ブログトップ | ログイン
<   2015年 02月 ( 43 )   > この月の画像一覧

c0060143_18414879.jpg

10日間のワークショップ、最終日。

▼最終日。まずは写真集を見ながら。写真のプレゼンテーション、表現について。
最終日。まずは写真集を見ながら。写真のプレゼンテーション、表現について。


▼ワークショップ中の作品をまとめ、それを見ながら講評。
ワークショップ中の作品をまとめ、それを見ながら講評。


▼インパクトある、カジさんの作品。
インパクトある、カジさんの作品。


▼エリさんは、自分の世界感をきちんと持ってる。
エリさんは、自分の世界感をきちんと持ってる。


▼手前にあるのが、ユーヤさんの作品。モノの価値、その背後にあるストーリーなどを考えさせられる作品でした。
手前にあるのが、ユーヤさんの作品。モノの価値、その背後にあるストーリーなどを考えさせられる作品でした。


▼で、オレの彫刻作品。壁紙・待受画像が1万点入ってて、スマホからUSBでダウンロードできるという作品。
で、オレの彫刻作品。壁紙・待受画像が1万点入ってて、スマホからUSBでダウンロードできるという作品。


▼最後の、ライティング(執筆)に関する講義もすごい面白かった。ここで、フィネガンズ・ウェイクのちょっとした種明かし。
最後の、ライティング(執筆)に関する講義もすごい面白かった。ここで、フィネガンズ・ウェイクのちょっとした種明かし。


▼そして、打ち上げ。ワークショップは終わったけど、ここからがホントの始まり。
そして、打ち上げ。ワークショップは終わったけど、ここからがホントの始まり。


by t0maki | 2015-02-28 18:42 | アート | Comments(0)
c0060143_18225324.jpg

So, this is what I leaned from Esin (Tomato) creative workshop. I took a photo using my iPhone and started to retouch the image.
Every thing is done with iPhone, including writing this blog.

▼Original photo. Not bad, but too narrative.
No retouching. Too narrative.


▼Here comes rhythm and pattern.
Rhythm and pattern.


▼Now we're talking.
Now we're talking.


▼One more layer
One more


▼Adding two together.
Then, we'll make hundreds of these.


▼Try not to over-do it too much.
Try not to over do it too much.


▼Even the failed work could be a potential next project.
Even the failed work could be a potential next project.


▼See? It works.
See? It works.


▼A different app gives you a different look.
A different app gives you a different look.


▼A little touch of water color.
A little water color touch.


This is how it works.
Now I'm ready to make hundreds of these.

I didn't learn this technique nor method of photo retouch from the workshop. This is something I already knew. The workshop taught me far more important things.

I learned how it is important to make works and show it to everybody. Don't be afraid. It's not only about creating a great works. It's more important to keep on creating.

The workshop gave me confidence. I rediscovered joy of making art. More importantly, I found myself a "permission to be creative". This is a treasure I keep for the rest of my life.

I want to say thank you to creative leaders of our workshop.

John Warwicker for being a great mentor for all of us. I had no idea that typography can be such interesting and intriguing topic. I know John can talk about typography for whole 10 days workshop. (In a way, he kind of did that.)

Joel Baumann for giving us great inspiration of interactive media art. The electric fart machine is one of my best work during this workshop.

Toru Yoshikawa for teaching us not only a sculpture project, but also how to present the work and art business.

一応日本語でも書いておくと、こんなん、iPhoneだけで撮影からリタッチまで余裕でできる。この程度のは誰でもつくれるし、これはワークショップで学んだことではないです。

ホントにワークショップで学んだのは、作り続ることの大切さ。そして、作品を使って伝え続けること。良い作品である必要はない。それが、自分の作品であればいいんだ、と。

ワークショップ、すっげー楽しかったっす!
参加者のみんなも、関係者のみなさんも、関わった全ての人にありがとう!

またやろーぜ(2017年にカッセルで、とかね)。

by t0maki | 2015-02-28 18:23 | アート | Comments(0)
10日間に渡る、Tomato講師陣によるEsin ワークショップの最終日。会場のMakers' Baseは定休日だったので、建物内にいるのはほぼ僕らだけ。

定休日なので、人がいない。


佇む、制作機械たち。


金曜日のメーカーズベース


この10日間、ここが僕らの居場所でした。多くを学び、体験し、つくり、語り合い、この場所で身につけたこと全てを今後の人生に生かしたいと思います。
この10日間、ここが僕らの居場所でした。


ここで終わりじゃない。まだスタート地点を見つけただけ。一生かけて、ここで学んだことを身につけていきます。

by t0maki | 2015-02-28 14:05 | アート | Comments(0)
c0060143_23112439.jpg

It was the most extensive ten-days ever. I enjoyed it very much.

