ブログトップ | ログイン
<   2012年 02月 ( 29 )   > この月の画像一覧

c0060143_14423939.jpg

今日は、「Rare Disease Day」といって、世界希少・難治性疾患の日です。もともとは、2008年2月29日にスウェーデンで始まった活動で、この2月29日っていうのが四年に一度の「希少な日」ということだったのですが、その後は2月最終日がRare Disease Dayとなりました。

今回、仕事でもちょっと関わったご縁で、丸の内OAZOの○○広場(おおひろば)で開催された「RDD2011」というイベントに参加してきました。

▼会場はOAZOの一階
c0060143_14445784.jpg


山口啓介さんというアーティストの方による、「カセットプラント」というインスタレーションのアート作品に参加してきました。

▼作成中
c0060143_14431993.jpg


▼こんな展示
c0060143_14433372.jpg

c0060143_14432797.jpg


そもそも、患者さんの数が少ない「Rare Disease」に対して薬を開発するって、実はすごくたいへんなことなのだろうな、と。せっかく薬を開発しても、たくさんは売れないわけだから。でもそこであえて希少疾患向けの薬を開発して販売するのって、すごく評価されることだと思うんですよ。
個人的に、そういう案件に関わることができて、良かったな、と思っています。

患者さん同士がこういうイベントをきっかけに、ネットワークがつくれるというのも大切ですね。

▼患者さんの声
c0060143_14435554.jpg


「RDD2012」のイベントは、丸の内OAZO 1階の「○○広場(おおひろば)」にて本日(2月29日)21:00まで。


「世界希少・難治性疾患の日(RDD2012)」の開催について|厚生労働省
http://www.mhlw.go.jp/topics/2012/02/tp120224-01.html

Rare Disease Day レアディジーズデイ 世界希少・難治性疾患の日
http://www.rarediseaseday.jp/

by t0maki | 2012-02-29 14:46 | Comments(0)
明日のアート企画の準備中

というわけで、例によってまた前日にバタバタ準備中。

明日(2月26日)、アトリエとしてお借りしている廃校の教室で、「オープンスタジオ」やります。3331 Arts Chiyoda(アーツ千代田 3331)という元中学校の校舎を再利用したアート施設の教室を6人でシェアしているのですが、明日は一般のお客さんが自由に見られるように、教室スペースを公開します。

【AFT オープンスタジオ @3331】
・日程:2月26日(日)12:00-18:00
・会場:3331 Arts Chiyoda (B102:ARTS FIELD TOKYO)
 〒101-0021 東京都千代田区外神田6丁目11-14
 http://www.3331.jp
・入場無料

当日、「TOKYO FRONTLINE」というイベントが3331で開催されていますが、そちらは有料のイベントになります。僕らの「オープンスペース」は入場無料で、地下のB102でやってます。もちろん、僕もそこにいますので声をかけてください。

ささやかなお持ち帰り企画とか、その場で写真を撮ったりして参加できる企画も実施する予定。あとは、当日現場に行ってから即興で準備します。
来場してくれた方に、遊んでもらえればと思ってます。

よろしくお願いします。

by t0maki | 2012-02-25 23:59 | アート | Comments(0)
写真が好きで、学生時代はバスルームを暗室にして写真を現像したりしてました。一応、社会人になって初めての肩書きは「フォトグラファー」だったりします。ただ、別にカメラに詳しいわけでも無く、今持っているカメラもどちらかというとトイカメラばっかりだったり、今一番使うカメラはいつも持ち歩いてるスマートフォンだったりします。
写真は、見るのも撮るのも好きなんですけどね。

