ブログトップ | ログイン
<   2011年 06月 ( 33 )   > この月の画像一覧

c0060143_217872.jpg

よし。じゃぁ、授業始めるぞ。みんな席について。
今日も、前回に引き続いてF-09Cの3Dについて。
F-09Cで3D写真を撮る方法と、その画像形式。で、撮った写真をパソコンで確認して、分解するツールの紹介。最後に裸眼でステレオグラム写真を見る二つの方法を教えます。

じゃ、まずF-09Cで3D写真を撮る方法。知ってるひとー。
そうだよな、常識だよな。静止画を撮影中に、[MULTI]キーを長押しする、と。
写真を3Dにするには、右目用と左目用の2枚の写真が必要だから、まず一回シャッター押した後、ちょっと右にズラす。このちょっと右にズラすのがポイント。
あとは勝手にF-09Cが3D写真に加工してくれる、と。
これが、F-09Cの「かんたん3Dフォト」っていう機能です。覚えておくように。

この3D写真をパソコンで見てみるとー、拡張子が「.mpo」ってなってます。これは、「Multi-Picture Format」っていう形式。「まるっとぴくちゃー」って覚えると覚えやすいぞー。お、誰も笑わないか。
一般社団法人カメラ映像機器工業会(CIPA)が、複数の画像をひとつの写真にまとめて保存する形式として、規格化しているものです。Nintendo 3DS でも使われてるよな。

この画像を普通にパソコンに持ってきても、通常は見られません。なので、この「.mpo」っていう拡張子を「.jpg」に書き換えると、普通にJPEG画像として見ることができます。でも、表示されるのは2つ撮ったうちの、ひとつだけ。そこで、この「.mpo」っていうファイルから2枚のJPEG画像を取り出すためのツールが必要になってきます。
「StereoPhoto Maker」っていうフリーウェア。このアプリを使うと、まるっとぴくちゃーから2枚のJPEG画像を取り出すことができます。使うときは自己責任で使ってくれよな。

さて、今日は最後に、3D写真を良い感じに並べて、裸眼で見る方法。
冒頭の写真は、実際にF-09Cで撮影した.mpo形式の写真画像をパソコンで分解して、並べたものです。

画像の下に、ちっちゃく「X」と「II」っていうマークを入れてあります。
「X」は「交差法」、「II」は「平行法」で見るって意味です。それぞれの方法でマークの上の二つの画像を重ねて見ると、裸眼でも立体に見えます。

そもそも、右目用と左目用の画像をそれぞれ別々に片目ずつ見て、頭ん中でつなげるのが「裸眼立体視」っていう方法です。これをマスターすると、モニター画面や器具を使わずに、ステレオグラムの立体写真を裸眼で見ることができるようになるぞ。

じゃぁまず、「交差法」から。
「X」の上の二つの画像をちょっと「より眼」にする感じでつなげて見ます。画面と顔の真ん中に人差し指を立てて、それを見るような形で練習するとうまくいくかも。二つの画像が真ん中で繋がって、焦点を合わせると立体に見えるよ。
c0060143_2174097.jpg



そして、「平行法」。
遠くを見るような感じで「ぼんやり」と焦点を合わせずに画像を見ているとだんだん画像が近づいてくるので、ちょうど重なったところでおもむろに焦点を合わせる、と。
c0060143_2174883.jpg



最初は難しいけど、慣れてくると結構見れるようになってくるよ。
先生も、平行法が苦手だったけど、練習してたらだんだん慣れてきた。
でも、大きな画像だとまだうまくいかなかったりするけどな。

次の授業までには、全員見えるようにしとけよー。テストするからな。
おし。じゃ、今日の授業はここまで。


一般社団法人カメラ映像機器工業会(CIPA)
http://www.cipa.jp/

StereoPhoto Maker
http://stereo.jpn.org/jpn/stphmkr/index.html


F-09C/F-12C 最新Fケータイブロガー徹底レビューまとめサイト
F-09C/F-12C 最新Fケータイブロガー徹底レビューまとめサイトへ

by t0maki | 2011-06-30 00:00 | モニターレビュー>ケータイ会議 | Comments(0)
今回の「ケータイ会議8」で3D担当を勝手に自負している日曜アーティストのTOMAKIです。

