ブログトップ | ログイン
カテゴリ:アンバサダー( 39 )

c0060143_22061221.jpg

カロリーメイトは、ブロックタイプをよく高校陸上部の大会の日などに食べてました。「味はプレーンが好きです」って言ったら、「あ、それ私が開発したんです!」「えーー!」っていうのが本日のハイライト。大塚製薬の社員さんも交えて、「カロリーメイトアンバサダー」のワークショップをした時の出来事。

本日は、大塚製薬さんが開催した「カロリーメイトアンバサダーミーティング」に参加してきました。本日の主役は、ゼリータイプのカロリーメイト。ちょうどこの夏に、百貨店でキッズ向けのワークショップを開催した時に、朝からずっと休憩無しでぶっ続けで教えてたので、このカロリーメイトゼリーにホント助けられました。

というわけで、本日のイベントの模様など。

▼本日の会場は大塚製薬社内
本日は、品川の大塚製薬にて、カロリーメイトアンバサダーミーティングに参加しましたよ、と。


▼名札
うぃ。


▼テーブルに置いてあるスナックが全部大塚製薬製。こんなにあるんだねー。
さて、今日はこちらへ。 #カロリーメイトアンバサダー


▼会場にあったパネルで、歴史のお勉強
歴史のお勉強 #カロリーメイトアンバサダー


▼大塚製薬の中尾さんによる、カロリーメイトの歴史や特長の紹介など
大塚製薬の中尾さん。 #カロリーメイトアンバサダー


▼続いて、同じく大塚製薬で今回のカロリーメイトゼリーの開発を担当された矢田さんによる説明
同じく大塚製薬で、今回のカロリーメイトゼリーを担当された矢田さん #カロリーメイトアンバサダー


▼試食中。味を調える作業は、たいへんだー。
試食中。味を調える作業は、たいへんだー。 #カロリーメイトアンバサダー


▼さすがにボールに並々注がれたカロリーメイトゼリーの試作品は、いくら僕でも完食できませんでした
さすがにボールに並々注がれたカロリーメイトゼリーの試作品は、いくら僕でも完食できませんでした #カロリーメイトアンバサダー


▼ワークショップの後、発表も。
ワークショップの後、発表も。 #カロリーメイトアンバサダー


カロリーメイトゼリーの試食では、実際には商品化されないある意味「失敗作」と、さらにそれをわざと劣化させた「古くなった失敗作」を味わってから、「実際に販売されてる製品」を食べ比べました。当然だけどやっぱり全然違う。ダメな試作品に練乳を加えてみる実験もしてみたけど、ミルクが粉っぽく感じられて僕のは余計にダメでした。うーむ。味を整えるのは、難しい。メープルシロップとか、フルーツ系のソースとかならどうだろう?あの試作品のボールを持ち帰って、キッチンでいろいろ実験してみたくなりました。

カロリーメイトゼリーを製品化するにあたり、5年かけて約千パターンを試作してみたらしいですよ。栄養バランスの良いものをつくるのがまず一苦労。そしてさらに味も良くしていく、と。その千パターンのうち、発売されてる3つの味以外は全て日の目を見なかったわけだけど、多分量産する時の材料確保の問題とか、コストの問題とかで見送った味もあるんだろうなーと思いつつ、そんなところを質問してみたけど、具体的には教えてもらえなかったので残念。次回、こっそり教えてください。

開発は徳島で行ってるとのこと。徳島の開発現場とか、見てみたいなー。

そんなわけで、各種カロリーメイト製品のお土産もいただいて、楽しいイベントでした。

そういえばオレ、今日はダイエット企画でファスティングの初日なんですけど、参加してみたらむしろそれにぴったりのイベントでした。カロリーメイトは栄養バランスバッチリなので、これはかなりいいですね。お土産で三種類のカロリーメイトゼリーをいただいたので、明日もそれを飲みつつ、プチ断食2日目を頑張ります。


by t0maki | 2016-10-19 22:05 | アンバサダー | Comments(0)
c0060143_22543557.jpg

このスタンディングパウチの生クリーム、ホントに使いやすいんですよねー。冷蔵庫に常備しておいて、ちょこっと料理に加えるだけで美味しくなる。しかも、こんなメリットもある、と。

