ブログトップ | ログイン
image

 すでに何度かこのブログの画像としても登場しているが、最近シンメトリー(左右対称)の写真加工に凝っている。QVGAの待受画像用に作成した写真のオリジナルを加工し、そのまま水平に並べると、横幅480ピクセルの画像になる。Fotologの画像表示サイズが500ピクセル四方だから、左右にそれぞれ10ピクセルの余白を追加するとちょうど投稿用にぴったりの画像になるのだ。
 それをこのところ毎日、せっせとフォトログに掲載している。
 
 以下、フォトログ用の英文コメント。
 
Originally, these photos are created in QVGA (Quarter Video Graphics Array) format, 240 by 320 pixels, which is the standard browser size for most of the latest mobile phone in Japan.
I made these photos specifically to use for the mobile phone desktop wall paper, but I found when I was playing with these images, it gives nice and interesting effect by lining up symmetrically.
So here it is. Another world of Lomorealism+.

 そんな感じ。

# by t0maki | 2005-02-27 01:17 | アート>写真 | Comments(0)
 自分が待画職人として参加している「画楽」に新しく掲示板ができたので、さっそくメンバー登録してみた。
 プロフィールに画像を表示できるようなので、得意のドット絵GIFアニメーションで自画像作成。何パターンか作ってみたのだが、120x120ピクセルで6KB以下という制限があったので、ファイルサイズを減らすのが大変だった。
 で、完成した画像はこちら。

 小さいあひるは、「リトル・ダッキー」という僕が執筆している超短編小説シリーズの主人公なのです。
 現在メルマガ好評配信中、と、ここでちょっと宣伝。

マイクロ小説
http://tmk.jp/micro/ (ケータイ版)
http://tomaki.info/micro/(PC版)

# by t0maki | 2005-02-26 22:24 | アート>待受画像 | Comments(0)
image

 カメラを片手に、冷たい雨の降る中を深夜、一人で散歩してみた。
 カメラを濡らさないように、全身濡れながら、写真を撮る。
 こんな雨の夜は、ライトアップされた街が濡れた地表に反射し、幻想的な写真が撮れるのだ。
 
 途中、郵便局に寄って自動販売機で80円切手を一枚買った。文芸誌のショートショート・コンテストに作品を応募するため。そのコンテストは僕の好きな作家さんが審査員を務めていて、入賞作品も比較的アイデア勝負で良い「オチ」が用意されているものが多い。しかし、今回僕が書いた作品はまったくその傾向に反している。まぁ、傾向と対策をしっかり練ったところで自分程度の腕前の日曜アーティストが初応募で入賞うんぬんを語るなんておこがましいが、応募するということと、それに付帯する一連の作業——慣れない文書作成ソフトを使って原稿用紙のテンプレートを検索したり、1行20文字の縦書きで印刷したり、あて先や応募要項を調べ、封筒や切手を購入するなどといった一連の流れ——にこそ本当の目的と意義があるのだ!と控えめに主張しつつ、今回生まれて初めて「出版社」に原稿を送ってみることにした。
 
 濡れないように、切手を財布の奥にしっかりとしまい、また被写体を求め夜の街をさすらう。
 

# by t0maki | 2005-02-25 16:58 | アート>もの書き | Comments(0)
image
 プロ、アマ問わず、100万人の写真家による3,400万点を越える写真を自由に閲覧できるサイト。それが、Fotolog.netです。
 恥ずかしながら、著者も拙作1,200余点を公開しています。
http://www.fotolog.net/tomaki/

 ブログが言葉による日常の記録だとしたら、このフォトログは写真による日々の記録と言えるでしょう。世界中のさまざまな国の人たちが、日常で目にしたもの、身の回りの風景、友人とのスナップショットから芸術的な写真作品まで、ありとあらゆる写真を日々公開していて、眺めているだけでわくわくしてきます。それにしても、こうした雑然として意図のない写真を大量に眺めていると、世界には自分の見たことも想像したことすらないようなものが、いかにたくさんあるかという事に改めて気づかされます。かと思えば、カメラを向けられてはにかむスナップ写真などは、やっぱりどこでも同じだなぁ、とも。
 
