ブログトップ | ログイン
<   2013年 06月 ( 41 )   > この月の画像一覧

c0060143_20415958.jpg

晴れていたと思えば、急に雨が降ったり。

今回は、『「大宮盆栽×タムロン」大宮盆栽美術館で盆栽撮影にチャレンジ!ブロガーイベント』の番外編。

大宮盆栽美術館から「清香園」へと移動したあたりで雨が降りだし、一眼レフカメラと借りたレンズが濡れると大変なのでしばらく雨宿りしていましたが、「そういえば防水スマホがある!」ってのを思い出し、雨の中撮影再開。富士通製防水スマートフォン「ARROWS NX(F-06E)」を使って盆栽を撮ってきましたよ。

デジタル一眼レフももちろん良いですが、気軽に手軽にスマホで写真を撮るのも楽しいですよ。

DSC_0447

DSC_0426

DSC_0422

DSC_0419

DSC_0366


一眼レフだと入り込めないような狭い隙間から撮れるので、面白い写真が撮れたりします。

用途に応じて、カメラも使い分けつつ。

今回は写真イベントという事で、普段は撮影できないようなところも撮影できて、満足満足。




by t0maki | 2013-06-28 20:44 | モニターレビュー>ケータイ会議 | Comments(0)
ボルドーのイベントに参加したあと、ワインにはまりまして、ちょうどイベント主催者のボルドーワイン委員会が出してるアプリなどを使ってみたり。
c0060143_20342463.png

c0060143_2034357.png

c0060143_20341157.png


飲んだワインの数、ちょっと増えましたよ。
c0060143_2034227.png


貴腐ワインがおいしかったので、お酒コーナーで探すんですが、たいてい無いか、あっても高いのばっかり。
これ、どこかに売ってないですかね。
c0060143_20344264.png


by t0maki | 2013-06-28 20:36 | Comments(0)
c0060143_20241629.jpg

キヤノンさんから「PowerShot N」をお借りしてた時に、夜の南千住を散策して写真を撮りました。

なんかね、すごくファンキーな街だなって。

「PowerShot N」のキッチュなイメージとは真逆なんだけど、不思議と写真はしっくりくる感じで。一緒に歩くと楽しいカメラですね。

IMG_2035

IMG_1976

IMG_2013

IMG_2019

IMG_2025

by t0maki | 2013-06-28 20:24 | Comments(0)
c0060143_2043326.jpg

アーツ千代田 3331(3331 Arts Chiyoda)のギャラリーショップにある、CUBEっていう箱売りのコーナーで作品販売をしてます。

以前、銀座の奥野ビルにある『銀座モダンアート』さんでARTISTS' CAFE Vol.2に参加させていただいた際につくった作品も、現在こちらで販売中。

▼なんちゃって業務用スタンプ
c0060143_2044291.jpg


▼一億円を稼ぐ方法(を知ってたら書き込んでください)というメモ帳
 ※品切れ中。補充しなきゃ!
c0060143_2044398.jpg


▼一万点の待受け画像作品を1万円で販売してます
c0060143_2044538.jpg


いろんな方の作品が見られるだけでなく、購入もできますので、3331にお立ち寄りの際はぜひ覗いていってください。

by t0maki | 2013-06-28 20:05 | アート | Comments(0)
c0060143_19541372.jpg

放っておくと勝手に流れて行ってしまう日常をなんとかなんらかの形で残しておきたいという欲求と、さらに「ブログ」自体が持つ「繋がる繋げる繋がってらる」みたいなパワーに魅せられ、まぁでも結局は楽しいからっていう単純な理由でブログを書き続けております。

戦略や目標設定みたいなものとは全く無縁に、ひたすら自分の欲求のはけ口みたいな形で自由すぎるブログを書いてるので、ライフスタイルの一部というか、呼吸するように思考を文章に乗せていく感じ。知識や体験を吸い込んで、それをブログに吐き出す、というサイクルです。

さて、ようやく週末。書くこと書くべきこと書きたいことがたまってるので、とりあえず書きまくる。

by t0maki | 2013-06-28 19:55 | 乱文・雑文 | Comments(0)
主にiPhoneが多いのですが、スマホでブログを更新することがあります。ソーシャルメディア系もだいたいスマホで投稿&閲覧がメイン。

で、そういう投稿やデータの保管の流れを図にまとめてみました。
c0060143_19303942.jpg

ポイントは、いろんな同期機能や、RSSフィードなんかを利用して、半自動的にバックアップを取ってるっていうこと。

写真系はFlickrに。テキスト投稿系はEvernoteに。
RSSフィードをメールに変換し、Evernoteのメール投稿機能を利用して、片っ端から投稿データが格納される仕様。

