ブログトップ | ログイン
カテゴリ:アート>もの書き( 119 )

c0060143_10471531.jpg

割と昔から書くのが好きな方なので、ほっとくと何時間でもずっと書き続けていられる。昨年は、ブログも年間で860本以上の記事を書いて公開したけど、その他にもいろんなウェブメディアに寄稿もしたり。「武者修行」として、来るもの拒まずでひたすら書きまくった。

旅行系の記事の他、製品レビューや、イベント・スポット系。女性向けのメディアにもコスメや恋愛系の記事を(このおじさんが)書いたりもしてた。依頼されるままに、バイアグラの記事でさえ執筆したよ。

もちろん、いろんなキュレーション系のメディアにも書いて、昨年問題になったメディカル系のサイトにも、僕が書いた記事が載ってた。もっとも、僕はもともとヘルスケア系のウェブサービスをキャリアさんの協業で立ち上げたこともあるし、その時に薬事法の講習なんかもしっかり受講したので、メディカル系の記事を書くときのお作法は知ってたので、自分なりに一生懸命書いてた。ただ、記事の中身は評価されることもなく、「指定したキーワードが入ってないじゃないか」っていう校正者の指摘に、「そもそもそのワードはこの記事のものと意味が違う」って、押し問答をしたことはある。その時も、相手は文章の中身などちっとも気にせず、ひたすら「キーワードが、キーワードが」を繰り返してた。

ただこれでも、そのサイトはまだましな方だった。もっとひどい運営で、殺伐とした雰囲気の嫌な感じのキュレーションサイトがたくさんあった。ライターに指示を出す独裁者的な存在がいて、「気に入らなければ出ていけ」みたいな態度は側から見てても気持ちの良いものではない。

今は、もうほとんどそういったキュレーション系の記事は書いてない。ただ、その文章執筆の武者修行の体験はすごく勉強になった。文章の構成や、リサーチなど。素早く効率的にできるようになった。それはそれで、すごく役立った。

まぁ、書くことが基本的に好きなので、書き続けるのは苦にならない。でもどちらかというと、真面目で無機質で無難な文章より、頭に浮かんだ言葉をポンポン書き写すフリーライティングみたいな今のスタイルの方が楽しいしもっと好きですけどね。

なにごとも経験が大事だが、まぁしばらくはバイアグラの記事を書くことも無さそうだ。

by t0maki | 2017-04-20 10:17 | アート>もの書き | Comments(0)
c0060143_22441883.jpg

「書くのが苦手」っていう人、いますよね。書くだけなら、誰でもできると思うんですよ。喋るように、語りかけるように、そのまま話した内容を文字に起こせば、もう文章になってる。書くことができてる。

書くのが苦手って人は、書けないのではなくで、書いたものを人に見せるのが苦手なんじゃないかな。
「文章ってこうあるべき」っていうルールに縛られて、「間違ってないかな?」とか「これでいいのかな?」「笑われないかな?」ってのが気になって、きちんと書こうとすればするほど書けなくなってしまう。

いいんだよ、そんなルールなんて。書きたいように書けばいいじゃん、と思うわけですよ。いろんな声で、いろんな話し方の人がいるように、いろんな文体でいろんなことを書く人がいても良いと思うのです。

そんなわけで、今日もとりとめなく漂う思考の糸を搦め捕りつつ、駄文をしたためる、と。

書くのは好きですよ。得意ではないかもですけど。

by t0maki | 2017-04-05 22:34 | アート>もの書き | Comments(0)
c0060143_20080360.jpg
だいたい平均すると月に50本とかブログ記事を書いていて、調子が良いと100本超えた月もあります。別に、たくさん書くことを自分に課しているわけでは無いですけど、書きたいことを書きたいように書いてたら自然と記事が増えてく、と。

中身はご覧のように、即興のフリーライティングスタイルで書きまくってるので、途中でテーマがぶれてたり、脱線したりまとまらなかったりも多々ありつつ、吸った息を吐くみたいな感覚で文章を垂れ流している次第です。

「日曜アーティスト」を名乗る自分にとって一番大事なのは、「つくり続ける」っていうそのただ一点なのであって、その活動の一環としての「書く」という作業なわけです。

書くことによって、頭の中が整理される。ぐっちゃぐちゃな頭の中も、書くことによって一筋の文章となってとても分かりやすくなる。矛盾や不整合もとりあえずそのままに、書き出すっていう作業。それはなんかもう、修行のような、瞑想のような感じ。

そして、書くことによってその時の自分を記録することができる。思考のカタマリを瓶詰めにして保管していくというような。今の自分を形にして残していくっていう作業。そのアーカイブとしてのこのブログ。

書くことによって、自分の考えや、情報を伝えることができる。感じたこと、体験したことを発信するということ。僕の場合、とくにこのブログはあまり情報発信に重きを置いてないけど、それでも誰かに伝わるってのは良いことだ。

