ブログトップ | ログイン
<   2013年 08月 ( 19 )   > この月の画像一覧

c0060143_1255229.jpg

高校時代、手当たり次第に本を読んでました。ジャンルに関係なく、むさぼるように片っ端から。

高3の三学期に国公立大模試で校内トップをとってたにも関わらず、その後あっさり渡米留学に切り替えたのは、「大学受験するなら、本を読むのは控えなさい」と言われたことが理由の一つ。
僕はたくさんの大事なことを本から学んできました。僕が学ぶことを好きになったのは、退屈な学校の授業とは全然違うところで、むしろ学校教育を反面教師にして、ひたすら本に触れていたから。それが突然、受験勉強のために本を読むな、なんていうのは全然納得いかなかった。「とりあえず、合格してしまえばあとは好きに読めばいいじゃない」っていうアドバイスもますます気に障って、「そんなことしないといけない大学受験なら、別に日本の大学に行かなくても未練はないや」と、海外へ。
正直、日本以外だったらどこでも良かった。なんとなく、日本を外から見てみたかったっていう、そんだけ。

笑えるのが、この時点で僕は一度も海外に行ったことが無かったんですね。日本っていう国から、一度も外に出たことないのに、いきなりアメリカの4年制大学に留学を決意。アホですよ。
そりゃぁ、先生も慌てて止めようとするよな。

高校卒業して1年間は、新宿に往復5時間かけて通いながらみっちり英語の勉強をしつつ、入学に必要なTOEFLを受験したり、異国の大学生活に必要な知識とスキルを身に付けていきました。

で、留学したらしたで、最初は人文系の至極まっとうな学部に在籍していたにも関わらず、途中からアートにのめりこんでいって、気づいたらアート学部に転部しないと卒業できない状態に。さすがに僕もアートで食っていけるとは思ってないから、保険の意味でスペイン語を副専攻にして、「3か国語喋れればなんとなく仕事は見つかるかな」なんていうナメた打算的な考えでしたが、意外にもなんとかアートが仕事に結びつき、写真の仕事からWEB制作に移ってワヤワヤしつつ、現在に至る、と。

一方で、仕事とは別にプライベートで「日曜アーティスト」を名乗って、くだらない作品をつくったり、キッズ向けのワークショップをしてみたり、作品展を観に行った勢いて自分も出展してみたり。売り上げゼロ目標で日本橋にオフィスを借りて見事に達成したと思えば、廃校の教室で共同アトリエ生活をしてみたり。

この「日曜アーティストの工房」っていうブログは、そんな自分の足跡を記録するためのものだったりします。“日記”と言うよりはもうちょいオープンだけど、“情報発信”と呼ぶにはおこがましい。

世の中には、一生かかっても読み切れないくらいの本があります。同様に、音楽だったり、映画だったりも、人生80年くらいではその欠片にしか触れることができない。もちろん、ネットに流れていく情報もね。

たまたまこのブログにたどり着いて、共感したり何か感じ取ってくれる人がいるとうれしいし、たとえそれがなくても勝手に書き綴ってると思う。“足跡”、だから。
「なにかまたワケの分からないおバカなことやってるな」、くらいの感じで見てもらうのがちょうど良いかも。

ブロガーサミットの前後で、ブログについていろいろ考える機会があって、夏の終わりにそんなことをつらつらと考えてみました。

by t0maki | 2013-08-28 08:00 | ブロガーイベント | Comments(0)
c0060143_19372126.jpg

さて、ブロガーサミット。先に1本記事書きましたが、途中参加で、かつ裏方側だったのでトークセッションはほとんど聞けなかったものの、懇親会は普通に参加して、いろんな方々とお話ができて楽しかったですよ。

にしても、つい3,4年前まではこの中に一人も知り合いがいなかったことを考えると、ブログの力ってすごいな、と。ブログ書いてたおかげで、これだけの人たちと知り合いになれて、かつブログ記事やSNS投稿などを通じて繋がっていられる。
そもそも、「スタッフにならない?」って声かけてもらったのだってブログやってたおかげだしね。

懇親会で会話を交わした人たちを思い返してみると、「なに、スタッフシャツ着てんの!」とか忌憚ないヤジを飛ばしてくれたブロガー仲間の方々とはいつもイベントや某会議がらみでお世話になりつつ、「初めまして、かねがねお噂は」のブロガーさんもいて、話をしてみると当然のように共通の知り合いが次々と見つかって「へー、そんなつながりが!」なんて驚きつつ。

