ブログトップ | ログイン
 こんな風に毎日満員電車に体を押し込みつつ、ごみごみした都会で暮らしていると、「一人で空間を占有する」ことがたいへんな贅沢のように感じます。レストランやお店を貸し切りにするのは、かなりお金がかかりますからね。
 
 以前僕は、他に観客が全くいない状態で、一人きりで映画を見たことがあります。結構遅い時間にぶらりと立ち寄った場末の映画館。上映する映画も最新のものではなく、メジャーな映画館で配給が終わったようなものばかり。チケットを買って入室したら誰もいないので、一瞬劇場を間違えたのかと思いました。けれど、時間通りに映画が始まり、映像が写るスクリーンをぼんやりとを眺めながら、「もし僕がここにいなかったら、この映画は誰にも見られることもなくただ上映されていたんだろうなぁ」と考えてたら、なんだかちょっと不思議な気持ちになりました。
 まぁさすがに誰も見に来ないような映画だったので、作品自体は激しく面白みに欠けるものでしたが……。
 
 そういえば、プールでも一人になったことがあります。
 地元の町民水泳プールで、閉館時間が近くなったらみんな上がってしまい、泳いでるのが僕一人になってしまいました。
 たった一人で泳いでいる僕を、二人のプール監視員が黙って見守っている様子は、なんとなく気恥ずかしいものでしたよ。
 
 それが好きか嫌いかは別として、なぜか今まで僕は一人でいることが多かったように思います。
 高校時代は陸上部で、孤独な自分との闘いを日々繰り返してましたし、大学時代はアート学生で、深夜や明け方まで制作室に閉じこもって創作活動をしていました。別に人といるのが嫌いなわけではないのですが、でもまぁ、時々なんとなく一人になりたいことも……。
 
 二十代の前半に、ネバダの沙漠を自転車で走ったことがあります。
 地平線に吸い込まれるように延々と続いているハイウェイの脇をひたすら走り続けていたら、不意に視界から人も家も自動車も全て消えてなくなっていていたことがありました。どこまでも続く道路の他は、むき出しの地面と、そこにこびりつくように生えているわずかな植物。そして、地平線と交わるように透き通った空がずっと広がっているだけ。
 孤独はまったく感じませんでした。
 見渡す限り全ての景色がただ僕のためだけにそこに存在しているように感じられ、なんだかわけも分からず歌いだしたいような叫びだしたいような気分になり、ひたすら上機嫌でペダルをこぎ続けました。
 むしろ、重苦しい孤独を感じたのは、僕がその旅から帰り、ルームメイトのいるアパートに戻ってきた時。明るい室内で友人達が思い思いの格好でテレビを見たり喋ったりしているのを見て、なんだか猛烈に寂しさを覚えたことを記憶しています。
 
 一人でいることによる孤独よりも、周囲と「ズレ」てしまったことによる孤独の方が、救いようがない分さらにツライですよね。

# by t0maki | 2005-05-12 09:35 | 乱文・雑文 | Comments(0)
 goo Researchが行った調査によると、インターネットユーザーでブログ作成経験がある人は全体の19.6%もいるらしい。インターネットを使っている人のほぼ5人に1人がブログを持っているということになる。

 しかも、ブログユーザーのうち、複数のIDを持ってブログを運営している人が38.5%もいる。いったい、ネット上にはどれほどの数のブログが存在しているのだろうか?

 僕も登録しているBlog Rankingというブログ専用のランキングサイトには、2005年5月1日時点で7万件のブログが登録されている。つまり、誰かがそのランキングサイトでランダムにサイトを選び、うちのサイトにたどり着く確率は7万分の1ということになる。
 「道を歩いてたらブラッド・ピットに会った」よりも、ある意味レアな出会いだよね、これって。
 
 インターネットが発達して、個人による情報発信が可能になった。
 ブログが普及して、ますます容易にネットでの居場所を確保することが可能になった。
 でもホントに、ネットに「居場所」なんてあるんだろうか?
 情報の洪水を前にして、なぜか沙漠に取り残されているような孤独感。
 真空の暗闇に向かって、大声で叫び続けているような。そんな虚しさを感じることは、ありませんか?

