ブログトップ | ログイン
c0060143_13562473.jpg
梅雨の季節、部屋干しの洗濯物のニオイ、気になりますよね。
ということで、今回は爽やかに、「洗濯爽Agキラリ」の製品レビューです!
レビューブログのモニターに参加中。

c0060143_13562455.jpg

c0060143_12115740.jpg

お手玉をちょっと大きくしたような、そんな感じのパック。これを、洗濯物と一緒に洗濯槽に入れ、通常通り洗濯すると、銀イオンの力で部屋干しのニオイを軽減してくれる、と。銀系抗菌剤というものが練りこまれていて、抗菌効果があるということらしいですね。

洗濯物だけでなく、洗濯槽も清潔になる、と。

洗濯物と一緒に洗濯槽に入れるだけなので、使い方はとてもカンタン。洗濯が終わったら、干しておくと、また次回も使えます。1年間、繰り返し使えるそうですよ。

マンションの事情で洗濯物を外に干せなかったり、あるいは昼間は会社勤めなので夜中に洗濯物を室内で干すような人にも、お勧めです。これから、部屋干しの機会が増える梅雨の季節に、あると便利ですよね。




# by t0maki | 2017-06-12 08:00 | モニターレビュー | Comments(0)
c0060143_23354401.jpg
スマホも固定することができる、クリップ式のマイクスタンドです。WYAOさんにお声掛けいただき、サンプル品をいただいての製品レビューです。

例えば、レコーディングや動画の撮影などの際に、スマホ画面を確認しながら、マイクスタンドとして使うことができます。折りたたみ式なので、機材を運ぶのにも良いですね。グーンと一気に伸ばすと、キリンでも使えるんじゃないかってくらい長ーく伸びます。

スマホを挟むためのクリップは、横幅90mm(約6インチ)まで対応。僕はなぜか、マイクスタンドとしてではなく、写真撮影の際にレフ版を固定するために使ってみました。なかなか良い感じ。

こんな感じの先っちょ
こんな感じの先っちょ


一番高く設定すると、キリンも使えそう。
一番高く設定すると、キリンも使えそう。


足の部分
足の部分


自宅でマイクスタンドと三脚と、LEDライトを使った簡易撮影セット。撮れれば良いのだ。
自宅でマイクスタンドと三脚と、LEDライトを使った簡易撮影セット。撮れれば良いのだ。

というわけで、マイクスタンドなのにマイクを使わず、意外な目的で使ってみましたよ、というレビュー記事です。工夫次第で、いろいろ使えそうですよ。




# by t0maki | 2017-06-11 14:04 | モニターレビュー | Comments(0)
c0060143_13381553.jpg

建造から70年。今も夢の島に保管展示されているこの船。

1954年にビキニ沖で水爆実験の「死の灰」を浴びた、第五福竜丸。被災後、文部省が買い取って検査をした後は、東京水産大学の練習船「はやぶさ丸」として、学生の訓練に使用された、と。1967年に廃船となり、エンジンは取り外されて貨物船「第三千代川丸」に。だだし、その船は翌年沈没し、28年間海底にあったものを、1996年に引き揚げ、現在の場所に展示。

旧第五福竜丸(はやぶさ丸)の船体は、夢の島に不法投棄のような形で放置されていたのを、今の形で展示館をつくり、保存展示することにしたらしい。

これもまた、数奇な運命を辿った船だ。


船って、それぞれ歴史があるんだよね。それを紐解いて行くのが面白い。
船って、それぞれ歴史があるんだよね。それを紐解いて行くのが面白い。


1947年につくられた船。第五福竜丸の歴史もまた、波乱万丈。
1947年につくられた船。第五福竜丸の歴史もまた、波乱万丈。


水爆実験で死の灰を浴びた、第五福竜丸。事件の後、訓練船になってたとは知らなかった。廃船となって夢の島に投棄されていたのを、今の形で保存することにしたらしい。
水爆実験で死の灰を浴びた、第五福竜丸。事件の後、訓練船になってたとは知らなかった。廃船となって夢の島に投棄されていたのを、今の形で保存することにしたらしい。