一時期、「左右対称の美」にハマっていたことがありまして、写真を撮影しては、せっせと左右対称に加工したりなどしてました。これは、その時につくった待受け画像作品です。
c0060143_2242743.jpg

c0060143_2243020.jpg

c0060143_2243227.jpg

c0060143_224354.jpg

c0060143_2243850.jpg

なんなんでしょう。落ち着くんですよね。ここまできっかりと左右対称だと。この、バニシングポイントまでの線とか、美しいですよね。

いろいろと、自分が過去に作成した待受け画像などをちょっとずつ紹介しています。以前紹介したこちらのページもぜひ。

『現代版・日本の妖怪』待受け
http://tomaki.exblog.jp/17528354/

『モンスターの標語』待受け
http://tomaki.exblog.jp/17528402/

『そこにスウィーツがあるから』待受け
http://tomaki.exblog.jp/17528464/

『点取占い』待受け
http://tomaki.exblog.jp/17528507/

by t0maki | 2012-02-24 00:00 | アート>待受画像 | Comments(0)
このブログを読んでくれている方は既にご存じだと思いますが、僕は個人的に「おバカ」なネタを考えるのが好きです。

この「点取占い」を題材にした待受け画像シリーズも、ホント「バカだねぇ」としか言いようがない作品。

c0060143_21382419.jpg

c0060143_21383466.jpg

c0060143_21383268.jpg

c0060143_21382624.jpg

元ネタをご存じない方に説明すると、本物の「点取占い」はぺらぺらの紙に点数とイラストが描かれたおみくじみたいなもので、よく駄菓子屋さんなどで売られています。点数でゲームができるのですが、白丸の合計から黒丸の合計を引いて、プラスなら半丸を足し、マイナスなら引く、というルール。ま、それはともかく、この点取り占いは、元ネタの本物の方も、結構シュールなイラストと文章が楽しいですよ。

こんなおバカな作品を、とめどなく作り続けています。
なんのため、ってワケでもないんですが。強いて言うなら自分のケータイの待受けに設定して、「こんなネタどう?」って見せるためとか。
ほとんど全部無料で、自分のサイトに公開しているんですが、たまに依頼があってクライアントに納品することも。

なにかご要望があれば、お仕事としてでも、ちょっと楽しいコラボ企画としてでもつくりますので、お気軽にご相談くださいませ。
リクエスト等随時受け付けております!


ちなみに、これまでに紹介した待受け画像作品はこちら。

『現代版・日本の妖怪』待受け
http://tomaki.exblog.jp/17528354/

『モンスターの標語』待受け
http://tomaki.exblog.jp/17528402/

『そこにスウィーツがあるから』待受け
http://tomaki.exblog.jp/17528464/

by t0maki | 2012-02-23 21:40 | アート>待受画像 | Comments(0)
c0060143_16235975.jpg

さてさて、「ドットインストールリアル#0000」に参加してきましたので、その模様をご紹介。

「ドットインストールリアル」っていうのは、3分動画でマスターする初心者向けプログラミング学習サイトっていうことで、動画を見ながらステップ・バイ・ステップで初めての人でもプログラミングが学べるという「え?これホントに無料で良いの?」という太っ腹なサイトです。

現在(2012年2月23日時点)、40レッスン565本の動画が配信されているのですが、実際にコードが書かれていく映像とその解説の音声は、全て「百式」や「IDEA*IDEA」のブログでおなじみの田口さんによるもの。開発担当はMeityなども開発されたF.Ko-Jiさん。レッスン動画の数は、現在進行形でどんどん増えています。

今回の「ドットインストールリアル#0000」には、そんなドットインストールで実際にプログラミングを勉強している50人近いユーザーが集まって、会場で実際にJavaScriptを使った本物のプログラミングに挑戦するという、なかなか面白いイベントでした。

イベント開始後、「○○診断」っていうサンプルのページを見せられて、「じゃぁ皆さん、5分間で実際にコレを作ってみてください。どうぞ!」と言われた時は、正直血の気がひきました。とりあえず、前日一夜漬けで勉強したミニゲームのソースコードをそっくりそのままコピペしてきて、名前と結果をマージするのはどうすれば……とうんうんうなってたらあっけなくタイムアウト。
プログラミングという名の森に迷い込んであてもなくさまよっているうちにあたりが暗くなって途方に暮れる、という感じでした。

その後、田口さんがコードの一行一行を説明しながらリアルタイムに書いていってくれたのですが、ドットインストールのサイトのレッスンと全く同じ声なので(同一人物なので当たり前ですが)、なんかサイトのレッスンがそのままリアルな会場で行われてるのが面白かったです。と、時々ついてけなくなって、「やべ、一時停止、一時停止。あぁ、ライブイベントだったっけ」などと思い出したり……。

