ブログトップ | ログイン
<   2015年 12月 ( 80 )   > この月の画像一覧

前ページからの続き。今年つくったもののまとめ。前編からどうぞ。

2015年につくったものいろいろ総まとめ(前編) : 日曜アーティストの工房

今年の夏休みの研究として「てづくりスライム」をつくりました。膨らましたらエライことに。
c0060143_18212377.jpg


お茶の水女子大で開催されたバナナ彫刻のワークショップできいちゃんをバナナに彫りました。講師は、山田恵輔師匠。娘と一緒に参加。
c0060143_18224882.jpg


娘がひとりでつくった段ボール製ヘッドマウントディスプレイ
c0060143_18214472.jpg


誰かがつくってるのを見て、面白そうだったのでつくってみた3Dホログラムっぽいやつとか。
c0060143_18215090.jpg


あいかわらず暇なときはラクガキ。電子ペンのレビューでラクガキ、色鉛筆のレビューでもラクガキ、ラクガキカフェ&バーでもラクガキしつつ、忘年会の会場でもラクガキなどなど。
Esinのクリエイティブワークショップでももちろんラクガキ。業務用スタンプをペタペタ押して、描いています。
c0060143_18124479.jpg

c0060143_18125790.jpg

c0060143_1813554.jpg


相変わらず写真はいつでもどこでも撮りまくってて、今年Instagramにアップした写真は4,400枚以上。3月に徳富さんの都電フォトウォークに参加した時も、1,000枚以上撮影して、その中からピックアップした写真をフォトブックにまとめたり。クリエイティブワークショップでの最初の課題が、街のリズムをテーマに100枚の写真を撮るっていうもので、ひたすら撮り続けていた思い出。ノハナで無料フォトブックをつくったり、TOLOTのコクヨコラボデザインで学びやっぽいモリウミアスのフォトブックをつくったりなども。
c0060143_18135232.jpg


あと、今年はひたすら書いてた気がします。隙間時間を見つけては、ブログの更新。メインのブログだけでも750本以上書きました。さらに、ワークショップに参加するために、ひたすら文章を売って小銭をためてたこともあり、ビジネス記事や、英語学習記事、日本文化を海外に紹介するための記事や逆に海外のニュースを日本に伝えるための翻訳記事などひたすら書きまくりつつ、SEO対策の記事制作ではキーワードに沿って600文字50本を一気に書いたことも。記事広告ももちろん書きますし、あちこち寄稿しつつ、けっこうがっつりと編集者さんと一緒にキュレーション記事の執筆もしばらく書き続けてました。お金のためにあまり得意でない記事も書いてましたが、書くこと自体は全く苦にならないので、むしろ楽しい作業でした。

自分でも知らないところで、寄稿した記事や、自分のブログ記事が転載されてるのを見つけることがあったりして、個人的には僕はそういうの大歓迎なので、こんな記事で良ければどんどん使ってください。もちろん、出典を明記するとか、マナーはもちろん守ってもらいつつ。

とりあえず、こんな感じですかね。

3年半続けた3331Arts Chiyodaのボックスギャラリーでの作品販売を終了し、今年は作品展もあまり出展しなかったのですが、ものづくりのイベントに参加したり、ワークショップを開催したり、もちろんクリエイティブワークショップの体験など、作品を発表するというよりも作品を通じてコミュニケーションがとれたので、これはこれで実りある一年でした。
Makers' Marketに出品もしましたね、そういえば。一個しか売れなかったけど。
c0060143_18154123.jpg

c0060143_18154466.jpg


今年はあまりやらなかったですが、リアルにギャラリーなどで作品展をまたやりたいってのはあるので、来年は機会があればまた狙ってみようと思います。銀座モダンアートギャラリーも、最近ちょっとご無沙汰。デザインフェスタも、ライブペインティングをやったっきりいつも観客側だし。たまたま参加した「武蔵野クリーンセンター」のアート展は、作品をムック本に載せていただいたりして楽しかったので、あぁいう体験をもっとしよう。
c0060143_1817462.jpg