千羽鶴、たくさん。
千羽鶴、たくさん。


第五福竜丸と、水爆実験などについての資料展示。
第五福竜丸と、水爆実験などについての資料展示。


漁労長、見崎吉男さんの手書きの貼り紙。水爆実験に巻き込まれた当時28才。昨年、90才で亡くなったらしい。死因は、肺炎。
漁労長、見崎吉男さんの手書きの貼り紙。水爆実験に巻き込まれた当時28才。昨年、90才で亡くなったらしい。死因は、肺炎。


久保山さんが被曝してすぐに亡くなったのは、新聞などにも大きく取り上げられた。その後、少なくとも20年間は、久保山さんの他に亡くなった人はいなかったんだ。ちょっとほっとした。長生きされてる方もいらっしゃる。死因に肝臓ガンが多いのは気になるが。
久保山さんが被曝してすぐに亡くなったのは、新聞などにも大きく取り上げられた。その後、少なくとも20年間は、久保山さんの他に亡くなった人はいなかったんだ。ちょっとほっとした。長生きされてる方もいらっしゃる。死因に肝臓ガンが多いのは気になるが。


第五福竜丸は、被爆後に文部省が買い取って検査を行い、その後改修されて東京水産大学の練習船「はやぶさ丸」として訓練に使用された、と。1967年に廃船となり、解体業者がエンジンを取り外して、貨物船「第三千代川丸」に搭載されていたが、1968年に沈没。28年間海底にあったものを引き揚げて、この場所に展示。
第五福竜丸は、被爆後に文部省が買い取って検査を行い、その後改修されて東京水産大学の練習船「はやぶさ丸」として訓練に使用された、と。1967年に廃船となり、解体業者がエンジンを取り外して、貨物船「第三千代川丸」に搭載されていたが、1968年に沈没。28年間海底にあったものを引き揚げて、この場所に展示。


第五福竜丸 展示館。
第五福竜丸 展示館。


建造から70年のエンジン。海底に28年沈んだ後、引き揚げてさらに20年経つとこうなる。まるで、遺跡。
建造から70年のエンジン。海底に28年沈んだ後、引き揚げてさらに20年経つとこうなる。まるで、遺跡。


昔の放射線測定装置。
昔の放射線測定装置。


Everything has tendency to break down.
Everything has tendency to break down.


放射能に汚染されたマグロは、他にもたくさんあったらしい。廃棄したマグロの塚があった。
放射能に汚染されたマグロは、他にもたくさんあったらしい。廃棄したマグロの塚があった。


モールス信号
モールス信号


社会科の教科書にも乗ってた、この船。第五福竜丸の実物が見られる展示館は、夢の島にあります。
社会科の教科書にも乗ってた、この船。第五福竜丸の実物が見られる展示館は、夢の島にあります。




# by t0maki | 2017-06-11 13:34 | Comments(0)
c0060143_13425224.jpg

立ったまま乗ってパドルで漕ぐSUPに初挑戦。結構難しいね、これ。僕は、ひたすら座ってこいでた。何度か立とうとしたんだけど、バランス取るのが難しくて、生まれたての子鹿みたいになる。でも、楽しかったですよ。

その後、一人乗りのカヌーに挑戦。こっちは、何度か乗ったことがあるので、少し漕いでたらなんとなく感覚を思い出した。30分くらい漕いで、良い運動。もっと乗っていたかったなー。

長ーい、片側パドルで漕ぎます。
長ーい、片側パドルで漕ぎます。


漕ぎ方を教えてもらいました。 #マリンカーニバル #ヤマハマリン #若洲ヨット訓練所
漕ぎ方を教えてもらいました。 #マリンカーニバル #ヤマハマリン #若洲ヨット訓練所


みなさん、いきなり立っててすごい。 #若洲ヨット訓練所 #ヤマハマリン #マリンカーニバル
みなさん、いきなり立っててすごい。 #若洲ヨット訓練所 #ヤマハマリン #マリンカーニバル


かなり楽しかったですよ。SUP初体験。 #マリンカーニバル #若洲ヨット訓練所 #ヤマハマリン
かなり楽しかったですよ。SUP初体験。 #マリンカーニバル #若洲ヨット訓練所 #ヤマハマリン


ライフジャケット、大事です。 #マリンカーニバル #若洲ヨット訓練所 #ヤマハマリン
ライフジャケット、大事です。 #マリンカーニバル #若洲ヨット訓練所 #ヤマハマリン


