ブログトップ | ログイン
カテゴリ:アート>写真( 246 )

c0060143_09261486.jpg
きちんとこうやってコスプレイヤーさん(レイヤーって略すみたい)と対峙して一対一で撮ったのは始めて。すっごいみんな整然としてて、礼儀正しいのな。

レイヤーさんの前に行列ができてて、長い行列のところとか「最後尾」の札が出てるんだけど、それを持ってるのはスタッフとかじゃなくて普通に写真を撮りたい人が並んだ時に受け渡して、どんどん後ろに渡してく感じ。割り込みとかもなく、きちんとみんな順番を待ってる。

びっくりするのは、カメラの機材ね。この距離でその望遠レンズ!?っていうどでかいレンズつけてる人いたり、そのフラッシュはいったいどうなってんの?みたいなごついやつとか。そもそもカメラがみんなすごいし。中には普通にでかいレフ板を左手で持ちながら右手でシャッターを切る人とか。まぁ、とにかくいろいろすごい。

僕もレイヤーさんを撮るのは初めての体験だったけど、久々にモデルさんと向き合っての撮影はすごく楽しかった。なんか、やたら緊張したせいでポーズの注文とか声掛けとかまったくできなかったけど、今度撮るときは少しコミュニケーションとりながら撮影できたら良いな。
c0060143_09273421.jpg

c0060143_09273883.jpg

c0060143_09274293.jpg

c0060143_09274898.jpg

とにかく、撮られる方も、撮る方も、みんな本気。なんか、ゾクゾクするような感覚。面白いね。最近、ポートレイトとか撮りたいなーなんて思ってたら、意外なところで願いが叶った感じ。いやー、楽しかった。

レイヤーさんたちの集合写真的な撮影会では、みなさん自然な笑顔とかも出てて、そっちの写真とかも好き。なんか、ドキュメンタリー的な感じで準備やメイクみたいなところから撮ると、またもっと面白い写真が撮れそう。

貴重な良い体験でした。




by t0maki | 2017-09-24 09:25 | アート>写真 | Comments(0)
c0060143_19233259.jpg

写真は時々ウソをつく。

「インスタ映え」って言葉をよく聞くようになりましたね。Instagramで人気が出そうなモチーフ選びが大切。で、撮った後の加工もいろいろ盛り込んでくと、次第に現実から乖離していったりもして。
c0060143_19233323.jpg

でもそれって、昔から広告写真でやってることで、レストランに行ってメニューの写真と違う料理が出てきても「そんなもんか」と思うし、インスタ映えするスポットに実際に行ってみたらそうでもないこともあるし。基本的に「幻想を抱くな!」ってメッセージ?
c0060143_19233308.jpg

でもまぁ、作者のフィルターを通してそこに作家の体内で昇華されたイメージをつくりあげるのは、印象派の画家にも似ていて。かならずしもそれが写実的でなくても良いってのはある。その上で、自分らしさとかも出しつつ。写真って面白いよね。



by t0maki | 2017-09-06 19:21 | アート>写真 | Comments(0)
c0060143_09090802.jpg

インスタントカメラを使ったキッズ向けワークショップで、ボランティアスタッフをしてきました。

「夏の3331 こども芸術学校2017」のワークショップのひとつ、『ロモグラフィーのおしゃれなフィルムカメラで撮影するインスタント写真教室』です。

ロモグラフィーのカメラは大好きで、今までLOMO LC-Aのロシア製のオリジナル版とか、ハーフカメラ改造版、CyberSampler、SuperSampler、Pop9、Konstructerなどで撮ってきました。

この日、ワークショップで使ったのは、インスタントカメラの「Lomo’Instant Automat」。撮ったその場で写真が見られるのが、インスタントカメラの良いところですね。魚眼レンズ、クローズアップレンズ、広角レンズと、スプリッツァーも使いつつ子供達みんな思い思いの写真を撮ってました。

今日はこちらで、キッズ向けのインスタントカメラワークショップのお手伝い。久しぶりの3331。
今日はこちらで、キッズ向けのインスタントカメラワークショップのお手伝い。久しぶりの3331。


元中学校の、3331 Arts Chiyoda #3331artschiyoda
元中学校の、3331 Arts Chiyoda #3331artschiyoda


