ブログトップ | ログイン
表参道で「Ted Baker」のお店の前を通ったとき、「あれ?こんなところにもクリームパイのお店ができたんだ」と思ったが、それは間違いだった。イギリスの洋品店から有名になった「Ted Baker」は、ハワイのクリームパイ屋さん「TED'S Bakery」と名前が似ているが、全く関係はない。かすりもしない。むしろ正反対に近いかもしれない。

レビューブログからの案件情報で、これから書くのはTed Baker London(テッドベーカー ロンドン)の時計が日本に上陸したことについて。

そもそも、Ted Bakerという人物は謎に包まれている。「そんな人物は存在しない」という人もいる。実際は……、気になるなら会いにいってみるとよい。いるかもしれないし、いないかもしれない。それは、案外どちらでも良いことかもしれない。ただ大事なのは、そこから生み出される洋服であったり、時計であったり。その製品は確実にそこに存在する。

普段時計をせず、左右の腕にウェアラブル端末を付けながら生活している自分にとっては、Ted Bakerという人物が実在するかどうかはあまり気にならないが、ハワイのパイは好きだし、TED BAKER LONDONの時計が日本上陸したことについては、PRとしてブログに書いておいても良いかな、と思うのだ。







テッドベーカー ロンドン
ブログで口コミプロモーションならレビューブログ


# by t0maki | 2017-09-25 17:52 | PR広告 | Comments(0)
c0060143_12061779.jpg
海外でモバイルWi-Fiを使うメリットについて。僕は割と「グローバルWiFi」を使うことが多いです。ブロガーとして旅するとき、無償で提供してもらうこともありますが、プライベートでの旅行でも普通にレンタルして利用してます。そのメリットなど。

■手間なくリーズナブル
他にも、現地でSIMを調達したり、手持ちのスマホを複数機器を同時にネットに繋いで使う方法もありますが、手続きが外国語で面倒だったり、結構高額になったり。シンプルに、分かりやすい価格でリーズナブル、かつ安定した最適な速度が出るってのがモバイルWi-Fiを日本でレンタルしていく魅力だと思います。
あと、僕の場合は、もう慣れかな。これがあると安心する、みたいな、海外旅行前のルーティンのような。

■設定しやすい
基本的に、Wi-Fiの設定はすごく簡単。現地に着いたらモバイルWi-Fiのスイッチを入れて、あとはスマホ側でパスワードを入れるだけ。2回目以降は、自動で繋がる。
ただし、ローミングやバックアップの設定をきちんと切り替えておかないとまずいことになるので、それは後述。

■他のオプション機器も魅力
これはモバイルWi-Fiというより、僕がいつも利用している「グローバルWiFi」のサービス特性かもしれませんが、ルーターと一緒に借りられる、オプションの機器も魅力的なんですよね。デフォルトで付属しているケーブル類の他に、海外のコンセントの形状に変換してくれるアダプターも。
僕がいつも追加でレンタルしてるのは、360度の天球写真が撮れるリコー社の「Theta S」っていうカメラ。旅先で、天球写真をよく撮ります。
あとは、最近始まったのがiliっていう音声通訳のデバイス。WiFiルーターと一緒に借りる機材なのに、これはネットワーク通信なしで、スマホも不要で音声翻訳をしてくれるスティック型の機器。まだ英語と日本語しかないのと、こちらから相手に一方向でしか翻訳してくれないけど、旅先でのコミュニケーションが楽しくなるツールです。

さて、ではここからはマイナスのポイントも。


■持ち歩くデバイスが増える
モバイルWi-Fiをレンタルすることで、単純に持ち歩くデバイスは増えますよね。そのルーターと、さらに予備のバッテリーも。先日台湾で使ったモバイルルーターは、結構バッテリーが大容量だったので、オン・オフ切り替えずに結構日中ずっともちましたが、途中でバッテリー切れにならないように、こまめに切るか、予備バッテリーは必要。
そもそも僕の場合は、スマホのバッテリーが1日もたないので、最初から予備バッテリーは持っていくので、それほど変わりませんが。