僕は最初にコピペをしたおかげで途中までかなり順調に進んだのですが、「よし、正解発表はコレ」って言われて渡された用紙の記述の一行を書き忘れてて、出力結果が全然思い通りのものにならずに、プログラミングという名の深い深い森のさらにそのまた奥深くにさまよいこんでいくことになるのですが、田口さん質問したら「コレ、ここの一行」って言われて「ありゃ、ホント」みたいな。密林の中で光明を見た感じでした。イヤ、まじで。

イベント後の懇親会も楽しかったですよ。年齢も職業もみんなバラバラで、プログラミング初心者だけど興味があって来てみたという人が多いようでした。もちろん、僕も含めて。
ぜひ、またドットインストールのリアルイベントをやって欲しいです。その時までに、もうちょっと「プログラミング」も勉強しておかなきゃ。


ドットインストール
http://dotinstall.com/

by t0maki | 2012-02-23 16:25 | ブロガーイベント | Comments(0)
今日はあいにくの雨。雨の日って、無性に写真が撮りたくなりませんか?僕だけ??

▼雨に濡れるホットドッグ
雨の日

▼ビニール傘に付いた水滴とか。
傘

暗くなってからの濡れた地面に反射するネオンサインや車のヘッドライトとか、それだけでもうフォトジェニックだと思うのですよ。

▼雨の帰り道、ARROWS X LTEの「HDR」エフェクト撮影
雨の帰り道

雨の日に写真を撮りたくなったとき、防水端末は便利だなぁ、と。端末が濡れるのを全く気にせず写真が撮れますからね。さすがに土砂降りの雨でレンズが濡れてしまったり、タッチパネルも反応しないくらいびしょびしょになったら使いづらいですが、「雨の中で使って壊れたらどうしよう」という心配をしなくても良いのはすごく楽。

最近、しばらく防水端末ばかり使っていたので、今さら防水なしの携帯電話には戻れないかも。

というわけで、防水ばっちりのARROWS X LTE で雨の中写真を撮ってみましたよ、というケータイ会議9のレビュー記事でした。


ARROWS X LTE (F-05D) ブロガー徹底レビューまとめサイト
ARROWS X LTE (F-05D) ブロガー徹底レビューまとめサイトへ

by t0maki | 2012-02-23 12:20 | モニターレビュー>ケータイ会議 | Comments(0)
どうも。スマートフォンで一番良く使う機能といえば、断然「カメラ」機能っていう、自称ケータイフォトグラファーのTOMAKIです。自称ですよ、自称。

ケータイ会議9で、ARROWS X LTE F-05Dのレビューを書かせていただいてます。

さて、先日「荒川ふるさと文化館」に行った際、ARROWS X LTE にインストールしたいろいろなカメラアプリを使って写真を撮ってきたので、今日はその写真を公開します。

まずは、これ。

『ジオラマモードでジオラマを撮影してみたら』

ミニチュアの街並みが展示されてましたので、いくつかのアプリでジオラマを「ジオラマ風」に撮影してみましたよ、と。

▼まずはデフォルトカメラのエフェクト撮影で「ジオラマ」を設定した場合
ジオラマ
やっぱり、このぼかしの境界線はちょっと残念な感じがします。

▼続いて、「Camera360」というアプリのTilt-shift機能
Tilt shift細かく設定できるのと、ぼかしの感じもすごく良いです。一番お気に入り。

▼「MiniturePhoto」というアプリ
ミニチュアフォト
ぼかしやコントラストなど、ベーシックな調整もできます。


他にもいくつかジオラマ風な写真が撮影できるアプリもありますので、使い勝手等使い比べてみたら良いと思います。アプリによっては正常に機能しないものとか、やたら時間がかかるものもあるので、要注意。



