ブログトップ | ログイン
<   2005年 04月 ( 31 )   > この月の画像一覧


 金持ちや貴族が自己顕示欲求を満たすために芸術が存在している時代があった。絵描きがポートレイトを描き、彫刻家が彫像を仕上げ、詩人が称える詩を書く。「マスター」が工房を開き、多くの職人や弟子を抱えていた。
 
 現代でも、同じような構図で日々多くの作品が生み出されている。もっとも、現代の世の中では、パトロンの役割を果たしているのは「企業」であるが。一つの広告が制作されるためにプロジェクトチームが結成され、それぞれの分野のエキスパート達が仕事をこなす。ただし、ここで称えられるのは企業そのものよりも、海外から上陸した高級RV車であったり、食品加工製品であったり、新発売の掃除機であったりする。
 
 僕たちは今、「消費社会」と呼ばれる社会の仕組みの中で生活している。ここでは消費は美徳とされ、その消費を継続するために人々は収入を得て、巨大流通機構の中で多かれ少なかれ「消費者」という立場にいることで人格を保持している。名前、年齢、性別とともに、「職業」がその人となりを判断するのに欠かせない要素であり、「成功」の度合いは「年収」の高低で計られたりもするのだ。
 
 利益重視のマーケットで、製品のより良いイメージを消費者にアピールするには、「広告」が必要不可欠である。製品の本質を伝える必要はない。ただ、製品をより魅力的に見せ、消費者の購買欲をくすぐればよい。
 
「こんなに高機能で、しかもお手ごろ価格」
「ニューモデルは、これまでと全く違います」
「うちの製品は、国内シェアナンバーワンです」
「さぁ、今すぐ店頭へ」
 
 今日もまた、消費者を惑わし、クライアントを喜ばせるために、見栄えだけで中身の薄い、はりぼてのような広告が次々と生み出されている。
 その中には、僕がデザイナーとして参加した、いくつかのオンライン広告も含まれている。
 もし僕が今、ウェブデザイナーとして本当に充実した仕事生活を送っているなら、こうして「日曜アーティスト」と称してささやかな創作活動で自分を発散させたりはしていないだろう。しかし、だからといって、今の僕にはどうすることもできない。
 
 僕はただ、巨大な工房で働く一人の職人に過ぎないのだから。

by t0maki | 2005-04-30 23:34 | Comments(0)
 身近なテーマだと、かえって書きづらいな。
 108プロジェクト第二回の制作テーマに挑戦中なのですが、思うように進まない。書けないのではなく、むしろ書くことが多すぎてまとまらない。
 
 あせらず全部絞り出したら、後で少し削って仕上げよう。
 

 今日画楽で公開になった待画作品。
 相変わらず、ポリシーの感じられない雑多な作風で続々と制作中なのです。

by t0maki | 2005-04-29 23:59 | アート>待受画像 | Comments(0)
 一応うちは、「バイリンガル」が売りのウェブプロダクション会社なので、お客様には外資系企業が多い。だから、……というわけばかりでもないだろうが、クライアントからウェブ用素材としてとんでもない程シュールな日本語が届くことがある。一昔前のオンライン翻訳システムを使っても、こんなにおかしな日本語にはならないぞくらいの原稿が、平気で送られてくるのです。
 
 自分のところに来た原稿は一応全部目を通して、おかしなところがあったら指摘するようにしていますが、それでも直しようがないほどひどいものや、あるいは製作期間の都合上直しを入れる余裕がない時は、そのままウェブ上に公開されてしまうことも。自分としては不本意極まりないが、原稿の修正を指摘するとその分作業の手間が増えるので明らかに嫌な顔をする担当もいたりして、まったくやりづらい。
 
 これは多分うちだけじゃないと思うのだが、ウェブサイト用の原稿は、雑誌その他の紙媒体の出版物に比べると校正が雑であるように思う。多分それは、公開後も手直しがきくという甘い認識のせいだと思いますが、プロジェクトの詰めの段階でサイト公開の最終調整行っている時に、意味不明のテキスト修正が大量に舞い込むと、本当にゲンナリします。
 
