ブログトップ | ログイン
カテゴリ:乱文・雑文( 730 )

c0060143_22391215.jpg

朝目が覚めたらまだ夢の中で、「あ、これまだ夢じゃんか」と気づいた明晰夢を確信犯的に眠りに押し込み、久しぶりに睡眠時間7時間越えおめでとう。ありがとう。

昼間ひとりで千圓ビュッフェと洒落込もうとしたら入り口の階段で強烈に右足を捻った、どうしてくれる?
店内に、めっちゃ美人のおばさんがいたんだけど、この言葉の組み合わせはもしかしてオキシモロンかもしれないと思った。一方で、めっちゃ酒灼け声のおばちゃんが「社長、社長」と繰り返してるのが聞こえてきて「スナックかよ」と心の中でツッコミを入れたのはぬべなるかな、やんぬるかな。
隣のおばちゃん3人組が「正しいブラジルへの行き方」について喧々諤々の意見交換をしていて、みんなそれぞれもやっとした憶測だけで会話してるのでggrksと思ったけど、みんな正解を知りたいわけじゃなくで「あたくしがチュニジアに行った時なんて、空港の乗り継ぎが……」なんて自分の旅の話がしたいだけで誰も正答を求めて無いことに気づいて、「そういう会話の進め方もあるんだなぁ」と思ったし、やっぱりGoogleすごい。

で、夕暮れ時に職場の会議室で、暮れ行く港区を眺めつつストレッチヨガ(強度大)に参加。デトックス効果が期待される新月ということが理由かは分からんが、参加者いつもより多め。

プチホラーな体験と、初恋の思い出などを殴り書きしてShortNoteにアップ。

明日は西会津のイベントが六本木であるので、元職場に潜り込んでいろんな人に挨拶してくる予定。明後日もなんかあったな。土曜日は、フィルム写真のワークショップをお手伝い。製品レビューもいろいろ書かなきゃ。

キャンプしたい。

by t0maki | 2016-08-03 22:28 | 乱文・雑文 | Comments(0)
c0060143_00482630.jpg

よっぽど楽しかったのか、はしゃいで疲れて、翌日は午前中ずっと爆睡。あ、娘じゃなくて、オレのことね。

生まれて初めてバイクを運転した翌日の日曜日、久しぶりに「これでもか」ってくらい寝ました。睡眠計では7時間半になってたけど、多分もっと寝てた。こんなに寝たのは久しぶり。最近、極端な寝不足が続いてたから。

今日は、午後のイベントに一件参加して、ブログを数本書いて、なんとなくダラダラして終了。これはこれで、良い休日でした。

明日は、大阪強硬弾丸旅行。ありえない旅程で行ってきます。ホントにたどり着けるか、ちょっと不安。そして、帰って来られるかも。

ニュージーランドに行くときよりも、心配だよ。いろいろギリギリすぎて。


by t0maki | 2016-07-25 00:38 | 乱文・雑文 | Comments(0)
c0060143_02273120.jpg

酔っ払って家に帰ったら、何をするって、やる事はひとつでしょ。

「ブログを書きまくる」

いや、単に今日はそんな気分だっただけ。この記事で、何本目?10本いったかな?

