ブログトップ | ログイン
 2003年は「Under the Ground」という、渋谷の地下道で行ったストリート写真展。
 2004年は「Hidden Art Below the Surface」と題した、街中で小さな陶芸作品を隠すプロジェクト。
 
 「夏休みの課題」みたく、ここ数年毎年この季節になると、発作的に小さなアートプロジェクトを実行するのが自分の中で恒例になっています。
 で、今年は「108projects+」。
 前回(そして現在も継続中)の108プロジェクトとはまた内容が異なるのだが、それも含めて合計108個のアートプロジェクトを実行しようというのが今回の趣旨。
 
 まず一つ目のプロジェクトとして、「108projects+」専用のウェブサイトをデザインしました。
 近日公開予定です。

# by t0maki | 2005-07-03 23:59 | Comments(1)
 「宇宙戦争」、見に行きました。
 僕は、好きでしたよ。
 
 なぜ「僕は」かというと、多分見る人によって評価に差が出ると思うから。個人的に災害パニックものが大好きで、Twisterとか、Volcanoが大好きな自分にとっては、迫力あるCG映像と映画館の音響で体がしびれるような感じでしたが、一緒に見た僕の奥さんは、「1,000円が限界だな、ケッ」と宣っていました(1日の割引の日に見に行ったので)。
 
 確かに、映像や音はすばらしいの一言に尽きるのですが、ストーリーにやや整合性がなく、場当たり的で「おいおい、それで良いかよ」とツッコミたくなることも度々。でも、もしこの映画をこれから見に行く人がいたら、この際ストーリーは無視して、リアルで迫力がある制作費138億円というスピルバーグ監督作品史上もっともお金をかけた映像スペクタクルを、オープンな気持ちで堪能して欲しいなと思うのです。
 
 最後に、気になった字幕の誤訳を一つ。
 
 トムクルーズが雷のシーンで「Where's the thunder?」とつぶやいた箇所の字幕が。「雷はどこだ?」とか、「雷がない」とかいった字幕だったのですが(正確なのは忘れた)、実際には「雷鳴はどこだ?」とか、「雷の音がしない」というのが本来の意味。
 日本語では雷鳴も稲妻も「雷」ですが、英語はThunderとLightningと、それぞれ言葉が違うのです。
 つまり、稲妻がとめどなく落ちてくるのにもかかわらず、雷鳴があまり聞こえてこないことを不思議に思った主人公が、「Where's the thunder?(雷鳴はどこだ?)」とつぶやいたのです。
 マトリックスに引き続き、「それは変だよ戸田奈津子」のコーナーでした。

# by t0maki | 2005-07-02 23:59 | Comments(0)
 楽天トラベルの「契約アーティスト」というと聞こえは良いけど、まぁつまりランキングの賞金以外は無償のボランティア作家が実情なわけで、「割に合わない仕事をしてるなぁ」とは分かっているけど、趣味で楽しみながらやってるので、「ま、いっかな」と。
 で、先日参加した「楽天イーグルス待受コンテスト」は現在ランキングの結果待ちなのですが、一足早く球場で配布したという「ポストカード」が届きました。想像では、端っこの方にチョロっと載ってるだけだろうと思ってたのですが、意外と大きく作品が載ってたりして、ちょっとうれしい驚き。大きすぎて、画質が粗くなってたのはちょっとしたツッコミどころでしたが、QVGAサイズ12kb以下ではまぁこれが限界です。
 楽天イーグルスの本拠地「フルキャストスタジアム宮城」で、野球試合観戦者に無料で三万枚配られたそうなのですが、誰か受け取った方いますかねぇ。
 
 さらに時を同じくして、EZweb公式サイトの待受フリマからも販促用ポストカードが届きました。こっちは、紙面に詰め込めるだけ待画デザインを詰め込んだといった感じで、四種類のポストカードに、合計500を超える待画がレイアウトされています。よーく目を凝らして細かく探すと、「あ、いたいた。この青のデザインの一番下の、このちっちゃい電柱の画像」と、僕の作品も載ってました。ウォーリーくらいに見つけるの難しいよ、コレ。でもまさか、自分の作品が載っているとは思ってなかったので、こちらもうれしい誤算でした。
 
