ブログトップ | ログイン
カテゴリ:ライフスタイル>フード・酒( 39 )

c0060143_00190026.jpg

午後3時ごろに、ようやく遅めの昼食。ランチ時間には行列ができるこのパスタ屋さんも、さすがにこの時間は客もまばら。営業職っぽい中年サラリーマンと、カルチャースクール帰りらしいおばさん集団。

青山一丁目から直結している双子のビルが僕の職場。その地下がレストラン街になっていて、そのどれかの店で食べることが多い。日替わりパスタをプラス100円で大盛りにしてもらった。

しばし待つ。

バッテリー無料貸し出しの張り紙を眺める。面白いサービスだなと思った。電源コンセントよりもピンポイントに確実に必要な人が使えるし、これがあると知ってたらここに来ようかという気にもなる。「ワイファイあります」よりも「モバイルバッテリーを無料で貸します」の方が、サービスとしてはありがたいよなぁと思った。

ケーブルは貸してくれんのかな?
アンドロイドとiPhone、両方のケーブルある?
もし、ケーブルは自前だったら嫌だな。なんか、モバイルバッテリーを持たずにケーブルだけ持って来たりしたら、電源狙いの浅ましい人に見られそう。古すぎる旧式iPhoneのケーブルもあるんだろうか?そもそも、このレンタルバッテリーをくすねる人も出て来そう。

なんてことを考えてたら、パスタが届いた。おばちゃんたちは食べ終わっても一向に帰る気配もなくおしゃべりを続けている。隣席の中年サラリーマンは、ものすごい音を立ててソバをすするような勢いでパスタを食べてる。

一瞬、そのレンタルバッテリーを借りてみようかとも思ったけど、食後のコーヒーを飲む頃にはもうすっかり全部忘れて思い出すこともなかった。


by t0maki | 2017-03-01 00:15 | ライフスタイル>フード・酒 | Comments(0)
c0060143_22240155.jpg

「渋谷肉横丁」でジムビームのコラボをやってるっていうんで行ってきたんですけどね、なんかすげーカオスで面白かった。屋内に屋台がどやどや並んでる中で、おっさんグループや若者たちが肩を並べて飲んでんの。

この場所で「渋谷ビームハイボール横丁」っていう、10日間限定のイベントをやるってことらしい。期間中は、ジムビームのソーダ割りにレモンを搾った「ビームハイボール」を390円で提供したり、各店舗の名物とコラボした1,000円のセットメニューなども。

渋谷肉横丁と、ジムビームが、10日間限定のコラボ企画。「渋谷ビームハイボール横丁」 #ジムビーム #渋谷肉横丁 #渋谷ビームハイボール横丁
渋谷肉横丁と、ジムビームが、10日間限定のコラボ企画。「渋谷ビームハイボール横丁」 #ジムビーム #渋谷肉横丁 #渋谷ビームハイボール横丁


これを頼みました。ホントは肉天爆を頼んだのですが、売り切れだったみたい。 #ジムビーム #渋谷肉横丁 #渋谷ビームハイボール横丁
これを頼みました。ホントは肉天爆を頼んだのですが、売り切れだったみたい。 #ジムビーム #渋谷肉横丁 #渋谷ビームハイボール横丁


肉天国の「うにく」、美味い。 #ジムビーム #渋谷肉横丁 #渋谷ビームハイボール横丁
肉天国の「うにく」、美味い。 #ジムビーム #渋谷肉横丁 #渋谷ビームハイボール横丁


店員さんと話をしたら、「今日はサントリーの社員さんがたくさん来店してる」っておっしゃってました。初日ですからね。
店員さんと話をしたら、「今日はサントリーの社員さんがたくさん来店してる」っておっしゃってました。初日ですからね。


僕が訪れたのは、渋谷肉横丁の中にある、「肉天国」ってお店。プレスリリースの情報で見つけた「肉天爆」を目当てに行ったんだけど、売り切れてたみたいで、代わりに「うにく」っていうウニと肉とシソとシャリを組み合わせたメニューをいただくことに。これ、めちゃうまいな。ウニとシソの香りとともに、肉の旨味もしっかりあって、お酒が進むわー。