主催者(AMNさん)の方々ともいつの間にか顔なじみの方が増えて、みなさんそれぞれに個人の活動もされていてすばらしい。元々根っからのブロガーさんが多いですもんね。

あ、そうそう。クライアント企業側の方ともお話しました。ブログ系の企画でお世話になりつつ、今度仕事以外のイベントにも参加させていただきますよー、と。こちらも楽しみ。

ビール片手にフライドチキンを頬張りつつ、最後の方はなぜかgooのブースのスタッフの方相手に「年とってもブログだよね」なんて語ってたり。

なんにしてもなんかもう、人がたくさんたくさんいて、この人たちがみんなブログや情報発信を通じて繋がってるのかぁ、と。

1000人規模のイベント、懇親会もにぎやかでした。

by t0maki | 2013-08-27 20:00 | ブロガーイベント | Comments(0)
c0060143_22293897.jpg

「ブロガーサミット、お手伝いしてくれる?」って声かけてもらったので、軽いノリで「いいよー」、と。
でも、当日は別のイベントにも参加しないといけなかったので、事前に事情を説明して、10時集合のところを16時から参加することに。
懇親会の食事を並べる手伝いをするくらいのつもりでいたら、いきなりボランティアTシャツ来て、がっつりスタッフ化。途中参加で勝手が分からず右往左往してるうちに、気づいたらブロガーサミットは終わってましたとさ。

ま、これはこれで。

というわけで、僕が今日のブロガーサミットで学んだこと。

・業務用冷蔵庫があまり冷えない時は、コンビニで氷を買って来て詰めると良い
・ドリンクを会場に持ってく時は、最初からテーブルに載せてそれごと運ぶと良い
・折りたたみ式バケツのポテンシャルは半端ない
・ケータリングがフライドチキンの時は、あまり早く出しすぎない方が良い(あの肉の香りでみんな気もそぞろ)
・缶の飲み残し、ホント迷惑
・退出してって言ってるのに帰らないのは、もっと迷惑
・ゴミ袋とガムテープは多めに
・モップや雑巾は必需品

そんな感じ。

トークセッションはほとんど聞けなかったけど、全然心配はしてません。だって、ブロガーサミットだもん。みんなものすごい勢いでブログ記事を書いてくれるだろうし、登壇者さんたちに至っては、後世に語り継がれるような芸術的でウィットに富んだ奇跡のような文章でこのサミットの感想を綴ってくれるだろうから。

そんなわけで、家に帰ってブログ書くまでがブロガーサミット。家につく前に、スマホでこの記事書いちゃったけどね。

あ、ホントにブロガーサミット、終わっちまったい。

by t0maki | 2013-08-24 21:46 | ブロガーイベント | Comments(0)
c0060143_10343825.jpg

砂漠の真ん中に湖があって、その湖面からにょきっと一本の木。幹はとっくに真っ白になってて、もしかしたらもう枯れてるのかもしれない。

学生時代に、偶然見つけて写真に撮りました。

時々、この木のことを思い出します。
たった1人で立ち尽くす、この木を。

by t0maki | 2013-08-20 10:28 | 乱文・雑文 | Comments(0)
c0060143_21272965.jpg

たまたま配給会社の社長さんとイベントでお目にかかって、話をしてみたら共通の知り合いの方がいたりして奇遇だなぁ、と。そん時に見た映画のプレビューがすごく良さそうだったので、観たいなぁと思いつつ、「まぁいつか機会があったら」とか考えていたのですね。

そしたら、こないだ知り合いの方がキュレーションする作品展のオープニングに行ってみたら、映画館がすぐ近くって気づいて、レイトショーに行ってみたんですよ。

『ヴィック・ムニーズ / ごみアートの奇跡』っていうドキュメンタリー映画。

なんかね、不思議な縁となりゆきでその場に導かれたような感じで。すごく運命的な出会い。
「これで映画がつまらなかったら最悪だなぁ」とか思ってたら、なんだこれ、すごい感動。脳天と心臓にガツンと突き刺さる感じで、スクリーンに見入ってしまいました。あまりに集中して観てたので、ドリンク買ってホルダーに入れてたのも忘れてたくらい。