■海外ローミングやバックアップの設定
モバイルデータ通信や、海外ローミングの設定をオフにしておくこと。せっかくモバイルWi-Fiをレンタルしていったのに、電話代と二重に請求されたら嫌ですからね。忘れがちなのが、iPhoneのバックアップ設定。充電中でWi-Fi接続の状態の時に、バックアップをとる設定のままにしておくと、気づかずに大容量の通信が発生して、通信制限がかかってしまったり。ここらへん、レンタルするときに付属しているガイドブックに設定方法が書かれているので、きちんと読みましょう。帰国してから、元に戻すのも忘れずに。

と、まぁこんな感じですかね。また近々海外へ行くので、またモバイルWi-Fiをレンタルして行く予定です。




# by t0maki | 2017-09-24 10:14 | ライフスタイル>旅 | Comments(0)
c0060143_12084179.jpg
今年に入って、2回ほどラスベガスへ出張で行きました。1回目は、マーケティングがテーマのコンベンション。2回目は、ネットワークテクノロジーがテーマ。異なる主催者なのに、結構ゲストスピーカーや演出・構成が似ていたりするのは、そういうプロのイベンターみたいな人が専門でやってるからなんですかね。コンベンションのお作法、みたいなのが分かって面白かった。食事・休憩スペースとか、イベントを盛り上げるDJとか。

しかし、まぁ忙しかった。寝る暇もないほど。現地時間でまるまる一日取材して、ホテルに戻って速報書いて、それから日本時間の仕事をこなす、みたいな。余裕で休日出勤だったけど、結局戻ってからもまた忙しくて代休も取れず、と。

個人的にとても勉強になったので、満足ですけどね。

なんか初めて、ブロガーとしてのスキルが仕事に活かせたような気がする。その割には、自分のブログには詳しく書けないのが残念すぎるが。


# by t0maki | 2017-09-24 09:41 | Comments(0)
c0060143_09261486.jpg
きちんとこうやってコスプレイヤーさん(レイヤーって略すみたい)と対峙して一対一で撮ったのは始めて。すっごいみんな整然としてて、礼儀正しいのな。

レイヤーさんの前に行列ができてて、長い行列のところとか「最後尾」の札が出てるんだけど、それを持ってるのはスタッフとかじゃなくて普通に写真を撮りたい人が並んだ時に受け渡して、どんどん後ろに渡してく感じ。割り込みとかもなく、きちんとみんな順番を待ってる。

びっくりするのは、カメラの機材ね。この距離でその望遠レンズ!?っていうどでかいレンズつけてる人いたり、そのフラッシュはいったいどうなってんの?みたいなごついやつとか。そもそもカメラがみんなすごいし。中には普通にでかいレフ板を左手で持ちながら右手でシャッターを切る人とか。まぁ、とにかくいろいろすごい。

僕もレイヤーさんを撮るのは初めての体験だったけど、久々にモデルさんと向き合っての撮影はすごく楽しかった。なんか、やたら緊張したせいでポーズの注文とか声掛けとかまったくできなかったけど、今度撮るときは少しコミュニケーションとりながら撮影できたら良いな。
c0060143_09273421.jpg

c0060143_09273883.jpg

c0060143_09274293.jpg

c0060143_09274898.jpg

とにかく、撮られる方も、撮る方も、みんな本気。なんか、ゾクゾクするような感覚。面白いね。最近、ポートレイトとか撮りたいなーなんて思ってたら、意外なところで願いが叶った感じ。いやー、楽しかった。

レイヤーさんたちの集合写真的な撮影会では、みなさん自然な笑顔とかも出てて、そっちの写真とかも好き。なんか、ドキュメンタリー的な感じで準備やメイクみたいなところから撮ると、またもっと面白い写真が撮れそう。

貴重な良い体験でした。




# by t0maki | 2017-09-24 09:25 | アート>写真 | Comments(0)
c0060143_09125122.jpg

ゲームに詳しくないしあんまやらないけど、人がゲームをしてるのを見るのはなんとなく好きなので、幕張の東京ゲームショー、面白かったですよ。

デル社の方からチケットをもらったので、会場で「デルアンバサダー」として写真を投稿してドリンクをもらう企画に参加。各日先着200のところ、僕はなんと197人目。超ギリギリ。
c0060143_09250122.jpg

