ブログトップ | ログイン

c0060143_23583833.jpg

6月から8月にかけて、3331 Arts Chiyodaのアートスクール「ARTS FILED TOKYO」にて、全5回シリーズのディスカッションセミナー、『民族文化映像から学ぶ基層文化、日本の未来10原則』に参加しました。

「民族文化映像研究所」が過去40年以上にわたり記録してきた日本の民族文化に関するドキュメンタリー映像を見ながら、毎回ディスカッションをするというもの。

全5回の上映作品は以下のとおり。
第1回『椿山ー焼畑に生きるー』(95分)
第2回『からむしと麻―福島県大沼郡昭和村大芦・大岐―』(55分)
第3回『奥会津の木地師―福島県田島町針生―』(55分)
第4回『チセ・ア・カラ-われらいえをつくるー』(56分)
第5回『寝屋子ー海から生まれた家族ー』(57分)


日本各地に残る伝統的な暮らしぶりや文化に触れ、ディスカッションも毎回面白かったです。
さて、というわけで、今回のセミナーのタイトルにもなっている『日本の未来10原則』についてですが、僕もとりあえず考えてみました。

なんとなくまだ、言葉足らずで未完成な部分もありますが、とりあえず下記に。


『日本の未来10原則』・TOMAKI編


1.変遷

まず、時代はうつろいゆくことを意識する。がむしゃらな成長は社会に歪みを生じさせるが、いたずらな回顧も発展を阻害する。時代の移り変わりによる社会の仕組みや個人の価値観の変遷を止めることはできないのだから、いかに変化に無理なく順応していくかがポイント。

2.伝統

変化を受け入れた上で、その根底にある伝統を尊重する。いたずらな形式主義や儀式、しきたりといった表面的なものではなく、文化の奥深いところに根付く本質的なものは昔から受け継がれてきたものであり、そういった伝統は尊重されるべき。

3.継承

文化の根底にある伝統は、次の世代に受け継ぐこと。記録として残すことにも意義はあるが、きちんとした形で継承するには、やはり人から人へと教えて、受け継いでいかなければならない。

4.価値

本当の価値を知るということ。大量生産・大量消費時代に利益だけを追求した商品とは異なる、職人の手による製品の素材や工程を理解することで、商品の本当の価値を理解することができる。

5.意匠

伝統工芸だからといって昔からの技法や形式にこだわるあまり、新しいデザインを否定するべきではない。伝統工芸といえども新しい道具や技法を積極的に取り入れ、常に時代や生活のニーズにマッチした意匠を開拓し続けるべきである。

6.循環

素材が製品となり、さらにまた素材に戻って循環すること。リサイクル。

7.自然

人間は自然と切り離されて生きてはいけない。自然とは、守るべきいたいけな存在ではなく、時に人間の生活を脅かし、畏怖されるものでもある。自然を敬い、そして自然と共に生きることが大事である。

8.環境

環境とは、自然だけでなく、都市づくりであったり、あるいは家庭環境であったり、私たちの身の回りを取り巻く状況のこと。環境を意識することによって、その中に存在する個や集団を理解することができるようになる。

9.地域

社会全体を特定の集合体ごとに分割したものが地域である。自分の属する地域の中で、居場所や役割を見つけて、生活していく。

10.共生

人は好むと好まざるとに関わらず、自然や環境、あるいは地域と共生している。その中で、大事なのはバランスである。個人や特定のグループの利益のために、利己的な行動でバランスを崩してはいけない。



とりあえず、こんな感じです。
別にこれが最終アンサーってワケでもなく、今後また書き足したり削ったりすることになるかもしれませんが、とりあえず現状思いつくままにまとめてみたのがこんなところ。

まず、変遷や変革を受け入れた上で、歴史を超えて受け継がれてきた「基層文化」という我々の根底にあるものを理解し、そして自然や環境、地域と共生することが、今後の日本の未来を考える上で必要なことなのではないかな、と。

参加者みんなの「10原則」を持ち寄って発表したり議論する機会があったら良かったな、と思いました。ちょうど良いところでセミナーが終わってしまったので、ぜひまた今度続編を!

