ブログトップ | ログイン
カテゴリ:アート>もの書き( 119 )

c0060143_2244297.jpg

とりあえず、もりもりなんでも書きます。書くのが好きだから。
何事も経験ということで、いろいろありますけど、清濁併せ持つ案件にも積極的に飛び込んでいます。
ひと口に「記事を書く」と言っても、メディアやサイトによって、本当にいろいろあるんだなぁ、と、日々勉強です。

▼asoview! TRIP
取材依頼をして、しっかり現地に行って自分で撮影して書いた記事です。船の科学館では、学芸員の方にインタビュー取材も行いました。本格的なライター兼カメラマンとしての執筆です。
船の科学館体験レポ。リニューアル休館中でも無料で楽しめる見どころがいっぱい!
あらかわ遊園 親子でプールや釣り堀、乗り物を楽しもう!
「前田とまき」の記事一覧 | asoview!TRIP(アソビュートリップ)

▼WELQ [ウェルク]
DeNA社による、ヘルスケアに特化したキュレーションメディア。構成を提示されて、それに沿って執筆します。構成から反れると注意されることも。
ランニングだけで腹筋が割れる!その方法とメリットを紹介|WELQ [ウェルク]
ランニングにはストレッチが大切です!目的別6つのやり方を教えます|WELQ [ウェルク]
デコルテのぶつぶつが気になる方へ、ケアのポイントや予防法|WELQ [ウェルク]
正しい歯ブラシの交換時期とは?選び方やお手入れ方法もご紹介します|WELQ [ウェルク]
コチニール色素は虫から抽出した着色料!染め物や5つの食品をご紹介|WELQ [ウェルク]
富士浅間神社のパワースポットがスゴイ理由とは?全国でも桁違いのスケール!?|WELQ [ウェルク]
盆栽の作り方をレクチャー!始めてみよう!基本の4ステップからトライ!|WELQ [ウェルク]
ひょうそは自然治癒に頼らないで!日常で出来る2つのケアと治療法とは?|WELQ [ウェルク]
リーゼントの作り方を覚えてワイルドヘアに!基本の4ステップを覚えよう!|WELQ [ウェルク]
3D視力回復ってなに?平面が立体に見える!仕組みや3つのやり方のコツ!|WELQ [ウェルク]
ほくろが取れた!癌になるって本当?嘘か真か!?4つの基礎知識で徹底解明!|WELQ [ウェルク]
tomakiのまとめ|WELQ [ウェルク]

▼biche(ビーチェ)
@cosmeのキュレーションメディア。こちらも、構成どおりに執筆。
夏休みの旅行に♪ おしゃれな100均グッズ8選 - biche(ビーチェ)
沖縄のお土産は国際通り周辺のおしゃれな雑貨屋さんでGET! - biche(ビーチェ)
大地の恵みでツヤ肌に。北海道ご当地おすすめ、コスメ集めました - biche(ビーチェ)
男性の心をぎゅっと掴む。思わず彼女にキスしたいと思う瞬間7選 - biche(ビーチェ)

▼ガジェット通信
一応、「旅ライター」に任命されて記事を書いてます。旅に派遣されたことはありません。
オーロラを見るためにカナダを訪れ、マイナス36度の世界を体験しました(ガジェ通旅ライター:TOMAKI) | ガジェット通信
UVレジン(紫外線硬化樹脂)でつくる母の日の手作りアクセサリー | ガジェット通信
一生に一度は見たい、カナダでオーロラ鑑賞 | ガジェット通信
サードウェーブコーヒーの本当の意味を知っていますか? | ガジェット通信
英語が苦手でも英会話はできちゃいます【バイトで使える英語】 | ガジェット通信
【仕事体験記】アメリカ ネバダ州の博物館でインターンとして働く | ガジェット通信

▼タウンワークマガジン
上記のガジェット通信とのコラボ企画で、リクルート社のタウンワークマガジンに何本か記事を寄稿しました。学生向けの記事など。
【仕事体験記】アメリカ ネバダ州の博物館でインターンとして働く│タウンワークマガジン
一生に一度は見たい、カナダでオーロラ鑑賞│タウンワークマガジン
サードウェーブコーヒーの本当の意味を知っていますか?│タウンワークマガジン
英語が苦手でも英会話はできちゃいます【バイトで使える英語】│タウンワークマガジン

▼英ナビ!
自分の体験をふまえ、語学に特化した記事を書きました。
「敬語」の使い方を覚えるように英語を身につけよう|英ナビ!
外国人観光客になりきって、日本国内で英語を学ぶ!?|英ナビ!
気分を変えて、いつもと違った環境で勉強してみよう!|英ナビ!