もうちょい呑みたかったけど、今日は一杯で退散。1000円のセットを頼んで、サービス料500円と消費税とで1620円でした。雰囲気も面白いし、良いね。

初日のプレス向けイベントでは、CMに出演してるローラさんが登場して、大勢の記者さんの前でジョッキとボトルを持って撮影タイムなど。撮影時間長くて、あれは筋肉痛になりそうだな、とか。

「渋谷ビームハイボール横丁」は、渋谷肉横丁にて、2月25日(土)まで。


by t0maki | 2017-02-16 22:13 | ライフスタイル>フード・酒 | Comments(0)
c0060143_23022417.jpg
あったあった、そういえばノビルって野草。懐かしい。

漢字で書くと、「野蒜」なんだ。小さい頃、道端に生えてるのを摘んできて、味噌で炒めてもらって食べたりしたよ。そんなに美味しいものでもないけど、普通に食べられる野草。葉っぱの見た目はニラっぽいけど、土に埋まってる部分がプクッと白くなってて、ちっちゃな玉ねぎみたいな感じ。

フォト素材で写真を探してみたら、花が咲いてるノビルの写真が見つかった。こんな花が咲くんだ。

長ネギとか、よく先っちょにネギ坊主が出来た後にぶわっと咲くけど、ノビルの花はなんか意外とおしとやかな感じだね。

ネギ坊主(ネギぼうず)は、ネギ科の植物によく見られる聚繖花序のこと。小さな6弁花が数十輪から場合によっては千輪以上がほぼ球形に集まって咲く。
ネギ坊主

メルマガを読んでたら、「のびる」がお題として出てたので、「野蒜(ノビル)」について書いてみた。

ノビル、のびーる。

そんだけ。


by t0maki | 2017-01-26 23:02 | ライフスタイル>フード・酒 | Comments(0)
c0060143_22433137.jpg

こないだ駄菓子屋で買ったんだけどね、この「あたり前田のクラッカー」。

知ってる?このクラッカー。最近、時々駄菓子屋で見かけるんだけど、僕が小さい頃はあまり見なかった。多分、僕らの親の世代なんだよね。CMとかにもなってたらしく「あったりまえーだーのクラッカー♪」なんて節つけて歌うやつとか、よく分からないけど。リバイバルで復活したんだろうか?地下駄菓子としてしばらく息を潜めてたけど、最近敵を倒して表舞台に復帰したのかね?どこに潜伏してたんだろうか?

そういえば、埼玉にある秩父線に「小前田」っていう駅があって、そこを通る時に観光客が「お前だー!お前だー!」って言い合うのは、地元の人にとってはウザいだけだったりするので気をつけてね。あと、「御花畑」って駅もあるけど、別に駅舎はフツーです。

なんの話だっけ?

あぁ、あたり前田だ。クラッカーな。

by t0maki | 2017-01-24 22:37 | ライフスタイル>フード・酒 | Comments(0)
c0060143_13153810.jpg
無人販売所に「八つ頭」っていう謎の野菜があったので、その正体も分からないまま購入してみた。ゴツゴツしていて、見ようによってはユリ根みたいな大きさと形。どんな味がするのか、どんな料理に使えるのか、調理法も全く分からないけど、つくるときに調べればなんとかなるか、と。

富山県 南砺市の里山にある一軒家でプチ移住&農業体験をしてた時のこと。元農家の建物を改装した宿泊施設で、キッチンにはひととおり基本的な調理器具はそろってる。

c0060143_13153875.jpg

c0060143_13153961.jpg

c0060143_13154039.jpg
「八つ頭(ヤツガシラ)」の正体がいったい何なのか、調べてみたら里芋の一種とのこと。名前に末広がりの「八」の字が入っていることから縁起物とされていて、関西などでは正月のお雑煮に入れるところもあるらしい。僕が知らなかっただけで、結構一般的な野菜なんですね。なんか見た目は、「ヤマタノオロチの化石」みたいな感じですが。