 2003年6月に登録して以来、LOMO LC-Aで撮影した写真をメインに、連写カメラやピンホールカメラなど、チープ感たっぷりで味のある「トイカメラ」で撮影した写真をたくさん投稿しています。
 最近は、以前待画用に作成したQVGAサイズの写真画像を加工して、シンメトリックで不思議な作品を公開中です。
 写真を撮るのも楽しいですが、うまく撮れた写真って、やっぱり誰かに見せたいですよね。
 Fotologは、写真の楽しさを再確認できる、オススメのサイトなのです。
 
Fotolog.net
2005年2月24日原稿執筆時:
1,054,595 Fotologgers
34,381,917 Photos

参加者上位30カ国
1. Brazil: 359,177
2. Chile: 98,607
3. USA: 83,998
4. Argentina: 56,443
5. Mexico: 25,022
6. Portugal: 21,763
7. Spain: 17,586
8. Japan: 9,726
9. Neutral Zone: 8,871
10. Canada: 7,696
11. United Kingdom: 5,843
12. Bermuda: 4,534
13. Italy: 4,478
14. Germany: 4,266
15. Antarctica: 4,168
16. France: 3,933
17. Peru: 2,768
18. Netherlands: 2,699
19. Myanmar: 2,446
20. Australia: 2,425
21. Jamaica: 2,323
22. China: 1,823
23. Cuba: 1,815
24. Qatar: 1,788
25. Afghanistan: 1,597
26. Colombia: 1,391
27. Switzerland: 1,286
28. India: 1,138
29. Uruguay: 1,127
30. Barbados: 1,107

# by t0maki | 2005-02-24 11:13 | アート>写真 | Comments(0)
c0060143_10371538.gif
 前回の予告通り、今日は日曜アーティスト「TOMAKI」による、ウェブサイト運営の台所事情をお伝えします。というわけで、ウェブサイト運営に興味ない人にはまったくつまらない内容だと思うので、読み飛ばしてしまってください。
 
 さて、前回にも書いたが、現在小生は11個の独自ドメインを取得し、数十ヶ所からなるサイト運営をしている。
 これらのサーバーレンタル料・ドメイン更新料の総額は、年間約37,000円になる。
 
 37,000円!
 
 独自ドメインを取得し、レンタルサーバーでサイトを運営している方ならお分かりになるだろうが、これは10個の独自ドメイン運用の年間費用としてはかなりの低予算である。今月、トラフィック超過でサーバーをアップグレードする前は、もっと安かったのだが……。
 
 なぜこんなに安くてすむのか?
 それは、ドメイン取得のオマケでついてくるような海外の無料ホスティングサーバーをアップグレードせず、オプションも付けずに、遅いFTPと低い転送量をなんとかだましだまし使い続けているから。
 ただし、こんなサーバーだけでは思うようにサイトが作れないので、CGIを使うために国内の格安サーバーを探し出してきたり、モバイル用に短いJPドメインも取ったり、日本語ドメインも試しに……、と、だんだんドメインの数が増えてきてしまいました。
 
 しかしさすがに10個以上もドメインがあると、サイトのメンテナンスもかなり大変になってくる。特に、週末だけでは圧倒的に時間が足りない。
 管理にも手が足りず、更新も細かいところには目が行き届かなくなると、必然的に更新がされないまま放置されているサイトが増えてくる。
「あれ、俺こんなとこにサイト作ってたんだっけ?」なんて、作った記憶もあいまいな自サイトを偶然検索サイトで見つけたり……。
 
 モバイル広告収入は、今年に入って2ヶ月間で約13,000円ほど。この調子なら、今年も多分年間運営費はまかなえると思う。最近、パケット代定額が普及してきたことで広告の単価が下がってきたのが気になるが、まぁ、なんとかなるだろう。
 