いつもなんか、行き当たりばったりで動いちゃってるけど、これでなんとなく方向性が見えたかな。
まぁ、何はともあれ「作品」が無ければ話にならないので、次に何をつくるか、ちょっと真面目に考えてみようと思います。いつも、イベントの前日に慌ててつくってるので。

アリとかボタンとか、相変わらずちっちゃいものばかりつくってるけど、2016年も引き続き、日曜アーティストとしてつくりたいものいっぱいつくるぞ!そしてまた、あちこち飛び込んでくぞ!


by t0maki | 2015-12-30 22:15 | アート | Comments(0)
c0060143_17582261.jpg

製品レビューやイベントの記事。勉強会やセミナーに参加してプレゼンを聴いたり、たまに自分でもプレゼンしたり。旅をして、食事して、アミューズメントスポットを取材したり。今でこそこんななんでもありの雑多なブログですが、一応「日曜アーティスト」として週末の創作活動を紹介するっていうのがこのブログの目的ではあるのですよ。

というわけで、2015年に750以上書いたブログ記事を読み返しつつ、記憶に残ったできごとや「初体験」を綴った1記事目と、美女との出会いをまとめた2記事目に続いて、ようやくこの3記事目で日曜アーティストとしてつくったものとか、アート関連のことを書こうかな、と。

今年もMakers' Baseを拠点として、いろいろ学びつつ作品をつくりました。去年から参加するようになったCube Etudeっていうものづくりのバトルロワイヤル的なイベント用に、今回は透明アクリル板にひたすら「色名」とそのRGB値をレーザーカッターで刻印し、積み重ねて見せるというキューブ作品を制作。
c0060143_17582921.jpg


ゴム印のデータを作成して、レーザーカッターで切り出し、手づくりのゴム印を制作。3331 Arts Chiyodaのギャラリーショップ等で販売しました。をテーマにしたシリーズ作品など、相変わらず小さなものを作り続けています。と、笑えるハンコも。
c0060143_17594165.jpg

ものづくりの先輩からの依頼品、治具。ハンドプレーンという片手に装着するタイプの小型のサーフボードをつくるときに、取っ手の部分をカットするための道具です。
c0060143_180018.jpg


Esinクリエイティブワークショップで5,000点を超える作品をつくり続けて、その集大成としてミニサイトにまとめました。10日間のワークショップの内容が分かるように、日別にカリキュラムの内容を紹介しています。
c0060143_1804627.jpg


ワークショップでも少しやったのですが、電子工作がなかなか面白くて好きになり、立版古と電子工作ワークショップでは、娘が生徒として参加しつつ、僕は教える方のボランティアとしてお手伝いさせていただきました。日本の伝統的な紙工芸である立版古と、ライントレースカーという電子工作が融合した面白いワークショップでした。
c0060143_1831987.jpg


今年も「かえっこ」のイベント内でキッズ向けの工作ワークショップを担当。2月は「おもちゃとしりとり」をテーマにしたお絵描きワークショップ。そして、8月にはUVレジンとおもちゃを組み合わせたワークショップを開催しました。
c0060143_185201.jpg

c0060143_1862880.jpg


「砂利の模様」の布をデザインして、HappyPrintersさんで印刷していただきました。このままかぶると瓦礫の山になれる……かも。
c0060143_18255885.jpg


続いて、娘と一緒に100均グッズでいろいろつくるシリーズ。
マーブルクレヨン。100円の型と、100円のクレヨンでつくる、マーブル模様のクレヨンです。後日、これをちょっと派生させて、レゴの型を購入して、レゴ型マーブルクレヨンもつくりました。
c0060143_1865670.jpg


コケ玉を瓶の中に配置して、ちょっとしたジオラマ風の作品をつくったり。
c0060143_1873584.jpg


他にも、デコパージュや、くるみボタン、UVレジンでボタンチャームなども。
c0060143_188181.jpg

c0060143_18265919.jpg

c0060143_1828553.jpg


画像のアップロード上限に届いてしまったので、後編に続きます。


2015年につくったものいろいろ総まとめ(後編)

by t0maki | 2015-12-30 22:00 | アート | Comments(0)
さて、年末なので自分のブログの振り返りなどをしているんですが、今年も一年間、「ブロガー」としていろんなところに飛び込んでっては、いろんな魅力的な方々にお目にかかったなぁ、と。