マネタイズ的なことは、あまり考えていない。もちろん、この辺境のブログになんらかの価値を見出して、執筆を依頼してくれるのはものすごく嬉しいし、期待に応えるために頑張って書くけど、お金にならなくても、誰にも読まれなくても、たぶん何かしらはずっと書き続けるし、創作活動は続けると思う。

「頑張って書く」っていうのはあんまりなくて、「書きたいから書く」とか、「書かずにいられないから書く」って感じ。すごい体験をした時とか、素晴らしい景色に出会ったり、新しい発見があったり、何か考えたりした時に、書くことで形に残したいと思う。それを積み上げていくことで、「あぁ、良い人生だったな」って死ぬ間際にしみじみ感じたいんだ。たぶん、それだけなんだ。



by t0maki | 2017-01-25 20:08 | アート>もの書き | Comments(0)
c0060143_18252146.jpg
「あわれみ」の先頭に「お」をつけると途端に言いにくくなる。
ためしに、「おあわれみ」って早口で10回言ってみて。スムーズに言える?

■まず「おあわ」のア列の連続が言いにくい
「おあわ」という言葉がまず言いにくい。ローマ字で書くとO-A-Waだけど、音的にはつなげるとOUAUWAみたいな感じになるので、「おわわ」とか「おわあ」とかになって、どこで音を切ったら良いか分からなくなる。おーぅあーぅわぁー、おーわーぅあー、うぉーうぁーうぁー。ゾンビか?

■ラ行とマ行の連続も紛らわしい
後ろの二文字「れみ」も意外とトリッキーだ。ラ行とマ行は混同しやすい。「れり」とか「めり」とかね。おあわれり、おあわめり、おああめり、おわあれり、おわまめり。言おうとすれば言うほど、発音のゲシュタルト崩壊。しまいには何が正解なのかすら分からなくなってくる。

■たった5文字が言えないのはなぜ?
たった5文字なのにね。そもそも、「おあわれみ」なんて言葉を使うことなんてないから、言う方もなかなか言葉が頭や舌に定着しない。アナウンサーとか、訓練を受けて練習している人はきちんと言えると思うけど、普通一般の人には難しいよね。そもそもさ、「御憐み」は「おんあわれみ」って読むでしょ。おんあわれみ、おんあわれみ、おんあわれみ……。これなら10回言える。


こういうところで、言葉って面白いなって思うんですよ。文字と文字との連続というよりは、音声学的な音と音とのつながり。学生の時にスペイン語のフォネティクス(音声学・発音学)の勉強をしたことがあって、詩のリズムを理解する時に、発音は日本語のように「あ・い・う・え・お」に近いんだけど、文字の仕組みがひらがなのように文字ごとに分かれているわけではないので、hoyとかhayとかは、「お・い」や「あ・い」の二文字ではなく、「oy」、「ay」の1音なワケ。

例えて言うと、チンピラが発する「おい、こら。ああん?」とメンチを切るセリフは、俳句のように文字数で切る場合は「お・い・こ・ら・あ・あ・ん」の7文字になるけど、音のリズムとしては「Oy-Kor-rah-an」みたいな感じで、4音節にまとめることができる。(ちなみに、この巻き舌の「rr」は、スペイン語の特徴的な発音と同じ。)この音節の切り方が学術的に合ってるかは置いといて、考え方としてはこんな感じ。「あ・り・が・と・う・ご・ざ・い・ま・す」って言うべきところを、音を繋げて「あざっす」って言うとか。言葉を音でとらえる音声学って、面白い。

というわけで、発音の音の区切りは字面の文字とは必ずしも一致せず、繋がったり切れ目がずれたりするんだよ、ってことをおさえつつ、「おあわ」のところって、「Ou-a(u)-wa」みないな音節で連続的に発音してしまうとどこに切れ目がくるのか分かりづらくなるので、頭が混乱して発音しづらくなるんだな。

話ずれるけど、ラップのリズムとリリックって、こういう感じの音で表現するから、あいうえおの文字で歌詞を組み立てるよりも、音節でつくり込んで行った方が結構うまくいく。歌詞を書く人も、字面じゃなくて、音で作詞する方が良いと思う。

とりあえず、「おあわれみ」がなぜ発音しづらいのか、理由は分かっても言えないものは言えないので、おあわれみ、おあわれみ、おわわれみ。……練習します。



by t0maki | 2017-01-20 23:11 | アート>もの書き | Comments(0)
c0060143_21560319.jpg
「ブロガー」と「ライター」の違いについて考えてたんですよ。

「ライター」は、書く人。
「ブロガー」は、ブログを書く人。
ってことは、「ライター」と呼ばれる人の中に、「ブロガー」も含まれる……と思ったのですが。

「ライター」って、それで食べてる人っていうイメージなんですよね。
「ブロガー」は「プロブロガー」って言って、ブログ執筆を仕事にしている人を区別する。
「プロライター」って言わないのは、「ライター」の時点で仕事としての肩書だから。

