ブログトップ | ログイン

c0060143_16275799.jpg


さてさて、いろいろ製品のモニターレビューもかねて、週末に自転車でサイクリング。荒川沿いをのんびりと、1時間くらいかけて19km走りましたよ、と。
メインにレビューしてたのは、こちら。

(オフフ)Ohuhu自転車 サドルバッグ フレームバッグ 防水 スマホポーチ付き タッチ操作可能

自転車のサドルに付けるバッグと、ハンドルに付けるスマホポーチ。Ohuhuさんよりご提供いただいたものです。で、このスマホポーチにはXperiaアンバサダーとしてソニーさんよりお借りしている「Xperia Z5 Premium」を入れて、Google マップを表示。自転車に乗りながらGPSで地図と現在地が見られるようにしました。この時に、無操作状態でも画面が勝手にオフにならないように、スリープを30分に設定。このスマホポーチは、素手ならばカバーの上からでも普通に操作できますが、サイクリンググローブをはめたままだとさすがに反応しなかったので、スマホの方で「手袋モード」に設定して、手袋を外さないでも操作できるように。

自転車にナビがつくと便利ですね。信号待ちなどに地図を確認しながら走れます。
走行中にスマホを操作するのは危険ですのでやめましょうね。

▼スマホのGPSナビ付き!これは快適便利。
スマホのGPSナビ付き!これは快適便利。


▼サドルバッグな。
サドルバッグな。


▼手袋モード、オン!
手袋モード、オン!


ちなみに、このサイクリンググローブはFREETOOさんからご提供いただいたもの。

FREETOO 自転車 長指 サイクリンググローブ サイクルグローブ 手袋 防風 防寒 滑り止め付き 男女兼用 XL



他にも、この両腕に装着したウェアラブルデバイスも。

左手首にはTalkBand B2。今日もヘルスケアウエアラブルデバイスモニターレビューレビュー。

左手首にはHUAWEIさんからご提供いただいたウェアラブルデバイス「TalkBand B2」を。装着しているだけで、歩数や睡眠、そして自転車の走行時間なども自動的に計測してくれます。

右手首にはSHINE

右手首にはMisfitさんからご提供いただいたアクティビティモニターのShine。こちらは、充電なしで最大4か月使える歩数&睡眠計。最近、両手首にこのウェアラブルの活動量計を装着して、比較しながら使っています。

こういった機器の面白いところは、身に着けているだけで自動的に計測してくれているっていうところ。スマホと連携して日々の歩数をや睡眠時間を確認したり、健康管理に役立ちます。Shineの後継機Shine 2もモニターレビューする予定なので、届いたらそちらも使ってみます。

ブログを書いていると、時々こんな製品レビューを書かせていただく機会があって、それを使ってなにかまた新しい体験ができるのがすごく楽しいです。ありがたいことに、ここ最近レビューする製品をいろいろご提供いただいたので、どんどんいろいろ使って、記事を書いていきますよ。





by t0maki | 2015-12-23 15:53 | モニターレビュー | Comments(0)
c0060143_12225455.jpg

年賀状写真を撮りに、恵比寿にあるフォトスタジオ「75c」の恵比寿19番館へ。75cは、のれん分けをする前の「ライフスタジオ」の時代からお世話になってて、いつの間にかうちの嫁さんもそこで仕事をするようになってたりもして、なんともご縁のあるフォトスタジオです。

一番の特徴は、「自然でさりげなく綺麗な写真」を撮ってくれるってこと。よく写真館でありがちな、いかにもビシッと直立不動で作り笑いな写真ではなく、温かみがあってスタイリッシュな写真を撮ってもらえます。

たとえばこんな写真。
c0060143_1454965.jpg

c0060143_14541345.jpg

本の表紙にしたいような、素敵な写真を撮ってもらえますよ。

というわけで、家族で写真を撮ってもらいつつ、娘の撮影をしてもらっているその横で、おとーさんは手持ちのスマートフォン「Xperia Z5 Premium」でちょこちょこ写真を撮る、と。Xperiaアンバサダーってのをやらせていただいてて、この端末をモニターレビュー用にお借りしているので。

