ブログトップ | ログイン
<   2017年 05月 ( 40 )   > この月の画像一覧

c0060143_11182499.jpg

みなさん、チェコの旅から帰ってきたようで。フィードを見ていて、「あー、チェコの旅も終わってしまったのか」と思うとちょっと寂しい。

僕らの旅は半年前の冬だったけどね。季節が違うと、旅の写真の雰囲気もだいぶ違う。昨年の12月に、チェコ政府観光局さんのアテンドで、チェコを巡る旅をしてきたんですよ。僕らの時は、8名のブロガーチームだったかな、確か。それがね、スッゲー楽しかったので、すっかりチェコのファンになりました。

で、今回はそんなブロガーツアーの第2弾ということで、2回目参加の方もいたり、知ってるブロガーさんの方もいたりなど。僕も、仕事の海外出張さえ無ければ、自腹払ってでも行きたかったけどね。今回は、フェイスブックやインスタグラムのフィードに流れてくる写真やコメントを見ながら、「あ、ここ行った!」とか、「おー、ここも面白そう」とか、いいねやハートをたくさんつけながら眺めてました。

また行きたい。っていうか、行く!



by t0maki | 2017-05-31 23:41 | Comments(0)
c0060143_08200313.jpg

「Crowdfunding for Makers & Entrepreneurs」と題して、クラウドファンディング成功の秘訣を学ぶイベント。僕は今まであまり縁のなかったクラウドファンディングだけど、その目的がお金だけじゃなくて、商品のファンが集まるコミュニティを構築することだって聞いて、俄然興味が湧いてきた。

Kickstarterでデザイン&テクノロジーディレクターを務めるJulio Terraさんがパネルディスカッションに登壇。クラウドファンディングのコミュニティとしての役割についての話が面白かった。

Kickstarterは、今年中に日本へ本格的に進出するらしい。そして、日本で立ち上げを担当するのが、以前Facebookの日本立ち上げでも活躍した児玉太郎さんだというのも興味深い。

会場は、赤坂のTechShop。なにやら今後の展開が面白そうで、わくわくするイベントだった。


本日のテーマはこちら。登壇者紹介の中に「Lomography」ってのが書いてあって、それが今回参加したキーワードのひとつ。
本日のテーマはこちら。登壇者紹介の中に「Lomography」ってのが書いてあって、それが今回参加したキーワードのひとつ。


Kickstarterでデザイン&テクノロジーディレクターを務めるJulio Terraさん。クラウドファンディングのコミュニティとしての役割についての話が面白かった。
Kickstarterでデザイン&テクノロジーディレクターを務めるJulio Terraさん。クラウドファンディングのコミュニティとしての役割についての話が面白かった。


Jellop共同創設者のGil Shterzerさん。イスラエル出身の方。Kickstarterのクリエイター達の資金調達をサポート。
Jellop共同創設者のGil Shterzerさん。イスラエル出身の方。Kickstarterのクリエイター達の資金調達をサポート。


Proper Propagandaコミュニケーション戦略総責任者のJackson Wightmanさん。カナダの人。PRが専門。
Proper Propagandaコミュニケーション戦略総責任者のJackson Wightmanさん。カナダの人。PRが専門。


Facebookの日本立ち上げに活躍した児玉太郎さんが、今度はキックスターターの日本立ち上げを担当する、と。 右は、TechShop Japan代表の有坂さん。
Facebookの日本立ち上げに活躍した児玉太郎さんが、今度はキックスターターの日本立ち上げを担当する、と。 右は、TechShop Japan代表の有坂さん。


さて、今日はこちらへ。セミナーに参加するのです。
この日の会場は富士通が運営するものづくり工房「TechShop」


実は結構久しぶり。懐かしいってほどではないけど。前回は、ここで頑張ってつくったなぁ。
ここで、ものづくりのハッカソンイベントに参加したことが何度かあります。

クリエイターが自分が開発して販売する製品に値段をつけるのは、なかなか難しいと思うのです。つくるまでの費用は計上できても、そっから先の修理やサポートまでの顧客サービスにかかる手間や費用を考えてなかったり。Q&Aの時に、そこらへんの質問をしてみたら、Julioさんが的確な回答をしてくれました。

