ブログトップ | ログイン
カテゴリ:アンバサダー( 39 )

c0060143_12270175.jpg
BenQのライオンキャラの名前を決める「ライオンくんお名前総選挙」の結果が決まったみたいですね。ちなみに、僕は「Ben」に投票してましたが、選ばれなかった……。

で、結局決まったのは、「BLIAN(ブライアン)」とのこと。

ぬぉ、マジですか。実は、一番無さそうだなと思ってたのが、まさかの当選!と。

だって、アルファベットのスペルがBrianでもないし、Bryanでもないし……。Blianってどっちかっていうと名前じゃなくて苗字っぽいよね。それに、ライオン(Lion)ともかかってそうでかかってないし。不思議すぎる。


なんかもやっとするので、フルネームを「Ben Blian(ベン・ブライアン)」ってするのはどうですかね?隠れ設定でも良いので。

さて、BenQを応援する「BenQアンバサダープログラム」では、製品の最新情報のほかに限定イベントやモニター企画などいろいろあって楽しいですよ。もちろん、僕も参加しています。






by t0maki | 2017-03-13 12:29 | アンバサダー | Comments(0)
c0060143_03565585.jpg
食の実験コミュニティ「ホームメイドラボ」のラボ仲間になって、キャンペーンに応募したら、Philips社の「マルチチョッパー」が当選しました。

今年は、結構「食」をテーマにして活動する機会があって、神田・秋葉原エリアを探索するフードツアーを企画して友人を招待したり、今度は逆に友人が開催した谷根千のフードツアーに参加したり。ここらへん、チェコ旅行つながりで。

と、もうひとつ、ドキュメンタリー映画の『0円キッチン』を観に行って、監督のダーヴィド・グロスさんとちょっとだけお話する機会もあったりして、食料廃棄や食品ロスについても関心が高まっているところ。

その映画にも登場してたけど、「チョッピング・パーティ」っていうのがあって、みんなが食材を持ち寄ってそれを包丁で細かく切って料理をつくるパーティってのが面白そうでね、このマルチチョッパーも活躍しそうだな、と思ったのでした。

さっそく使ってみたよ。

フィリップスのマルチチョッパー
フィリップスのマルチチョッパー


さてと、製品レビューサンデーなのである。
さてと、製品レビューサンデーなのである。


簡単に均一なみじん切り、と。 #フィリップス #マルチチョッパー
簡単に均一なみじん切り、と。 #フィリップス #マルチチョッパー


歯を付け替えると、フレッシュジュース作りなどにも。 #フィリップス #マルチチョッパー
歯を付け替えると、フレッシュジュース作りなどにも。 #フィリップス #マルチチョッパー


電動で回転する部分。 #フィリップス #マルチチョッパー
電動で回転する部分。 #フィリップス #マルチチョッパー


セットして、上から押すとブレードが回転する仕組み。 #フィリップス #マルチチョッパー
セットして、上から押すとブレードが回転する仕組み。 #フィリップス #マルチチョッパー


ではさっそく、使ってみる。 #フィリップス #マルチチョッパー
ではさっそく、使ってみる。 #フィリップス #マルチチョッパー


あっという間に、みじん切り!
あっという間に、みじん切り!


細かく均一なみじん切りができます。 #フィリップス #マルチチョッパー
細かく均一なみじん切りができます。 #フィリップス #マルチチョッパー


盛り付けてドレッシングをかけたらサラダ。 #フィリップス #マルチチョッパー
盛り付けてドレッシングをかけたらサラダ。 #フィリップス #マルチチョッパー


オムレツにしてみた。盛り付けちょっと失敗したけど。
オムレツにしてみた。盛り付けちょっと失敗したけど。


フワトロオムレツつくった。見た目は失敗したけど、味はうまいよ。
フワトロオムレツつくった。見た目は失敗したけど、味はうまいよ。


簡単にみじん切りができちゃいます。もちろん、通常のフードプロセッサーのようにジューサーみたいな使い方もできます。良い感じ。

というわけで、肝心のホームメイドラボの活動がまだできてませんが、何か面白そうな企画があればどんどん参加したいと思っています。




by t0maki | 2017-03-10 21:40 | アンバサダー | Comments(0)
c0060143_17154610.jpg
「おもいでばこ」に新モデル「PD-1000Sシリーズ」が登場しましたね。従来のモデルのブラッシュアップ版。対応する無線LAN規格が増えたり、Bluetoothのスピーカやヘッドフォンに対応っていうハード部分の進化の他にも、機能的には「写真・動画の復旧」が追加され、写真や動画に問題がある場合は自動的に復旧できるようになったとのこと。これは良いね。

