ブログトップ | ログイン

c0060143_180296.jpg

c0060143_1803082.jpg

改めて、言葉って面白いなぁと思いました。公益財団法人国際文化フォーラム主催の『りんごをかじろう「ベトナム語辞典を編む』というイベントに参加してきました。

まずそもそも、個人で辞典をつくるっていうのがまだ想像もつかない中、著者である一橋大学の五味政信教授の講演。ほぼ個人で、18年かけて見出語約8,000語の辞典を編むという作業は凄まじいものがあるよね。もともと、ベトナムでは漢字が使われてたらしい。でも、漢字を離れ、アルファベット表記を選んだ。それってさ、日本語がいきなりローマ字になるってことでしょ?混乱とか反発はなかったんだろうか?

そこには多分、当時の識字率の低さがあったんだろうな。九割以上の人たちが文盲だったから、アルファベットで統一しちゃえ、と。そんな感じ?

言葉って、時代に合わせて少しずつ変わってく。日本人だって、ほんのひと時代前の毛筆の手紙が読める人は少ないもんね。言葉の変遷。

シェンチェン、トイラートマキ。

後半は、ベトナム語でベトナム語を学ぶ、ベトナム語講座。ダイレクトメソッドですね。僕も、スペイン語を勉強した時は半ば強制的にダイレクトメソッドでしたよ。留学中にチリ人の教授に初めてスペイン語を教わった時、アクセントがキツすぎて英語が英語に聞こえないっていう。もうほとんど、スペイン語でスペイン語を学んでました。そんなあの頃を思い出しました。

ベトナム人のズォンさんが、発音などを教えてくれて、本格的なベトナム語講座でしたよ。文字抜きで、まずは音を入れてく。しかも、そこであえて日本語を使わない。これは、良いですね。いやー、久々に全く新しいことを頭に入れようとして、なかなか覚えられなくて変な汗かきました。

言葉って面白いな、と。「りんごをかじろう」ってイベント、参加するのは今回3回目。「りんご」は「隣語」で、隣のコトバってこと。
c0060143_1803088.jpg

c0060143_1803134.jpg

c0060143_1803266.jpg


今回はコーヒー飲み比べもあったり、お土産にベトナムコーヒーづくりの器具をいただいたり、今回も手作り感のあるアットホームなイベントで、3時間があっという間でした。

あ、指さし会話帳もしっかりありましたよ。

楽しかったです。

by t0maki | 2015-07-04 17:34 | イベント・スポット | Comments(0)
c0060143_23323029.png

英会話を習おうと思った時に「若くて美人の女性講師」に教わるか、「年配の地味な男性講師」を選ぶか、もしあなたが男性だったらどっちを選ぶべきかという話。

綺麗な女性と英会話ができるなら、テンション上がってどんどんモチベーションも上がって、英会話教室以外でもどんどん自分で勉強して、先生にいいかっこ見せようとするのは、とても良いことだ。動機が不純だってなんだって、やる気につながるのはそれはそれであり。
でも気をつけなければならないのは、日本語ほどではないにせよ、英語にも女性っぽい喋り方と男性っぽい喋り方とがあって、気づいたらあなたの英語が「やぁっだー、ありえないわぁ」みたいなことになってないとも限らないっていう話。

まぁ、でも語学を勉強するときはとっかかりとして、なんでもいいからとりあえずガツガツ学んで、細かいニュアンスの違いとかはあとからでもいいかな、とも思います。オネェ言葉になっていようが、しゃべれないよりまずはしゃべれて、理解できるようになるのが先。

美人の先生でテンション上がって、英語学習のモチベーションも上がるなら、それでもいいよね。

あと、TOEICで高得点を取るために、英会話は別にいらないし、むしろ英会話をやるなっていう人もいるのは割と有名な話だけど、それについてはまた別の機会に。

アルクさんの「キクタン」アンバサダーになったので、たまにはこんな語学ネタも挟みつつ。

今日はそんな感じで。

by t0maki | 2014-10-14 23:10 | ライフスタイル>語学 | Comments(0)
c0060143_21401886.png

あ、ホントだ。僕のコメントも掲載されてた!
http://www.alc.co.jp/kikutan_app/

キクタン・アンバサダーになりましたー!
ん?なったのかな?それともこれから頑張ればなれるのかな?
登録を申請したのはだいぶ前だったので、「あれってどうなったんだっけ?」って時々気になってはいたんですよね。

