ブログトップ | ログイン
<   2016年 12月 ( 52 )   > この月の画像一覧

c0060143_14335453.png

ガラケー全盛の頃、ひたすら待受画像をたくさんつくっていた時期があります。50くらいサイトを立ち上げて、それぞれテーマを決めて作品を公開していたら、150誌以上の情報誌や書籍に取り上げてもらったりね。一時期コンビニに行くと、「これも、これも。あ、これも」という感じで掲載誌が売られてました。

待受サイトを運営している会社さんからも時々発注があって、ほぼ毎月のようにせっせとつくっては納品してました。中でも人気があったのは、ジョーク系のネタ画像。Flashでつくるんですが、時計やカレンダー表示を組み合わせたり、1つのファイルに複数のネタをランダムで表示されるようにしたり。

もちろんマジメな作品もつくっていて、そんなこんなで静止画も含めると累計10,000種類以上の待受をつくって世に送り出しました。版権元さんから依頼されて、キャラクターものとかもつくりましたし、メーカーさんの公式サイトとか、キャリアさんの公式サービスにも作品を提供してました。
c0060143_14335785.png
c0060143_14335192.png

待受画像芸人みたいな感じで。毎月いろんなネタを考えて作品を制作するのはタイヘンでしたがとても楽しかったですよ。

ガラケーがスマホに移行してからは全くつくらなくなりましたが、こういうおバカなネタを使って、またなんかつくってみたいな。ふざけたくだらないことを考えるのが好きなのです。

by t0maki | 2016-12-31 11:41 | アート>待受画像 | Comments(0)
c0060143_12314021.jpg
僕の「旅ブロガー」としての原点は、この2002年の屋久島旅行だったと思う。太古の森がそのまま残る風景はただただ息を飲む迫力だったし、旅の途中で知り合った人たちと一緒に森を歩いたり、カヤックをしたり。地元の祭りにも参加して、月を見ながら綱引きをして、お酒を飲んだ。すべてが完璧なタイミングで、心に残る素晴らしい旅でした。

中古で手に入れた蛇腹式の中判二眼レフカメラを持って行って、原生林を分け入って森を撮影。ロシア製のトイカメラLOMO LC-Aでスナップを撮ったり、あとは無印良品のおもちゃみたいなデジカメでウェブ用の写真を撮ったりも。

そう、この時の旅の試みとして、移動しながらリアルタイムに旅ログをアップしようと思ったのですよ。今でこそスマホ一台で手軽に旅行中もSNSやブログを更新できる時代ですが、当時は出先でネットにつなぐだけでも大変だったんだよ。パケット定額サービスが無い時代、

僕の旅ブログの原点は、この2002年の屋久島旅行だったかもしれない。当時まだ「ブログって何?」という時代に、「インターネット」の「ホームページ」を更新しながら旅をしようと思ったわけですよ。その頃僕はWEBデザイナー歴3年くらいで、いろいろ新しいことにチャレンジしながら勉強してた頃。

ガラケーでデータ転送をすると数キロバイトごとにチャリンチャリンお金が飛んでくので、「パケ死」しないように極限まで写真データを軽くしてアップしてた。PHS回線の通信カードも持って行ったんですが、屋久島は対応エリアではなかったので現地では使えず。たまに灰色の公衆電話を見つけてはISBN回線を使って接続したり。ノートPCのバッテリーは2時間しか持たないので、つねに電池残量との戦い。カメラとか、ガジェット類とかをマイクロバスに積んで、屋久島を移動しながら旅ログをアップしてました。

その時の旅ログのデータを見つけたので、ここに転載しておきます。
今見返すと、かなりシンプルだね。

■屋久島旅行1日目 
2002/9/19(木)

12:31 晴れ
東京駅に向かっています。いよいよ旅の始まり。


13:16 晴れ
東京駅到着。
それにしても、いい天気だ。


15:35 晴れ
名古屋通過

16:13 晴れ
京都通過


16:30 晴れ
新大阪通過。
西日がまぶしい。

17:48 晴れ
広島通過
夕暮れ。サイトに写真を追加。


18:35 晴れ
小倉通過。
そろそろ腹も減ってきた。

18:48 晴れ
すっかり日も暮れました。
博多に到着。


20:48 晴れ
博多ラーメン、麺ちょいかたで、替玉もいただきました。
この後、夜行で鹿児島へ向かいます。



■屋久島旅行2日目 
2002/9/20(金)

06:22 晴れ
鹿児島到着。
これから、フェリーに乗ります。






10:42 晴れ
屋久島到着。暑いぞ。


13:45 雨
自転車で屋久島探索中。晴れたり、雨が降ったり、変な天気。


15:32 曇り
夢中になってシャッターを切りながら、沢の上流に進んでいたら、随分遠くへ来たらしい。自然に包まれています。




20:43 晴れ
民宿に泊まっています。あまりに静かなので、もう寝ます。


■屋久島旅行3日目 
2002/9/21(土)

04:46 晴れ
巨大なゴキブリ出現。しかも二匹。なんか、目が覚めた。

12:26 晴れ
カヌーから、水面ぎりぎりの景色を堪能。




13:57 晴れ
屋久島ラーメンをいただきました。

17:54 曇り
白谷雲水峡に行ってきました。
屋久杉の迫力に圧倒されっぱなしでした。


19:08 晴れ
温泉に入りました。

20:37 晴れ
十五夜の月を見ながら、地元の祭に参加。なぜか、綱引きをして、お御酒をいただきました。


22:02 晴れ
頑固おやじの居酒屋で、料理を堪能。うまかった。

23:06 晴れ
そろそろ就寝。今日は意外な巡り合わせや出会いがあって、楽しい一日でした。

23:07 晴れ
今夜はゴキブリがでなければいいが。


■屋久島旅行4日目 
2002/9/22(日)

08:39 晴れ
朝食をたべて、民宿をチェックアウト。さて、これからどうしようか。

10:08 晴れ
レンタカーで、島内をドライブしています。

10:17 晴れ
猿の群れに囲まれた!

