ブログトップ | ログイン
c0060143_11031659.jpg

ラスベガスで、短い空き時間で急いで家族へのお土産を買ってたら、両足の裏にマメができた。きちんとすぐに処置ができればよかったんだけど、海外にいたこともあってそのままにしてたら、歩くたびごとに広がって結構タイヘンなことに。さらにまた空港でカメラが入った思い手荷物を担いで乗り換えの移動をしてたらますますマメがでかくなって、日本に着く頃には一歩足を地面につくごとに「あいたた、あいたた」な状態に。

そして、よりによって翌日は家族でディズニーランド。皮が剥がれて肉むき出しのまま、25,000歩以上歩きましたよ。

マメをかばって歩いてたら、右足の人差し指が真っ黒になってお亡くなりに。二週間経ってパカパカしてきたので、むしって取った。それほど痛くは無い。でも、なんか不安になるね。いつもは守られてる部分が、剥き出しになってるってのは、ちょっと落ち着かない気持ちになるもので。

以前、フットサルをやったときは両足の親指の爪がよく剥がれてたけど、よく考えたらマメも死んだ爪も久しぶりかも。ただ、マメが治るとまたできて、幾重にもなったり。なんか、ここんとこずっと足の裏に何かしら疼痛があるよ。

落ち着きのない40代の象徴みたいな。ま、それはそれで。

# by t0maki | 2017-07-20 10:43 | Comments(0)
c0060143_20021777.jpg

見ようによっては少年っぽいような、なんだか子猫を連想させるような姿形なのに、ひとたび口を開くと変幻自在のライオンか、っていうそのギャップに惚れた。かっこいいなぁ、立川こはるさん。

今回で17回目を迎える「シェアする落語」に参加してきました。この会の特徴は、前説と仲入りに撮影OKのシェアタイムがあること。撮った写真をSNSやブログなどでシェアして良いんです。落語の楽しさをその場のみんなでシェアしつつ、さらにネット上でもシェアしようっていう、ユニークで面白い落語会なのです。

今回、シェア落2回目の登場となるこはるさんの演目は「権助魚」、「芝居の喧嘩」と「湯屋番」の三本。「芝居の喧嘩」は、別の寄席で聞いたことがある話でしたが、話す人が違うとやっぱり同じ話でも全然印象が変わってくる。そもそも、出だしの「相撲」か「演劇」かっていう2人の駆け引きは前回なかった気がするなぁ。相撲を観たいのに無理やり演劇の方を見せられて、でもそれが相撲より面白かったっていうオチかなと予想したけどそうでもなかった。落語、奥が深いぞ!

シェアする落語の撮影タイムにて。 #立川こはる #シェア落 #シェアする落語 #落語 #深川東京モダン館
シェアする落語の撮影タイムにて。 #立川こはる #シェア落 #シェアする落語 #落語 #深川東京モダン館


笑顔が素敵な人でした。この後、懇親会でご一緒したんですけど、独演会を主催する時の損益分岐点の話とか、「プロの落語家さん」ならではの話が聞けて、今回のシェアする落語もおもしろかった。 #立川こはる #シェア落 #シェアする落語 #落語 #深川東京モダン館
笑顔が素敵な人でした。この後、懇親会でご一緒したんですけど、独演会を主催する時の損益分岐点の話とか、「プロの落語家さん」ならではの話が聞けて、今回のシェアする落語もおもしろかった。 #立川こはる #シェア落 #シェアする落語 #落語 #深川東京モダン館


理系の大学を卒業して大学院に入るも、中退して噺家の道へ。卒研の発表の時、あまりに喋りが上手いので教授から「落語家さんみたいだね」と言われたらしい。今では、ホンモノの落語家さん。#立川こはる #シェア落 #シェアする落語 #落語 #深川東京モダン館
理系の大学を卒業して大学院に入るも、中退して噺家の道へ。卒研の発表の時、あまりに喋りが上手いので教授から「落語家さんみたいだね」と言われたらしい。今では、ホンモノの落語家さん。#立川こはる #シェア落 #シェアする落語 #落語 #深川東京モダン館


新幹線で、男性専用と男女兼用のトイレがあって、普通に並んでいたら「男性用があっちにもあるわよ」とおばちゃんに言われたらしい。その時の返答がこはるさんらしくて秀逸。あとでブログに書いとく。 #立川こはる #シェア落 #シェアする落語 #落語 #深川東京モダン館
新幹線で、男性専用と男女兼用のトイレがあって、普通に並んでいたら「男性用があっちにもあるわよ」とおばちゃんに言われたらしい。その時の返答がこはるさんらしくて秀逸。あとでブログに書いとく。 #立川こはる #シェア落 #シェアする落語 #落語 #深川東京モダン館