・光劣化が抑えられる
・脂肪塊の発生量が少ない
・乳香(にゅうこう)の保持能力が高い
・外部からの香りの遮断性が高い

というわけで本日は、「明治北海道十勝フレッシュ100 アンバサダー」として、『明治北海道十勝フレッシュ100 アンバサダーミーティング』に参加しました。行ってみて驚いたんですが、「明治北海道十勝フレッシュ100 アンバサダー」として参加したのに商品名が「明治北海道十勝フレッシュ100」から「明治北海道十勝純乳脂45」に変わっていたということで、100から45になってるけど、実は以前の100の時は乳脂が40で、今回45に増えてるという。つまり、「明治北海道十勝フレッシュ100(純乳脂40)」から、「明治北海道十勝純乳脂45」になったというわけ。うむ。

▼今日はこちらへ
さて、今日はこちらへ。 #十勝フレッシュ


▼まずは、真面目なお話。大事です。
まずは、真面目なお話。大事です。 #十勝フレッシュ


▼料理研究家の神野さん。野菜ソムリエで、スティックおにぎりの本も出してらっしゃいます。
料理研究家の神野さん。野菜ソムリエで、スティックおにぎりの本も出してらっしゃいます。 #十勝フレッシュ


野菜ソムリエCanacoとしてご活躍の料理研究家、神野さん。なにやら多彩な経歴をお持ちで。楽しい方だなー。料理の本を出してらっしゃるそうなので、今度探してみます。

▼キッチンスタジオ
本日は、こんなキッチンスタジオ。 #十勝フレッシュ


▼「とっても簡単ブランマンジェ」がホントに簡単そうなので、つくってみよう。
「とっても簡単ブランマンジェ」がホントに簡単そうなので、つくってみよう。 #十勝フレッシュ


▼デコってみてって言われたので。
デコってみてって言われたので。 #十勝フレッシュ


▼「ダイエットは明日から」
「ダイエットは明日から」けだし名言である。 #十勝フレッシュ


▼生クリームのきれいなトッピングの仕方を教わった。奥が先生がやった方。手前がオレ。あれ? むずかしーね。
生クリームのきれいなトッピングの仕方を教わった。奥が先生がやった方。手前がオレ。あれ? むずかしーね。 #十勝フレッシュ


最後は、グループワークもありつつ。和やかな雰囲気のイベントでしたよ。


by t0maki | 2016-10-12 21:41 | アンバサダー | Comments(0)
c0060143_10141028.jpg

いただきました。タイ観光アンバサダーのご褒美として、ありがたくいただきます。


▼バンコクのBTS電車1日乗車券。もう少し早く届いてたら、こないだのバンコク旅行で使えたなー。また行こう。
と、こちらもいただいた!バンコクのBTS電車1日乗車券。もう少し早く届いてたら、バンコクで使えたなー。また行こう。


▼こちらは、折り畳み傘。
結構長めの折り畳み傘。ありがとうございました。


▼ロゴも入ってて良い感じ
こちらも傘!タイ政府観光局のプロモーションに当選したのです。


というわけで、「タイ観光アンバサダー」としてタイについてもっと知らなければ。そういえば、こないだのタイ旅行もまだ書き足りないので、もうちょい記事を書こう。

とりあえず、そんなところで。

by t0maki | 2016-09-15 09:00 | アンバサダー | Comments(0)
c0060143_16290589.jpg

「くりかえし原点、くりかえし未来。」

すごいなー。お客様から寄せられた意見やコメントをきちんと受け止めるって、決して簡単なことではない。特に、大きな企業やメーカーになると、寄せられる意見の数も多くなってくる。それをスルーしないのは社内の仕組みとか、やる気とか、そもそもお客様を大切にする気持ちとか、いろんな要素が必要になってくる。きちんとやろうとすると、すごくたいへんなことですよ。
c0060143_16290645.jpg

無印良品を展開する、株式会社良品計画の「くらしの良品研究所」がアンバサダーアワード2016を受賞したので、その受賞スピーチを聞いてきました。良品計画では、以前からご意見箱的なサービスは提供していたそうです。しかし、当初はそこに寄せられたコメントは基本的に一般公開はせず、クローズドだったそうです。しかし、対応の結果を公開する目的で、2012年に「ご意見パーク」をオープン。お客さんからのご意見を集めて、その対応について公開していったそうです。この時はまだ、お客様のご意見をピックアップする形で一部だけ公開していたそうです。