さて、続いてはこちら。

『レトロな風景をレトロカメラで撮ってみた』

荒川ふるさと文化館の展示の一部に、懐かしい昭和の街並みをそっくりそのまま再現しているエリアがありましたので、「Retro Camera」で撮ってみましたよ、と。Retro Cameraの中でもいくつかカメラのタイプが選べるのですが、今回使ったのはpinhole cameraの設定です。

▼ちゃぶ台のある風景
レトロ

▼レトロな履き物
これもレトロ

▼懐かしい自転車
さらにレトロ

▼電線と街灯とか
もっとレトロ


以前ブログでも紹介しましたが、いろんなカメラアプリや写真加工のアプリがありますので、使い比べてみるのも楽しいと思います。でも、なんだかんだで端末にデフォルトで入っているエフェクト機能がプレビューできるしサクサク動くしで、かなりクオリティ高いと思います。「ダーク」とか、「HDR」とかのエフェクト撮影、好きですよ。


▼過去の関連記事はこちら
ARROWS X LTE でHDR(ハイダイナミックレンジ)撮影を楽しむコツ
http://tomaki.exblog.jp/17468868/

「ARROWS X LTE」のカメラとエフェクト【前編】
http://tomaki.exblog.jp/17347992/

「ARROWS X LTE」のカメラとエフェクト【後編】
http://tomaki.exblog.jp/17348016/

ARROWS X LTE の「エフェクト撮影」を極める
http://tomaki.exblog.jp/17311366/



ケータイ会議9参加ブロガーさん達による渾身のカメラレビューもぜひ。
F-05D 『カメラ』に関するレビュー 【ケータイ会議9 sponsored by 富士通】
http://www.keitaikaigi.com/2011d/category.php?id=1


と、FlickrのARROWS X LTE Groupにもたくさん写真がアップされてますよ。
Flickr: F-05D
http://www.flickr.com/groups/f-05d/


今日はそんな感じで


ARROWS X LTE (F-05D) ブロガー徹底レビューまとめサイト
ARROWS X LTE (F-05D) ブロガー徹底レビューまとめサイトへ

by t0maki | 2012-02-22 00:10 | モニターレビュー>ケータイ会議 | Comments(0)
c0060143_19102257.jpg

あれからもう13年近くも経つのか、と。

砂漠にある湖の畔に立って、虚ろな心持ちでいくつもの陶芸彫刻作品を叩き壊し、その破片の一つを埋めたんですよ。1999年に、5年間のアメリカ生活を終え、日本に帰国する直前の出来事。

1994年から4年間、アメリカのネバダ州にあるリノという砂漠の街で、陶芸彫刻を専攻しながらアート全般を学んだ後、ロサンゼルスの宝石デザインの会社で1年間、写真を撮る仕事をしてました。
それなりに達成感もありつつ、でも、先の見えない不安と無駄にジタバタしているような感覚もあり、今までの自分と決別するためにも学生時代の作品をぶち壊した、と。
でも、そこで作品の欠片を埋めたのは、全てを捨てきれなかったからかもしれない。後から考えると、なんとなく、ね。

で、そっから一気に時は経ち、4年以上経ってからその砂漠の湖に行ってみたんですよ。当時付き合っていた女性に僕が学生時代を過ごした街を案内しつつ、プロポーズをするため。その砂漠の湖で婚約指輪を渡し、その後結婚して、今の妻になるわけですが。

プロポーズの後、記憶を頼りに陶芸彫刻作品の欠片が埋まっているであろうところを掘ってみたところ、結構あっけなく見つかりました。なんとも自分でも拍子抜けするくらいに、学生時代に自分がつくった作品の欠片がひょっこりと。
その時の感情は、いろいろ複雑でうまく言葉にできないけど、5年近い空白の期間を飛び越えて、自分の中で何かが繋がったような感じ。

当時、もう本格的にWEB制作の仕事をしていたし、今さらアートの道に戻ろうとは思ってなかったけど、過去の自分の欠片と再開したことをきっかけに、もう少しだけマジメにアートと向き合いたいと思い、本格的に「日曜アーティスト」を名乗って週末を利用した創作活動に取り組むことにしました。

