ブログトップ | ログイン
<   2011年 05月 ( 31 )   > この月の画像一覧

c0060143_1414773.jpg

5月27日(金)に開催された、「greenz.jp×富士通株式会社」共催による、「これからの暮らし方を考えるワークショップ(省エネ編)」に参加してきましたので、そのイベントレビューを。

実は、「greenz.jp」について、イベント参加申し込みをする前は、全く知りませんでした。事前にサイトを拝見して、「へー、面白そうな活動をしてるんだなぁ」という印象でしたが、あまり深くは考えず、どちらかというと元「ケータイ会議」参加者として「富士通」さんの方に興味があったり。

参加のもう一つの決め手は、アメリカ生まれで日本在住のフォトジャーナリスト、エバレット・ブラウンさんが登壇されるということで、興味津々で話を聞いてきました。

さて、そのエバレット・ブラウンさんのお話。
主に、写真のスライドショーを見ながら、ゆったりとした口調の日本語でのプレゼンで、すごくわかりやすかったです。
房総半島に「Brown's Field」っていう、国内外の若者達が集まる有機農場を設立し、オーガニックな野菜や米、醤油味噌納豆など作ることを通して、自然と一体となった生活を共有できる場を提供しているとのこと。その農場の写真を中心に野菜や米を栽培したり、醤油を醸造している光景や、バイオ燃料で走る車とか、元トリ小屋のレストランから自作のツリーハウス。かと思えば助産婦さんを目指す娘さんが通うバリ島の学校とか、なんとも盛りだくさんで楽しい感じのスライドショー&トークでした。
印象に残っのは、「海外にも四季はある。でも日本は日々の季節の移ろいをさらに深く味わうことができる」っていう言葉。僕もアメリカに住んでいたことがあるので、この日本特有の「季節の移ろいを感じる」ってのは、激しく同意です。

こんなにゆったりとしたしゃべり方で、自然と共生しているエバレットさんですが、本職は通信社の日本支局長とのことで、平日はPCやiPhoneをがっつりと使いこなしているっていうそのギャップにも驚き。テクノロジーを否定するというのではなく、うまく活用しつつ、自然と共生することも大事、ということですね(と、勝手にまとめてみる)。

続いて、富士通さんのプレゼンは、比較的シンプルに、「ピークシフト」とか「ゼロワットACアダプタ」といった省エネ技術を紹介。ADアダプタの消費電力ってのは盲点でした。今後、人感センサーなどとも連動した機能を考えているっていうあたり、さすが「ヒューマンセントリック」の富士通さんです。

イベントの後半は、ファシリテーター西村勇也さんによる、「省エネ」についてのワークショップ。グループに分かれて20分間省エネについてディスカッションした後、20分で「省エネ」な暮らしを30文字のビジュアル付きスライドにするというもの。「省エネってなに?」っていうところから、真剣に考えた一夜でした。

ちょっと長くなってきたので、僕が考える「省エネ」とか、「エコ」とかについては、また今度あらためて。

「greenz.jp」の活動は、今後もフォローして行きたいなぁ、と考えています。


greenz.jp グリーンズ
http://greenz.jp/
Everett Brown
http://www.everettkennedybrown.com/
WWOOF ジャパン
http://www.wwoofjapan.com/main/


Fans:Fans

by t0maki | 2011-05-30 23:59 | ブロガーイベント | Comments(0)
c0060143_0191118.jpg

Epson PX-5Vのモニター期間が終了間際なので、とりあえず今週末はひたすら印刷しまくりました。L版から、A3ノビサイズまで、用紙も、写真用紙、マット紙、和紙やアート用紙みたいなちょっと高級そうなのまで、とりあえず手元にある紙片っ端から手当たり次第に思いつくまま写真をひたすら印刷するなど。

ふぅー。なんかちょっとした満足感。

やっぱり、紙によって雰囲気変わりますね。水彩画用紙っぽいテクスチャーの紙に初めて印刷してみましたが、かなり良い感じ。まぁ、プリンターが良いからってのもあるでしょうが、なんかこう、デジタル写真のイメージが変わりました。

