ブログトップ | ログイン
<   2011年 02月 ( 26 )   > この月の画像一覧

c0060143_204239.jpg

「Pyramid Lake」について、なんか最近シリーズっぽく訥々と思いつくまま書き綴ってますが、今回も思い出話をもう一つ。

以前ちらっと書いたけど、「Pyramid Lake」に自転車で行こうとして死にかけたハナシ。

学生時代、砂漠の真ん中にある「Pyramid Lake」という湖が僕のお気に入りの場所でした。何度も車では行ったことがあったのですが、その日はなぜか自転車で行ってみることに。
すぐ帰る予定で、まぁとりあえず途中まででも良いからちょっとした運動がてら向かってみて、たどり着いてもたどり着けなくても午後になったら引き返して、一日サイクリングを楽しもうではないか、と。

そこは、ホントに砂漠の真ん中の湖なんですよ。途中まではポツポツと民家もあるのですが、途中から全く人気のない景色が延々と続きます。砂漠の一本道のハイウェイ。まばらな車が途切れると、見渡す限り地平線の中に生きている人間は自分しかいないなんていうことも。

快調に進んでいたのですが、往き道で突然自転車がパンクしました。
自宅でパンクを直すときは、バケツに水を入れてタイヤのチューブを突っ込んで、穴の開いた箇所を探すのですが、さすがに砂漠の真ん中ではそれができない。3リットルくらいの飲料水は積んでましたが、砂漠を横切るのには水を無駄にするわけにはいかないですからね。
で、いつも常備している石けんと、少量の水をタオルに含ませ、タイヤのチューブをこすりながら穴の開いた箇所を探します。空気が抜けている箇所はブクブクと泡が出てくるのでパンクの位置が分かるっていう、砂漠の自転車乗り必携の智慧。ほどなく穴は見つかって、ゴムのパッチを貼り付け、パンク修理は完了、と。念のため、30分ほど接着剤が乾くまでその場で待機。パンク修理自体は別にどうってことはない。乾燥しているせいか、結構な頻度でいつも自転車がパンクするので。

道ばたでぼうっとしていると、ピックアップトラックのおじさんがわざわざ車を停めて「大丈夫かね?」なんて聞いてくれたけど、僕は「うん、問題ないよ」と。

冒頭の写真は、そのパンク中に撮った写真。この記事内でも紹介した骨董カメラで撮りました。画像がぼけてるのはカメラが古いせいではなく、単に僕が焦点を合わせるのに失敗しただけです……。

携帯用の空気入れでタイヤを膨らまし、パンクが直っているのを確認し、ここでふと僕は「このまま先に進むべきか」それとも「そろそろ引き返すべきか」と一瞬迷いました。30分の休憩で体力も回復してたし、まだまだ日も高いので、「もう少し先へ進んでみるか」と決めましたが、ホントはそこで引き返すべきでした。若さゆえの楽観的な無鉄砲さがあだとなり、僕は正しい判断を誤ったのです。

照りつける太陽。風を受けながら自転車で走っているので、体から発する汗は、瞬時に蒸発して塩の結晶になります。3リットルあった飲料水も、あっという間に減っていきました。
よし、あの地平線までと思ってこぎ続けると、またその先に道が続いていきます。どんどんこぎ続けるうちに、僕は脳内エンドルフィンの放出によってハイな気分になり、何かこう自然や風景と一体化しているような、ある種荘厳で神秘的な気分になり、気がつくといつの間にか引き返すタイミングを完全に失っていました。

ようやく「Pyramid Lake」にたどり着いた時は、もう日もだいぶ傾いて来た頃で、目的地に着いた充足感に浸る間もなく、すぐに引き返すことにしました。

ここで、冷静に考えればどんなバカでも思いつくことなのですが、普通「湖」っていうのは標高の低いところにできるもの。つまり、湖に向かって自転車を走らせたら、行きは下り坂だけど、帰りは上り坂だっていうことを、その時自分は計算に入れていなかった。全体的に起伏のある行程なのと、あまりにもなだらかなくだり坂なので、自転車を漕いでいる自分は気がつかなかった、と。