アートについてとか、貨幣経済とか、ごみ問題とか、職業について、人間の尊厳とか、プライドとか、やる気とか、まぁ、いろいろ頭ん中でめぐりめぐりました。

かいつまんで説明すると、まず「ヴィック・ムニーズ」っていう現代アーティストの人がいて、この人がニューヨークで成功をおさめた後、故郷ブラジルで作品制作をするっていう内容なのですが、ゴミやがらくたを使ってポートレイト作品をつくるという。

あ、ネタバレあるかもしれないので、一応。ドキュメンタリーなので、筋が分かっても楽しめるとは思いますが。

で、ごみアート制作のために、世界最大級のごみ処理場「ジャウジン・グラマーショ」に訪れ、そこで“カタドール”という、リサイクルのためにゴミを拾う人たちと出会うわけです。
ゴミ処理場で、劣悪な環境の中で生活する人たち。でも、カタドールたちはまじめに、誇りをもって仕事をしている。
僕が思ったのは、これって現代社会の採集民族的な生活なのではないか、と。食べ物を採集するのではなく、この場合はリサイクル品としてお金になるゴミを拾っているだけ。
その姿は、どことなく牧歌的でさえある。

でも、なんだかんだいってもその仕事は最底辺の職業であることには間違いなく、他に仕事がない人たちが集まっているのは確かなわけで。そこから抜け出したいと思っている人もいて。

ヴィックは、そんな“カタドール”の肖像画を大量のゴミやがらくたで制作しました。モデルになった人たちが、アートスタジオでごみを並べる制作も手伝っています。

すると、肖像画のモデルになった“カタドール”たちにも変化が現れます。作品が有名になり、自分たちも注目と脚光を浴びてからどうなったかは、映画のエンディングを見てください。

「15 minutes of fame」っていう言葉があります。誰もがいつかは、「15分だけでも、有名になれるよ」っていう意味。

誰でも、注目されて、有名になったら、なにかしら変わることができるんじゃないかな、と。他人から認められること、称えられることで、その後の人生も変わっていく。

僕も、まぁそうなんだろうな。褒められたり、認められたりするとうれしいから、また頑張ろうっていう気になる。

こうやって、ブログを書いているのも、根源的にはそんな意識が働いているのだと思う。

とにかく、良い映画でした。
なんかいろいろ「きっかけ」をいただいたような、そんな感じです。

by t0maki | 2013-08-15 21:29 | ライフスタイル>映画・書籍 | Comments(0)
「書く」というより「書き散らす」っていうのに近いと思うんだけど、昔っから呼吸をするように経験を通じで感じたこと考えたことを書くことで吐き出すっていうのを繰り返してきました。人に読ませる前提ではなく、もっぱら自分用のメモ書きに近いものでしたが。

学生時代のスケッチブックやノートもそうだけど、ホームレスに片足突っ込んでアメリカ西海岸で職探しの旅をしていた頃や、ロサンゼルスで写真の仕事に就いた後も、不安と孤独を払しょくするため、自分を見つめるため、考えをまとめるためにとにかくひたすら紙を文字で埋めていました。

「ブログ」を始めて10年以上になるけど、「ブロガー」として書くことを意識し始めたのは2010年の終わりころ。「ケータイ会議」に参加して、ブロガーさんに混じっていろいろ企画を考えたり毎日ブログを更新するようになって、いろいろブロガーさんとも交流していくうちに、ブログって良いなと思うようになりました。その勢いで、アジャイルメディア・ネットワーク(AMN)さんのFans:Fansに登録し、なにやらあちこちイベントに首を突っ込むのが楽しくて、気づけばAMNパートナーブロガーに。相変わらず、僕が書く記事は自由でゆるいものばかりですが。

というわけで、AMNさん主催の『ブロガーサミット2013』が開催されるようで、参加するのが今から楽しみ。ブログに限らず、ソーシャルで情報発信している方でしたら、どなたでも参加できますよ。事前参加登録で無料です。

【イベント概要】
■タイトル:ブロガーサミット2013
■日時:2013年8月24日(土)13:00~21:00(19:30より懇親会予定)
■会場:ベルサール渋谷ファースト
■会費:ブログ等の情報発信をされている方は無料(それ以外の方は寄付制)
■ブロガーサミット詳細はこちら
http://agilemedia.jp/blogger/
【主催】アジャイルメディア・ネットワーク株式会社