一人乗りカヌーにも乗りました。こっちの方が、少しは慣れてるので乗りやすい。 #マリンカーニバル #若洲ヨット訓練所 #ヤマハマリン
一人乗りカヌーにも乗りました。こっちの方が、少しは慣れてるので乗りやすい。 #マリンカーニバル #若洲ヨット訓練所 #ヤマハマリン


ワークショップや体験のできるブースも。 #マリンカーニバル #若洲ヨット訓練所
ワークショップや体験のできるブースも。 #マリンカーニバル #若洲ヨット訓練所


これから、シャトルバスで移動します。 #マリンカーニバル #若洲ヨット訓練所
これから、シャトルバスで移動します。 #マリンカーニバル #若洲ヨット訓練所


というわけで、若洲ヨット訓練所で、マリンカーニバルに参加。ワークショップや体験のブースがあって、賑わってました。

午前中は穏やかで良い天気だったのですが、午後になって風が強くなって来て、夢の島マリーナで乗船予定だった船は全部キャンセルに。残念。仕方がないから、マリーナでランチを食べながら、ビールを飲んだ。もう、ホントに仕方ないなぁ。仕方ない。
c0060143_13425302.jpg

多分明日、筋肉痛になってそうだなぁと思いながら、海辺のレストランで風を感じながらのんびりと。

さて、これからどうしようか。

# by t0maki | 2017-06-10 13:34 | Comments(0)
c0060143_16304097.jpg
PRの本当の意味がなかなか浸透しないのは、日本語では「PR」がなんだか「アピール」と同義語みたいな感じになっちゃってて、「自己PR」なんて言葉もあるように、どうも本来の言葉の意味が分かってもらえてないからじゃないかな、と。

広告は、ADなわけですよ。Advertising(アドバタイジング)のアド。だから、僕は自分のブログで広告的な記事を書くときは、記事の冒頭に【AD】をつけてる。(もっとも、このルール決めは記事広告を発注する側が指定することもあるので、もしも「【PR】って記述をつけて」って言われればそのように書きます)

広告(AD)は、お金を出せば掲載される。テレビコマーシャルとか、新聞の広告欄とか、雑誌の記事広告とか、ネットの広告欄とか、広告枠を使って告知・宣伝をするわけですよ。

広報PRはちょっと違う。ニュースになりそうなことや、取材してもらいたいことなど、いろんな企画をつくって、時にはプレスリリース(これも略してPRだからややこしい)を出しつつ、メディアに取り上げてもらおうと努力するってこと。

情報番組とかで、「この夏のイベント」とか、「今話題のスウィーツ」「注目の新製品」とかの情報をテレビで紹介してたとしたら、それは「PR」の力なわけですね。面白い製品プロモーションがテレビで取り上げられたり、ネットで話題になってたりすると、「あの会社の広報PR担当の人、頑張ってるなぁ」、と思うわけですよ。

一方で、AD広告の方は、いわゆるCMや広告欄を使って、限られた予算の中でいかに成果をあげるか、ということに注力するわけです。メディアから取材を受けるのではなく、メディアにお金を払って広告枠にCMや広告を出すわけです。

大企業は、広告費をたくさんもってる。もう、桁外れの金額を広告に投入するわけですよ。一方で、PRは大企業も中小企業も、満遍なくみんなが行ってる。広告ほどの予算格差は、あまりない。

ってことを頭に入れて、さて、自分のブログに広告記事を書くときに、【PR】と入れるか【AD】と入れるか問題。よくテレビで、「この番組の提供は」っていう感じで、番組制作にお金を出してくれたスポンサー企業の名前を出すでしょ。あれは、広告だから、【AD】なわけです。だから僕も、広告記事を書くときは【AD】って入れる。

一方で、たとえば日曜朝のブランチの時間にやってるような情報番組が、この夏オススメのスポットなんてのを紹介するとき、わざわざ【PR】なんてテロップは出さない。取材するにあたって、企業側にいろいろ協力してもらって、プレスキットとかサンプルとかもらってたとしても、それは広報(PR)であって、広告(AD)とは明確に異なるもの。

なんとなく、分かります?