今日はインスタントカメラを使ったワークショップのお手伝いをしに来たよ。 #3331artschiyoda
今日はインスタントカメラを使ったワークショップのお手伝いをしに来たよ。 #3331artschiyoda


写真教室 #3331artschiyoda
写真教室 #3331artschiyoda


ワークショップのオープン準備中
ワークショップのオープン準備中


カメラとレンズとフィルターとインスタントフィルムと。
カメラとレンズとフィルターとインスタントフィルムと。


カメラの説明。フイルムを知らなくても、チェキは知ってる。
カメラの説明。フイルムを知らなくても、チェキは知ってる。


シャッターボタンとところが鏡になって、自撮りもできるよ、と。
シャッターボタンとところが鏡になって、自撮りもできるよ、と。


みんなで、撮りに行こう。
みんなで、撮りに行こう。


屋上でも撮影
屋上でも撮影


いろいろ撮ろう
いろいろ撮ろう


撮った写真を手紙にして完成。マステやシール、ペンなどを使って。
撮った写真を手紙にして完成。マステやシール、ペンなどを使って。


工作タイム!
工作タイム!


撮ったら、べーーーっと横からインスタント写真が出てきて、じわじわ画像が現れるの、良いよねー。学生の頃、Polaroid SX-70でよく撮ってました。楽しいよね。

このロモのインスタントカメラ、良いですね。いろいろ遊べる仕掛けもあって。多重露光とか、自撮り用の鏡とか、フラッシュのフィルターとか。

子供たちの作品を見てたら、僕もこのカメラで作品を作ってみたくなりました。

by t0maki | 2017-07-23 08:59 | アート>写真 | Comments(0)
c0060143_12053262.jpg

東京駅で見かけたゆるキャラ。グリコのお菓子ですね。

c0060143_12053336.jpg

チェコのクリスマスマーケットで見かけたマネキンの頭部。

c0060143_12053498.jpg

同じくチェコにて。プラハの劇場兼博物館施設でつくったマリオネット。

c0060143_12091461.jpg

岡山県赤磐市の映画ロケ地巡りツアーの途中、着ぐるみの衣装をまとったマネキン。

なんとなく、街を歩きながらこういったものをみかけるとついつい写真に撮ってしまう。もしくは、こういったものを見つけるために、街を散策しているのかもしれない。




by t0maki | 2017-06-04 14:24 | アート>写真 | Comments(0)
c0060143_18593103.jpg

「東京の家族写真ダイアローグ presented by おもいでばこ」に参加してきました。会場の朝日新聞メディアラボも3Dプリンターがあったりして、ステキな場所でした。

ゲストは、チャイルド・ボディ・セラピストの蛯原英里さんと、その記事を担当した大平一枝さん。蛯原さんがおっしゃってたように、子供って「今」この瞬間が一番ちっちゃい。どんどん大きくなってくから、今しか撮れない姿を写真に撮っておく、と。デジタルでどんどん撮れる時代ですからね。それをおもいでばこに貯めておいて、みんなで一緒に見たり、気に入った写真をプリントして残したり。さすが、おもいでばこをしっかり普段から活用してる蛯原さんならではのコメント。「ITが苦手」とおっしゃる大平さんに代わって、蛯原さんがおもいでばこ操作する場面も。

写真に思い出を残し、それをカメラやスマホに入れっぱなしではなく、きちんとみんなで見て思い出を共有したい。そのために、おもいでばこが役に立つ、と。

というわけで、「おもいでばこアンバサダー」としてイベントに参加。特別に写真も撮らせていただきました。


今日は、こちらのイベントへ。 #おもいでばこアンバサダー #東京の家族写真 #朝日新聞社メディアラボ
今日は、こちらのイベントへ。 #おもいでばこアンバサダー #東京の家族写真 #朝日新聞社メディアラボ


本日の主役。
本日の主役。


おもいでばこについて、トーク。 #東京の家族写真 #朝日新聞社メディアラボ #おもいでばこ #おもいでばこアンバサダー
おもいでばこについて、トーク。


思い出のアルバム。 #おもいでばこアンバサダー #東京の家族写真 #朝日新聞社メディアラボ
蛯原さんの、思い出のアルバム。


蛯原さんのアルバム。双子当てクイズ! #東京の家族写真 #朝日新聞社メディアラボ #おもいでばこアンバサダー #おもいでばこ
家にゲストが来たときに双子当てクイズをしたらしいよ。