出品者には、2種類ある、と。
サステイナブルな製品開発と販売をしている会社は、ビジネスを継続させるのが目的だから、割とそこらへんしっかりと考えてる。それに反して、とりあえずかっこいいものをつくって売り出したいみたいな、クラウドファンディングを宣伝に利用して「どうだい、すごいだろ」みたいな感じで売ろうとしてるとこは、結構カスタマーサポートなどあまり考えてないとこが多い、と。

個人的には、クラウドファンディングだけでなく、スタートアップ全体に言えるけど、このサステナブルってのをきちんと考えてないとこが多かったりもする。そういうところは、当たり前だけどビジネスが長続きしない、と。そういう一過性の刹那的ものづくりをしてるとこに出資してものを買うと、後で壊れても修理もしてくれず、サポートすら受けられないとこもあったりする。そもそも、クラウドファンディングってのはそういうものだって割り切って物珍しい新しい製品を購入するものだって思ってたけど、そういうのばかりではないってのが分かったのが今回の収穫。

クラウドファンディングのプラットフォームをCRMのツールとして活用し、そこで製品やブランドの「ファン」を増やすことで、すごく面白いことができるんじゃないだろうかと思った。開発者とユーザーがそこで直に繋がることで、そこから生まれてくる新しいコミュニケーションや製品開発、カスタマージャーニーが生まれてくると思って、そんなことを考えてたらものすごくワクワクしてきた。

そんなことを、懇親会でJulianさんやGilさんに話してたら、「デザインが優れた商品なんかも積極的にクラウドファンディングに出したら良いよ。君もつくって出しなよ」みないなことを言われたので、調子に乗ってなんかプロジェクトを考えてみるかもしれない。

というわけで、キックスターターが今年中に日本にやってくるのが楽しみだ。

by t0maki | 2017-05-31 08:00 | アート | Comments(0)
c0060143_08001489.jpg

エキサイトブログを使ってます。見ての通り。有料会員で毎月お金を払ってるので、iframeを使ったアマゾンリンクとか、Googleの地図とか貼り付けられるんですよ、ホントは。でも、アプリの記事一覧で、記事をタップして、編集をタップしてから文字編集をして、保存しようとすると記事中にiframeのタグがあるからとかなんとかエラーが出て保存ができなくなる。
正しい編集の仕方は、記事をタップして編集ではなく、左方向にスライドしてからそこに現れる編集の文字をタップする、と。

ま、覚えろって話なんだけど、そんなUIが引き起こす不可解不快なUXにちょっとイラっとするのはオレだけか?

ま、いいんだけど。


by t0maki | 2017-05-31 07:54 | ライフスタイル>文具・アプリ | Comments(0)
c0060143_07534347.jpg

いろいろレビューしなければならない製品がたまってきたので(自分が勝手に貯めてるんだが)、自宅で一気に撮影。これは、ハンドスピナーを回してる映像をiPhoneで撮ってるとこ。
レフ板がわりのウレタンボードを支えてるクリップは実はマイクスタンド。三脚やLEDライトも含めて、レビュー用の製品だったりもする。とりあえず、そこらへんにあるものを寄せ集めて、スタジオセッティング、と。いろいろ角度を調節しながら、便利に活用。

というわけで、近日中にまた製品レビュー記事を一気にアップ予定です。


by t0maki | 2017-05-31 07:49 | Comments(0)
c0060143_07485229.jpg

ラスベガスで参加したイベントのキーノートとかトークセッションがいろいろ面白かったので個人的に整理するためにも記事にまとめようと思うのだけど、書きたいこと書かなきゃいけないことがまずいろいろあってなかなかそこにたどり着けない。ちょっとずつでも書いとかないとな。最近、インプット過多でアウトプットが追いついてないので、なんとかする。

by t0maki | 2017-05-31 07:48 | Comments(0)
c0060143_23390295.jpg
「よし!組み立てるかー」と思って箱を開けたら、「あれ?この匂い、なんか知ってるぞ」って思ったんだよね。
なんだろう?この懐かしいような、ちょっとワクワクするような匂いはなんだっけなー?と思ったら、