先ほどメールで、「ご応募ありがとうございました」と。

いただいたメールを読んでみると、「キクタン・アンバサダー」の定義としては、
「キクタンが好き!」、「キクタンの魅力を周りの人に伝えたい!」という熱い想いをお持ちで、その魅力や活用法をSNSや口コミで周りの人々にお伝えくださる方。

となってました。

ってことは、僕は良いんだよね?「キクタン・アンバサダー」を名乗ってよいんですよね??
なにやら、メールに書いてあった「限定キャンペーン」ってのが気になる、気になる。

さてさて、どんな感じで企画が進むのか、次回のメール配信が楽しみです。

by t0maki | 2014-09-19 23:01 | アンバサダー | Comments(0)
先日会社で受けた、「BISA」テストの結果が届きました。

BISAは、「Business Interaction Simulation and Assessment」の略で、いろんなビジネス課題をシミュレーションしながら、英語力を計測するテストの一種。1時間の試験のうち前半の30分はプレゼン資料づくり、後半の30分で実際にプレゼンと、さらに交渉や議論、オフィスでのコミュニケーション等、試験官と1対1で様々なビジネスシーンをシミュレーションしながら、その結果をスコアリングします。

で、僕のスコアは1,000点満点中650点。ま、英語力としてはフツーくらい。悪くはないけど、とびきり良くも無いという。
700点が一種の基準になってて、それを超えると世界に羽ばたけるらしい。
500~700だと、まぁまぁだけどまだまだ、みたいな。

c0060143_20444835.png

内訳を見ると、プレゼンはまぁそこそこで、英語を使ったオフィスコミュニケーションやディスカッションは高いけど、ネゴシエーションが低め。
確かに、試験中に「なにがなんでも自分の意見をごり押し」とかはできなかった……。なんか、初対面の人に、かつ試験官になかなか自分の意見を押し通すってのは抵抗あるけど、それができないとやっぱり英語でビジネスはできないよなぁ。そこらへんが今回見つかった課題。

c0060143_20445188.png

スキルとしては、声量とか身振りとかは評価が高くて、それに続いて礼儀正しさとか、正確さ、率直さとかも好評価だけど、自己主張やクリエイティブさは低い、と。一見良さそうだけど中身がないって??ダメじゃん、それ。

試験自体は、すごく面白かったですよ。
なんか普通に、会話を楽しむことができました。
今回、初めての受験だったからなにがなにやら分からないままやっちゃったけど、もう一回やったらそれなりにスコアはあがると思う。きちんと、トレーニングして、ね。

こういうの、もっとやりたいです。
オンライン英会話とか、受講してみようかな。

最近ようやく仕事で英語を使う機会は増えたけど、結構かなりブランクの影響があって、やっぱ語学力はもっと修練しないと。今後の課題ということで。


Globus BISA (Business Interaction Simulation and Assessment)
http://www.globusjapan.com/consulting/?lang=ja

by t0maki | 2014-09-01 20:49 | Comments(3)
c0060143_15523058.jpg

たまたま手にした絵本の作者さんに、その二日後にお目に掛かるっていう不思議。なんとなんと。

国際文化フォーラムが主催の、『りんごをかじろう ポルトガル語「写真で知るブラジルの暮らし」』というイベントに参加してきました。

「りんご」ってのは、「隣語」って意味で、お隣の国の言葉を学んで、文化に親しもう、と。今回のりんごはポルトガル語。しっかりかじってきました。

ゲスト講師が写真家の永武ひかるさんで、世界のともだちっていう絵本シリーズの「ブラジル」の作者さん。僕はちょうどこの二日前に、六本木 森美術館で開催中の「ゴー・ビトゥイーンズ展」を見に行って、そこで手にした本のうちの一冊がこの本だったという。
c0060143_1552262.jpg


なんかとんでもない偶然ですが、アンテナのばしつつあちこち首を突っ込んでるとこんな風に偶然が重なって点と点がいきなり繋がるってことはあり得ることなので、なんとなく導かれたような気もして納得。

まったく知り合いもいないある意味「アウェイ」なイベントにいきなり飛び込んだのですが、参加してみたらすごく良い雰囲気の手作り感のある楽しいイベントで、ブラジルのドリンクやスナックを堪能しながらの懇親会も楽しかったです。