12:26 晴れ
ヤクスギランド散策。それにしても、ここの野生ザルは人に慣れすぎ。


13:15 晴れ
波打ち際の岩の上。水しぶきがかかります。見渡すかぎり、誰もいません。


14:49 曇り
屋久島を離れる時間が近づいてきています。本当に楽しかった。いろんな出会いがありました。
忘れたくない思い出をいっぱい持って帰ります。


19:15 晴れ
鹿児島港から、西鹿児島駅へ。これから夜行を乗り継いで東京へ向かいます。

21:50 晴れ
夕飯に焼酎四合をいただき、結構酔ってます。


■屋久島旅行5日目 
2002/9/23(月)

02:49 晴れ
熊本停車中

05:54 晴れ
博多。
爆睡してた。乗り換えです。

07:46 晴れ
広島通過

09:47 晴れ
あ、名古屋だ。
眠ってたらしい。

11:11 曇り
新横浜通過

11:30 曇り
東京着

14:50 曇り
帰宅。


といった感じの旅ログ。苦労した割には、ホントにシンプル。
いろいろ試行錯誤しながらネットに繋げて、更新していくのは楽しかったですよ。

あれから14年。テクノロジーはあっという間に進歩して、旅ブログも本当に書きやすくなりました。出先で写真を撮って、スマホに取り込んで、そのままInstagramにアップしたり、ブログを更新したりもできる。ネットへの接続も、そのままモバイル通信でもサクサクいけるし、海外でもモバイルWi-Fiや、ホテルや空港のWi-Fiで問題なくインターネットに接続できる。今回びっくりしたのは、飛行機の中でさえ、ネットにつなぐことができるんだよ。

今年は、「旅」をブログのテーマのひとつとして本格的に取り組んでいました。「旅ライター」という肩書ももらったので、せっかくだからそれも活かそう、と。福島県の西会津で地域おこしのアイデアソンに参加した翌週にいわき市ツアーに参加したり。北海道旅行の翌月にニュージーランドへのひとり旅。夏休みに家族でタイ旅行。かと思えばタイ観光アンバサダーとして大阪の天神祭でタイの屋台船に乗ったり。伊香保や日光、仙台も。で、最後はチェコ政府観光局からご招待いただいて、7日間(+2日)のチェコツアー。

一過性の「旅」を文章にして表現する時に、時間軸を加えて普遍性を持たせるっていうのがここ最近の課題で、フィールドワークの勉強会で「マルチサイティング」という手法で多層的なアプローチをする手法と、デッサンの体験レッスンで教わった「右脳」と「左脳」を両方使って表現するという方法で感性と知性をバランスよく使って書くということを実践してみたいなぁと思っているところ。

もちろん、単純に「良い写真を撮る」とか、「伝わりやすく、正確な文章を書く」といった基礎的な部分もしっかりレベルアップを目指しつつ。

昔から、旅が好きなのですよ。十代の頃、自転車にテントを積んで、埼玉の自宅から福島の祖父母の家までプチ冒険旅行をしたことがあります。アメリカに留学し、冬休みに15日間かけて北米大陸を列車で旅をしました。いろんなものを見てきた。砂漠を自転車で走ったこともあります。人生自体が、旅なのかな。なんかよくわからないけど。

旅を極めたいと思う。ひたすらあちこち行くというよりも、しっかりじっくり旅を味わって、そしてその価値を表現できるようになりたいと思う。

まぁとにかく、下書きに突っ込んだままの書きかけの旅記事をまずはなんとかしろっていう話だけどね。頑張ります。




by t0maki | 2016-12-31 00:05 | ライフスタイル>旅 | Comments(0)
c0060143_23415824.jpg
今年もいろいろあった。いろんなとこに飛び込んで行って、たまに失敗することもあるけど、総じて素晴らしい体験がたくさんできました。どんだけ充実していたかは、ブログの執筆記事数が現時点で850本を超えて年間執筆数としては過去最高を記録したことからも分かると思う。毎日がすっげー充実してて楽しかったですよ。

というわけで今回は、今年2016年に体験したことを、ちょこっとそれっぽい見出しとブログ記事とともにダイジェストでご紹介。

▼旅に関すること
海外旅行に年間3回行ったのも初めてかもしれない。今年は旅をテーマに、旅メディアへの寄稿するための取材や、プチ移住体験、遠方でのイベント参加など、国内外あちこち飛び回った。

