ブログトップ | ログイン
<   2015年 01月 ( 45 )   > この月の画像一覧

c0060143_42822100.jpg

555 Cube Étude っていう、5センチの立方体をテーマにしたものづくりのイベントがあったのですが、金曜の夜、仕事が終わらず参加できず。せっかく、前日の夜に頑張ってつくったんだけどな。

昨年一年間、500本以上の記事をこのブログに書きました。そこから、文字だけを抽出して固めた作品です。数えてみたら、140万文字以上ありました。

で、まぁそれだけだと芸がないので、このキューブ自体がUSBメモリになってて、記事の全文がデータとして収録されてるという。
c0060143_4282217.jpg

そんな感じの作品です。
見た目もみすぼらしいし、賞を取れるような作品ではないけど、自分もしては一年間の記事が詰まった思い入れのある作品だし、イベントで他の人の作品も見たかったんだけどな。

ま、仕方ない。
今日は始発で帰ります。

by t0maki | 2015-01-31 04:27 | アート | Comments(0)
c0060143_03795.jpg

「モリウミアスをITで支える」イノベーション東北のチャレンジで、デジタルコミュニケーションプランナーのボランティアをやることになったんですよ。えーと、ひとつずつ紹介します。

石巻市の雄勝という町がありましてね、そこにあった築90年以上の小学校の校舎を再生して、子どもたちが参加できる体験型宿泊施設をつくろうっていう、その施設の名前が「モリウミアス(MORIUMIUS)」です。森と海と、明日、と。

で、イノベーション東北っていうは、Google社が提供する東北の事業者とボランティアをしたい人たちをつなぐクラウドマッチングのサイト。このイノベーション東北にサポーターとして登録していた僕が、モリウミアスのデジタルを使ったPRのボランティアをやる、ということ。

そこでなぜか、モリウミアスの新年会にいきなり紛れ込んで、雄勝の牡蠣やら帆立やらをいただいてきたという話。
c0060143_0371098.jpg

c0060143_0371090.jpg

さっそく、先ほど一本ブログ記事を書きました。
でも、そのブログ自体立ち上げたばかりなのとデザインもデフォルトのままだし、僕の1記事しかないので、正式に紹介するのはもう少し後で。6名の方が参加してるのですが、他の方も書くのはまだこれから。ほんとに、立ち上がったばかりなのです。

サポーターとして参加しているのに、なぜか他の人よりちょっと先に参加してたのでなんかいろいろ仕切ってるような形になってしまい、まぁそれについては全然構わないのですが、なんか食べ物に釣られた感じで、……いや、楽しくやらせてもらってます。

この新年会はいろんな方々が参加していて、いきなり初対面でブレスト大会だったわけですが、すごく楽しかったですよ。ポンポンと意見が出てきて。こういうのって、誰とやるかでだいぶ変わってきますよね。ファシリテーターさんの仕切りのうまさとか。

食事もおいしかったし、また参加したいです。
っていうか、します。

by t0maki | 2015-01-31 03:36 | ブロガーイベント | Comments(0)
c0060143_0392039.jpg

昨年9月から12月にかけて、100日間で100万歩を歩くっていう企画に参加したんですね。
で、無事に達成したんで、記念の景品をいただきました。

1,000円分の図書カードです。

思ったよりも良い景品だったなという感想。
ま、1,000歩で1円とか計算しちゃうとなんだかなぁ、とか思う人もいるかもしれないですが、僕は素直に嬉しかったです。正直、もっとしょぼい安っちい感じの健康グッズか何かがくるんだろうなぁと思ってたら、ちゃんと記念にもなるし、使えるものだったし。

で、100万歩達成したその後なんですが、びっくりするくらい歩けてない。
今年に入ってから、逆に1万歩を歩いた無いくらいの感じ。

やっぱりね、きちんと意識して無理にでも時間作って歩こうとしないと、毎日1万歩なんてとても無理なんだなぁ、と。

良い経験になりました。

by t0maki | 2015-01-31 03:19 | ライフスタイル>スポーツ | Comments(0)
c0060143_038442.jpg

はい。去年に引き続き、今年も参加してきました。アンバサダーサミット。
今回も、やたら前のめりなプレス席に混じって。

いろんな企業さんのパネルディスカッションを聞きつつ、たまに僕の写ってる写真もスライドに紛れ込んで巨大スクリーンにこじんまり登場したりしつつ、「アンバサダー」について存分に考えることができた良いイベントでした。
c0060143_0384419.jpg

