ブログトップ | ログイン
カテゴリ:アート>写真( 244 )

c0060143_13035823.jpg

シャッターボタン終了のお知らせ。
なんか気づいたら無くなってた、シャッターボタンが。宗谷の取材に行った日あたりだというのは分かってる。あの日、シャッターを押そうとしたら感覚がおかしい。よく見たら、そこにあるはずのシャッターボタンが無い。いつの間にか、旅立っていきました。

まぁでも、シャッターボタンボタンが取れても、まだ撮れるのでフツーに使ってますがね。キヤノンのサービスセンターに持っていくと、このPowerShot S120の修理料金は1万2千円くらいらしい。シャッターボタン以外にも、ネジが取れてる箇所とか、メニュー操作のリング部分が一方向にしか反応しなかったり、Wi-Fiが繋がらなかったり、あとはなんだ。…あぁ、塗装がハゲハゲで、その下の地色の黒も削れてきて、最近は金属色も見えてきた。

でも、このカメラが好きなのです。
思い出が詰まったカメラですからね。

カナダにオーロラを見に行った時に、このカメラを買って持って行きました。別途持って行った一眼レフカメラは零下30度の環境でレンズが軋んで動かなくなり、結局このカメラでオーロラを撮りまくりました。「オーロラ観光大使」としてカナダに行ったはずなのに、現地ではこのカメラで撮ったオーロラ写真やタイムラプス映像をみんなに見せて、まるで「キヤノンの宣伝大使」みたく、勝手にこのカメラをいろんな人にお勧めしてきました。オーロラガイドさんも「このカメラ良いね」って言ってくれましたよ。

先日、南極観測船「宗谷」の乗組員の方にお目にかかった時も、極寒環境でのカメラと写真撮影についていろいろ話が盛り上がり、昔のカメラは電子制御が少ない分極寒でも意外と機能するなんて話をしつつ、僕はこのPowerShot S120に使い捨てカイロを巻きつけてオーロラ撮影をした話などをしてきました。

昨年の、クリエイティブワークショップでも、講師を務めたTOMATOのジョン・ワーウィッカーさんもこのカメラを使ってて、今度発売される写真作品集の中にもこのカメラで撮影した写真が入ってるって伺って嬉しかった。もっとも、そのワークショップの時点では、ジョンさんはもう新しい機種に買い換えてましたがね。

そろそろ、このカメラも寿命のようです。

カナダのオーロラに始まり、結婚10周年のロンドンで10年前に挙式した教会を撮影したり、ニューヨークの街並みとか、昨年のベトナム旅行でも持ち歩くのはもっぱらこのカメラ。数え切れないくらいのブロガーイベントや勉強会、プレスイベントやワークショップも、このカメラで撮影してきました。みんながゴツい一眼レフカメラを携行するフォトウォークでも、僕はこのコンデジですからね。

このカメラとの付き合いは、実は発売前から。キヤノンさんからモニターとしてこの機種をお借りして、まだ発売前のPowerShot S120で写真を撮りまくりました。その時の使い勝手や使い心地が良かったので、オーロラ旅行の直前に自腹で購入したのでした。バッテリーパックも徐々に買い足ししつつ、今は5本。

でも、やっぱりそろそろこのカメラも寿命なので次のカメラを買おうと思っていますが、その前にこのカメラは修理しておきたいなーとも思っています。あちこち壊れてるので、そもそも直せるのか分からないけど。新品交換は嫌なので、直せなかったらこのままかな。



by t0maki | 2016-04-13 12:55 | アート>写真 | Comments(0)
c0060143_13071349.jpg

写真撮りすぎで同期がうまくいかないのでiPhoneの写真を整理しなければなのだけれどその前にDropboxにバックアップとる必要があるんだけど残り3,000枚くらいで容量の上限になってしまったので今度はそちらをローカルに移してアーカイブに入れとく必要があるってところでそれを出先からはできないのでそこで止まってる状況。ヤバイ。

昨日は東京モーターサイクルショーに行ったけどあまり時間がなかったので控えめに500枚程撮影。今日もこれからあちこち行くので、それなりに撮る予定。デジカメのSDカードに入るのは5000枚くらい。古いものから、同期が終わったら削除してる。

今、iPhoneをなくしたり壊したりすると、非常に困ったことになるよな。

by t0maki | 2016-03-27 12:59 | アート>写真 | Comments(0)
c0060143_01395210.jpg

今日の最後は、お台場からの夜景で。今日も良い1日でした。みんな、お疲れ!

