ブログトップ | ログイン
<   2005年 08月 ( 28 )   > この月の画像一覧

 手作りのピンホールカメラに印画紙をセットし、家の周りを散歩しながら撮影しました。
 キャンディー缶4つ、ピルケース4つ、そして新作のアジア雑貨の小物入れとスペイン村の大きなブリキ缶(7連写カメラ)のピンホールカメラ合計10個を肩掛けカバン。
 

 公園や、動物園などを歩きながら撮影しました。


キャンディー缶で撮影
ピンホールカメラの特徴は、近景も遠景も同時にピントが合うこと。


アジア雑貨の店で買った小物入れも、カメラになりました。
動物園の水のみ場を撮影したのですが、分かりにくいかも?


クッキー缶で作った七連写ピンホールカメラで撮影
電灯が、七個写ってるでしょ?

by t0maki | 2005-08-30 23:59 | アート>写真 | Comments(0)
 強すぎる冷房で冷え切った身体を暖めるために、温かいコーヒーを淹れた。
 席に戻って、熱いうちに一口すする。
 キーボードを叩き、マウスを転がし、もう一口コーヒーを飲もうとカップを口につけたら、もう冷たくなっていた。
 
 集中して作業をしていると、数時間はあっという間にぶっ飛ぶ。頭の芯がジンジンと熱を帯び、視界がかすかに歪んでくる。午後からトイレに行っていないのに気づき、ヘッドセットをはずし、体を椅子から引き剥がす、と、とたんに強烈な尿意が襲ってきた。赤くはれ上がったまぶたを擦りながら、ふらつきつつ、足早にオフィスを横切る。
 
 ふと、肩越しに誰かがこちらを見ているのを感じた。サイトリリースまで、あと2日。
 

by t0maki | 2005-08-29 15:39 | 乱文・雑文 | Comments(0)
 ピンホールカメラって、不思議ですよね。
 基本的には、箱に穴を開けただけ。中に印画紙入れたら、もう写真が撮れる。
 
 ホントたまにですけど、気が向いた時に、キャンディー缶やピルケースを使った手作りのピンホールカメラをカバン一杯に詰め、散歩しながら近所を撮影して回ってます。基本的にそれぞれのカメラが「一枚撮り」なので、全部のカメラで撮影が終わったら、家に帰って即写真の現像。バスルームを暗室に仕立て上げ、「ウーム、ムムム」と、写真の出来栄えに一喜一憂するのが楽しいのです。
 
 今回、アジア雑貨のお店で見つけたいい感じの小物入れ(80円也)と、以前から作ろうと思っていた「スペイン村」のお菓子が入っていたブリキ缶で、ピンホールカメラを2台作ることにしました。
 
 きちんと作ろうと思えば、缶の内側を遮光のために黒く塗ったり、アルミ缶を加工して穴を開けたりするのですが、僕のは「撮れればいいじゃん」の、超簡易バージョンなので、(1)千枚通しで缶に穴を開け、(2)裏からアルミホイルで目張りをし、(3)細い針で『ピンホール』を開けたら、完成。シャッターは、黒いテープで穴を隠すだけ。暗室(風呂場)で印画紙をセットしたら、もう写真撮影の準備完了。
 
 今回は、初の「七連写」カメラにも挑戦。スペイン村ブリキ缶に、7個のピンホールを付けました。
 


by t0maki | 2005-08-27 23:59 | アート>写真 | Comments(0)
 スピードが命。朝からガンガンぶっとばして、弁当食いながらもモニターをにらみつけ、マウスを握りしめ、キーボードを鳴らしつつ、トイレ行くのも忘れて充血した目を瞬き顔を上げたら、もう退社時間とっくに経過。「残業はしない主義なんです」なんて言っても、今日の仕事が終わんなくて明日困るのは自分なワケだし、「ウチには妊婦がいるんだぞ」……と心の中で叫んでも、結局自分のケツは自分で拭くしかないわけです。そして、他人のケツも自分以外拭くやつがいないわけです。そんなわけで、自分の肩書きを「ニューメディア・デザイナー」ではなく、「アスワイパー」にしようかと、半ば本気で考えています。ただのアスワイパーじゃないよ。プロフェッショナルのアスワイパー。つまり、「プロアスワイパー」。
 
 まず、うちのプロジェクト担当が、プロダクションの一番忙しい時に突然夏休みを取り、海外逃亡を計ったわけですよ。で、外注のデザイナーが『鬼のいぬ間』でサボりやがった。「あ、すいません。メール送信し忘れました……」って、お前はインターネット初心者か!
 しかも、遅れた上に、未完成のCIなんて送ってきやがって、それを使ってサイトのデザイン更新したら、今になってまた作り直しだぞ。サイトカラーの変更って事は、ナビゲーションメニュー、ヘッダー・フッター、テキストやリンクカラーコンテンツ中のパーツまで、全部作り直しってことなんだぞ、コノヤロ。いくらCSS使ってるって言ってもなぁ、DWのテンプレート使ってるって言ってもなぁ、PSのバッチ使うって言ってもなぁ……。
 