今回はその中でも特に、見た目が美しいだけじゃなくて、実はすごいスキルや経歴などをもつべっぴん美女さんたちをご紹介。

■迫力の演武、空手家の宇佐美里香さん

まずは何と言っても空手の宇佐美里香さん。美しいだけでなく、演武が素晴らしすぎ。「KARATE 2020 アンバサダー就任 記者会見」を取材したときに、プレス席の最前列で拝見したのですが、その演武の動き、息遣い、足の指がグッと地面を握りしめる様とか、すごかったー。今年は、テレビCMなどにも登場されてましたね。
c0060143_156243.jpg

【iWire】 宇佐美里香さんと高野万優さんの演武に圧倒されっぱなしの記者会見でした : 日曜アーティストの工房


■美しすぎるもやい結び王、雪乃さやかさん

ヤマハ発動機さんが参加する「マリン・カーニバル」というイベントに参加。そこで「もやい結び王」という企画に参加しました。いかに、もやい結びを早く結ぶかという競技で、見事優勝したのが、当日MCとしてイベントの進行もしていた雪乃さやかさん。僕はこの時、船舶免許を取ってまだ数ヶ月だったので結び方はかろうじて覚えていたものの、赤ちゃんを抱っこしたママさんよりもタイムが遅くて、かなり凹みましたが、楽しかったです。
c0060143_15105679.jpg

「マリン・カーニバル」でもやい結び王にチャレンジ。結果、惨敗 : 日曜アーティストの工房


■Xperia デザイナーの金田さん

名古屋で開催されたXperiaのアンバサダーイベントでお目にかかった、ソニーのCMF(カラー マテリアル フィニッシュ)スペシャリストの金田さん。Xperia Z4開発のお話をいろいろ伺ったのですが、その端末の色や質感であったり、コーナー部分の仕上げについてのこだわりなど、デザインについてのこだわりをいろいろ話してくださいました。周りをほんわかとさせる笑顔が素敵。
c0060143_1574415.jpg

「Xperia Z4」の世界観を具現化する、CMFスペシャリスト 金田さん : 日曜アーティストの工房


■走れるラジオDJ、レイチェル・チャンさん

J-WAVEで番組をもっている、ラジオパーソナリティのレイチェル・チャンさんとは、全長100km以上を走って地図上に巨大な「J-me」の絵を描くGPSアートの企画でご一緒しました。13チームに分かれて走り、レイチェルさんを含めて計4名で走った僕らのチームは、江戸川橋から六本木スタジオまでを走る最終アンカーでした。この企画をまとめるプロジェクトデザイナーのジョセフ・テイムさんと走りながら会話したりして、ブリティッシュアクセントの英語が上手だなぁ、と。そのまま六本木森タワーのJ-WAVEのスタジオに行き、収録を見学しました。
c0060143_15101577.jpg

J-WAVEのイベントで走って街に絵を描いて : 日曜アーティストの工房


■岡田カーヤさんの笑顔が素敵すぎる

石巻市雄勝の「モリウミアス」を訪れた際に、同行させていただいたオズマガジンのライターとして参加されていたのが、岡田カーヤさん。心のこもったインタビューや文章がうまいのももちろんなのですが、旅をしたり、楽器を演奏したり、本当に魅力的な方です。カーヤさんの笑顔を見てると、気持ちがほっこりしてとろけそうになります。
c0060143_15123631.jpg

ポルトガル映画のエキストラをしてきました : 日曜アーティストの工房


■3331 Arts Chiyoda広報担当の智子さん

3331の教室をシェアアトリエにして制作や発表を行う企画に参加した時の担当者が、智子さんでした。その節は、大変お世話になりました。と、バスガイドのコスプレをして展示作品を解説する「Art Bus」っていう面白い活動をしていて、東京電機大学のビルが取り壊される直前のTrans Arts Tokyoで僕もお客さんとして参加しました。産休でしばらくお仕事から離れていたのですが、今年は復帰して、イベント等でお世話になってます。
c0060143_15132054.jpg