というわけで、とりあえず煮物にしてみた。自宅へのお土産用に買っていたアゴ出汁パックを使い、水と醤油と、飲む用に買っておいた地酒を適当に鍋に入れて、皮をむいて切ったヤツガシラを投入。あとは煮るだけ。


▼レシピ
[材料]
ヤツガシラ ・・・ 3個
あごだし ・・・ 1包
醤油 ・・・ 適当
日本酒 ・・・ 適当
[つくり方]
ヤツガシラの皮をむいて切って、全部鍋に入れて煮るだけ。


火が通ったところで食べてみると、適度なぬめりはありつつ、里芋よりもホクホクした感じで、これはめっちゃ美味い。普通に蒸したり茹でたりもアリだと思いますが、ポテトサラダとかコロッケをこれでつくってみたら、和風の感じで面白いのができそう。シャキシャキのレンコンと、歯ごたえのあるこんにゃくと、そしてこのねっとりホクホクのヤツガシラを組み合わせて、鶏肉も加えたらおいしそうな筑前煮ができますね。グラタンも良いかなぁ、とちょっと思った。

なんて空想料理を考えつつ、美味しい富山の地酒を飲みつつ、里山の夜は更けていくのでした。


ちなみに、翌日の朝、このヤツガシラの煮物に前日残しておいた刺身をドカッと入れて、ご飯と一緒に食べました。これも美味かった。
c0060143_13154025.jpg



by t0maki | 2017-01-20 21:13 | ライフスタイル>フード・酒 | Comments(0)
c0060143_18501604.jpg
『"食材救出人"ダーヴィドと世界のフードロスと食の未来を考えるシンポジウム』に参加してきました。
イベントを当日のTweetで振り返ります。
c0060143_18501757.jpg

さて、今日はこちらへ。「0円キッチン」の監督が来日してるということで。プレビューとトークイベント。 『"食材救出人"ダーヴィドと世界のフードロスと食の未来を考えるシンポジウム』 楽… ift.tt/2jDwCxV pic.twitter.com/Hu6CauTnbD
posted at 18:50:29


ズッキーニの話は、そのまま日本のキュウリの話につながるよな。 #フードロスチョッピングパーティ、楽しそう。
posted at 19:29:02


5人で始めたWaste Divingの活動が、今は500人に。なるほど。日本でも誰かやるかな? #フードロス

posted at 19:35:43


パタゴニア プロビジョンズ www.patagonia.jp/provisions
posted at 20:01:57


短編映画『Unbroken Ground(未開の領域)』 | パタゴニア プロビジョンズ www.patagonia.jp/unbroken-groun…
posted at 20:18:30


Long Root Ale : 着るから「食べるパタゴニア」 アウトドアのパタゴニアが”食”を日本で販売開始!【… - NAVER まとめ matome.naver.jp/m/odai/2147703…
posted at 20:25:34


廃棄されるパンを使って、ビールづくり!そういう話を聞きたかった。イギリスでの試み。 #フードロス

posted at 20:52:35


Long Root Aleも気になるね。カンザという穀物をポートランドのブルワリーでつくってるらしい。
posted at 20:54:10


あ、この本か。 道元「典座教訓」 ドゥーガンって誰?って思った。
posted at 20:57:14


食材を材料として、料理を作品とする。それって面白いな。ガストロノミーの世界だよね。
posted at 20:58:35


廃棄の是非もあると思うけど、畑の土への循環も大切だと思った。

posted at 21:05:06


面白かった。冷蔵庫から、勿体無いの社会、企業としての取り組みと、ドキュメンタリー映画についてまで。というわけで、続きは映画館で。
posted at 21:19:33


そこで、考えてみたくなるのは、食べ物と食べ物でないものの境界線。ある人はトウモロコシのヒゲは食べ物だという。でもみんなは捨ててしまう。虫を食べる人もいる。あ、虫入りチョコレート、食べてみたい。
posted at 21:24:39


