ブログトップ | ログイン
カテゴリ:アンバサダー( 46 )

c0060143_16290589.jpg

「くりかえし原点、くりかえし未来。」

すごいなー。お客様から寄せられた意見やコメントをきちんと受け止めるって、決して簡単なことではない。特に、大きな企業やメーカーになると、寄せられる意見の数も多くなってくる。それをスルーしないのは社内の仕組みとか、やる気とか、そもそもお客様を大切にする気持ちとか、いろんな要素が必要になってくる。きちんとやろうとすると、すごくたいへんなことですよ。
c0060143_16290645.jpg

無印良品を展開する、株式会社良品計画の「くらしの良品研究所」がアンバサダーアワード2016を受賞したので、その受賞スピーチを聞いてきました。良品計画では、以前からご意見箱的なサービスは提供していたそうです。しかし、当初はそこに寄せられたコメントは基本的に一般公開はせず、クローズドだったそうです。しかし、対応の結果を公開する目的で、2012年に「ご意見パーク」をオープン。お客さんからのご意見を集めて、その対応について公開していったそうです。この時はまだ、お客様のご意見をピックアップする形で一部だけ公開していたそうです。

そしてそのご意見パークは2014年1月に「IDEA PARK」として進化。そのリニューアルしたタイミングで、お客様から寄せられた全てのご意見を公開するようにしたとのこと。これって、すごいことですよね。どんな意見もまず公開する、と。昨年は年間4000点の意見が寄せられ、その結果として200点以上の商品が見直されたり改善されたそうですよ。

お客さんときちんと向き合って、その声をきちんと受け止めて、それを商品開発に結びつける。やっぱりさすがだなー、と思いました。

今回の「アンバサダーアワード2016」では、株式会社良品計画の「くらしの良品研究所」以外にも、合計8社のアンバサダープログラムが受賞しました。

・ピカ☆ママ コミュニティ(花王株式会社)
・それいけ!じゃがり校(カルビー株式会社)
・カンパイ会議(キリン株式会社)
・Xperiaアンバサダープログラム(ソニーモバイルコミュニケーションズ株式会社)
・KFCアンバサダープログラム(日本ケンタッキー・フライド・チキン株式会社)
・ネスカフェ アンバサダー(ネスレ日本株式会社)
・CLUB Panasonic(パナソニック株式会社)
・くらしの良品研究所(株式会社良品計画)

アンバサダーマーケティングについて、先ほどひとつ前の記事にも書きましたのでそちらもぜひ。


■関連記事&リンク
アンバサダーのアンバサダーとしてアンバサダーの魅力を伝える : 日曜アーティストの工房

『アンバサダープログラムアワード2016』に参加中 #アンバサダーアワード : 日曜アーティストの工房

アンバサダープログラムアワード Ambassador Program Award 2016 - Agilemedia Network, inc.

アンバサダープログラムアワードの受賞企業8社を発表|アジャイルメディア・ネットワーク(AMN)

by t0maki | 2016-08-29 16:30 | アンバサダー | Comments(0)
c0060143_15591637.jpg

お客様との接点を増やすこと。モノやサービスを売って終わりではなく、その後もお客さんと良好な関係を築いて、コミュニケーションをとりながらブランドや商品の価値を高めていくということ。商品を通してお客さんとの「絆を深める」ということですね。

「アンバサダーマーケティング」っていう、広告・PRの考え方。ブログやソーシャルメディアの台頭によって、ひとりひとりが情報発信をするようになり、消費者やユーザーの発信力が高まったことが背景にあるけど、昔から「口コミ」や「評判」ってネットが無い時代からもあったことだし、「お客様を大切にしよう」っていう姿勢は新しいものではない。ただそこに「アンバサダー」っていう名前をつけて、マーケティング施策として体系化して効果測定も含めて現場で使える手法として仕組化・サービス化した立役者がアジャイルメディア・ネットワーク(AMN)社、と。

