ブログトップ | ログイン
<   2007年 05月 ( 38 )   > この月の画像一覧

「そこにスウィーツがあるから」も、新作を。
といっても、撮影自体は以前行ったものなので、今回は待画への加工のみですが。

c0060143_13131023.gifc0060143_13133034.gifc0060143_13135617.gif

この作品の良いところは、撮影後にスウィーツが食べられる事!
「登山家」の人物模型を食べてしまわないように、注意が必要ですが……。

by t0maki | 2007-05-30 13:17 | アート>待受画像 | Comments(0)
 昨日もちょっと書いたけど、Fotologを本格的に再開してみて、やっぱりコレ良いなぁ、と。
 いろんな人の写真を見ているだけで飽きないのですが、やっぱりお互いの写真に対してコメントを残して、コミュニケーションをはかれるのが楽しいです。
 いろんな国の人がいるので、基本的に英語を使ってコメントしていますが、なぜか自分のフォトログに来てくれる人にスペイン語圏の人が多い事に気づきました。未だに辞書と翻訳サイトのお世話になりっぱなしですが、少しは以前学んだスペイン語を取り戻すことができたかも。完全に意味は汲み取れないにせよ、スペイン語を読むのが苦にならなくなってきたのは、ちょっとうれしい。
 
 それから、コラボのお誘いがチラホラと。
 ずっと前、ロンドンとニューヨークで発売されたFotologの写真集に作品を提供した事は以前も書きましたが、それに続いて最近、スペインの大学でアートを学んだ人達からオンラインマガジンへの作品提供の依頼や、Fotologで知り合ったフランスとイギリスの人達とのちょっとしたコラボプロジェクトも進行中。
 どれも、お金になるものではないですが、こういった経験って、お金では買えないですから。
 
 こんな風に、ネットでの出会いがいろんな形で派生して行くのは、とても面白いです。
 そういえば、僕が渋谷の地下道でゲリラ写真展を開いたのも、Fotologにアップする写真をまとめていた時、不意に思いついての企画でした。
 
 そんなこんなで、自由になる時間が増えたおかげで最近写真づいているので、また何か自分としても企画を立てたいな、と。まぁ、まずは新作を待画に加工するとか、そのへんから。また写真集を作るのも良いなぁ。そろそろ、写真展も?……と、いろいろ夢は膨らみます。

Fotolog
http://www.fotolog.com/tomaki

by t0maki | 2007-05-28 13:34 | アート>写真 | Comments(0)
 最近、Fotologをほぼ毎日更新しています。仕事が忙しくて、しばらく放置してた事もあったけど、やっぱり写真を見るのが好きなのと、世界中から人が集まってるのが面白いので、最近またポツポツと自分の写真のストックから新作をひねり出しています。
 Fotologの面白いところは、どこにでもいるような人達が、それぞれの日常を写真に収めて公開しているということ。それが世界中から集まっているので、このサイトだけでいろんな地域の文化が集まるショーケースにもなっています。
 
 コメントに使われている言語も多種多様。翻訳サイトがとても重宝していますが、ネットのコメントって日本語もそうだけど必ずしも文法通りというわけではないので、けっこう意味が汲み取れなかったりもします。ただし、写真を読み解くのに言葉はいらないので、ただ眺めてるだけでも楽しいかも。
 
 自分の姿だけをひたすら撮り続けている人がいるかと思えば、雄大な自然とか、思わず引き込まれてしまうようなポートレイト写真とか、マクロ写真だけを集めたブログとか、もうホント、ありとあらゆる写真がそれほど山のように収録されています。
 
 僕も、2003年に参加して以来、LOMO LC-A、CyberSampler、Mamiya C330 Professional、Polaroid SX-70、Exakta VX、手作りピンホール写真など、1,800枚以上の写真をアップしています。
c0060143_2394463.jpg
屋久島にて(Mamiya C330 Professionalで撮影)

Fotolog
http://www.fotolog.com/tomaki

by t0maki | 2007-05-27 23:59 | アート>写真 | Comments(0)
c0060143_18464540.jpg
 過ぎ去った、あの夏の思い出。
 海辺で拾った貝殻、彼氏にもらった出店の指輪。
 
 ……あれ、でも。スイカの種?しなびた水ヨーヨー?かたっぽだけ流されたサンダル???
 
 思い出にも、色々あるということです。
 
 そんな「夏の思い出」が待受画像でダウンロードできるのはこちら。


あの夏の思い出
http://microstory.mobi/m/summer/

by t0maki | 2007-05-26 23:59 | アート>待受画像 | Comments(0)
 だいたい、ネット上で創作活動をするときは「TOMAKI」っていうハンドルを使うことが多いのですが、小説を書くときは「久慈 誠」っていうペンネームを使ったりしてます。
 さらに、「キリン」っていう名前も時々、テキスタイル・デザインとか、ポップな感じのイラストとか、「TOMAKI」とはちょっと違う作風のものを作りたい場合なんかに。
 
 で、今回はその「キリン」の作品。
 日本の伝統色の名前と、簡単なイラストを組み合わせて、待受画像にしました。
 今日は、12点制作。「画楽」に投稿しようと思っているので、VGAで制作したものを、240x320, 144x176, 132x176, 120x160, 120x120の5サイズに加工しました。
 
 個人的に、「日本の伝統色」について調べたりするのが好きなので、このプロジェクトは今後も定期的に続けていけたらと思っています。

c0060143_3314495.gifc0060143_332835.gifc0060143_3322433.gifc0060143_33242100.gifc0060143_333311.gifc0060143_3334965.gif

by t0maki | 2007-05-25 23:59 | アート>待受画像 | Comments(0)
c0060143_11174228.jpg
 日本には、昔からいろいろな妖怪やお化け、魑魅魍魎伝説が全国各地に存在しています。
 座敷童、唐傘お化け、ろくろっくび、雪女、鬼など。
 ただ、時代とともに、日本の妖怪の姿も変わりつつあります。
 
 そんな現代の妖怪の姿を、ありのままにイラストにしてみました。
 
 例えば、
 
 居眠りしてるかウクレレ弾いてばかりの「雷様」
 首の振り過ぎで伸びてしまった「ロックロック首」
 舞浜の巨大な城に巣食う「ねずみ男」
 学校でみんなに無視される「透明少年」
 ……などなど。
 
 待画サイトでは、そんな作品の一部を公開しています。
 
現代版・日本の妖怪
http://microstory.mobi/m/yokai/

by t0maki | 2007-05-24 11:18 | アート>待受画像 | Comments(0)
c0060143_11135788.jpg
 一度は皆さんも経験あると思います。
 もらったは良いけど、「うゎ、なんだコレ?」っていうお土産。せっかくいただいたけれど、ありがた迷惑、みたいな。
 
 外国のコイン(日本じゃ使えねぇし)
 ちょうちん(飾るトコがない)
 三角タペストリー(ある意味、貴重かも)
 拾った石(せめて、何か買ってください)
 変なお面(うちのインテリアに合いません)
 ポストカード(きれいだけど、行った事ないし)
 キーホルダー(最近、使わないかも?)
 テレホンカード(最近、もっと使わないかも?)
 
 あなたの「いらないお土産」は、なんですか?
 
 
いらないお土産
http://microstory.mobi/m/omiya/

by t0maki | 2007-05-23 23:59 | アート>待受画像 | Comments(0)

   
Back to Top