ブログトップ | ログイン

c0060143_20483274.jpg


高校時代、英語が嫌いでした。当然英語の成績もあまり良くなく、それなのになぜか高校三年の終わりに突然アメリカ留学を決意しまして、そっからがむしゃらに英語の勉強。

まず最初に手を付けたのが、語彙辞典の読破でした。
800ページくらいある辞典を読み尽くしたら、なんとなく単語と単語のつながりとか、微妙なニュアンスとかが理解できるようになって、その後の英語力の向上に役立ちましたよ。

受験英語を勉強していた頃は、薄っぺらい英語の教科書を読むのも苦痛でしたが、留学っていう目的と目標が見えてからはむしろ楽しく語学の習得ができました。

「楽しい」ってのがポイントなのかな、と思います。
新しい知識を学ぶのって、その行為自体が楽しいですからね。

高三の時に読んだ語彙辞典の事を思い出して、2年前くらいに国立国会図書館で見つけ、その後古本として販売されてるのをAmazonで見つけて購入。今手にすると、なんとも古ぼけた本ですが、自分にとっては英語学習の原点ともいえる思い入れのある辞典です。

今回、アルクさんの「TOEICテスト3カ月チャレンジ」という企画に参加することになり、久しぶりに英語の勉強をしています。そんなわけで、久しぶりにこの語彙辞典を引っ張り出してみたり。

ちなみに、cleverとbright、smart、wiseの違いって分かりますか?
正解は……、えーっと。語彙辞典を読んでみてください。

勉強は、楽しいですよ。



TOEICテスト究極の模試600問

TOEICスコアアップチャレンジ:スペースアルク
http://www.alc.co.jp/kikutan_app/pr/

by t0maki | 2013-01-01 20:54 | ブロガーイベント | Comments(0)
iPad miniを買ったので、さっそくTOEIC模試のアプリを購入。
アルクさんの「TOEICテスト3カ月チャレンジ」という企画に参加して、3月のTOEICテストに向けて英語を勉強中なのです。

TOEIC(R)テスト スーパー模試 600問 for iPad(アルク)
c0060143_246237.png

今回のスコアは935点でした。一応、目標スコアの900点は超えているけど、まだまだ納得のいく出来ではなかったので、これから約2か月半、みっちり英語力と受験力を上げていこうと思います。

このアプリの良いところは、試験の時間を計ってくれるところ。残り時間がどのくらいとか、一目で分かります。
実際の試験と違うのは、マークシートではなくて、タップで回答できるので、そこら辺の使い勝手とか、あとはページをめくりながら文章と設問を交互に見たり、というのがやりづらいかな。
あと、最後の一問に回答したら、残り時間がまだ15分くらいあったのに、一気にスコアが出てしまったので、見直すことができなかった……。まぁ、次にやるときは、最後の一問だけ残して、見直しを終わったら最後の一問だけ制限時間ギリギリで答えれば良いだけ、ですが。

リスニング問題の音声も付いてて、3回分の模試が1,800円(現在はスペシャル価格で1,200円)っていうのは、お手頃価格だと思いますよ。やっぱり、アプリだと練習とか復習もやりやすい。持ち運びもしやすいので、どんな場所でもできますしね。

引き続き、「キクタン」や「1日3分 PART5」のアプリなどを使って勉強しつつ、洋画を観たり、最近はお風呂場に防水スマホを持ち込んで洋楽歌ったり。

そんな感じで、楽しく学んでます。



TOEICテスト究極の模試600問

TOEICスコアアップチャレンジ:スペースアルク
http://www.alc.co.jp/kikutan_app/pr/

by t0maki | 2012-12-31 02:51 | ブロガーイベント | Comments(2)
さて、3月のTOEICに向けて英語を勉強するアルクさん主催の「TOEICテスト3カ月チャレンジ」に参加中です。アルクさんからご提供いただいたスマホアプリを中心に、他にもいろんな英語教材に触れながら楽しみながら勉強していきますよ。

というわけで、ここ最近の英語学習の進捗をご報告。

▼最近使ってるアプリはこんな感じ。
・1日3分 TOEIC(R) TEST PART5! 
・キクタンTOEIC(R) Test Score 990
・TED


・1日3分 TOEIC(R) TEST PART5!