「あ、新車の匂いだ!!」

って気づいたんですよ。買ったばかりの車の匂い。このオフィス/ゲーミングチェアは、まさにそんな匂いがしました。
c0060143_23392981.jpg
というわけで今回はテックウインド社の「AKRacing Premium オフィスチェア(カーボンブラック) http://amzn.to/2rjEjQN」の製品レビューです。新車の匂いってのもあながち間違ってなくて、実はこのイスは「レーシングシート」にインスパイアされたデザインが特徴。見た感じも、レーシングカーの座席っぽいですよね。
c0060143_23394960.jpg
c0060143_23395534.jpg
レーサーが長時間座って運転し続けても疲れないのと同様に、このイスもエルゴノミクス(人間工学)設計により、座り続けても疲れにくい形になっています。考えてみると、僕は仕事でもプライベートでもかなりの時間をパソコンの前で作業しています。必然的に座ってる時間が長いので、座り心地の良いイスってのは本当に大事。サイズ感やクッション性はもちろんですけど、自分の好みや体調に合わせて細かく調整ができるかどうかってところもポイントなのですよ。

気分はファーストクラス
気分はファーストクラス


レーサー気分で、タブレットのレーシングゲームをやってるとこ。
レーサー気分で、タブレットのレーシングゲームをやってるとこ。

その点、このイスは高さや背もたれの角度はもちろん、座り心地の硬さの調節や、ロッキング機能のON/OFFも設定可能。ひじかけも高さや前後・角度も変えられ、本当に自分の身体にあった座り心地を自分で調整することができます。さらに、取り外し可能な頭の部分(ヘッドレスト)のパーツと、腰の部分(ランバーサポート)のクッションも付属しているので、付けたりはずしたりずらしたりなど自由自在、と。

イスって、自分にとってベストなポジションが日によって違ったりするんですよね。集中したいときは前傾姿勢が良かったり、一息つきたいときは思いっきり背もたれを倒したり。そういった意味だと、このイスは背もたれのリクライニングがほぼほぼフラットになりそうな勢いで倒れるの、すごいと思った。これがもし飛行機だったら、後ろの人の膝にがっつり乗っかって「やぁ、こんにちは」ってなるとこですよ。うちの娘なんかは、あんまりにも倒しすぎて、そのまま後ろに倒れてましたけどね。

そう、このイス、うちの娘が結構気に入ったみたいで、モニター中にしょっちゅう座ってた。いろんなレバーやノブをいじって設定変えたりしながら、ちょっとした遊具みたいな感じ。実際、いろんなところが動いたり調節できるので、楽しいんですよ。うちの娘は、腰の位置にくるはずのランバーサポートを背もたれの真ん中らへんまで持ち上げて、それをヘッドレストにしてましたよ。全体的にゆったり大きなつくりになってるので、娘が座ると大きすぎるんですよね。床面から座る位置までの高さが結構高い。一番低い状態にしていても、「あれ?こんなに高くて良いの?」ってくらいに高い。なので、むしろちょっと高い設定にしておいて、オットマンとか、足乗せ台とかあるとちょうど良いかもね。

高さ、前後、角度が調整できるアームレスト
高さ、前後、角度が調整できるアームレスト


このリクライニングのレバーも車っぽいよね。
このリクライニングのレバーも車っぽいよね。


結構たかさがある感じ
結構高さがある感じ

あと、これは好みによってだと思うんですけど、アームレストがいらないっていう人がもしかしたらいるかもしれない。そしたら、はずしちゃえば良い。僕が、どちらかというとアームレストが苦手なんですよ。座るときに、座りづらくないですか?アームレストがあると、正面からの一方向からしか座れない。立った状態からイスに座るときに、横方からお知りをすっとずらして座るってのが、アームレストがあると邪魔してできないんですよね。イスから立つときも、そのまま横方向にすっと立つのができないでしょ。横の位置にアームレストがあったら。