というわけで今回、AMN社が主催の『アンバサダープログラムアワード2016』に参加してきました。最前列のプレス席で、前向き前のめりな感じで。

「アンバサダー」について、もうちょい補足を。そもそも、アメリカで「Brand Advocates」という、商品の「ファン/サポーター」を巻き込んでマーケティングを展開しようっていう考え方が一般的に知られるようになったのは、Rob Fuggettaさんが『Brand Advocates: Turning Enthusiastic Customers into a Powerful Marketing Force』っていう本を出版した2012年頃から。その流れを受け、日本ではこの書籍の日本語訳が『アンバサダーマーケティング』というタイトルで2013年に刊行されました。ちなみに、この日本語版を監修したのが、AMNの藤崎実さん。

この時に、「Advocates」という言葉が「アンバサダー」に置き換えられたのは、このアドボケイツという言葉が日本になじみがなく、すでにアンバサダーという言葉の方が一般的に使われていたため。ただ、それ以前から使われていた「アンバサダー」という呼称については、いわゆる企業が有名人を起用した「タレントアンバサダー」的なニュアンスがあって、ちょっと意味合いが違っていた。一方で、商品の専門家は伝道師という意味の「エバンジェリスト」であったり、ユーザーとは異なる情報拡散の影響力がある人を「インフルエンサー」と呼んだり、いろんなワードは存在していた。「マーケットメイブン」なんてのもありましたね。

とにかく、今回の「アンバサダープログラムアワード」は、それらのタレントアンバサダーとは一線を画すもの、とだけ理解していただければ。というわけで、ユーザーやファンを主軸にした「アンバサダー」施策を展開している企業のうち、優秀だと評価された8社が今回「アンバサダープログラムアワード」を受賞しました。


■アンバサダープログラムアワード2016 受賞企業一覧
c0060143_15591652.jpg

・ピカ☆ママ コミュニティ(花王株式会社)

・それいけ!じゃがり校(カルビー株式会社)

・カンパイ会議(キリン株式会社)

・Xperiaアンバサダープログラム(ソニーモバイルコミュニケーションズ株式会社)

・KFCアンバサダープログラム(日本ケンタッキー・フライド・チキン株式会社)

・ネスカフェ アンバサダー(ネスレ日本株式会社)

・CLUB Panasonic(パナソニック株式会社)

・くらしの良品研究所(株式会社良品計画)

各社、自社の取り組みについて、約10分程度の講演を行いました。そして、この中からさらに大賞を受賞したのは、ネスカフェアンバサダーでした。おめでとうございます!

■「アンバサダー」について思うこと
僕は「アンバサダーマーケティング」について非常に興味を持っていて、いわば「アンバサダーのアンバサダー」だったりします。実際に、いろいろアンバサダープログラムにも参加していて、イベントに参加したり、ブログやSNSで情報を発信したりもしています。

自分が参加しているアンバサダープログラムについて、ちょっと前に記事を書いてまとめてみました。
アンバサダーのアンバサダーとしてアンバサダーの魅力を伝える : 日曜アーティストの工房

ここから半年以上経って、さらにいくつかアンバサダーになりました。
山ほどアンバサダープログラムに参加してみて思うこと。

個人的には、商品を愛してくれてる人を招待や接待として「お客さん」としてもてなすのではなく、「身内」っていう感じで仲間や味方として扱ってくれるアンバサダー施策は参加していて楽しいです。商品開発の現場を見学しつつ、PRや広報担当ではなくて本当の商品をつくってる担当者と直接話をしながら、自分の好きな商品について語れる機会があると、参加したかいがあります。中には、延々と商品情報をプレゼンして、なんなら商品を売りつけようとするアンバサダープログラムもあったりします。アンバサダーとは名ばかりの、メルマガ会員でしかなかったり。そういうのは、参加してても全然楽しくないし、商品情報を並べ立てて「拡散してください!」って言われてもなんだかなぁ、という感じ。

というわけで、今後も良質なアンバサダープログラムがどんどん増えて行けば良いなぁと思う次第です。引き続き、いろいろなアンバサダーに参加しつつ、記事を書いていきますよ。


■関連リンク
アンバサダープログラムアワード Ambassador Program Award 2016 - Agilemedia Network, inc.

アンバサダープログラムアワードの受賞企業8社を発表|アジャイルメディア・ネットワーク(AMN)

by t0maki | 2016-08-29 14:39 | アンバサダー | Comments(0)
c0060143_19393651.jpg

ベストカーアンバサダー」のステッカーをいただきました!