書くことで生計を立ててる人とか、少なくとも原稿執筆で報酬をもらってる人だけが「ライター」を名乗れるのだとすると、「プロブロガー」は「ライター」に成り得るけど、「ブロガー」は「ライター」に内包されないっていうことになる。うーん。

じゃぁ、「Webライター」ってどうなのよ、って話ですが、やっぱりライターがつくからそこには収入が絡んでくる。
Webの媒体向けに原稿を書いて報酬をもらってる人。

「フードライター」は食べ物について書く。
「旅ライター」は旅について書く。
でも「Webライター」はWebについて書くのではなく、Webに記事を提供する。

ということは、「雑誌記者」とか「新聞記者」にも似てるのかな。
「Web記者」っては呼ばないけどね。呼ぶのか?

で、ついでにここで「作家」とか「文筆家」について考えよう。
ライターが包括的なのに対して、作家や文筆家はなんとなく昔からいるいわゆる出版業界で、「先生」っていう呼ばれているようなイメージ。なんかこう、小説を書いていて文豪を目指す、みたいな。

「小説家」はもちろん、小説を書く人。「エッセイ作家」さんはエッセイ書くよね。「コラムニスト」なんて呼ぶことも。「執筆者」は、記事に対して書いた人を紹介するための言葉。「書き手」とかもね。

オレは、なんだろね。こうしてブログを書いている時点で、「ブロガー」には間違いない。収益はほぼないから「プロブロガー」ではない。「ライター」を名乗るまでではないけれど、時と場合によってはそちらの方がしっくりすることがある。「Webライター」もそれなりに。創作文も書くけど、「小説家」って名乗れるほどのものは書いてないから、その場合は「超短編小説作家」みたいなニッチな肩書きかもなぁ。

まぁでも、まとめると僕は「書く人」であり、「書くのが好き」っていうだけなのだな。



by t0maki | 2017-01-20 22:36 | アート>もの書き | Comments(0)
c0060143_19084328.jpg

英語に限らずだけど、疑問形だけど質問ではない問いかけってのがあって、マジメに応えようとすると「いや、今のはレトリカル・クエスチョンだから」ってたしなめられる。レトリカルな質問の場合、答えることは求められてない。

例えば、演説している人が「こんなことが許されて良いのでしょうか?」って問いかけるときは「こんなことが許されて良いわけがない!」って主張する時の、「修辞疑問文」なワケです。「まったく、お前たちの中でちょっとでも使えるヤツはいねぇのか?」って言う時は「お前ら全員使えねぇ」って言ってる。それを言われて「ボクだってこないだちゃんと…」と反論しようとすると、「うるせぇ!今のはレトリカル・クエスチョンだ!」ってどやされる。
出川さんの「お前はバカか?」っていう決まり文句も同じ。頭を指差しながら、「お前、バカだろ」と言ってる。でも、ホントにバカだと心の底から言ってるのではなく、会話の中で笑いの定型文として使われてる。修辞学の反語。

「君は子供の頃、親からどういう教育をされてきたのかね?」

「あなたには人間の心ってものがないの?」

「それでもお前キンタマついてんのか?」

なんか、例文が感じ悪いですが、遠回しに皮肉っぽく使われることが多いですよね。

あとは単純に「マジ?」とか、「ホント?」とかは、事実確認というより、驚きの気持ちとか相槌だったりとか。

「最近どうよ?」は挨拶なわけで、本当に近況が聞きたいわけでもなかったりする。

こんな風に、言葉の字面と言いたいことの中身がズレてることがあって、それが言葉の面白いところであり、難しいところでもある。

でもさ、京都の人の「お茶漬けでもいかが?」って言うのが「お前、そろそろ帰れよ」っていう意味だってのはホント、ミステリーすぎると思うよ。



by t0maki | 2017-01-09 15:32 | アート>もの書き | Comments(0)
c0060143_21223736.jpg
そっか、「iWire(インフルエンサーワイヤー)」終了か。

2014年から電通社とAMN社が共同で運営していた「iWire」というブロガー向けニューズリリースサービス。ブログのネタになりそうな情報をニューズリリース形式で送ってくれるだけでなく、製品モニターや、リアルイベントなどもあってよく活用していました。たぶん、登録会員の中で僕が一番たくさん記事を書いたと思う(内容はともかく、数だけは)。

で、AMN社が2015年に「レビューズ」というブロガー向け製品モニターサービスを立ち上げ、「ん?競合サービスかな?」とも思いましたが、実際にはアプローチや切り口が違っているのでそれほどバッティングはせず。