永武さんがライフワークにしている、Wonder Eyesっていう、世界の子供が写真を撮るワークショップの話も面白かったです。僕もたまに、子供向けのワークショップをやったりするので。

そもそも、アメリカに留学中に、英語でスペイン語を勉強してたりもしたので、ポルトガル語はまさに僕にとって「りんご」。まったく勉強したことはないんですが、単語や発音も似てるし、語順や男性形女性形があるってのもスペイン語と同じ感じなので、すんなり入ってきました。やっぱり、語学は楽しい。

▼永武ひかるさん
c0060143_15522722.jpg


▼ブラジルコーヒーの飲み比べも
c0060143_15522822.jpg


▼指さし会話帳も!
c0060143_15522982.jpg


個人的には、『旅の指さし会話帳』の「中の人」が僕のことをソーシャルメディア繋がりで知っててくれたのが嬉しかった。実は、むかーし仕事でもちょっとお世話になってたりもします。

イベントの終わりに、永武さんを囲んでいろんなお話を伺ってたら、だいぶ予定の時間が過ぎてて、あっという間の3時間でした。


国際文化フォーラム
http://tjf.or.jp/

by t0maki | 2014-06-29 15:50 | ライフスタイル>語学 | Comments(0)
c0060143_1391575.jpg

十代の終わりに英語の勉強をしてた頃、『アルジャーノンに花束を』の原書を購入して読みました。主人公のチャーリーの視点で日記風に書かれた文体。知的障がいのあるチャーリーは、最初はスペルミスがあったり、文章もうまく書けないのですが、あるきっかけでどんどん知能が高くなっていき、文章も書く内容もどんどん洗練されていく。そこに、ちょうど英語を勉強中だった自分の姿を重ねて、僕もこんな風にどんどん知識を取り込んで行きたいとわくわくしながら読みました。最初に原書で読んだ時は、まだ当時の英語力では途中からついてけない箇所もありましたが。

まだ本を読んでない方は、今回の記事はネタバレありかもなので、先に本を読んでくださいませ。

で、留学中にもう一度読んだ時は、英語で本を読むのにも慣れて来た頃だったので、英語の表現が高度な箇所になっても取り残される事なく(ま、以前読んでたこともあり)、さらに多くを読み取ることができました。

で、問題は日本に帰国してしばらく経ってから読んだ時。その時共感したのは、本の後半部分。手に入れた知識がまるで手のひらですくった水がこぼれてくようにどんどん失われていく箇所。当時の僕は、せっかく大学で身につけた語学力もアートのスキルも、まったく生かすことができずに悶々としてた日々。苦労して学んだ知識がどんどん失われていくように感じが切なかった。

現在は、良い感じに英語もアートも生活に取り込むことができたので、まぁまぁなんとかやってます。

あと、またしばらく経ってからスペイン語で読むのをトライしたことあるんですよ。大学でスペイン語を勉強してからだいぶ経ってたので、もうあらかた忘れてて読解力が低すぎて問題外でした……。最初の方の、筋を覚えてるはずの文章でさえ全く意味が頭に入ってこない。仕方ないからやけくそで意味もわからずベッドの上で音読してたら、娘がやってきて、僕のマネして発音して、「なんて意味?」って聞いてくる。「えーと、チャーリーがねぇ…」って、分からないとこは分からないなりに説明してたら、いつの間にか少しは文章の意味が頭に入ってくるようになったってハナシ。教えるという行為をすることで、教わる方だけでなく教える方も学習する、と。ちょっとした発見でした。教える側のプレッシャーみたいな感じですかね。

もちろん、日本語でも読みましたよ。でもやっぱり、言葉が進化してく感じとか、原文の英語で読む方がより雰囲気を理解できるかと。
英語を勉強する人には自分の英語力を測る物差しになって、何度も定期的に読むのが良いと思います。おすすめ。

今朝改めて『アルジャーノンに花束を』のKindle版を購入したのですが、そもそものきっかけは、著者であるダニエル・キースさんが亡くなったというニュースを目にしたため。

改めて、読み返してみます。


Flowers for Algernon

by t0maki | 2014-06-19 13:08 | Comments(0)
c0060143_20415590.jpg

英語検定の「TOEIC」を運営している国際ビジネスコミュニケーション協会(IBC)主催による、「TOEICスピーキングテスト/ライティングテスト(以下TOEIC SWテスト)セミナー」に参加してきました。