スマホで撮った写真をそのままFlickrにアップしているので、クリックするとオリジナルの写真が見られますよ。

DSC_0690


DSC_0606


DSC_0603


DSC_0609


DSC_0629


娘がどんどん大きく成長しているのが写真から伝わってきて、パパとしてはうれしかったりさみしかったり。

by t0maki | 2015-12-23 14:56 | アート>写真 | Comments(0)
c0060143_21511625.jpg


Xperiaの「わたしのクリスマス&お正月」のフォトコンテストに応募しようと思って。応募って、これで良いのかな?いまいちよくわかってないけど、「#Xperiaフォトコン」っていうタグを付ければ応募完了らしい。そして、応募するとなにか良いことあるのかなんなのかよくわからないけど、とりあえず面白そうなので応募しとく。

じゃ、Xperia Z5 Premiumで撮った写真ね。
Xperiaアンバサダーとして、ソニーさんにこの端末をお借りしています。

この先3枚の写真は、Xperia Z5で撮影して、そのままFlickrにアップしたもの。クリックするとオリジナルの画像サイズで写真が見られますよ、と。

DSC_0552


DSC_0558


DSC_0565


恵比寿ガーデンプレイスのクリスマスツリー。
イルミネーションがなんとなくフワフワキラキラしてる写真があるでしょ?三つ並んでるうちの、一つ目の写真。これってね、撮り方にコツがあるんだよ。特別にお教えします。

スマホのレンズのところに、ペタペタ指紋を付けるの。ペタペタ、ペタペタ。
そうすると、全体的にもやっとして、光がキラキラな感じになるんです。

これをもし大きなレンズのデジタルカメラでやったらぶっ飛ばされるけど、スマホでやる分にはすぐにふき取れるし。しかも、今回のXperia Z5 の背面はガラスになってて、レンズ部分もスラリと平面なので、指紋付けてもすぐにふき取りやすい……なんてレビューネタも仕込みつつ。

昔々、僕はロサンゼルスの宝石デザイン会社で「フォトグラファー」っていう肩書で仕事をしてたことがあります。もちろん、その時はカメラのレンズに指紋ペタペタなんてこと絶対にやらなかったけど、あれからひと時代経過して、カメラが手軽に身近になって、スマホでも誰もが簡単に撮れるようになってくると、ちょこっといろいろ工夫しながら撮ったりするとすごく楽しい写真が撮れたりします。もちろん、撮った後にアプリで加工するのも良いよね。

以下の写真は、Xperiaで撮影して、Instagramで加工してコメント付きでアップしたもの。スマホって、撮った写真をすぐに投稿できるのが良いですよね。

▼さらに、クリスマス的な。
さらに、クリスマス的な。


▼ブレた写真も結構好き。
ブレた写真も結構好き。


▼やっぱ撮るよね、バカラのシャンデリア。
やっぱ撮るよね、バカラのシャンデリア。


▼電飾、キラキラ
電飾、キラキラ


インスタグラムで加工するとまたちょっと雰囲気変わりますよね。

こんな風にスマホ片手に、街をぶらぶら散歩しながら写真を撮るのってすごく楽しい。

by t0maki | 2015-12-22 22:09 | モニターレビュー | Comments(0)
【PR】この記事は、Xperia(TM)アンバサダーイベントレビューです。

この日の主役は、Xperia Z4。
c0060143_4263614.jpg

そして、SmartWatch 3、と。
c0060143_4263771.jpg

イオンモール名古屋茶屋にて開催された、『「Xperia Z4、Xperia A4 タッチ&トライ」アンバサダーミーティング』に参加してきました。ソニーのXperia開発担当者さんによるプレゼンを聞きながら、実際に端末のタッチ&トライ。そして、イオンモール内で開催中の端末紹介イベントにも参加できて、盛りだくさんな内容でしたよ。
c0060143_42638100.jpg