■福島県 西会津で除雪を楽しむジョセササイズを体験してきた

■マイウイスキーづくりから5年目、北海道余市蒸留所を再訪

■初めてのタイ、初めてのグランピング、そしてプール貸し切り

■赤道越えて遥かニュージーランドへ民族のルーツを探る旅

■富山県南砺市でプチ移住体験。地元農家さんをお手伝い

■江戸ワンダ―ランド日光江戸村で、家族みんなでコスプレ

■チェコ旅行中に思わぬアクシデント!パスポートを盗まれた


▼執筆や創作活動関連
アート系で言うと、写真展に出品してみたり、あるいは成り行きでイベントに写真を飾ってもらったり。来年はきちんと自分で写真展もやりたいと思う。あとは、2700円で1日中ひたすら美術館・博物館をハシゴする企画とか、国立博物館で屋外上映の映画を観たり、デザフェスに出展する知り合いのブースに作品を置かせてもらったりなど。相変わらず時間があればあちこち美術館やギャラリーに行ってます。
それと、製品レビューも今年は100製品以上。片っ端から受けて、ひたすら書きまくってた。その製品をどのように使うか考えるのが楽しかった。

■「船の科学館」を取材し、南極観測船「宗谷」の魅力に迫る

■英語で小説を学ぶ2カ月!テンプル大学の社会人学生に

■交通費込2,700円で都内の美術館・博物館を10カ所ハシゴ

■知り合いとデザフェスに作品を出展しキューブ作品を販売

■「写ルンです」で本気の写真を撮ったら、カメラ3台当選!

■製品レビューが年間100件越え!どんな製品もどんとこい

■デジタル文具「Bamboo Slate」を使うと落書きがはかどる

■OCHABI artgymの体験講座で「考える」デッサンを学ぶ

▼運動・健康に関すること
今年の年初に、思いつきで50kmマラソンをやってみた。開通直前の海底トンネルを走ったり、オトナのスポーツテストに参加したりなど。10月の健康診断で肥満スレスレの測定値が出てしまったので、緊急ダイエット企画を始め、ある程度体重を落とした後、健康的な体づくりを目指す、と。今は、娘と一緒に縄跳びにハマってます。

■なんとなく思いつきで50kmマラソンにチャレンジしてみた

■肥満寸前!?緊急ダイエット企画で健康的な体を目指す

■オトナのスポーツテストに参加!50mの記録は7秒2でした

■今年も達成!100日間で100万歩をひたすら歩くプロジェクト

■大人のホンキの縄跳びチャレンジ。二重跳び100回達成!


▼講師として
むかーしむかし、パソコンスクールでインストラクターをやってたり、数年前に何度か国際大学で非常勤講師をやったりもしていて、基本的に教えるのが好きです。キッズ向けの工作ワークショップはここ何年も不定期で継続的にやってます。今年はそれに加えて、朝活の勉強会のゲスト講師や、Dropbox主催のイベントで短いプレゼンをやったりなど。

■東急百貨店吉祥寺店でキッズ向け工作ワークショップ開催

■今年もかえっこでワークショップ。エコでデコな封筒づくり

■「飛び込む技術」のヒミツとは?勉強会で講師をしました

■Dropbox主催のイベントに登壇!ショートプレゼンしてきた
他にも、書き切れないくらいいろんなことがあります。

■超初心者だけどデイトナのテストコースでバイク講習受講
■ヤマハ マリン塾の企画で浦安から横浜までボートを操船
■まるでミステリーツアー!大阪天神祭でタイの屋形船に乗る
■時速120キロで走る寝台列車でシャワーを(6分間)浴びる
■ある意味18年かけて完成した短編小説『DAIMARU HOTEL』
■羽田空港直結のカプセルホテル「ファーストキャビン」に宿泊
■2か月で200記事、15万字をひたすら書き続ける武者修行
■Tomato結成25周年企画展のオープニングで先生達と再開
■iPhoneからエイリアンが出そうになったので新品交換した
■高低差30メートル!開通直前の海底トンネルを走るイベント
■アカデミー賞を受賞した写真家さんの作品展設営をお手伝い
■ナノブロックで不死鳥をつくってたらチラッとテレビに映った
■プールで無料のカヌー体験!「船の科学館」の企画が楽しい
■学校の課題でとりあえず小説の書き出しを100本書いてみた
■ケニア出身のシンガーSwinkyさんに多摩動物園で会えました
■グループ会社数百人がいるところでなぜか表彰されました
■秋元才加さんが食べた白石ファームの土を僕も食べてみた
■太陽光発電システムを組み立てるワークショップでお勉強
■「りんごをかじろう」で学んだのはイランとフィールドワーク

スゲー充実してて、楽しい一年だった。
また来年も、全力疾走。


by t0maki | 2016-12-29 23:44 | 乱文・雑文 | Comments(0)
c0060143_23212190.jpg
今年も1年、いろいろなところでご縁があって、作品をつくったり、展示したり、つくり方を教えたり。どれもみんなすごく楽しかったし、勉強になった。相変わらずつくるものはちっぽけで取るに足らないものが多いけど、僕にとってはつくり続けることだけが永遠の目標。つくり続けることさえできれば、幸せなのですよ。