Fans:Fans

by t0maki | 2013-08-09 19:17 | ブロガーイベント | Comments(0)
銀座モダンアートで開催された、『EAT and ART』展に参加させていただきました。
c0060143_23275174.jpg

食べ物がテーマのユニークなアート展。ということで、僕はアイスやケーキにジオラマ用のフィギュアを配置した写真作品を提供させていただきました。
以前つくった、「そこにスウィーツがあるから」っていうシリーズで、お菓子や果物を山に見立てて、小さな登山家が上るっていう写真作品。
これまでにも、原宿で作品展をやらせていただいたり、都内の一部の東急ハンズでタンブラーデザインとして販売させていただいたこともある作品で、個人的にも思い出や思い入れがあるシリーズ。日本橋でオフィスを借りて、「会社ごっこ」をしてた時もこのデザインを使って大きなパネルをつくりました。

会場では、いろいろな作家さんたちが作品を展示していて、なかでも会期中にタイの伝統工芸カービングの実演があったりして、面白い作品展でした。
c0060143_23274413.jpg

また近いうちに、作品展に参加させていただきたいと思います。
面白そうな企画をいろいろあるので、あとは自分がきちんと作品をまとめられれば。
楽しみ、楽しみ。

by t0maki | 2013-08-08 23:29 | アート | Comments(0)
サントリー×サーモス 新製品「マイボトルドリンク drop(ドロップ)」先行体験イベント&モニターに参加しました。
c0060143_2137374.jpg

c0060143_2137449.jpg

c0060143_21375020.jpg

「drop」の説明に続いて、全12フレーバーの大試飲会、そして開発者メンバーとの座談会という流れ。

「drop」っていうのは、サントリー社とサーモス社が共同開発した、持ち運びできるマイボトルと、液体ポーションのこと。サーモスなので、もちろん断熱魔法瓶仕様。温かいものは温かいままに、冷たいものは冷たいままで持ち運びできます。
ポーションは、サントリー社が開発した専用密封ポーション入り濃密飲料のこと。煮詰めるのではなく、抽出する方法でつくられたとのこと。現在、12種類のポーションがあり、会場ではそのすべてがそれぞれHOTとCOLDで試飲できるように用意されていました。

ちなみに、ラインナップはこんな感じ。
・マイスターブレンド(ブラックコーヒー)
・深煎りエスプレッソ
・焦がしキャラメルコーヒー
・芳醇カシスコーヒー
・ベルガモットアールグレイ
・ジャスミン茶
・抹茶入り緑茶
・香る烏龍茶
・白桃烏龍茶
・HOTでおいしいオレンジ
・太陽のアセロラ
・あまとろ梅

c0060143_2138580.jpg

c0060143_21375769.jpg

白桃烏龍茶は香りがよくてお気に入り。
ホットでオレンジジュースを飲んだのは初めての体験。
コーヒーは、どうかな。砂糖入りはもしかしたら好き嫌いがあるかも。
冷たい緑茶もおいしかったな。
全体的に、香りが際立つのが特徴ですね。

作り方は、ボトルにポーションをセットして、取っ手をカチッぐるりと起こし、ポーションを押しつぶすようにぐいっと押しつぶすと、「プシュ」っていう音とともにつぶれるので、計3回くらいぐいぐい絞ります。で、濃密な原液に冷たい水か、あたたかいお湯を注いで完成。
あれですね。スライスしたレモンを絞る時に使う器具に仕組みがちょっと似てるかも。てこの原理でぐいっと押しつぶす感じが。

鞄に入れて持ち運ぶこともできます。
280ml入りと、小ぶりなので持ち運びやすいですが、取っ手がちょっと邪魔かな。あえて取り外せない設計にしたのは、飲むときに取れてしまうと困るからだそうです。まぁ、そりゃそうだ。

今回は、先行体験&モニターということで、全国で発売されるまではまだもう少しかかりそうですが、ボトルとポーションをいただいたので、さっそく外出先やオフィスで使ってみたいと思います。

by t0maki | 2013-08-08 21:44 | ブロガーイベント | Comments(0)

   
Back to Top