帰宅時間を使って、とりあえず本編50回分を全部やった後、復習を14日分完了。で、気づいたんですが延々と英語の問題を解いていると、全問正解できる「ゾーン」みたいなものがあるみたい。電車の中とかで英語問題を解き始めると、最初はなにやら周りに気が散って集中できないのですが、しばらくすると頭ん中が「英語脳」になってスラスラ理解できるようになり、で、だんだん疲れてくると集中力が切れて正答率も下がる、と。ここらへん、いかに「英語脳」に入り込んで持続できるかがポイントかもなぁ、と。
c0060143_17414048.png

c0060143_17414494.png



・キクタンTOEIC(R) Test Score 990

実は僕、英単語を日本語で覚えるのって効率が悪いのであまり好きではないのですが、今さらそんな事言っててもしょうがないので、まずはなにはともあれやってみる、と。実際に使ってみたら、意外と良いですね、このアプリ。このアプリの良いところは、音声(発音)とセットに覚えられるのが利点。そして、サクサク分からない単語だけを重点的に勉強できる、と。僕が英語を勉強していた20年前に、こういうのがあったらなぁ、と。
とりあえず、2週間分くらいまとめてやってみた。で、気づいたんだけど僕はかなり経済用語が苦手らしい。経済の教科書に載っているような英単語はことごとく頭ん中であやふやあいまい。ということで、課題が見つかりましたので、あとは分からない単語を覚えていく。
とりあえず、3分の1完了。
c0060143_17413413.png


TED

これは勉強というよりは、むしろ息抜き。TEDというイベントの、「Ideas worth spreading」な、広める価値のある面白いプレゼンテーションの動画が山ほど(しかも無料で)公開されています。いろんな国の人たちが、それぞれ思いのこもったプレゼンをするので、単純に見ているだけで楽しめます。最近のお気に入りは、このLemon Andersenという詩人の“Please don't take my Air Jordans”っていうプレゼン。言葉が音となり、リズムが生まれ、現代詩の作品になる感じ。
c0060143_17413783.png


▼こちらもおすすめ
Janine Shepherd: A broken body isn’t a broken person
┗事故に遭ってからの話。椅子の演出がニクイ。
Ludwick Marishane: A bath without water
┗イヤ、面白い。風呂に入りたくなかったから、とか。
Hannah Brencher: Love letters to strangers
┗知らない人へ手書きの手紙。なんか、泣きそうになった。

そういえば、このあいだ初めてTOEICの模試を受けていて気付いたのですが、リスニングの時に出てくる出題者の発音って、結構いろんなアクセントが混じってるんですよね。アメリカ、イギリス、オーストラリア、とか。さすがに、インドとかジャマイカとかあまりにも癖のある喋りの人は出てこなかったけど、いろんな国の人の英語アクセントを聞くのは勉強になるかもしれないな、と。

と、おまけで最近観た映画(DVD)など。昔っから映画好きで、年間コンスタントに100本くらい観ています。

『50/50 フィフティ・フィフティ』
http://5050.asmik-ace.co.jp/
┗終わった瞬間、「なんじゃそりゃ」ってツッコミを入れてしまった。期待した分、拍子抜け。

『ジョン・カーター』
http://www.disney.co.jp/johncarter/
┗大作ではあるけど、原作の思い入れがないので、感動が薄かった。メイキング映像がめちゃめちゃ面白かった。