というわけで、2016年に「日曜アーティスト」として参加した活動いろいろ。


2016年2月(3331 Arts Chiyoda)
『かえっこバザール』の会場ボランティア

2016年3月 (青山アートスクエア)
『マグダレナ・ソレ写真展』の設営ボランティア

2016年4月(FabCafe)
『Surfaceアンバサダー』のイベントでスタンプをつくった

2016年6月(吉田さん宅)
『写真で作る飛び出す絵本ワークショップ』に参加して飛び出す絵本づくり

2016年6月(北海道旅行)
旅する豆粒彫刻プロジェクト『じゃぁにぃ』

2016年7月(fabcross)
fabcrossの1,000円ものづくり企画に参加

2016年7月
東急百貨店吉祥寺店 にて工作ワークショップ開催

2016年8月(富士フイルムスクエア)
『“PHOTO IS”想いをつなぐ。30,000人の写真展 2016』にて写真展示

2016年8月(3331 Arts Chiyoda)
『かえっこバザール』にて工作ワークショップ開催

2016年8月(CAINZ工房)
水栽培のポットをつくるDIY体験を取材レポート

2016年9月(TechShop)
『高知家学講座2016』で土佐材を使ったグループ制作

2016年10月(みんなの木工房 DIY好き。)
TABICAのワークショップでカホンづくり

2016年11月(南砺市太美山体験ハウス)
南砺市プチ移住体験中に木彫りのペーパーナイフづくり

2016年11月(東京ビッグサイト)
『デザインフェスタvol.44 K-441』 キューブ作品販売

2016年12月(新宿 LUMINE 0)
エプソン ニューフォトフォーラム
今年も一年、お世話になりました。いろんなご縁があって、このような企画に参加させていただくことができました。
なんか不思議なんですよね。気づけば面白そうな企画が目の前にあって、あとは僕が飛び込むのを待っててくれるみたいな感じ。
こんなきっかけをくださった皆様に感謝です。ありがとうございました。

来年は、さらに自分からも積極的に動こうと思っています。いろいろ仕掛けていきますんで、よろしくです。



by t0maki | 2016-12-29 23:31 | アート | Comments(0)
c0060143_14543721.jpg
今年は、ひたすら製品レビューを書き続けた一年でした。もうホント、修行です。

自分で勝手に購入して書いたものもありますが、いろんなところから依頼を受けて書いたものもたくさんあって、全部で軽く100点以上になっていると思います。画材や工作ツールであったり、アウトドア用品、ガジェットや電子機器系、傘や財布。ヘルスケア系やダイエットに効果がありそうな健康グッズなども。中には、髪の毛をウェーブさせるカーラーとか、化粧用のブラシとかもレビューの依頼がありましたが、ここらへんは嫁さんや娘にも手伝ってもらって書きましたよ。

今年レビューを書いた100以上の製品のうち、「え?なにコレいいかも!」っていう、使ってみたら意外と良かった商品をご紹介。


■ZBet 伸びるホース
使ってみるまでは「へー、そんなのあるんだー」くらいな感覚でしたが、使ってみたらこれが意外と便利。使わないときは縮むので、収納に場所を取らない。放水口のヘッドもシャワーやジェットなど7種類に切り替えられるし。ホースが水圧でひゅるひゅる伸びてくのを見てるのも楽しい。ベランダでビニールプールに水を入れる際に活躍しました。


■Hisgadget ジャンプスターター
これも、製品レビューの依頼を受けるまではその存在すら知らなかった製品。車がバッテリー切れになってエンジンがかからなくなったときに、こちらの小型ジャンプスターターを使うと一時的に電気を供給してエンジンをかけることができるという優れもの。普通、ジャンプスタートというと2台の車同士のバッテリーを繋ぎますが、こちらは、持ち運びできる小型バッテリーといった感じ。面白いのは、ジャンプスターターとしての機能の他にも、懐中電灯になったり、コンパスがついてたり、普通にモバイル機器も充電できるということ。


■ドライヤーボール
洗濯物と一緒に乾燥機に入れると、乾燥時間が短縮でき、さらに衣類もフワフワになるアイデア商品。アメリカなどでは、結構人気の商品らしいですよ。乾燥機を使っている人にはぜひ試して欲しい一品。


■VRゴーグル
VRが流行ってるっていうので、この商品もマイベストに入れてみました。仕組みはいたって簡単。スマホをこのゴーグルの中にセットして、サイドバイサイド方式のステレオ写真なり映像を再生すると、立体に見える、と。で、スマホの加速度センサーによってゴーグルの動きを検知して、あたかもそのバーチャルの世界の中にいるような感覚になるというもの。なかなか面白かったですよ。


■Dr.Meter デジタルノギス
デジタルノギス、いいよねー。気になるものの厚みや直径、長さ、深さなどをサクッと測れるツール。数値がデジタルで表示されるのが便利すぎる。インチとセンチの切り替えもボタン一つで簡単。デジタルノギスのレビューができるなんて、ものづくり好きとしては嬉しくて仕方ない。


■Ohuhu 湯たんぽ
いやー、湯たんぽって初めて使ってみたけど、良いね。先人の知恵というか、お湯の熱で布団の中を温めるという単純な仕組みなんだけど、そのぬくもりがなんかとてもほんわかあたたかくて心地よい。電源もいらないし。勝手に冷めちゃう潔さも、切り忘れにならないし良い感じ。