なんと、音楽CD!歌詞が面白い。 #立川こはる #シェア落 #シェアする落語 #落語 #深川東京モダン館
なんと、音楽CD!歌詞が面白い。 #立川こはる #シェア落 #シェアする落語 #落語 #深川東京モダン館


こはるさん、誰かに似てるなぁと思ったら、小池栄子さんだ。素の表情が特に。 #立川こはる #シェア落 #シェアする落語 #落語 #深川東京モダン館
こはるさん、誰かに似てるなぁと思ったら、小池栄子さんだ。素の表情が特に。 #立川こはる #シェア落 #シェアする落語 #落語 #深川東京モダン館


中入りのフリートークは、撮影オーケーのシェアタイム。会場から寄せられた質問に答えつつ。 #立川こはる #シェア落 #シェアする落語 #落語 #深川東京モダン館
中入りのフリートークは、撮影オーケーのシェアタイム。会場から寄せられた質問に答えつつ。 #立川こはる #シェア落 #シェアする落語 #落語 #深川東京モダン館


シェアする落語、席亭の四家さん。こはるさんに冒頭で「マーケティングうまそう」って言われてた。それはそうです。 #立川こはる #シェア落 #シェアする落語 #落語 #深川東京モダン館
シェアする落語、席亭の四家さん。こはるさんに冒頭で「マーケティングうまそう」って言われてた。それはそうです。 #立川こはる #シェア落 #シェアする落語 #落語 #深川東京モダン館


この落語会の主催者、つまり「席亭さん」を務めるのは、いつもブロガーとしてもお世話になってる四家さん。普段は、マーケティングのプロとしてお仕事をされてますが、年に数回この「シェアする落語」を開いています。落語好きの四家さんが選ぶ噺家さんは、さすがに皆さん芸が達者で面白い。「二つ目」と呼ばれる中堅の若手の落語家さんの中から、特に勢いのある人が来ているので、毎回いつも楽しく観ています。落語会の後に、希望者が集まって懇親会もあり、噺家さんと一緒に飲める場合も。今回は、こはるさんも懇親会に参加して、「もらって嬉しい差し入れと、そうでもない差し入れについて」とか、「独演会を主催するときの収支と損益分岐点について」など、普段は絶対に聞けなさそうな話題を赤裸々に語ってくれて、めちゃめちゃおもしろかったです。

冒頭に、見た目が猫で中身がライオンって書きましたが、可愛らしい見た目なのに喋ると「べらんめぃ」口調で淀みなく捲くし立てるのが聞いていて気持ち良い。裏表無い性格で、一緒に飲んでると楽しくなってくる。これから10年、20年経って、こはるさんはどんな風に芸を磨いていくのかなぁ、なんてことを考えつつ。

「シェアする落語」、今回も堪能しました。面白いもんで、それほどたくさん落語を観てるわけではないんですが、定期的にこの落語会に参加していたら、周りの落語好きの人たちの会話が多少は分かるようになってきました。

また、神田の連雀亭にも行ってみようかな。


# by t0maki | 2017-07-19 19:40 | イベント・スポット | Comments(0)
c0060143_00343776.jpg

人はなぜ旅をするのか。

という難しい話はとりあえず置いといて、旅好きの人たちが集まる不定期開催イベント「旅人bar」で、ゲストバーテンをやってきました。と言っても、お酒は作らず、ニコニコ話を聞く役なんですけどね。

初海外がドバイとか、自転車でヨーロッパとか、ワイナリーめぐりとか、岩手で漁船ツアーとか、やっぱりチェコは良いよねとか、アジアをめぐるバックパックの旅とか、ドローンで沖縄とか、九州のケータイが通じない山奥に滞在とか、宮古島、北海道、スペイン、イタリア、富山、岡山、アメリカハワイシンガポールベトナムタイ台湾、マレーシアでバス、中国で煙を吹く飛行機、建築の話、アートホテル、人形劇。すげー面白い、旅に関する話が盛りだくさん。旅って良いよな、と、再確認。

「旅を仕事に」をテーマに旅人が集まってるSAGAJOならではの面白いイベントでした。

翌日、早朝から打ち合わせが入ってるので早めに帰る予定が、終わりの時間を過ぎたのも気づかずにずっと話をしていました。というわけで、今終電ギリギリの電車の中で、家までたどり着けるか多少不安になりながらこれを書いてるところ。