『ヒューゴの不思議な発明』
http://www.hugo-movie.jp/
┗マーティン・スコセッシだと思わずに見始めたんだけど、面白かった。途中、間延びする部分があったりするんだけど、編集うまいな、と。「Panache」って言葉が効果的に使われてた。

とりあえず、進捗としてはそんなところです。

12月26日追記:
【TOEICチャレンジ講師: ヒロ前田さんへの質問】
英語を第二外国語にするために、海外でも英語の勉強をされている人たちがいると思います。
そういう人たちが使っている、「英語を使って英語を勉強する」というようなアプリや教材、あるいは勉強方法はありますか?脳みそをまるっきり英語に切り替えて勉強したいのです。
ビジネス系の英単語を覚えようとしているのですが、そもそもの和訳になじみがないので苦労しています。(英英辞典を使えというハナシかもしれないですが……)
宜しくお願い致します。


TOEICテスト究極の模試600問

TOEICスコアアップチャレンジ:スペースアルク
http://www.alc.co.jp/kikutan_app/pr/

by t0maki | 2012-12-24 17:46 | ブロガーイベント | Comments(2)
c0060143_2144111.jpg

さてさて、TOEIC対策のプロフェッショナル、ヒロ前田コーチが指導する「TOEICチャレンジ」が始まりました。
3名のブロガーが3月17日のTOEIC公開テストに向けてスコアアップを目指すという、アルクさん主催の企画です。

で、ヒロ前田さんからいただいた僕への処方箋がこちら。

模試で885点というのはかなり優秀な結果ですね。ただ、後半は時間がなくなったようです。パート5、6でまだまだ無駄なことをやっているはず。時間がかかり過ぎています。20分でパート5、6を完璧にやり終えて。残りの55分でパート7に取り組みましょう。そのためにも、語彙と文法での取りこぼしがないように、苦手な項目を完全に潰してください。『キクタンTOEIC(R) Test Score 990』『1日3分 TOEIC(R) TEST PART5!』を一通りやって、苦手な部分を特定し、完璧にしましょう。TOMAKIさんは英語力自体は高いのですが、TOEICに慣れていないようなので、『TOEICテスト究極の模試600問』を使って解答力を上げてください。期間中に満点近くを目指す気持ちで、知識を確実に身に付けましょう


先日前田さんにお目にかかった時、TOEICを制覇するには「英語力」と「受験力」の両方が必要だとおっしゃってました。前回初めて模試を受けてみて、「受験力」の必要性は実感しましたので、もちろん「英語力」も磨きつつ、スコアアップ目指して頑張ろうと思います。

一応、目標スコアは900点に設定していますが、ハイスコアだけを目指すのではなく、アプリを中心にいろんな教材や勉強法を試しつつ、楽しみながら英語を勉強できればと考えています。

いやー、楽しみだ。



TOEICテスト究極の模試600問

TOEICスコアアップチャレンジ:スペースアルク
http://www.alc.co.jp/kikutan_app/pr/

by t0maki | 2012-12-15 21:45 | ブロガーイベント | Comments(0)
c0060143_120195.jpg

英語学習教材で有名なアルク(ALC)さん主催の「TOEIC チャレンジ」企画に参加させていただきます。
TOEICとは、国際コミュニケーション英語能力テスト(Test of English for International Communication)の略称で、英語のコミュニケーション能力を計る検定試験です。
今回は、TOEICを知り尽くしたカリスマ講師のヒロ前田さんのアドバイスを受けながら、3月のTOEICに向けて僕を含めた3名のチャレンジャーが英語学習に奮闘するっていう企画です。

実は僕、今までTOEICっていうものを受けたことがなくて、今回が受験初挑戦になります。この企画の事前に受けた模試では、自己採点で885点。留学経験がある身としては、この点数は正直ショックなので、本番では900点越えられるように頑張ります。