いきなりいろいろ吹っ飛ばしてまとめから入ると、アンバサダーはお客さんじゃない、ってこと。ものを売りつける対象じゃなくて、一緒に共創してつくりあげてくサポーター、というイメージ。みんなで一緒にやろうぜ!と。そう考えてみると、いろいろできることが見えてくるなぁ、と。
c0060143_0384547.jpg

アンバサダーマーケティングをストーリーテリングのコンテクストで考えることで、何か見えてくるものがある気がします。企業が一方的に伝えたいブランディングともちょっと違う、消費者側にとってのストーリー。企業経営者がマスメディアで流したいものと、開発者さんがユーザーと交流することで生まれるイメージなりメッセージなりって、やっぱり後者の方がよりリアルだし、価値があると思うんですよ。

アンバサダーマーケティングを実施することによって、そういうストーリーをいろいろシェアしていくことになるんじゃないだろうか、とか。

あと、アンバサダー自体の温度感の違いと言うか、ここでは単純にファン度とインフルエンサー度なのかもしれないけど、そこらへんのバランスとかもバラバラだから、アンバサダーマーケティングをやれば必ずうまくいくってもんでもないよな、と。でも、効果ゼロってのもありえない。よっぽどその企業のサービスなり商品に魅力がなくって、ストーリーがからっきし、ってんでなければ。

向かない業種ってのも確かにあるのかもしれないけど、業種と言うより時代と言うか、向かない年齢は確かにありつつ、それは幼児とか極端な高齢者とか、そもそもネットの情報に触れない人には届かない。でも、既にこんだけネットによるコミュニケーションが発達してきた今なら、どんな業種でもアンバサダー的な口コミのファン向け施策は重要になってきていると思うのですよ。

なんか、独り言みたいなブログ記事になっちゃった、当日の自分のTweet読み返しながら書いてるから仕方ない。

ということで、何が言いたいかって言うと、僕はアンバサダーマーケティングのアンバサダーなわけなのです。

by t0maki | 2015-01-31 03:07 | アンバサダー | Comments(0)
c0060143_0395193.jpg

「アンバサダーサミット 2015」に参加して、この練乳をもらえたのがすごく嬉しかったっていう話。

以前、ブロガーイベントに参加したとき、「ケチャップ&マスタード」みたいに使いきりの練乳パックがあったら良いよねっていう話が出て、そしたらホントにつくってくれたっていう。すごいよなぁ。練乳ファンの集うイベントで出た意見をホントに商品化しちゃうなんてね。

ブロガーイベントって、企業側のマーケ担当とか、広報の人くらいしか出てこなくて、ひどいのになると代理店の人だけしかいなかったりもして、カタログ情報を棒読みして終わりみたいなのがあったりする中、こういう風に本気で商品開発のところから本気で参加させてもらえるってすごいな、と。

そういった意味で、嬉しかったです。

あとは単純に、一般席でのみ配られてたこの練乳がプレス席にはなかったので、後で買いに行こうと思ったら、名刺交換の際に直接いただけたってこと。いやはや、ありがとうございます。

さらにもっとファンになっちゃった。

by t0maki | 2015-01-31 02:49 | ブロガーイベント | Comments(0)
c0060143_0393677.jpg

最初の頃にふっつーに書いた記事のアクセス数が、30とか40とか。
で、キュレーションを意識して書いた記事のアクセス数がこないだ3,000超えてた。

そういうもんなんだなぁ。

いちおうこれでもブログを書く方の人間なので、キュレーション記事とか書く機会もなかったし書く気もなかったんだけど、ひょんなきっかけでいくつかのブログメディアに書いてみることに。