引き返し初めてすぐに、「しまった!」と気がつきましたが、もう時すでに遅し。往き道のハイな気分とは全く逆の、辛く長い帰り道でした。すっかり暗くなったハイウェイで、100キロを超すスピードで通り抜ける車に注意しながら、ようやく家にたどり着いたのはかなり夜も更けた頃。3リットルの飲み水はもうとっくに無くなっていました。

家のドアを開けてリビングをのぞき込んだら、ルームメイトたちがテレビゲームに興じていました。
「あ、おかえりー」
「うん、ただいま」
「どこ行ってたの?」
「え?あ、Pyramid Lakeに、……自転車で」
「うっそ、遠くなかった?」
「うん、遠かった」
短い会話を交わしつつ、疲れ切った体を横たえるために、僕は自室に向かいました。
「きっと僕が死んでも、こんな風に世界は回り続けるんだ」なんてことを考えながら。

by t0maki | 2011-02-28 02:11 | 乱文・雑文 | Comments(0)
c0060143_0171075.jpg

やっとEPSON PX-5Vが我が家にやって来ました!3ヶ月間の居候だけどね。5月末までの期間、モニターとして使わせていただきます。

それにしても、宅配されてきた箱のでかいこと!
入り口に置いてあった自転車をどかして、ようやく宅配のお兄さんに玄関まで運び込んでもらいました。宅配と言うより、搬入だね、これは。

さっそく箱から取り出し、「はて、どこに置こうか」と。とりあえずパソコンデスクの上に置いたけど、あまりの存在感に他の周辺機器を全部どかさなければならないはめに。「さすがプロ仕様のプリンタ-、置くだけで迫力が違う」……などと感心している場合ではなく、あとできちんと諸々周辺機器のレイアウト、置き場所考えよう。

保護シートとか、テープとか、ストッパーとか諸々外し、初めてインクを装填します。9つもあるから、インク入れるのも大変。色名も横文字の似たようなカタカナばかりなので、間違って入れてしまわないように。マットブラックとフォトブラックはともかく、ビビッドマゼンタとビビットライトマゼンタなんて、ホントひっかけ問題みたいだからね。

ドライバもアプリもインストールし、テストで数枚印刷したところで、本日は終了。

さて、これから3ヶ月間、時間の許す限り(そしてインクと用紙の続く限り)、いろいろ楽しみたいと思います。


Fans:Fans

by t0maki | 2011-02-27 23:59 | ブロガーイベント | Comments(0)
c0060143_0492634.jpg

オーダーメイドギフトショップ『Yr.style(ユアスタイル)』銀座店に行ってきました。

オリジナルの「チロルチョコ」が作れるっていうんで、さっそくケータイ(F-01C)で撮影した写真をピックアップして、その場でレイアウトをデザインして、作ってきましたよ!

3種類のデザイン、店頭のパソコンを使って写真やパーツを選んだり、文字やレイアウトをデザインするのにかかったのは30分くらいかな。オーダーして、2時間くらいで完成品をゲット。2,362円です。

前からお店のことは知ってましたが、今回思いつきでぶらりと立ち寄った感じなので、事前に画像の準備は特にせず。今度はもうちょっとデザインとか凝ったモノを作ってみたいです。贈り物とかにも良いかもですね。


Yr.style(ユアスタイル)
https://www.yrstyle.jp/pages/shop_info/

DECOチョコ
http://www.decocho.com/

by t0maki | 2011-02-26 23:59 | 乱文・雑文 | Comments(0)
また学生時代に撮った写真を引っ張り出して、壁紙に加工してのエントリー。
今回のモデルは、大学の陶芸彫刻のクラスメイト。僕の作品を気に入ってくれたみたいで、ただであげる代わりに写真のモデルになってもらいました。なんか物々交換と言いつつ、僕ばっかりが得してるような気もしなくはないですが……。

c0060143_255953.jpg

c0060143_26376.jpg

最近、こんなブログエントリーばかり書いてるせいか、こないだ夢の中にまで大学時代の友人が出てきました。どうということはない、ただ同窓会みたいな雰囲気のところで話をしてたというだけなのですが、起きてからもしばらく夢の余韻が残ってました。