あと、やっぱりA3サイズなどで印刷するとすっごい迫力なのですが、写真のアラが目立つってのはありますね。ディテールがくっきりはっきり再現されちまうものだから、かえって写真の未熟さが目立つ感じで。こうなってくると、もっと良いカメラやレンズが欲しくなったりするんだろうなぁ。

もうちょっと使っていたかったけど、もうすぐ返却期限。ホントなら、自前で購入したいところだけど、インク一式が2万円ってのは、ちょっと厳しいな。9色で、しかも通常のインク容量よりも多いから長持ちするとはいえ、やっぱり、プロ向け。作品を売れるような立場じゃないと、維持費が……。

そんなこんなも含めて、この3ヶ月モニターさせていただき、非常に良い経験となりました。個人的には、プリンターをWi-Fiにつなげて、iPod touchやAndroid端末から直接印刷するのが妙にハマって、意味も無く手持ちの写真を加工しては印刷してみたり。パソコン立ち上げることなく、面倒な配線に悩まされることなく、スマホの画面で見たまま印刷できるってのが面白かったです。

というわけで、Epson PX-5Vはいつか作品が売れるようになったら、一番に買いたいプリンターかな。さて、そろそろ返却のため、箱詰めしないと。

短い期間でしたが、ありがとう&お疲れ様でした。


Fans:Fans

by t0maki | 2011-05-29 23:59 | ブロガーイベント | Comments(0)
大学4年間と仕事で1年の合計5年間、僕はアメリカに住んでました。なので、英語は普通に会話するくらいなら困らない程度にはしゃべれる……と思ってたのですが、やっぱり言葉は使わないと忘れますね。EvernoteのイベントでCEOのフィルさんとお話したとき、びっくりするくらいに英語が出てこなくて焦りました。そんな記事を先日書いたりもしましたが、諸々あって最近特に英語力を取り戻そうと思ってじたばたしてるのですが、今回『Super 英単語 30000』というiOSアプリの発売記念ブロガーイベントがあるということで、参加してきましたよ。

前回はイベントのレビューを書きましたが、今回はアプリのレビュー!
ではさっそく。

▼起動画面はこんな感じ
c0060143_1232359.jpg


▼いろいろな用途の50冊の単語集に、2500単語と500フレーズが収録されてます
c0060143_12335977.jpg


▼まずは単語をざっと眺めて、気になる単語はタップで日本語訳確認
c0060143_12353326.jpg


▼発音や、用例などを確認
c0060143_12354457.jpg


▼最後に覚えたかどうかの確認。全部覚えるまで繰り返します
c0060143_12362530.jpg


と、全体の流れとしてはこんな感じ。
これで115円って、正直安すぎると思う。音声なしのフツーの単語集だって、本屋で買ったらそれなりの金額しますよね?

もう一つ「ワードチャレンジ」っていう面白い機能があって、英単語の虫食いクイズなのですが、これがスコア結果をTwitterやFacebookにシェアできたり、世界ランキングや日本ランキングなどもあるので、結構ハマリます。c0060143_1240427.jpg

タップミスで「むきーーー」とかなったり、たまに出題が「セ氏」って誰よとか思ったら実は「摂氏」のことだったみたいな微妙なのが出てきたりもしますが、こんな風に遊びながら英語に触れられるのは良いですね。こないだ、ほろ酔いの状態でやってみたらなぜか意外とスコアが伸びて、61問クリアで世界ランク59位、日本ランク11位に入りました。酔ったら英語が出来るようになるのか?自分。

ゲストスピーカーで登壇されたギズモードゲスト編集長のいちるさんもおっしゃられてましたけど、やっぱり英語を身につけるためには、なるべく英語に触れていることが大事。ちょっとずつでも、英語になじんでいくって言う意味でも、こういうアプリを使ってみるのは良いかなぁ、と思いました。