これはこれで面白いね。
情報を探して、勉強して、構成を考えて記事にしていく。
なんとなく、自分の趣味嗜好を形にして公開してみる、みたいな。

というわけで、記事の書き方を教わってきたよ。
マンツーマンどころか、向こう2人でこっち1人で、いやなんか、恐縮です。

いろいろ飛び込んでみると、新しい発見があったり、勉強になったり、面白いよね、と。

by t0maki | 2015-01-31 02:37 | ブロガーイベント | Comments(0)


【ジェットスターのキャンペーンに参加中】

女の子がお金を貯めて、ジェットスターに乗って会いに行く。
こういう、ストーリー性があって、きちんとメッセージが伝わってくる広告は好きだなぁ。
YouTube動画はある程度長尺のものもつくれるから、きちんとストーリーで表現できるのでしょうね。

なんか、個人的な意見ですけど、よくテレビで見るなんだかよく分からないけど会社名やサービス名を音楽にのせて連呼してるだけのCMとか見るとうんざりする。短い時間で、インパクト勝負なのはわかるけど、なんか見ているこちらをバカにしてるようなCMとか、もう、ねぇ。なんか、失礼だよ。

というわけで、ジェットスターのCMです。いろんなお手伝いをしてお小遣いを貯めている女の子。その目的とは?
まずは、動画を見てからどうぞ。



大切な人に会いに行く。子どものお小遣いでも行ける価格ってことも伝えていて、広告としても良いですよね。
ちょうど今、僕もまさにこんな感じで小銭すら貯めながらやりたいことのためにお金を貯めているので、すごく共感しました。
それと、娘がいるのでね。ダイレクトに響くわー、こういうCM。

単身赴任のお父さんっていう設定が良いですよね。離れたくないのに、仕事の都合で離れざるを得なかったお父さん。
これが、離婚家庭っていう設定だったら話の方向性が少し変わってきますよね。そうなると、CMというよりは、映画の脚本になってくるかも。

商品名を連呼するだけのCMをつくってる人たちは、見習って欲しいと思う。
個人的な意見ですが。


【おこづかいで、会いにいくよ。|ジェットスター】


by t0maki | 2015-01-30 08:04 | PR広告 | Comments(0)

競馬のレース出走に向けて、競走馬を育成する千葉県八街市の「馬の学校 東関東馬事高等学院」の平成27年4月生の新規募集は、平成27年3月6日(金)まで、延長して募集を受け付ける。

僕がどんなに頑張っても絶対になれない職業があります。
それは、競馬の騎手。無駄に体がでかいのと、最近メタボの警告を受けてるので、僕が騎手になったら馬が可哀想。

馬に乗ったことがまったくない僕ですが、今回広告記事として書くのが、東関東馬事高等学院について。
この記事は、ドリームニュースからの広告記事です。

正直、「馬」の高校があるなんて知りませんでした。
もちろん、騎手になるっていうだけでなく、競走馬の育成であったり、馬術競技に参加したり、馬と共に自然の中で学んでいくっていうこと。
サイトを見てみましたけど、全寮制の高校で、学校は千葉県八街市にあり、馬に関するプロの講師が乗馬の技や知識を教えたり、インターネットを活用したパソコン授業もあったりするようです。面白いのは、馬をテーマにした学習の成果を評価するために中間・期末テストがないってこと。
こういう高校もあるんだなぁ。

ドリームニュース・ブログメディア参加記事

by t0maki | 2015-01-30 00:00 | Comments(0)
さて、何度かブログに書いていますけど、夢を追いかけるには金が要る!
まぁ、金がなくても追いかけられますけど、あった方が追いやすい。
とりあえず、金が無いのを言い訳にしたくはないので、昨年末あたりからブログを含めた「マネタイズ」のやれることを全部やっちゃおう、と。
なので、こんな広告記事も書きますよ。

河井大志がサンクチュアリ出版でイベントします!!」

起業とか、まったく興味がない僕ですが、アート企画として「会社ごっこ」はやったことがあります。
起業家の人が入居している、SOHO向けのビルにオフィスを構えたりして。あくまで、アートプロジェクトなんですけどね。

イベントの詳細は、こんな感じです。
●日時
日時:2015年1月29日(木曜日)
19時:オープン
19時30分:スタート
20時30分頃:
定員:30名
参加費:3000円