そもそも、前回の「ケータイ会議7」でケータイを2台同時に使ったステレオ写真の撮影にハマり、その後赤青メガネを自作してアナグリフの作品を作ったり、勢い余って原宿のアートギャラリーでチャリティー展参加した流れでハンブルグの映画祭に作品を送りつけたり、相変わらずやりたい放題やってます。

ケータイ2台でステレオ写真を撮影
http://tomaki.exblog.jp/15771041/

「HEART for Japan」チャリティー展@デザフェスギャラリー搬入
http://tomaki.exblog.jp/16234361/

「TEGAMI」ハンブルグ日本映画祭用ポストカード作品を制作したよ
http://tomaki.exblog.jp/16276287/

3Dのレビューをがっつりブログに書こうと思い立ったのは良いのですが、やっぱり難しいですね。3Dのスゴさを3Dでない環境で説明するのは。3D画面を写真に撮ったって、3Dには見えませんからね。
なので、あえて今回はみなさんの想像力に訴えかけるため、文字だけの記事にします。


 * * * 

サンフランシスコだったか、それとも東京タワーだったか。覚えているのはたくさんのホログラフィー作品に囲まれてドキドキしていたこと。全く仕組みも何も分からないまま、「なんで平面なのに立体に見えるんだろう」と、それぞれの画像を覗き込んでは、食い入るように見入っていた思い出。

さらに子供の頃、表面に細かいぎざぎざの溝がある物差しの、見る角度を変えると蝶々が羽ばたいてるように見えるその単純なアニメーションを、僕は飽きもせずただひたすら延々と眺めていました。今ならその仕組みが「レンチキュラー」だっていうのを知っていますが、当時の僕にはなにやら不思議なマジックみたいなものでした。

僕が今、3Dに夢中になってるのも、幼い頃の自分がホログラムやレンチキュラーシートに惹かれたのと同じ理由かもしれません。

通常とは違うものの見え方。脳の中で起こる錯覚。3Dからふと目を離したとき、なにやらこの現実世界の風景も一瞬違って見えるような。

今回、「F-09C」の3D画面を見ていて感じるのも、その不思議な見え方に対する単純な驚き。いらない機能って言われれば、ケータイに3Dなんか不要かもしれないけど、僕はこの3D機能が気に入ってます。なぜなら、ケータイみたいなこんな小さなデバイスで、立体写真がしかも裸眼で見られるという驚き。「それがなんだ」って言われればそれまでですが、多分そういうのを見て単純にうれしくなるような人間は僕以外にもきっといるはず。

手のひらに収まるその3D画面をじっと眺めていると、だんだんその画面の中に引き込まれていきます。
そう、派手な立体視の「飛び出る」ような感覚と違うんですね。どちらかというと、その中に静かに「引き込まれて」いくような。最初は目がチカチカして焦点が定まらないのですが、ずっと眺めているとその中に画像が細部まではっきりしてきて、どんどん自分が入りこんでいくような感覚。

こればっかりは、ここでどんなに説明しても伝わらないと思うので、機会があったら、ぜひ「F-09C」を手にとって、その3D画面を眺めてみてください。ずーっと集中して覗き込んでいくと、ホントに何か引き込まれていくような感覚が味わえると思います。もしくは、気持ち悪くなって放り投げてしまうか。

ま、それは人それぞれということで。

 * * * 

F-09Cを使わせていただくようになってまだ数日ですが、ようやく自作のステレオグラム写真を加工してこの3D画面で見られるようになりました。立体視の仕組み自体は、結構単純なんです。ただ、このモニター画面の技術力はすごい。そこらへんを、この「ケータイ会議8」の期間中にレビューできればと考えています。
と、3D動画もね。

今日はこのへんで。


F-09C/F-12C 最新Fケータイブロガー徹底レビューまとめサイト
F-09C/F-12C 最新Fケータイブロガー徹底レビューまとめサイトへ

by t0maki | 2011-06-29 19:21 | モニターレビュー>ケータイ会議 | Comments(0)
c0060143_00447.jpgふとしたことから、大学時代の教授とFacebookでつながって、そしたらなんとなく当時の記憶もつながった、と。