今年の3月に「3カ月チャレンジ企画」として人生初のTOEIC受験をしたわけですが、そちらは通常のリスニングテスト/リーディングテスト。いかに英語を理解できるかがポイントなわけですが、TOEICにはスピーキングテスト/ライティングテストもあり、こちらは英語を使っていかに表現できるかがポイントになります。

そんなテストがあるってことは知っていましたが、具体的にどんな試験なのか中身を知らなかったので、今回のセミナーはサンプルテストなんかもあって参考になりました。

2部構成の後半は、NHK教育テレビ「実践ビジネス英会話」「三か月トピック英会話」にも出演された、本間正人(ほんま まさと)先生による大変エネルギッシュな講義。
初めてお目にかかったのですが、なんともパワフルな方で。すごく面白い講演でした。

自分に合った勉強法なんて人それぞれ。どこから手を付けて良いか悩んでいる暇があったら、とにかく英語に触れること。2,000時間を目安に英語を勉強していれば、誰でもそれなりに身に付きますよ、と。ちなみに、2,000時間っていうのは、だいたいサラリーマンの1年間の就労時間。3年とか、5年とかかけてもいいし、隙間時間にトライしても良いから、とにかくまずはやってみないと。

勉強法に王道は無いけど、勉強がうまくいかない人の「挫折の王道」ってのがあるらしいですよ。その三つがこちら。
・雑誌の定期購読
・英英辞典を読む
・NHKの語学講座

やばい、オレ、やってるよこれ。

雑誌の定期購読

雑誌を読むなら、自分の興味あるものを読めば良い、と。定期購読までする必要はない、と。19の時、しっかりTIME誌を定期購読しちゃいました……。さすがに全部読み切れなかったのは事実。でも、コラムとか投書コーナーとかは良いらしいですよ。

英英辞典を読む

知らない単語を調べると、さらにどんどん知らない単語が出てきてしまい、英英辞典を読むのはオススメではないらしい。むしろ、知ってる単語を調べると効果的、と。「I」とか「you」を英英辞典で調べてみると……、なるほど納得。気になる方は調べてみて。
ちなみに僕は、英英辞典ではないですが、英語の勉強のとっかかりに、高三の時に語彙辞典を一冊まるごと読破しました。

NHKの語学講座

NHKの語学番組に出演されている方が発言した言葉とは思えないくらい衝撃的ですが、実際の趣旨としては、毎回欠かさずテキストを買って勉強するというよりも、もっとカジュアルに見れる時に見なさい、と。


まぁ、前述のとおり、勉強の仕方は人それぞれなワケなので、「挫折の王道」も人によっては効果的だったり。

英語でツイッターもオススメらしいですよ。
いろんな人と英語でコミュニケーションをとる、と。ハッシュタグなどを有効につかうと、共通の興味を持ってる人と交流できます。これは、ちょっとやってみようかなぁ。

英語力アップは確かに必要ですけど、ネイティブを目指す必要はない。ノンネイティブとして十分な英語力があれば良い、と。電話口でうまく聞き取れない場合、英語でどう言えばいいかというと、“Could you say that again please?" で正解なんだけど、それを「たどたどしく」言うのがコツってのが面白かったです。英語が流暢でないことをアピールすれば、向こうも分かりやすくしゃべってくれる、と。
コミュニケーションは、「伝えたい」っていう気持ちなんですよね。第二外国語での会話も、伝えようとする心が大事。流ちょうな発音も大事だけど、それよりもお互いが分かり合おうとする気持ちが重要。

本間先生の講演はすごく分かりやすく、聞いているだけで楽しかったです。
TOEIC S/Wテストも受けてみたくなりました。


山里亮太の「たりない」英語

by t0maki | 2013-07-10 20:42 | Comments(0)
c0060143_8582246.jpg

アルクさんの「TOEICテスト3カ月チャレンジ」という企画にブロガーとして参加させていただきました。

というわけで、3月17日に受験したTOEICテストの結果が発表されましたのでご報告。

スコアは、965点(Listening: 480, Reading: 485)でした。

僕が目標にしていた900点は超えてたのでホッとしましたが、模試を受けた感触ではこれがベストスコアではないので、まだまだ課題の克服が甘かったかなぁ、と。特に、模試では調子良かったリスニングのスコアが伸びなかったのが残念。受験が初めてで、慣れずに緊張したってのもあるかも。

