ブログトップ | ログイン
<   2013年 05月 ( 35 )   > この月の画像一覧

c0060143_20371540.jpg

キヤノンさんより、斬新なデザインと機能のコンパクトデジタルカメラ「PowerShot N」をモニターとしてお借りしています。ユニークで面白いですね、このカメラ。写真を撮るのが楽しくなります。

これまでに書いた記事のまとめです。

「PowerShot N」のクリエイティブショットが楽しすぎる
http://tomaki.exblog.jp/20006141/

上野動物園で心ゆくまで人混みを堪能
http://tomaki.exblog.jp/20039156/

ロシアンルーレット式自販機
http://tomaki.exblog.jp/20169763/

もしかすると娘は天才カメラマン?「PowerShot N」レビュー
http://tomaki.exblog.jp/20233470/


あともう何個か記事書きたいな。

by t0maki | 2013-05-31 00:00 | アート>写真 | Comments(0)
c0060143_19341457.jpg

ナオミ・ワッツとユアン・マクレガーが出演する映画『インポッシブル』を試写会で観てきました。

ストーリーは、タイのリゾートで津波に襲われる家族を描いた実話をもとにした内容。
東日本大震災の後で、こういう風にあからさまに津波を扱った作品については賛否両論ありそうな気もしますが、それは観る人の感じ方次第ですかね。

この映画が、単に観客を怖がらせるためだけのディザスター・ムービーだったら、かなり「不謹慎な!」ということになるのでしょうが、家族の絆を描いた真実の物語という風に観れば、感動のドラマとなると思います。
「世界が涙した奇跡の実話」っていう宣伝コピーはそういう部分を意識しているのかも。

個人的な感想としては、映画自体はすごく怖いです。血とか傷とかがすごすぎて、時々正視できなくなります。さらに、音の演出がすごくて、もうドキドキしっぱなし。

で、感動します。勇気をもらえます。家族の絆ってこういうことなんだな、と。なによりも、これが適当なでっちあげの脚本なんかではなく、きちんと実話をもとにしているということで、さらに心に突き刺さってくるものがあります。

津波を扱った映画としては、『ヒアアフター』がありますが、それよりももっとストレートに津波を主題にした映画ですね。

細かいところでなんか気になる部分はあるのですが、それはまぁ、事実は小説より奇なりってことで。

気になる方はぜひ劇場で。
6月14日公開です。

by t0maki | 2013-05-30 00:00 | Comments(0)
c0060143_20205881.jpg

表参道のGYREとその周辺で開催されていた、「Money after Money | 信用ゲーム 2013」というアート展を観てきました。

「お金」をテーマに、たアンディ・ウォーホルやヨーゼフ・ボイスの作品展示の他、会場周辺で仮想通貨を専用アプリを使って掘り起こす参加型ゲームなども。

展示会場は、MoMA デザインストアの隣。
入口入ってポップコーンメーカーが並んでいて、それがタイマーで作動してポンポンポップコーンが出てくるので、反射的に食べました、おいしかったです。
c0060143_20211283.jpg


ま、それはともかく。

アンディ・ウォーホルの作品は撮影禁止なので観て楽しみました。

UBERMORGENさんの作品は、ガラス窓の自然光の部屋に展示されていて素敵な空間でした。リンゴとお金はどのようにつながってるのかな??
c0060143_2021644.jpg


アプリを使った、GPS連動の宝探しも参加してみましたが、埋めてある場所の5m以内に近づくのが意外と大変。何度もニアミスしましたが、何回かゲットできました。
自分が埋めた仮想通貨が誰かに掘り起こされると、その人の映像が記録されて通知が来るみたいですね。最初知らなくて、多分オレは間抜けな顔で撮影されてたはず。
c0060143_2021941.jpg