なんか、突然思い出したので書いておきます。学生時代の失敗談。

僕は、渡米留学中の大学時代、アート学部の陶芸彫刻学科に在籍してたんですが、当時から面白そうなことを見つけるとついつい首を突っ込んでしまうクセがあり、なんだかんだと卒業単位に関係ないクラスを受講しまくってました。そもそもアート学部に転部したのもそのせいなんですが……。で、その取らなくても良いのに取ってしまったクラスの一つが水彩画の授業。単純に、絵を描くのが好きだったので、デッサン、油絵ときて、その勢いで水彩画までコンプリート、と。

ま、それは良いんですが、ある日絵を描く課題の時に、何を思ったのか水彩絵の具と一緒に陶芸の釉薬で使う「Red Iron Oxcide」を使ったんですね。「酸化鉄」って、赤さびのようなもの。多分、水彩画に塩をふる手法を学んでるときに、「みんなが塩なら、オレは何か違うものをー」みたいなノリで。

確かに、絵の方は赤さび塗りたくって、それなりに質感といい、色といい、なにやら怪しげで面白い作品が描けました。
ただ、問題はその後で。

僕が絵を描いていたとき、どうもその「Red Iron Oxcide」をこぼしてたらしいんです。で、それを踏んだ人の足跡が延々と廊下にペタペタとついてしまい、その足跡を踏んだ人の足跡がまたペタペタとついて、さらにまたその上に足跡が……と、アート学部棟のいろんなところに、赤茶色の足跡が延々と続くことに。

ある日授業中に教授が、「怒らないから、犯人は名乗り出るように」とか言われて、「あ、すみません。それ多分僕です」みたいな。

でも、今から思うとアレって究極のアート作品だったかもなぁ、と。廊下がキャンバスで、ブラシの代わりに学生達が靴の裏でランダムに模様を描いていく、と。ジャクソン・ポロックもびっくりの、超斬新なアート手法ですよ。イヤ、でもすみませんでした……。

ギャラリーの壁面いっぱいに素手で木炭を塗りたくって絵を描いたり、「パフォーマンスアートだ」とか言って皆の前で作品を破壊していったり、石膏型でひたすら人形の顔を陶芸粘土で作って自作の釉薬で焼成したりとか、とにかく、当時はいろいろ自由すぎる創作活動をしてました。

ま、いまでも自由すぎるブログレビュー記事を書いたり、週末の思いつきの創作活動に取り組んだりなど、あんま変わってないですね。

ちなみに、冒頭の画像は、陶芸でシュールリアルな球体の壺を作り、それを写真に撮ったものをそのままイメージトランスファーの手法で版画プレス機を使って水彩画用紙に刷って、スキャンして、デジタル画像にしたものです。

今日はそんなところで。

by t0maki | 2011-06-29 00:48 | 乱文・雑文 | Comments(0)
『トロン:レガシー』を観ました。知り合いが観て酷評してたので、あまり期待せずに観ましたが、少なくとも僕は好きな映画でした。このビジュアル効果や世界観、細かい小道具や乗り物、セットのデザインまで、とにかくすごいな、と。ストーリーは置いといて(そもそも前作を観てなかったりもするので)、観ているだけで興奮する映画でした。こうなってくると、前作も気になる。そしてさらに、3D版も気になる!


『戦場でワルツを』ついこないだ観たんですが、この映画もまた違った意味ですごかった。ほっとんど予備知識のないままたまたま観たんですが、まずアニメーションの映像表現に驚き。『ウェイキング・ライフ』とか好きなので、同じロトスコープの手法かと思ったら、違うんだってね。むしろ、Flashで作るアニメーションにCGを加えたような作り方らしい。なんと。そして、最後のシーンとか。「あ、そうなんだ」と、そこで初めて気づきました。

by t0maki | 2011-06-28 00:00 | 乱文・雑文 | Comments(0)
c0060143_155376.jpg

『The Presentation Secrets of Steve Jobs』と、『The Innovation Secrets of Steve Jobs』。
著者来日イベントがあるらしいので、申し込んだついでに原書も購入しました。
最近、英語を取り戻そうとじたばたしているので、ちょうど良い機会かな、と。
イベントは抽選なのでもしかしたら参加できないかもしれませんが、まぁ前からちょっと気にはなっていた本なので、さくっとオンラインで注文。ちょうど読み始めたところ。
学生時代は、学校の課題で一日100ページとか普通に宿題で読まされてましたが、今になって英語を読むペースは確実に落ちてるみたい。結構読んだな、と思ったのに、まだ50ページくらいでした……。