車メーカーさんのWeb制作案件を担当していたことがあったので、車には興味がある方なのですが、いかんせんゴールド免許がデフォルトのペーパードライバー。アメリカでの運転に慣れてしまったので、国内で左側通行&右ハンドルが怖すぎて……。

昨年、カーシェアリングの体験の企画で、国内の道路を普通自動車では10年以上ぶりに運転したのですが、これがめっちゃ緊張。今年は、初夏の北海道をレンタカーで運転しましたが、まだ慣れないっす。

徐々に、車にも慣れてかないとなぁと思いつつ。バイクの免許にも興味が湧いてきちゃったりもして。運転って、楽しいですよね。

「ベストカーアンバサダー」に興味がある方は、下記リンクからどうぞ。
ベストカーアンバサダーチーム

by t0maki | 2016-08-01 19:40 | アンバサダー | Comments(0)
c0060143_00312726.jpg

【格安スマホ アンバサダープログラム 楽天モバイルのイベント】に参加しました。

というわけで、会場をぐるりとめぐった写真を載せときましょうかね。


▼今日のイベントの注意事項、守らなければならないのである。 #格安スマホアンバサダー
今日のイベントの注意事項、守らなければならないのである。 #格安スマホアンバサダー


▼arrows RM02 #楽天モバイル #格安スマホアンバサダー
arrows RM02 #楽天モバイル #格安スマホアンバサダー


▼Xperiaのちいさいやつ。 #格安スマホアンバサダー
Xperiaのちいさいやつ。 #格安スマホアンバサダー


▼acerな。 #格安スマホアンバサダー #楽天モバイル
acerな。 #格安スマホアンバサダー #楽天モバイル


▼安くて軽い端末が多い中、本気のHUAWEIはハイスペック高額端末。そうこなくちゃ。 #楽天モバイル #格安スマホアンバサダー
安くて軽い端末が多い中、本気のHUAWEIはハイスペック高額端末。そうこなくちゃ。 #楽天モバイル #格安スマホアンバサダー


▼撮影の設定がプロのようにいじれる「プロカメラ」いいね。HUAWEI Mate S #格安スマホアンバサダー #楽天モバイル
撮影の設定がプロのようにいじれる「プロカメラ」いいね。HUAWEI Mate S #格安スマホアンバサダー #楽天モバイル


▼あと気になったのは、こちらのウィンドウズフォン。バッテリーももつようだし、出先もこれ一台で。 #格安スマホアンバサダー #楽天モバイル
あと気になったのは、こちらのウィンドウズフォン。バッテリーももつようだし、出先もこれ一台で。 #格安スマホアンバサダー #楽天モバイル


▼自撮りが得意なこちらの端末。実は男性にも売れてるんだと。 #格安スマホアンバサダー #楽天モバイル
自撮りが得意なこちらの端末。実は男性にも売れてるんだと。 #格安スマホアンバサダー #楽天モバイル


▼あとは、楽天セレクトのアクセサリーなど。 #格安スマホアンバサダー #楽天モバイル
あとは、楽天セレクトのアクセサリーなど。 #格安スマホアンバサダー #楽天モバイル


▼このサイズと軽さで、10000mAhってすごいな。 #格安スマホアンバサダー #楽天モバイル
このサイズと軽さで、10000mAhってすごいな。 #格安スマホアンバサダー #楽天モバイル


こんな感じのイベントでした。家電量販店のスマホ販売コーナーを巡ってるみたいな。ただし、買えない。

いろいろ、説明していただきました。今回は、楽天モバイルに関する説明やプレゼンは無かったです。展示会のように、各自テーブルを回って端末を手にとってタッチ&トライする形式。カタログをもらったり、ロゴ入りボールペンをもらったり。

そういえば、楽天モバイルを使い始めてから、もうすぐ一年。僕は、HUAWEI honor6 Plusを使ってて、カメラ的にはこの端末が神機種だと思ってます。レンズが2つついてるやつ。あとは、モニター画面を拡張するためのオプション品が日本でも買えると良いなー、と思いつつ。銀座にショップができたという話を聞いたので、今度行ってみよう。