 今日も、日曜アーティスト「TOMAKI」は、作りっぱなしのへっぽこコンテンツながら、個人的に思い入れと愛着のあるサイト達をコツコツと作成・運営しているのです。

# by t0maki | 2005-02-24 09:55 | Comments(0)
c0060143_3263398.gif
 ケータイの待受画像なんて、大きくても30KB未満。たいてい20KBとか、10KBくらいの小さな画像だ。
 だから、待画サイトを運営するのに必要なウェブサーバーには、ほんのちょっとのディスクスペースと最低限の転送量さえ確保できていれば十分だと思っていた。
 ところが、である。
 今月、拙作のケータイ待画サイト「待画倶楽部」を運営しているサーバー(MachigaClub.com)が、月間ファイル転送量の上限である1GBを大幅に超えてしまう事が判明した。
 急遽ウェブサーバーのアップグレードをウェブホスティング会社に依頼し、設定変更料も含め6,300円の出費。
 格安サーバーや無料サービスばかりを利用しているケチケチサイト管理者には、この出費はかなりイタイ。
 
 11個のドメインを取得し、50あまりのモバイルサイトを運営している小生であるが、サイト運営には一つのルールを設けている。それは、サーバーレンタル料とドメイン更新料は、原則としてオンライン収入のみでまかなうということ。
 
 これは、自分なりのちょっとした「ゲーム」でもある。
 
 ポイントサイトやモバイル広告等で得た利益は、オンラインバンクに振り込まれ、そこからサイト運営に必要な費用を直接振り込む。この一連の流れの中で著者が実際に現金を手にしたり目にすることはなく、全てネット上の数字の動きで完結している。この現実感のない金の動きは、まさにオンラインゲームのようだ。
 今のところ、おかげさまでサイト運営は赤字に陥ることなく、順調に(自腹を切ることなく)趣味の待画サイト作りを継続して楽しむことができている。
 
 ただ、必要以上の収入をオンライン広告で手に入れる気はない。広告を掲載するためにウェブサイトを制作するとしたら、それはまったく本末転倒だ。最低限、サーバー運営費がカバーできれば、それで良い。
 
 次回は、小生のウェブ運営の台所事情を公開しよう。

# by t0maki | 2005-02-23 00:38 | Comments(0)
 いよいよ「ミソジ」と呼ばれる年齢に突入し、結婚もし生活も落ち着いてくると、いらぬ所に肉がついてくる。肉というか、脂肪だな。
 特に腹の周りの余分なお肉を英語で「ラブハンドル」という。
 恋人が掴むハンドルといった意味で、なかなかしゃれてはいるが、いらない「取っ手」にまとわりつかれる当人にとっては、やっぱりおさらばしたいアブラ肉である。
 
 なぜ突然こんな事を書き始めたかというと、それは先日衣料品店でジーンズを買った時のショッキングな出来事に起因する。そう、ご推察の通り、腹についた脂肪のせいで、今までのサイズではジーンズがはけなくなってしまっていたのだ。
 小生、今でこそこうしてひねもすべったりパソコンの前に座り続けの生活をしているが、高校時代は陸上部の副部長として毎日風をきり汗を流し、留学中もバスケや水泳、ストリートホッケーと体力増強に励み、社会人になってからも在日米軍のレクリエーション施設でソフトボールなどをしていた。高校時代から、ジーンズのウエストサイズは31インチしかはいたことがないのが自慢だった。
 それなのに、あぁ、それなのに。
 
 ソフトボールの試合中、古傷の右足首靭帯を再び損傷したのが二年程前。そのまま入院手術で靭帯を修復したのだが、その後すっかりスポーツと無縁の生活になってしまった。リハビリと称してひっそりと水泳をこなしていた時期もあったのだが、木枯らしが吹く季節に乾燥肌がひどくなり、それ以来なんとなく行きそびれている。
 