あとは、各ブースのお姉さんとか、コスプレの人を撮らせてもらったり。コスプレの人、撮られ慣れていらっしゃる。これはかなりポートレート写真の練習になる気がする。面白い。普段撮らないような写真をたくさん撮りました。

それにしても人が多すぎて、さすがに疲れた。歩数も軽く1万越え、と。
ゲームをしてる時って、結構人は無防備になるよね。
ゲームをしてる時って、結構人は無防備になるよね。

デルの方にチケットをいただきました。そして、こんなところにトビー! #デルアンバサダー #GAMESHOW #東京ゲームショー
デルの方にチケットをいただきました。そして、こんなところにトビー! #デルアンバサダー #GAMESHOW #東京ゲームショー

デルのお姉さん。
デルのお姉さん。

普段は絶対撮らないような写真を今日はたくさん撮りました。
普段は絶対撮らないような写真を今日はたくさん撮りました。

普段は撮らなさそうな写真、その二。
普段は撮らなさそうな写真、その二。

こういう写真は、普段まぁ撮るかもしれない。ん?
こういう写真は、普段まぁ撮るかもしれない。ん?

こういうのとか。
こういうのとか。

世界観がいろいろとよく分からないけど、とりあえず撮らせてもらいました。
世界観がいろいろとよく分からないけど、とりあえず撮らせてもらいました。

撮られる方も、大変だなとは思う。
撮られる方も、大変だなとは思う。

マイクラ、娘がハマってたな。でかいブタがドカドカ落ちてきて、それが竜巻でひゅるひゅる飛んでくというデモ。
マイクラ、娘がハマってたな。でかいブタがドカドカ落ちてきて、それが竜巻でひゅるひゅる飛んでくというデモ。

みんなでVR
みんなでVR

やっぱり今日もmがいたし、大行列だった。
やっぱり今日もmがいたし、大行列だった。

モンスターを配る人
モンスターを配る人



# by t0maki | 2017-09-23 18:07 | イベント・スポット | Comments(0)
c0060143_11551721.jpg

気まぐれにチェコ語を勉強し始めて気づいたんだけど、オレ、スペイン語、好きだわ。


大学で結構本気で真面目に英語でスペイン語を勉強してて、大学卒業した直後もロサンゼルスでヒスパニック系の人たちに囲まれて暮らしてたりもして。でも日本に帰ってからスペイン語を全く使わなくなって喋れなくなったけど、久しぶりにお勉強してみたら楽しいのな。「あれ?喋れるかも」とか思うわけ。3,4歳児の語学力だとしても。ゼロではない。


というわけで、スペイン語圏に行ってちょっと暮らしてみたい。中南米とかスペインとか。僕の大学の恩師がチリ人だったから、チリとか良いなぁとも。発音学の時の教授は、スペイン人だった。音を並べてリズムを作るのが面白くて、スペイン語で詩をつくってたり。日本語と似てるんだよね、スペイン語の発音。だから、発音学のクラスは普通に良い成績だった。


どこが良いかな。キューバとか?アメリカ西海岸をホームレス状態で職探しの旅をしてた時、たまたま出会った日本人が、「これから、エクアドルに移住するんだ」って人だった。純粋な日本人の方なんだけど、ずっと南米に住んでたら、肌の色も顔のシワも、ホントにヒスパニック系の人に間違えるような。いろんな人生があるんだな、と、その時思った。


スペイン語を思い出すための旅とか、ちょっと計画を企んでみようかな。



# by t0maki | 2017-09-23 00:42 | ライフスタイル>語学 | Comments(0)
c0060143_22262129.jpg
毎日8,000歩ずつ歩いてるとキャッシュバックがある保険。その名も「あるく保険」というのが近々スタートするそうで、その保険を取り扱う東京海上日動あんしん生命さんのイベントに参加して来ました。

面白いですよね。健康を意識して日々歩いてると、2年後にちょっとしたご褒美でお金がもらえるっていう。

よく考えてみると保険としてはすごく理にかなってますよね。健康を意識して努力してる人は、病気のリスクも比較的低いわけで、そうすると保険会社にとっても優良顧客だ、と。もちろん、保険に入る側にとっても、こういうちょっとしたことで毎日歩いて健康を意識するようになるし。

仕組みとしては、計測するのに使うのは「ミスフィットフレア」というウェアラブルデバイス。それを身につけることで日々の歩数を計測して、専用のアプリでデータを取得し、集計する、と。