酔っ払うと人は本性を見せるって言うじゃない。笑上戸とか、泣き上戸とか。今日のオレはさしずめブログ上戸といったところ。

普段書けてない分、目一杯書いたった。
あーすっきりした。

ホントはブログ以外にもやらなきゃならない事がいろいろあるんだが、今日は酔っ払ってるから、ブログを書いてて良いよね。

じゃ、そろそろ寝るわ。明日また、いろいろあるから、いろいろやるから。おやすみなさい。


by t0maki | 2016-06-28 01:41 | 乱文・雑文 | Comments(0)
c0060143_21244017.jpg

久しぶりに、お茶の水のヴィレッジヴァンガードへ。娘が、「スクイーズ」を買いたいというので。

なんか、娘の中で流行ってるらしい。アメリカだと「Squishy」っていう、低反発のおもちゃ。ぎゅっと潰すと、じわじわ戻る感じの。不思議な触感。

c0060143_21244093.jpg

ちなみに、今回娘が買ったのはこれ。

なかなか売ってなくて、今までにドンキとかヴィレヴァンとかもあちこちハシゴ。ようやく見つけたけど、本来はこれともまたちょっと違うらしい。よくわからないけど。

そんな見つからないもの、ネットで買えば良いじゃんと思うけど、そうではないんだよね。感触を確かめないと。やっぱり、店頭で触ってみてから買う、と。

なるほどね。


by t0maki | 2016-06-12 11:54 | 乱文・雑文 | Comments(0)
c0060143_10105252.jpg

ホテルに着いて、一緒に行った友人がおしぼりを出してくれて「使う?」って。
「いや、別に良いかな」って思ったんだけど、友人がそのおしぼりのエピソードを語ってくれたんですよ。近鉄電車のおしぼりは地元のおばちゃんに人気で、みんなごっそり持ち去ってくこと。結構丈夫で破れにくいらしい。

そんな話を聞いたら、使ってみたくなっちゃうでしょ。「おぅ、ちょうだい、ちょうだい」って。

使ってみて「へー、良いね」「これ本当に破れない?……あ、破れた」「そりゃ破れるよ。絶対に破れないなんて言ってないし」と、みんなで笑って、ストーリーの持つ力って面白いなと思ったのでした。

by t0maki | 2016-06-08 10:04 | 乱文・雑文 | Comments(0)
すげー、この湯きり。絶妙なお湯の流れ、神業のようなタイミング、そしてなによりも焼きそばが美味い。これがカップなのかと思うほど。

東京で開催された、『カップ焼きそば「完璧な湯きり」ファンミーティング』に参加してきましたよ。お湯を入れて三分待ち、湯きりした後にソースを混ぜて青海苔を振り掛けるカップ焼きそば。今回はその「完璧な湯きり」のコツを教わってきました。


■まず会場の写真

■そして、焼きそばアップ

■湯きりのシーン

■司会のお姉さん

■懇親会の模様


湯きりのコツは、「愛情」だそうです。真心こめて、湯きりしましょう、と。

あ、ちなみにこのブログ記事はフィクションです。こんなファンミーティングは存在しません。

なんか、焼きそばの作り方の文章がはやってるみたいなので、自分もちょっと書いてみただけ……。

そんな感じで。

by t0maki | 2016-06-03 11:59 | 乱文・雑文 | Comments(0)
c0060143_09310752.jpg

つい最近も書いたけど、最近「夢」についてよく考える。42にもなって、夢ってのもアレだけど、目標を持って努力することに年齢は関係ないでしょ。

でっかい目標は、「死ぬまでつくり続ける」っていうこの一点だけなんだけど、何をつくるかは自分次第。とにかく、目の前にある興味のあることにがっつり取り組むだけ。で、作り続けてると、チャンスが向こうからやってきたりするので、あとはそれを逃さずすかさず掴むだけ。

今回の工作ワークショップの話も、知り合いの作家さんが声をかけてくれて、トントン拍子に確定したもの。今までやってきたことが、良い感じでそのまんま生かされ、形になった感じ。

普段の準備が大事だってことを言いたい。努力が必ず報われるなんてことは言わないけど、なにかチャンスが舞い降りた時に、それを捕まえられるかは普段の継続的な努力がやっぱり重要。まぁ、僕の場合は努力というより、やりたいことをやってただけだけど。

小さなステップかもしれない。他の人にとっては取るに足らないような。でも、自分にとっては大切なチャレンジなので、しっかり頑張りますよ。


by t0maki | 2016-05-24 09:19 | 乱文・雑文 | Comments(0)
c0060143_01274299.jpg

いったん寝たのだけど、仕事のメールが入ってたので対応したとこ。ネットやメールなどコミュニケーションの方法が発達して、どこでも仕事ができるようになったのと同時に、どこまでも仕事が追いかけてくるようになった。……ってほど、普段はそんなに社外で仕事しませんが。意識してプライベートは切り分けておかないと。