発表としては、「iWire」が「レビューズ」に統合されるという形ですが、これまでのニューズリリースの形式が無くなってしまうのはちょっと残念です。

なにはともあれ、2年間お疲れ様でした。
そして、イベントもふくめ、いろいろな体験をさせていただき、ありがとうございました。

というわけで、これまでにいただいたニューズレターと、それに対して僕が執筆したブログ記事のまとめ。

▼Vol.1
ニューズレター: インフルエンサーワイヤー - 「お金」が何かと話題な春、到来。
ブログ記事: 【iWire】 お金、好きですか? : 日曜アーティストの工房

▼Vol.2
ニューズレター: インフルエンサーワイヤー - 今、時代は“塩”に熱中!
ブログ記事: 【iWire】 オーストラリアのシャークベイ塩田が気になる : 日曜アーティストの工房

▼Vol.3
ニューズレター: インフルエンサーワイヤー - 坂本龍馬からの最新メッセージ発見か!
ブログ記事: 【iWire】 坂本龍馬といえばマダム・タッソーのワックスミュージアム in お台場 : 日曜アーティストの工房

▼Vol.4
ニューズレター: インフルエンサーワイヤー - GWは期間限定カフェに注目!!!
ブログ記事: 【iWire】 奇跡的にまだ営業中のGW期間限定カフェが存在していてた! : 日曜アーティストの工房

▼Vol.5
ニューズレター: インフルエンサーワイヤー - 時代と共に変容する!?「知育」 新進気鋭のクリエーターが子育てを考えて知育アプリを作ったら!?
ブログ記事: 【iWire】 エデュテインメントアプリのニューズレターを読んだけど、結局残ったのは「早戻し」の衝撃 : 日曜アーティストの工房

▼Vol.6
ニューズレター: インフルエンサーワイヤー - あなたにとっての挑戦は何か?あの指揮官からの熱いメッセージ!
ブログ記事: 【iWire】 えーと、つまり何が言いたい? : 日曜アーティストの工房

▼Vol.7
ニューズレター: インフルエンサーワイヤー - 原作者生誕100年!! ムーミンが熱い!コビトカバ≒ムーミン!?
ブログ記事: 【iWire】 誰もが一度は「スナフキン」に憧れると思うのです : 日曜アーティストの工房

▼Vol.8
ニューズレター: インフルエンサーワイヤー - 「宇宙」で作るから美味しいらしい。ロングセラー商品 シャトルシェフって?
ブログ記事: 【iWire】 「シャトルシェフ」は宇宙と同じ構造かもしれない、真相はいかに…。 : 日曜アーティストの工房

▼Vol.9
ニューズレター: インフルエンサーワイヤー - 時代はスペースマッチング!?新たなシェアのかたちとは
ブログ記事: 【iWire】Airbnbから思いついて、いろんなマッチングサービスを妄想してみた : 日曜アーティストの工房
この時は、初めてリアルイベントも開催されたということもあり、普段より多めに書きました。
Airbnbのイベントに参加して、いま猛烈に旅がしたい : 日曜アーティストの工房
Airbnbのロゴ入りケーキも登場!原宿のZipZap : 日曜アーティストの工房

▼Vol.10
ニューズレター: インフルエンサーワイヤー - “MOTTAINAI” 驚きのリレーユースに大注目!?
ブログ記事: 【iWire】 コメ兵よりもKOMEHYO、中古というよりリユースらしい : 日曜アーティストの工房

▼Vol.11
ニューズレター: インフルエンサーワイヤー - このスピーカーの利用シーン、、、、 実はどこだ??
ブログ記事: 【iWire】 見ても触ってもいないデバイスのことについて記事を書くのは難しい : 日曜アーティストの工房

▼Vol.12
ニューズレター: インフルエンサーワイヤー - フルーツ味の水?香りがフルーツ?話題のフレーバーウォーターは手軽に作れるか?
ブログ記事: 【iWire】 「フレーバーウォーター」を自分でつくってみるのはおもしろそう : 日曜アーティストの工房

▼Vol.13
ニューズレター: インフルエンサーワイヤー - ネイマールJrの成長、 その陰にあるのは父ネイマールの愛!?
ブログ記事: 【iWire】 ネイマールの本を読んで考えたこととか : 日曜アーティストの工房

▼Vol.14
ニューズレター: インフルエンサーワイヤー - 「バレニン」たっぷりのクジラ肉で夏バテを吹き飛ばそう
ブログ記事: 【iWire】 クジラ肉がお店で食べられる理由 : 日曜アーティストの工房

▼Vol.15
ニューズレター: インフルエンサーワイヤー - 吉田栄作 が「家族バンド」 を結成! WEBムービーで父親役を熱演。
ブログ記事: 【iWire】 「うれスマ」の魅力は「安さ」だけでは無い気もする : 日曜アーティストの工房
この時も、リアルイベント開催。吉田栄作さんが来てた。
『BIGLOBE スマホ「うれスマ」新WEBムービー&新端末発表会』で迷子になったけど泣かなかった : 日曜アーティストの工房