大平一枝さん。 「東京の家族写真ダイアローグ presented by おもいでばこ」にて。
大平一枝さん。


抽選会 #おもいでばこアンバサダー #東京の家族写真 #おもいでばこ #朝日新聞社メディアラボ
抽選会もありました。


バッファローの竹内さんと、小粥さんの紹介スライド。このイラストは! #おもいでばこアンバサダー
バッファローの竹内さんと、小粥さんの紹介スライド。この似顔絵イラスト知ってる!


イベントについての詳しい記事は、朝日新聞デジタル&wのサイトにも掲載されています。 僕もたまに記事内の写真に写ってます。

と、蛯原英里さんが書かれたブログ記事がこちら。


そして、イベントに参加された「おもいでばこアンバサダー」さんたちの記事も!

写真を撮って → 整理して → 保管して → みんなで見るっていう、この一連の昔ながらのアルバムの流れが、「おもいでばこ」によってデジタル写真でも可能になる、と。ますます写真の魅力を体感することができた、良いイベントでした。

by t0maki | 2017-05-13 18:53 | アート>写真 | Comments(0)
c0060143_22025412.jpg
フォトアルバムサービスの「board」を使って、いくつかアルバムをつくってみました。

まずは、こちら。ドイツ製の「Exakta VX」っていう骨董カメラで撮った写真。もちろん、銀塩フイルムカメラです。かなり個性的なカメラで、シャッターが左についてたり、フイルムをカットする機構があったり。基本的に上から覗いて撮影します。戦後を描いた映画などによく小道具として登場したりもする、一眼レフのハシリのカメラ。

続いては、富士フイルム製の「連写カルディア ビューン16」というカメラで撮影した写真。カメラの名前にあるとおり、連写ができるカメラです。しかも、2コマを使って16連写ができるっていうモンスターカメラです。ゴルフの練習用に発売されたカメラのようですが、今ではなんとも不思議なカルトカメラになっています。

最後は、Lomography社の楽しいトイカメラCyberSamplerで撮影した4連写真のアルバムです。レイアウトの都合上、1ページに2枚ずつ写真を掲載しています。しばらくずっと使っているうちに、動きのある被写体を撮ると面白い写真が撮れることがわかり、しまいにはカメラをぶんぶん振り回したり、放り投げたりしながら撮影してました。プラスチック製の見た目がチープなカメラですが、かなり楽しめます。
というわけで、カメラごとにいくつかフォトアルバムをつくってみました。こうして、アナログのフイルムで撮影した写真をデジタル化して、改めてオンラインのフォトアルバムにするっていうのも、なかなか面白い作業です。ちょっとアルバム作りにはまってきました。




by t0maki | 2017-05-02 22:16 | アート>写真 | Comments(0)
c0060143_21424612.png
これも、ちょっとした実験。インスタグラムに投稿する写真を、もうちょっと構成を考えたりレイアウトを整えたりして、雑誌のような表現ができないか、と。
インスタグラム自体の解像度と、それからSNSでシェアされたときの感じとかをちょっと確かめつつ。

ここまで文字が小さいと環境によっては読めなくなるけど、文字と写真を組み合わせるのは、アリだと思う。
ページをまたいで読ませようとすると、ばらばらにシェアされたときに意味が分からなくなるので、あくまでもページごとに完結、ですね。
カードみたいな感じで読ませるのが良いかもしれない、と思いつつ。

まぁ、とりあえず実験。





by t0maki | 2017-05-02 21:48 | アート>写真 | Comments(0)
c0060143_15364562.jpg

PHOTOPRESSOっていう、Canonのフォトブックサービスのクーポンをいただきまして、でもって割引キャンペーンもやってたので、両方使ってかなりオトクにフォトブックを注文しました。

c0060143_15364534.jpg
週末の創作活動系の写真をいろいろまとめました。この写真は、3331 Arts Chiyodaで開催された「かえっこバザール」というイベントで、エコ封筒作りの工作ワークショップを担当したときのもの。娘も手伝ってくれました。


c0060143_15364626.jpg
チェコ共和国を訪れたときに撮影した写真を、片っ端からプリントして、自宅でプチ写真展をやったときの様子を写真に撮り、さらにそれをフォトブックに収録するという、なにやら写真つながりでどんどん展開していく感じで。これはこれで、ね。