もちろん、単語を覚えただけでは英語がしゃべれるようにはならないですし、そもそも僕は英語学習で英単語を日本語訳で暗記していくことに懐疑的だったりもするのですが、そんなことはとりあえず置いといて、まずは英語学習のとっかかりとして、このような便利で楽しめるアプリってのは良いなぁ、と。開発元のpodotreeさんでも、この他にもいろいろなアプリを開発中とのことで、今後も楽しみです。

しみじみ思うけど、僕が英語学習を始めた20年前に、こんなツールがあったらなぁ、と。せっかくこんな便利な世の中なので、今後もこういう効果的なアプリやツールはどんどん使いつつ、英語力取り戻すために引き続きいろいろやってみます。


Fans:Fans

by t0maki | 2011-05-27 23:59 | ブロガーイベント | Comments(0)
c0060143_12245264.jpg

「エヌトラ」こと、N-TRANSFERをモニターレビュー中。

今日は、USB-TRANSFERっていう使い方をレビューしてみるよ。
って言っても、記事書くほどのことでも無く、そもそもエヌトラは「クラウド対応のデバイスサーバー」っていうことでいろんなことが出来るのですが、プリンタサーバーとして使うのはそもそも本来の使い方。

というわけで、まずは、家庭内LANにエヌトラつなげて、そこからUSBハブ経由でプリンタ(EPSON PX-5V)と、ついでにドキュメントスキャナ(ScanSnap)も接続。エヌトラに付属してた「SX Virtual Link」っていうソフトをインストールしたら、一階の書斎にあるデスクトップパソコンと、二階のリビングにあるモバイルノートパソコンの両方からUSB機器を共有できるようになりました。

特に何も複雑な設定もなく、あっけないことこの上ない。
一階からも二階からも、複数のパソコンでプリンターが共有できるので、すごく便利になりました。

ただし、複数のパソコンから同時にUSB機器を使うことはできないので、そこは「SX Virtual Link」で誰が使ってるかを管理する、と。

アイデア次第で、いろんな使い方ができそうですね。

Fans:Fans

by t0maki | 2011-05-26 00:00 | ブロガーイベント | Comments(0)
c0060143_1843674.jpg

いやー、すごいなぁ。パワフルだなぁ。
ユウサミイさん、とうとう29駅山手線一周ライブ完遂です。

会社の近くの神田駅でお目にかかろうと待ち構えてたら出口違ってたらしくニアミスしてしまい、Ustream見ながら山手線で追いつきました。ユウサミイさんと近況や企画なんかについてちょっとだけ移動しながらお話しして、そのまま秋葉原駅でのライブの模様を生で拝見させていただきました。路上ライブ、生で見られて感動でした。

で、ついさっき、山手線一周完了、と。
これからこの流れで、夜の19時半からUstライブされるそうですので、そちらも楽しみ。

移動中の撮影風景(うさぎ星人)、おまけで。
c0060143_18431186.jpg



ユウサミイさんのブログ
http://blog.livedoor.jp/yusammy/
Ustream中継はこちら
http://www.ustream.tv/channel/yusammy

by t0maki | 2011-05-25 18:44 | 乱文・雑文 | Comments(0)
c0060143_20564030.jpg

iPhone英語学習アプリ「Super 英単語 30000」発売記念イベントに参加してきましたよ。
アプリの使用感はまた後でじっくりと書くとして、今日はイベントにスペシャルゲストとして登壇された「いちる」氏のお話を中心にブログレビューを書きます。

いちるさんってどんな人かと説明させていただくと、ニフティでWebディレクターとしてブログサービス「ココログ」などさまざまなサービスを企画したのち現在はシックス・アパートでメディア事業担当ディレクターを担当する傍ら「ギズモード・ジャパン」のゲスト編集長も務めている方でございますって、やたらプロフィールそのままコピペしました口調風に書いてみましたが、僕の中では登壇してスピーチのしょっぱなに「ブドウの飴」にやたら食いついてた方、ということになってます(このブドウの飴は後で説明します)。

いちるさんは、数年前にギズモードのゲスト編集長になった際、英語力がだいぶ落ちていたそうですが、「特に英語の勉強はしていない」そうです。毎日、少しずつ英語に触れているうちに、自然と英語力が身についた、とのこと。

海外の情報をブログで紹介するってことをオススメされていました。とにかく、毎日少しずつでも良いから英語に触れること、と。
また、海外に向けて情報を英語で発信したら良い、とも。
「世界の公用語は英語ではない。下手な英語だ」っていう表現が印象に残りました。分かります、それ。下手な英語でも、結構通じるものなんですよね。というか、下手な英語こそ、世界の公用語なんだぞ、と、開き直るのも良いかも??