「千代田区 ディスカバリー・ミュージアム 秋ツアー」に参加した日曜アーティスト : 日曜アーティストの工房


■車評論家のスーザン(グレイス)史子さん

ベストカーアンバサダーの企画として、東京モーターショーを案内するガイドを務めてくれたのが、車評論家のスーザン(グレイス)史子さん。金髪のウィグと派手な衣装で、今回は「グレイス嬢」として登場し、東京モーターショーの見どころをたっぷり解説していただきました。混んでいる会場でも目立つので、ものすごい人ごみにもまれつつ、イベント中に迷子になってはぐれたのはたった1名のみ(迷子出たんかい!)。その時の模様は、ベストカーにも掲載していただきました。
c0060143_15112289.jpg

『ベストカーアンバサダー』の東京モーターショーツアー、ガイド役はスーザンさん : 日曜アーティストの工房


■東京モーターショーでひときわ輝いていたモデルさん

東京モーターショーといえば、ダイハツのブースにいた「地下アイドル」の森谷まりんさんは綺麗だったなー。来場した子供を接客している笑顔がすごい素敵で、あっという間に周囲にカメラを構えた人だかり。「写真撮影は、おひとり様1枚まででお願いします」なんていうスタッフのアナウンス、初めて聞きましたよ。
c0060143_15114047.jpg

ダイハツの綺麗なお姉さんは地下アイドルの森谷まりんさんでした : 日曜アーティストの工房

それと、フォルクスワーゲンのブースにいたこの女性、実はモデルをやりながら千葉で農業を手伝っているとのこと。カメラに向かって笑いかけてくれただけで、こちらはクラクラしてしまうという。
c0060143_1512096.jpg

群がれ!男たち! : 日曜アーティストの工房


■東京ナイロンガールズ

さて、この特集記事のトリは、PRプランナー、モデル、ライター、編集者、イラストレーター、デザイナー、漫画家、ボディメイクトレーナー、保健室の先生(?)など、多彩なスキルと才能を持つ東京ナイロンガールズのみなさん。編集長のコヤナギユウさんとは、実は3年前にカナダ観光局の「オーロラ王国ブロガー観光大使」として同じ時期にカナダを旅したのですが、実はきちんとお話をしたのは今回が初めて。今後ともよろしくです。
c0060143_15142179.jpg

「Salon de “Happy Holidays” from Six Days New York」 : 日曜アーティストの工房


というわけで、今回の特集記事は、「美しいだけじゃない!2015年に出会ったすごい美女たち」ということで、様々な才能を持って活躍する美しい女性たちをフィーチャーさせていただきました。ホントはもっともっと紹介したかったのですが、たくさんいすぎて書ききれない。

頑張ってる人って、本当に輝いていますよね。なんだろ、オーラがあるというか。応援したくなります。

今後とも、ますますのご活躍を期待しております。

by t0maki | 2015-12-29 21:40 | イベント・スポット | Comments(0)
c0060143_20242004.jpg

今年の4月、石巻市雄勝にあるモリウミアスへの取材ツアーでご一緒させていただいて(取材しつつされつつついてった感じで)、すっかりファンになったスターツ出版のオズマガジン。そのオズマガジンが3331 Arts Chiyoodaで「オズマガジン MEETS」というイベントをやるというので、大好きなものが二つ重なってテンションあがって前のめりで参加したオレ。

着いてそうそう、桐嶋ノドカさんのステージライブを最前列で見てエライ感動したあげくに躊躇なくCD買ってサインしてもらったことは前回書きました。

桐嶋ノドカさんの歌に痺れた(そしてサインもらった) : 日曜アーティストの工房

そのライブの後、壇上では中村政人さん、KIKIさん、そして古川編集長による「アートでまちを再発見、まちをクリエイティブにする方法」と題したトークショーが行われました。この面々が一同に会しているのを見てるだけで、またテンションあがります。アートを活用したまちづくりっていうテーマも、僕が最近いつも気になっていること。