参加いただいた皆様、ありがとうございました!今度は、お客さんとしても参加したいな。



# by t0maki | 2017-07-19 00:25 | Comments(0)
c0060143_23460974.jpg

駐日チェコ共和国大使館の敷地内にある、チェコセンター東京のギャラリーで、チェコの人形劇に使われるマリオネットと、その文化や工芸の歴史が展示されています。この作品展は、国立新美術館でミュシャ展をやってたときに、終わりの方で同時開催されていた展示ですね。

場所が変わると、作品の印象も変わりますね。新美術館の方では柵で囲われてた展示が、ここではすごい間近で見られる。人形の息づかいが聞こえてきそう。

駐日チェコ共和国大使館
駐日チェコ共和国大使館


人形たちに再会してきた。
人形たちに再会してきた。


国立新美術館での展示と違って、柵がないので人形との距離が近い。
国立新美術館での展示と違って、柵がないので人形との距離が近い。


人の形をしただけの木塊なのに、そこに感情があるようにみえるのが不思議。
人の形をしただけの木塊なのに、そこに感情があるようにみえるのが不思議。


みる方が、そこに感情を重ねるからだろうな。
みる方が、そこに感情を重ねるからだろうな。


なぜ、人形なのか。後ろでマリオネットを操る人たちの顔は見えないので、社会に対して批判がしやすいから、とかあるのかな。
なぜ、人形なのか。後ろでマリオネットを操る人たちの顔は見えないので、社会に対して批判がしやすいから、とかあるのかな。


人間ではできないような役も、人形ならできる。特撮もいらない。
人間ではできないような役も、人形ならできる。特撮もいらない。


広尾のチェコセンターにて、8月4日まで。

# by t0maki | 2017-07-14 23:40 | アート | Comments(0)
c0060143_15571194.jpg
3ポートのAC式充電器の製品レビュー!
3つのUSBポートがあって、最大3台の機器を同時に充電・給電することができます。

iClever 3ポートUSB急速充電器

#製品モニターレビュー中
#製品モニターレビュー中


3 port USB charger #製品モニターレビュー中
3 port USB charger


クイックチャージ3.0対応 #製品モニターレビュー中
クイックチャージ3.0対応

本体を直接電源コンセントに挿すタイプ。3つあるUSBポートのうち、上から2つは「SmartID」っていうiClever社独自のフルスピード充電方式。で、3つ目のポートがQualcommの「Quick Charge 3.0」に対応しています。つまり、充電するデバイスがQuick Charge 3.0の方式に対応していたら、とりあえず何も考えずに3つ目のポートに差し込んでおけば早く充電できる、と。それ以外は、上の2個のポートで。

デザインも良い感じ。今、会社のデスクで充電をするときに使っています。microUSB、Type C、Lightingケーブルを挿して、どのデバイスでも充電できるようにしています。便利ですね。



# by t0maki | 2017-07-14 23:00 | モニターレビュー | Comments(0)
c0060143_00134310.jpg
15,000mAh の大容量モバイルバッテリー。iClever社製のモバイルバッテリーを製品レビューしますよ。

出力2ポート
出力2ポート


LEDライト付き
LEDライト付き


専用ケース付き
専用ケース付き

付属のmicroUSBケーブルでバッテリーをチャージすることができます。面白いのは、Lightningケーブル(別売り)でもチャージができるのですが、ケーブルを2本同時に指すことで、このモバイルバッテリーへの充電を50%アップできるということ。蛇口2つでドバドバ水を入れて早く貯める、みたいな感じですかね。

出力の方も、USBポートが2つあるので、2つの端末を同時に充電可能。なにやら独自の「SmartID3.0」っていうテクノロジーで、充電スピードも最適化してくれるらしい。

何気に、布製ポーチが付属しているのも良いなと思いました。

外出時や、ちょっとした旅行などに重宝すると思います。




# by t0maki | 2017-07-14 22:06 | モニターレビュー | Comments(0)
c0060143_00122645.jpg
暗いときに人感センサーで自動的に点灯する、便利なOxyLED LEDセンサーライトです。製品のモニターレビューです。

充電式で、配線などが不要なのが良いですね。電池が無くなったら、microUSBケーブルで充電することで、何度でも繰り返し使えます。センサーの検出範囲(センサーの向き120度、距離約3メートル)で動きを感知すると、自動的に点灯します。

結構長い。
結構長い。


充電はここから。
充電はここから。


充電中。
充電中。

階段に取り付けたのですが、夜中に階段を下りようとして明かりを点けようとすると、このLEDライトが自動でパッと点灯するので、「あぁ、そうだった、そうだった」と、電気を点けずにそのまま降りることができて便利。ただし、角度のせいで上りの時が点かない。設置する場所を調整しないとだな。懐中電灯としても使えるって書いてあって、確かにそういう使い方も出来るんだけど、コレを手に持って歩くとなにやらスターウォーズのライトセーバーみたいな感じです。一年間の品質保証つき。




# by t0maki | 2017-07-14 21:49 | モニターレビュー | Comments(0)
c0060143_11052326.jpg

所持金8,000円だったけど、6,000円出して年パスを購入して、森美術館へ。アジアをテーマにした作品展と、屋上のスカイデッキと、東京シティビュー展望台を訪れました。いつものコース。

Sunshower. 晴れている時の雨は、虹が出やすい。
Sunshower. 晴れている時の雨は、虹が出やすい。


Oh, how I missed this place.
Oh, how I missed this place.


