ブログトップ | ログイン
<   2006年 10月 ( 23 )   > この月の画像一覧

こないだ、いままで勤めた会社はどこも残業代がつかないとこばかりって書いたけど、ナント今回、給料明細に残業代らしきものが載っててビックリ。ところがさらに、金額をみてもっとビックリ。
3時間、2千円ちょっとってどういうこと?
時給、いくらなのよ?コレ。
今どき、高校生のバイトだって、もうちょっと時給もらってるでしょ?

先月、深夜残業を初めて事前に「申請」をしたんですよ。
仕事が深夜10時を過ぎる場合は、事前に申告するってのが社内規則にあるってのを知らずに今まで。どうりで、何度も深夜残業をしてるのに、残業代がついてないはずだ。

で、計算をしてみた。
深夜残業って、10時を過ぎたらもらえるんだけど、その前に終業時間から10時までも働いているわけだから、結局終電の時間まで、1日5時間の残業というわけ。で、先月申請したのは、2日分。つまり、合計10時間の残業。
ただし、残業を申請できるっていうのは、確実に明日は残業になるなって分かってる時で、そういう日って申請してないだけで前日も必ず終電まで残業してるんだよね。というわけで、前日分も合わせて、この深夜残業代の2千円っていうのは、合計20時間残業した結果だということになる、と。
あれ?時給100円?
ま、ホントは終電ではなくても、日常的に退社時間以降も働いてるから、それも入れると、さらに時給は減り……。

実は、前にも書いたけど、うちは裁量労働制なのでやっぱり残業代は出ないのです。で、この残業代っぽいものも、ただの深夜勤務手当。
つまり、普通の会社で、退社時間以降は残業となって、さらに10時以降は深夜手当がつくところを、うちは残業代は出ないけど、なぜか深夜手当だけは出るっていう。だから、こんなあり得ない金額になっているわけです。

だから、あらためてここで僕は、胸を張って言いたい。

「僕は今まで、残業代を出してくれる会社で働いたことはありません!」

以上です。

by t0maki | 2006-10-27 23:59 | 乱文・雑文 | Comments(0)
携帯電話の番号ポータビリティ、いよいよ始まりましたね。
とりあえず僕は、今DoCoMoとauとで、ケータイを2台持ってるのですが、Softbankの計略にひっかかって3台目のケータイを買ってしまわないか、ちょっと心配です。

ま、それはそれとして、今日は僕が最近買ったauのG'zOneというケータイの話。
カシオが出してるW42CAという機種で、G-Shockのケータイ版といったところなのですが、水にも衝撃に強いということで、たいへん重宝している使い方があります。
それは……

「娘のおもちゃにちょうどいい」

一歳になったばかりの娘にケータイを持たせると、しゃぶるわ投げるわゴンゴンあたりかまわず叩きつけるわ、壮絶なことになるのですが、さすがG-Shockケータイ、娘のヨダレにも、投げつけた衝撃にも、全然大丈夫。たまに、娘が勝手にボタンを押して、存在しない電話番号にかけたりしてますが。

やんちゃな娘をお持ちのパパには、G-Shockケータイがオススメです。

by t0maki | 2006-10-26 02:44 | アート>待受画像 | Comments(0)
Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipisicing elit, sed do eiusmod tempor incididunt ut labore et dolore magna aliqua. Ut enim ad minim veniam, quis nostrud exercitation ullamco laboris nisi ut aliquip ex ea commodo consequat. Duis aute irure dolor in reprehenderit in voluptate velit esse cillum dolore eu fugiat nulla pariatur. Excepteur sint occaecat cupidatat non proident, sunt in culpa qui officia deserunt mollit anim id est laborum.

上の文章の意味、分かる人がいたら、かなりスゴイかも。
だって、意味のない文章だからね。
つまり、ダミーのテキスト。欧文のページレイアウトとかで、たまに使う人がいます。
元々は、紀元前45年にキケローという人が書いた文章らしいのですが、そうとは知らない人でも、なんとなくここ千年以上も使われている埋め草らしい。

もし、英語サイトとか作る機会のある人、ちょっとさりげなく使ってみてはいかがでしょうか?

by t0maki | 2006-10-25 23:59 | Comments(0)
とうとう、一眼レフデジタルカメラを購入しました。
Nikonですよ。あの、Nikon。
D50って、一番安い機種ですけど。

今まで、骨董カメラやトイカメラばかり扱っていた僕にとっては、Nikonはかなり敷居の高い存在でした。たとえていうなら、いままで新橋の屋台で食事してたのに、いきなり銀座の料亭に連れていかれたようなもの……って言ったら大げさか?
あ、違うわ。そういえば、L.A.で写真の仕事をしたとき、会社で使ってたのがNikonの一眼レフKodakを合体させたようなデジカメだった。そうだった、そうだった。