まもなく次のトークイベント。 #3331 #ozmagazine


いろんな事例を拝見しつつ、単に「アートフェスをやろう」みたいな単純な話ではなく、もっと深いところでその地域の歴史とか文化を理解したうえで、地元のひとたちとも一緒につくりあげていくということが大事なんだと再確認。中村さんの話ももちろん面白いですけど、KIKIさんの視点もすごく直感的に的を得る感じで、会話がうまくかみ合ってて良いトークショーでした。さらっと話してましたが、「道後オンセナート」というアートイベントで、ホテルの部屋をプロデュースっていう企画に参加してらしたんですね。前回のイベントでお見かけして、ちゃっかりサインをもらっておきながら、武蔵野美術大学の出身だったってことを今回初めてしりました、すみません。

これは、泊まってみたいなぁ。
キキ(KIKI) | 道後オンセナート2014

今回のテーマは、「東京の東側」っていうような文脈のみで語られる話ではなく、もっと日本全国の各地域にも共通する内容で、すごく刺激になりました。

で、次に「僕は何をする?」っていう話なんですけど、「日曜アーティスト」っていう立場ながら一応アートを学んできた身としては、頭ん中でいろいろ考えているよりはなんとか行動に起こさないといけないわけで、昨年はモリウミアスがオープンするまでのデジタルコミュニケーション的なところはやってたとしても、結局外部のボランティアスタッフなわけで、そもそもの根っこのところにはかかわれておらず、いくつか地域のアートイベントにかかわる人とはつながったけど、いかんせん外から眺めてるだけ。うーん、さてさて。

いわき市について


いわてうふふ便をつくったお二人。


なんてことを考えつつ、中尾さんがモデレーターを務める、福島県いわき市トーク「笑顔の待つ場所 いわきのおはなし」に参加。いわての魅力を伝えるためにつくられたいわきMAP「いわてうふふ便」をつくった方たちがパネラーとして登場し、MAPの制作秘話などを語ってくれました。海洋調査のために釣りをする「うみラボ」と、その釣った魚を無料で食べられる「調(た)べラボ」は、かなり気になります。他にも、地元デザイナーさんたち四名が自分たちで取材を行ったいわきの見どころ14件が、地図とともに紹介されています。

こちらからダウンロードもできるようですよ。
もっと身近ないわきMAP「いわきうふふ便」が発行! | いわき市 観光情報サイト

イベントには、日本郵便のキャラクター「ぽすくまくん」も登場して、カメラを向けるとやたらフレンドリーにポーズを取ってくれるのでちょっと笑っちゃいました。

ぽすくまくん登場。


カメラ向けたらこっち来た。


サービス精神が旺盛過ぎる。しっかりカメラの前でポーズ。


しっかりカメラの前でポーズしてくれる、ぽすくまくん。

というわけで、オズマガジンらしい「ていねい」なイベントで、楽しかったです。
いわきのトークイベントの最後には、ちょっとした「サプライズ」も用意してあって、実はこれも楽しみ。

来年も、よろしくお願いします。

by t0maki | 2015-12-29 21:05 | イベント・スポット | Comments(0)
2015年は月平均60記事以上。現時点で750本軽く超えてるから、過去最高にブログを書きまくった一年でした。
というわけで、年末ですし、ブログ記事を振り返りながら2015年のまとめをしようかな、と。

■10日間30万円のクリエイティブワークショップに参加

c0060143_1675752.jpg
今年、こんだけブログを書いたのって、2月に参加した「Esinワークショップ 東京」の影響が大きいと思う。作り続けることの大切さを教わりました。Tomatoのカリスマクリエイターたちをお招きして、「Tomatoワークショップ」を継承したカリキュラムで創造性の限界にチャレンジするクリエイティブワークショップ。しかも会場が僕のお気に入りのシェア工房「Makers' Base」ということで、これは絶対参加しなければ、と。
c0060143_1619376.jpg