■iClever 折りたたみ式キーボード IC-BK06
これは単純にガジェットとして「良いな」と思ったもの。iPhoneにつないで、普通にワイヤレスのキーボードとして使うことができます。ひとつひとつのキーも比較的大きくて打ちやすいし、二つ折りになるので携帯性にも優れてるし。右手と左手とで良い感じに角度がついてるのも打ちやすい。


■Ohuhu 携帯型ウッドストーブ
薪や乾いた木などを燃やすタイプのアウトドア用ウッドストーブです。もともとアウトドアが好きなんだけど全然やる機会がないので、今年はベランダバルコニーでアウトドアごっこをすることが多かったです。シェードになるテントを買って、中に寝袋持ち込んで寝てみたり。自宅で手軽にできるアーバンキャンプ。このウッドストーブでインスタントラーメンをつくって食べたよ。


■SkySeaCloud USB扇風機
今年の夏、かなり活躍したのがこのUSB扇風機。ベッドのサイドテーブルに置いといて、厚い夜はこの扇風機を使って涼んでました。USBケーブルで充電式なので、電源が無いところでも使えるのが便利。夏場、テントの中に持ち込んでつかったりもしましたよ。ソーラーチャージャーとつないだりして、完全にアウトドアでも使える感じ。


■CHOETECH ソーラーチャージャー
これも、アウトドアに持っていきたいグッズ。太陽光を電気に変えてデバイスを充電することができるソーラーチャージャーです。すごいジャングルの奥地とかでちょっと使ってみたいよね。なんか、探検家っぽい雰囲気。災害時の停電対策用にも、一個あると便利だと思います。

というわけで、以上が今年製品レビューした100以上のアイテムの中から厳選した、「へー、これ意外といいじゃん」と思える製品10選でした。

ついでに、「これはちょっと無いな」と思う製品をいくつか紹介。製品自体は全然悪くないんだけど、使う機会がなかったり、なんだかんだで製品レビュー以降使って無いやつ。

タクティカルグローブは、とりあえず面白そうなので製品レビューしてみたけど、そもそもサバゲーとかしないし、日常にタクティカルな要素があまりないというね。見た目はかっこいいですけどね。

あと、時計修理工具と、時計蓋閉め器については、普段そんなに時計が壊れることが無いので、レビュー以来使って無い。そもそも、普段僕が時計をしていないという致命的な問題が……。このレビューの時は、ちょうど電池切れの腕時計があったので、家電量販店で電池を買ってきて、このツールを使いながら自分で電池交換してみましたよ。その体験は面白かったですけどね。

最後に、土壌水分センサー計は、これ自体はすごく面白い。でも普段園芸もやらないし、そもそも土に触れる機会がほぼ皆無なので全然使う機会がない。むしろ、どんどん使ってみたいんですけどね。土と対話しながら、野菜や果物をつくってみたいよ。

というわけで、そんなところですかね。僕が製品レビューを書きまくる理由は、こういったいろいろな商品を実際に使ってみて、その機能に感心したり、使い方を考えたり、そして最終的にそれを記事にするのが楽しいから。もっとも、最後の方は依頼をたくさん受け過ぎてしまって、じっくりその製品を使う時間がないまま、記事を書いてしまったこともあり、それはちょっと反省。製品レビューを書くのは、楽しいですよ。




by t0maki | 2016-12-29 23:07 | モニターレビュー | Comments(0)
c0060143_19273942.jpg
オンライン旅行会社のエクスペディアが、日本の有給消化率が最下位だということを記事にしていた。


それを見ると、まぁ確かに日本は有給の消化率は対象12カ国中で最下位だけど、有給を取得した日数の方を見ていると、実は韓国の方が少ないんだよね。可哀そうな、韓国の人たち……と思ったけど、実は韓国って日本より祝祭日の数が多い。休みの日数を正確に把握するなら、有給取得の日数と、さらに祝祭日も合算してみないとだよな。

というわけで、調べてみた。

まずは、先ほどのエクスペディアのデータから、有給の取得日数をランキングにしたもの。エクスペディアの有給消化率のグラフと見比べてみると、同率1位でブラジル、フランス、スペインの3カ国がトップっていうのは変わらず。順位的には香港が下がって、インドが上がり、日本と韓国が入れ替わりましたね。有給の取得日数を見ると、日本は最下位ではない、と。

▼有給取得日数のランキング
順位、国名、有給取得日数@取得率
1位 ブラジル 30日@100%
1位 フランス 30日@100%
1位 スペイン 30日@100%
4位 オーストリア 25日@100%
4位 イタリア 25日@83%
6位 インド 15日@71%
7位 香港 14日@100%
7位 シンガポール 14日@78%
9位 アメリカ 12日@80%
9位 メキシコ 12日@80%
11位 日本 10日@50%
12位 韓国 8日@53%

で、上記の有給日数データに、祝祭日(法定休暇日数)を加えるとどうなるか?
祝祭日データは、MERCERの調査データを使っています。

▼休みの日数(祝祭日+有給)
順位、国名、合計休暇日数(有給取得日数@取得率+法定休暇日数)
1位 スペイン 44日(30日@100%+14日)
2位 ブラジル 42日(30日@100%+12日)
3位 フランス 41日(30日@100%+11日)
4位 オーストリア 37日(25日@100%+12日)
5位 イタリア 36日(25日@83%+11日)
6位 インド 33日(15日@71%+18日)
7位 香港 28日(14日@100%+12日)
8位 日本 25日(10日@50%+15日)
9位 シンガポール 24日(14日@78%+11日)
9位 韓国 24日(8日@53%+16日)
11位 アメリカ 22日(12日@80%+10日)
12位 メキシコ 19日(12日@80%+7日)