いろんなところで書き込んだりアップした内容が、自然と「ライフログ」としてクラウド上にデジタルアーカイブが形成されている感じ。

ホントに、自分の記憶や経験の一部を外部脳に蓄積させていくような感覚で、面白いです。

by t0maki | 2013-06-28 19:33 | 乱文・雑文 | Comments(0)
c0060143_1841161.jpg

やっぱり、子供たちって自由だな、と。
イベントで、ワークショップの講師(というか、工作のおじさん)をしてきました。

会場は、千代田区にある廃校(元錬成中学校)を利用した複合アート施設、アーツ千代田 3331(3331 Arts Chiyoda)。
アーティストの藤浩志さん発案による『かえっこバザール』っていうイベントが開催され、会場の一角でワークショップを開催させていただきました。
c0060143_1840422.jpg

そもそも、『かえっこバザール』っていうのが何かっていうと、子供たちが家からいらなくなったおもちゃを持ち寄って、交換できるっていうイベント。「かえるポイント」っていう仮想通貨が用いられ、会場にある好きなおもちゃと交換できる仕組み。さらに、高そうなおもちゃは「オークション」なんかもあり、子供たちによる熾烈なビッド争いが繰り広げられます。

前回僕は、プリンターとスマホを持ち込んで、その場で撮影して印刷した写真プリントを壁に貼るっていうフォトウォールのワークショップをやりました。
で、今回はまたちょっと趣向を変え、おもちゃに「顔シール」を貼ろうっていう企画。目的とか、意味とか、「なんでそんなことをやるの?」なんてことを聞くのは野暮。自由に自分の好きな作品をつくる、と。それだけです。

某映画の影響か、車に顔を付ける子が多かったですが、中にはハサミに顔を付けたり、ぬいぐるみの目の上から目を貼ったり、まぁ実に自由にいろいろやるので、見てるこっちが面白かったです。

前回の写真を撮るワークショップは、大人の方の参加も多かったですが、今回はほぼ全員小さな子供たちばかり。うちの娘もアシスタントとして手伝ってくれました。
c0060143_18415475.jpg

c0060143_18414814.jpg

c0060143_1842838.jpg

c0060143_18415117.jpg

c0060143_18414520.jpg


夏にまたあるようなので、次回も時間があえばぜひワークショップを開催したいと思います。

by t0maki | 2013-06-28 18:44 | アート | Comments(0)
c0060143_224449100.jpg

うむ、酔っ払っておる。

サッポロビールさんのイベント、「ヱビス プレミアムブラックをヱビスビール記念館で体験♪スペシャルブロガーミーティング」に参加した帰りなのです。

もともと黒ビールが好きなので、プレゼン聞きながら一杯。懇親会でもまた一杯。ついでにおかわりもう一杯と飲んでるうちにすっかり酔っ払ってしまいました。

おぼろげに覚えてるのは、ビール瓶の王冠はたいてい筋が21本付いてるってのと、ヱビスビールの瓶は数百本に一本だけラッキーヱビスって言ってラベルに違いがあるぞってこと。

あと、ローストした黒ビール用の大麦をモグモグ食べてた記憶が……。
おいしいビールの注ぎ方を教わったので、また改めて記事書きますが、今日はそんな感じで。

ヱビス プレミアムブラック、うまかったっす。


Fans:Fans

by t0maki | 2013-06-27 22:26 | ブロガーイベント | Comments(0)
c0060143_1243718.jpg

「さいたま市大宮盆栽美術館」で開催された、『「大宮盆栽×タムロン」大宮盆栽美術館で盆栽撮影にチャレンジ!ブロガーイベント』に参加してきました。

盆栽って、奥が深くて面白い。やっぱりこれって、日本の伝統的なアートですね。
「さいたま市大宮盆栽美術館」で写真のワークショップに参加してきました。

そもそも、なぜ大宮に盆栽の美術館があるかと言うと、この施設だけでなくこの一帯が「大宮盆栽村」という位置づけのエリアだから。大正時代に職人さんたちが多数移り住んで、今では“盆栽町”っていう町名もあるらしいですね。
盆栽美術館だけでなく、周囲には盆栽園や直売所もたくさんありました。

今回のイベントは、「社団法人さいたま観光国際協会(STIB)」と、カメラのレンズでおなじみの「タムロン」さんの協力によるもの。盆栽について学びつつ、写真のテクニックも教わるという、一石二鳥なイベントなのです。

写真の講師は、プロカメラマンの福田健太郎さん。
2.0超えの視力で、どんな被写体も見逃さない眼力の持ち主。利き目やカメラのもち方から、絞り/シャッター/ISOのバランス、構図やモチーフなどについていろいろ教わり、参加者が撮影した写真の講評もありつつ、かなりいろいろ勉強になりました。
c0060143_12433646.jpg