 ま、しがないウェブデザイナーとしては、文句を言わずにひたすら与えられた仕事をこなすのみですが……、って、前にも同じようなことを書いたような。
 自分の力が及ぶ範囲でなるべく質の良いものを生み出そうと努力してはいますが、時々それが空しくもなります。
 
 結局、表題のお粗末な文章は、入稿時に指摘したのにもかかわらず、ゴールデンウィーク直前のあわただしさの中で本日そのまま公開になってしまいました。
 
 自信じゃないでしょ、自身でしょ。押えるじゃないよ、抑えるだよ。
 ……って、指摘するまでもないけど。
 
 でももしかするとコレ、わざとやってるのかも?意味不明な日本語を使うことで「海外ブランド」らしさを出そうとする、計算しつくされた文章の不味さなのだ。そうだ、きっとそうだ……。
 
 ……残念です。

by t0maki | 2005-04-28 19:23 | Comments(0)

 高熱でダウ~ン。
 部屋が回るぞ、関節痛いぞ、目玉が熱いぞ、寒気がするぞ。
 
 春先の雷のせいか、はたまたチェリー味のドクターペッパーのせいか?
 
 ま、たんなる寝不足と疲れのせいだろうね。

by t0maki | 2005-04-27 23:59 | 乱文・雑文 | Comments(0)
 アメリカを代表する炭酸飲料(Soda)といえば、あなたは何を思い浮かべるだろうか?まず、コカコーラ、ペプシ、スプライト、7upと、競合二社の製品が交互に現れたあと、マウンテンデューとか、ルートビールあたりなどが出てくるかな?
 
 今回、僕があえてオススメしたいのは、「red fusion」である。
 ドクター・ペッパーのチェリー味。これこそが、真のアメリカの味だと僕は確信しているのです。
 どんな味かというと、まぁ、ドクターペッパーにチェリー味を付けたものなのだが、ドクターペッパーを味わったことがない人にこの味を説明するのは難しい。
 ドクターペッパーの味を例えると、そうだな……、中国古来のアヤシゲな漢方薬を手当たり次第にドバドバ入れて、かなり甘く煮詰めてから、最後に炭酸で割ったような味。あるいは、学校の化学実験室の床をなめた時の味(実際に舐めたことはないですけど)。
 で、red fusionはこのケミカル・テイストにさらにチェリー味を付けて仕上げている。チェリーというけど、さくらんぼともちょっと違う。強いて言えば、チェリーの缶詰。あの甘い汁だけをドボドボ大量に入れた感じです。
 
 これで、大体味の方は想像できましたでしょうか?
 まぁ、簡単に言えば、日本では絶対に量販されないであろう味。すなわち、アメリカの味なのである。
 
 なぜこんな文章を書いているかというと、今まさに僕はこのred fusionを飲んでいるから。けっして美味しい飲み物じゃない。いや、どちらかというと、かなりマズイ部類に入る味だと思う。でも、くせになる。
「まずいなぁ、まずいなぁ」と思いながらグビグビ飲み干して、しばらくするとまた飲みたくなる。そんな飲み物です。
 
 輸入食材の店とか行くと、たまに見かけます。
 皆さんも、機会があったら、お試しください。
 マズイですよぉ……。

by t0maki | 2005-04-26 13:54 | 乱文・雑文 | Comments(0)
 誕生日に、DVDをもらいました。
 で、昨日そのうちの一本の「ALIEN」を見たんだけど、やっぱりすごいね。公開から30年以上経ってるとは思えない。
 
 一番最初にこの映画を見たのは、多分中学生の頃だったと思う。もう、ただ怖くて、ビクビクしながら見てた。ビデオなんて持ってないころで、ラジカセで音声だけ録音して、後で何回も聞いたりしてたのを覚えてる。
 