▼Vol.16
ニューズレター: インフルエンサーワイヤー - iWire ブロガーミーティング
ブログ記事: 『iWireブロガーミーティング』に参加して、「応援してますよ」と伝えてきた : 日曜アーティストの工房

▼Vol.17
ニューズレター: インフルエンサーワイヤー - 京都の家族が「吉田栄作演じるウェブムービー」のモチーフになっていた!
ブログ記事: 【iWire】 楽器はできないけど家族でカラオケとかアートフリマなら : 日曜アーティストの工房
どういうわけか、このニューズリリースに対して記事を書いたの、オレひとりだけらしい。みんなたぶん、Vol.15の方で書いたからかな。

▼Vol.18
ニューズレター: インフルエンサーワイヤー - 実りの秋の、美味しい季節。 悲しいかな、肌のシミも実ります?!
ブログ記事: 【iWire】 バナナといえば彫刻…ではなくて美肌なの? : 日曜アーティストの工房

▼Vol.19
ニューズレター: インフルエンサーワイヤー - 今年も、新潟がうまい! 市川猿之助が語った、コシヒカリ。
ブログ記事: 【iWire】 お米がおいしいのはなによりだ : 日曜アーティストの工房

▼Vol.20
ニューズレター: インフルエンサーワイヤー - 「若者の○○離れ」いろいろありますが、 今回のお題は「バイク」!!
ブログ記事: 【iWire】 バイクとは無縁の生活をしておりますが : 日曜アーティストの工房
この後、初心者向けバイク講習に参加して、実際にバイクに乗れる機会が来るとは!
超初心者だけどヤマハのバイク乗ってきた : 日曜アーティストの工房

▼Vol.21
ニューズレター: インフルエンサーワイヤー - ピザ・パスタだけじゃない!? 隠れた人気者、タバスコ!
ブログ記事: 【iWire】 味覚について日頃思っていることなど : 日曜アーティストの工房

▼Vol.22
ニューズレター: インフルエンサーワイヤー - 仏ブランドが考えた “理想の男”の条件って?!
ブログ記事: 【iWire】ゲランの香水が似合うおじさんを目指そうかな : 日曜アーティストの工房
サンプル商品が届く企画!香水をいただきました。

▼Vol.23
ニューズレター: インフルエンサーワイヤー - 発売から1年あまり、日本での売り上げも好調?! Boseのノイズキャンセリング・ヘッドホンQC20とは?
ブログ記事: 【iWire】ホントだ!すげーな、QC20のノイズキャンセリング : 日曜アーティストの工房
この時も、ニューズリリースだけではなく、実際に直営店を訪れて製品を試してみてから記事を書きました。

▼Vol.24
ニューズレター: インフルエンサーワイヤー - 甘い物が気になる季節? 甘い物でダイエットしたいならうどん県発希少糖に注目!
ブログ記事: [iWire] 希少糖についてブログを書こうとしたけどうまく書けなかったというブログ記事 : 日曜アーティストの工房
時々、どういう切り口で書いたら良いか分からないニューズリリースが届くことがありますが、悩んでる間に悩んでる様をそのまま記事にしてしまうという。

▼Vol.25
ニューズレター: インフルエンサーワイヤー - 世界で活躍する日本女性アスリート。 スピード、気迫、キメで競う、戦いの舞台とは?
ブログ記事: 【iWire】 宇佐美里香さんと高野万優さんの演武に圧倒されっぱなしの記者会見でした : 日曜アーティストの工房
[iWire] ニューズレターで空手のデータ読んでるだけじゃ本物の迫力は伝わらない : 日曜アーティストの工房
いやこれ、すごかった。宇佐美さん、ホントかっこよかった。この後、空手が東京オリンピックの正式種目に決まったようでなにより。

▼Vol.26
ニューズレター: インフルエンサーワイヤー - 国民食カレー! 食べるといいこと、たくさんある?!
ブログ記事: [iWire] 地球滅亡の日、最後の食事はカレーがいいっす : 日曜アーティストの工房

▼Vol.27
ニューズレター: インフルエンサーワイヤー - ブロガー会議
ブログ記事: 『iWire ブロガーミーティング』に参加してきたことを書いてたら長文になった : 日曜アーティストの工房
この後、一周年おめでとうの記事も書きました。
iWire一周年おめでとうございます! : 日曜アーティストの工房

▼Vol.28
ニューズレター: インフルエンサーワイヤー - あの定番商品、実はこちら先行商品?! ひそかに続いてきた「元祖」携帯サンドイッチとは??
ブログ記事: 【iWire】 こっちが元祖らしいけど、うまいよ「スナックサンド」食べてみて : 日曜アーティストの工房
店頭で見つけて購入!
良い商品を開発したら、広告と営業バランスよく : 日曜アーティストの工房