So, now what?

I had met great people. I learnt what it takes to be a great creator. I enjoyed every single moment when I was there and I'm glad I participated that workshop.

Then, why am I worried? I'm worried I won't be able to make a living out of it. I'm worried that this would lead me nowhere. ワークショップに参加する前の不安と、またちょっと違うタイプの不安。

ただひとつ変わらないのは、これからもずっと作り続けていくだろうっていうこと。なにをつくるかは、自分次第。

by t0maki | 2015-02-27 23:11 | アート | Comments(0)
アジャイルメディア・タイアップ・レビュー。この記事は、アジャイルメディア・ネットワークとのタイアップです。


c0060143_23292384.jpg

うちの娘は、「こどもちゃれんじ」から初めて、今はタブレット型学習教材の「チャレンジタッチ」をやっているので、ベネッセさんにはずっと長いことお世話になっています。

というわけで、今回は「BenePa」というオンライン学習プログラムのPR記事を書いていきます。
「BenePa」とは、「Benesse への Passport」の略らしいですよ。
仕組みとしては、ローソンでプリペイドカードを購入して、1テーマ(パック)500円でパソコンから受講することができます。

2月17日に発売だったので、その週末に買いに行ったら、近所のローソンではもう売り切れてました。駅前のローソンにもなくて、はるばる駅の反対側の店舗でようやくゲットできたという。子供が多いエリアは、売り切れるのも早いのかな。
で、ようやく手に入れたプリペイドカードを持ち帰って、パソコンからBenePaのサイトにアクセス。サービスの登録自体はあっけなさすぎるくらいにスムーズで、すぐにレッスンが受けられました。

自宅のMacを使って娘が受講しました。
1,000円分のプリペイドカードの裏にあるスクラッチを削り、出てきたコードをサイトから登録してチケットを2枚ゲット。で、そのうちの1枚をつかって小3の「量・図形パック」をやってみました。
c0060143_23292261.jpg

学習プログラムの順番としては、まず最初に「しんだん」と呼ばれるテストがあり、その後「じゅ業」、「れん習」、「おかわり 1」、「おかわり 2」と続きます。ここら辺の呼び方は学年によっても違うようで、高校英語の方では「診断」、「講義」、「演習」、「プラス問題」となっていました。

500円で受講するテーマをどれでもひとつ選べるのですが、どれを選んでよいか迷いますね。
「ニガテ集中克服シリーズ」のレッスンなので、できれば苦手な分野のを選びたいのですが、たまたま選んだ算数の図形は診断で全問正解だったので、もうひとつの「計算パック」の方が良かったかな、と。診断だけでも無料だったら良いのにと思いました。

レッスンの内容は、段階を追って解説があるので分かりやすいです。
要所要所で動画や音声なども用意されています。コンパスの使い方なんかは、動画で見ると分かりやすいですね。
c0060143_0463636.jpg


娘が普段やっているタブレット形式の「チャレンジタッチ」ほどのコンテンツはありませんが、ピンポイントに苦手克服のためのレッスンが受けられるのは良いと思いました。値段も、500円と手ごろですし。

パソコンでやるってことで、小学校低学年がひとりでやるにはちょっとハードルが高いかなと思いました。そもそも娘はまだパソコンをひとりで立ち上げたり、操作したりなどはできないので。親と一緒にやる感じですね。ためしに、パソコンの画面をテレビに映してみたら、親子で一緒に勉強できるので良い感じでした。

一部まだ画面の使い勝手が良くなかったり、レッスンの数もまだまだ少ないですが、レッスンも今後増えていくようですし、今後期待できる学習教材サービスだと思います。

by t0maki | 2015-02-27 09:08 | PR広告 | Comments(0)
Tomatoのクリエイター達が講師の、Esinというワークショップに参加中。10日間のワークショップも、残りあと1日。今日は、ワークショップの関係者全員で、クリエイティブ カンバセーションというイベントに参加してきました。


▼Esinワークショップの9日目。今夜は、Creative Conversation っていうイベントにみんなで参加。ワークショップとはまた違った話も聞けました。
Esinワークショップの9日目。今夜は、Creative Conversation っていうイベントにみんなで参加。ワークショップとはまた違った話も聞けました。


▼Tomatoな人たち。
Tomatoな人たち。


▼モデレータはスティーブ。と、とおるさん。
モデレータはスティーブ。と、とおるさん。


▼通訳ができる人、ホント尊敬する。僕はむりだー。特に、こんなディープなクリエイティブの話は。
通訳ができる人、ホント尊敬する。僕はむりだー。特に、こんなディープなクリエイティブの話は。