by t0maki | 2012-09-18 00:04 | アート | Comments(0)
c0060143_1457482.jpg

今年の夏は、藤浩志さんの美術展「セントラルかえるステーション」でおもちゃを題材にしたワークショップをやらせていただき、とても良い経験になりました。来場したちびっ子たちと一緒に写真を撮って、その場で印刷。壁に貼るだけの簡単なワークショップでしたが、とても楽しかったです。

娘と一緒に、他のワークショップの方たちの工作にも参加したり。

最終日は、万華鏡をつくらせていただきました。
c0060143_1458052.jpg


「かえるステーション」自体は全国あちこちで開催されるのと、今回集めたポイントは全国どこでも使えるとのことなので、また今度は一般参加者としてどこかのイベントに参加したいな。

こんな機会をくださった藤さん、ならびに3331 Arts Chiyodaの関係者の皆様、ありがとうございました!


藤浩志の美術展 セントラルかえるステーション
~なぜこんなにおもちゃが集まるのか?~
http://fuji.3331.jp/

by t0maki | 2012-09-09 00:00 | アート | Comments(0)
c0060143_18194095.jpg

宇宙朝顔、咲いてましたよー。

日比野克彦さんの「明後日朝顔プロジェクト」として、いろんな地域で朝顔を育てる企画らしいのですが、その中に宇宙飛行士の山崎直子さんと一緒にNASAのスペースシャトルで宇宙を旅した朝顔があるのです。

アーツ千代田 3331(3331 Arts Chiyoda)の入り口で、宇宙を旅した朝顔の子孫も、他のいろいろな地域から巡ってきた朝顔も、みんなきれいに咲いてましたよ。
c0060143_18195634.jpg

c0060143_18195251.jpg


明後日朝顔プロジェクト
http://www.asatte.jp/asatteasagaoproject/

by t0maki | 2012-08-12 18:21 | アート | Comments(0)
c0060143_4303358.jpg

7月16日に3331 Arts Chiyodaで行われた、平田オリザさんと藤浩志さんの対談イベント、「“かえるワークショップ”で世界をかえる!?~教育と演劇と美術とまちのワークショップの現場から~」に参加してきました。

藤さんの美術展のワークショップエリアに出展させていただいているので、しっかりお話を伺ってこよう、と。

藤さんのコンセプチュアルなアートの世界と、平田さんの演劇の世界が交差しつつ、面白いお話をいろいろ聞けました。


▼かえるステーションについて説明している藤浩志さん
c0060143_4304811.jpg


▼ワークショップの概要と流れについて説明する平田オリザさん
c0060143_4305237.jpg


ワークショップがテーマでしたが、話題が「フェチ」の話になり、収集したものを分類し並べるのが藤さんのフェチなのかもっていうことで、でもそういうフェチ性は作風を決める上で大事だな、と。

いや、作風だけでなく、自分を知り、どのような人生を歩むべきか、という根幹的な事に対する答えになるかも。
フェチって言う言葉に限定されず、好きなものとかこだわりとか、そんなレベルのものでも良いのですが。

って考えたときに、オレのフェチは?と。

たまたま、現在はデジタル中心にモバイルコンテンツやサイトとか、あるいはこんな風に考えたことそのまま文章に書き起こすなんてことをやってるけど、基本的にやっぱり呼吸をするようにものを吸収して、考えて、はき出す、と。そのサイクル自体に心地よさを感じるたちなのだと思います。学びつつ、表現する、ということ。どちらか片方だけでは成り立たない、そのバランス。
この呼吸のような循環サイクルがオレにとってのフェチかな、と。

学ぶことは単純に好きだけど、それを活かせなければ意味が無い。
使えない知識なんて、持っていてもしょうがない。
使うために、あるいは使っていく課程で知識を身につけていく方がよっぽど効率が良いし、忘れない。

っていうところで、平田さんのワークショップ感にも繋がる、と。
教室に座って暗記するような知識はすぐに忘れるし、役に立たないものが多い。きちんと経験に沿って習得したことはしっかり身につくし、忘れない。
「科目」という概念すら取っ払おうとするその意見、「国語」の教科書に関わっている人から意外な発言でしたが、大いに賛成です。