 去年、ウエストが32インチに増えた。そして、今年、33インチ……。
 今朝、駅から会社までの数十メートルを走ったら、息が切れ、酸欠で視界がクラクラした。
 
 「中年太り」と呼ばれないためにも、ブログに「スポーツ」の項目を追加しよう。

# by t0maki | 2005-02-21 17:58 | 乱文・雑文 | Comments(0)

 しばらく前に作って、乾いた後もしばらくそのままにしてあった小さな陶芸作品を「よっしゃ」、と重い腰を上げて片っ端から全部素焼きした。
 設定温度800℃で、出力60%、ねらし時間60分の標準設定。問題なく全部焼けたのだが、窯出しした後に、一点落として壊してしまった。
 粘土をちぎって、その自然な形のまま、顔を作り込む。遠くから見たらただの粘土のちぎりかすなのだが、よく見ると顔がある。そんな作品。
 似たような顔の作品は、「Hidden Art Below the Surface」でも作っているが、今回は粘土を丸めずに、ちぎった形のまま使った。
 何に使うか、とか、何のために作ったのか、とか聞いてはいけない。
 作り続ける行為にこそ、意味があるのだ、とは、作者の戯れ言、独り言。
 
 病院の待合室で、手帳を広げて陶芸作品のアイデアを練っていた。自分の得意料理に、それぞれ合った器を作り、盛りつけとレシピをモバイルサイトにまとめる、というのがテーマ。カレー皿だったら、ごはんとカレーと福神漬けとが自然に盛りつけられるもの。しめ鯖ちらし寿司だったら、薄い角皿で、黒の釉薬。麻婆豆腐だったら、そうだな…、茶系の釉薬で、深鉢にちょっとした彫刻をあしらったもの、とか。
 
c0060143_22353355.gif 待画も少しだけ。作品のストックに手を入れて、3点ほど画楽に投稿した。
 組み体操待画から、「スプーン」と、「フォーク」。あと、miniArtのモナリザ。
 
 SH901iC用のスキンも作りたいな。
 油絵も、もう少ししたら描いてみよう。
 写真もしばらく撮ってないし、ピンホールカメラも印画紙入れてそのままだった。制作途中のモバイルサイトを公開しなければだし、できれば既存のサイトにも手を入れたい。サーバーのアップグレードでサイトの維持費が増加してしまったので、モバイルサイトの広告も見直さなければならない。
 そうだ、マイクロ小説も。
 やりたいことは山ほどある。
 週末は、心ゆくまで創作活動をしようとするには、あまりに短すぎる。
 一つずつ。とりあえず、一つずつだ。

# by t0maki | 2005-02-20 22:41 | Comments(0)
c0060143_11523893.gif
 来週の月曜日から超短編小説「マイクロ小説」の新エピソードをケータイメルマガで配信するので、モバイルサイトのプロモーション活動をこつこつと実行中。
 サイトリニューアルして、モバイル検索エンジンに片っ端から登録申請。
 待画倶楽部など、自分のモバイルサイトの広告枠を差し替えて、アクセスアップを計ってますが、効果のほどは……、まぁぼちぼち。
 
 ここ2,3日ほどは、時間がある時はほとんどそればっかりやってました。その努力のかいあってか、メルマガ読者数が41人から43人へ!
 
 2人だけか……。

# by t0maki | 2005-02-19 11:51 | Comments(0)
c0060143_1564745.jpg 投稿してしまってからアレなのだけど、やっぱりブログの初投稿としては、前回の文章はあまりいただけなかったな。
 というわけで、仕切りなおし。
 
 
 やぁ、みんな。TOMAKIだよ。
 ネット歴6年。職業は雇われウェブデザイナーです。
 でも、週末は気ままな創作活動。自称、「日曜アーティスト」なのさ。
 それでは、これからもよろしくね。
 
 
 うーん…。なんだかなぁ……。

# by t0maki | 2005-02-18 15:08 | 乱文・雑文 | Comments(0)

   
Back to Top