だから僕も、メーカーさんのイベントに参加したり、新商品発表会とかプレス向けイベントに参加しても、わざわざ【PR】って書かないことが多い。ま、仕方なくギリで参加したりとか、あるいは商品をもらったりとか、これはPRって書いといたほうが良いかなって時には、書くこともあるけど、無報酬の場合は広告ではないから、たとえ広報の人にご招待いただいたとしても【AD】とか【PR】とか書かないことが多いです。

僕が言いたいのは、ADとPRは違うものだし、お金をもらって広告記事を書くのであれば、それがネイティブ広告だろうが、モニター記事だろうが、イベント参加だろうか、それは全部【AD】じゃねぇの?と思うわけです。タイトルに、【AD】って入れておくのは正しいと思う。

ついでに言うと、僕は広告記事できちんと報酬をもらった時の方がきちんとしっかり気合いを入れて書くよ。きちんと、報酬を前提にした予算を使って、記事を書くためにお金もかける。むしろ、広告記事の方を期待して読んで欲しいと思ってます。

そんな広告記事の一例。
http://tomaki.exblog.jp/26492662/
缶コーヒーとの相性が良い食べ物を探して、いろんな食べものを買って、実際にコーヒーと一緒に食べてみたっていう記事。

こんだけADとPRの違いを力説しておいて、リンク先の記事タイトルが【PR】になってるのは、記事を依頼されたときにそのように指定されたから。大丈夫、そこらへんすごくフレキシブルですから、僕。




# by t0maki | 2017-06-09 00:00 | 乱文・雑文 | Comments(0)
c0060143_22072809.jpg
先日アメリカに出張で行ったら、けっこうあちこちでこの「スピナー」と呼ばれる製品がが売られてて、店頭に「スピナー売ってます」みたいな看板もあったりして、流行ってたみたいですね。このスピナーっていう製品。聞くところによると、アメリカであまりにも流行ったので、「スピナーを持ち込み禁止」っていう学校も出てきたほどらしいです。

というわけで、今回はTepoinnさんからの依頼で、指スピナーをご紹介。

こんなケース入り
こんなケース入り


手に持って。
手に持って。


くるっと回すとしばらくずっと回り続ける。 #スピナー
くるっと回すとしばらくずっと回り続ける。 #スピナー


ちょっと形が違うのも買ってみた。 #スピナー
ちょっと形が違うのも買ってみた。 #スピナー


こっちも、回る、回る。 #スピナー
こっちも、回る、回る。 #スピナー


海外出張のお土産にも買って、結構増えました。
海外出張のお土産にも買って、結構増えました。

指で挟んで回すと、コマみたいな勢いでしばらくずっと回ってます。人差し指の上に乗せて回すと、ジャイロスコープの原理で、斜めにしても落ちにくい、なんてことも。
うちの娘に渡したら、だいぶ気に入ったみたいで、アメリカ出張に行ったときに追加で何個か買って帰りました。いくつか買ってみたなかでも、この製品はよく回る方だと思います。さすがに、もっと値段のはる高価なほうは試していないですけど。いろんな種類がありますね。

遊んでみた感じとしては、もちろんコマみたいな回転系ですけど、コマのようにテクニックも何もいらないので、誰でも簡単に回せます。さっき言ったみたくジャイロスコープにもまぁちょっと似てるけど、それほど科学的でも不思議でもない。けど、なんかずっとやっていたくなるこの中毒性を何に例えたらよいかなーと思ったら、ふと「ぶんぶんゴマ」のことが浮かびました。板に二つの穴を開けて、そこに紐を通しで輪っかにして、紐の両端をひっぱっったり緩めたりして、ぶんぶん回すおもちゃ。あれも、なんかよく分からないけどずっとやっちゃうんですよね。あれの、もっとおとなしくて、誰でも出来る版、かな。

動画も撮ってみました。


そんなおもちゃです。一回遊んでみると、ハマる人の気持ちが分かる気がしますよ。




# by t0maki | 2017-06-08 22:17 | モニターレビュー | Comments(0)
c0060143_21335761.jpg
特に何かの機能があるわけでもない。例えて言うなら、ちょっと前に流行った「無限プチプチ」とかにも近いのかもしれない。いろんなスイッチやノブや回転する玉などがついていて、それをただ手の中でカチカチカチャカチャごろごろくるくるといじってみる感じのおもちゃ。