お金とアート。実は意外と近いテーマなのかも。


ART | 一般社団法人 MAM
http://mamjp.org/art/

by t0maki | 2013-05-29 00:00 | アート | Comments(0)
c0060143_11594748.jpg

先日、自転車博覧会を見てきました。
場所は、伊藤忠青山アートスクエア。

各時代のいろんな自転車が展示されてる中で、「おぉっ」と思ったのはアフリカのザンビアで作られた、フレームが竹で作られてる自転車『Zambikes Bamboo Bikes』。

以前、ネットの情報でその存在を知ってたものの、実物を見たのは初めて。見た感想は、思っていた以上にきちんとした自転車でびっくり。

想像してたのは、アフリカの奥地で文明から隔離された職人さんが手作りつくってるイメージでしたが、実際は、あえて竹を使って、手間をかけてつくっている感じ。フレーム以外は普通の自転車と変わりなく、むしろ高級でモダンなつくりでした。
いやー、この自転車ならぜひ欲しい!

他にも、映画『E.T.』に登場したのと同じ自転車とか、木製でペダルのない初期の自転車、アメリカ製のノスタルジックな自転車に混じって、築地でよく見かけるようなごっつい自転車まで、いろいろあって面白かったです。

あぁー、自転車欲しい(家族の中で唯一自転車を持ってないオレ)。

by t0maki | 2013-05-28 12:00 | アート | Comments(0)
c0060143_9454638.jpg

「ツバメが低く飛ぶと雨が降る」っていう言い伝えには実は理由があって、雨が降りそうになるとツバメのエサになる虫達が地面に近いところを飛ぶからってのを子供の頃に聞きました。

実際、雨が降りそうなタイミングでツバメが低空飛行をしてるのをなるほどなって思います。

さらに言うと、雨が降りそうな天気の時に虫が低いところを飛ぶのにも理由があるわけで、世の中の現象の背後には、いろんな法則や理由があるってこと。

そう考えたときに、人間の記憶や神経伝達の情報は電気信号っていうのもなんだかちょっと乱暴な話っていう気がしていて、それって現象の外側しかみてないんじゃないかなって、昔勉強しながら思った。確かに雨の日にツバメが低く飛ぶけど、それは目に見えるところの現象なだけで、本質ではない。その先には虫の存在があって、さらにまた雨の日の虫に与える何かの条件があって、その先にもまだまだ原因と法則の連鎖があるかもしれない。

何か、エネルギーが伝達されるときに電気が生じるのは分かるんだけど、その電気信号自体に記憶や意志の情報が盛り込まれているってのはどうかなと思うだけ。根拠のない想像だけど。

今の研究ではどうなってるんだろうかね?ニューロンとか?
記憶や感情の本質って、どこまで解明されたんだろうか?一つの現象があって、その原因が見つかったら、さらにそのまた先に解くべき謎が見つかる。延々と絡み合って連なり、時に分岐したり交錯したりし続ける「パラレルなバタフライエフェクト」みたいな。

雨が降りそうな日。駅に向かって歩きながら、なんとなくそんなことを考えた。

by t0maki | 2013-05-26 09:40 | 乱文・雑文 | Comments(0)
c0060143_1759102.jpg

ロモグラフィー ジャパンのプレオープニングイベントで、神田祭を撮影してきた続き。
今回は、LOMO LC-A+をお借りして撮影した中から、娘が撮影した写真など。

▼裸足の人いたから撮ったよー、って言ってた写真が多分これ
c0060143_1759106.jpg


▼祭りの行列
c0060143_1759132.jpg


▼ケロロの山車が秋葉原を練り歩く
c0060143_17591139.jpg


▼なんかわからんけど、味がある作品
c0060143_17591277.jpg


オートフォーカスが無い上に目測でピントを合わせるようなタイプのカメラなのでボケたりしてるけどそれはそれで。なかなか面白い写真がいろいろと。

娘とロモのワークショップに参加したのは、ホント、何年ぶりかの久しぶり。楽しかったです。

by t0maki | 2013-05-25 17:32 | アート>写真 | Comments(0)
5月11日、神田祭りを山車と一緒に練り歩くフォトウォークに娘と一緒に参加してきました。