デザインとか、メカとか、音響などのパートに分かれてのプレゼンでしたが、まず思ったのは、スマートフォンの開発には、たくさんの人たちが関わっているんだなぁ、と。それぞれの専門分野の担当の人たちが、こだわりを持って真摯にひとつのプロダクトの開発に関わっている。これは、ホントにかっこいいなぁと思いました。

いろいろ興味深いお話を伺いましたが、中でも特に印象深かったのは3点。

▪️外装デザインのアラインへのこだわり


揃える、ということ。見えないガイド線がそこにあるとして、ボタンや、画面や、端末デザインのパーツの位置などを美しく配置していくということ。これには、ホントに感心しました。スマートフォンという小さなデバイスで、ギリギリの限られたスペースしかない中での、デザインのこだわり。これはもうさすがとしか言いようがない。

▪️出っ張らないカメラレンズ


カメラのレンズが、出っ張ってないということ。これって、実は相当すごいことだと思うのです。あの薄さの中で、妥協することなくカメラを収めるってこと。余分な出っ張りがなく、完全にフラットな背面だから、見た目が美しい。実際に、背面パネルの様々な試作サンプルも拝見しましたが、やっぱりそのこだわりはハンパないな、と。

▪️「角」へのこだわり


そして最後。これはもう、言われて見なければわからなかったんですが、「角」へのこだわり。端末外装のコーナーパーツの加工についてです。プラスチックの成形パーツを金属的に鏡面仕上げをしたあとに、そこに半透明のプラスチックをかぶせることで、独特の質感を保ち、メタルフレームとも調和を図っている点。これって、何がすごいかというと、端末を使い込んでいって、角がもしもぶつけたり傷がついたりしたとしても、この半透明のプラスチック部分の範囲であれば、剥げることもないし、色合いや質感もそのままキープできるという点。
これは、もうホントに鳥肌が立つくらい感動しました。美しいだけじゃなく、その美しさを保つための工夫もしてある、と。

今回、デザインばかりについて書いてしまいましたが、他にも感心したポイントがいくつもあるので、それについては実際にモニターで使ってみながら、レビューを書いていきたいと思います。

最後に、イベント会場で開発者さんたちが動画撮影の企画に参加されてたので、横からパチリ、と。
c0060143_4263852.jpg

なんか、楽しそう。
c0060143_4263951.jpg

ひとつの製品に対するこだわりを直接開発者さんたちから伺うことができて、わざわざ名古屋まで来た甲斐がありました。

これから1ヶ月間、Xperia Z4とSmartWatch 3をお借りして使ってみますので、使用感などブログに書きますね。


※この記事は、7月16日に執筆したイベントレポートです。モニター期間も残り一週間。使用感なども書いてますよー。

by t0maki | 2015-07-28 13:39 | ブロガーイベント | Comments(0)
c0060143_20115425.jpg

Xperia アンバサダープログラムのモニター企画で「Xperia Z4」と「SmartWatch 3」をお借りしています。
ベランダバルコニーに子供用のプールを出して、自宅でバカンス満喫中。
防水のXperia Z4は、水に濡れても大丈夫。大丈夫、だ、大丈夫だけど……。
いやいや、娘よ。水鉄砲でそんなに濡らすとさすがにパパはちょっと心配になるぞ。借り物だからね、それ。

▼防水、だったよね確か。
防水、だったよね確か。


▼夏のガジェットは水に強くなくっちゃ。
夏のガジェットは水に強くなくっちゃ。


▼娘が、何やら新しい遊びを発見したらしい。
娘が、何やら新しい遊びを発見したらしい。


画面が、水をはじく感じなんですね。
なんか、それが娘のツボにはまったらしく、なんか延々ひたすら水鉄砲ででっかい水滴っていうか、水溜りをつくってんの。

もちろん、端末は防水なので、まったく問題ありませんでしたよ、と。

by t0maki | 2015-07-22 23:25 | モニターレビュー | Comments(0)

   
Back to Top