自宅に陶芸窯を購入して、豆粒大の小さな陶芸彫刻作品を大量につくり、それを街中に隠すというアートプロジェクトをはじめたのが2004年のこと。その場でケータイ電話を使ってGPS情報を取得し、自分のサイトに記録していくという仕組みもつくりました。

その後も、勝手にアートプロジェクトを企画しては、地味に地道に実行してきました。作品自体は、週末の限られた時間の中で楽しむことだけを目的とした、ちっぽけなものばかりですが、たまに突発的に1,000個の待受画像をつくってみるとか、日本橋にオフィスを借りて「会社ごっこ」をしてみるとか、地下道でゲリラ写真展とか、プリントオンデマンドで本を出版してみるとか、思いつくまま気の向くままにいろいろ勝手に個人的な創作活動を続けてきました。

現在、縁あって3331 Arts Chiyoda(アーツ千代田 3331)という元中学校の校舎を再利用したアート施設の教室をアトリエとして半年間シェアさせていただくことになり、そこを拠点にして引き続き「日曜アーティスト」としての創作活動をさせていただいています。

そして今回、「オープンスタジオ」というアトリエを一般に公開するイベントを開催するにあたり、急遽思いついたのが、前述の街中にアートを隠すというプロジェクト。以前はほとんど自分一人で実行していたこの企画ですが、今回はぜひ皆さんにも参加してもらいたいと思っています。
というわけで、皆さんもぜひ思い出の場所にこの小さな陶芸彫刻を隠してみてはいかがでしょうか、と、企画を構想中ですが、相変わらず気まぐれな思いつきで動いているので準備期間が圧倒的に足りず、はてさて残り数日間でどこまでプロジェクトとして形にできるかな、と。そんなギリギリのところで仕上げていくのが、結構好きだったりします。間に合わなかったらスミマセン……。

ひょっとしたら大失敗に終わるかもしれませんが、ご興味あれば是非当日足を運んでいただければ。小さな手作りの豆粒大陶芸彫刻作品をお渡しして、プロジェクトの参加方法をご説明します。といっても、ただ持ち帰っていただいて、自由に隠していただくだけですが……。

さてさて、間に合うかな??

【AFT オープンスタジオ @3331】
・日程:2月26日(日)12:00-18:00
・会場:3331 Arts Chiyoda (B102:ARTS FIELD TOKYO)
 〒101-0021 東京都千代田区外神田6丁目11-14
 http://www.3331.jp
・入場無料


当日、「TOKYO FRONTLINE」というイベントが3331で開催されていますが、そちらは有料のイベントですのでご注意ください。
オープンスタジオは地下のB102でやってます。もちろん、僕もそこにいます。

by t0maki | 2012-02-21 19:13 | アート | Comments(0)
c0060143_1218214.png

元中学校の校舎をそのまま再利用して、地域密着型アート施設として2010年にオープンした3331 Arts Chiyoda(アーツ千代田 3331)。
ちょっとしたご縁もあって、今ここの教室を6名でシェアして、アトリエとして使わせていただいております。

というわけで、2月26日(日)にこのアトリエを一般公開して「オープンスタジオ」を開催します。日曜日ぶらっと気軽に立ち寄って、アトリエを覗きに来てくださいませ。もちろん、僕もいます。

【AFT オープンスタジオ @3331】
■日程:2012年2月26日(日)12:00-18:00
■会場:3331 Arts Chiyoda (B102:ARTS FIELD TOKYO)
 〒101-0021 東京都千代田区外神田6丁目11-14
 http://www.3331.jp/
■入場無料

「オープンスタジオ」なので、作品展というよりはスタジオをそのまま公開して、「こんな場所で制作してますよ」の紹介です。
せっかくなので、来場した方が参加して楽しめるようなちょっとしたお土産企画も構想中ですので、お楽しみに。
(間に合うか?今からやって間に合うのか??)

個人的には、今回のオープンスタジオのテーマを「遊び」と「おもてなし」ということにして、来場していただいた方と何かしらお話なり交流なりできればな、と思っています。「日曜アーティスト」の制作現場へ、ぜひ遊びに来てください。

僕の他にも、教室をシェアしているアーティストの方々がいろいろ展示や企画を考えているはずですので、そちらもぜひお楽しみに。

企画の詳細やレポートなど、このブログで随時お知らせしますよ。
(それにしても、間に合うのか??)