写真の整理が全然追いついてないけど、いつの間にかInstagramの投稿数が合計1万超えたみたい。まだまだたくさんあるんだが。

個人的な写真は今のコンデジで十分なのだけど、取材に行くときはやっぱりゴツめのデジイチが良いのかなぁ、とも。僕のNIKONのデジイチは、カナダの極寒撮影でレンズが凍って以来、出番なし。


by t0maki | 2016-03-21 01:38 | アート>写真 | Comments(0)
c0060143_04374470.jpg


映画を観たあと、町で見かけるいろんなものが『スター・ウォーズ』に見えてくる現象に名前を付けたい。


▼パターンとリズム。そこから生まれる調和。
パターンとリズム。そこから生まれる調和。


▼夕暮れ時に来ると、また展示が違って見える。
夕暮れ時に来ると、また展示が違って見える。


▼3Dプリンタも
3Dプリンタも


▼そして、屋上。
そして、屋上。


▼今日はちと寒い。
今日はちと寒い。


▼ビルの中、影絵の人々。
ビルの中、影絵の人々。


▼スターウォーズの映画を観たあとだから、こんな場所も映画の中の景色に見える。
スターウォーズの映画を観たあとだから、こんな場所も映画の中の景色に見える。




by t0maki | 2016-01-19 04:32 | アート>写真 | Comments(0)
c0060143_12225455.jpg

年賀状写真を撮りに、恵比寿にあるフォトスタジオ「75c」の恵比寿19番館へ。75cは、のれん分けをする前の「ライフスタジオ」の時代からお世話になってて、いつの間にかうちの嫁さんもそこで仕事をするようになってたりもして、なんともご縁のあるフォトスタジオです。

一番の特徴は、「自然でさりげなく綺麗な写真」を撮ってくれるってこと。よく写真館でありがちな、いかにもビシッと直立不動で作り笑いな写真ではなく、温かみがあってスタイリッシュな写真を撮ってもらえます。

たとえばこんな写真。
c0060143_1454965.jpg

c0060143_14541345.jpg

本の表紙にしたいような、素敵な写真を撮ってもらえますよ。

というわけで、家族で写真を撮ってもらいつつ、娘の撮影をしてもらっているその横で、おとーさんは手持ちのスマートフォン「Xperia Z5 Premium」でちょこちょこ写真を撮る、と。Xperiaアンバサダーってのをやらせていただいてて、この端末をモニターレビュー用にお借りしているので。

スマホで撮った写真をそのままFlickrにアップしているので、クリックするとオリジナルの写真が見られますよ。

DSC_0690


DSC_0606


DSC_0603


DSC_0609


DSC_0629


娘がどんどん大きく成長しているのが写真から伝わってきて、パパとしてはうれしかったりさみしかったり。

by t0maki | 2015-12-23 14:56 | アート>写真 | Comments(0)
c0060143_09205076.jpg



フランスの裕福な家庭に育ち、7歳から写真を撮り始めたジャック=アンリ・ラルティーグ。
時折写真を雑誌に提供したりなどしていたものの、69歳でMoMAのキュレーターに写真作品を「発見」されるまで、ほぼ無名のアマチュアカメラマンだった、と。

東京・六本木にあるフジフイルムスクエア(FUJIFILM SQUARE)で開催中の『ジャック=アンリ・ラルティーグ 作品展』を見てきました。展示スペースのこじんまりとした一角に作品が並んでるんですが、なんとも躍動感のある写真。子供のころに撮った写真など、まさに「写真を撮る楽しさ」が感じられて、良い作品でしたよ。

カメラが高級だった時代。子供のころから写真に触れられるって素晴らしい。
認められようが世間から無視されようが、つくりたい作品をつくり続けるのって、大事だなぁ、と。

まぁ僕の場合は、単につくるのが好きだから、勝手につくり続けているだけですけどね。


開催期間2015年11月3日(火・祝)~2016年2月1日(月)
12月30日(水)~2016年1月3日(日)は年末年始のため休館です。
開館時間10:00~19:00(入館は18:50まで)  年末年始を除く期間中無休
会場FUJIFILM SQUARE(フジフイルム スクエア) 写真歴史博物館
作品点数25点(予定)
入場料無料
主催富士フイルム株式会社
協力ジャック=アンリ・ラルティーグ財団
企画コンタクト

by t0maki | 2015-12-23 03:48 | アート>写真 | Comments(0)

   
Back to Top