なんにせよ、生まれて初めて受けたTOEICだったので、勉強の過程や受験の当日など、いろんなことが新鮮で楽しかったです。

この企画が始まったタイミングで、僕が昨年末に初めて受けた模試は、885点(Listening: 440, Reading: 445)でしたので、それから考えるとだいぶ伸びました。勉強したかいがありました。

こんな風に期限を区切って、目標に向かって真剣に勉強するっていうのはかなり久しぶりでしたが、すごく面白かったですし、良い経験になりました。

このような機会を提供してくださったアルクさんと、メンターとしてご指導くださったヒロ前田さんに感謝です。

これで僕もようやく正式に「TOEIC国」の住人になれたような気がするので、今後も機会を見つけて引き続きチャレンジしていきたいと思います。



[TOEIC チャレンジ] 3カ月チャレンジ記事まとめ
http://tomaki.exblog.jp/19116125


TOEICテスト究極の模試600問

TOEICスコアアップチャレンジ:スペースアルク
http://www.alc.co.jp/kikutan_app/pr/

by t0maki | 2013-04-11 08:43 | ブロガーイベント | Comments(0)
c0060143_15252810.jpg

英語学習教材で有名なアルクさんによる企画、「TOEICテスト3カ月チャレンジ」に参加しました。このページは、その企画用に書いた記事の一覧を掲載しています。

3月17日(日)のTOEIC公開テストに向けて、僕を含めた3名のブロガーさんがスコアアップを目指して勉強しました。TOEIC対策のプロフェッショナルで、書籍の執筆やアプリの監修などもされているヒロ前田さんによる指導も受けつつ。

というわけで、以下[TOEIC チャレンジ]として書いた記事のまとめ。

[TOEIC チャレンジ] アルクさん主催のTOEIC対策英語学習企画に参加します
http://tomaki.exblog.jp/18973514/

[TOEIC チャレンジ] いよいよチャレンジが始まります
http://tomaki.exblog.jp/19006284/

[TOEIC チャレンジ] 経済っぽい英単語が苦手なことに今さら気付いた
http://tomaki.exblog.jp/19042287/

[TOEIC チャレンジ] 年内最後の模試は935点でした
http://tomaki.exblog.jp/19070230/

[TOEIC チャレンジ] 目的と目標があれば勉強は楽しい
http://tomaki.exblog.jp/19078273/

[TOEIC チャレンジ] TOEICの本を読む
http://tomaki.exblog.jp/19102211/

[TOEIC チャレンジ] カプセルホテルでひとり英語合宿
http://tomaki.exblog.jp/19136439/

[TOEIC チャレンジ] 学習進行状況
http://tomaki.exblog.jp/19163084/

[TOEIC チャレンジ] ニューヨーク近代美術館(MoMA)で英語の勉強を
http://tomaki.exblog.jp/19221572/

[TOEIC チャレンジ] 英語学習報告&なぜか映画レビュー
http://tomaki.exblog.jp/19221833/

[TOEIC チャレンジ] 後半戦のカリキュラムをいただきました
http://tomaki.exblog.jp/19270516/

[TOEIC チャレンジ] 残りあと二週間となりましたが
http://tomaki.exblog.jp/19559940/

[TOEIC チャレンジ] そろそろ模試をやらなきゃ
http://tomaki.exblog.jp/19650783/

[TOEIC チャレンジ] 英単語の勉強
http://tomaki.exblog.jp/19651030/

[TOEIC チャレンジ] TOEICの筆記用具は100円ショップで買いました
http://tomaki.exblog.jp/19692654

[TOEIC チャレンジ] 人生初のTOEIC受験、疲れたけど堪能しました
http://tomaki.exblog.jp/19692656

[TOEIC チャレンジ] 3か月間、駆け抜けました。結果発表
http://tomaki.exblog.jp/19823712


皆さんの記事はこちら!