ずっとパソコンのキーボードを叩き続けている状態だと、そもそもアームレストに腕を置かない。座ってるときに無駄に拘束されてるような気分になるから、アームレストは取ってしまいたくなる。で、この「AKRacing Premium オフィスチェア」は、簡単にアームレストをはずしちゃうことができます。

そもそも、パーツごとにばらばらの状態で宅配便で届くから、組み立てるときにアームレストを付けなければ良いだけ。もちろん、後から「やっぱり欲しい」と思えば付ければ良いし。そこらへんはご自由に。届いてからの組み立ては、ネジやビスをはずして、くっつけてってするだけなので、簡単です。ただし、背もたれとか結構重いので、手伝ってくれる人がいると良いかな。僕は、ひとりで組み立てましたけど。組み立て用のツールなんかも付属してます。手袋も付いてるのはすごく思いやりがあると思った。

パーツやツールなど。
組み立ての説明書やパーツと一緒に、手袋も入ってた!


組み立ては結構簡単なんだけど、なぜかそれなりに時間がかかった。なぜだ?
組み立ては比較的簡単。でも背もたれは重いのでできれば2人でやったほうが良いかも

とりあえず、製品レビューとしてはこんな感じですかね。すごいかっこいいし、座り心地が良いし、僕にとっては最高のイスでした。

Amazonから購入できますんで、気になる方は覗いてみてください。



レビューズモニター参加中


by t0maki | 2017-05-30 23:44 | モニターレビュー | Comments(0)
c0060143_17091233.jpg
そこに、物語はあるのか?
語りたいこと、語るべきこと、語らなければならないことはあるのか?
伝えたいこと、伝えるべきこと、伝えておかなければならないことはあるのか?

撮るということと、書くということ。そして、つくること。
語り、そして伝える。

移動中の隙間時間とか、寝る直前に睡眠時間を削ってとか。
結局のところ、書きたいから書きたいことを書きたいように書く、と。
何を書くかということより、書き続けるってことの方が僕にとっては大事なのだ。



by t0maki | 2017-05-29 17:09 | アート>もの書き | Comments(0)
c0060143_11144642.jpg




品川駅で未発売のキャンバスモニターなどを触ってきた。 #デルアンバサダー
品川駅で未発売のキャンバスモニターなどを触ってきた。 #デルアンバサダー


8Kモニター。隣のと比べると、眼鏡をかける前と後みたいな感じ。はっきりくっきり。 #デルアンバサダー
8Kモニター。隣のと比べると、眼鏡をかける前と後みたいな感じ。はっきりくっきり。 #デルアンバサダー


これで絵を描くのは楽しい。Photoshopはまだ対応してないようだけど。ダイヤルのインターフェイス、面白いね。 #デルアンバサダー
これで絵を描くのは楽しい。Photoshopはまだ対応してないようだけど。ダイヤルのインターフェイス、面白いね。 #デルアンバサダー


ラクガキ。切り替えると、指でも描ける。アームは付属してないので、テーブルにそのまま置くか、つっかえ棒を出してちょっと斜めに置くか。 #デルアンバサダー
ラクガキ。切り替えると、指でも描ける。アームは付属してないので、テーブルにそのまま置くか、つっかえ棒を出してちょっと斜めに置くか。 #デルアンバサダー


これが、ダイヤル。慣れてくると、ワンストロークで色を変えながら途切れなく描くこともできる。すごいな。 #デルアンバサダー
これが、ダイヤル。慣れてくると、ワンストロークで色を変えながら途切れなく描くこともできる。すごいな。 #デルアンバサダー




by t0maki | 2017-05-29 11:13 | Comments(0)
c0060143_21221432.png
コミュニケーションツールが多様化して、クライアントごとにChatWorkやSlack、Chatter、LINE、Facebookや時にはTwitterのDM使って仕事のやりとりをして、便利になったんだかよりめんどくさくなったんだか分からないですけど、相変わらずベースにあるのはメールだったりもして、仕事用のメールアカウントと、プライベートのGmailに毎日どかどかメールが届くのをもちろん全部目を通す時間なんて無いわけで。