# by t0maki | 2005-05-11 13:19 | Comments(0)
 相変わらず、暇を見つけては雑多な待受画像を作り散らしている、日曜アーティストのTOMAKIです。
 
 「画楽」という待画投稿サイトに参加して、もうすぐ半年。おかげさまで現在までで二万三千回以上のダウンロードのご利用をいただき、ダウンロード数総合3位(執筆時946人中)、最高位である「匠」のランクをいただきました。
 
 ところで最近、ちょうどゴールデンウィークに入った頃から、画楽に「キリン」というクリエイターの作品が掲載されるようになりました。
 作風は僕と違って、ピクセルパターンなどを用い、デザイン的要素を取り入れた比較的ポップな作品が中心です。
 キリンというユーザー名にちなんで、作品にキリンのモチーフが使われていたり、画面の隅にキリンの首が表記されていたりします。
 
 実はここだけの話、「キリン」というのは僕のもう一つのエリアス。つまり、「TOMAKI」と「キリン」は同一作者なのです。
 今まで、TOMAKIとして統一感がなく支離滅裂な作品を続々と発表してきたので、ここらでちょっと、「オレだって自分のスタイルを持って作品制作できるもんね」というところをアピールしようかな、と。
 最初は「かわいらしく」「キュート」でどちらかというと女性受けするような作品を作っていましたが、最近はなぜか「激しくビートを刻むイコライザー」とか、「集団でヘッドバンギングをするキリン」みたいな、あまりカワイクナイものばっかり作ってます……。

「キリンよ、お前もか……」

# by t0maki | 2005-05-10 23:59 | アート>待受画像 | Comments(0)

 左右対称の美。
 最近、写真画像のリサイクルとシンメトリー加工にハマっています。
 
 今日は浅草、上野、池袋、東京タワーなどで撮影した写真を缶バッジ用に加工したものをQVGAサイズの待画にしたものをシンメトリーにしたものをさらにまた半分に切ったものにチョコチョコとロゴっぽいものや装飾などを加えて待受画像に加工して、ビタミンケータイ待受倶楽部に投稿しました。

# by t0maki | 2005-05-09 23:37 | アート>待受画像 | Comments(0)
ケータイ対応メールマガジンマイクロ小説にて、メッセージ画面のパロディー待受画像と連動したシリーズ作品を配信しています。

こんなのが届きます。


『全件削除』
なんか面白いメッセージが出ていないかな、と期待しながらケータイ画面を見たら、こんな警告メッセージが出ていた。
「くだらないメールばかりなので、全件削除します」
「ふーん、そんなものか」と思いつつ、「キャンセル」を選択した。
あとからなんとなく、暗い気分になった。
▼この待画をゲット!
http://machigaclub.com/m-m/delete
マイクロ小説(登録/解除)
http://tmk.jp/micro


短いストーリーと、待受画像ダウンロードのURLが届きます。
良かったら、無料配信登録をお願いします。

# by t0maki | 2005-05-07 23:59 | アート>もの書き | Comments(0)
 西葛西と言えば、インド人。
 そして、インド人と言えばカレー。
 それなのに、インド人の多い西葛西には、意外とカレー屋さんが少なかったりします。
 
 西葛西でインドの雰囲気を味わいたいなら、駅から徒歩5分程度の所にある、インド料理屋「カルカッタ」がオススメ。
 店に入ると、いきなりインド音楽とカレーの匂いに包まれ、「おぉぅっ」と圧倒されていると、インド人の店員さんがすかさず席に案内してくれます。ベシッベシッベシッと、大きな平手打ちのような音が聞こえるので、「ナンダナンダ?」と音のする方を見たら、インド人シェフがナンの生地を伸ばしていました。
 
 妻はチキンカレー。僕は、それが全く何か分からないまま「アル パラク」というカレーと、タンドリーチキンのセットを頼みました。
 もしゃもしゃとごまドレッシングのサラダを食べていたら、さっそくナンとカレーが運ばれてきました。
 果たして一体「アル パラク」なるものが何なのか、見ためと味とで推理してやる!……と意気込んでいたら、インド人の店員さんがテーブルに皿を置く時にはっきりと聞き取りやすい日本語で「ほうれん草で〜す」とバラしてしまったので、謎解きの楽しみがなくなってしまいました。だったら最初から「ほうれん草カレー」ってメニュー書いておいたら良いのに……。
 