▼Vol.29
ニューズレター: インフルエンサーワイヤー - ヌルヌルベタベタとおさらば! 魔法のようにサラサラに、食器のナノ洗い!
ブログ記事: 【iWire】 台所用洗剤「Magica(マジカ)」の商品名の由来が「Magical」だったってマジか(前編) : 日曜アーティストの工房
やっぱりニューズリリースだけだと書きにくいので、実際に実物を購入してみました。3種類まるっと大人買い。
【iWire】 やっぱり使ってみないと分からないけど使ってみたらすぐわかるね「チャーミーマジカ」 : 日曜アーティストの工房

▼Vol.30
ニューズレター: インフルエンサーワイヤー - おとなのサイダーがシードルです。
ブログ記事: 【iWire】 ラムネはレモネード、サイダーはシードル、では「キリン ハードシードル」は? : 日曜アーティストの工房
しばらく経ってからバーで飲む機会があった。
このシードルってあのシードル : 日曜アーティストの工房

▼Vol.31
ニューズレター: インフルエンサーワイヤー - アロエで予防!光老化?!
ブログ記事: 【iWire】 アロエベラのアロエステロールを含むアロエベネっていうドリンク : 日曜アーティストの工房
この時は、スーパーでこの商品を探したんですが見つかりませんでした。モニターでもらってた人もいたみたい。

▼Vol.32
ニューズレター: インフルエンサーワイヤー - 「帰省」「実家」そして「家族」。 話題になるのはやっぱりお盆!?
ブログ記事: 【iWire】 久しぶりに届いたニューズレター。「お盆」がキーワード : 日曜アーティストの工房

▼Vol.33
ニューズレター: インフルエンサーワイヤー - 「和っぽいのが今っぽい」!? 和をアレンジしたライフスタイルに注目。
ブログ記事: 【iWire】 流行はもう古い? : 日曜アーティストの工房

▼Vol.34
ニューズレター: インフルエンサーワイヤー - おにぎり協会が選ぶ、おにぎりに最適な炊飯器 選ばれたわけは??
ブログ記事: 新米五種でつくったおにぎり十個を食べ比べ : 日曜アーティストの工房
3331 Arts Chiyodaでおにぎり食べ比べのリアルイベントがありました!

▼Vol.35
ニューズレター: インフルエンサーワイヤー - 35歳からはじめたい血圧測定、その理由に迫る
ブログ記事: そっか、家庭でこんな簡単に血圧が測れる時代なんだ : 日曜アーティストの工房
その後、実際に製品を使ってみた記事。
心静かに神社で血圧を測る : 日曜アーティストの工房

▼Vol.36
ニューズレター: インフルエンサーワイヤー - 分刻みの朝!朝食にこそ、時短アイテムを投入!
ブログ記事: 【AD】 ※記事の構成を逆さまにしてみたのだけど、時短にはならなかった [iWire] : 日曜アーティストの工房

▼Vol.37
実際にイベントに参加した後、製品を使ってみた記事も書きました。

37本のニューズレターを受け取り、全てに対して何かしら記事を書きつつ、全部で48本のブログ記事を執筆しました。

なにはともあれ、2年間お疲れ様でした。
そして、イベントもふくめ、いろいろな体験をさせていただき、ありがとうございました。


インフルエンサーワイヤー(http://influencerwire.com/)
reviews(レビューズ)( href="https://re-views.jp/


by t0maki | 2016-12-22 13:08 | アート>もの書き | Comments(0)
c0060143_14192682.jpg

何年か前にTwitterで配信したネタを再構築して、もう一回同じようにツイートで流してみようかと。
英語っぽくない英単語を集めて、そこに知ったかぶりの解説をつけてボケる感じのネタ。本当の意味は、文末の括弧の中に書いてます。
ボットのプログラムに登録して、毎日1つずつ自動でつぶやく感じに。

全41作品がこちら。

▼pro bono
やぁみんな、『知ったかぶりの英単語講座』の時間だよ。今日の単語は“pro bono”。専門的にU2のボーカルについて研究してる人のことだね。ではまた明日!
(ホントの意味は、「無料で奉仕すること」です)

▼oxymoron
やぁみんな、『知ったかぶりの英単語講座』の時間だよ。今日の単語は“oxymoron”。酸素を吸いすぎてハイになり、鋭いボケを連発する人のことだね。
(ホントの意味は、「矛盾した表現」です)

▼flora and fauna
やぁみんな、『知ったかぶりの英単語講座』の時間だよ。今日の単語は“flora and fauna”。「私はフロラ」「私はファウナ」「2人合わせてフロラ&ファウナよ!」
(ホントの意味は、「動植物」です)

▼cliche
やぁみんな、『知ったかぶりの英単語講座』の時間だよ。今日の単語は“cliche”。アイスを混ぜて作ったマロン系のドリンクってことだね。
(ホントの意味は、「ありきたり」です)

