ブログトップ | ログイン
<   2013年 03月 ( 49 )   > この月の画像一覧

c0060143_18113778.jpg

「世界一周 × 英語」-presented by TABIPPO x TEDee- というイベントに参加してきました。Facebookで見かけて、面白そうだったので。

世界一周の経験者3名のプレゼンを聞いた後、グループに分かれて英語でディスカッションする企画。

TABIPPOっていうのが、世界一周経験者のみで構成された団体。
で、TEDeeっていうのが、TED動画を見ながら英語を使ってディスカッションする団体。で、今回はそのコラボ企画、と。

参加者は、学生さんが多いのかな。
こないだのTOEIC受験の際も、結構学生さんが多かった印象だし、こういう風に英語を学ぼうっていう風潮が広まっているのは良いことだ。

バックパッカーとしてヒッチハイクで旅をするとか、ちょっと羨ましいけど、十分気を付けないとね。カウチサーフィンはちょっと興味ある。世界中の人のカウチに泊めてもらう、と。スーパーのゴミ箱から夕食の食材を集めてくるっていうエピソードが強烈でした。

中南米とか、旅してみたいと思いました。
大学で学んだスペイン語もすっかり忘れてしまってるから、一度もう一度学びたいってのもあるし。だったら、スペイン語圏に飛び込んでしまうのが一番の近道。

実行するかどうかはもう少し考えてみるけど、ま、いつかね。

今度いつか機会があったら、TED動画を見る本来のTEDeeイベントにも参加してみたい。
なかなか面白いイベントでした。

TEDee
http://tedeejapan.com/

世界一周団体TABIPPO
http://ameblo.jp/tabippo/

by t0maki | 2013-03-31 18:12 | Comments(0)
c0060143_17432423.jpg

森美術館で開催された『会田誠展:天才でごめんなさい』を観てきました。

一言で表現すると、“provocative”って感じ。うまい日本語が見つからないんですが、挑発的で挑戦的。時には一般の人に嫌悪感を与えたり怒らせたりとか。
うまく「アート」を使って表現しているな、すごいな、と。

『美しい旗』っていう、女子高生が日本国旗を手にして立っている作品。あれって、屏風風の装丁なんだけど、裏から見たらキャンバスが普通の襖でびっくり。意外と手作りなんですね。

『ジューサーミキサー』っていう作品には大量の女の子が顔まで細かく描きこまれてるけど、『灰色の山』という作品に描かれてるサラリーマンはみんな顔なしのっぺらぼう。ただし、一人だけウォーリーがいて、こっち見て笑ってるのを見つけました。

作品展中、唯一写真を撮って良い作品はこちら。
c0060143_17432855.jpg

ね、“provocative”でしょ?

by t0maki | 2013-03-31 17:45 | アート | Comments(0)
c0060143_17232342.jpg

『大人の嗜みウィスキーを楽しく勉強しよう』っていう勉強&テイスティング会に参加してきました。

今回のテーマは、“世界5大ウィスキーの魅力と最新情報”ということで、『ウィスキーの教科書』の著者橋口孝司氏を講師にお招きして、稲毛の「Lounge Aka-Tombo」で開催。
c0060143_17233185.jpg


ちなみに、世界5大ウィスキーは、下記五か国の産地のこと。

・スコッチ
・アイリッシュ
・アメリカン
・カナディアン
・ジャパニーズ

それぞれの産地で生産されたウイスキーをテイスティングしてきました。
c0060143_17233517.jpg


2時間の勉強会でしたが、あっという間。
醸造酒、蒸留酒、混成酒の分類から始まり、ウイスキーの歴史や、その種類。さらにボトルのラベルの解説まで。
最後は、バーテンダー経験もある橋口さんによる、自宅で100円ショップアイテムでもできるカクテルのつくり方など。盛り沢山な内容でした。

「教科書」にサインいただきました!
c0060143_1723272.jpg


ニッカウヰスキー北海道工場・余市蒸溜所でウイスキーづくりを体験してからもうすぐ1年。来月は白州蒸溜所を見学しに行く予定。ますますウイスキーにはまりそうです。

by t0maki | 2013-03-31 17:26 | Comments(0)
Google Ngram Viewerは、Googleが収集した500万冊を超える書籍データをもとに、5,000億語の単語を分析して時代の変遷をグラフ化できるサービス。
面白いですよ。
とりあえず、いろんな単語を入力して遊んでみましたので、本日はその内容を紹介。