▼Linkトラベラーズ
AMN社が運営する、旅に特化したWEBマガジン的なサイト。基本的に、ブログの記事を転載していますが、このサイト用に書き下ろした記事もあります。
2,700円だけでどこまで行ける?「メトロ&ぐるっとパス」で1日美術館・博物館めぐり | Linkトラベラーズ -ブロガーによる等身大の旅マガジン-
生まれて初めて見たオーロラは写真で見るより感動的でした | Linkトラベラーズ -ブロガーによる等身大の旅マガジン-
極寒のオーロラ撮影のコツ | Linkトラベラーズ -ブロガーによる等身大の旅マガジン-
湯けむりが街を包み込むロトルアの朝 | Linkトラベラーズ -ブロガーによる等身大の旅マガジン-
ロトルアと日本は実は似ている | Linkトラベラーズ -ブロガーによる等身大の旅マガジン-
日曜アーティストの工房 | Linkトラベラーズ -ブロガーによる等身大の旅マガジン-

▼キナリノ
編集の方がテーマを提示してくれて、それに沿って記事を構成していく形。初めてキュレーションメディアで記事を書いたのがここ。
小さな織物アートの世界。マッチ箱やボール紙を使って織物を作ろう | キナリノ
紫外線で固まる「UVレジン」でアクセサリーや小物が手作りできるよ | キナリノ
現代でも生きる表現手法。江戸時代のペーパークラフト「立版古」 | キナリノ
毎日のスキンケア。こだわるなら肌にもやさしい「無添加石鹸」 | キナリノ
ゆったりとした時間を過ごそう。歴史ある街、神田神保町の喫茶店 | キナリノ
ものづくりの工房で体験しよう!レーザーカッターでDIY工作 | キナリノ
アートに出会う。楽しさがたくさん詰まった「アーツ千代田 3331」 | キナリノ
5月中旬から薔薇も見頃!都電荒川線で東京レトロ旅を楽しもう | キナリノ
こどもが参加できる体験型宿泊施設「MORIUMIUS」が2015年夏オープン | キナリノ
ロモグラフィーのインスタントカメラ「Lomo'Instant」でクリエイティブな写真を楽しもう | キナリノ
果物や野菜がアートに。緻密すぎる、驚きのフルーツ彫刻の世界 | キナリノ
モノづくりの街、蔵前で世界中の人々が集う場所「Nui.(ヌイ)」 | キナリノ
ワーゲンバス(Volkswagen Bus)に乗って旅をしたくなる! | キナリノ
コーヒー好きにはたまらないよ*コーヒーが登場する映画7選 | キナリノ
世界が注目*おさえておきたい日本のクラフトビール8選 | キナリノ
オーガニックが盛んな街。サンフランシスコをのぞいてみよう♪ | キナリノ
もうすぐ閉館。子ども達の遊び場* 青山「こどもの城」に出かけませんか? | キナリノ
アートを楽しみながら立ち寄りたい。都内のギャラリーカフェ | キナリノ
to_maさんのまとめ | キナリノ

▼その他いろいろ
・ハグログ by TABIZINE
TOMAKI | HUGLOG~旅ブログキュレーションメディア~
・Spotlight (スポットライト)
日曜アーティスト TOMAKIさんの記事 - Spotlight (スポットライト)
・MRM
ソーシャル時代のマーケティング
・タブロイド
『男性のためのヘアスタイル』のスライドパズルが異次元|タブロイド

しっかりがっつり取材申し込みから撮影、執筆まで全てこなす案件がある一方で、いわゆるパクリメディアと呼ばれるキュレーションの記事もあったりして、同じ「書く」という仕事でも作業の内容が全く異なります。やっぱり、自分としてはがっつりしっかり自分の記事を書く方が好きですが、基本的にはどんな記事でもとりあえず面白そうならなんでも書きます。何事も経験ということで。

by t0maki | 2016-09-23 22:44 | アート>もの書き | Comments(0)
c0060143_00080153.jpg

そこだけなんだよ。その場所だけ。
上野駅で日比谷線乗り換えの改札を通って、その階段を降りたその数歩のエリアだけ、首が寝違えたようにズキっとくる。ホントにそこの場所でだけ。他の場所では一切痛みなんて感じない。しかもこの二日間連続で。