というわけで、日本は若干順位が上がりましたね。相変わらずブラジルとヨーロッパの国々はたくさん休暇を取得していて、そこはまぁゆるぎない感じ。インドは法定休暇日数が他の国と比べてかなり多いのですが、ヨーロッパの有給日数に比べちゃうと勝てないみたい。香港7位、日本8位、韓国9位と並んでいます。意外とアメリカが11位と低くてびっくり。そして最下位は、法定休日の日数7日間とかなり少ないメキシコ、と。まぁでも、メキシコの場合はシエスタがあるから、毎日の昼休みが長いよね。

こうして見ると日本は、決してヨーロッパのようには休めないけど、アジアの国の中では休める日数もあるし、アメリカよりも全然良いですね。ホリデーシーズンにがっつりと休んでいるイメージの強いアメリカだけど、全体でみると日本の方が祝祭日を含めると休みが多いって意外。

まぁなんにしても、どんなに祝祭日が多くとも、ブラジルやフランス、スペインあたりのがつんと長期に休める「バカンス休暇」にはかないませんね。


参考:
有休消化率3年ぶりに最下位に!有給休暇国際比較調査2016

マーサー、年間祝祭日数世界ランキングを発表 - プレスルーム | マーサージャパン


by t0maki | 2016-12-29 19:37 | ライフスタイル>旅 | Comments(0)
c0060143_14360166.jpg

チェコ政府観光局さんにご招待いただいてチェコを旅行してからというもの、思いっきりチェコのとりこになってしまった。古くからの伝統と新しい文化が融合した、とても素敵な国でした。

日本に帰ってから、なんとなくチェコの情報を探してたら、メイド・イン・プラハのジュエリーブランド「MOSHNA」が日本に上陸したってニュースを知りました。製品ラインナップを見てたのですが、このペンダント良くないですか?

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【MOSHNA】SILVER SET GEM チェーンとペンダントトップ
価格:18144円(税込、送料無料) (2016/12/29時点)


チェコの伝統工芸でもあるシルバーをベースに、ピンクとホワイトのボヘミアングラス組み合わせが良い感じ。見た目が時計を分解したみたいな機械的なところもかなりそそる。なんとなく、チェコの天文時計を想起する感じもありますね。ちょこっとスチームパンク的なところもあるし。いいなー。

チェコは昔から金や銀の加工技術が優れていて、特にプラハ近郊で良質な銀が産出されていたことから、優秀な銀細工職人がたくさん集まっていました。13世紀末頃にはヨーロッパに流通する銀貨の全体の3分の1はチェコの銀鉱から採掘されたものだったということですよ。そんな長い歴史を持つ銀細工の技術と、現代のデザインが組み合わさったモシュナのシルバーアクセサリー。ますます、いいなー。

あ、もちろん僕自身はペンダントとか身に付けませんよ。僕はネバダの大学でアートを学んだ後、初めての仕事がロサンゼルスの宝石デザイン会社で広告写真を撮る仕事だったので、アクセサリー系を見るのが結構好きなのです。

店舗は大阪にあるようなので、今度そちらへ行く機会があったら覗いてみようかな。
楽天でも購入できるようです。


モシュナジャパンオフィシャルサイト

モシュナ楽天市場店

モシュナジャパンfacebookページ


by t0maki | 2016-12-29 17:53 | ライフスタイル>旅 | Comments(0)
c0060143_20542513.jpg
「スカパー!映画部」部員をやってます。映画のお題についてツイートしたり、映画を観たり、映画好き同士で集まったり。つい最近、TOHOシネマのギフトカード5000円分が当選して、これはホンキで嬉しい。また映画館に観に行こう、と。

大学在学中から、だいたいコンスタントに年間平均100本以上の映画を観ています。英語の勉強も兼ねて、洋画が多いですけど、ジャンル関係なしに比較的まんべんなくいろいろ観ます。昨年は約80本と停滞してましたが、ことしは100本超えてたみたい。ネットで映画を観るようになって、観た映画のタイトルが履歴として残るから数えやすいってのもある。飛行機の中で観た映画、何を観たかもう覚えて無いもの。

というわけで、今年2016年に観た映画のリストと、「マイベスト」的なものを発表したいと思います。

▼映画館や試写会で観た映画
マイ・フェア・レディ
時をかける少女
許されざる者
ドラゴン・ブレイド
スター・ウォーズ フォースの覚醒
レッド・タートル
インフェルノ
君の名は。
シン・ゴジラ
ズートピア
ハーフ
七転び八起き
福島桜紀行

▼DVDを借りて観た映画
アリスのままで
アントマン
イミテーション・ゲーム
Lucky Number Slevin
A Merry Friggin' Christmas
サイド・エフェクト(Side Effects)
オデッセイ
ミケランジェロ・プロジェクト
帰ってきたMr.ダマー バカMAX!
パラノーマン
ナイトミュージアム エジプト王の秘密
主人公は僕だった
シェフ
バードマン
アベンジャーズ
トゥモローランド
インサイドヘッド

