ブログトップ | ログイン
 というわけで、金曜日の夜はビアガーデンで会社主催のパーティー。僕の所属しているインタラクティブデザイン部はともかく、システム開発とかスタッフ派遣の部門からも社員が集まってたので、周りを見回しても半分以上は知らない人ばかり。顔は見たことあるけど、名前が分からなかったり。何人かと自己紹介らしき会話をしたのですが、ほとんど名前を覚えてません。
 
 焼き肉食べ放題だったので、ひたすらたらふく食べました。一日でラム肉をこんなに食べたのは初めてかも。
 やっぱり、屋外で食べる焼き肉は良いですね。
 靴下の上から足首を蚊に喰われて、やたらかゆくて仕方なかったけど。
 
 面白かったのは、基本的にウチの会社は社長を含めてノンスモーカーが多いので、少数派の喫煙家達(クリエイティブ部のディレクターを含む)はビアホールの端の方に「特設喫煙スペース」を設けて、そっちで肩を寄せ合って煙草を吸っていたこと。オープンスペースなのだから、別にそこまで気を遣わなくても良いのに……。
 
 ほろ酔いのまま家に帰り、DVDを見始めたのですが、途中でギブアップして就寝。なぜか奥さんは、深夜にインスタントのフォーを食べてました。案の定、翌朝「気持ち悪い」って後悔してましたが。 
 
 そんなわけで、昨日の夜はブログ更新も含めて、「日曜アーティスト」の活動ができませんでした。
 この記事も、翌日書いてます。
 
 仕事がらみの飲み会は、なんとなく気疲れします……、って、それほど気も遣ってないのですが……。

# by t0maki | 2005-05-21 19:29 | 乱文・雑文 | Comments(0)
 ふと見たら、ブログの記事投稿件数が100を超えてた。
 だいたい一日一件ペース。たまに書かない日があったりもするけど、結構続いてるなぁ。
 PC版のマイクロ小説メルマガが、本日第89号の配信。108プロジェクトの第三回制作テーマ作品でした。
 僕も早くブログエッセイをアップしないと。
 
 今日は仕事がやたらと忙しかった。また今回も、デザイン一日制作二日、三日経っても素材が来ない、と、いつものパターン。
 
 明日、会社主催のバーベキューパーティーがある。パーティー自体は嫌いじゃないのだけど、やたらテンション上げて盛り上げようとするヤツがいるところはちょっと苦手。会社で同僚のモノマネがうまい人がいて、それはそれで良いんだけど、いつも酔っぱらってやるモノマネがなんとなく同僚をバカにしているような感じがあって、それがどうも好きになれない。それを見て、笑っている人達も。そしてなによりも、笑ってる自分が。
 影で人をバカにしたり、悪口をいったり、噂をたてたり、そういうのってすごくイヤだなと思う。イヤだなと思うんだけど、ついついその場の雰囲気に流されて、聞きかじりのゴシップを振りまいたり、低俗なモノマネに愛想笑いをしてしまい、後で嫌な気分になる。
 
 うーん。今日は疲れているのか、書いてる内容が、知らず知らずのうちにささくれ立ってくるなぁ。平日も後半になってくると、仕事のストレスと寝不足がかさなり、気が立ってくるようだ。
 
 ま、明日は夫婦同伴だから、二人でゆっくり楽しもう。
 後一日で、週末だ。

# by t0maki | 2005-05-19 23:58 | 乱文・雑文 | Comments(0)
楽天トラベル5月の待受画像はダウンロードしていただけたでしょうか?
まだの方は今すぐサイトへ

現在、6月の作品を制作中。
今回は、今までと趣向を変えて、「しっとり魅せるデザイン」がテーマ。
紫陽花のピクセルパターンを背景に、雨滴をあしらったものを作っています。
滴の部分は、こんな感じ↓。


# by t0maki | 2005-05-18 15:44 | アート>待受画像 | Comments(0)
ハッキングのため価格.comがサイトを閉鎖した事がニュースになってるけど、僕が参加している待受画像投稿サイト「画楽」のコミュニティーサイト、「ガラオハウス」でも同様の改ざんがあったようだ。

現在、こちらもサイト閉鎖中だが、改ざんの内容はGoogleのキャッシュでも確認できた。

2chやブログその他の情報によると、この改ざんはサイト訪問者にウイルスを感染させることを目的としたもので、WindowsとIEのセキュリティーホールを付いたものらしい。iframeを利用し、閲覧環境によっては、ページにアクセスしただけで感染する。

改ざん内容は「価格.com」と「ガラオハウス」とも全く同じで、違うのは下記の数字部分のみ。

価格.com
/counter.ap?id=a05
ガラオハウス
/counter.ap?id=a02

現在、価格.comではウイルス関連情報などをサイトにて公開している。
http://www.kakaku.com/
ガラオハウスは、「事情により一時閉鎖」とあるだけで、まだ詳細は公開されていない。なお、「画楽」自体は通常通りのサイト運営が行われている。

他にも、同様の改ざん被害に遭ったサイトが存在するようだ。
いやー、怖いね。

# by t0maki | 2005-05-17 10:44 | 乱文・雑文 | Comments(0)
 こないだから何度かトライしているのだが、Fotologのサイトにアクセスでいない。
 なんでだ?写真のアップが滞っている。
c0060143_3531046.gif
 週末、昆虫の待画をたくさん作った。
 現時点で完成してるのは下記の12点。