何かあるのだろうか?この場所には。
階段を転げ落ちて、怪我したり亡くなったりした人の怨念なのかもしれないと想像すると、なんとなくぞっとする。

そういえば、おととい「としまえん」に行ってウォータースライダーを32回滑った後、なんとなく身体がダルい。

by t0maki | 2016-08-30 23:58 | アート>もの書き | Comments(0)
c0060143_21511829.jpg

ShortNoteで開催中のMVN(Most Valuable Note)企画。第三回のテーマが「プチホラー/ガチホラー」だったからそのお題で書いてアップしたら、実はテーマが「初恋」になってたという。というわけで、さっき2本続けて書いてアップしました。

「プチホラー/ガチホラー」がテーマの、腕に彫った定規の話
https://www.shortnote.jp/view/notes/AOBZCFLm

「初恋」がテーマの、中学時代の思い出の話。
https://www.shortnote.jp/view/notes/AOdPbhjF

あと、最近ShortNoteは正式にアプリをリリースしたので、そちらもぜひ使ってみて。
僕もβテストに参加してたんだけど、途中でスマホが壊れてデータが全部なくなったので、あまりフィードバックに参加できなかった。

ShortNoteは、他のSNSには無い、ゆるくまじめに文章でつながるという雰囲気が大好きです。
メインのアカウントの他に、旅に特化したアカウントと、小説を書くためのアカウントをつくって、使い分けてます。楽しいよ。

by t0maki | 2016-08-03 21:52 | アート>もの書き | Comments(0)
c0060143_10422257.jpg

ShortNoteに書いたこの時の体験を、
https://www.shortnote.jp/view/notes/AODv8uH3
小説という形でまとめたのがこちらの文章。
https://www.shortnote.jp/view/notes/AM7vwYwe
それぞれアカウントが違うけど、両方ともオレです。
(ShortNoteはアカウントが複数つくれる)

この夏、社会人学生をやってまして、テンプル大学のクリエイティブ・ライティングのクラスを受講した際に、最終課題として5ページほどの小説を英語で書きました。その時に、最初から英語で書くのは難しかったので、まずは習作として日本語で内容をまとめました。これが、その時の文章。

小説ですけど、ここに出てくる登場人物や、話のだいたいの流れなんかは全部リアルに起こった実体験です。タイトルになっている「DAIMARU HOTEL」も、ロサンゼルスに実在するホテル。
以前から書きたいと思ってたストーリーですが、18年の歳月を経てようやくまとまった感じ。これで完成では無いですが。

今ここにある自分の原点のような、そんな体験。


by t0maki | 2016-08-03 09:25 | アート>もの書き | Comments(0)
c0060143_22382535.jpg

これを書くのに、ある意味18年かかったってことになるのかな。
あちこちで、少しずつは書いたことあるけど、こうしてまとめて書いたのは初めて。と言っても、つたない英語で、たった5ページだけなんだけど。

大学を卒業して、ホームレス状態でアメリカ西海岸を放浪しながら就職活動をするきっかけになった出来事と、その後ロサンゼルスのダイマルホテルでの職探し、そして写真の仕事を手に入れて全てが繋がるっていう、まるっと実話のストーリー。小説という形態なので脚色も混じってるけど、主要な部分は全部ホントにあったことです。

というわけで、テンプル大学でのクリエイティブライティングのクラスも、次回で最終回。二ヶ月間、あっという間でした。

真摯に文章と向き合う姿勢を教わりました。真面目に、じっくりと、時間をかけて単語を吟味しつつ、濃厚な文章を書くということ。さすがに普段のブログではそんな書き方は出来ないけど、今回の課題には目一杯時間をかけて、心血注いで身を削って仕上げましたよ。僕の英語力では限界あるけど、でも小説が書くのは楽しい。