今日はそんな感じで。

by t0maki | 2016-06-08 00:19 | アンバサダー | Comments(0)
c0060143_22524168.jpg


今、NHK BSの『経済フロントライン』っていう番組を観てたら映ったね、オレも。こないだの、ナノブロックアンバサダーのイベント。

ナノブロックをつくって、写真の撮り方を教わったり、自分で撮ったりするイベント。面白かったですよ。
c0060143_19505933.jpg

c0060143_19510087.jpg

テレビ取材は、「SNSで変わる広告」っていうテーマ。そう、メデイアが変わると、広告も変わってくる。個人が情報を発信できる時代ですからね。アンバサダーは僕もいろいろやらせてもらってるけど、中から見てると同じマーケティング施策でもいろいろ企業ごとに個性があって面白いですよ。カワダさんのナノブロックアンバサダーは、イベントなどいろいろ工夫があって、参加していて楽しいです。

そういえば、今年もナノブロックの作品コンテストをやるみたいですね。また何かつくって応募します。




by t0maki | 2016-02-20 22:42 | アンバサダー | Comments(0)
c0060143_18093326.jpg


老舗が老舗である理由って、サービスはもちろんだけどきちんとお客さんと向き合って、お客さんのことを理解しているっていうのがあるんだろうな、と。アンバサダー・マーケティングって、この「お客さんと向き合う」っていうマーケティング手法だと思うのですよ。むしろ、お客さんと一体化するということ。
「ファン」よりもさらに密接な関係。むしろ、「味方」っていう表現が合ってるかも。

さとなおさんが「ターゲット」っていう言葉が嫌いっていうのがなんとなく僕もわかる。お客さんに対するリスペクトがない感じがありますよね。「その的を撃ち落とせ」みたいな。

マスマーケティングは今までも、そしてこれからも広告の中で重要な位置を占めるのは確かだけど、それに加えてSNSや口コミなどをうまく活用して、ファンを味方につけるアンバサダーマーケティングの需要が増えているのは、ひとりひとりが発言し、情報発信できる世の中だから。消費者ひとりひとりが「アンバサダー」になれる。あとは、企業側がその存在を認めるかどうか。勝手アンバサダーの「ファン」が、公認アンバサダーの「味方」になったら、それはすばらしい効果が期待できると思う。

目先の数字を追いかけるだけでなく、もっと大きな視点で、お客さんと向き合ってみることも大事なんだなぁ、と、『アンバサダーサミット2016』に参加しながら考えたり。

by t0maki | 2016-01-27 18:10 | アンバサダー | Comments(0)
c0060143_23094341.jpg

最初に言っておくと、僕は自称「アンバサダーのアンバサダー」なので、いろんな企業さんが実施しているアンバサダー・マーケティングはどれも応援しています。ブランド/メーカーさんと、アンバサダーたちとが、より良い関係を築ける良いなぁ、と願っています。手づくりだけど心のこもったアンバサダー企画とか、イベントとか、いろいろ参加してきました。そういうのって良いなぁと思います。

ところが、です。

なにが原因でこうなったか分からないけど、明らかに「Wrong Foot」で踏み込んでしまったアンバサダー企画があってですね。ボタンの掛け違いっていうの?「コレジャナイ」感というか。なにをやっても噛み合わない感じ。最初っからこんな感じじゃなかったんですよ。少なくとも、前回のモニター企画くらいまでは良い感じでした。あれから、何が変わったんだろう??
確かに前回の機種の時は、名古屋で参加したイベントも面白かったし、開発担当者さんにいろいろお話を伺って、記事を書くのも楽しかった。

今回のは、なんなんだろう。なんでこうまでしっくりいかないんだろうかね。何が違うんだろうかね。

今回はお借りした端末が開発機だったせいか時々調子悪くなって、最後にはとうとうカメラ機能が立ち上がらなくなったっていうのはありつつ、でもそれを言うなら一個前にお借りした端末だって発熱でカメラ機能がすぐ落ちてたし。レビュー用に借りた端末がどうこうというよりも、なんだろうね。前回は本当に心から応援したい感じだった。今回は、うーん……。

そもそものイベントの時、もっとリアルに製品への「思い」を語って欲しかったんだよな。プレゼンが上手い下手とかそんなレベルの話ではなく、端末のスペックとかそういうのじゃなくて、その製品をつくった人だからこその思い。前回は少なくとも、そういう話を懇親会で聴けました。今回は、プレゼンもいまいち刺さらないし、懇親会のトークがかなりいまいちだった。たまたま?