 今回改めて見たら、現場で作業する技術者と管理者との確執みたいなのも見えて面白かった。以前は見過ごしてた登場人物の心の動きみたいなのもよく分かったし。年とともに、作品を見る目も変わっていくってことだろうね。
 
 でも、まぁ、とりあえず。良い映画は良い、と。
 面白かったー。

by t0maki | 2005-04-25 23:59 | Comments(0)
 僕が発行しているメールマガジンの一つ、「マイクロ小説」に、108プロジェクトの参加者である久慈 誠の超短編作品を掲載しています。
 第一回テーマ『デジタルエイジのアート』については、22日に配信されました。ここに、作品を転載します。
 
 ◇
 
『通勤列車』

 その瞬間、満員電車の車内がほのかに赤く染まった。
 
 窓ガラスのすぐ向こうを、黒煙を上げつつ通り過ぎる火柱。
 あまりにリアルな日常の中の非日常的光景を目にし、一瞬車内はどよめいた。
が、それも一瞬の間で、乗客はすぐに元どおり心を閉ざし、それぞれの思索に
落ちていった。
 僕もまた、網膜に焼きついたその光景をじっくりと反芻しながら、もの思い
にふける。
 
 公園の……、燃え上がるダンボールハウス。消防士が、ホースを抱えて走る
のを……遠巻きに見守る浮浪者。その顔の汚れは、煤なのか、あるいは路上生
活の垢なのか。血走り、赤く濁った目。
 僕には見える、その視線の先にある炎が。
 
 僕は、じっと放心したように公園に立ち尽くし、炎上する自分の住処を呆然
と見つめていた。警笛を鳴らし、通勤列車が通り過ぎて行った。
 
 (完)
 
 
 「マイクロ小説」は購読無料です。
 登録・解除はこちらから。
 

by t0maki | 2005-04-24 09:55 | Comments(0)
 今日、4月22日は「Earth Day(地球の日)」、「UKナショナル・デー」、そして僕の誕生日です。
 早いもので、もう31。栄えある「ミソイチ」でございます。
 
 4月22日生まれの有名人は、峰不二子の声でおなじみの増山江威子さん、ファッションデザイナーの三宅一生さん、アメリカ人俳優のジャック・ニコルソン、タレントの川合千春さんなど。あとはレーニンとか、オッペンハイマーとか、カントといった歴史上の人物も。
 
 誕生日占いによると、4月22日生まれはこんな人のようです。
「恋愛:恋に臆病なタイプです。好きになっても気持ちを打ち明けられず、なかなか進展しません。でも、慎重なあなたが選んだ相手はきっと波長が合うはずです。勇気を奮い起こして行動すれば、間違いなく幸せになれるはず。(後略)」
 合ってるのか、合ってないのか、ちょっとビミョー。
 
 さて、今年の目標は、「大作」を作ること。
 いつも待画だとか、マイクロ小説だとか、ちっちゃいものばかり作ってるので、もっと大きなものを作りたい。イヤ、別にサイズのことだけじゃないんだけどね。もっとじっくりと腰を落ち着けて、今までの自分の集大成となる作品を制作したいと思っています。
 
 ちなみに、峰不二子の声を演じている増山江威子さんは、ジャック・ニコルソンより一つ年が上だって知ってました?あのセクシーな声を出しているのが、実は今年で69歳のおばあちゃん、って……なんかちょっと複雑な気分。
 というか、その声を60過ぎてもずっと維持しているのって、すごすぎる。

by t0maki | 2005-04-22 12:23 | 乱文・雑文 | Comments(1)

 「108」プロジェクト第一弾は、『デジタルエイジのアート』について。
 改めて説明しますが、この「108」プロジェクトとは、6名のクリエイターたちがそれぞれの得意分野で、テーマに沿った6つの作品を発表するというもの。
 
 で、僕(TOMAKI)は、そんなハイテンションな舞台にもかかわらず無謀にもブログを使った「お気楽エッセイ」で挑戦、あるいはお茶を濁してみようかな、と。大丈夫か?
 