戦争と平和

第一次世界大戦と第二次世界大戦。"war"という単語の出現数が上昇すると、"peace"っていう単語も上昇する、と。まぁ、うっすらではありますが、この二つの単語は対になっているということですね。
c0060143_16581149.png


モンスターの遷移

1800年代から1900年にかけてモンスターがたくさん出現してたけど、やがてゴーストの出現数が追い越した。ファントムは1930年頃から少し減って、変わってゾンビやバンパイアが増えてる。
と、もう一つ。1950年からどの怪物も出現が増えてる(時代遅れのファントムでさえも)。
c0060143_1658211.png


賢い人は減ってる?

天才や賢人がどんどん減ってる。かろうじてスマートはちょっと増えているけど、全体的に頭の良い人たちがどんどん減っている?もしくは、どんどん埋もれてしまっているのかもね。
c0060143_1657505.png


サンタクロースが生まれたのは?

このグラフを見ると、サンタクロースの誕生が一目で分かりますね。
意外にも、1945年をピークにいったん下がるんだけど、1960年代からまた持ちこたえて、さらに出現数を増やしてる、と。
c0060143_16574256.png


ラッキーとアンラッキー

最後に、ラッキーとアンラッキーの出現数。昔はアンラッキーが優位だったけど、最近はどんどんラッキーが増えてる、と。だからと言って、世の中にラッキーな人が増えてるとも思えず、まぁ商標とかそんなんだろうけどね。
c0060143_16573090.png


Ngram、遊んでみると面白いですよ。

Google Ngram Viewer
http://books.google.com/ngrams

by t0maki | 2013-03-31 16:59 | Comments(0)
c0060143_16355959.jpg

先日のギャラリープレオープニングトークイベントでお目にかかった方が偶然以前のアートイベントの打ち上げで同席してた方だと判明し、かつ3331 Arts Chiyodaの作品展でワークショップを行ったと伺って、会期終了間際に滑り込みで作品展を見てきました。

「バイオメディア・アート展」っていう、アートなのに理系寄りの作品展。そもそもその知人もDNAやヒトゲノムを研究している方だったり。

いろいろ面白い作品が展示されていました。
c0060143_16355513.jpg

『金魚解放運動』っていう、フナから1700年かけて品種改良を重ねてきた金魚を交配で中和し、餌による発色の維持も抑え、フナにかえすっていう活動を紹介している動画インスタレーション作品が興味深かった。

もう一つ面白かったのは、マザーボードのミネラル分が腐食しながら培地を介してシアノバクテリアに取り込まれ、映像の光源によって光合成を行い、気の遠くなるような年月を経てまた鉱物を形成するかもしれない、という作品。
個人的に、テクノロジーが劣化していく様を陶芸で表現したいっていう構想を以前から持っていたので、この作品は非常に面白いと思いました。僕のは単に、ビジュアルコンセプトですが、こちらは実際にサイエンティフィックに表現していて興味深い。
c0060143_16361894.jpg

c0060143_16363111.jpg

c0060143_16363592.jpg

ちょうどすれ違いで、シューリーさんもこの作品展を観に来ていたのを後で知りました。
やっぱり、世間は狭いな、と。

by t0maki | 2013-03-31 16:38 | Comments(0)
渋谷にこれからオープンする、「アツコバルー」というアートギャラリーのプレオープニングトークイベントに行ってきました。
シューリー・チェンさんとYoHAのグレアム・ハーウッドさんによるスペシャルトーク。
c0060143_16202976.jpg

c0060143_16205668.jpg

c0060143_1620513.jpg


プレゼンを聞きながら思ったのは、「アート」っていうのは作者の感性によってそこにある問題定義をするけど、かならずしも解決策を提示する必要はないのかもな、と。そこにある課題や問題を浮き彫りにした時点で、作品としてはある意味成功なのかも。概念的なストーリーを形にして提示する。