あ、そうそう。英語に関しては新しい発見、というか、再確認。
以前から、僕は酔うと英語でツイートしてしまうという奇癖があったのですが、先週、酔った勢いで「SUPER 英単語30000」っていうiOSアプリの英単語穴埋めゲームをやったら、なんと自己ベスト。90問正解して、世界ランク38位だって。
どうやら僕は、酒が入ると格段に英語力がアップするみたい。
c0060143_1545136.jpg

酒と英語の親和性。よくよく分析してみると、そういえば学生時代は良く友達と飲んでたなぁ。だから、今でも酒を飲むと当時の記憶が蘇る……?

まぁ、よく分からないけど、とりあえずそういうことにしておこう。

 

by t0maki | 2011-06-27 02:01 | 乱文・雑文 | Comments(0)
c0060143_0124623.jpg

平日は会議や雑務に追われてまとまった時間が確保できないので、結局企画をまとめたり提案書を作るのは週末になってしまう。全く関わりの無い海外電子メーカーへの英語のプレゼンを担当することになったので、資料をまとめるために休日の土曜日昼頃に出社して、夕方5時過ぎに昼飯だか夕飯だか分からない食事を摂った後、ふと気づいたら午前2時を回っていた……。

終電もとっくになくなっているのでタクシーで帰ろうかと思ったが、ちょうど小雨交じりの若干肌寒い天気が散歩にはちょうど良かったので、とりあえず自宅に向かって歩いてみることにした。
夜明け前の閑散とした街を、防水ケータイ「F-09C」を片手に、写真を撮りながら。

最近のケータイは、やけにカメラの性能が良い。特に今回、「F-09C」には「アートカメラ」と呼ばれる画像加工のフィルターがいくつも搭載されているので、手当たり次第とりあえず使ってみることにする。

中でも気に入ったのは、「トイカメラ」フィルター。LOMO LC-A(+はつかない、かつハーフカメラに改造済み)のヘビーユーザとしては、この周辺光量落ちのトンネル効果はゾクゾクする。効果の度合いは三段階に変えられるので、デフォルトがちょっと強すぎると思うときは、調節すると良いかもしれない。一番効果を強くすると、トンネル効果と言うよりは懐中電灯っぽくなってしまうが、それはそれで。
c0060143_013612.jpg



事前に期待していた分、ちょっとがっかりだったのが「ジオラマ」モード。ぼかしの境界にはっきりと線が入ってしまうので、期待していたジオラマ風の写真は撮れなかった。
でも、構図に工夫をすれば、なんとかこのフィルターを活かした写真も撮れると思う。まだ試行錯誤中だけど……。
c0060143_0132781.jpg

c0060143_0132494.jpg



「ダーク」で撮った高架下商業施設「2k540」
c0060143_0143231.jpg



暗いところで写真を撮ると、デジカメは色むらのノイズが出てしまうのですが、そんな時にあえて「ダーク」のフィルターを使うのはアリだな、と。写真が引き締まる感じ。
c0060143_0134458.jpg



同じ目的で、モノクロも試してみたのですが、白黒自体は悪くはないのに、この縁のグラデーション処理はなんともいただけない。なんでこんなに安っぽい加工を入れてしまったんだろう。
c0060143_0135679.jpg



街灯の光をわざとレンズに当てて、レンズフレアを起こすようにしてセピアで撮りました。やっぱりコレも、四隅のグラデはいらないので切り抜いてしまいたい。
c0060143_0141797.jpg