つかの間の学生生活ももうすぐ終わりなので、ちょっと寂しいです。

by t0maki | 2016-07-15 22:28 | アート>もの書き | Comments(0)
c0060143_10171365.jpg

シェアする落語の記事2本目。前回、会場で書いた記事はこちら

第13回となる今回は、瀧川鯉八さんがゲスト。落語だけで無く、席亭の四家さんがMCを務めるトークセッションの時間もあって、そこは撮影OKなのです。というわけで、イタリアでの落語会の裏話で「ナタリーナ」のエピソードに腹を抱えて笑いつつ、実際にイタリア語のトークも交えて。落語家さんの人となりが見えてきて面白い、シェアする落語ならではのコーナー。
c0060143_10171436.jpg

c0060143_10171414.jpg

落語会が終わった後、飲み屋さんに会場を移し、噺家さんと一緒に話をしながら飲める懇親会もシェアする落語の楽しみの1つ。落語についてのディープなお話を横で聞いてるのも楽しいし、落語家さんに業界の裏話やここだけの話を伺うのも面白い。
今日は鯉八さんの落語を聞いた後にご本人から、アップリンクでジェームズ・ブラウンのドキュメンタリー映画を観てからネタづくりまでのプロセスについてのさらに詳しい話を聞いてみました。いろんなアイデアを取り込んで、自分の中で熟成させて、一気に作り上げる。

鯉八さんの落語は、ストーリーの見せ方がしっかりしていて、そこに情景が浮かんでくる感じなのですよ。まるで、コマ割りのしっかりしている映画やマンガを見ているような。「脚本は書かないんですか?」って聞いたら、「それはないですねー。小説を書く話が来たことありますが、断りました」って。それは、もったいないなー。やっぱり、落語一筋なのかなー。でも、ここだけの話、書くっていう方向性もアリらしいので、そこはそれ、楽しみにしています。

個性的な登場人物と愉快なやりとり、情景描写、出てくる小物とか、鯉八さんの落語は独特の世界観があって面白い。そこで、その鯉八さんの着眼点に迫るべく、「何か、好きな映画とかマンガはありますか?」って伺ったら、中崎タツヤさんの「じみへん」が好きとおっしゃってました。インスピレーションの原点として、リセットしたいときとかにいつも読む、と。

飲み会の席でしか聞けないような話がポンポン飛び出すので、とても面白かったです。
c0060143_14492607.jpg

ちょうど今、僕がテンプル大学で学んでる「クリエイティブ・ライティング」の内容とシンクロするところもあり、ストーリーの構築についてとか、コンテンツの作り込みについてとか、とても勉強になりました。

やっぱ、落語すげーや。



by t0maki | 2016-07-03 10:02 | アート>もの書き | Comments(0)
c0060143_10473260.jpg

今、テンプル大学でクリエイティブ・ライティング(ICW102)の講義を受講してます。夏学期の間、毎週金曜の夜だけ学生さんやってます。生涯学習のクラスなので、クラスメイトはみなさん社会人。

そこで学んでるのは、小説の書き方。授業も課題も全部英語の環境で、久しぶりに本気の勉強は楽しい。

そこで学んだことや、クラスに参加してみて思ったことなど。

文章、特に小説を書く上で、以前から「なんとなくこんな感じかなー」と思ってたことをしっかりはっきり体系立てて目の前に出してくれる感じ。「あぁ、こういう風に書けば良いんだ」、と。それは書くモチーフであったり、プロセスであったり、あるいは文のリズムであったり。つまり、クラスでの体験そのものが「目からウロコ」なわけです。この感覚、めちゃめちゃ楽しい。

学んだこと。クリエイティブに書くための基礎とかやり方はいろいろあるけど、最終的には自分が書きたいように書けば良い。書く目的が、例えば本を売るとか、書いた本で有名になるとかだったらそれを目指した書き方があると思いますが、書きたくて書くんだったら、書きたいように書くのが1番だと、個人的にも思います。

それにしてもあれだ、オレの英語力、落ちてるなー、と。読むスピードは遅いし、読解力も全然足りて無いしで、ヒーヒー言いながら授業に出席してます。まぁ、それもまた「勉強してるなー」って感じでめっちゃ楽しいんですけどね。

今日でちょうど、学期の折り返し地点。最終課題として書く小説(の一部)のアウトラインを提出することになってます。

「英語で小説なんて書けるかなー」と、最初は心配してましたが、今は書きたくて書きたくて仕方が無い。書きたいものがありすぎて困るくらい。今までも、小説っぽいものは断片的に書いたりもしてましたが、こうなってくるとじっくりどっしりしっかりしたものも書きたくなってくる。