そういえば、昔友達の家で虫入りチョコを食べたことあるよ。単に虫が湧いてただけ。ちょいと、トラウマ。
posted at 21:25:29


で、あれだな。賞味期限を守るべきか問題。さすがに自然発生の虫チョコは論外として、いつまで食べ物が食べ物で、いつからゴミになるのか。で、一度ゴミになったとして、そこから循環させる方法はあるのか。
posted at 21:26:58


そこで面白いのが、捨てられたパンでつくるビール、と。ゴミが素材となって、新しい食料になる、と。
posted at 21:27:49


イメージとしては、コマのように回転してバランスが取れた状態が理想的なのだと思う。つくるものと、消費されるものとのバランス。きちんと、土から生まれたものが土に還るのかも含めて。
posted at 21:32:09



by t0maki | 2017-01-18 18:49 | ライフスタイル>フード・酒 | Comments(0)
c0060143_13291770.jpg
スーパーの刺身バイキングで「フクラギ」ってのが売ってて、なんだかよくわからないけど買ってきたら美味かったって話。
富山県の南砺市にプチ移住&農業体験したときに、キッチン付きの一軒家に宿泊したんですよ。で、夕飯の食材をスーパーに買いに行って、朝どれのフクラギの刺身が美味そうだな、って。冒頭の写真のやつなんですけどね。

富山県の「県の魚」に指定されているブリに似てるなぁとは思ったのですが、まさかブリの若い頃の名前がフクラギだったとはね。出世魚のブリは、稚魚から成魚になる過程で名前が変わる、と。

コゾクラ → フクラギ → ガンド → ブリ

北陸地方での呼び名らしいですね。

っていうか、スーパーでフクラギとブリが両方売ってて、フクラギの方だけ買ってきたんだけど、そうと知ってればブリも一緒に買って食べ比べしたかったな。



by t0maki | 2016-11-23 21:25 | ライフスタイル>フード・酒 | Comments(0)
c0060143_16192755.jpg

航空集配サービス株式会社のモニターに参加して、「マンジー カラマンシーストレート果汁100%」をいただいたので、料理に使ってみました。マリネソースに浸け込んで、フライパンで焼くだけの簡単料理。カラマンシーの酸味と、ハチミツの甘さが、チキンとよく合いますよ。
普段料理をするときあまり計量とかしないのですが、今回はレシピを投稿しなければならないので、頑張ってそれらしく材料と量などを記録しつつ。こんな感じ。

『チキンのハニーカラマンシー焼き』
[材料]
鶏もも肉 ・・・ 300g
オリーブオイル ・・・ 大さじ2
にんにく ・・・ 1片
白ワイン ・・・ 大さじ1
▼マリネソース
マンジー カラマンシーストレート果汁100% ・・・ 大さじ2
ハチミツ ・・・ 大さじ1
ローズマリー ・・・ 2枝
塩 ・・・ 小さじ1
こしょう ・・・ 少々

マリネソースの材料を全部混ぜ、そこに鶏もも肉を漬け込む。
ソースが肉にしみこんだら、オリーブを熱したフライパンに、ニンニクで香りづけしてから鶏もも肉を投入。火が通って焦げ目がついたら完成。盛り付けの時に、ローズマリーを載せるとちょっとおしゃれ。

c0060143_16192868.jpg

c0060143_16192840.jpg

詳しくは、Cookpadに載せてます。

チキンのハニーカラマンシー焼き

カラマンシーは「フィリピンレモン」とも呼ばれ、フィリピンや東南アジアで親しまれている柑橘系の果物。今回、航空集配サービス株式会社さんより「マンジー カラマンシーストレート果汁100%」をサンプリングとしていただいたので、初めて料理に使ってみました。
味は、酸味が強いですが、レモン果汁に比べて苦みが少なくさっぱりしている印象。沖縄では、シークヮーサーの代用としても使われているようですね。料理に使ったり、レモネードのようにドリンクにしたりも。