で、場所はこちら。
●アクセス
サンクチュアリ出版1Fイベントホール
http://www.sanctuarybooks.jp/company/profile11.php
〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷2-38-1

僕のブログを読んでくれてる人がこのイベントに参加するって、ほぼ無さそうな気もしますが、広告記事ということで。

実際、起業ってどうなんでしょ?
会社ごっこをやってみて思ったのは、「会社を立ち上げる」ってだけならまぁ比較的簡単に(元手があれば)できるわけです。
で、そこから事業を軌道にのせ、成長させ、続けていくのってすごく大変だと思うんですよ。
あとね、起業してすぐにやらなきゃいけないことって、メインの仕事よりもいろいろそれに付随する雑務をいかに無駄なく効率よくこなしていけるかが重要。
ホント、オフィスの家具をどうするか、とか、会計ソフトはどれにするか、とか、細かい計算とか資料作りとか、諸々進めつつ、事業の根っこになるサービスなりプロダクトなりをつくってかなきゃならない。

で、会社が軌道に乗ったら、そっからどうするか?
会社を売る?拡大する?あるいはなんらかなの事情で会社を畳まなければならなくなるかもしれない。
とりあえず勢いで立ち上げてみるのはよいけど、その後のことも考えないと。とかは、思います。

ほんと、起業は誰でもできる。でも起業は目標じゃなくて、単なるスタート地点ですからね。

結構大変ですよ。
「ごっこ」しかやってない身で語るのもあれですが。

というわけで、今回は「ドリームニュース」からの広告記事でした。

ドリームニュース・ブログメディア参加記事

by t0maki | 2015-01-29 00:00 | Comments(0)
c0060143_2213481.jpg

Eラーニングって、仕組み的にも中身的にもどんどん進化してますね。
今回のイベントで紹介された物理プログラミング、統計学、iPS細胞、脳科学、3Dプリンタの授業なんかも、全部オンラインで無料で受講できるようになるってすごくないですか?
NTTレゾナント本社で開催された、『最高の教授陣による本気の授業! 「gacco」体験イベント』に参加してきました。
今回は、BLOGTIMES経由で、NTTナレッジ・スクウェア株式会社さん主催のイベントのPR記事です。
c0060143_2213569.jpg

実は、今回のこのイベントに参加する前から「gacco」には登録済みでした。
というのも、慶應大の田中浩也さんが2月に開講される「3Dプリンタとデジタルファブリケーション」という講座の講師をやるって聞いて、速攻申し込んでいたのでした。ちなみに今僕は、明治大学の森川嘉一郎さんが講師の「マンガ・アニメ・ゲーム論」を受講していて、偶然なんですけど、お二方とも3331 Arts Chiyodaのセミナーイベントで以前お目にかかったことがあるんですよね。なので、直接ご挨拶をしたことがある先生方で、なんとも不思議なご縁です。

さて、今回のイベントは2部に分かれていて、前半はgaccoの成り立ちや特徴、講座一覧、会員数などを紹介するセッション。で、後半は各自好きな学習テーマに分かれて、それぞれの講座について見所を教えてもらったり、実際の講義の動画を拝見したり。
c0060143_2213522.jpg

「gacco」のベースになっているのは、MOOC(Massive open online course)っていう、インターネット上で誰もが受講することのできる動画をつかった講義の仕組み。既に海外では、Khan AcademyUDACITYCourseraedXなど、いくつかのプラットフォームが存在していて、世界で2,000万人を超えるユーザーがいるとのこと。gaccoは昨年2月にオープンして以来、既に会員数は11ヶ月で10万人を突破し、今も増え続けています。人気の秘密は、やっぱり誰もがオンラインで気軽に無料で始められるってことでしょうね。一本の動画が約10分くらい。一週間に合計90分の講義を動画で視聴し、途中でテストや課題があったりしつつ、一つの講座を1ヶ月くらいかけてこなすイメージ。
先日、相互採点形式のレポートも実際に体験してみました。自分でレポートを書いて提出した後、他の人のレポートをいくつかの評価基準に従って採点します。お互いのレポートを採点しあうこの仕組み(評価基準)は、ルーブリックと呼ばれるみたいですね。一つの講座に対して1000人とか受講者がいるらしいので、こういう仕組みは効率的ですね。