明晰夢ってのをたまに見るんですよ。夢の中で「あ、これは夢だ」って気づくアレ。夢だと分かっても、しばらくはそのまま夢の中の世界を堪能したりするのですが、フロイト的にいうと、夢の中の世界って、現実世界で足りないものを補完する役割がある、と。確かに、最近は友人とのとりとめのない会話なんて、する機会があまりなくなってるのは事実。

ここ二週間ばかり、ちょっと働き過ぎだなってのは、実感として。いや、ここ10年ほどか??でもまぁ、どんなに忙しくても、あの学生時代の充実ぶりに比べたら。

それにしても、こんな風に思い出話ばかり書きたくなるのは、年を取った証拠なのだろうか……。いや、ただ単に、自分のルーツをたぐり寄せよう、と。書きたかったけれど書けなかったこと。書きかけたけど書きとおせなかった諸々の澱みたいなのをはき出したい気分なのです。今だからある程度冷静に、客観的に書けるようになったってのもあるかもしれなけど……、と、なにやら予告だけ匂わせといて今日はこの辺で。

by t0maki | 2011-02-25 02:36 | アート>待受画像 | Comments(2)
c0060143_258976.jpg

もう週末も終わり、そろそろ寝なければならない時間ですが、「Pyramid Lake」の思い出に浸っていたらなにやら寝付けなさそうな予感。

ついでなので、もう、ワンエントリーを。

今更ですが、僕は文章を書くのが好きな方です。上手いかどうかは置いといて、書くこと自体は全く苦にならない。でも、文章で何かを伝えようとするとき、言葉には限界があるな、と感じることがあります。前回のPyramid Lakeの話も、なんだか途中から伝えたいことがうまく伝えられてないようなもどかしさもあり……。言葉が上滑りしているような感覚。
それはもちろん、僕の執筆能力のせいかもしれない。でも、海を見たことがない人に、いくら筆舌を尽くして海の広大さ、荘厳さ、荒々しさを伝えようとしても、文章だけでは正確には伝わらないのではと思うのです。「海」という言葉が持つ意味が、実際に海を見たことがある人と、無い人とでは、実感として違ってくるということ。「百聞は一見にしかず」ということですね。

だから、僕がこれから書こうとすることも、きっと伝わらないかもしれないと思います。


というわけで、前置きはこのくらいにしといて、今回も引き続き「Pyramid Lake」のハナシ。

ある日、僕らはPyramid Lakeにピクニックをしに行きました。
いろいろ食べ物をスーパーで買いそろえて、2台の車に分乗して、5,6人の友人と砂漠の真ん中の湖に向かいました。
僕は手作りのビールを持って行ったのですが、途中未舗装の道に揺られている間にすっかりビールのガスが抜けてしまい、なにやら生ぬるい気の抜けたビール味のまずい飲み物になってしまい、かなり残念なことに。
湖で泳いだり、天然の温泉に入ったりして楽しみましたが、観光地ではないのでトイレがないのがちょっとやっかいでした。男性陣は股間に自然の風を感じながら雄大な砂漠と湖の景色を満喫しながら放出できるのでかえって気分が良いですが、女性が物陰に行くときは、僕らも気を遣ってそちらを見ないようにしながら……。

友人が、「あ、サソリだ!!」と大声を出したのでみんなで駆け寄ってみると、確かに彼の指さす先にテレビや映画でしか見たことのない、小さいながらも本物のサソリがうごめいていました。「毒あるの?コレ」「いや、分からんけど……」「でも、まぁ刺されたらヤバそうだよね」
周囲何キロ四方も、病院どころか民家さえないような場所で、みんなのピクニックのテンションが一気に下がりました。
もちろん、そのサソリ発見以降、女性たちが用を足す頻度が激減したことは言うまでも無く……。