書くって、面白い作業ですよね。頭ん中の想念を絡め取って、一本の糸にしてそれを紡いでいくみたいなイメージ。これが、僕は小さい頃から好きで、いつもなんかどっかに書いてた。大学でアートを専攻してた時も、気づけばスケッチブックが日本語英語ランダムちゃんぽんの文章で埋まってたりも。書くという行為そのものが自分にとって瞑想に近いのかも、とか思います。その行為自体が意味のあるもの。もっと言ってしまうと、書いた後に残るものはそれほど重要ではなく、生活の中に「書く」という時間を設け、それを続けることの方が意味があるように思える。

書いてると、ゾーンに入るときがありますよね。書くことに集中して、それに没頭する。

そういえば、この文章を書いてる時も、ゾーンに入ってましたよ。乗ってる地下鉄が止まって、トンネル構内にサイレンが響き渡ってる状態で、ずっと止まらずにこと文章を書いてました。

瞑想か、迷走か、あるいは妄想に近いのかもしれないけど、こうして書き続けることそのものが、自分にとっての書くモチベーションだったりもして、こうして書いているとなんかいろいろスッキリする。

次の駅で降りる。

by t0maki | 2016-06-17 10:15 | アート>もの書き | Comments(0)
c0060143_09513056.jpg

昨日は、1分ちょっとごとにエライ勢いで作品を作り続けたけど、今日は大きい方のレーザー加工機で比較的大きな作品をゆっくり出力。横で、データの作成をしながら。

▼大きい方のレーザー加工機
c0060143_22015433.jpg


▼名刺デザインを出力したらちょっと焦げた
c0060143_22015430.jpg


▼クリエイティブ・ライティングのクラスで書いた小説の冒頭の文章をイラレでレイアウトして、レーザー加工機で板に彫る、と。
こちらが、本日メインの作品。クリエイティブ・ライティングのクラスで書いた小説の冒頭の文章をイラレでレイアウトして、レーザー加工機で板に彫る、と。


この、英文がレイアウトされているのが、本日メインでつくった作品。クリエイティブ・ライティングのクラスで書いた小説の冒頭の文章をイラレでレイアウトして、レーザー加工機で板に彫る、と。文章を文字に分解して、それを平面に配列することで視覚的なリズムを生み出す、とか、まぁそんな感じの作品です。

作文の授業に、板に文章をデザインした作品を出す奴がどこにいるかって話ですが、良いのです。だって、「クリエイティブ・ライティング」のクラスなんだから。でもなんかクリエイティブの意味をひとり履き違えてるような感じもするけど、それはそれで。

明日提出するのは、最終的に書く小説作品のアウトラインと、「キャラクター」をテーマにした習作。

アウトラインは、書きたいものが5個くらいあるので、一応全部出す予定。キャラクターは、かなり自分の中で苦手意識があって、これは書きづらいなーと思ってたのですが、よく考えたら過去にキャラクター小説を書いたことがあったので、あっさりそれを活用して執筆完了。「あなた」と、あひるのおもちゃ「ダッキー」のお話。久しぶりの新作はなぜか英語っていうね。

というわけで、明日の夜は大学生。しっかり勉強してきます。


by t0maki | 2016-06-16 21:49 | アート>もの書き | Comments(0)
c0060143_01573467.jpg

言葉ときちんと向き合おうとすればするほどすれ違う感覚、わかります?「違うんだよ、書きたいのはそれじゃないんだよ」っていう感覚。最初はちょっとしたベクトルのズレが、そのまま進めば進むほど「これじゃねぇ」が広がってく感じ。

久しぶりに英語で文章を書いてて、しかもそれが小説で、書きたいことと書いてることのギャップが激しすぎて一旦全部書いたものを破棄してバラして作り直したけどうまくいかずにヘコむ。みたいな。
そういえばこの感覚、しばらく味わってなかったけど、日本語で書くときはそれほど、ストレス無く書けるのは、まぁたいしたこと書いてないってのもあるけど、ある程度はボールコントロールができるから。母国語だしね。少なくとも自分が投げたい球はある程度なら投げられる。

言葉って難しい。特にそれが慣れない外国語だと。

そろそろ、次の課題に取り組まなくては。書きたい作品のアウトラインをつくるってのは、全然平気。何個でもつくれる。
それと、キャラクターを表現する文章。正確には、作品内のキャラクターが、別のキャラクターを説明するシーンを書くってのが今回の宿題。頭の中で構成はできてる。あとはこれを書くだけ。また日本語で書いてから翻訳するかな。今日中に形にしよう。





by t0maki | 2016-06-16 09:43 | アート>もの書き | Comments(0)

   
Back to Top