そしてそのご意見パークは2014年1月に「IDEA PARK」として進化。そのリニューアルしたタイミングで、お客様から寄せられた全てのご意見を公開するようにしたとのこと。これって、すごいことですよね。どんな意見もまず公開する、と。昨年は年間4000点の意見が寄せられ、その結果として200点以上の商品が見直されたり改善されたそうですよ。

お客さんときちんと向き合って、その声をきちんと受け止めて、それを商品開発に結びつける。やっぱりさすがだなー、と思いました。

今回の「アンバサダーアワード2016」では、株式会社良品計画の「くらしの良品研究所」以外にも、合計8社のアンバサダープログラムが受賞しました。

・ピカ☆ママ コミュニティ(花王株式会社)
・それいけ!じゃがり校(カルビー株式会社)
・カンパイ会議(キリン株式会社)
・Xperiaアンバサダープログラム(ソニーモバイルコミュニケーションズ株式会社)
・KFCアンバサダープログラム(日本ケンタッキー・フライド・チキン株式会社)
・ネスカフェ アンバサダー(ネスレ日本株式会社)
・CLUB Panasonic(パナソニック株式会社)
・くらしの良品研究所(株式会社良品計画)

アンバサダーマーケティングについて、先ほどひとつ前の記事にも書きましたのでそちらもぜひ。


■関連記事&リンク
アンバサダーのアンバサダーとしてアンバサダーの魅力を伝える : 日曜アーティストの工房

『アンバサダープログラムアワード2016』に参加中 #アンバサダーアワード : 日曜アーティストの工房

アンバサダープログラムアワード Ambassador Program Award 2016 - Agilemedia Network, inc.

アンバサダープログラムアワードの受賞企業8社を発表|アジャイルメディア・ネットワーク(AMN)

by t0maki | 2016-08-29 16:30 | アンバサダー | Comments(0)
c0060143_15591637.jpg

お客様との接点を増やすこと。モノやサービスを売って終わりではなく、その後もお客さんと良好な関係を築いて、コミュニケーションをとりながらブランドや商品の価値を高めていくということ。商品を通してお客さんとの「絆を深める」ということですね。

「アンバサダーマーケティング」っていう、広告・PRの考え方。ブログやソーシャルメディアの台頭によって、ひとりひとりが情報発信をするようになり、消費者やユーザーの発信力が高まったことが背景にあるけど、昔から「口コミ」や「評判」ってネットが無い時代からもあったことだし、「お客様を大切にしよう」っていう姿勢は新しいものではない。ただそこに「アンバサダー」っていう名前をつけて、マーケティング施策として体系化して効果測定も含めて現場で使える手法として仕組化・サービス化した立役者がアジャイルメディア・ネットワーク(AMN)社、と。

というわけで今回、AMN社が主催の『アンバサダープログラムアワード2016』に参加してきました。最前列のプレス席で、前向き前のめりな感じで。

「アンバサダー」について、もうちょい補足を。そもそも、アメリカで「Brand Advocates」という、商品の「ファン/サポーター」を巻き込んでマーケティングを展開しようっていう考え方が一般的に知られるようになったのは、Rob Fuggettaさんが『Brand Advocates: Turning Enthusiastic Customers into a Powerful Marketing Force』っていう本を出版した2012年頃から。その流れを受け、日本ではこの書籍の日本語訳が『アンバサダーマーケティング』というタイトルで2013年に刊行されました。ちなみに、この日本語版を監修したのが、AMNの藤崎実さん。

この時に、「Advocates」という言葉が「アンバサダー」に置き換えられたのは、このアドボケイツという言葉が日本になじみがなく、すでにアンバサダーという言葉の方が一般的に使われていたため。ただ、それ以前から使われていた「アンバサダー」という呼称については、いわゆる企業が有名人を起用した「タレントアンバサダー」的なニュアンスがあって、ちょっと意味合いが違っていた。一方で、商品の専門家は伝道師という意味の「エバンジェリスト」であったり、ユーザーとは異なる情報拡散の影響力がある人を「インフルエンサー」と呼んだり、いろんなワードは存在していた。「マーケットメイブン」なんてのもありましたね。