「Super 英単語 30000」のことを「なじみ感をつくるツール」と表現されていました。毎日、少しずつでも触れていって、英語になじんでいく、と。
いきなりハードルあげるのではなく、英単語が苦手な人でも、「学年別」の「幼稚園児レベル」あたりから初めて見ると、なんとなくいやされるかも、と。

さて、最後にブドウの種明かしですが、今回「Super 英単語 30000」を発売しているのは「podotree」という韓国の会社なのですが、この「podo」っていうのは「ブドウ」の意味らしいんですね。

あぁ、だからブドウの飴なのか!

スミマセン、最初なぜブドウの飴なのか全然分かりませんでした……。
言われてみれば、韓国語と日本語って音が似ている単語がありますが、ポドとブドウって、そこはかとなく似ています。

と言ったわけで、アプリの使用感などはまた今度書きます。

今日はそんなところで。


Fans:Fans

by t0maki | 2011-05-24 23:59 | ブロガーイベント | Comments(0)
c0060143_22443183.jpg

こないだ作品を出品したチャリティー展で、たまたま知り合いになった人が銀座のアートギャラリーの方だったということで、なんとなくなりゆきで「ポートフォリオ」を持参してお邪魔することに。ポートフォリオなんて、大学卒業した時に作った以来だから、とりあえず作り慣れてる「企画書」の体裁で持って行ったら、「珍しいポートフォリオだねぇ。こんなの見たことないよ」と言われました。
いやー、なんかスミマセン。

気ままで気まぐれな「日曜アーティスト」なので、作品並べようとしてもそもそもの作品がなかったり。っていうか、日本橋にオフィス借りて会社ごっこをして遊ぶだの、ひたすら延々と待受け画像を作り続けるとか、街中に豆粒大の陶芸作品を隠す企画とかいろいろ思いつきでやってはいますが、ギャラリー向けの「アート作品」って感じでもないですからね。

でもまぁ、この「ポートフォリオ」づくりは、改めて自分の活動を振り返ってみる良い機会でした。僕の「日曜アーティスト」の活動ってこんなんなんだ、と、客観的に見て発見もあったので。

そん時に勢いで一気に作ったものに、多少修正などを加えてまとめてみました。

一部抜粋して掲載、と。
c0060143_22442938.jpg

c0060143_22442825.jpg

c0060143_22442641.jpg


作ったところで何をするってんでもないですが、なんとなく何かには使えそうかな、と。
とりあえず、自分の取扱説明書といった感じで。

by t0maki | 2011-05-23 00:00 | 乱文・雑文 | Comments(0)
c0060143_2143032.jpg

横殴りの雨の中、ドコモの内覧会に行ってきました。仕事でお世話になってるメーカーの方もいらっしゃったので、ちょっとご挨拶。
で、なぜか会場に「iDで支払ったら10円」っていう斬新な自動販売機があったので、思わずのど渇いてないのにドリンク購入してみたり。
c0060143_21412062.jpg


c0060143_21413574.jpgさて、本題の新機種タッチアンドプレイですが、富士通製のWindowsケータイ「F-07C」に触ってみましたよ。「なぜWindows?」って言われそうですが、いや、あえてのWindowsです。だって、普段触れる機会があんまりないから……。
Windows7って、もうPC用のOSがそのまんま入ってるんだね。ボタン一つで、Windowsとドコモの機能を切り替え可能。だから、普通にドコモの公式サイトも使えるし、ポータブルPCとしてOffice系のドキュメントも読み書きできる、と。ドコモのアドレス宛にきたWordの添付ファイルとか、その場で閲覧して編集とかできるイメージ。端末の裏側見たら、きちんとWindowsとIntelのステッカーが貼ってありました。
で、この端末触ってたらムラムラとPhotoshopをこれにインストールして遊びたいっていう欲求がわいてきて、ヤバイ、ヤバイ、と。なんか、機会があったら本当にやってしまいそうで……。

