなかったので、どのメーカーのどっちのパンが本家か元祖かっていうのは観光地のお土産屋さんの競合販売合戦くらいどうでも良いことなんですけど、ただね、実際に食べてみて味や食感を比べたときに「あ、スナックサンドおいしい」って思ったので、そんな感じでブログ記事書きます。

本来だと、いくつかのメーカー並べて食べ比べ直接対決とかしてみたいところだけど、売ってないのな、「スナックサンド」。
iWireの資料見たら、国内シェアが0.15%らしいね、このスナックサンド。普通においしいのに。
なんか、応援したくなる。

賞味期限が短いっていう話は伺いました。パンにはこだわってるけど、宣伝が下手だとも言ってました。
いやいや、そんな赤裸々なぶっちゃけ話をしちゃってて良いんですか?
なんか、ますます応援したくなる。

40周年ってことで、パッケージも70年代チックに、ちょっと「ウルトラマン」のフォントを連想させるようなデザインで、ノスタルジックな感じになってますね。復刻版なのかと思ったらそうでもなくて、わざわざ40周年キャンペーンのために変えたみたい。
新鮮がウリのパンであえて古い見た目のパッケージを新しくつくるっていう発想が不思議ですが、40歳のおじさんとしては、このパッケージ好きです。

「もう一度食べたい味!投票コンテスト」をやってますよ。
https://brandco.jp/fujipan/campaigns/869
抽選で1名様に「100万円相当の純金」が当たるらしい。
そして、投票で上位3つの商品は、実際に復刻販売されるらしいです。

投票対象のリストを見てみましたが、見事なまでにどれも食べたことがない商品ばかりでした。
「もう一度食べたい味」を投票しなくちゃなのに、「食べたことがないけどおいしそうな味」に投票しちゃった。
これでもし100万円の純金が当たっちゃって、「ホントは食べたことないでしょ」って言われたらどうしよう。


フジパン株式会社 | 商品のご案内 | スナックサンド
http://www.fujipan.co.jp/product/snack/snack/index.html

インフルエンサーワイヤー

by t0maki | 2015-03-20 00:19 | PR広告 | Comments(0)
c0060143_23195096.jpg

iWire(インフルエンサーワイヤー)っていうニューズレター配信サービスに登録していて、たまに届くそのPDF記事を見ながら、ブログを書いたりなどしています。で、今回も届いたのを読んだのですが、なんかいつもとちょっと違う!

インフルエンサーワイヤー – 国民食カレー! 食べるといいこと、たくさんある?!
本インフルエンサーワイヤーなるサービスは主にブロガーの方々への情報提供を主眼に置いている。そして、ブログに求められるものは、実体験に根差した記事、という側面も大きいのではと思う。ということで、我々も体験してみようと思う。カレーを一食食べて体調がどう変化するか、を。

こういうチャレンジ、好きだわー。
辛さとか、発汗とか、なかなかデータだけでは伝えづらいものを実際に食べた人の体験を通じて表現する。こういう、主観的な表現って、ブログならではだと思うんですよ。

あと僕、地球滅亡するなら最後の食事は「カレー」が良いかな、っていうくらいカレーが好きなので、今度こういうチャレンジするときは、ぜひ誘ってください。

ちなみに、僕は以前1.8kgのメガ盛りカレーにチャレンジして(惨敗して)ブログ記事に書いたことがあります。

さて、ニューズレターの内容に戻ると、今回の記事は「カレーの血管内皮機能改善効果」っていうのがメインテーマのひとつとしてあるんだけど、確かにこれだけではブログに記事を書きづらいですね。カレーのスパイスのターメリック(ウコン)に含まれるクルクミンっていうポリフェノールの「抗酸化物質」としての効能を訴求してるんだと思うけど、本来ポリフェノールってほとんどの植物に入っていますからね。大豆のイソフラボンとか、お茶のカテキンとか、ワインのタンニンもアントシアニンも、蕎麦のルチンも、みーんなポリフェノールの一種。なんか、どれもカタカナ成分名がそれっぽく聞こえるし、みんないっしょくたに「健康・ヘルシー!」とかくくってしまいがちだけど、それぞれ違うものだし、個々の効能や特性なんかは専門の方々が日々研究している、と。

ブログだと、個人的な主観で「これは効く」みたいな記事を書いちゃう人がいるし、なんなら薬局の手描きポップでさえ「これって薬事法的にどうなの?」みたいな宣伝をしているものを見たりもするんだけど、……えーと、何を書こうとしたんだっけ?

あ、カレーは好きです!カレーっておいしいよね!!

インフルエンサーワイヤー

by t0maki | 2015-03-09 23:22 | PR広告 | Comments(0)
c0060143_23162918.jpg

以前、全日本空手道連盟が開催した『KARATE 2020 アンバサダー就任 記者会見』に出席したときの記事は書きましたが、そういえばニューズレターに関する記事は書いてなかった。

というわけで、改めてiWire(インフルエンサーワイヤー)のニューズレターを読んで、と。

iWire Vol. 25 – 世界で活躍する日本女性アスリート。 スピード、気迫、キメで競う、戦いの舞台とは?

世界の空手競技人口って、1億人もいるらしいですね。そのうち、国内には約300万人。空手人口のうち、日本が占める割合は3%、と。

今って、世界人口何人?2013年に72億人突破とかだっけ。で、日本の人口は、1.27億くらいかな。
なので、日本の人口は、世界の1.8%くらいってことになるね。
日本の空手競技人口と同じ割合で、世界中の人が空手をやていたら、全世界における日本の空手人口は1.8%っていうことになる。でもそれが、3%もあるってことは、やっぱり日本における空手の競技人口は、全世界の国々に比べて多い、と。
何を言ってるんだ、オレは?空手っていうと、主に日本でしかやってないイメージだけど、実は世界規模でみたら30人に1人くらいしかいなくて、海外でも人気だよ、と。
同じように、相撲とか剣道とか、合気道なんかも調べて欲しいけどね。ま、いいや。

このニューズレターに登場する高野万優さんと、以前YouTube動画で見たことのあるあの宇佐美里香さんが目の前で演武を披露してくれてね、それがまぁすごい迫力。ニューズレターでデータ追っかけてる場合じゃねぇな、と。目の前で見られて、すごい感動しました。

最近さ、ネット上の情報だけで依頼記事を書くことも多いんだけど、やっぱり実際にこの目で見て、体験するって大事だと改めて思う。オリンピックで空手の試合見たくなったもん、実際。

うん、あのイベントは参加してよかった。

インフルエンサーワイヤー

by t0maki | 2015-03-09 23:17 | PR広告 | Comments(0)

   
Back to Top