それでも頑張って「 #Xperiaフォトコン 」に応募したけど(まだカメラが壊れる前に)、「アスキーに載るかも」とか「素敵なプレゼントがもらえるかも」とかいうのは結局どうなったんだ??そういう企画は、やるんならきちんとやろうよ。応募した人たちに失礼だよ。なんてのもありつつ。

なんなんだろうね。最近は、DMにしか見えない宣伝ばかりの「アンバサダー通信」が届くと、悲しい気分になってくるのです。

by t0maki | 2016-01-26 23:09 | アンバサダー | Comments(0)
c0060143_19173227.jpg


「アンバサダーマーケティング」という言葉が一般的に使われだしたのは2013年頃だと思います。『Brand Advocates』っていう書籍がアメリカで発売されたのが2012で、その訳書として藤崎実さん監修の『アンバサダー・マーケティング』が刊行されたのが2013年10月。それまでは、アンバサダーといえば、企業がタレントさんなどに仕事として依頼するケースが多く、現在のアンバサダーマーケティングとは一線を画すものでした。

2013年1月に開催された、アジャイルメディア・ネットワーク主催の「ソーシャルメディアサミット2013」では、すでにそのイベントの紹介文で「アンバサダー」という言葉が使われています。

具体的には、クチコミをしてくれるファンを「アンバサダー」と位置づけ、
「ソーシャルメディアユーザーは、企業ブランドのアンバサダーになるか」という
テーマで、冷静な定義と議論を行う事を予定しています。

そして、この「ソーシャルメディアサミット」は2014年1月には「アンバサダーサミット」と名を変え、以降毎年開催されています。

「アンバサダー」を簡単に説明すると、ソーシャルメディアや口コミなどでブランドや商品の情報を共有・拡散してくれる「ファン」のこと。特に影響力をもったファンをプロモーションや広告と結びつけることで、ブランドの認知度を上げ、売り上げ向上につなげよう、と。また、ファン同士がつながることにより、その相乗効果や、企業との連携、囲い込みなどの効果も。インターネットやスマートフォンが普及して、個人が情報発信できるようになった現代ならではの広告手法の一つです。

で、僕はこの「アンバサダー」にすごく興味があって、自称「アンバサダーのアンバサダー」なわけです。とにかくいろんなアンバサダープログラムに実際に参加しているほか、2013年と2014年には、国際大学にて非常勤講師という肩書で、ゲスト講師という形でEマーケゲィングにおけるソーシャルメディアやアンバサダーの役割について英語で講義をしたこともあります。昨年は、ひょんなことから前述の『アンバサダー・マーケティング』を監修された藤崎実さんに直接お目にかかって、小一時間ほどアンバサダーについて真面目に語るといううれしい機会もありました。

というわけで、「今、自分は何のアンバサダーだったっけな」とリストアップし始めたら、自分でもすっかり忘れてたようなアンバサダーのプログラムなどもじゃんじゃん出てきて、その節操のなさにちょっと呆れ気味。参加できるものは、積極的に参加していたらこうなりました。イベントに参加したり、SNSでの拡散やブログの執筆などもやってますが、ただ中にはやっぱり幽霊部員のような、名前だけアンバサダーみたいなのもあったりして……。

というわけで、僕の「アンバサダー」リストをこちらに。

■ナノブロックアンバサダー
株式会社カワダの公式アンバサダープログラム。株式会社カワダで開催されたイベントに参加したほか、ナノブロックを使った作品コンテストに応募したり、作品を東京ソラマチのイベント会場で展示していただいたりなど。小さいころにダイヤブロックで育った自分としては、これは参加できてうれしいアンバサダー企画。

■Galaxyアンバサダー
惜しくも2015年末で終了してしまいましたが、サムソン社による「Galaxyアンバサダー」のプログラムです。イベントに参加したり、スマートフォン端末をお借りしてモニターレビューを書いたりなどしました。

■Xperiaアンバサダー
こちらは現在でも継続しているソニー社のスマートフォン「Xperiaアンバサダー」。つい先日も、Xperia Z5 Premiumを一ヶ月ほどお借りして、モニターレビューを書いていました。