で、6ヶ月区切りで2年間の間、毎日8,000歩を歩き続けると、お金がちょっと戻ってくるというもの。キャッシュバックの金額は年齢などによって人それぞれですが、おおむねざっくりと保険料1ヶ月分とのこと。そんなにびっくりするような高額なキャッシュバックではないですけど、そういったことがきっかけで健康を意識するようになれるなら、かなりプライスレスな良い企画だと思います。

イベントの後半は、フィットネストレーナーの森拓郎先生によるウォーキングレッスンなども。懇親会も含めて、楽しいイベントでしたよ。
本日は、こんなイベントに参加してきました。 #あるく保険
本日は、こんなイベントに参加してきました。

毎日平均8000歩を継続して歩き続けると、キャッシュバックがある保険って、面白いな。このウェアラブルデバイス「ミスフィットフレア」で歩数を計測します。 #あるく保険
毎日平均8000歩を継続して歩き続けると、キャッシュバックがある保険って、面白いな。このウェアラブルデバイス「ミスフィットフレア」で歩数を計測します

東京海上日動あんしん生命の佐藤さんによる、会社説明とあるく保険の紹介。 #あるく保険
東京海上日動あんしん生命の佐藤さんによる、会社説明とあるく保険の紹介。

今回ウォーキングの指導をしてくれたのは、フィットネストレーナーの森拓郎先生。 #あるく保険 #東京海上日動あんしん生命
今回ウォーキングの指導をしてくれたのは、フィットネストレーナーの森拓郎先生。

正しい歩き方は、姿勢をまっすぐにして大股で、腰をひねらないようにするのがコツ。大腰筋を意識しながら、脚を後ろに運ぶ際、脚の付け根がストレッチされるくらいが良いとのこと。 #あるく保険 #ウォーキングレッスン
正しい歩き方は、姿勢をまっすぐにして大股で、腰をひねらないようにするのがコツ。大腰筋を意識しながら、脚を後ろに運ぶ際、脚の付け根がストレッチされるくらいが良いとのこと。

というわけで、夜の品川をみんなでウォーキング。大腰筋を意識して! #あるく保険
というわけで、夜の品川をみんなでウォーキング。大腰筋を意識して! 

歩いた後は、懇親会。消費カロリーと摂取カロリーのバランスが取れてないけど、ま、いっか。 #あるく保険
歩いた後は、懇親会。消費カロリーと摂取カロリーのバランスが取れてないけど、ま、いっか。

歩いたあとのビールは格別だねぇ(実はそんなに歩いてない)
歩いたあとのビールは格別だねぇ(実はそんなに歩いてない)

というわけで、この保険がスタートするのに先駆けて、毎日8,000歩を歩くのがどんなものなのかという企画に、僕も参加することになりました。

ちょうど今、年末にかけて「100日間で100万歩を歩く」という修行みたいな企画をやっているので、ちょうど良い感じで。1万歩をきちんと歩いたら、自動的に8,000歩も達成できますからね。

100万歩企画は、実は2014年から毎年やってて、実は今年で4回目。ひとりでコツコツやってた企画が、こんな風に東京海上日動あんしん生命さんの企画に繋がるとは、なんだかすごく嬉しい。

日々のウォーキング、頑張りますよ。




# by t0maki | 2017-09-21 22:26 | ブロガーイベント | Comments(0)
c0060143_09390941.jpg

会社帰りに、日本橋あたりを歩いていた時のこと、偶然鉢合わせした馴染みのおじさんが声をかけてきた。
「よ、久しぶり」と、いつもの人懐っこい笑顔。「会社帰り?」
「はい、ちょっとウォーキングがてら。青山の方から歩いてきました」と、スニーカーを見せながら僕は答えた。

このおじさんとは飲み仲間で、5年以上の付き合いになる。最初の出会いは、北海道の余市で。アサヒビール社の主催で、ニッカウヰスキーのイベントに参加した時のこと。このおじさんも含め、20人くらいで「マイウイスキーづくり」を体験したのだ。お酒が好きなおじさんで、飲みながらウイスキーにまつわるいろんな話をしてくれた。それ以来、僕もウイスキーがすっかり好きになった。