とにかく、今回の「アンバサダープログラムアワード」は、それらのタレントアンバサダーとは一線を画すもの、とだけ理解していただければ。というわけで、ユーザーやファンを主軸にした「アンバサダー」施策を展開している企業のうち、優秀だと評価された8社が今回「アンバサダープログラムアワード」を受賞しました。


■アンバサダープログラムアワード2016 受賞企業一覧
c0060143_15591652.jpg

・ピカ☆ママ コミュニティ(花王株式会社)

・それいけ!じゃがり校(カルビー株式会社)

・カンパイ会議(キリン株式会社)

・Xperiaアンバサダープログラム(ソニーモバイルコミュニケーションズ株式会社)

・KFCアンバサダープログラム(日本ケンタッキー・フライド・チキン株式会社)

・ネスカフェ アンバサダー(ネスレ日本株式会社)

・CLUB Panasonic(パナソニック株式会社)

・くらしの良品研究所(株式会社良品計画)

各社、自社の取り組みについて、約10分程度の講演を行いました。そして、この中からさらに大賞を受賞したのは、ネスカフェアンバサダーでした。おめでとうございます!

■「アンバサダー」について思うこと
僕は「アンバサダーマーケティング」について非常に興味を持っていて、いわば「アンバサダーのアンバサダー」だったりします。実際に、いろいろアンバサダープログラムにも参加していて、イベントに参加したり、ブログやSNSで情報を発信したりもしています。

自分が参加しているアンバサダープログラムについて、ちょっと前に記事を書いてまとめてみました。
アンバサダーのアンバサダーとしてアンバサダーの魅力を伝える : 日曜アーティストの工房

ここから半年以上経って、さらにいくつかアンバサダーになりました。
山ほどアンバサダープログラムに参加してみて思うこと。

個人的には、商品を愛してくれてる人を招待や接待として「お客さん」としてもてなすのではなく、「身内」っていう感じで仲間や味方として扱ってくれるアンバサダー施策は参加していて楽しいです。商品開発の現場を見学しつつ、PRや広報担当ではなくて本当の商品をつくってる担当者と直接話をしながら、自分の好きな商品について語れる機会があると、参加したかいがあります。中には、延々と商品情報をプレゼンして、なんなら商品を売りつけようとするアンバサダープログラムもあったりします。アンバサダーとは名ばかりの、メルマガ会員でしかなかったり。そういうのは、参加してても全然楽しくないし、商品情報を並べ立てて「拡散してください!」って言われてもなんだかなぁ、という感じ。

というわけで、今後も良質なアンバサダープログラムがどんどん増えて行けば良いなぁと思う次第です。引き続き、いろいろなアンバサダーに参加しつつ、記事を書いていきますよ。


■関連リンク
アンバサダープログラムアワード Ambassador Program Award 2016 - Agilemedia Network, inc.

アンバサダープログラムアワードの受賞企業8社を発表|アジャイルメディア・ネットワーク(AMN)

by t0maki | 2016-08-29 14:39 | アンバサダー | Comments(0)
c0060143_19393651.jpg

ベストカーアンバサダー」のステッカーをいただきました!

車メーカーさんのWeb制作案件を担当していたことがあったので、車には興味がある方なのですが、いかんせんゴールド免許がデフォルトのペーパードライバー。アメリカでの運転に慣れてしまったので、国内で左側通行&右ハンドルが怖すぎて……。

昨年、カーシェアリングの体験の企画で、国内の道路を普通自動車では10年以上ぶりに運転したのですが、これがめっちゃ緊張。今年は、初夏の北海道をレンタカーで運転しましたが、まだ慣れないっす。