この時間に仕事をすると、確実に眠れなくなるパターン。この時間のアクエリアスは、シミルぜーーー。

しばらくうだうだしたら、サクッと化学の力に頼って寝る。


by t0maki | 2016-05-24 01:22 | 乱文・雑文 | Comments(0)
c0060143_09295203.jpg

都知事の旅費とか宿泊費の件、都民の代表であるのだから、一般的な都民と同じ生活をしなよ、とは思う。これじゃ、金持ちの代表になっちゃう。国民の代表である政治家の給料は、一般的な給料の平均値で良いと思う。そしたら、国民の給与が上がれば、自分の給料も上がるから、真剣に政治に取り組もうと思えるだろうから。そうすれば、金とか権力目当てで政治家になろうとする人は減って、本当に日本を良くしたいと思う人が政治家になれる気がするなぁ。今はなんか、口先だけで調子の良い人が当選目当てで国民に媚びを売るなんて印象で、選挙の時に回ってくる拡声器のついた街宣カーとか僕は嫌い。

あとさ、メディアも都知事のことをニュースにするなら、都政への取り組みとかその結果とかを伝えるべきじゃない?正直、旅費とか宿泊費とかどーでもいい。しっかり、金を使った分きちんと働いてくれれば。

話変わるけど、選挙のときだけ街宣カーを使って自分の名前を連呼してるのって、正直有権者をバカにしてる感じで嫌い。その人の想いとか、公約をしりたい。当選したら何をするか。そして、約束したことはきちんと果たして欲しい。過去の公約の達成率とか、実現の可否とか、そういうのをきちんとデータとして一覧できるデータベースが欲しいよな。この政治家は公約の達成率が現在何パーセント、とか。過去にこんな実績がある、とか。どの政策にどんな役割で携わったとか、しっかりとしたUIできちんと見やすいWebサービスがあれば、投票する側もきちんと評価しやすい。誰かに投票しようとしても、全然決めてにかける。なんとなく名前を聞いたことがあるだけの人に投票するのと、本当にその人を信頼して投票するのとでは、一票の重みが違う。それこそ、一票の格差。

政治の世界にマーケティングの要素を取り込んだら、面白いよね。それには、まず投票者の意識を変えるところからかな。自分の損得だけでなく、きちんと将来を見据えて、信頼できる人を投票できるようになりたい。誠実な政治家が活躍できることが理想。変な山師みたいな人が多すぎる。

※個人的な感想です


by t0maki | 2016-05-11 09:16 | 乱文・雑文 | Comments(0)
c0060143_10230257.jpg

以前どこかで書いたことがあると思いますが、学生時代の夏休みに本や雑誌をつくる仕事をしたことがあります。と言っても、執筆や編集ではなく、リアルに本をつくる、製本会社でのバイトのこと。印刷された紙が大量に届くので、機械にフィードし、裁断して、本の形にして出荷するという工程を担当する、いわゆる製本工場です。

僕らバイトが担当するのは、もっぱら流れてくる本の束をひたすらパレットと呼ばれる木枠の台に積んでいく作業。10kg、15kgくらいの本の束が、途切れることなくベルトコンベアで流れてくるので、それをひたすら並べながら積んでいきます。
カンタンなようで、これが実に辛い重労働。自分で速度をコントロールできないランニングマシンに乗って、ひたすら走り続けるようなもの。10キロのダンベルをひたすら持ち上げる動作を4時間の続けるのと同じ運動量です。で、その4時間1セットを1日に3回繰り返します。1日に合計12時間労働。さらに僕の場合は、そこに往復約3時間の通勤時間が加わって、休憩時間の1時間半も含めると、合計16時間以上の拘束時間。家に帰ったら文字通り食って寝るだけの生活。

こんだけ身体を動かし続けても筋肉はそれほどはつかず、むしろ長距離ランナーのように無駄なものがどんどん削ぎ落とされていきました。そして、疲労の蓄積のために腕や指がパンパンに腫れてきて、延々とむくみが蓄積してく感じ。指が膨れすぎて、手を拳に握ることができなくなるくらい。腕もむくみ、太くなっていって、腕時計のベルトの穴を最終的に6個くらいずらさないとはまらなくなりました。

なにが言いたいかっていうと、本をつくるのって、そんな風にたくさんの人たちが表に出ないところで頑張ってるってこと。本を書くのは作家かもしれないけど、本をつくるのは本当にたくさんの人たちが関わってる。そういうのを知ると、うかつに「オレの本」とか言えなくなりますよね。

あのバイトで、オレたちは確かに本をつくってた。本の中身を全く知らないまま。

by t0maki | 2016-05-02 18:37 | 乱文・雑文 | Comments(0)

   
Back to Top