さっそく、ヒロ前田さんのレクチャーを受けてきたのですが、TOEIC攻略には「英語力」と共に「受験力」も必要とのこと。英語ができるのはもちろん、受験に対するノウハウがあればより高得点が期待できる、と。受験のためのテクニックについては、僕も模試を受けながら感じてたところでした。英語力を身につけつつ、TOEICを受験するための技術というか、テストを受けても戸惑わないくらいには理解しておかなければ。特に、ペース配分とか大事。

と、レクチャーの中でのたとえ話として「TOEIC国」というものがあって、そこでありがちなシーンやシチュエーションっていうものがあるので、それをきちんと頭に叩き込みなさいとも。「TOEIC国」の住人になりなさい、っておっしゃってました。

僕が留学のための勉強をしていた20年前と違って、今はやる気になりさえすればすぐに英語に触れられるし、いろんな英語教材が手軽に安価に手に入る時代です。今回、TOEICの点数を上げるのももちろん大事な目標ですが、錆びつきつつある語学力を復活させて伸ばしつつ、楽しみながら語学を勉強していきたいなと思っています。

というわけで、これから3ヵ月ちょっとの期間、結果を出せるように頑張ります。

by t0maki | 2012-12-08 12:10 | ブロガーイベント | Comments(0)
c0060143_0303586.jpg

さてさて、株式会社アルクさん主催のブロガーイベントに参加してきましたので、その感想など。

なんだかんだで、こういうしっかりがっつりとブロガーイベントに参加するの、久しぶりな気がします。やっぱり僕は、こんな風にプレゼン見たりやワークショップに参加しながら、いろいろ新しい事を学ぶのが単純に好きなのだと再確認。

アルクさんといえば、言わずと知れた英語学習を専門にした教材やコンテンツをつくって販売している会社ですね。僕も、留学準備のための英語を勉強していた頃、大変お世話になりました。なんと今年で創業43年だそうですよ!

c0060143_031477.jpg

今回の主役は「uListening」というiOS(iPhone, iPod touch, iPad)アプリです。
実は僕、かなり前に自分のiPod touchにこのアプリをインストールしていて、何度か使ってはみたのですが、なんとなく「ふーん……」って感じでそのまま放置してました。今回のイベントで、実はあんまり使いこなせてなかった事が判明。改めてその活用の仕方を教わって、目から鱗ですよ。

このアプリを使った英語学習についてプレゼンをしてくれたのは、アルクでスピーキング研修プログラムの開発や講師育成などをしつつ、大手企業や大学で講師も務める福江さん。なんと僕と同い年。AIWAの録音できるウォークマンのくだりで激しく共感してしまったっていう僕の個人的なエピソードはいったん置いといて、「さすがプロの講師」という感じのしゃべりとパフォーマンスで、どんどんハナシに引き込まれました。僕もこういう英語の先生から授業を受けてたら、もう少し学校でマジメに英語勉強してたかもなぁ。

英語学習(特にリスニング)のポイントとしては、語彙力を増やす努力もしつつ、何よりも肝心なのは「音と言葉を繋げる」ということだそうです。そのために、まずは英語を聞く。同じ文章をひたすら聞く。これでもかこれでもかって聞いたあと、英文なり和訳なりを見て、そっからまた聞く、と。英語が完全に頭に入るまで聞いてから、「リピート学習」と「シャドーイング学習」をすると良いそうです。

「リピート学習」っていうのは、例えば短い文章のセリフを聞いたら、そこで一時停止して同じトーンとアクセントで発音の真似をしてみる方法。イントネーションとか、リズムとか、まるっと真似します。とにかく、音と言葉を繋げるエクササイズ。

さらに、「シャドーイング学習」は、リスニングの一時停止をせずに、聞いた端から発音を真似していく方法。聞きながら同時に喋るので、これが結構難しい。でも、ホントに英語を「音の固まり」として学習できるので、リアルな英語を学ぶにはすごく良いと思います。僕も、たまにDVDで映画を観ながら、セリフを声に出して真似したりっていうのはやったりします。