■タブレットアンバサダー
2015年3月に終了しましたが、NTTドコモも「タブレットアンバサダー」という施策を行っており、僕も参加していました。イベントに参加したほか、タブレット端末をお借りして、モニターレビューも書きました。

■格安スマホアンバサダー
こちらは、格安スマホ/SIMの楽天モバイルさんによるアンバサダー施策。この企画の面白いところは、あえて「楽天モバイル」縛りにせず、格安スマホというくくりにしたこと。現在、楽天モバイルのSIMとHUAWEI社製honor6 Plusという端末をご提供いただいて、一年間使わせていただいています。楽天カフェで開催されたイベントにも参加しました。

■スカパー! 映画部
学生時代から年間ほぼ100本ペースで毎年映画を観ています。このデジタル衛星放送のスカパーJSAT株式会社による「スカパー! 映画部」は、映画好きがたくさん登録していて、イベントに参加したり、試写会で映画を見たり、定期的に開催されるTwitter上での企画などにも参加しています。スカパー!の社屋で行われたイベントは、本当に映画に詳しい人たちがたくさん集まっていました。

■すむすむアンバサダー
こちらは、パナソニック社による家のリフォームなどにフォーカスしたアンバサダープログラムです。「マクラメハンギング」をつくるワークショップや、座談会、さらに横浜のショールームで開催されたイベントなどに参加しました。

■クロネコヤマト アンバサダー
クロネコヤマトのロジスティックの拠点、羽田クロノゲートを見学したり、銀座のカフェで開催されたイベントに参加したり。こちらも内容が盛りだくさんのアンバサダー施策です。イベントは大変盛り上がるのですが、それ以外のコミュニケーションももう少し充実していればとは思います。

■Red Bull Friends
昔から、Red Bullのイベントへ取材に行ったり、アンバサダー施策の前からお世話になっています。アンバサダーとして、新製品のエナジードリンクを発売前にいただいたりしました。

■シャボン玉石けんアンバサダー
製品へのこだわりがものすごくダイレクトに伝わってきたシャボン玉石けんのイベント。後日製品が送られてきて、石けんを実際に使ってみたりなども。北九州市に工場があり、工場見学も受け付けているようなので、いつか行ってみたいです。

■プレ熟部
グリコの「プレミアム熟カレー」公式ファンプログラムです。イベント等には参加したことがないのですが、カレーが好きなのでTwitterで投稿したら、うっかりSTAUBの鍋が当たって、嫁さんが大喜び。

■ドールファンクラブ
バナナやフルーツで有名なDole社のファンコミュニティです。キッザニア貸切イベントにご招待いただいたり、動画投稿の景品としてフルーツ盛り合わせが当選したり。オンラインコミュニティでいろいろ活動するとポイントがもらえて、賞品に応募ができます。

■キクタン・アンバサダー
英語の書籍や学習教材のアルク社による、「キクタン」のアンバサダー。以前、アルクさんのブログ企画でTOEIC 3か月チャレンジなどをやらせていただいたので、その当時からキクタンを使っていました。残念ながら、2015年の夏ごろに終了。

■フロッシュピープル
食器用洗剤などを販売している、フロッシュのユーザーグループ。ただし、僕自身はあまりイベントや企画に参加したことはなく、唯一2015年に代々木公園で行われたアースデーイベントのフロッシュのブースを訪れましたが、なにやらちょこっと景品をもらっただけ。オンライン会員程度の施策ですかね。

■ベストカーアンバサダー
講談社のクルマ情報誌「ベストカー」のアンバサダー施策です。毎号、紙面に「ベストカーアンバサダー」のコーナーがあり、僕も東京モーターショーのガイドツアーに参加した際に、写真を掲載していただきました。シークレットイベントや、取材動向の企画などを定期的に開催しています。

■リコーイメージング アンバサダー
リコー社の「PENTAX K-3」を発売前にお借りして、モニターレビューを書きました。カメラが大好きなので、このアンバサダーになれてうれしかったです。リコーのデジカメも一台もってますよ。あと、PENTAXは学生時代に写真のクラスを受講した時に銀塩フィルムの一眼レフを買いました。

