ブログトップ | ログイン
 今日は手打ちうどんと、ダッキーのイラストを作った。
 「Ducky's Recipe」というレシピのサイトを作成中なので。
 今日のうどんは、パスタメーカーを使ったので、のばすのも切るのも楽にできました。

# by t0maki | 2005-07-10 23:23 | Comments(0)
 まず、認めてしまおう。
 今回のこのプロジェクトは、はっきり言って不完全燃焼に終わってしまった。制作ノートにはいろいろと構想もあったたのだが、結局企画を実現する段階になって十分な制作時間が確保できず、場当たり的さみだれ式に小さな作品を制作するだけが精一杯で、なし崩し的「ながら」作業のせいもあってブツ切りコマ切れの作品を散発的に発表するだけで終わってしまった。
 
 ネット上でいつも使っている「TOMAKI」というハンドルでエッセイを書き、「久慈 誠」というペンネームでマイクロ小説、「キリン」という新しく作ったエリアスでサイトデザインや待画を制作し、さらに自分の過去の作品から「失踪アーティスト」と、その後を追う「ケイ」という人物を作り出してみた。そして、それら全ての登場人物を内包し、コントロールしているのが、「自分」という存在。計6名のクリエイター。6つの制作テーマ。自作自演の「108プロジェクト」。そして、これが「あなたは誰?」という問いに対する答えでもある。
 
 ◇
 
 ブログやウェブサイト、メルマガなどを使い、同時進行で作品を発表してきましたが、今回でひとまず「108プロジェクト」としての作品発表は終了します。
 今後は再び日曜アーティストの「TOMAKI」に戻り、いつもどおりの気まぐれな創作活動を継続する予定ですが、「久慈 誠」や「キリン」としても、もう少し作品を発表していこうかなとも。ま、とりあえず、これからも気の向くままに自由な「モノ作り」を楽しみたいと思っています。
 
 TOMAKI・久慈 誠・キリン

# by t0maki | 2005-07-10 10:20 | Comments(0)
 いくらケータイの画面が大きくなったからといって、パソコンと比べたら全然小さい。そんな小さな画面で、パケット代を気にしながらサイトを探すのも一苦労です。
 というわけで、パソコンからサイトの紹介やトップページのスクリーンショット、公開している待受画像のサンプルなどが閲覧できるサイト「TOMAKI's MOBILE SITE STATION」を作成。
 
 機能一覧はこちら。
 1.トップページのスクリーンショット
 2.サイト紹介文
 3.サンプル画像3点
 4.サイトのリンク
 5.メールでURL送信
 6.バーコードでアクセス
 
 TOMAKI's Mobile Site Station

# by t0maki | 2005-07-08 12:17 | Comments(0)
 楽天トラベルの企画に参加するために、スナフキンの待受画像を制作しています。
 といっても、スナフキン画像の使用に関してけっこう制約が厳しいのと、制作期間も平日3日間くらいしかないので、ほとんどデザインらしいデザインもせずに素材を貼りこんだだけですが……。

 なお、「オトナの事情」があるため、完成した待受画像のデザインは、このブログでお見せすることはできません。
 楽天のサイトで公開になりましたら、そちらで見てください。

# by t0maki | 2005-07-06 23:09 | アート>待受画像 | Comments(0)
 うちの夕飯で、やたら登場頻度が多い料理。
 麻婆豆腐と、ゴーヤチャンプルー。
 というわけで、麻婆豆腐の待画を作っちゃいました。
 ダッキーが浮かんでいます。
 
 ちなみに、今夜はゴーやチャンプルーの予定。
 奥さんの大好物です。

# by t0maki | 2005-07-05 13:04 | アート>待受画像 | Comments(0)
 今朝出社したら、朝から激しく咳き込んでいる社員がいる。
 さらに別の1人は気分が悪いので遅刻。赤ちゃんが生まれたばかりのボスも咳き込みながら出社。
 梅雨時で湿度が高く締め切ったこのオフィスでこんなに近くでウィルスばら撒かれ続けたら、そりゃ風邪もうつるでしょう。幸い、僕はまだ風邪の症状は出ていないが、妻が妊娠中の身としては「風邪引いてるんなら家で寝てろよ!」くらいは叫びたくなりますよ。
 
 半ば本気で、今日はもう帰ろうかとも考えています。
 
 I'm going to work from home today since I'm not feeling well...working with a bunch of sick people.
 