こういう一連の英語学習が効率的にできるのが、今回の「uListening」っていうアプリです。
というわけで、近いうちにこのアプリを実際に使ってみたレビューなどを書きますね。
c0060143_0311848.jpg


イベントの終盤の質問タイムで、「例えば男の人が、ずーっと女の人の発音を真似してたら『オネェ言葉』になっちゃったりしませんか」っていうちょっと意地悪な質問をしてみたのですが、むしろ男女問わずまんべんなくいろんなアクセントのシャドーイングをした方が良いよ、とのことでした。まぁ、よく考えてみると、「音と言葉をつなぐ」という作業は、自分でしゃべれるようになるというのも目的の一つですが、むしろいろんな人の話す英語を聞き取れるようになるっていうのが大事なワケで、そういう風に考えると「インド人の発音」とか、「アイルランドなまり」とかも積極的に真似してみたら、もっといろんな英語が聞き取れるようになるかもなぁ、と。「アーノルド・シュワレツェネッガー」とか、「ロバート・デ・ニーロ」のシャドーイングとかしようかな。ん?イヤ単にモノマネがしてみたいだけっていう気も……。


今日はこんな感じで。


地球人ネットワークを創るアルク:スペースアルク
http://www.alc.co.jp/

Fans:Fans

by t0maki | 2012-01-31 00:39 | ブロガーイベント | Comments(0)
先日、英語アプリのイベントに参加した際、「シャドーイング学習」っていう語学の勉強法について聞いたのですね。誰かが喋っているのを聞きながら、同時にその真似をして発音するっていう。

もちろん、アプリとか教材を使ってやるのも効率的ですが、これを映画でやったときに、どんな作品が良いかなぁというのを考えて、勝手に3つほどピックアップしてみました。


『ダイ・ハード』


僕はこの映画を観て、「あぁ、やっぱ映画は吹き替えじゃ無くてオリジナルの音声で観なきゃだめだなぁ」って感じました。最初2回くらいテレビの吹き替えでみて、声優さんが違うとやっぱり臨場感が違うなぁとか思ったんですが、留学中に英語で観てぶっとんだという。息づかいとかもそうなんですが、英語のアクセント(訛り)が効果的に使われていて、それがキャラクターの個性を強調するのに役立っている、と。主役のマクレーンと悪役のハンス初めてリアルに対面する際、ハンスがあえてそれまでのドイツ風アクセントじゃ無く、アメリカアクセントで喋って人質のフリをするんですよ。このシーンはぜひ英語音声で観てください。他にも、全編を通していろんな国籍や人種の登場人物がいるので、そんな英語の違いを聞き分けるためにも、この作品はシャドーイング学習に最適だと思います。


『カーズ2』


アニメーション映画のセリフって、聞き取りやすいのでシャドーイング学習に向いていると思います。特に、このカーズ2は、英国スパイのブリティッシュアクセントと、レッカー車のメーターがしゃべるアメリカ南部っぽい訛りが面白いコントラストになってて、両方の違いが聞けるのが良いです。実は、英国製スパイグッズの誤作動とかも、この英国とアメリカの英語の違いのせいだったりっていう細かいギャグが。シャドーイング学習っていうのは、自分がしゃべりたい英語だけを使うのでは無く、あくまで言葉と音を頭の中でつなげる作業なので、なるべくいろんなタイプの英語に触れた方が良いですよ。


『ウェイキング・ライフ』


この作品は個人的に好きな映画。「シャドーイング学習」っていう言葉を知る前から、僕はこの映画を使ってセリフを繰り返す練習をしてました。この映画の良いところは、会話がすごく自然で、役者さんがセリフを読み上げる感じがあまりなく、むしろ街角で喋ってる様子をそのまま録音したような演出だということ。それと、登場登場人物が次々と入れ替わるので、いろんなしゃべり方が聞けます。イーサン・ホークとジョリー・デルピーとか、スティーブン・ソダーバーグとか、時々有名人も出てきたりします。