【2/24追記】
▼こんな企画を準備中です
思い出つながるアートプロジェクトを構想中
http://tomaki.exblog.jp/17512696/

by t0maki | 2012-02-21 12:20 | アート | Comments(0)
c0060143_235742.jpg

さて、浅草で「大衆演劇」初体験してきましたので、その体験記&感想など。

ケータイ会議9の参加メンバーさん達と観劇してきました。
もちろん、写真はしっかりとARROWS X LTE F-05Dで撮影してきましたよ。

新川劇団による浅草木馬館大衆劇場での公演。
劇場の外観はこんな感じです。
c0060143_23575683.jpg


入った瞬間、昭和にタイムスリップしたようなニオイにちょっとクラクラ。
大衆演劇って、歌舞伎から派生した庶民向けの演劇らしいですね。普通の席が1,500円、特別指定入場券でも1,800円だから、まぁ映画一本分の料金で3時間みっちり楽しめる、と。
観客には年配の方ももちろん多かったですが、意外と若い人達も来てるんだなという印象。日曜だったからですかね。
開演前からみなさんお弁当食べたり、おせんべい食べたり、おにぎりたべたり。ポップコーンより幕の内弁当や和菓子が似合いますね、大衆演劇は。
c0060143_2358661.jpg


拍子木が鳴って、おもむろに演目がスタート。近松門左衛門の『冥途の飛脚』がベースになってる話のようでしたが、ストーリー自体はかなりアレンジが加えられてるみたいでした。
見始めてしばらく経ってから、主人公の忠兵衛とその幼なじみの与平っていうのが実は新川博也さんと新川笑也さんっていう兄弟の方がそれぞれ演じられていて、一緒のシーンに登場するまで僕はてっきりその二人は同一人物だと勘違いしてました……。
そしてさらに驚いたのは前述の与平っていう旦那と、梅川っていう遊女を演じてるのが、こっちは逆に同じ人(新川博也さん)だったってこと。いやいや、ホントに男役と女役を見事に演じ分けていて、最初全然分からなかった。スゴイね。

大衆演劇って、普通にホンモノの(って言い方は変ですが)女性の方も出演してるんですね。で、それに交じって男性が女性を演じる女形の人がいるわけなので、誰が男で誰が女で誰が同一人物で誰が兄弟でどっからどこまでが血縁関係なのかとか全然分かんなくなってきて、もう頭ん中ぐちゃぐちゃ。

第一部が時代物の演劇で、第二部が歌謡ショーみたいな感じのエンターテイメント性あふれる歌と踊りになるのですが、ここでもそのホンモノの女性以上にいろっぽい仕草をする男性とか観てると、「女性らしさ」ってなんなんだろうね、みたいなことを考えさせられたり。

とにもかくにも、大衆演劇初体験だったワケですが、予想以上に面白くて感動しましたよ。もちろん、細かいところでいろいろツッコミどころがあったりするのですが、そういうのも含めてすごく楽しめました。

万札を着物に挟む「おひねり」を実際に見れたのも貴重な体験。
そうそう、大入り御礼のシメは、やっぱり3331の手拍子でした。

「芸の道を生きるとは」みたいなことを考えさせられたり。
ホント、3時間が結構あっという間でした。

▼今日の出演者達
c0060143_002572.jpg

▼幕間の片付け
c0060143_00354.jpg

▼歌あり踊りあり
c0060143_23584621.jpg

▼出演者の方達が出口でお見送り。
c0060143_2359112.jpg


こんな世界があるんだなぁ、と。
また行ってみたいです。


新川博也 「新川劇団」
http://0481.jp/g/shinkawahiroya/


ARROWS X LTE (F-05D) ブロガー徹底レビューまとめサイト
ARROWS X LTE (F-05D) ブロガー徹底レビューまとめサイトへ

by t0maki | 2012-02-20 00:05 | モニターレビュー>ケータイ会議 | Comments(0)

   
Back to Top