 パソコンのウィルス対策ソフトみたく、オフィスにもウィルス感染者をスキャンして「修復」できればよいのに……。いや、せめて「隔離」くらいは……。

# by t0maki | 2005-07-04 09:46 | 乱文・雑文 | Comments(0)
 2003年は「Under the Ground」という、渋谷の地下道で行ったストリート写真展。
 2004年は「Hidden Art Below the Surface」と題した、街中で小さな陶芸作品を隠すプロジェクト。
 
 「夏休みの課題」みたく、ここ数年毎年この季節になると、発作的に小さなアートプロジェクトを実行するのが自分の中で恒例になっています。
 で、今年は「108projects+」。
 前回(そして現在も継続中)の108プロジェクトとはまた内容が異なるのだが、それも含めて合計108個のアートプロジェクトを実行しようというのが今回の趣旨。
 
 まず一つ目のプロジェクトとして、「108projects+」専用のウェブサイトをデザインしました。
 近日公開予定です。

# by t0maki | 2005-07-03 23:59 | Comments(1)
 「宇宙戦争」、見に行きました。
 僕は、好きでしたよ。
 
 なぜ「僕は」かというと、多分見る人によって評価に差が出ると思うから。個人的に災害パニックものが大好きで、Twisterとか、Volcanoが大好きな自分にとっては、迫力あるCG映像と映画館の音響で体がしびれるような感じでしたが、一緒に見た僕の奥さんは、「1,000円が限界だな、ケッ」と宣っていました(1日の割引の日に見に行ったので)。
 
 確かに、映像や音はすばらしいの一言に尽きるのですが、ストーリーにやや整合性がなく、場当たり的で「おいおい、それで良いかよ」とツッコミたくなることも度々。でも、もしこの映画をこれから見に行く人がいたら、この際ストーリーは無視して、リアルで迫力がある制作費138億円というスピルバーグ監督作品史上もっともお金をかけた映像スペクタクルを、オープンな気持ちで堪能して欲しいなと思うのです。
 
 最後に、気になった字幕の誤訳を一つ。
 
 トムクルーズが雷のシーンで「Where's the thunder?」とつぶやいた箇所の字幕が。「雷はどこだ?」とか、「雷がない」とかいった字幕だったのですが(正確なのは忘れた)、実際には「雷鳴はどこだ?」とか、「雷の音がしない」というのが本来の意味。
 日本語では雷鳴も稲妻も「雷」ですが、英語はThunderとLightningと、それぞれ言葉が違うのです。
 つまり、稲妻がとめどなく落ちてくるのにもかかわらず、雷鳴があまり聞こえてこないことを不思議に思った主人公が、「Where's the thunder?(雷鳴はどこだ?)」とつぶやいたのです。
 マトリックスに引き続き、「それは変だよ戸田奈津子」のコーナーでした。

# by t0maki | 2005-07-02 23:59 | Comments(0)
 楽天トラベルの「契約アーティスト」というと聞こえは良いけど、まぁつまりランキングの賞金以外は無償のボランティア作家が実情なわけで、「割に合わない仕事をしてるなぁ」とは分かっているけど、趣味で楽しみながらやってるので、「ま、いっかな」と。
 で、先日参加した「楽天イーグルス待受コンテスト」は現在ランキングの結果待ちなのですが、一足早く球場で配布したという「ポストカード」が届きました。想像では、端っこの方にチョロっと載ってるだけだろうと思ってたのですが、意外と大きく作品が載ってたりして、ちょっとうれしい驚き。大きすぎて、画質が粗くなってたのはちょっとしたツッコミどころでしたが、QVGAサイズ12kb以下ではまぁこれが限界です。
 楽天イーグルスの本拠地「フルキャストスタジアム宮城」で、野球試合観戦者に無料で三万枚配られたそうなのですが、誰か受け取った方いますかねぇ。
 
 さらに時を同じくして、EZweb公式サイトの待受フリマからも販促用ポストカードが届きました。こっちは、紙面に詰め込めるだけ待画デザインを詰め込んだといった感じで、四種類のポストカードに、合計500を超える待画がレイアウトされています。よーく目を凝らして細かく探すと、「あ、いたいた。この青のデザインの一番下の、このちっちゃい電柱の画像」と、僕の作品も載ってました。ウォーリーくらいに見つけるの難しいよ、コレ。でもまさか、自分の作品が載っているとは思ってなかったので、こちらもうれしい誤算でした。
 
 やっぱり、こんな風に作品が認められるのはうれしいものです。
 これからも、趣味の「待画職人」として、ケータイ画面を通じてできるだけたくさんの人たちに作品を提供していきたいです。

# by t0maki | 2005-07-01 10:10 | アート>待受画像 | Comments(0)

   
Back to Top