I've got to come back to this room.
I've got to come back to this room.


I love being here.
I love being here.


夕暮れ時
夕暮れ時


このHTC U11で撮れる写真、なかなか良いな。好きな感じ。 #htcサポーター
このHTC U11で撮れる写真、なかなか良いな。好きな感じ。 #htcサポーター


Maman
Maman


I was here.
I was here.


年パス、これで4枚目。ということは、森美術館に足繁く通うようになってもう4年目ってことか。最初に年パスを買ったのはGoogleで居候社員をしてたころ。森美術館が入ってるのと同じビルで働いてたので、昼休みや会社帰りなどに毎日のように通ってた。最初に年パスを買った時は、アンディ・ウォーホルだったと思う。間に改装が入って年パスを延長してもらったり、リニューアルオープン記念で半額で買えたり、うっかり当選したりもした。で、今回4回目、と。

美術館・博物館が好きだ。大学で博物館学(Museology)のクラスを受講して、美術館や博物館の裏側を見学したりして学んだ。大学四年のインターンシップでは、ネバダ州の歴史博物館で働いた。

美術館・博物館の雰囲気が好きなんだ。匂いというか、空気感というか。インターネットがまだなかった時代の、「知の集積」がそこに形となって現れてる。人間が集めたもの。歴史とか文化とか芸術とか、自然や科学やその他いろんなものが集まってる。図書館や動物園も、ミュージアムに含まれる。

この地上53階の美術館は、もう生活の一部みたいな感じ。

# by t0maki | 2017-07-13 10:47 | アート | Comments(0)
c0060143_15561013.jpg
こういうのって、頑張れば自作もできると思うけど、この値段だったら購入したほうがよっぽど便利だなぁ。
自宅で商品撮影するときなどにとても便利な、ミニ撮影ボックスです。製品をご提供いただいての、サンプリングレビューとなります。

と、こんな製品。
広げるとこんな製品。


こんな感じ
撮影をしているところ


このライトボックス、上に穴があって蓋がしてあって、それを外すと真上からも撮れる。
このライトボックス、上に穴があって蓋がしてあって、それを外すと真上からも撮れる。

組み立ては磁石部分をくっつけるだけだからすごく簡単。折りたたむと、かなり小さく収納できます。明るさが10段階調節できるLEDライトが2本付属。と、背景スクリーンが白と黒の2パターン付いてます。

ボックスの上部に円形の穴が開いてて、蓋の部分が取り外しできるので、真上からのショットを狙うこともできます。
また、ライトの位置をちょっと調整してみたり、左右の明るさを変えてみたり、背景を黒にするか白にするかでも、いろいろと違う写真が撮れますね。

ECサイトの運営者とか、手作りのアクセサリーやグッズをネットで販売している人、あるいはネットオークションに出品する人など、製品を手軽にすぐに写真に撮れるってのは良いと思います。ちょっとの工夫で、写真の仕上がりもぐんとレベルアップしますからね。





# by t0maki | 2017-07-12 22:58 | モニターレビュー | Comments(0)
c0060143_15394192.jpg
さて、今回は電動消しゴムの製品レビューです。細かい部分もていねいに消すことができます。

消しゴムでできた芯の部分がくるくる回転して、触れた部分がするする消える感じ。替えの消しゴムが20本付いているのも良いですね。鉛筆削りも本体に組み込まれています。ただし、鉛筆削りの方は電動で回転はしないので、ご注意を。お手入れに便利な小型のブラシ付き。

もうひとつ。こちらの商品も。
もうひとつ。こちらの商品も。


電池式の消しゴム。
電池式の消しゴム。


消しゴムの替え芯が、20個ついてくる。
消しゴムの替え芯が、20個ついてくる。


実際に使ってみたところを動画で撮影してみました。消したり、鉛筆を削ったり。


結構音が大きいので、静かな教室とかで使うのは難しいかな。あと、たくさん消すと、消しカスが舞い散ります。そんなのも含めて、楽しい文具です。




# by t0maki | 2017-07-12 22:41 | モニターレビュー | Comments(0)

   
Back to Top