シューリーさんの「コンポスト」をテーマにした作品やパフォーマンスは面白いと思いました。都市の中で、有機物が堆肥となっていく様をそのまま作品とするアイデア。
さらにそこから一歩進んで、ネットの情報をコンポストするビジュアル作品など。

ただ、データは劣化しない。記録メディアはしかし、物理的な劣化があるし、かつメディアのテクノロジーの変遷で過去のメディアが読み込めなくなったりもする。

うーん、なんかいまいちまとまらないけど。

イベントの後、そのままギャラリーに残って、アーティストさんや参加者さん達と少しだけ話をしました。

意外なつながりが見つかったりしつつ、何か次につながる予感。このアートギャラリーのグランドオープンやプレイベントも楽しみです。
c0060143_1620379.jpg


by t0maki | 2013-03-31 16:23 | Comments(0)
c0060143_1624927.jpg

ちょっと興味あって、先日図書館から『文士の筆跡』っていう本を借りました。5冊セットの大型本。持って帰るのが重くて大変だったけど。

作家さんの原稿とか、手書きの筆跡を見られるのが面白い。
青空文庫にも収録されている横光利一さんの『旅愁』っていう作品。
c0060143_1625310.png

手描きの原稿はこんな感じ。
c0060143_162576.jpg

リアルに作者の執筆の工程が感じられて、面白いです。

手書きは味があって良いなぁと思いますが、今さらパソコンやスマホからの入力に慣れてしまった身としては、原稿書くのは手書きに戻れないなぁ、とも。

漢字とか、完全に「外部脳化」してるので、書けないもの。
あと、修正とか、順番の入れ替えとか、コピペとか。
文字の検索ができなかった時代なんて、考えらえない。

ただ、まぁ、こんなに文章が氾濫している時代だから、情報もその中に埋没していくみたいな感覚はありますけどね。
言葉がひたすら堆積していくイメージ。

その中から、Google Ngramとかでデータを分析してみるのも面白いって言えば面白いけど、文学作品の感動とかって、単語の分析とはまたちょっと違うところにあるんだよなぁ、とか。

と、まとまりと方向性のないままなんとなく書いてるこの文章も、堆積していく情報のちっぽけなひとかけら。

by t0maki | 2013-03-31 16:04 | アート>もの書き | Comments(0)
c0060143_5304111.jpg

イー・アクセス株式会社さんからイー・モバイル端末STREAM X(GL07S)をお借りして、モニターレビューをしていきますよ。

とりあえず、今日は「ようこそ」画面のあと、初期設定。一通りアプリをインストールしました。
Google Playからダウンロード。端末からでももちろんいけますが、パソコンからアプリを選択して遠隔からインストールも便利。
c0060143_5311485.jpg

一部非対応のアプリもありましたが。例えば、AdobeのPhotoshopはインストールできたけど、Ideasはダメ、みたいな。
でも、自分にとっての必須アプリはほとんど入れられました。

というわけで、今回の記事はSTREAM Xを使って書いてます。

今日はそんなところで。


Fans:Fans

by t0maki | 2013-03-31 05:32 | Comments(0)
c0060143_45933100.jpg

BeeTVのタブレット版画面が新しくなってた。

あ、今はBeeTVじゃないんだっけ。こないだはVIDEOストアっていう、明らかに検索エンジンにフレンドリーじゃない名前になってたけど、今はあれ?dマーケットの一部みたいな感じだっけ?よく分からないけど、ブランディング的に良いの?…みたいな余計な心配は置いといて。

そう、新しいUI。すごく使いやすそうだし、実際機能すれば使いやすいんでしょうけど、遅いし固まるしで最悪。とりあえず、300エピソードもある番組の最新を観るのにひたすらスクロールダウンはないでしょ。せめて、最新を上に持ってきてください。
前はそれでも最新があればページ内アンカーみたいな感じで自動で飛んでくれてたけど、それすらなくなってたみたいで。むむむ、という感じ。

なんだかんだで、huluもひかりTVも、あと他にいくつか有料の動画配信サービスを試してきた中で、唯一継続して月額料金支払ってるのはこのサービスだけなので、頑張って欲しいな、と。

by t0maki | 2013-03-31 04:42 | ライフスタイル>文具・アプリ | Comments(0)

   
Back to Top