▼飛行機の中で観た映画
パシフィック・リム
X-MEN:アポカリプス
アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン
ビッグ・ボーイズ しあわせの鳥を探して
デッドプール
ファンタスティック Mr.FOX
バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生
クリード チャンプを継ぐ男
ジャッキーチェンのどれか(タイをバスで移動中)
ベン・ハー
ファインディング・ドリー
ペッツ
ジェイソン・ボーン

▼「Amazon プライムビデオ」で観た映画
トップガン
パワーゲーム
フューリー
ブラック・ハッカー
サボタージュ
スノーピアサー
トランスポーター
NEXT -ネクスト-
ミッション:インポッシブル/ ローグネイション
西遊記~はじまりのはじまり~
トランスポーター
ハプニング
アバター
マダガスカル3
カウボーイ&エイリアン
ターミネーター:新起動/ジェニシス
メガマインド
ミニオンズ
マトリックス
星に想いを
ポリスアカデミー


▼「NETFLIX」で観た映画
アイ・アム・レジェンド
カンフー・パンダ2
マイ・インターン
ノウイング
ザ・ウォーカー
世界侵略:ロサンゼルス決戦
カンフー・パンダ3
ゲット・ハード
マスク
トゥルーマン・ショー
マッドマックス 怒りのデス・ロード
12モンキーズ
ファイヤーフライ 宇宙大戦争
ブラックホーク・ダウン
プライベート・ライアン
エターナル・サンシャイン
ユージュアル・サスペクツ
ベンジャミン・バトン 数奇な人生
セブン
ファイト・クラブ
トレインスポッティング
マチェーテ・キルズ
スモーキングハイ
エスクペンダブルズ3
スーパーバッド 童貞ウォーズ
ほぼトワイライト
トロピック・サンダー/史上最低の作戦
ウォーム・ボディーズ
ローン・サバイバー
スーパー・エイト
365日のシンプルライフ
宇宙戦争
マトリックス リローデッド
ライジング・ドラゴン
イノセンス
大脱出
ジャッカス3
アイアンマン
ナイト&デイ

▼「U-NEXT」で観た映画
スティーラーズ
ピザ男の異常な愛情
キングスマン
ビッグ・ゲーム

と、以上が今年観た映画のリスト。今年もいろいろ観たなー。
では早速、100本以上観た映画の中から、マイベストを発表!
新作映画の中からベスト5を発表!

この映画、とても良かったです。ストーリーがつくり込まれてて、とても面白い。親子の愛とか料理とか、テーマも秀逸。SNSが良い感じで表現されてるのも良いですね。すごく自然で温かみのあるストーリー展開の中で、唯一ちょっと違和感があったのがロバート・ダウニーJrの演技。あそこらへんだけ、ちょっとやりすぎだよなと思った。キューバサンドイッチを食べたくなるよね。

よくある脱出劇と一味違うのは、場所が地球から遠く離れた火星であること。『アポロ13』をより過酷にした映画、みたいな感じ。はたして、無事に帰ってこれるのか?と。
マット・デイモンがさすがの役作りと演技を見せてますね。シンプルなストーリーなのに、ハラハラドキドキの展開がすごい。

スター・ウォーズ世代なのでね、この映画はとりあえず入れて置きますよ。ようやく正統なスター・ウォーズシリーズ作品が観られたって感じ。オリジナルキャストが年を取ってから再び登場していることにも感動ですよ。

特に期待もせずに、予備知識もなく観たのですが、これがかなり面白かった。西遊記0(ゼロ)みたいな展開の物語。スー・チーさんがとても可愛らしくてね。CGとか、シーンの見せ方もこだわってて、たまにやりすぎな部分もありつつ、それも含めて見終ってから「良い映画を観たなー」って感じ。単純に、楽しめました。


六本木の森タワービルで開催した『ジブリ大博覧会』でこの映画のことを知って、家族で映画館に観に行きました。僕はとても好きだったんだけど、娘には刺さらなかったらしい。まぁ、そうか。海外のアニメーション作品。なにやら、壮大な抒情詩を観ているような気分。

と、そんな感じです。どれもお勧めの映画。ベスト5には入れなかったですが、国立博物館で屋外上映した『時をかける少女』が結構面白かった。何が面白いって、なぜか分からないけどタイムスリップの絶妙なタイミングで機材トラブルが発生して、映像が消えて音だけになるの。しかも2回も。これがなんか特別な演出のように感じられて面白かった。

と同様に、屋外で観て面白かったのが『福島桜紀行』っていうドキュメンタリー作品。東京タワーのふもとの公園で、花見をしながら桜を追った映画を観るっていうのが、すごく良い感じで。

以上が今年観た映画のなかで、初めて観て面白いと思ったもの。
で、こっからが今までも観たことあるけど、面白いから何度も見ている映画。少なくとも全部3回ずつ以上は観てるし、5回以上とかもザラ。全部お気に入りの映画です。

まず、すごく思い入れがあるのが『マトリックス』。これは作品が面白いだけでなく、封切の初日が僕のアメリカ生活最終日だったってこともあって、なにやら不思議な縁を感じる作品です。