 で、改めて今回のテーマ。
 『デジタルエイジのアート』について。
 ここでは、分かりやすく「デジタル」=「パソコンを使った」と単純化してしまいます。インターネットも、この際パソコンに付随する環境として位置づけてしまう。
 そうすると、デジタルアートの特性とは、パソコンの性質に則していると言えます。
 
 「パソコン中毒」というよりは「職業病」に近いと思うのですが、一日の大半をパソコンの前でモニターを睨み付けて生活していると、デジタル環境の日常生活に引きずってしまうことがあります。
 例えば、グラスを倒してしまった時にとっさに「Ctrl+Z(やり直し)」を探してしまったり、スケッチブックに絵を描いているにも関わらず「Shift+Ctrl+S(別名で保存)」しようとしたり。あるいは単純に、目の前にあるものを「コピペ」で複製できないかな、なんて考えてしまったり。
 
 逆に言うと、ここらへんがパソコン環境をともなった作品制作が、デジタルアートの特性とも言えます。
 簡単に作品の複製やバックアップが取れるということで、制作のプロセス自体も変わってきました。文章と同じように、画像やデザインも少しずつ変更し、「推敲」を重ねることができるようになったのです。
 
 さらに、比較的容易に作品を複製できるということで、新たな問題も出てきました。著作権の問題です。
 デジタル形式で作品を配布することで、比較的容易に複製や二次利用ができてしまう。これは、デジタル環境での創作活動の利点でもあり、欠点にもなります。
 
 そこで行き着いたのが、「クリエイティブ・コモンズ」という一つの方向性。これは、「著作権放棄・失効」の「パブリック・ドメイン」とはちょっと違う。あくまで、製作者が著作権を保持しつつ、他のクリエイターにも素材として作品を提供する、というもの。
 
 さて、ここまで色々思いつくままにつらつらと書き連ねてみましたが、結局パソコンも作品制作においては「便利な道具」でしかありません。制作の色々な部分を利便化し、効率化してくれたけど、結局クリエイターのヒラメキとか、センスとか、地道な制作作業なんかは自動化してはくれない。たまにいるんですよねぇ、クライアントでも。「パソコンでやるんだから、こんなの簡単でしょ?」なんて言ってくる人達。ファイルメニューから「Webサイト作成」で制作できると思ってる?
 なんにしても、うまく使うとかなりいろんなものが作れるので、退屈しないメディアではあります。今後も、思いつきとなりゆきにまかせ、色々な作品を作っていきたいと思っています。
 
 というわけで今日は、108プロジェクト第一回目テーマ『デジタルエイジのアート』に関して駄文を綴ってみました。
 
 

by t0maki | 2005-04-22 10:06 | Comments(0)
 いやー、びっくりした。
 ヴィンセント・ギャロ主演の映画、「ストランデッド」
 
 なにがスゴイって、こんなにつまらない映画は久しぶり!
 「つまらない」っていう表現は的確じゃないかもしれないな……、
 むしろ「イタイ」とか「キツイ」とか、「ショッパイ」とか……、とにかくあまりのひどさに逆上しながら笑いたくなりました。
 
 何を意図して作られたんだろう?この映画。
 何かものすごい現代映画産業への皮肉とか、僕が知らない何かのパロディーとか、あるいは金のかかったジョークとか?
 
 僕が唯一「良かったな」と思えたシーンは、エンドロールが始まったとき。
「やっと終わった!」と、すがすがしい解放感が得られましたから。

 いやー、今までヴィンセント・ギャロは好きな俳優だったのに……、この映画観たら、ただの「ウザイ奴」に思えてきたよ。なんてこった。
 
 あ、もう一つだけ映画見てて良かったことがあった。
 ……映画観ながら飲んだ「イチゴヨーグルト」、結構おいしかったです。

by t0maki | 2005-04-21 15:59 | Comments(0)

   
Back to Top