c0060143_21415173.jpgLG の Optimus bright「L-07C」も触ってきました。やっぱり、画面が明るくてキレイです。っていうか、まぶしい!!外でもしっかり使えるっていうのは、意外と重宝するんじゃないかな、と。


c0060143_2142692.jpgで、いろいろあちこちチラチラと見てきたのですが、一番面白かったのは特に行列もなくみんなからスルーされ気味だった、「3Dコンテンツ」のコーナー。ま、端末見に来た会場で、サービス系の展示はなかなか人が集まらないのかもしれませんが、意味もなく3D好きな僕としては、ここのコーナーが一番面白かった。
そもそも、なぜ裸眼で3Dが見られるかっていうと、液晶の一本一本が右目用と左目用っていう感じで交互に並んでいて、右目用の映像は右目に、左目用の映像は左目から視覚として入ってきて、脳の中で立体映像として再構成されるってことらしいです。仕組み的には、赤青眼鏡のアナグリフとおんなじですね。
で、3D用の映像素材自体は結構シンプルな仕組みでびっくり。サイドバイサイドっていう仕様で、要は右目用のカメラで撮影した映像と、左目用のそれとを、横に並べてあるだけ、と。それを端末側で左右交互に合成していって、3D画面できちんと見れるようにしているという。
だから、3D用の映像を無理矢理2Dの状態で見せてもらったんですけど、縦長の動画が二つ、左右に並んでる感じでした。で、さらに面白いのが、その二つ並んだ映像を「裸眼交差法」でちょっと目を寄り目にしたような感じで見てみると、きちんと3Dになって見えたんですよ。まぁ当たり前っていえば当たり前なのですが。ドコモの担当者さんの話を聞きながら、一人でテンション上がってましたよ。なんかこれなら、3D映像が自作できそうだな、と。作ってみたいなぁ、ホントに。

最後に、アンケート答えてドコモダケの三色ボールペンもらいました。

とりあえずは、そんな感じ。

by t0maki | 2011-05-22 21:52 | 乱文・雑文 | Comments(0)
c0060143_21591595.jpg去年の年末くらいに富士通さんのケータイをモニターレビューするっていう「ケータイ会議」に参加させていただいてから妙にブログ熱が高まって、なにやら毒にも薬にもならない、自分にとって何の得になってるのかもよく分からないような記事を日々書き連ねておるのですが、その後ブログやソーシャルメディアを使ったマーケティングっていうのにも興味がわいて、実際にアジャイルメディア・ネットワーク(AMN)さんが運営するFans:Fans ファンズファンズに登録したのが数ヶ月前。いくつかの「ブロガーイベント」に押しかけていっては、製品やサービスのモニターレビューと称して思いつきのネタなどを書かせていただいております。

で、今回「第1回 Fans:Fansユーザーミーティング」というものが開催されるということで、さっそく参加してきました。

そもそも、「Fans:Fans」っていうのは何かっていうと、「好きなものでつながるファンサイト」っていうコンセプトで、オンライン上で「ファン」と「企業」をつなぐ場を提供しているサービス。たまたま、「ケータイ会議」に参加していらっしゃるブロガーさんも多く登録されているようでしたので、「僕も僕もー」と、登録してみたっていう経緯です。

登録して数ヶ月。それなりにブロガーイベントにはいくつか参加させていただいていて、その都度勝手なレビュー記事をブログを書いたりなどしていますが、そういえばFans:Fansサイトの機能自体はそれほど使いこなせていないなぁ、と、改めて。「何かいろいろできそうだぞ」っていう雰囲気が感じられるのですが、なんとなくあと一歩踏み込めてない感じ。