本やネットの情報からだけでは学べないような事も、ワークショップやセミナーで身につけることができる。やっぱり、実際に手や身体と頭も動かさないと。

そんな事を考えつつ。

あと一つ、藤さんが「トイストーリー」の映画観てるって聞いてちょっとうれしかった。良い映画です。ちなみに、藤さんが好きなのは緑色の宇宙人(UFOキャッチャーのアレ)だそうです。

明け方4時過ぎの文章で多少とっちらかってますが、今日はそんなところで。

by t0maki | 2012-08-12 04:35 | アート | Comments(0)
c0060143_18242539.jpg

7月15日から開催の藤浩志さんの美術展『セントラルかえるステーション ~なぜこんなにおもちゃが集まるのか?~』のオープニング二次会に、藤さんによる『ふりカエルBAR』が出現。そこで振る舞われたお酒が、清酒「浜娘」でした。
c0060143_18243177.jpg


中村さんがその場で軽く紹介した内容はなんとなく聞いていたのですが、後から調べてみたらこのお酒にはすごいドラマがあって感動しました。
岩手県大槌町にある酒蔵さん。震災で人口の1割以上が亡くなったり行方不明になったというその街で、酒蔵も直接の被害を受け、建物や機械だけでなく、従業員の方にも犠牲者が。

一度は壊滅した酒蔵を再建し、復興後につくった初めてのお酒だったらしい。

商品の価値って、そのものの価値だけじゃなく、そういうつくっている人の心意気であったり、背負っているものだったり、様々なストーリーであったりとか、そういうのも全て重要だと思うのですよ。大量生産&大量消費社会において、いかに商品生産を効率化しつつ原価を下げる事で利益を上げるとかって、なんかわびしくなってきます。

単なる「ブランディング」とか「マーケティング」とは違った次元で、本当に商品の価値を分かってもらうには、やっぱりネットやソーシャルメディアが適しているのかな、と思います。

とにもかくにも、心に染みるお酒でした。


岩手県大槌町 - 赤武酒造HP
http://www.akabu1.com/

by t0maki | 2012-08-11 18:25 | アート | Comments(0)
c0060143_234455.jpg

3331 Arts Chiyodaで開催中の藤浩志さんの美術展『セントラルかえるステーション ~なぜこんなにおもちゃが集まるのか?~』のワークショップエリアに参加させていただいております。僕が先生で娘がアシスタント。この子供向けのフォトウォールの企画については、また別途ブログ記事書きます。

初日のオープニングは藤さんご家族でいらっしゃってました。
そもそもこのおもちゃを「かえっこ」する企画は、娘さんが小学一年生の頃に始めたもので、それが今ではその娘さんも20歳に。
その間、エライ量のおもちゃが交換され、そして藤さんのもとに集まっている、と。

c0060143_23441685.jpg

c0060143_23442517.jpg

c0060143_23462496.jpg

c0060143_2345113.jpg


「捨てない」っていうルールを決めただけで、こんなにおもちゃって集まるものなのですね。

「M系」と呼んでいる某ファーストフードのおまけが多いとのこと。
色ごと、キャラクターごとに並べられたおもちゃは壮観です。天井からつるされている作品は、シークレットオークション対象作品で、ビッドする事も可能。

なによりも、会場に来たお子さん達のテンションが。
そりゃぁ、これだけのおもちゃに囲まれたら、ねぇ。

使わなくなったおもちゃを持参したり、会場内のワークショップに参加したりするとポイントがもらえて、それぞれ1,2,3ポイントでおもちゃと交換する事ができます。

通常料金にプラス100円で期間中何度でも来場できるパスポートチケットがオススメですよ。この夏、ぜひ子供連れで家からおもちゃを持ってきて、会場でいろんなワークショップに参加しながら、他のおもちゃとかえっこしてみてください。