デジタル一眼レフカメラのレンズ二本をお借りして、盆栽美術館で写真を撮りまくってきましたよ。

▼今回お借りしたタムロン社製レンズ
・SP 90mm F/2.8 Di MACRO 1:1 VC USD [Model F004](新発売)
・18-270mm F/3.5-6.3 Di II VC PZD [Model B008]

そんなわけで、僕が撮影した写真を紹介。

DSC_3868

DSC_3953

DSC_3865

DSC_3856

DSC_3851


いやー、マクロレンズは楽しい!
肉眼では気づかないようなものが、レンズを通すと見えてきたり。
息をするのも忘れて、撮影に没頭しました。

他にも撮った写真をFlickrにアップしました。

盆栽美術館 - a set on Flickr
http://www.flickr.com/photos/tomaki/sets/72157634335083852/

盆栽っていうのは「凝縮・縮小の美」ということで、マクロレンズと合いますね。
どんどん盆栽の世界、小さな景色の中に引き込まれていく感じ。

一部を除き、盆栽美術館の収蔵品は基本的に撮影禁止なのですが、今回は写真イベントということで特別に許可をもらって撮影してきました。

今回は写真がメインの記事でしたが、次回はもう少し盆栽美術館について書きます。

それにしても、ぼくのこのかなり旧式な「Nikon D50」デジタル一眼が、レンズを変えるだけでこんなに写真の表情が変わるとは!このレンズ、欲しいなぁ。


社団法人さいたま観光国際協会(STIB)
http://stib.jp/

さいたま市大宮盆栽美術館
http://www.bonsai-art-museum.jp/

TAMRON
http://www.tamron.co.jp/

写真家 福田健太郎
http://members.jcom.home.ne.jp/fk-photo/

by t0maki | 2013-06-27 12:48 | ブロガーイベント | Comments(0)
c0060143_1227893.jpg

高橋尚子さん監修のアプリを使って深夜にランニングをしてるっていう記事を以前書きました。最近、ここ二週間ばかりちょこちょこ走っています。
ようやく5キロくらいは走れるようになりましたが、走り終わるといつも、へとへと。

腕を上げるのもおっくうな状態の時、「ARROWS NX(F-06E)」の指紋認証便利ですね。片手でサクッとスマホを起動できる。

あともう一つ便利なのが、「ステータスパネルスイッチ」の活用。

真っ暗な夜道を走った後、スマホの画面を立ち上げると「うわ、まぶしい!」ってなるので、明るさを一番低くしつつ、さらに「ブルーライトカットモード」をONにする、と。ようやく目に優しい明るさで画面を見ることができます。
通常は、ホーム画面のメニューから「本体設定」を選んで、「ディスプレイ」の項目を選択して、明るさやブルーライトの設定をするのですが、夜道を走って疲れ切ってる状態だと、この操作がすごく大変。
そこで、「ステータスパネルスイッチ」をカスタマイズすると、ホーム画面からスイッチを表示して、すぐにON/OFFを切り替えることができますよ、と。

「ブルーライトカットモード」と「画面の明るさ」のスイッチを配置しました。
c0060143_12273938.jpg



画面上部を指でなぞると「ミヨンッ」って感じで出てくる8個のボタンが、この「ステータスパネルスイッチ」です。必要な機能を素早くON/OFFできるので便利。

全部で18個の「スイッチ」が用意されていて、長押しで入れ替えることにより、常時8個を表示させることができます。

・Wi-Fi
・画面の明るさ
・エコモード
・Wi-Fiテザリング
・マナーモード
・GPS
・Bluetooth
・画面回転
・プライバシービュー
・ブルーライトカットモード
・SDカード(安全な取り外し)
・持ってる間ON
・DolbyR Digital Plus
・公共モード
・FMトランスミッタ
・機内モード
・伝言メモ
・モバイルデータ通信


最初、「ブルーライトカットモード」なんてそんなにこまめにON/OFFしないと思ってたので、ステータスパネルスイッチに入れる気はなかったのですが、夜走るようになってからはかなりこのスイッチが重宝しています。ONにすると、暗いところでも目に優しい。そのかわり、写真加工などをしている時は色味が変わって不便なのでOFFにしています。

「ステータスパネルスイッチ」はライフスタイルに合わせて、良く使う機能を選んでカスタマイズして使うのがオススメです。


「ARROWS NX(F-06E)」をレビュー中。他のブロガーさん達の記事は以下のバナーから!


by t0maki | 2013-06-27 12:30 | モニターレビュー>ケータイ会議 | Comments(0)

   
Back to Top