今、Gmailの未読メールの数を見てみたら、受信トレイの未読メールは1万2千くらいとわりと少なめなのですが、自動振り分けで下層にあるフォルダなんかは、未読が30万件超えてるのと、21万件のと18万件のがあったりもして、日々増殖中。もちろん、そっちのメールはもう読む気はさらさら無い。でも、たまになんか調べたいときに、自分のメールを検索して未読の中から古いプレスリリースを見つけたり、過去のやり取りを掘り起こしたりもできるので、そういうときのために未読メールも削除はせずに、ただそこにある、と。

「未読でもいいじゃないか、人間だもの」

まぁなんだかんだ言っても限られた時間の中でやるべきことがたくさんあって、わりと毎日忙しくしているとそうそうわき道に逸れたりもしていられないから、未読メールはたまってくだろうし、CCメールはスルーするし、Toメールだろうとうさんくさいメールは未読のまま葬り去る。大事そうなメールもたまにすり抜けていくけどまぁ仕方ない。Gmailの容量が足りなくなってきたら、でかい添付ファイルがくっついてるメールから削除していけば良いし、まぁ最悪全部無くなったとしてもそんなには困らないかもしれない。

「今」が大事だから。過去の未読メールは振り返らない。

全ての情報は流れていく。たまにどっかに引っかかってしばらくそこにとどまることはあるけど、結局は次々流れていく新しい情報に押し流されて、消え去っていってしまう。

何が残るのかね?こうして、20年近くもWebやデジタルの仕事をしてきてはいるけど、僕が20年前につくったものなんてもうどこにも存在してないよ。せいぜい、僕のハードディスクドライブの中に所在無くたたずんでるだけ。

久しぶりにアメリカを訪れ、学生時代の頃をちょこっと思い出し、時差ぼけの頭でちょっとだけ感傷に浸ってみるけど、この感情もまたすぐに上書きされていくんだろう。

そういうもの。


by t0maki | 2017-05-24 21:30 | Comments(0)
c0060143_11393338.jpg
あれ?記事書いたはずだけどなー……と思ったら、しっかり下書きに入ってた!普段あんまり下書きに保存したりせず、書いたらその場でバンバン公開してるから、気づいてなかった。うぉっぷ!

というわけで、オールブランアンバサダーとして、モニターに参加しています!今回いただいたのは、オールブランのオリジナルと、フルーツミックス、ブランフレークプレーンの3製品に加えて、アンバサダーで当選するともらえる限定ハンドブック「Watashi Sukkiri Book style3」、そして「ちょい足しボトル」です。


僕も、アンバサダーなのです。 #オールブランアンバサダー
僕も、アンバサダーなのです。 #オールブランアンバサダー


オリジナルのちょい足しボトルをいただいた。 #オールブランアンバサダー
オリジナルのちょい足しボトルをいただいた。 #オールブランアンバサダー


ちょこっと持ち歩ける、ちょい足しボトル。 #オールブランアンバサダー
ちょこっと持ち歩ける、ちょい足しボトル。 #オールブランアンバサダー


3冊目。 #オールブランアンバサダー
3冊目。 #オールブランアンバサダー


いつもの食事に、食物繊維をプラスする、と。 #オールブランアンバサダー
いつもの食事に、食物繊維をプラスする、と。 #オールブランアンバサダー


「ちょい足し」ができる専用のボトルは、かなり便利。個人的にはもうちょっと大きくても良いかなぁとも思うけど、分量としてはこれくらいが最適なんですかね。まぁ、ちょい足しですものね。がっつり食べたい場合は、まぁ自分で容器を作れば良いよね。「がっつり足しボトル」みたいなね。

そういえば、オールブランのオリジナルのを使って、ちょっと料理をしようかなと考えてたとこだった。ハンバーグかな。それとも、何かしら面白い料理はつくれるかな。何かに混ぜるとか。あるいは、何かの食材と入れ替えてみるとか。なんか、いろいろできそうなので、今度本気でつくってみます。

アンバサダー限定のイベントや、モニター企画などを開催している「オールブランアンバサダー」、ご興味ある方はぜひ。





by t0maki | 2017-05-24 19:38 | アンバサダー | Comments(0)

   
Back to Top