藤浩志の美術展
セントラルかえるステーション ~なぜこんなにおもちゃが集まるのか?~
http://fuji.3331.jp/

会場:アーツ千代田 3331 1階メインギャラリー
会期:2012年7月15日(日)~9月9日(日)12:00~19:00(入場は閉場30分前まで)
休場:毎週火曜日/8月13日(月)~16日(木)
入場料:
 大人700円
 学生(中学生・高校生・専門学校生・大学生)300円
 子ども(3歳~小学生)200円
 親子チケット(大人1 人+子ども1 人)800円※子ども2人目からは+100円
 パスポートチケットは上記料金に+100円(会期中何度でも入場できます)

by t0maki | 2012-08-10 23:50 | アート | Comments(0)
c0060143_662446.jpg

アーツ千代田 3331(3331 Arts Chiyoda)で開催されている、藤浩志さんの美術展『セントラルかえるステーション ~なぜこんなにおもちゃが集まるのか?~』のワークショップエリアにクリエイター(日曜アーティスト)として参加させていただいております。

7月15日のオープンから、ちょこちょこと会場でワークショップをしているのですが、次回は、7月29日(日)に会場にいますので、ぜひ遊びに来てください。
僕は、「フォトウォール」のワークショップをやってます。会場の写真をスマホで撮って、その場で印刷、壁に貼るだけで参加できる簡単なワークショップなので、小さなお子様もぜひ。

家からいらなくなったおもちゃを持参したり、会場でワークショップに参加すると、「かえるポイント」がもらえて、会場のおもちゃと交換できる仕組みです。
ぜひ、おもちゃ持参でご来場くださいませ。

これでもかってくらいの大量のおもちゃに、大人でもテンションあがりますよ。
c0060143_662247.jpg


■日時: 2012年7月29日(日) 12:00~19:00(入場は18:30まで)
 ※藤浩志さんの美術展は9月9日まで(定休日や開催情報は公式サイトで確認を)
■会場: アーツ千代田 3331 1階メインギャラリー
■入場料:
 大人700円
 学生(中学生・高校生・専門学校生・大学生)300円
 子ども(3歳~小学生)200円
 親子チケット(大人1 人+子ども1 人)800円※子ども2人目からは+100円
 パスポートチケットは上記料金に+100円(9月9日までの会期中何度でも入場できます)


藤浩志の美術展 セントラルかえるステーション ~なぜこんなにおもちゃが集まるのか?~
http://fuji.3331.jp/

藤浩志の美術展:フォトウォールをつくろうワークショップ
http://www.facebook.com/events/171985846260057/

by t0maki | 2012-07-25 00:00 | アート | Comments(0)
c0060143_19214319.jpg

さて、前日の告知になってしまいましたが、明日(7月15日)、3331 Arts Chiyodaでオープンする「藤浩志の美術展 セントラルかえるステーション」の展覧会場でワークショップやります。

会場にどさどさ集められた膨大な量の「おもちゃ」を写真に撮って、その場でプリントアウトし、フォトウォールを作ろう!っていう企画。

リハーサル無し。ぶっつけ本番。何が起こるか分からない自分でもドッキドキの企画ですが、ぜひ遊びに来てください(実はこれ書いてる時点で、まだ会場を見に行ってない……)。

会場では、かえるポイントを集めて、おもちゃを「かえっこ」できるようですよ。
ものすごい量のおもちゃに囲まれて、大人も子供もかなりテンション上がると思います。

楽しみだぁ。


■催事名:藤浩志の美術展
セントラルかえるステーション ~なぜこんなにおもちゃが集まるのか?~

■会場:アーツ千代田 3331 1階メインギャラリー

■会期:2012年7月15日(日)~9月9日(日)12:00~19:00
(入場は閉場30分前まで)
※僕は、7/15と7/22にワークショップエリアに出現する予定です

■入場料:
大人700円
学生(中学生・高校生・専門学校生・大学生)300円
子ども(3歳~小学生)200円
親子チケット(大人1 人+子ども1 人)800円
 ※子ども2人目からは+100円
パスポートチケットは上記料金に+100円(会期中何度でも入場できます)


藤浩志の美術展 セントラルかえるステーション ~なぜこんなにおもちゃが集まるのか?~
http://fuji.3331.jp/

by t0maki | 2012-07-14 19:26 | アート | Comments(0)
c0060143_2244875.jpg

「3331 CUBE」っていう、アーツ千代田 3331(3331 Arts Chiyoda)ギャラリーショップのレンタルボックスセクションで作品を売ってます。

作品を追加したのでお知らせ。
(笑)の業務用ハンコなどを中心に、面白スタンプを追加しました。

▼制作風景はこちら
http://tomaki.exblog.jp/18198461

スタンプは一つ180円。わざわざ業者さんに発注してつくってもらう原価と、スペースのレンタル代、売り上げの20%が手数料で引かれるので、正直売れば売るほど赤字なのですが、個人で楽しみながら趣味でやってるので、全く問題なし。