▼touche
やぁみんな、『知ったかぶりの英単語講座』の時間だよ。今日の単語は“touche”。オードリー春日が次に考案中の一発ギャグだよ。
(ホントの意味は、「こりゃ一本とられたね!」です)

▼toupee
やぁみんな、『知ったかぶりの英単語講座』の時間だよ。今日の単語は“toupee”。風が強い日に異様に髪の毛を気にする人のことだよ。
(ホントの意味は、「カツラ」です)

▼vice versa
やぁみんな、『知ったかぶりの英単語講座』の時間だよ。今日の単語は“vice versa”。年配の女性を隣で補佐する役割の人ってことだね。
(ホントの意味は、「逆もまたしかり」です)

▼et cetera
やぁみんな、『知ったかぶりの英単語講座』の時間だよ。今日の単語は“et cetera”。電子料金収受システムのことだよ。
(ホントの意味は、「その他いろいろ」です)

▼status quo
やぁみんな、『知ったかぶりの英単語講座』の時間だよ。今日の単語は“status quo”。QUOカードの残高を調べることだね。
(ホントの意味は、「現状維持」です)

▼per se
やぁみんな、『知ったかぶりの英単語講座』の時間だよ。今日の単語は“per se”。システムエンジニア1名が処理可能な作業量の目安のこと。ただしブラック企業は除く。
(ホントの意味は、「っていうわけじゃなく」です)

▼alma mater
やぁみんな、『知ったかぶりの英単語講座』の時間だよ。今日の単語は“alma mater”。あらあら、まぁまぁ。またなの?って意味。嘘だけどね。
(ホントの意味は、「母校」です)

▼deja vu
やぁみんな、『知ったかぶりの英単語講座』の時間だよ。今日の単語は“deja vu”。ブーじゃないよ、ヴーだよ。だから、ビューじゃなくて、「ヴ」!
(ホントの意味は、「既視感」です)

▼memento mori
やぁみんな、『知ったかぶりの英単語講座』の時間だよ。今日の単語は“memento mori”。富士山の麓に広がる樹海をひたすら散策すること。
(ホントの意味は、「死を忘れるな」です)

▼curriculum vitae
やぁみんな、『知ったかぶりの英単語講座』の時間だよ。今日の単語は“curriculum vitae”。栄養素に関する講義を受講するということだね。
(ホントの意味は、「履歴書」です)

▼de facto
やぁみんな、『知ったかぶりの英単語講座』の時間だよ。今日の単語は“de facto”。で?どうなのよ。
(ホントの意味は、「事実上の」です)

▼persona grata
やぁみんな、『知ったかぶりの英単語講座』の時間だよ。今日の単語は“persona grata”。グラタンが好きな人のこと。あるいはその人物像。
(ホントの意味は、「受け入れ可能な好ましい人物」です)

▼persona non grata
やぁみんな、『知ったかぶりの英単語講座』の時間だよ。今日の単語は“persona non grata”。グラタンを好きなフリをしてる人のこと。あるいはその人物像。
(ホントの意味は、「受け入れ難い好ましくない人」です)

▼quid pro quo
やぁみんな、『知ったかぶりの英単語講座』の時間だよ。今日の単語は“quid pro quo”。1ポンドでおいしいご飯が食べられる専門料理店のことだね。
(ホントの意味は、「同等の対価」です)

▼non sequitur
やぁみんな、『知ったかぶりの英単語講座』の時間だよ。今日の単語は“non sequitur”。ある朝起きたら虫になってて、咳が止まらなくなること。
(ホントの意味は、「不合理な推論・発言」です)

▼sub rosa
やぁみんな、『知ったかぶりの英単語講座』の時間だよ。今日の単語は“sub rosa”。三男に生まれた男の悲劇ってことだね。
(ホントの意味は、「秘密に」です)

▼pun intended
やぁみんな、『知ったかぶりの英単語講座』の時間だよ。今日の単語は“pun intended”。イヤ、なんかこういうのも面白いかなと思って……。
(ホントの意味は、「ジョークだよ」です)

▼pun not intended
やぁみんな、『知ったかぶりの英単語講座』の時間だよ。今日の単語は“pun not intended”。でも結構毎回真剣に考えてるんだよ。
(ホントの意味は、「ジョークのつもりはない」です)

▼panache
やぁみんな、『知ったかぶりの英単語講座』の時間だよ。今日の単語は“panache”。以前勤めてた会社の名前。
(ホントの意味は、「ちょっとお洒落に威風堂々」です)

▼ad hoc
やぁみんな、『知ったかぶりの英単語講座』の時間だよ。今日の単語は“ad hoc”。各端末が自律的にルーティングを行いインフラレスでマルチホップ通信を行うことだよ。
(ホントの意味は、「限定目的の」です)

▼en route
やぁみんな、『知ったかぶりの英単語講座』の時間だよ。今日の単語は“en route”。金は天下のまわりものってことだね。
(ホントの意味は、「途中で」です)