「青山って、銀座の向こうの?随分歩いてきたねー」
「100日間で100万歩を歩くってのをやってまして。昨日あまり歩けなかったので、今日は少し長めに歩こうかな、と」
「へー、面白いことやってるねー。どう?達成できそう?」
「今やっと、もうすぐ4分の1くらいです。あと、2ヶ月ちょっとあります」
「そっかー。じゃ、今夜は飲めないね?」と、おじさんは残念そうに言った。

「飲みたいんですけど、また今度にします」と、僕は答えた。ホントはウォーキングよりもおじさんと飲みたかったが、おじさんの前で僕はちょっとかっこつけたかったのかもしれない。

「おぅ、じゃまた飲もうぜ」と、片手を口の前でクイッと傾けて、酒を飲む仕草をするおじさん。
「ハイ。ぜひ!」と言って、僕はその「おじさん」こと、ニッカウヰスキーの看板を後にした。


# by t0maki | 2017-09-21 09:38 | 乱文・雑文 | Comments(0)
c0060143_13541720.jpg

記者会見とか行くと、ごっついカメラをもったカメラマンさんたちが、こういうストロボライトをつけてパシャパシャ撮ってますよね。僕は普段、ぜんぜんフラッシュを使わないのですが、確かに興味はありました。

というわけで今回は、Beschoiスピードライト ストロボ の製品レビューです。製品をご提供いただきました。
まだ届いたばかりなので、とりあえず動作確認をしてみたレベルですが、今のところ快調です。
マニュアルが英語と中国語だけなので、日本語が無いのはちょっと不親切ですが、僕は英語で大丈夫。
製品レビュー
製品一式

パシャっと光る。
パシャっと光る。

これから、いろいろ使ってみるとこ。
これから、いろいろ使ってみるとこ。

カメラに装着
カメラに装着

繋げる部分
繋げる部分

マルチ発光、ワイヤレスリモコンコントロール、AF補助なんていう機能があるようなので、今度実際に使ってみます。
道具が増えると、写真の表現の幅も広がって楽しいですね。その代わり、持ち歩くガジェットやデバイスがだんだん増えていきますけど。それはそれで。

もうちょっと使い込んでから、再度詳しいレビューを書こうと思います。




# by t0maki | 2017-09-20 13:52 | モニターレビュー | Comments(0)
c0060143_21193788.jpg
最近、こうした肩にかけるタイプのカメラバッグを使い始めたんですが、便利ですね。カメラの出しいれがしやすいですし、いろいろなカメラアクセサリーなども収納できて。

今回は、Zecti 一眼レフカメラ用ショルダーバッグの製品サンプリングレビューです。

というわけで、今回の製品はシングルショルダー式のカメラバッグです。ストラップがひとつなので、片方の肩にかける感じ。ストラップが二つのバックパックの方式とは少し違います。大きさは比較的コンパクトですけど、普通にデジタル一眼レフカメラと交換用レンズを収納できます。

デザインもスタイリッシュな感じだし、背負ってみた感じとか、カメラの出し入れなども良い感じ。開閉部分は、ファスナーで横向きにガバって開くんですけど、ベルトとバックルを閉じておくと、サイドの部分だけ開くように調節できるので、背負ったままバッグを手前に横向きに持ってきて、カメラの出し入れがしやすいです。

実際にこちらのバッグを背負って何度か外で撮影をしたのですが、カメラやレンズの出し入れもスムーズにできました。小さなコンパートメントに仕切れるように、マジックテープで調節可能な仕切りがついてますので、これを自分で調節しながら、最適な形に仕切ると良いと思います。

c0060143_21200547.jpg
唯一ちょっと気になったのは、ストラップの長さ調節の部分が、ゆるいというか、長さを短くしてもなにかの拍子にずるずるずると、勝手に一番長い状態に戻ってしまうということ。ベルトの差し込み方が良くないのかな。ここらへんは、今後ちょっと調節してみます。長さを変えないのであれば、縫い付けてしまっても良いかなぁとはちょっと思いましたが。

総合的には、使いやすいしデザインも良い感じのカメラバッグだと思いました。



# by t0maki | 2017-09-19 21:42 | モニターレビュー | Comments(0)

   
Back to Top