3331Arts Chiyoda(アーツ千代田 3331)にショップがオープンすることが決まったロモグラフィー ジャパンのプレオープニングイベントです。

あいにくの雨でしたが、祭りは雨天決行!僕らも傘を差しながら、借り物のLOMO LC-A カメラを濡らさないように気をつかいつつ、祭りと撮影を堪能してきましたよ。

今回は、クロスプロセスにも挑戦。仕上がった写真はこちら。

c0060143_17311534.jpg

c0060143_17311696.jpg

c0060143_17311677.jpg


こんな多重露光も画像編集じゃなく、フイルムでやることに醍醐味があるんです。
c0060143_17311714.jpg

c0060143_17311865.jpg
ロモらしい周辺光量落ちの味のある濃淡のコントラストと、クロスプロセスならではの発色が良い感じ。
次回は、娘が撮影した写真も公開しますよ。

by t0maki | 2013-05-25 17:24 | アート>写真 | Comments(0)
c0060143_1332674.jpg

好きなものが2つ重なると倍以上嬉しい。

3331 Arts Chiyoda(アーツ千代田 3331)にオープンしたロモグラフィーのショップ「 Lomography+ 」のオープニングパーティーに参加してきました。

2000年頃からのロモユーザーかつ、日曜アーティストとして3331にもお世話になってるオレとしては、このコラボは嬉しすぎる!

・プレオープンに娘と参加
・クロスプロセスや多重露光で撮影
・雨の神田祭り
・フィルムスキャナー衝動買い
・オープニングイベント

やばい、ブログネタも既に書くことたくさん。
とりあえず今回はオープニングイベントについて。

3331Arts Chiyodaの1階にロモのショップがオープンしました。プレオープンの時にはがらんとしてた室内も、しっかり商品が搬入されてました。でもまだ、レジとかはこれからみたい。
ついつい、フィルムスキャナーを衝動買いしたことについては、また書きます。

ロモウォールの制作に参加したり。
c0060143_1332893.jpg


フィルムケースでメッセージカードつくるワークショップ。
c0060143_13321056.jpg


と、こんなお土産も。
c0060143_13321276.jpg
LOMO LC-A とFisheye2のストラップ。もちろん、両方とも実機を所有しているうえ、このストラップも以前それぞれ購入済み。

はい、ロモグラフィーの熱烈なファンです。

というわけで、まだまだ書くことがあるので続きは次回。

by t0maki | 2013-05-25 13:21 | アート>写真 | Comments(0)
c0060143_18532684.jpg

モバイル決済の「Square」が日本に進出したということで、早速登録してみました。スマホのイヤフォンジャックに小さなガジェット挿すと、クレジットカード決済ができちゃう仕組み。なんか、すごいよね、いろいろと。

書類審査にパスすると、無料のSquareリーダーがもらえて、決済サービスを使い始められるらしい。
決済ごとに、3.25%をSquareに支払う仕組み。月額料金はありません。

創設者のジャック・ドーシーさんは、Twitter(旧Obvious社)を立ち上げたことでも有名。

さてさて、日本で「Square」はどんな風に広がるでしょうかね。競合サービスも出てきそう。
クレジットカードがもっと気軽にどこでも使えるようになることで、消費行動とかも変わってくるかもですね。

リーダー持ってないけど、アプリをダウンロードしたり、商品を登録してみたり、いろいろ試してみました。
こんなに簡単で良いのかってくらい、サクサク使えてびっくり。もちろん、まだ実際に決済は試してないけど。
c0060143_18532228.jpg

これはちょっと、実際に使ってみたいなぁ。

Square
https://www.squareup.com/jp

by t0maki | 2013-05-23 18:59 | Comments(0)

   
Back to Top