 辛さが選べるカレーも美味しかったのですが、ナンが絶品。モチモチした食感と、ほんのりとした甘さが、カレーと相性バッチリ。食後にチャイもいただいて、舌もお腹も大満足のランチでした。

# by t0maki | 2005-05-06 23:59 | 乱文・雑文 | Comments(0)

 ベランダのラディッシュの鉢植えに、変な生き物が出現!
 老人の顔のようにも見えます……。
 
 あ、いや。今日、妻と一緒に手作りろうそくを作ったので、ちょっと写真に撮ってみただけです。蜜ロウを溶かして、芯にからめていくのはなかなか根気が要る作業でしたが、面白いものができました。僕のは、なんとなくデコボコが顔に見えたので、そのまま髭やら目鼻を彫って、肩口に小さなアヒルをあしらってみました。森の妖精、コロボックルです。ただのおっさんの顔にしか見えませんが……。
 妻はやけに細長い、サイケデリックなペンギンを作っていました。でも、後で聞いたら「スノーウーマンよ」と言ってました。
 
 おっさんとペンギン スノーウーマンと森の妖精のかわいらしい手作りろうそくの完成です。


# by t0maki | 2005-05-05 00:29 | Comments(1)
僕が執筆・発行しているもうケータイ対応メールマガジン、「マイクロ小説」より、ケータイ待受画像と超短編小説を連携させた新シリーズを配信します。
メルマガ本文のURLから、ストーリーに沿ったオリジナル待受画像がダウンロードできます。
無料配信登録は、下記URLから。


http://tmk.jp/micro

お楽しみに。

# by t0maki | 2005-05-04 09:36 | アート>もの書き | Comments(0)
 5月2日は、戌の日。というわけで、昨日、日本橋の水天宮にお参りに行ってきました。
 
 妊娠五ヶ月目の「戌の日」にお参りをして腹帯をつけることを「帯祝い」と言って、日本に古くから伝わる民間伝承の儀礼らしいのですが、僕は妻が妊娠するまで知りませんでした。なので、水天宮に行ってびっくり。あたり一面どこを見ても妊婦、妊婦、妊婦。都会のビルに囲まれた割とこぢんまりとした敷地の境内は、夫や両親に付き添われた妊婦さん達であふれかえっていました。
 僕は生まれてから今までで、こんなにたくさんの妊婦を一度に見たのは初めてです。もし、何も知らない外国人とかが見たら、かなり異様な光景だったことでしょう。どこまでも続く妊婦の行列。お祓いが済んで神殿からはき出される妊婦さん達が、足のしびれとお腹の大きさとで、ペンギンのようにヨタヨタヨチヨチ階段を降りてくる。イヤ、それと分かっている日本人の僕にとっても、かなり不思議にシュールな光景でしたよ。
 
 あと一つ驚いたのは、妊婦目当てのマタニティーグッズ売りの商魂たくましさ。そりゃ、妊娠・出産に関する物品の販売をするのに、これほど適した場所はないのでしょうが、神社の敷地内にマタニティー関連の看板が貼られていたり、屋台で妊婦用のガーターベルト式腹帯なんかが売られているのを見た時は、さすがにちょっと引きました。
 
 もちろん僕らも、しっかりと長い列に並んでさらしの腹帯を購入。
 家に帰ってから、あーでもないこーでもないと試行錯誤しながら妻のお腹に巻きました。
 腹帯の風習は日本にしかなく、その医学的根拠も薄いのですが、妻曰く「あ、コレあったかくて良いかも」と宣っておりました。

# by t0maki | 2005-05-03 11:29 | 乱文・雑文 | Comments(0)



先月から、楽天トラベルに待画作品を月替わりで提供しています。
今月は、Alertメッセージのパロディ画面を10点公開中です。

10名の待ち受けクリエイターが参加する競作企画で、上位5名までに「楽天ポイント」が付与されます。
ちなみに、僕は先月6位でした。これまた、微妙な……。

# by t0maki | 2005-05-02 00:33 | アート>待受画像 | Comments(0)

   
Back to Top