ということで、英語のシャドーイング学習に役立つと思う映画作品を3作勝手にピックアップしてみました。
なんだかんだ言っても、英語を身につける唯一にして絶対の方法は、「なるべくたくさん英語に触れること」です。

やっぱり、使わないと忘れるので、僕ももっと英語を使う機会を増やさないと……。

by t0maki | 2012-01-23 00:00 | ライフスタイル>映画・書籍 | Comments(0)
c0060143_0272191.jpg

以前、ブロガーイベントにも参加させていただいたココネさんから、「クリスマスプレゼント」をいただきましたのでブログでお礼など。

クロスワードパズルを解きながら楽しく英単語が学べるという「とことんクロスワードで英単語」というiOS用のアプリをいただきました。ありがとうございました。
c0060143_0283578.jpg


問題のレベルは四段階。自分のペースで遊びながら英語に触れられるのは良いと思います。

ココネさんのアプリは、「英語組み立てTOWN」や「英語聞き取り王国」なんかも使わせていただいてますよ。

これからも語学学習アプリ、頑張ってください。

by t0maki | 2011-12-25 00:00 | 乱文・雑文 | Comments(0)
さてさて、英語の文法力を身につけるiOS&Androidアプリの『英語組み立てTOWN』について。
前回、発売記念イベントに参加したエントリーを書きましたが、今回はしばらくアプリを使ってみての感想。

▼前回の記事はこちら
http://tomaki.exblog.jp/16594219/

文法の並べ替え問題に答えて、街を建設していくっていう趣旨の英語学習ゲームアプリ。とりあえず、「中学初級」と「高校」を全問コンプリートして、全て最高レベルのブルーダイヤを合計90個(中学初級:30、高校:60)ゲットしました。

街も、(右側)半分だけにぎやかになりましたよ。
c0060143_13383523.jpg

ブルーダイヤをコンプリートした瞬間って、もっと盛り上がるのかと思ったら、意外にも地味な変化しかなくてちょっと残念。飛行船とヘリコプターにちょろっと色がつくくらい。結構頑張ったのに……。

全ての文章を最速でクリアして、ダイヤを獲得するのって、かなり大変。
5,6個のチャンクだったらまだいいんだけど、8個になると目と手が追いつかなくて、文章は頭の中に入ってるのに、指で押すのが追いつかないときがあって、何度もチャレンジしましたよ。
もうホント、タップしすぎて指が痛い。

あとね、これはバグだと思うんだけど、文章が長すぎて、並びによってははみ出してしまうことがありました。高校 Step8 完了進行形(過去)2の"Before the 16th century, it had been believed that the earth was the center of the universe." っていうセンテンス、ランダム表示のタイミング(順番)によっては、単語が4行になってしまって、一番下の単語(チャンク)がタップできませんでした。配列はランダムなので、きちんと3行に収まることもあるのでなんとかクリアはできましたが。
c0060143_1339945.jpg

ここまで使ってみての感想ですが、発音聞きながらゲーム感覚で英語が学べるのって良いですね。
男性や女性など、いろんなネイティブの人が文章の発音をしてくれるのですが、僕は個人的に、高校 Step46 の"each time"とか、Step52 の"as long as"で発音していた女の人の声が好き。後半、この人が結構頻繁に出てきてたので、印象に残りました。

さてさて、約半分はクリアしたので、残り半分は自分のペースでゆっくり楽しみながらやっていこうかなと思っています。

今日はそんなところで。


関連記事

『英語組み立てTOWN』発売記念イベント
http://tomaki.exblog.jp/16594219/

『英語組み立てTOWN』を完全コンプリート
http://tomaki.exblog.jp/16665686/


Fans:Fans

by t0maki | 2011-07-16 13:47 | ブロガーイベント | Comments(0)
『英語組み立てTOWN』発売記念ブロガーイベントに参加してきました。
ゲストスピーカーは慶應義塾大学教授でNHKの英語番組で講師もつとめた田中茂範さん。今回のアプリを開発したcoconeの監修も担当している方です。