と、『アバター』も良い映画。劇場で3Dで観て、めちゃめちゃ感動した。さすがジェームズ・キャメロン監督、っていう映画。

スパイ系の映画で一番好きなのが、意外にもこの『ナイト&デイ』です。トム・クルーズとキャメロン・ディアスが成り行きでコンビになる、恋愛あり、笑いあり、もちろんアクションありの映画です。

今年、夏にテンプル大学で英語で小説を書くクラスを受講してたのですね。この『主人公は僕だった』っていう映画は、映画の主人公が劇中劇の書籍の主人公で、なにやら不思議な演出と設定でかなり面白かった。

あとは、サスペンスものなら『ユージュアル・サスペクツ』。結末を知ってても、何度でも楽しめる映画。すばらしい役者さんがそろってるしね。

で、コメディ系で好きなのが『マスク』。ジム・キャリーが本領発揮。そして、キャメロン・ディアスもこの映画がきっかけで売れましたよね。エンディングのドタバタな感じたちょっとB級な雰囲気だけど、それも込みで好きな作品。そして、ジム・キャリーと言えば、『トゥルーマン・ショー』とか、『エターナル・サンシャイン』もお勧め。特に後者は、シュールな恋愛ストーリーだけど心に突き刺さる感じですごく好き。

で、ここで登場『ファイト・クラブ』、と。めちゃめちゃ好きな作品。で、この映画を観るとその流れでブラッド・ピットつながりで『セブン』と『12モンキーズ』も観たくなるという。

最後に、戦争もの2編。『プライベート・ライアン』は、さすがスピルバーグっていう感じ。演出の細かい映画ならではのお作法をあえてひっくり返してリアリティを見せる部分とか、もうさすがすぎ。そしてその映画と対極にあるけど同様に面白いのが『ブラックホーク・ダウン』。観れば観るほど、だんだん味が出てくるつくり込まれた良質な映画です。

というわけで、好きな映画を語るってのは楽しいね。
来年は、どんな映画に出会えるのかな。


by t0maki | 2016-12-28 22:56 | ライフスタイル>映画・書籍 | Comments(0)
c0060143_20244883.jpg

日新製糖の「ボックスシュガーミニ」をご紹介!と。
レビューブログのモニターに参加しています。

というわけで、お砂糖です。400g入りの「白砂糖」と「グラニュ糖」をひとつずつ購入してみました。グラニュ糖の方が、白砂糖より粒子が大きい感じ。料理や、用途にあわせて使い分けるのが良いと思います。
この砂糖の特長は、パッケージをそのまま保存容器として使えることですね。詰め替え不要。チャック付きのボックスになっているので便利です。

コーヒーなどに入れても良いですし、お菓子づくりにも最適。嫁さんが、クリスマスケーキをこの砂糖を使ってつくってくれました。

c0060143_20244989.jpg

c0060143_20244983.jpg

今回、期間限定のプレゼントとして、スティック砂糖の無料サンプルもいただきましたよ。
c0060143_20245065.jpg
という、お砂糖のご紹介でした。

日新製糖は、1950年から続く会社で、砂糖の精製販売の他にも、スポーツクラブの経営や、不動産事業もやっているようですね。今回の家庭用の砂糖の他にも、きび砂糖やカルシウム糖、角砂糖やガムシロップ、業務用の特大サイズまで、砂糖関連の商品を幅広く取り扱っています。ネットショップで購入ができます。公認ブロガーレシピのコーナーには、スイーツやドリンク、和食、洋食、中華、アルコールなど、たくさんのレシピが掲載されており、随時更新されているのでそちらも要チェック!





by t0maki | 2016-12-28 20:21 | モニターレビュー | Comments(0)
c0060143_15253223.jpg

今、大工さんが使う道具もどんどんデジタル化が進んでいてね、木材を切ったり、釘を打ったりする電動工具ももちろんですが、水平を図るため水準器もレーザー照射だったり、デジタルのノギスがあったりもするのですよ。

というわけで今回は、Hisgadgetさんより依頼を請け、デジタルノギスの製品レビューです。


c0060143_15253301.jpg

c0060143_15253323.jpg

c0060143_15253488.jpg

c0060143_15253405.jpg

実は、この製品を購入する前から、僕は既にデジタルノギスを自宅で持っています。便利ですよね。板の厚さを計ったり、棒の直径を計ったりする道具。普通のアナログのものは、測った時に目盛りを目で見て数値を確認しなければならず、読み取りもちょっとしたコツが要るのですが、デジタルノギスはそのまま数値が一目でわかるように表示されるのが特長。そして、インチとセンチの切り替えもボタン一つで簡単。

このデジタルノギスの使い方は普通のノギスと同じ。「ジョウ」と呼ばれる顎みたいな部分で厚さや直径を計り、「クチバシ」と呼ばれる部分で内径を計ります。持ち手の手前のところについている細い棒は、「デプスバー」といって深さや段差を測るためのものです。

電源は「CR2032」のボタン電池を使います。電池を節約するために、使わない状態が5分間続くと、自動的にオフになります。裏面にネジの早見表がついてます。




by t0maki | 2016-12-28 19:57 | モニターレビュー | Comments(0)

   
Back to Top