Tepoinn社のストレス解消キューブのブログレビューです。


こんな箱
こんな箱


ぼーっとしたい時に無意識で遊べるおもちゃ。
ぼーっとしたい時に無意識で遊べるおもちゃ。


回したり、押したり、回転させたり、撫でたり。なかなか面白い。
回したり、押したり、回転させたり、撫でたり。なかなか面白い。

手のひらサイズの小さなキューブの各面に、いろいろなものがついてて、手持ち無沙汰なときに遊ぶことができます。

Click(クリック): 5つの小さなボタンが、サイコロの5の目のように配列されてます。これを指で押す、と。
Spin(スピン): ターンテーブルみたく、小さな円形のディスク部分をくるくる回します。
Glide(グライド): なんとなく、ゲームのコントローラーを連想させるような突起部分を指で前後左右にぐりぐり動かします。
Roll(ロール): ダイヤルロックのロックしない版みたいな、3つの回転するギアのようなものをチキチキと回します。と、パチンコだまみたいな方は、指で回したり、押したり。
Flip(フリップ): ちょっと古い家の壁にあるスイッチのようなもの。もちろん、オン/オフしても電気は反応しません。
Breathe(ブリーズ): 真ん中が楕円形に凹んでるだけ。この面を下にして置くための、皿の底みたいなものかなぁ、と思ってたら、この部分も「指先で触れて精神を落ち着かせる」っていうことなんですね。なるほど。

この部分が、撫でるためのとこだって最初は分からなかった。(置く時の底の部分かと思ってた)
この部分が、撫でるためのとこだって最初は分からなかった。(置く時の底の部分かと思ってた)


昔の電気はよくこういうスイッチだったよね
昔の電気はよくこういうスイッチだったよね


僕はわりとこのパチンコ玉みたいなのが気に入りました。くるくる回すのと、押すのと両方できる。
僕はわりとこのパチンコ玉みたいなのが気に入りました。くるくる回すのと、押すのと両方できる。


というキューブでした
というキューブ

これが何か精神的な効果があるかどうかは分からないですが、何も考えずに手持ち無沙汰なときにはずっとカチカチやってられる感じ。本人は比較的ストレスフリーだけど、これを例えば電車で誰かやってたら、隣の人はめっちゃ気になるだろうなぁ。周りの人はストレスたまるかもね。

面白い、タンジブルなおもちゃです。




# by t0maki | 2017-06-08 21:31 | モニターレビュー | Comments(0)
c0060143_20555016.jpg

朝の通勤列車。電車の扉が閉まる瞬間、何気なくホームを見ていたら、大学時代の友人を見つけた。20年前に親しかったその友人は、当時と全く変わっていない。いや、むしろもっと若く見えた。

人違いだってのは分かっている。

疲れてくると認識力が低下して、すれ違う人がみんな知り合いに見えてくる。むしろ、そういった現象が多くなってくることで「あ、疲れてるな」っていうバロメーターにもなる。こうした、極度の疲労による認識力の低下で現れてくる症状としては、幽体離脱も。別に、本当に霊魂が肉体をさまよい出るわけではなく、単純に感覚と認識との差によって起こる単純な仕組み。どういう風に起きるか説明すると、視覚も含めた五感からの情報と脳の処理能力にギャップが生まれることで、歩いているときに自分の肉体が感覚を追い越して先に歩いていってしまい、取り残された自分の精神が数メートル後からついてくるような感覚になる、と。自分の精神が、自分の肉体を客観的に見つめている。

もうひとつ、僕がロサンゼルスでホームレス生活をしていた頃に、「良いことと悪いことが交互に起きる」っていう不思議な現象を体験したんだけど、これもまた極度の疲労とストレスによる単純な記憶のトリック。何か良いことが起きると、自動的にそのひとつ前に起きた悪いことが記憶に定着し、その二つの出来事が繋がる。次に悪いことが起きたときは、その前に起きた良いことと繋がる。悪いことが二度起きたときは、ひとつ前の悪いことを飛ばして、その前の良いことに繋がる。逆もまたしかり。そうすることで、良いことと悪いことが交互に発生するという錯覚に陥る。

人間の認知力って、意外とあいまいなんだなぁ、と思う。単純なトリックにひっかかるし、ちょっとしたことでもだまされる。ある時はすごく明晰で回転も速いけど、集中力が切れてくると散漫になり、油の切れたギアのように軋みだす。ちょっとしたことが思い出せなくなったり、放心状態になったり、へんな思い違いや錯覚にとらわれたり。