日も暮れて、そろそろ帰ろうとしたときポツポツと星が現れました。だんだん暗くなるに従って、何かおかしいことに気づきました。「星の数が半端ない……」

「え?ちょっと待って。空ってこんなに星が存在するの?」という迫力のまさに満天の星。僕らが日本で見たことのある比較的綺麗な方の星空の、さらに星と星との間にびっしり50個くらいずつ星を追加で敷き詰めていったら、あの星空にちょっとは近くなると思う。
砂漠で、空気中に遮るものが全くなく、かつ地上に光源となるものが全く存在しないから、あり得ない数の星が肉眼で見える、と。だって、人工衛星らしきものがゆっくりと夜空を移動しているのまで見えるんですよ。

僕らは全員、湖の畔に寝転がって、飽きるまでその星空を眺めていました。
時々、流れ星が音もなく横切るのを「あ、今の見えた?」「見た見た」と小声で確認しあいながら。あまりに空が澄み切っているので、黙っているとだんだん息苦しくなるくらい。時々確認し合わないと、自分がそこに存在していることすら、なにか非現実的なことのように思えてきて。

昼間、僕らが寝転がっているまさにその場所にサソリがいたことなど、もう誰も気にしてませんでした。

この時僕らが見た星空は、きっと僕がどんなにその美しさ、素晴らしさを力説したところで、とうてい伝わらないかもしれないと思います。でも、世の中には、そんなスゴイ景色がどこか知らないところに実際に存在してるんだ、ということくらいは伝われば。
海を見ずに一生を終える人と同じく、この星空を知らずに死んでいく人がいるということは、なんだか切ないことだと思うのです。そして、僕自身にとっても世の中には死ぬ前に見ておくべき景色がきっとまだまだたくさん存在するのだろうな、とも。

と、今日書きたかったことはそんなところかな。
夜更けの文章は、翌日読み返したらきっと気恥ずかしいかもだけど、とりあえずこのままアップしておきます。

おやすみなさい。

by t0maki | 2011-02-21 03:02 | 乱文・雑文 | Comments(0)
前回の話ついでに、もうちょっと「Pyramid Lake」について語りましょうかね。

初めてPyramid Lakeに行ったのは、渡米してすぐ。今数えてみたら、恐ろしいことに17年近くも前のこと。あの日の出来事は、昨日のことのように覚えているのだが……。

たまたま地元のアメリカ人の家に招かれて、僕は生まれて初めてモノポリー(アメリカ版すごろくみたいなゲーム)で遊んだのですが、ゲームの後になんとなく一瞬手持ちぶさたな空気が流れたとき、誰かが「そうだ、Pyramid Lakeに行こう!」と言い出したのがきっかけで、もう日暮れ間近で遅い時間でしたが、車を走らせてその砂漠の真ん中の湖に訪れることにしました。

ネイティブアメリカンの伝説が残る湖で、人間の形をした岩があるというので、その「伝説の岩」を見に行くことに。砂漠のハイウェイは車の通りも少なく、「時々動物が道を横切ることもあるから気をつけろ」と言われて、ドキドキしながら友人たちとなにやら奇妙な連帯感を抱きつつ目的地に向かいました。

全く照明のない、人の気配さえない砂漠の湖に着いたとき、もうあたりは真っ暗でした。目指す岩を目の前にしても、薄ぼんやりとシルエットが見えるだけ。でも、しばらく見つめているうちに、「あ、ここに顔が見える」「いや、こっちにも」「この部分、顔に見えない?」と、みんなそれぞれに「伝説の岩」に人間の顔を見つけ始めました。不思議なもので、「ここに人間の顔がある」と言われると、本当に人間の顔が見えてきます。しまいには、岩は顔だらけで、何がなにやら分からない状態に。

後で知ったのですが、実はその時僕らが見ていた岩は、実際の「伝説の岩」ではなかったとのこと。人間の形をした岩は、別の場所にあったようです。
でも僕らは、そのときその「なんでもない岩」に、本当に人間の姿を見ていました。各々、違う角度から、違う形の人間の姿でしたが、その時その岩は確かに僕らにとっては伝説の岩でした。