昨日はワークショップの先生だったけど、今日からしばらくは生徒なのです : 日曜アーティストの工房

実は、この場所にたどり着くまでがなかなかタイヘンで、そもそも参加費を集めるところからがかなりの難関でした。小銭を貯めるために記事を50本書いて提供したり、レビュー記事でもキュレーション記事でも翻訳記事でも片っ端から書きまくったりしたほか、オークションでDVD売ったり、プリペイドカードを換金したり、アフィリエイトバナーを貼ってみたり。とにかく、思いつくことできることは全部やりきった感じ。
3か月でなんとか30万貯めるめどがついたので、安心して元気よくワークショップに飛び込みました。
(実際にはまだお金が振り込まれてないので、あくまで計算上は貯まった感じ)

c0060143_16214784.jpg

「迷ったときは飛び込んでしまえばいいんだ!」と、自分に言いきかせつつ : 日曜アーティストの工房

そして、この「創造性」を見直すための10日間のクリエイティブワークショップに参加して、ホント、人生がガラッと変わってしまうくらいの貴重な体験をさせていただきました。講師には、「Tomato」共同創設者のジョン・ワーウィッカーさんとジョエル・バウマンさんのお二方に加え、Tomatoワークショップ受講経験もあるアートディレクターの吉川徹さん。スタッフの方々も素晴らしい実績の方が多くて、その場所にいる一瞬一瞬すべてが素晴らしい思い出になりました。

結局、ワークショップ中に5000点以上の作品を制作し、24本のブログを書き、学んだことの集大成としてミニサイトも制作しました。
c0060143_1694262.jpg

10日間のワークショップでつくった作品の数が5,000を超えてるんだが : 日曜アーティストの工房

最初は、いろんな課題を通じて少しずつ、少しずつ、自分の中の「創造性」を解きほぐしていく作業。小さく丸く固まってしまったクリエイティビティの翼をだんだん広げていく、みたいな。
ひたすらたくさんの課題を同時に進めつつ、作品についてみんなで語り合う時間や、写真やタイポグラフィーの歴史を学ぶ講義を通じて、アートやデザインという大きなフィールドの中で自分の立ち位置が見えてくると同時に、自分の中のクリエイティビティも次第にはっきりと見えてくるようになる。
Permission to be creativeっていう言葉が心にガツンと響きました。ようやくスタート地点に立てたって感じ。まじめな課題もありつつ、中には、電子工作なんていう楽しい課題もあったり。僕は、即興で電子ぶーぶークッションをつくりました。
最終日までの10日間、駆け抜けました。

また、ワークショップの合間に時間を見つけて、Makers' Baseのいろいろな工作機械の使い方を学びました。木工旋盤鉄工・溶接彫金UVプリンタなどなど。本当に、夢のような10日間でした。


■船舶免許とったど!

c0060143_16105864.jpg
二級小型船舶操縦士の免許を取得。昨年、ヤマハ発動機さんのイベントに参加して、「船舶免許取りたい!」って思ったんだけど、家庭の事情と財布の事情でいったんはあきらめつつ、今年に入ってちょっとしたご縁ときっかけがあって改めて挑戦することに。国家試験に合格し、無事に船舶免許を取得した後、東京湾と隅田川を操船しながらクルージングも楽しみました。
諦めないことって大事だな、と。「やりたい」と思ったことは、頑張ってなんとかやり遂げる。飛び込んでしまえば意外となんとかなるってこと、ありますよね。大事なことは「言い訳しない」ってこと。周りのせいにしたり、誰かのせいにしたり、「金が無い」とか「時間が無い」とか言い訳せず、やると決めたらとことんやれよ、と。あ、自分に言ってます、コレ。
「言い訳しない」って、ホント大事ですよ。


■東北復興支援ボランティアとして

c0060143_16113587.jpg
もう一つ、今年心に残った思い出としては、東北復興支援のボランティアとして、イノベーション東北というGoogleのクラウドマッチングサービスに登録し、石巻市雄勝に建てられた「MORIUMIUS」のデジタルプランナーのお手伝いができたこと。オズマガジンの方たちと一緒に取材しつつされつつの雄勝の旅ができたのはすごい楽しかった。それをきっかけとして、湘南T-SITEで開催されたオズマガジンのイベントに参加したり、ビブリオバトルを見に行ったり、3331でのイベントにも参加したり。そういえば、メンデス監督のドキュメンタリーにエキストラ参加したのも、もとをたどればモリウミアスがきっかけ。