だいたいgaccoの特徴や成り立ちが分かったところで、各自別々の部屋に分かれて、好きなトピックの講義について説明を受けます。
僕はもう、まっさきに「3Dプリンタ」を選びました。まだ、開講前の講義動画を見ることができて、ちょっと得した気分。
c0060143_2213691.jpg

説明してくださった担当者の方が、3DプリンタのことをまるでSF映画に出てくるような物質転送装置みたいな感じで説明してたけど、それはちょっと違うんだよなぁ。あくまで、「カタチ」を出力するだけ。例えば、普通の2Dプリンタで海苔の画像を出力しても、それはあくまで紙に印刷された海苔であって、食べることはできない。同様に、3Dプリンタも、仕込んだフィラメントの素材でカタチを再現するだけ。という、素材に関する制限はあるにせよ、いろんな素材が使える3Dプリンタも出ているわけで、地上の管制センターから宇宙船にデータを送ってプラスチックのパーツを出力するなんてのはもう実現しているし、もう少し工夫を加えれば、出力したプラスチックをもう一度砕いて、それを素材としてまたリサイクルでカタチをつくるなんてこともできるようになる、と。テクノロジーの進歩とものづくりの融合は、ホントこれからもっともっと面白くなるよ思うよ。
c0060143_2213677.jpg

で、時間はあっという間に過ぎて、次に受けた「統計学」も人口の遷移データから何が見えてくるかを導き出してて面白かった。ここで連想したのは、TEDの動画。TEDの統計学のプレゼント言えば、ハンス・ロスリングっていうすごい人がいて、この人のプレゼンはもうホント、芸術的ですらある。統計のマジック。プレゼンの資料もアニメーションとかすっごいつくりこんでて、あれはまさに神業。
で、それと比較してしまうと、総務省統計局の人がホワイトボードに手書きで書き込んでいるのは、やっぱりちょっとシンプルな感じは否めないんだけど、そこはプレゼンと講義の違いなのかもな、と。プレゼンは、10分にも満たない短い限られた時間の中で、伝えたいことをとことんつくりこんで伝える。講義は、あくまで教えるのが主体なので、それを図解するための資料にそれほど時間や手間をかけない。
そこで思ったのは、せっかくgaccoの人たちが講義動画を作るのであれば、プレゼン資料づくりのスペシャリストとかを巻き込んで、すっごいビジュアル資料とかつくる手伝いをしてあげればよいのに、と。そしたら、講義ももっと分かりやすくなるし、学習コンテンツとしてももっともっと価値が上がると思う。
c0060143_2213690.jpg

最後に入ってみたのは、「物理プログラミング」の講座。なんかあまり人気がなかったらしく、参加者がまばらだったらしいですけど、僕は個人的にはこの講座はすっごい面白くて、さっそく家に帰ってから受講予約をしました。武蔵野美術大学で視覚伝達デザインを教えている先生が、プログラミングを使ってブラウザ上でものを動かす方法を教えてくれる授業。スマートフォンで傾きや指でなぞる動きを感知して、画面上の点や線がうねうね動くの。これは見てるだけでも楽しいし、ぜひ実際に自分でもつくってみたい。サンプルスクリプトが既にサイトで公開されてたので、さっそくいろいろ遊んでみました。

短い時間で、限られた講座しか見学できなかったけど、これはホントに面白い。
こういう、まったく知らない分野の知識を覚えるのって、なんともワクワクしますよね。
すっごく有意義な時間を過ごすことができたイベントでした。

こんなところで、プレゼンとか講義ができるようになりたいなぁ。

今回見学した講義

3Dプリンタとデジタルファブリケーション
統計学Ⅰ:データ分析の基礎
物理法則プログラミング入門


他にもいろいろな講義があるので、ぜひサイトでチェックしてみてください。
gacco


【PR by BLOGTIMES】
ブログタイムズ

by t0maki | 2015-01-26 23:08 | ブロガーイベント | Comments(0)

   
Back to Top