▼et al
やぁみんな、『知ったかぶりの英単語講座』の時間だよ。今日の単語は“et al”。えーと、あるある!
(ホントの意味は、「およびその他」です)

▼gratis
やぁみんな、『知ったかぶりの英単語講座』の時間だよ。今日の単語は“gratis”。もってけ、ドロボゥ!
(ホントの意味は、「FREE!」です)

▼i.e.
やぁみんな、『知ったかぶりの英単語講座』の時間だよ。今日の単語は“i.e.”。ノングラタだけどデファクトスタンダードのブラウザーだね。
(ホントの意味は、「すなわち」です)

▼e.g.
やぁみんな、『知ったかぶりの英単語講座』の時間だよ。今日の単語は“e.g.”。簡単にゆで卵が作れる裏技のこと。
(ホントの意味は、「例えば」です)

▼Mea culpa.
やぁみんな、『知ったかぶりの英単語講座』の時間だよ。今日の単語は“Mea culpa.”。前世は河童だったってこと。
(ホントの意味は、「私が悪い」です)

▼per capita
やぁみんな、『知ったかぶりの英単語講座』の時間だよ。今日の単語は“per capita”。capitaはラテン語で「頭」意味するcaputの複数形だから、per caputが正解??
(ホントの意味は、「一人当たり」です)

▼sic
やぁみんな、『知ったかぶりの英単語講座』の時間だよ。今日の単語は“sic”。犬をけしかけて、狂犬病にさせるぞっててことかと思ってた…。
(ホントの意味は、「やっちまえ」です)

▼via
やぁみんな、『知ったかぶりの英単語講座』の時間だよ。今日の単語は“via”。日本車両検査協会の略称だよね。
(ホントの意味は、「経由して。~にて。」です)

▼postmortem
やぁみんな、『知ったかぶりの英単語講座』の時間だよ。今日の単語は“postmortem”。手紙を出すことに関係あると思ったら大間違いさ!
(ホントの意味は、「死後の検視」です)

▼antemortem
やぁみんな、『知ったかぶりの英単語講座』の時間だよ。今日の単語は“antemortem”。いじってたら、こんなんなってもうてん。
(ホントの意味は、「生前の」です)

▼agenda
やぁみんな、『知ったかぶりの英単語講座』の時間だよ。今日の単語は“agenda”。「これ、誰んだー?」「アジェんだー」
(ホントの意味は、「議題」です)

▼alias
やぁみんな、『知ったかぶりの英単語講座』の時間だよ。今日の単語は“alias”。デジタル画像の中間色を排し、ビットマップ調に仕上げることだね。
(ホントの意味は、「別名」です)

▼alumni
やぁみんな、『知ったかぶりの英単語講座』の時間だよ。今日の単語は“alumni”。アルミ製ってことではないかと思うんだ。
(ホントの意味は、「卒業生」です)

▼camera obscura
やぁみんな、『知ったかぶりの英単語講座』の時間だよ。今日の単語は“camera obscura”。まったくもって奇妙な形をした、不思議な機能の意味不明なカメラのことだね。
(ホントの意味は、「カメラの原型」です)

▼carpe diem
やぁみんな、『知ったかぶりの英単語講座』の時間だよ。今日の単語は“carpe diem”。日々、絨毯を新しくしていくことだよ。
(ホントの意味は、「今を楽しめ」です)

▼fin
やぁみんな、『知ったかぶりの英単語講座』の時間だよ。今日の単語は“fin”。おしまいってことだね。ではまたいつか会いましょう!
(ホントの意味も「おしまい」です)


そんな感じで。
あとでWeb版も更新します。
Twitterアカウントは@kujimakotoです。


by t0maki | 2016-10-18 20:18 | アート>もの書き | Comments(0)
c0060143_23494862.jpg

うん、そーだなー。僕がブログを書き続けてる理由は、単に書くのが好きっていうだけなんだよなー。PVとか別にいらないし、収益あげるつもりもない。ただ、呼吸をするのと同じ感覚で書き続けてる感じ。書かないと苦しくなってくるのですよ。

ブログを書いてない時は、別のメディアに書いてたり、寄稿用の原稿をひねり出したりしてるけど、結局やっぱり自分のブログに書いては時が一番楽だ。

『記者ハンドブック』っていう、新聞記者さんが文章を書くためのお手本みたいな教科書的な本を図書館で借りて読んでみた。これはこれで面白い。これに合わせて書こうという気は全然ないけど、書くということのこだわりとか、見えないルールを可視化しようとする努力が垣間見えて面白かった。もう一度言うけど、僕はこれを手本にして書く気は無いけどね。でも、知識としては知ってた方が良いかもね。

一冊買っとこうかな。

by t0maki | 2016-09-29 23:40 | アート>もの書き | Comments(0)

   
Back to Top