あと、すぐに忘れるよね、人間って。記憶の仕組み、どうなってんの?って感じ。妄想したり、夢を見たり。感覚をフルに使っていろんなものを感じ取っていたかと思えば、次の瞬間には全てを拒絶して自分の殻に閉じこもってしまったり。

大学に入学した当初は、人類学を学ぶ予定だった。ヒューマンエコロジー学科って、なかなか面白そうでしょ?それが途中から、アートに傾倒するようになったのは、そちらの方がより深く、リアルに、人間について学べると思ったから。学問的というよりも、感覚的に、より人間の根源に触れられると思った。そっちの方が、よりしっくりとくる。だから、アート学部に転部した。

なんの話をしてたっけ?そう、認識力の話。

人間の限界なんて、意外とあっけないもの。寝食を忘れて何かに集中していると脳みそがだんだんオーバーヒートしていって、あっけなく限界を超えてしまうことがある。見えないはずのものが見えたような気がしたり、幽体離脱を経験したり、不思議な思考パターンに陥ったり。

そういうのも含めて、人間って面白いなぁ、と思うのですよ。陰謀説に取り付かれた数学者とか、夢と現実の記憶があいまいなまま錯覚を本物だと信じるようになった人とか、壮大なビジョンを作り上げて世界をコントロールしようとする人とか、思いやりの心が欠けたまま自分の欲望のままに利益を追求する人とか、想像上の「概念」としての存在を実際にあるものとしてとらえる人、たとえ話を実話だと信じる人、人間を観察しているという妄想にとりつかれている人、など。など。など。

何が言いたいかっていうと、今僕は先週ひいた風邪がなかなか治らず、ずっと仕事や作業に追われていて、かなり疲れているので、今の僕はかなり認識力が低下しているってこと。そんだけ。


# by t0maki | 2017-06-08 20:52 | 乱文・雑文 | Comments(0)
最近の、起業とかスタートアップとかについて思うこと。
Twitterにつぶやいたので、それをそのまままとめただけ。
あ、全文は出てこないのか。こうなると、リンク先を見に行かなきゃいけないので、読みづらいな。
他のサイトとかだと、全文埋め込めるのとかもあるのにね。

要約すると、起業家目指す人、いろいろあるけど頑張れよ、と。
あと、ソーシャルイノベーションは応援だけじゃなく、参加したいよね。できることがあればぜひ。


# by t0maki | 2017-06-07 22:39 | Comments(0)
c0060143_22232537.jpg
一日一記事を書く企画に参加してて、一応毎日お題が出てるのですね。去年の名残なんですけど。
それについて書いても良いし、書かなくても良いし。そもそもそのお題は前回4月くらいにやってたやつなので、たまにお題がずれてたりもして、それはそれで面白い。

ちなみに、今日のお題は「昨日、なにたべた?」でした。なので、お題どおりに書いておこうかな。

昨日の夜は、インスタントのボルシチと、イタリア風のカツレツ、ガーリックライスに千切りキャベツ。あと、サルサソースとアボカドソースっていう、なにやらすごく多国籍な料理。嫁さんの手作りディナーです。美味しかったですよ。ボルシチ失敗したって言ったたけど、インスタントのがあまり美味しくなくて試行錯誤した結果、リカバれなかったってことらしい。でも、全然まずくなかったですけど。むしろ、ガーリックライスと合う味で美味しかった。

あぁ、で、ランチが弁当だったんだけど、14時ちょっと前に弁当の蓋を開けて食べ初めて、そっから急に仕事が忙しくなって、なんかバタバタしてようやく食べ終わったのが16時。その間、ずっと弁当開けっ放し。断片的にしか弁当の中身を覚えてないけど、大根とブリを煮付けたやつと、ブロッコリーと、ちくわの真ん中にキュウリが入ってるのと、卵焼きもあったかな。あと、真ん中らへんに味が濃い目のおかずがあって、それがなんだったか思い出せない。と、おにぎり二個。それを、2時間かけて作業の合間に口に放り込む、と。食べた気がしない。食事は落ち着いて食べたいよね。

あ、そういえば今思い出したけど、食べ終わった弁当箱を出してないや。鞄に入れたまま。

いかんいかん。




# by t0maki | 2017-06-07 22:27 | Comments(0)

   
Back to Top