これを機に、もうちょっと使い込んでみたいなぁ、と思うのですが、なんかこう、ユーザーメリットというか、モチベーションみたいなのをどこに見つけたら良いんだろうっていうのがうまく理解できてなかったり。

ブロガーイベントの方は、純粋に面白い話が聞けたり、実際に製品を使わせていただいたりできるのでわかりやすいメリットがありますが、一方でサイトのサービスはどう活用したら良いのかなぁ、と。

今回、他のユーザーさんからもいろいろ活発な意見が出ていたので、それが今後のサービスに活かされていくのだと思います。

こんな風に、実際にサービスを提供する側と、ユーザーが、一つの部屋で自由な意見交換ができるっていうのは、考えてみたらすばらしいことですね。そして、会議室での意見交換の後、さりげなく居酒屋での懇親会を用意しておくあたり、さすがだな、と。改まってはできない話も、飲み食いしてるとさらりと出てくるってこともありますからね。

とりあえず、来週もイベント2つ参加させていただく予定なので、しっかりレビュー記事書こう、っと。

by t0maki | 2011-05-20 23:59 | ブロガーイベント | Comments(0)
c0060143_2211382.jpgGW中に徹夜で仕事してた合間に、「あ、このイベント知ってる」ってのがFacebookに流れてきたので、ついつい衝動的に参加申し込みしたんですよ。『1000 English Speakers』っていう、5分間英語でプレゼンするっていうイベント。

実はそのイベント情報、かなり前にいっぺん何かで知って「面白そうだなぁ」と思ったのですが、「英語でプレゼンするのも気恥ずかしいなぁ」と、結局見送ってしまったんですね。でも、震災の影響で延期になってたらしく、募集再開したのも全く知らなかったのですが、〆切直前に募集情報が流れてきたのも何かの縁だろうと思って、あまり深く考えずに、スピーカーとして応募させていただきました。

でも、その後連絡が来なかったから落選したんだろうなぁ、と思いつつ、一応イベントの3日前にくらいにメールで問い合わせたら、「申し込み届いてませんよ」と。なので、当日は普通に観客として会場に行ってみました。

なんか、ヤケに英語が上手いお姉さんが司会進行して、おもむろにみんなプレゼンしていくのですが、結構資料とかも作り込んであったりして、みんなすごいなぁ、と。こんなところにスピーカーとして参加してたら、赤っ恥だったかもなぁ、とか思いつつ、お気楽な感じで観覧してたのですね。

そしたら、なんの前触れもなくいきなり「Next speaker is Tomaki」なんて、次の登壇者として僕の名前が呼ばれて、「はぁ?」みたいな。
「あ、あのー。応募届いてないっていわれたんですけど…」みたいなことをしどろもどろの英語で受け答えしてたら事情を察した感じで、次の登壇者に。

ここでオチを暴露してしまうと、当選の連絡メールがGmailの迷惑フォルダに入ってたんですよ。いや、フツーだったら僕も「もしかしたら」って気づくはずなのに、全然思いつきもしなかった。応募先のサイトが登録制で、「受信ボックス」みたいなのがあるので、そっちに連絡来るのかなぁなんて、ちょこちょこ覗きに行ったり、「アホ」だね、オレ。

っていうか、すみませんでした。ご迷惑をおかけ致しました。

で、せっかくなので、全員のプレゼンテーションが終わった後で、「おまけ」としてみんなの前でちょこっとだけ英語でプレゼンさせていただきました。完全にノープランで、全くビジュアルエイドもなく、構成もへったくれもない状態でとりあえず頭に浮かんだことを英語で話すなど。いやー、赤っ恥どころじゃなかったね。でも、楽しかったですよ。ホントに。良い経験になりました。

っていうか、やっぱり「アホ」だね、オレ。もう一回謝っとこ。
すみませんでした。

今回のイベントに参加してみて一番の収穫は、いかに自分の英語力が落ちているかを改めて思い知らされたこと。最近、英語の学習サイトとか、アプリとか、意識して使い始めているので、もっと頑張ろう、と。

by t0maki | 2011-05-19 23:59 | 乱文・雑文 | Comments(0)

   
Back to Top