そら さん
やれんのか!TOEIC宣言

chawan さん
chawanのたわごと



TOEICテスト究極の模試600問

TOEICスコアアップチャレンジ:スペースアルク
http://www.alc.co.jp/kikutan_app/pr/

by t0maki | 2013-03-25 22:32 | ブロガーイベント | Comments(0)
c0060143_23565044.jpg

人生初のTOEIC、堪能しました。
模試で何度もテストを受けていたとはいえ、本番のこの2時間はなんともいえない緊張感。集中力の限界に挑戦、みたいな感じで、いやはや疲れました。

アルクさんの「TOEICテスト3カ月チャレンジ」という企画にブロガーとして参加させていただきました。

昨年12月から始まったこの企画。ヒロ前田先生をTOEIC講師としてお迎えして、三ヵ月の間に渡って各自さまざまな課題をこなしつつ、ブログで進捗を発表しながら、ビジネス英語テスト「TOEIC」にチャレンジするという企画。

前日は仕上げの模試を受け、軽くTOEICの本に目を通しつつ早めの就寝。当日は軽く食事をして、11:30AMの受け付け開始時間と同時に会場入り。解答用紙に名前や受験番号等必要事項を記入したあと、緊張をほぐすために建物の外に出て、軽くダッシュしてみたり。

そうそう、この緊張感。なんとなく高校時代の陸上部だった頃を思い出しました。

12:20に受付終了。25分くらいから試験の説明。
12:35から10分間の休憩があるけど、お手洗いは混みそうだったので先に行っときました。解答用紙を見つめて、なんとなくイメトレ。
12:45に確認と問題用紙の配布があって、13:00から試験開始。

リスニングは、いかに集中できるかが鍵。聞き漏らしたら、リピートしてくれないから、音声に集中。Part3とPart4は、設問と選択肢を先に読んでおいて、聞きながら回答していく感じ。テクニックっていうほどではないけど、先読みは結構大事。
45分は結構あっという間に過ぎて、残り75分でリーディングセクション。ここで気を付けたいのは、こんな禁止事項があるってこと。

「リスニングテスト中にリーディングセクションの問題文を見る行為、またはリーディングテスト中にリスニングセクションの問題文を見る行為」

なので、リスニング問題の説明中に、リーディングセクションに目を通すとか、NGなんですね。逆に、リーディングに進んでから、リスニングの問題を見返したりもダメらしい。

で、リーディングセクションの解き方。
人によっては、Part5,6,7の順番通りでなく、7の長文から解くとか、いろいろテクニックがあるようですが、僕は普通に順番通りに解いていきました。75分間なので、時間配分には気を付けつつ。
一つの問題に時間をかけすぎないように注意しました。考え込んじゃうと、時間が足りなくなっちゃうので。

ヒロ前田さんもおっしゃってましたが、「TOEIC国」っていうのがあって、そこでは飛行機は必ず遅れたり、医療費が間違って請求されたり、会社のピクニックとか、定年パーティーとか、ありがちなシチュエーションが頻出するらしいですよ。そういうTOEICにありがちなシチュエーションを頭に入れとくのも大事です。
あと、「Gupta」さんっていう人物もかなりの率で登場するらしいってのを聞いていましたが、実際にリーディング問題中に見つけた時はちょっと感動しました。TOEICならではの登場人物、他にもいるらしいです。

全部回答し終わった時点でまだ10分くらい残っていたので、Part5あたりの見直しをしつつ。2問ほど回答を書き換えたんだけど、それが吉と出るか凶と出るか……。

15:00にテストが終わり、解答用紙と問題用紙を提出して、TOEICテスト終了、と。

後は結果を待つのみ。成り行きで「目標900点!」とか言ってしまったけど、実際は何点取れたかな。
ま、結果はともかく、学習の過程も含めて、すごく良い経験になりました。
こんな機会を提供してくださったアルクさん、ならびに講師としてアドバイスしてくださったヒロ前田さん、そして、たまの休日だというのに一人でカプセルホテルで合宿したり、自室に籠って模試を受けたりしてるパパを見守ってくれた家族にも感謝です。

楽しかったですよ。いつかまた、受験しようかなぁ。



[TOEIC チャレンジ] 3カ月チャレンジ記事まとめ
http://tomaki.exblog.jp/19116125


TOEICテスト究極の模試600問

TOEICスコアアップチャレンジ:スペースアルク
http://www.alc.co.jp/kikutan_app/pr/

by t0maki | 2013-03-19 02:59 | ブロガーイベント | Comments(0)

   
Back to Top