徐々に、車にも慣れてかないとなぁと思いつつ。バイクの免許にも興味が湧いてきちゃったりもして。運転って、楽しいですよね。

「ベストカーアンバサダー」に興味がある方は、下記リンクからどうぞ。
ベストカーアンバサダーチーム

by t0maki | 2016-08-01 19:40 | アンバサダー | Comments(0)
c0060143_00312726.jpg

【格安スマホ アンバサダープログラム 楽天モバイルのイベント】に参加しました。

というわけで、会場をぐるりとめぐった写真を載せときましょうかね。


▼今日のイベントの注意事項、守らなければならないのである。 #格安スマホアンバサダー
今日のイベントの注意事項、守らなければならないのである。 #格安スマホアンバサダー


▼arrows RM02 #楽天モバイル #格安スマホアンバサダー
arrows RM02 #楽天モバイル #格安スマホアンバサダー


▼Xperiaのちいさいやつ。 #格安スマホアンバサダー
Xperiaのちいさいやつ。 #格安スマホアンバサダー


▼acerな。 #格安スマホアンバサダー #楽天モバイル
acerな。 #格安スマホアンバサダー #楽天モバイル


▼安くて軽い端末が多い中、本気のHUAWEIはハイスペック高額端末。そうこなくちゃ。 #楽天モバイル #格安スマホアンバサダー
安くて軽い端末が多い中、本気のHUAWEIはハイスペック高額端末。そうこなくちゃ。 #楽天モバイル #格安スマホアンバサダー


▼撮影の設定がプロのようにいじれる「プロカメラ」いいね。HUAWEI Mate S #格安スマホアンバサダー #楽天モバイル
撮影の設定がプロのようにいじれる「プロカメラ」いいね。HUAWEI Mate S #格安スマホアンバサダー #楽天モバイル


▼あと気になったのは、こちらのウィンドウズフォン。バッテリーももつようだし、出先もこれ一台で。 #格安スマホアンバサダー #楽天モバイル
あと気になったのは、こちらのウィンドウズフォン。バッテリーももつようだし、出先もこれ一台で。 #格安スマホアンバサダー #楽天モバイル


▼自撮りが得意なこちらの端末。実は男性にも売れてるんだと。 #格安スマホアンバサダー #楽天モバイル
自撮りが得意なこちらの端末。実は男性にも売れてるんだと。 #格安スマホアンバサダー #楽天モバイル


▼あとは、楽天セレクトのアクセサリーなど。 #格安スマホアンバサダー #楽天モバイル
あとは、楽天セレクトのアクセサリーなど。 #格安スマホアンバサダー #楽天モバイル


▼このサイズと軽さで、10000mAhってすごいな。 #格安スマホアンバサダー #楽天モバイル
このサイズと軽さで、10000mAhってすごいな。 #格安スマホアンバサダー #楽天モバイル


こんな感じのイベントでした。家電量販店のスマホ販売コーナーを巡ってるみたいな。ただし、買えない。

いろいろ、説明していただきました。今回は、楽天モバイルに関する説明やプレゼンは無かったです。展示会のように、各自テーブルを回って端末を手にとってタッチ&トライする形式。カタログをもらったり、ロゴ入りボールペンをもらったり。

そういえば、楽天モバイルを使い始めてから、もうすぐ一年。僕は、HUAWEI honor6 Plusを使ってて、カメラ的にはこの端末が神機種だと思ってます。レンズが2つついてるやつ。あとは、モニター画面を拡張するためのオプション品が日本でも買えると良いなー、と思いつつ。銀座にショップができたという話を聞いたので、今度行ってみよう。

今日はそんな感じで。

by t0maki | 2016-06-08 00:19 | アンバサダー | Comments(0)
c0060143_22524168.jpg


今、NHK BSの『経済フロントライン』っていう番組を観てたら映ったね、オレも。こないだの、ナノブロックアンバサダーのイベント。

ナノブロックをつくって、写真の撮り方を教わったり、自分で撮ったりするイベント。面白かったですよ。
c0060143_19505933.jpg

c0060143_19510087.jpg

テレビ取材は、「SNSで変わる広告」っていうテーマ。そう、メデイアが変わると、広告も変わってくる。個人が情報を発信できる時代ですからね。アンバサダーは僕もいろいろやらせてもらってるけど、中から見てると同じマーケティング施策でもいろいろ企業ごとに個性があって面白いですよ。カワダさんのナノブロックアンバサダーは、イベントなどいろいろ工夫があって、参加していて楽しいです。