まぁ、とにかくNikonといえば、いかにもなカメラ好きの方達が「伝家の宝刀」のように扱うカメラっていうイメージがあったので、いまいち入り込みたかったのは事実です。値段も高いし。
だって、今僕がもってる一眼レフは、学生の時に中古で購入したPentaxと、40年前の骨董Exaktaだけですもの。あとは、LOMOとか、中古の二眼レフ、ピンホールや、四連写カメラ、十六連写カメラといった、キワモノばかり。今時、まだ戦前の蛇腹カメラを現役で使ってる人って、そうはいないんじゃないかなぁ。

で、今回のNikon一眼レフデジカメ。
もちろん、いままでどおり、トイカメラも使っていくつもりですが、とりあえず1台記録用に画質がしっかりしたカメラがあると、心強いですし。

とりあえず、今後、TOMAKI.infoのサイト等で、作品をお届けできればと思ってます。

by t0maki | 2006-10-21 23:59 | アート>写真 | Comments(0)
結局、今日オフィスを出たのは10時過ぎ。たぶん、明日は終電確定。
インフォメーションアーキテクチャー的な仕事をやらされるのは別に構いはしないんだけど、通常の制作業務が入ってるから、まったく時間が確保できない。
ながら仕事で片づけられるような内容じゃないから、必然的に通常業務が終わったあとに、閑散としたオフィスで仕事に励む、と。
しかも、急ぎの制作の仕事が入ってるから、残業してても、そっちに時間が取られてしまって。ホントは制作の指示を出してなければいけないのに、気づけば自分でやってたり。

あ、そういえば、転職してから6ヶ月過ぎてた。確か、契約内容の更新があるはずなんだけど、何も聞いてないなぁ。なんだかんだで、入社してから7人の「退職者」から仕事を引き継いだ。僕のプロジェクト管理シートには、制作・運営中のサイトが10個以上も並んでいて、絶えずその中で動き回っている案件を追いかけるだけでもタイヘンですよ。項目数だけでいったら、A3用紙にびっしりと、50個近くもある感じ。

それにしても思うのは、どんだけ仕事をこなしたところで給料は変わらないっていうのは、なんかせつないなぁ。しかし、どうして僕が選ぶ職場は、どこも残業代が出ないところばっかりなんだろう?ボーナスって何?退職金ってどんなもの?やっぱ、せつないなぁ。

by t0maki | 2006-10-20 01:36 | 乱文・雑文 | Comments(0)
「パソコン使ってるんだから、簡単にできるだろう?」って勘違いしてる人、いまだに結構いますよね。
それから、「あ、僕はパソコンとか使わない主義なの」っていうかたくなに筋の通らないポリシー持ってる人とか。

パソコンっていうだけで、何か不可解な力が働いて、魔法のようになにか怪しげな作業を勝手に一人でとりおこなうことができる……なんて、ありませんよ、実際は。

結局、道具なんですよ、パソコンは……って、いまさらですけどね。
特定の作業は効率よくこなしてくれる、便利な道具。
ただし、万能では決してないし、使う人間次第では、かえって面倒なことも。
なんせ、こっちから命令を出さない限りは、いつまでたっても固まったままなんですから。

うまくつきあえば、こんな便利な道具はない。
けどまぁ、それだけなんです。


今日は、当たり前のことを力説してみました。

by t0maki | 2006-10-19 00:55 | 乱文・雑文 | Comments(0)
ケータイって、スゴイね。
なにがスゴイって、ケータイのメモ機能。
ケータイにメモを保存できるんだよ。これはスゴイことだよね。

通話とか、メールとか、ネットとか、あとカメラとかGPSとか、ケータイのスゴイ機能はいろいろあるけど、一番スゴイのはメモ機能だ、と僕は思うんです。
だって、いつでもどこでもメモ取れるんだよ。ノートもペンもなしに。
電車の中とか、移動中に、突然小説や待受のアイデア(ネタ)が浮かんだら、すぐにケータイにメモを残して保存。すっごいよねコレ、って何度も言うけど。

ケータイない頃は、ごそごそノートを取り出して、ペンを探して引っ張り出して、ようやく新しいページを開いた頃には、アイデアもどこかに吹っ飛んでたり。周りからも変な目でみられるし、しかも両手ふさがるから、かなり不便だし。ケータイなんて、ポケットからホイっと取り出して、プイプイってボタン押したら歩きながらだってすぐ書けるし、しかもデータをメールで転送したらすぐにパソコンで推敲できるから、いちいち清書する必要もない。びっくりしますよ、この便利さ。

やっぱり僕はね、ケータイの一番スゴイ機能は、メモ機能だと確信してるのです。

by t0maki | 2006-10-18 23:59 | 乱文・雑文 | Comments(0)

   
Back to Top