■ローソンアンバサダー
ローソンの社屋で試食イベントに参加。その後も、クーポンをいただいて店頭で製品を購入してレビュー記事を書いたりなど。ローソンアンバサダーになってから、確実にローソンに行く機会が増えました。

■オールブランアンバサダー
ケロッグ社のブランフレーク「オールブラン」のアンバサダー。たぶん、参加している人は女性が多いんだろうなぁと思いつつ、自分も登録してみました。製品が送られてきたり、コラボカフェで食事をしたり。

■オーロラ王国ブロガー観光大使
これは、「アンバサダー」というより、「大使」に近い感じですが、カナダ観光局の「オーロラ王国ブロガー観光大使」に選ばれて、ユーコン準州のホワイトホースという町に、オーロラを見に行かせていただきました。これはもうほんとに一生モノのたいけんでした。

ここから下は、ちょっとだけ参加したりとか、以前参加したけど最近やってないとか、あまりアクティブに参加できていないアンバサダープログラムなど。また今後機会があればしっかり活動します。

■KFCアンバサダー
■楽天アプリ市場 宣伝大使
■ウコンの力 アンバサダー
■UNIVERSAL MUSIC アンバサダー
■MTV JAPANアンバサダー
■私のドリカム宣伝部
■めぐりズムアンバサダー
■Surfaceアンバサダー
■αアンバサダー
■gooアンバサダー

ウコンのは終了してますね。ドリカムもちょっとだけ活動しましたが、そろそろ終了みたい。

もちろん、これ以外にも自分が好きで勝手にアンバサダー活動をしているものもあります。走るきっかけをつくってくれたアクエリアスとか、オーロラの写真を撮りまくったPowerShot S120とか、ヤマハ発動機さんの特に「エンジン」とか、いつもケータイ会議でお世話になってる富士通さんのARROWSとか。ブロガーイベント等に参加してその企業やブランドの開発秘話やストーリーなんかを伺うと、すぐに好きになっちゃったりします。今まで知らなかった、ものづくりの苦労話なんか、大好きです。

というわけで、この先アンバサダーマーケティングがどのように発展するか、あるいは名前を変えて別の潮流となるかは分かりませんが、ユーザーの声に耳を傾け、時にはみんなで一緒に考えたり意見を共有したりして製品をより良いものにしていきつつ、広めていくっていう根本的な考え方は昔もこれからも変わらないと思います。
というわけで、僕は今後もアンバサダーのアンバサダーとして、アンバサダーの魅力を伝えていこうと思っています。


追記: 今年もアンバサダーサミットが開催されるようです。広告マーケティングに関わる方で、興味ある方はぜひ。今までは招待制でしたが、今回は一般枠があるようです。
http://agilemedia.jp/ambassador2016/

by t0maki | 2016-01-06 21:25 | アンバサダー | Comments(0)
c0060143_00244078.jpg


そういえば、チラッと載ってた。モーターショーツアーに「アンバサダー」として参加して、ベストカーのページに写真付きで掲載。このツアー、楽しかったなー。編集部の方と、車評論家のスーザン史子さんによる東京モーターショーのガイドツアー。いろいろ解説していただいて、普通に見て回るだけでは分からない情報とかお聞きできたし。


c0060143_00244193.jpg


スーザンさんが実はグレイスさんだってことをこの記事読んで初めて知ったぞ。そして、「金髪のヅラ」んとこ、ブラと読み間違えて一瞬二度見。なんの話だ?




by t0maki | 2015-12-28 00:19 | アンバサダー | Comments(0)
c0060143_02133953.jpg


東京モーターショーのことがいろいろ載ってたので、ベストカーを買いました。
ちょうど、「ベストカーアンバサダーチーム』として、編集部の塩川さんと、クルマ評論家のスーザン史子と一緒に、東京モーターショーをぐるりと廻ってきたので。

c0060143_02134094.jpg


c0060143_02134032.jpg


ちょうど紙面にも、塩川さんとスーザンさんの記事が見開き面の隣同士に載ってたので、しっかり読みましたよ。

次回号くらいに、あのツアーのこととか掲載されるかな。


by t0maki | 2015-11-20 02:05 | アンバサダー | Comments(0)

   
Back to Top