天道虫(テントウムシ)、蟻(アリ)、蠅(ハエ)、蚊(カ)、蟷螂(カマキリ)、蝉(セミ)、蜻蛉(トンボ)、蚤(ノミ)、甲虫(カブトムシ)、蟋蟀(コオロギ)、水馬(アメンボ)、蛾(ガ)

 この待画を使って何をするか考えてみた。
 
1.自分のケータイの待画に使う。
2.モバイルサイトを制作する。
3.画楽に投稿する。
4.ケータイメルマガと連動させて、超短編小説を書く。
5.auの「待受フリマ」で販売する。
6.人の携帯待受画面を勝手に変えて、驚かす
7.会社のパソコンのアクティブデスクトップに設定して、同僚を怖がらせる

 とりあえず、1~3は実行済み。
 残りは、検討中。
 
 モバイルサイトは一応出来上がってますが、一般公開はまだ未定。
 メルマガと連動させるなら、配信後かな。もうちょっと画像数も増やしたいし。
 
 そろそろ楽天に提供する待画を作らなきゃなんだけど、ま、あと4日あるから良いか。
 
 あとは…、あ、陶芸の本焼きもそろそろやらないと。
 108プロジェクトも、次のお題が届いてるし。
 暖かくなってきたから、そろそろ写真も撮りたい。
 
 なかなか時間の確保が難しい。
 とりあえず、一つずつ。一つずつだ。

# by t0maki | 2005-05-16 17:39 | アート>待受画像 | Comments(0)
 こんな風に毎日満員電車に体を押し込みつつ、ごみごみした都会で暮らしていると、「一人で空間を占有する」ことがたいへんな贅沢のように感じます。レストランやお店を貸し切りにするのは、かなりお金がかかりますからね。
 
 以前僕は、他に観客が全くいない状態で、一人きりで映画を見たことがあります。結構遅い時間にぶらりと立ち寄った場末の映画館。上映する映画も最新のものではなく、メジャーな映画館で配給が終わったようなものばかり。チケットを買って入室したら誰もいないので、一瞬劇場を間違えたのかと思いました。けれど、時間通りに映画が始まり、映像が写るスクリーンをぼんやりとを眺めながら、「もし僕がここにいなかったら、この映画は誰にも見られることもなくただ上映されていたんだろうなぁ」と考えてたら、なんだかちょっと不思議な気持ちになりました。
 まぁさすがに誰も見に来ないような映画だったので、作品自体は激しく面白みに欠けるものでしたが……。
 
 そういえば、プールでも一人になったことがあります。
 地元の町民水泳プールで、閉館時間が近くなったらみんな上がってしまい、泳いでるのが僕一人になってしまいました。
 たった一人で泳いでいる僕を、二人のプール監視員が黙って見守っている様子は、なんとなく気恥ずかしいものでしたよ。
 
 それが好きか嫌いかは別として、なぜか今まで僕は一人でいることが多かったように思います。
 高校時代は陸上部で、孤独な自分との闘いを日々繰り返してましたし、大学時代はアート学生で、深夜や明け方まで制作室に閉じこもって創作活動をしていました。別に人といるのが嫌いなわけではないのですが、でもまぁ、時々なんとなく一人になりたいことも……。
 
 二十代の前半に、ネバダの沙漠を自転車で走ったことがあります。
 地平線に吸い込まれるように延々と続いているハイウェイの脇をひたすら走り続けていたら、不意に視界から人も家も自動車も全て消えてなくなっていていたことがありました。どこまでも続く道路の他は、むき出しの地面と、そこにこびりつくように生えているわずかな植物。そして、地平線と交わるように透き通った空がずっと広がっているだけ。
 孤独はまったく感じませんでした。
 見渡す限り全ての景色がただ僕のためだけにそこに存在しているように感じられ、なんだかわけも分からず歌いだしたいような叫びだしたいような気分になり、ひたすら上機嫌でペダルをこぎ続けました。
 むしろ、重苦しい孤独を感じたのは、僕がその旅から帰り、ルームメイトのいるアパートに戻ってきた時。明るい室内で友人達が思い思いの格好でテレビを見たり喋ったりしているのを見て、なんだか猛烈に寂しさを覚えたことを記憶しています。
 
 一人でいることによる孤独よりも、周囲と「ズレ」てしまったことによる孤独の方が、救いようがない分さらにツライですよね。

# by t0maki | 2005-05-12 09:35 | 乱文・雑文 | Comments(0)
 goo Researchが行った調査によると、インターネットユーザーでブログ作成経験がある人は全体の19.6%もいるらしい。インターネットを使っている人のほぼ5人に1人がブログを持っているということになる。

 しかも、ブログユーザーのうち、複数のIDを持ってブログを運営している人が38.5%もいる。いったい、ネット上にはどれほどの数のブログが存在しているのだろうか?

 僕も登録しているBlog Rankingというブログ専用のランキングサイトには、2005年5月1日時点で7万件のブログが登録されている。つまり、誰かがそのランキングサイトでランダムにサイトを選び、うちのサイトにたどり着く確率は7万分の1ということになる。
 「道を歩いてたらブラッド・ピットに会った」よりも、ある意味レアな出会いだよね、これって。
 
 インターネットが発達して、個人による情報発信が可能になった。
 ブログが普及して、ますます容易にネットでの居場所を確保することが可能になった。
 でもホントに、ネットに「居場所」なんてあるんだろうか?
 情報の洪水を前にして、なぜか沙漠に取り残されているような孤独感。
 真空の暗闇に向かって、大声で叫び続けているような。そんな虚しさを感じることは、ありませんか?

# by t0maki | 2005-05-11 13:19 | Comments(0)

   
Back to Top