 やっぱり、こんな風に作品が認められるのはうれしいものです。
 これからも、趣味の「待画職人」として、ケータイ画面を通じてできるだけたくさんの人たちに作品を提供していきたいです。

# by t0maki | 2005-07-01 10:10 | アート>待受画像 | Comments(0)
 楽天トラベルで毎月開催されている待受けコンテストの6月分集計結果が届いた。
 今回は、10,364ダウンロードで第4位。4月から6位→5位→4位と、毎月一つずつ順位を上げてる。次は3位?……と期待が膨らむが、今回はどうかなぁ?
 今月は初夏らしく、ホタルをデザインした待画にしました。合計10点制作して、最後の1点はちょっとしたオマケの画像。「ホタルじゃないじゃん、コレ」とツッコんでください。
 でも虫って、僕は個人的に好きなんだけど、一般的にはあんまり人気のないジャンルだから、ちょっと微妙かなぁ……。
 
 来月から、拙作の待画サイト「待画倶楽部」に期間保証のモバイル広告を提供していただくことになりました。最近、サイト運営費の捻出に困っていたので、ありがたい話です。これでしばらくは、ドメインを手放すことなく、サイト運営が続けられそうです。
 

# by t0maki | 2005-06-28 18:13 | アート>待受画像 | Comments(0)
 作成中の待画サイトD-generation用に作品を15点程作成。
 今回は、かなり以前に撮影した写真素材を中心に、陶芸作品やピンホール写真、初期のデジタルグラフィック写真や転写プリントなどを使用して、個人的な意味を持たせながらも感覚に訴えかけるような作品にした。タイトルの語源となっているdegenerationは、変性、退廃といった意味。

# by t0maki | 2005-06-27 00:49 | アート>待受画像 | Comments(0)
 パスタメーカーで生パスタを作った。
 調子に乗って作ってたら、作りすぎた。
 あまりに食べ過ぎて、おなか壊したよ。
 
 マイクロ小説、「マイキーの新・外来語講座」配信中。
 今日もまた、くだらない「ネタ」ですけど。
 
やぁみんな。マイキーだよ。
まったく使えない、新・外来語講座の時間だよ。
今日の単語は、「トレンド(trend)」
これは、食べこぼしが服について、なかなか取れない時に……。
スマン、また明日。
マイクロ小説(登録/解除)
http://tmk.jp/micro
※流行・傾向とも


# by t0maki | 2005-06-25 23:59 | Comments(0)
 バスケやテニス、ホッケー、水泳と、スポーツ関連の待画リクエストに応えて画像を作成しているのだが、本人は最近かなり重度の運動不足だ。 今でこそパソコンにへばりついた生活をしているが、大学時代は、友人とチームを作って週末バスケをしたり、ストリートホッケーなどをしてたし、高校時代も陸上部、その前は剣道の道場行ったり、スイミングスクールに通ってたりと、かなり「体育会系」の生活だったのに……。
 こんな生活してるから、寝てるだけで突然背中が痛くなったりするのだろうなぁ。

# by t0maki | 2005-06-24 00:47 | アート>待受画像 | Comments(0)
 背中の痛みで明け方近くに目が覚めた。
 まったく見に覚えのない体の痛みは、なんだかちょっと不安になる。
 
 痛みの質は、首を寝違えた時のアレに似ている。どこがどう具体的に痛いというワケではないのだが、体を動かしたり、ふとした時にピリッと痛みが走る。まさしく、寝違えたとか、ムチ打ちとか、それ系の痛みだ。
 でも、なぜ背中?腰でもなく、首でもなく、肩の裏というか、肩甲骨の奥というか、そこらへんがまんべんなくシクシクと痛むのだ。
 
 寝ている間に超巨大な縦揺れ地震が来て、背中をぶつけてムチ打ちになったのか?あるいは、夢を見ながら暴れて、奥さんに殴られたのか?まさか、いびきがすごすぎて骨にヒビが入ったのでは……。
 
 色々考えてみたけれど、やっぱりこれといった原因も思いつかず、明け方4時過ぎに脱衣所でストレッチをしながら、「やっぱり運動不足とパソコンのやり過ぎかなぁ」と、独りで落ち込みつつ考えたのでした。

# by t0maki | 2005-06-23 13:08 | 乱文・雑文 | Comments(0)

   
Back to Top