マンジーカラマンシーレシピ
国内ブランドサイト



ブログで口コミプロモーションならレビューブログ


by t0maki | 2016-11-14 09:12 | ライフスタイル>フード・酒 | Comments(0)
c0060143_10191489.jpg

レフェリーが現れ、僕の目を見て「うん、君は酔ってるね」って判定されるくらいには酔っ払っているようです。泡、白、赤、貴腐と、次々と出てきて継ぎ足されるワインが美味しすぎてね。さらに料理が次々と出てきて美味しすぎてね。なんというか、至福なワケですよ。
自分で撮った写真が「お前、ゼッテー酔ってるだろ」のクオリティになってて、面白い。

そんな月曜の夜。

▼恵比寿の、le Lion
恵比寿の、le Lion


▼この頃はまだ酔ってない。
この頃はまだ酔ってない。


▼生ハム
生ハム


▼セロリの根、トンタン、トンソクなど。
セロリの根、トンタン、トンソクなど。


▼スモークサーモン
スモークサーモン


▼マッシュルームのソテー。
マッシュルームのソテー。


▼ムール貝の白ワイン蒸し。白ワインと合う! #ワイン会 #lelion #恵比寿
ムール貝の白ワイン蒸し。白ワインと合う! #ワイン会 #lelion #恵比寿


▼この頃んなるともうかなりの酩酊状態。
この頃んなるともうかなりの酩酊状態。


▼Drunk them all and more. #ワイン会 #lelion #恵比寿
Drunk them all and more. #ワイン会 #lelion #恵比寿


▼カモ肉!
カモ肉!


▼最後に、くるみのタルト。美味しかった!
最後に、くるみのタルト。美味しかった!


▼貴腐ワインの頃には、世界がグルグル回ってる感じ。やっぱり美味しいね。
貴腐ワインの頃には、世界がグルグル回ってる感じ。やっぱり美味しいね。


▼和菓子、キレイ。
和菓子、キレイ。


▼Having a good time. #ワイン会 #恵比寿 #lelion
Having a good time. #ワイン会 #恵比寿 #lelion


恵比寿のle Lion、以前会社がこの近くだった頃、この前を何度も通ってたはずなのですが、お店に入ったのは初めてだと思う。気さくで、楽しい雰囲気の、素敵な飲み会でした。

■ワインリスト
スパークリングワイン

・キュヴェ・ゼロ メトード・クラシコ エクストラ・ブリュット ドサージュ・ゼロ(カッシーナ・キッコ)

白ワイン
・ソーヴィニヨン・ブラン ヴァレ・デ・レンゴ 2015 (トレオン・デ・パレデス)
・サン・トーバン 2003(ルイ・ラトゥール)

赤ワイン
・コメ 2013(ヴィッラ・アンナベルタ)
・サヴィニ・レ・ボーヌ 1999(アンナトン・ロデ)
・シャトー・カマンサック2009(ボルドー格付第5級

貴腐ワイン
・ルピアック・ゴーディエ 2011(ボルドー)

今回のワインは、奈良県のワイン専門店「サン・ヴァンサン」の方が選んで持ってきてくれたもの。「le Lion」では通常扱ってませんのであしからず。
サン・ヴァンサンでは、オーナーが厳選した1,000種類以上のワインを保管しているとのこと。併設のワインバーも。奈良に行った際は、立ち寄ってみよう。



by t0maki | 2016-10-25 10:15 | ライフスタイル>フード・酒 | Comments(0)
c0060143_22311894.jpg

伊香保の帰り、三好サービスエリアに立ち寄ったら野菜の直売所がありました。そこでザクロが売ってたので、2つほど購入。

ザクロって、造形が素晴らしいよね。色も、形も。絵に描きたくなる感じです。

▼昨日買ってきたこれ
昨日買ってきたこれ


▼ザクロだよ
ザクロだよ


▼ザクロって、本当に絵になる食べ物ですよね。
ザクロって、本当に絵になる食べ物ですよね。


ちょっと酸味があって、自然そのままの味で美味しい。種は食べなかったけどね。


by t0maki | 2016-10-18 20:23 | ライフスタイル>フード・酒 | Comments(0)

   
Back to Top