■初体験いろいろ

c0060143_16141285.jpg

そして今年も、いろんな「初体験」の出来事がたくさんありました。漁船で獲れたてのホヤを食べたり、バブルサッカーで吹っ飛ばされたり。生まれて初めて20キロのマラソン大会に出場して、そして脱水症状で倒れそうになったのも初めての体験。ベトナム旅行も初めての体験。旅ブロガーっていう肩書をいただいたので、それももっと生かさないと。そういえば、魚を釣ったのも生まれて初めてかも。魚釣りをしたことはあったんですが、実際に魚が釣れたことは一度もなかったので。あと、自分のとあるブログ記事が一瞬注目を浴びて、そのせいで始末書を書かされる羽目になったのも初めての体験。会社員ブロガーだからね。そういえば、今月に入って初めて仕事でSNSの中の人っぽい業務をすることになったけど、ニュースをコピペするだけの作業でちっとも面白くない。こんなこと書いてると、また始末書になるかもだからやめとこう。

昨年から今年の9月まで、約21ヶ月間「居候社員」みたいな形で六本木のGoogleオフィスで仕事をさせていただいて、そこでもいろいろな出会いがあったりして面白かったです。そもそも、イノベーション東北との出会いのきっかけも、お仕事でプレゼン資料づくりをお手伝いしたところから。「面白そうだな」と思った次の瞬間には飛び込んでて、サポーターブログを立ち上げて記事を書いたり。雄勝、良い場所だったなー。あの時同行したのがきっかけでオズマガジンを時々買うようになって、イベントにも参加したり。
c0060143_1615576.jpg

なにかこう、これまでコツコツとブログを書き溜めてきて、いろんなところに飛び込んで行ったり、たくさんの経験や思い出を積み重ねていく中で、別々に存在してた点と点がバチッと見事につながる瞬間を何度も体験した一年でした。船舶免許を取るきっかけになったヤマハ発動機さんのイベントは昨年でしたが、今年のアンバサダー サミットに参加してその時のご担当者さんに再会したのがきっかけで免許取得を決めました。Esinクリエイティブワークショップに参加した後、ジョセフさんのランニングイベントに参加して、ハリー杉山さんにちらっと会って、そして「りんごをかじろう」のイベントでハングル講座のキム先生にお目にかかる、と。そして、3331の智子さんがEsinで知り合った人たちもつながってたりして。ひとつひとつは単なる偶然と確率の問題なのですけど、それが少しずつ溜まってきたとき、いろいろと面白いことが派生してくる感じで。なんとなく、自分が進んでいる道が「間違ってないんだよ」、って教えてもらってるような感覚。

あとは、ここで培ってきたものをブログ以外でも少しずつ還元できるようにするのがこれからの目標。今年は、「おもいでばこ」がテーマのイベントでちょっとだけ登壇したり、「MOVERIO」のモニターイベントでプレゼンさせていただきましたが、今後ももっとこういう活動を通じて、今まで学んできたものを皆さんと分かち合いたいな、と。
c0060143_16165049.jpg

もう少し、仕事と週末の活動との距離を縮めたいと思いつつ、なかなか繋がらないのが悩み。
むしろ、完全に「日曜アーティスト」としての活動は独立しちゃってるからね。あくまで、趣味の創作活動ですから。自分が好きでやってることだからこそ、妥協せずに全力でやる、と。

長くなってきたので、ここらへんでいったん記事を区切ります。
2015年のブログ振り返り、To be continued...と。

by t0maki | 2015-12-29 20:00 | 乱文・雑文 | Comments(0)
c0060143_09084532.jpg

さて、今回ご紹介するのは、FREETOO社製の軽くて便利なランニング&サイクリング用ベルトです。
どう?モニターレビュー記事の書き出し、うまくなってきた?