▼"Permission to be creative" をしっかり受け取りました。


▼カンパリがスポンサーのようです。
カンパリがスポンサーのようです。


▼ソーダ割りをいただきました。
ソーダ割りをいただきました。


▼懇親会、です。知ってる人が来てたー。
懇親会、です。知ってる人が来てたー。


さて、明日はワークショップの最終日。やれることは全部やりきった。明日はひたすら楽しもうと思います。

by t0maki | 2015-02-26 23:42 | アート | Comments(0)
c0060143_23302495.jpg

「つくってて良いんだよ」、と。「クリエイティブでいて良いんだよ」っていう感じ。

"Permission to be creative".

この10日間のワークショップでもらったもの。一生の宝にします。


▼一番最初の、街に出てリズムやパターンを見つける課題も、実はタイポグラフィーにつながってるんだ。
一番最初の、街に出てリズムやパターンを見つける課題も、実はタイポグラフィーにつながってるんだ。


▼今日は、ジョエル・バウマンさんのレクチャー。教えてる生徒さんの作品をみたり、ジョエルさんの作品をみたり。ソニーとか、テレ朝のCIなど。
今日は、ジョエル・バウマンさんのレクチャー。教えてる生徒さんの作品をみたり、ジョエルさんの作品をみたり。ソニーとか、テレ朝のCIなど。


▼今日のオレの作品。まだ乾いてない。
今日のオレの作品。まだ乾いてない。


▼久しぶりに、スタンプアート。ラクガキしました。
久しぶりに、スタンプアート。ラクガキしました。


▼フェイブックでチェックインして、Makers' Baseステッカーをもらいました。
フェイブックでチェックインして、Makers' Baseステッカーをもらいました。


今日のワークショップは午後4時くらいに終わって、全員でEsinのクリエイティブ カンバセーションというイベントへ。

明日で、ワークショップが終わってしまう。すっげー楽しかった。明日も、これからも、ずっと楽しむ!

by t0maki | 2015-02-26 23:29 | アート | Comments(0)
c0060143_0285614.jpg

キリンビール株式会社の「氷結ZERO」をいただきましたので、そのPR記事です。

氷結は、普段から結構飲んでます。自宅で、食事をしながら飲むのが多いです。
今回いただいたのは、「グレープフルーツ」と「アセロラ」。
「シチリア産レモン」 と「グレープフルーツ」は、通年商品。「アセロラ」の方は期間限定商品らしいですよ。

▼グレフルも、うまかったですよ。
グレフルも、うまかったですよ。


▼甘くなくて、すっきりした味。
甘くなくて、すっきりした味。


さっそく飲み比べてみましたが、個人的にはいつも飲み慣れているグレープフルーツの方が好きかな。アセロラも、甘過ぎずに、さっぱりとしておいしいので、ここらへんは好みだと思います。

やっぱり、「氷結ZERO」の特徴としては、糖類0※1や人口甘味料、プリン体0※2が全てゼロってことでしょうね。
※1 100ml当たり糖類0.5g未満のものに表示可能(栄養表示基準による)
※2 100ml当たりプリン体0.5mg未満のものをプリン体0と表示

健康機能だけでなく、「おいしいものが飲みたい」という声に応えたとのこと。たしかに、すっきりとした味で、おいしく飲めますね。

チューハイ好きで、かつ健康に気を使ってる方にお勧めです。

キリン 氷結
http://www.kirin.co.jp/products/rtd/hyoketsu/

ブログタイムズ

by t0maki | 2015-02-26 00:57 | PR広告 | Comments(0)
c0060143_0265379.jpg

「ふるさと青汁」
レビューブログのモニターに参加し、マイケアのふるさと青汁を試してみました。

思った以上に飲みやすいですね。嫁さんが、シェイカーで振ってつくってくれました。
c0060143_026549.jpg

八丈明日葉をつかっているのですが、葉っぱや茎だけでなく、根っこまでまるごと入っているそうですよ。ポリフェノールの一種、「カルコン」が豊富。他にも、熊本県の大麦若葉や、島根県の桑の葉など、複数の原料をバランスよく配合しているそうです。

3gの粉末が30包で一か月分。初回は、おまけで2週間分がついてくるようです。
嫁さんが、豆乳で混ぜてもおいしいよ、と言ってました。
c0060143_0265481.jpg


というわけで、マイケアの「ふるさと青汁」のPR記事でした。


ふるさと青汁
http://ad.resultplus.jp/KcAJmK/
ブログで口コミプロモーションならレビューブログ

by t0maki | 2015-02-26 00:40 | PR広告 | Comments(0)

   
Back to Top