「魚眼」で撮った公衆電話。悪くないけど、画像加工で無理矢理歪ませるから、かなり画質が荒れるね。
c0060143_014426.jpg



カメラを激しく振って、遊んでみました(フィルター関係なし)。
c0060143_0145666.jpg


夜更けのレビューっつうことで、文体も出だしちょっと暗めのシリアスな感じに。
結局、家に着いたのは明け方近く。スズメの声が聞こえてましたよ。

さて、「F-09C」のアートカメラには、上記を含む合計11種類のフィルターが入っています。かなり楽しめますよ。僕も、後でまた遊んでみます。
明け方ではない、普通の時間にね。

F-09C/F-12C 最新Fケータイブロガー徹底レビューまとめサイト
F-09C/F-12C 最新Fケータイブロガー徹底レビューまとめサイトへ

by t0maki | 2011-06-27 00:18 | モニターレビュー>ケータイ会議 | Comments(0)
さて、F-09Cを使うぞー、と、その前に。
なんとなく、まずは端末に入ってたWelcomeメールでも載せてみましょうかね。機種の特徴が端的にわかりやすく、限られた紙面の中に効果的に掲載されているので、結構その端末を使うときの参考になったりします。

まずは全文紹介。
c0060143_03708.gif


というワケで、これによるとキーワードとしては…

・防水スライドヨコモーション
・3D
・1630万画素カメラ
 ┗HDR
 ┗フルハイビジョン動画
 ┗アートカメラ(ジオラマ風も)
・待受け画面
 ┗激速フルタッチ
 ┗待受パレット
  →手書きも

な感じですかね。
今後、それぞれレビューのポイントにもなりそう。

それと、メーカー公式サイト(@Fケータイ応援団)で、隠しコンテンツ「スペシャルモード」のキーワードもしっかり探してきましたよー。
「立体」をイメージしたキーワードなのかな??でも、隠しコンテンツのきせかえは一応適用してみたけど、「なんか違う」って感じで、すぐに元に戻してしまいました……。せっかくだから、立方体デザインよりも、きちんと3Dが欲しかった。

あ、それと公式サイトで「F-09C」発売記念キャンペーンをやってるようです。総額1000万が当たるっていうものすごく直球な感じのキャンペーン。うーん、なんか今回、いろんなところで「これでもか!」の直球勝負が多いような気がします。まぁ、分からないではないですが……。

今日はそんなところで。


F-09C/F-12C 最新Fケータイブロガー徹底レビューまとめサイト
F-09C/F-12C 最新Fケータイブロガー徹底レビューまとめサイトへ

by t0maki | 2011-06-26 00:43 | モニターレビュー>ケータイ会議 | Comments(0)
c0060143_1350319.jpg

さて、富士通さんのケータイをブログレビューする、「ケータイ会議8」が始まりましたよ。
念願かなってブロガーメンバーに選ばれましたので、これから約一ヶ月間、しっかりがっつりF-09Cを使い倒してレビューを書きたいと思っています。

個人的には、3Dとか、カメラがすごく気になっています。
フィーチャーフォンの完成形ということで、富士通の担当者さんも「日本一」なんて言葉を使って端末の説明されていましたので、どんだけすごいのか、と。

できればまた、今回も何かしら企画っぽいことも織り交ぜつつ、いろいろ楽しみながらレビューを書いていきたいと思います。
さーて、なにやろっかなぁ。
c0060143_13504696.jpg

今回、「ケータイ会議8」に参加している11名のブロガーさんたちはこちら。

▼IDEA*IDEA ~ 百式管理人のライフハックブログ
http://www.ideaxidea.com/
▼これからゆっくり考L
http://d.hatena.ne.jp/sakaki0214/
▼晄夏ノート
http://chinacky.hicage.com/
▼エアロプレイン - 最新Web▼ガジェットや雑学など
http://airoplane.net/
▼カイ士伝
http://bloggingfrom.tv/wp/
▼せうの日記
http://ch00288.kitaguni.tv/
▼三男パパのHP更新奮闘記
http://mains1011.blog24.fc2.com/
▼hey hey heydays*
http://heydays.org/
▼未来色スケッチ
http://ameblo.jp/cigma5/
▼にゅるり◎
http://d.hatena.ne.jp/akuyan/
▼日曜アーティストの工房
http://tomaki.exblog.jp