うーん、言葉にしてしまうとなんだか陳腐になってしまうな……。とにかく、そんな経験がきっかけで、僕はその後大学生活の四年間、その「伝説の湖」に何度も足を運ぶことに。

一度などは自転車で行こうとして「死にかけ」ましたが……というのはまた別の話。

c0060143_124190.jpg

この写真は、大学でフォトグラフィーのクラスを受講してたとき、クラスメイトと一緒にピラミッドレイクに写真を撮りに行った時のスナップ写真。彼女が持ってるのが、実は僕のカメラ。EXAKTA VXという1950年代のドイツ製の一眼レフカメラで、今でも現役です(ここ数年使ってないですが……)。

なんか最後は脈絡無くなってしまいましたが、今日はこんなところで。
また時間を見つけて、「Pyramid Lake」について書きます。

by t0maki | 2011-02-21 01:27 | 乱文・雑文 | Comments(0)
ネバダ州の砂漠の真ん中にある「Pyramid Lake」という湖が、僕の大学時代からお気に入りの場所でした。心を落ち着けたいときとか、考え事をしたいとき、ただなんとなく一人になりたいときなどに、よく車を飛ばして訪れていました。
ネイティブアメリカンの伝説があったり、信じられないくらい荘厳な星空を見ることができたり、とても神秘的な場所です。

今で言う、「パワースポット」みたいな感じですかね。自分にとっては。


いろんな思い出があるのですが、とりあえず今日はそのうちの一つだけ。

1999年3月末頃、アメリカで『マトリックス』が公開される前日、僕は1年ぶりにPyramid Lakeを訪れていました。自分が学生時代に制作した陶芸彫刻作品を「叩き壊す」ために。

学生時代、僕はネバダ州の大学で陶芸彫刻を専攻し、アートを学んでいました。留学した当初はアートと全く関係ない学部にいたのですが、例によって、のめり込むと歯止めがきかない僕の性格が禍いして、一度アートのクラスを受講してからはその創作活動の面白さにどっぷりと浸かってしまい、次々とデッサン、油絵、写真、現代彫刻とクラスをとり続けていたら、いつの間にかアート学部に転部しないと卒業できないような状態に。
アート学部の中でも、陶芸彫刻学科を選んだのは、土と水という単純な素材を空気と火で加工することによって作品をつくるという、原始的ながら奥が深い創作分野を学んでいくのがすごく面白くて興味があったから。造形だけでなく、当時僕がハマったのは釉薬の研究。ちょっとした土の調合の割合で質感ががらりと変わったり、金属化合物の微妙な量、あるいは焼成中の空気や火力で仕上がる作品が全く変わってしまうという。
窯を開ける瞬間は、いつもクリスマスのプレゼントを開けるような気分なのです(ってこの表現は、陶芸彫刻の担当教授の受け売りですが……まさにそんな感じ)。

自分が好んで使っていた釉薬は、焼成中にガスを発生し、表面がボコボコに錆びたような質感を出すもの。いろんな釉薬の調合を実験していく過程で、自分が見つけたオリジナルの釉薬です。まるで金属が経年劣化して錆びてぼろぼろになったようなテクスチャーになります。

在学中はホントに山ほど作品を作りました。ろくろを使って一晩で100個の作品を制作したことも。卒業して、ロサンゼルスで一年働いている間は、倉庫を借りて全部その中に保管していたのですが、入りきらない分は知り合いに預かってもらったりもしました。

で、日本に帰国する際に再度ネバダに立ち寄り、日本に空輸できそうな作品は片っ端から送ったのですが、限られた手持ちの金では送ることのできない作品はすべて捨てなければならなくなり、どうせ捨てるなら、全部自分の手で叩き壊してしまおう、と。