▼Webブラウザーから、制作中の画面
c0060143_13532673.png
▼ページごとに、レイアウトを選ぶことができます。
c0060143_13533043.png

仕上がりも、なかなか良い感じ。写真プリントというより、雑誌なんかの印刷に近い仕上がりですよね。
またキャンペーンとクーポンがあったら、つくってみようかな。





by t0maki | 2017-04-05 19:00 | アート>写真 | Comments(0)
c0060143_02205194.jpg

今年、建国150年のカナダ。赤坂にあるカナダ大使館では現在、カナダ観光局との合同企画として、大使館施設の地下二階にある「高円宮記念ギャラリー」にて写真展「笑顔でつながるカナダ」を開催中。

カナダ大使館での祝賀イベントでは展示を見る機会があまりなかったので、その翌日に観に行きました。カナダの「笑顔」がたくさん。

入場無料。ただし、施設内に入るためには、身分証明書が必要です。 #lovecanada150
入場無料。ただし、施設内に入るためには、身分証明書が必要です。 #lovecanada150


カナダは今年、建国150周年。 #lovecanada150
カナダは今年、建国150周年。 #lovecanada150


ビルの隙間から東京タワーが見えますね。 #lovecanada150
ビルの隙間から東京タワーが見えますね。 #lovecanada150


エスカレーター。
エスカレーター。


会場、今回は写真OKみたい。 #lovecanada150
会場、今回は写真OKみたい。 #lovecanada150


写真展「笑顔でつながるカナダ」は、高円宮記念ギャラリーにて4月28日まで。 #lovecanada150
写真展「笑顔でつながるカナダ」は、高円宮記念ギャラリーにて4月28日まで。 #lovecanada150


プロモーションの一環としての写真展なので、気楽に理屈なく楽しめる感じの展示です。落ち着いた雰囲気の中、カナダの写真を堪能しました。

4月28日(金)まで。


写真展「笑顔でつながるカナダ」
【公式サイト】
日時:2017年3月9日(木)~4月28日(金)
平日:午前10時から午後5時半まで
土、日、3月20日(月)、4月14日(金)、4月17日(月)は休館
場所: カナダ大使館高円宮記念ギャラリー
(東京都港区赤坂7-3-38 地下鉄「青山1丁目」駅より徒歩5分)
入場: 無料
※入館には身分証明書が必要


by t0maki | 2017-03-13 02:18 | アート>写真 | Comments(0)
c0060143_02582891.jpg

渡米留学した当初僕は、人類学(Anthropology)のヒューマン エコロジー学科に所属してたんですよ。でも、「それってどんな学問なの?」って聞かれてもうまく答えられない。なぜなら、その専門領域のクラスを受講する前に、アート学部に転部してしまったから。

スッゲーおもしろいアートのクラスを受講してね。それがきっかけでどんどんアートのクラスを受講してたら、転部しないと卒業できないくらいくらいにまでどっぷりとアートに浸かってた。

その転部のきっかけになったアートのクラスの教授が、まさに映画『セッション』に登場する先生にそっくりな感じなのですよ。見た目ではなく、雰囲気や教え方がね。まぁ、あんなに怖くはなかったけど、でもまぁ十分厳しかったな。というようなことを、映画を観ながら思い出してました。

良い先生に出会うと、クラスとか関係なしに自分から研鑽を積むよう努力するようになって、その後の人生も変わってくる。ちょうど2年前のクリエイティブワークショップもそんな感じだったな。tomatoのジョン・ワーウィッカー先生も、まさにこの映画に出てくる先生みたいな雰囲気(もっと穏やかだけど、クリエイティビティに対する感性と情熱はすごく似ている)。

たくさん恩師がいるってのは、幸せなことだ。いつか僕も、今まで教わってきたことを、今度は誰かに教えられるようになりたいと思う。

by t0maki | 2017-03-04 02:24 | アート>写真 | Comments(0)

   
Back to Top