FREETOO社はスポーツ関連のグッズを販売している中国のメーカーさんで、日本ではAmazonから購入することができます。前回は、サイクリンググローブのレビューを書かせていただきました。

自転車用の手袋なんて学生時代以来! 嬉しくて自転車乗り回してたらなんか知らない街に来た : 日曜アーティストの工房

自転車好きなので、こういう商品をレビューさせていただけるのはすごくうれしいです。

で、今回はこの、腰回りに付けるタイプのポーチですね。
c0060143_09084550.jpg


走ったり、自転車に乗ったりするときに、スマホや鍵などを入れておくことができます。チャック付きのポケットが二つあるので、スマホと小銭を分けて入れられるので良いですね。イヤホンを通すための専用の穴も付いてますよ。

ちょうど自宅にあるランニング用のポーチが壊れそうになってたので、すごくちょうど良いタイミングでした。
これを使って、またランニングに励みます。



by t0maki | 2015-12-29 19:55 | モニターレビュー | Comments(0)
c0060143_10025290.jpg

さて、CHOETECHのガジェットレビュー、今年はこれがラスト。
例によって、ワイヤレス充電器です。
c0060143_09232796.jpg

ワイヤレス充電器は便利です。
c0060143_09232844.jpg

ワイヤレス充電器は便利なのですが……
c0060143_09232861.jpg

ワイヤレス充電器は便利なのですが、端末が対応している必要があるよ、と。

iPhone 5 をワイヤレス充電に対応するためのスマホケースを装着してレビューを書いてます。
このケースを付けると、ワイヤレス充電ができるようになります。

iPhoneを置くだけで充電できるようにする方法 : 日曜アーティストの工房

もしかして、今別件でモニターレビューしているXperia Z5は対応してるかなーと思って試してみたら、対応しておらず、残念、と。端末が対応していないと、ただの台かペーパーウェイトにしかならないですからね。

今後、対応端末は増えるんだろうか?iPhone用みたく、別売りのケースカバーでしか対応できないんだろうか?
というわけで、今僕の家にはこのワイヤレス充電器が各種そろっている状態なので、いろんな端末でも使えるようになってほしいです。

おわり。



by t0maki | 2015-12-29 19:42 | モニターレビュー | Comments(0)
Xperiaアンバサダーとして、Xperia Z5 Premiumをお借りしてます。
というわけで、今回はこのスマホのデザインテーマをいろいろ変えてみました。

c0060143_11474136.jpg

とりあえず、マッドマックスのテーマを見つけたので変えてみました。画面を長押しすると、「テーマ」っていうメニューが出てくるので、そこからいろいろ選べますよ。
c0060143_11485086.jpg

テーマは、有料のものや無料のものなどいろいろ。
c0060143_11485213.jpg

ちなみに、マッドマックスは無料でゲットできました。
c0060143_11501151.jpg

ロック画面もこんな感じに。
c0060143_11501447.jpg

他にも、これは木目の質感の「Woody」というテーマ
c0060143_11501656.jpg

こちらは、「Noir」っていうテーマ。
c0060143_11501850.jpg


まぁ、自由に選んで変えてみてください、っていうだけのレビュー記事ですが。
なんだかんだで、一番落ち着くのは、端末の外装と同じ色だったり。

先ほど、そっとデフォルトの色に戻しました。

by t0maki | 2015-12-29 19:33 | モニターレビュー | Comments(0)
c0060143_09560708.jpg

ただいま、ソニーさんから端末をお借りして、「Xperia Z5 Premium」をモニターレビュー中。
というわけで、改めてイベント当日に撮影した写真など。

▼発熱対策とか。この銅色の部分で熱を逃がす、と。
発熱対策とか。


▼ここらへんをCNCミリングマシンの切削加工で頑張ったらしいよ。動画見たかった。
ここらへんをCNCミリングマシンの切削加工で頑張ったらしいよ。動画見たかった。


▼背面パネルのバリエーション
背面パネルのバリエーション


▼分解されたの、見るの好き。
分解されたの、見るの好き。


▼カラフル
カラフル


端末は、日々絶賛活用中。後でまた記事書くよー。

by t0maki | 2015-12-29 19:24 | ブロガーイベント | Comments(0)

   
Back to Top