 ……ま、月曜日の朝だけでできるか。
 
 いろんな仕事がとぐろを巻くように迫ってきて、とうとうエンドルフィン漬けの脳みそがオーバーヒートで黒煙を噴き出した。冷却用の飲み物買いに外に出て、そのままフラフラと恵比寿公園に。さっきまでしばらく呆然忘却放心状態で夜風にあたっていました。
 
 ようやく週末……かな。

by t0maki | 2005-08-26 19:45 | Comments(0)
 なんか、今朝、夢を見た。
 こう、でっかい橋が出てくるんですよ。オーストラリアのオーストリッチっていう橋らしいですけど、まぁ実在はしないでしょう。ただの、ダジャレみたいな名前だもの。しかも、ダチョウって意味だよ?
 で、その橋は超高層ビルみたいな塔を登って、渡るようになっている。あまりにもでかくって、その橋がどこにつながっているのか、地平線の向こうで見えないんです。
 そんなバカデカイつくりにもかかわらず、橋に続く塔の階段がめちゃめちゃ狭くて、細い箇所は降りてくる人とすれ違えないどころか、肋骨がつかえてしまうような感じなんです。エレベーターもなく、そんな細い通路が延々と続く。僕は普段、狭いところは全然平気なんですが、この時は途中から本気で「やばいな、コレ」と思いました。正直、閉所恐怖症の気持ちが分かりました。
 で、仕方ないから途中で下りて、橋のたもとで奥さんと待ち合わせて、一緒に上ることにする、と。
 まぁ、それだけの夢です。結局、もう一度上る前に目が覚めてしまいました。だから、その橋の向こう側に何があったのかは分かりません。
 
 他人の夢の話って、読んでてもあまり面白くないですよね。

by t0maki | 2005-08-25 23:59 | 乱文・雑文 | Comments(0)
 陶芸の本焼きに失敗。
 というか、釉薬が大変なことに。
 
 粘土と釉薬の収縮率が違ってたのか、あるいは温度が低いかねらしが短いかで釉薬が十分に溶けなかったのか。とにかく、やたらとファンキーな仕上がりになってしまいました。キリンの模様みたいな、干上がった沼みたいな、まだらでめくり上がった感じ。
 ま、これはこれで良いのでしょうが、食器としては使いづらいので、上から青磁釉をかけてもう一回焼いてみます。

by t0maki | 2005-08-23 23:59 | Comments(0)
 お盆明けの月曜日。電車通勤は修羅場でした。
 
 西葛西駅に着いたら、乗客がホームに入りきれないくらいの混雑。
 到着する電車が既に満員電車なので、強引に体をねじ込むも、乗車できず。三本電車を見送って、四本目になんとか乗ったら、これがまた肋骨がきしむような混雑ぶり。
 あちこちから発せられる苦悶のうめき声を聞きながら、乗換えまであと一駅……というところで、乗ってる電車が突然不調に。出発すると「ガクン」と止まり、ドアが全開扉してすぐ閉まり、発車するとまた「ガクン」。ジイちゃんのマニュアル車発進みたく、「ガクン、ガクン」やってるうちに、車内で気持ち悪くなる人も出てきて、耐え切れなくなった人たちが人ごみを掻き分けホームに脱出。そこでようやく「車両故障発生」の車内アナウンスがあり、汗まみれの乗客たちはいったん全員ホームに降ろされました。
 
 30分遅れで後続列車が到着すると、殺気立った乗客がなだれ込み、さらに阿鼻叫喚の地獄絵図。
 
 満員電車に慣れているはずの自分も、今日ばっかりはさすがに疲れました。

by t0maki | 2005-08-22 17:40 | 乱文・雑文 | Comments(0)
 1998年だったと思うけど、アメリカにいるときに、「Star Craft」っていうパソコンゲームの試用版をもらったんです。あんまりゲームとか普段はしないのですが、やってみたら「へー、面白いじゃん。コレ」っていうわけで、日本帰ってきてから製品版を買ってみました。そしたらそれが日本語吹き替え版で、orzって感じ。やっぱり、映画もゲームも、吹き替えはビミョーです。
 
 で、数年前にアメリカ行ったら、Costcoの安売りゲームセクションの山の中にこのゲームを見つけたわけですよ。もちろん、速攻で買いました。
 
 で、また話は飛んで先週の土曜日、パソコン周りの整理をしてたらこのゲームが出てきました。「あぁ、懐かしいなぁ」と、インストールして久しぶりに遊んでみたら、止まらなくなってしまったのです。
 
 そんなわけで、今僕は、その1998年のゲームにハマっています。

by t0maki | 2005-08-21 23:59 | Comments(0)

   
Back to Top