「文法力」についてお話をしてくださいました。
単なる「文法の知識」ではなく、英語の思考回路を感覚的に身につける「文法力」を高めることが大事、と。
さすが、英語教育を専門にしている方だけあって、英語学習についての説明がわかりやすかったです。

さて、肝心のアプリですが、公開日ということでさっそく当日Android版をOptimus Chat(L-04C)でダウンロードして持って行ったのですが、レイアウトが崩れてうまく使えませんでした……。なので、急遽iOS版をiPod touchにインストールしての参加となりました。

無駄にAndroid版とiPhone版を両方購入してしまったので、画面キャプチャを両方公開します!
c0060143_19545828.jpg


これを見て分かるとおり、iOS版にはあってAndroid版にはない機能があります。「市長相談室」っていう質問コーナーは、iOS版のみ。リアルに英語についての質問ができるコーナーです。Android版は今後実装予定ですかね。

基本的な使い方としては、まずはタウンで「中学初級」や「高校」といった難易度を選び、その中からカテゴリ(文法項目)を選び、プレイ。日本語の文章に続いて英単語の固まり(チャンク)が出てきますので、日本語と同じ意味になるようにタップで並べ替える、と。これだとまぁ、よくある英語アプリですが、面白いのはどんどん解答していくとメダルが貯まり、街がどんどん建設されて繁栄していくってこと。メダルの種類は、銅、銀、金、ダイヤに加えて、スペシャルなブルーダイヤもあります。

▼タウンの様子。まだ始めたばかりなので建設中。難易度を選びます
c0060143_1955979.jpg


▼カテゴリ(文法項目)を選びます
c0060143_19551514.jpg


▼まずは日本語が表示されて…
c0060143_19551733.jpg


▼英語で単語の固まり(チャンク)を組み立てて行きます
c0060143_19552094.jpg


ブルーダイヤを獲得するには、5問全問を素早く正解して10000ポイント獲得した後、日本語ノーヒントで正解するとゲットできるようです。
頑張ってゲットしましたよ!
c0060143_19552233.jpg


問題数は追加ダウンロード分も含めると現状は全部で1000問あるそうなので、これを全部正確に、かつ素早く解答していくと、かなり街がゴージャスに成長するとのこと。さすがに1000問クリアできるか分かりませんが、少しずつでも挑戦していくと街の成長が見られて楽しそうですね。

残念なのは、他の人とスコアを競ったり、街を公開したりといったソーシャルメディアとの連携機能はまだないとのこと。PCサイトとも特に連携はしていないようなので、今後のバージョンアップに期待、と。

イベントの最後にゲーム大会があり、個人戦で9660点取ってもしかしたら良い線行ったかな?と思ったら、10000点満点を取った方が二人もいた……。というわけで、No prize for second place でしたよ。結構頑張ったのに、残念。

僕は個人的に、日本語で英語を勉強するっていうのには結構否定的なのですが、なにはともあれこういう風に楽しく勉強できるのは非常に良いと思います。とにかく、どんな方法であれ、常に意識して英語に触れてるってのが、英語力を上達する確実な方法なのは間違いないので。

とりあえず、1000個コンプリートは難しいと思いますけど、そこそこ街が育つくらいには頑張ってプレイしてみようと思います。

今日はそんな感じで。

関連記事

『英語組み立てTOWN』約半分をコンプリート
http://tomaki.exblog.jp/16605525

『英語組み立てTOWN』を完全コンプリート
http://tomaki.exblog.jp/16665686/


Fans:Fans

by t0maki | 2011-07-13 19:59 | ブロガーイベント | Comments(0)

   
Back to Top