そういえば、今年もナノブロックの作品コンテストをやるみたいですね。また何かつくって応募します。




by t0maki | 2016-02-20 22:42 | アンバサダー | Comments(0)
c0060143_18093326.jpg


老舗が老舗である理由って、サービスはもちろんだけどきちんとお客さんと向き合って、お客さんのことを理解しているっていうのがあるんだろうな、と。アンバサダー・マーケティングって、この「お客さんと向き合う」っていうマーケティング手法だと思うのですよ。むしろ、お客さんと一体化するということ。
「ファン」よりもさらに密接な関係。むしろ、「味方」っていう表現が合ってるかも。

さとなおさんが「ターゲット」っていう言葉が嫌いっていうのがなんとなく僕もわかる。お客さんに対するリスペクトがない感じがありますよね。「その的を撃ち落とせ」みたいな。

マスマーケティングは今までも、そしてこれからも広告の中で重要な位置を占めるのは確かだけど、それに加えてSNSや口コミなどをうまく活用して、ファンを味方につけるアンバサダーマーケティングの需要が増えているのは、ひとりひとりが発言し、情報発信できる世の中だから。消費者ひとりひとりが「アンバサダー」になれる。あとは、企業側がその存在を認めるかどうか。勝手アンバサダーの「ファン」が、公認アンバサダーの「味方」になったら、それはすばらしい効果が期待できると思う。

目先の数字を追いかけるだけでなく、もっと大きな視点で、お客さんと向き合ってみることも大事なんだなぁ、と、『アンバサダーサミット2016』に参加しながら考えたり。

by t0maki | 2016-01-27 18:10 | アンバサダー | Comments(0)
c0060143_23094341.jpg

最初に言っておくと、僕は自称「アンバサダーのアンバサダー」なので、いろんな企業さんが実施しているアンバサダー・マーケティングはどれも応援しています。ブランド/メーカーさんと、アンバサダーたちとが、より良い関係を築ける良いなぁ、と願っています。手づくりだけど心のこもったアンバサダー企画とか、イベントとか、いろいろ参加してきました。そういうのって良いなぁと思います。

ところが、です。

なにが原因でこうなったか分からないけど、明らかに「Wrong Foot」で踏み込んでしまったアンバサダー企画があってですね。ボタンの掛け違いっていうの?「コレジャナイ」感というか。なにをやっても噛み合わない感じ。最初っからこんな感じじゃなかったんですよ。少なくとも、前回のモニター企画くらいまでは良い感じでした。あれから、何が変わったんだろう??
確かに前回の機種の時は、名古屋で参加したイベントも面白かったし、開発担当者さんにいろいろお話を伺って、記事を書くのも楽しかった。

今回のは、なんなんだろう。なんでこうまでしっくりいかないんだろうかね。何が違うんだろうかね。

今回はお借りした端末が開発機だったせいか時々調子悪くなって、最後にはとうとうカメラ機能が立ち上がらなくなったっていうのはありつつ、でもそれを言うなら一個前にお借りした端末だって発熱でカメラ機能がすぐ落ちてたし。レビュー用に借りた端末がどうこうというよりも、なんだろうね。前回は本当に心から応援したい感じだった。今回は、うーん……。

そもそものイベントの時、もっとリアルに製品への「思い」を語って欲しかったんだよな。プレゼンが上手い下手とかそんなレベルの話ではなく、端末のスペックとかそういうのじゃなくて、その製品をつくった人だからこその思い。前回は少なくとも、そういう話を懇親会で聴けました。今回は、プレゼンもいまいち刺さらないし、懇親会のトークがかなりいまいちだった。たまたま?

それでも頑張って「 #Xperiaフォトコン 」に応募したけど(まだカメラが壊れる前に)、「アスキーに載るかも」とか「素敵なプレゼントがもらえるかも」とかいうのは結局どうなったんだ??そういう企画は、やるんならきちんとやろうよ。応募した人たちに失礼だよ。なんてのもありつつ。

なんなんだろうね。最近は、DMにしか見えない宣伝ばかりの「アンバサダー通信」が届くと、悲しい気分になってくるのです。

by t0maki | 2016-01-26 23:09 | アンバサダー | Comments(0)

   
Back to Top