あの頃自分は、いろいろあってかなり苛立っていました。学生というある種守られた立場から一転、社会人となって異国の地で都会の荒波にもまれ、今まで信じていたものがどんどん崩れていき、時として夢でさえ重荷に感じてしまうような。頑張れば頑張るほど、良いように利用されてしまう社会の仕組みに納得がいかず、かといって報われないと分かっていても努力を続けるしかないという……。
今から考えると、良い意味でも悪い意味でも、「あの頃僕は若かった」と。

砂漠の湖で、次々と自分の作品を叩き壊した後は、なんだかちょっとだけすっきりしました。「日本に帰って、また一から頑張るぞ」、と。

で、日本に帰国してから、地元のプロバイダで働きながらパソコンやITについて学んだ後、WEBデザイナーとして東京に出てきてからもう10年になります。肩書きはプロデューサなので、もう現場で制作はしていませんが、いまだに週末は「日曜アーティスト」を名乗って、好きな創作活動をコツコツと続けています。「死ぬまで作り続ける」っていうのが僕の夢であり、究極の目標です。

今回、学生時代に自分が作った陶芸彫刻作品の画像を使ってiPhone/iPodの壁紙を作っていたら、なんとなく懐かしくなって、こんなブログエントリーを書いてみました。

c0060143_17265827.jpg

c0060143_1727584.jpg

c0060143_1727990.jpg

学生時代、人形の顔や、ネジなど、身の回りのオブジェクトを石膏で型を取り、陶芸粘土で成形してこんな作品を作っていました。釉薬も前述のように、オリジナルの調合を開発したり。なんかちょっとグロテスクですが、一応賞なども受賞しました。実はその賞をもらってなかったら(そして賞金の500ドルがなかったら)、今ここに僕はいなかったかも、というのはまた別の話……。

この写真は、当時使っていたSX-70というポラロイドカメラで撮影したもの。スキャナーで取り込んで、しばらくZIPディスクに保管していた画像ファイルを、今回壁紙の素材として使いました。フォトショップで色調など調整していますが、写真自体はオリジナルのまま。

今日はそんな感じで。

by t0maki | 2011-02-20 17:28 | 乱文・雑文 | Comments(0)
最近、iPodで色んなアプリをダウンロードして遊んでいるのですが、撮影した写真を加工して「老化」した顔をシミュレーションしてくれるアプリがいくつかあったので、3つほど比較しつつご紹介。
今回は、モナリザの肖像画を使用させていただきました。
永遠の微笑みも、老化には勝てない?


HourFace
モーションポートレート株式会社が開発した3D技術が使われています。写真がぐりぐり動いたり、まばたきをしつつ、端末を傾けると年取ったり、若返ったり。かなりスゴイアプリです。
c0060143_1111625.jpg



AgingBooth
前述の「HourFace」はサーバ側で合成しますが、この「AgingBooth」はアプリで合成が完結します。ボタンひとつで老け顔に!TwitterやFacebookにもそのまま投稿。
c0060143_113665.jpg



age my face(Age Me)
今回の3つの中で、これだけ無料アプリ。老人顔のマスクを写真にかぶせてビミョウに指で調整するという手動形式。
c0060143_1131226.jpg



ひとしきり自分の顔を老化させて遊んだ後、ふと人生のはかなさを実感し、「今を生きよう」などと決意を新たにするのが正しい「老け顔アプリ」の使い方かもしれないなぁ。などと考えてみたりしつつ、今回はこのへんで。

by t0maki | 2011-02-17 02:15 | 乱文・雑文 | Comments(2)
15日提出予定のFlash待受5点を提出期限の夜に作り始めてなんとか納品させるという荒技。
これやると、夜眠れなくなるんだよなぁ。
とりあえず、提出完了。これより、リラックスモードです。

デザインのベースに使った背景画像のパーツをちらっと公開。
(これだけじゃなにやら分からないね。完成版はサイトで見てねー)
c0060143_0215856.jpg
c0060143_022776.jpg
c0060143_0221249.jpg

今月は、伊豆旅行に行ったりしてたから、制作がギリギリになってしまいました……。

by t0maki | 2011-02-16 00:28 | アート>待受画像 | Comments(0)

   
Back to Top