では、これから約一ヶ月間、宜しくお願いします。


F-09C/F-12C 最新Fケータイブロガー徹底レビューまとめサイト
F-09C/F-12C 最新Fケータイブロガー徹底レビューまとめサイトへ

by t0maki | 2011-06-25 13:53 | モニターレビュー>ケータイ会議 | Comments(0)
c0060143_13412.jpg

というわけで、英語勉強しようと思っていろいろiOSアプリなどを物色中なのですが、アイコンだけ見て「おっ!」と思ったのでダウンロードしたのがコレ。よくみたら、やっぱりスイスイさんのところでつくったアプリらしい。
c0060143_1324573.jpg

昔、「タイツくん」ってのがあって(今もあるのか?)、なんか下請けの下請けみたいな感じで待受やらデコメやらの仕事を個人で受注したことがあり、「この微妙なバランスの笑いのセンス、いいなぁ」と感心した記憶があったので、このアプリもおもしろそうだな、と。

で、実際にやってみると……。
おもしろくない…ことはないけど……。

あの、「タイツくん」の飄々とした大人の笑いみたいなセンスはなくて、なんだかちょっと悪のりっていうか、微妙な感じがするんですよ。教室の中では面白いと思われてる先生が、調子に乗ってテレビに出たらスベリまくった感じ?

うーん、ちょっと残念。
中途半端に「まじめ」な感じが、どうもなんか、歯がゆい。

唯一ウケたのが、有料アプリの紹介で、よくある「映画館でインタビューしてきました」的なテレビCMでありがちな台詞をマネた日本語と英訳の中で、こんなのがありました。

これは、狙いなのか?それとも誤訳なのか?
c0060143_133928.jpg

日本語:「涙が止まりませんでした」
英語:「Couldn't stop laughing」

笑いすぎて涙が止まらない……ということでもないよなぁ。

それにしても、「笑い」って難しいよね。


ちょっと笑えない英語
http://goo.gl/UZBiy

by t0maki | 2011-06-24 01:39 | ライフスタイル>文具・アプリ | Comments(0)
c0060143_20213880.jpg
「SquareClip」のブロガーイベントに参加したのは前回の記事の通り。
で、さっそくサービスを使ってみようと、PCサイトから「パック」と呼ばれる位置情報の「まとめ」を作ってみましたよ。

噂には聞いていましたが、この「パック」をつくるためのスポット検索機能、やっぱりかなり使いづらいなぁ。
現状は、店舗・施設(スポット)名でしか検索できないので、住所や電話番号からの登録とかもできず、かつANDや絞り込み検索すらできないみたい……。せめて地域の絞り込みとか、必須だと思うんだけど。検索機能については、今まさに追加開発中らしいので、今後のアップデートに期待、と。

とりあえず、「UFO」って単語で検索して、出てきた検索結果の16件を全部まとめて、「パック」にしてみました。UFOのサムネイル画像もしっかり作って、さくっと完成。
国内に実在する「UFO」関連施設をまとめました、ということで。

▼国内のUFO関連施設
http://www.squareclip.jp/pack/10afe18/
c0060143_2022867.jpg


iOSで見ると、こんな感じ。
c0060143_20222473.jpg

「福島市役所UFOふれあい館」ってのが気になる……。


いろいろ「パック」をつくりたいと思うのですが、やっぱり検索がアレなので、作るのがたいへん。もうちょっとつくりやすくならないかなぁ……。良い感じのXMLフォーマットでインポート機能とか、写真のGPS情報を直接読み込んでくれたら……というような意見はブロガーイベントの会場でも出てましたので、きっと今後いろいろ改善されていくことでしょう。

次のバージョンアップに早くも期待!

SquareClip Appstore ダウンロードサイト
http://itunes.apple.com/us/app/squareclip/id441046255

SquareClip Webサイト
http://www.squareclip.jp/


Fans:Fans

by t0maki | 2011-06-23 00:00 | ブロガーイベント | Comments(0)

   
Back to Top