お近くにお立ち寄りの際はぜひ。


3331 CUBE shop&gallery
http://cube.3331.jp/

by t0maki | 2012-07-13 00:00 | アート | Comments(0)
c0060143_2352029.jpg

さて、民族文化映像から学ぶ全5回シリーズの3331 Arts Chiyodaのアートスクール『ARTS FILED TOKYO』によるレクチャーイベント。第3回目の今回は、『奥会津の木地師―福島県田島町針生―』の上映と、ディスカッション。

木地師っていうのは、山を渡り歩きながら木でお椀を作る職人の事。
居場所を移るたびに、制作の拠点となる「家」を建てるところから始めるっていう、なんとも気の長い話だけど、ライフスタイルと仕事と環境が見事に全て合致したその生き方って、現代人の俺らからすると眩しくも羨ましくもあり。

移動しながら仕事をするってことで、なんとなく「ノマド」を連想しましたよ。
アウトプットが木のお椀で材料となる木を求めて移動し続ける木地師と、ネットを介して仕事をするナレッジワーカー達って、全く異なる職種であるのに、何か根底にあるところで共通項があったりするのが面白いかな、と。土地に縛られることなく、ある程度自由に自分の働くスタイルを決められるっていうのは似てますよね。

多少強引ですけど、そんなことを考えました。

小屋に水路を引き、ライフラインを自分らで確保するってスゴイと思います。
電気がいらない時代のこと。轆轤も電動では無く、手引き轆轤ですからね。
電気がない生活なんて、僕らにはもう想像すらできないかもしれない。
水を確保するのが課題だったのと同じように、現代は電源とネット接続の確保が重要、と。


集団生活の中での共同作業。昔は同じ集落の中に限定されてたけど、現代はインターネットで繋がっていれば、場所や国さえも関係なく、同じプロジェクトを遂行することができる、と。

世界各地のエンジニアやプログラマが一つのプロジェクトチームとして働いたり、あるいは人件費の安いオフショアでの開発を行なったり。クラウドソーシングっていう協業形態とか。

なんかイマイチ考えがまとまらないけど、時代の変遷と共に働き方は変わって来たけど、本質的なところでは変わらないものがある、とか、そんな感じかなぁ。

ちょうど僕も、昨年から今年にかけて、廃校の教室を「共同アトリエ」としてそこを居場所にして創作活動をしたのだけど、出先からでもメールを使ってアトリエのプリンターへいつでも写真を送信して印刷できるようにしてたり、ソーシャルメディアでつながったり、インターネットの出現によって場所っていう感覚が変わったのは間違いない。でも、結局、オープンスタジオや終了展では、実際にその「場所」に人がフィジカルに集まって、作品や経験をシェアしたワケだし、そういった意味では変わらないものがある、と。

話がまとまらないままだけど、所感としては今回はそんなところで。
レクチャーも中盤になって、会場には常連さん達もいて、なかなかディスカッションも面白くなってきました。僕は、なんとなくその場の思いつきでしかしゃべってないけど……。

次回の上映会は、7月27日(金)。アイヌの家づくりを記録したドキュメンタリー作品を見ながら。この作品も楽しみです。


▼前回までのブログ記事はこちら
からむしと麻の映像ドキュメンタリーで「ものの価値」と「技術の継承」について考えた
http://tomaki.exblog.jp/18132616/

『民族文化映像研究所』上映会&トークで自然との共生について考えた
http://tomaki.exblog.jp/18132217/

▼今回のレクチャーイベント
民族文化映像から学ぶ基層文化、日本の未来10原則 vol.3
http://artsfield.jp/lecture/000234.html

▼そして、次回はこれ
民族文化映像から学ぶ基層文化、日本の未来10原則 vol.4
http://artsfield.jp/lecture/000239.html

by t0maki | 2012-07-05 23:59 | アート | Comments(0)

   
Back to Top