と、他にも良いなと思ったのは、「クリップ機能」。アルバムごととか、日にちや月を指定して、写真をごっそりスマートフォンにダウンロードして持ち出せる。これの素晴らしいところは、持ち出し用の写真サイズを「おもいでばこ」の方で最適化してくれるので、スマホ上でさくさく表示できるっていう点。ここらへんの技術は、さすがバッファローさんだな、と。ちなみに、この「クリップ機能」は、アプリをバージョンアップすれば従来のモデルでも使うことができるらしい。すばらしい。

すごーく細かいところでは、「写真のきりかえ効果」に「オフ」「フルサイズ(オフ)」と、「高速ディゾルブ」「フルサイズ(高速ディゾルブ)」が追加されたみたいだけど、これは細かすぎて伝わらないやつだ。

見た目はほとんど変わってないよね。ロゴがちょこっと変わったくらい?基本的にはいままでの良いところはそのままに、少し新しくなったブラッシュアップ版、と。良い感じ。近いうちに実機を触らせてもらおう。






by t0maki | 2017-03-09 18:07 | アンバサダー | Comments(0)
この記事は、reviews(レビューズ)より依頼した企画です。
c0060143_23022088.jpg


プロダクトがライフスタイルを変える、みたいなことを書こうと思うんですけどね。製品が生活にもたらす変化と、そのストーリーについて。
c0060143_23022115.jpg

昨年の終わりごろに、BenQさんから期間限定でプロジェクターをモニターとしてお借りしてたんですよ。「HT3050」っていう、家庭用のプロジェクター。ベランダの手すりに毛布をかけて、テントの中にプロジェクターを持ち込んで即席の映画鑑賞会をやりました。プロジェクターをiPadにつないで、小さめのBluetoothスピーカーから音を出しつつ、Amazonビデオの中から映画を選んで娘と一緒に観るっていう。毛布が風にあおられてひらひらしたりもするんですけど、そんなんも含めてすごい楽しかった思い出。

「よし、今夜はじゃぁアニメでも見ようぜー」って言って、寝室にプロジェクターを持ち込んで、娘と一緒に壁一面に投影したテレビアニメを見たりとかね。やたら高音質のBOSEのスピーカーにつなげちゃったりして。そのくせ、プロジェクターを置く台とかは、そこらへんにあったカホン(木箱みたいな楽器)を横にして乗っけちゃったりもしつつ。

「プロジェクターのある生活」っていうのがすごく楽しかったわけですよ。で、そのプロジェクターがあることで、家庭内での映画や動画の視聴スタイルが変わったりね。普段、iPadで動画を観る時って、ひとりじゃないですか。それが、プロジェクターにつなげることですっごく手軽にホームシアターができちゃうわけ。

前置きがやたら長いですが、そんなBenQ社製のプロジェクターが一同に集まった「BenQホームシアタープロジェクター体験イベント」を取材してきました。僕がモニターレビューを書いたプロジェクターも会場にしっかり展示されていました。さらに、映画館と同じ画質で映像を楽しめるホームシアタープロジェクター「HT6050」や、めちゃめちゃ画質のきれいな4K UHD対応「HT8050」も展示されてて、その映像の美しさには圧倒されまくりでしたよ。

さすが高機能なハイエンド機種なので、サイズ感もそれなりに。がっつり設置するタイプかな。 #BenQアンバサダー #reviews_ad
さすが高機能なハイエンド機種


表情がかっこいいよね。 #BenQアンバサダー #reviews_ad
正面からの表情にも風格があります


4K画質のプロジェクターですよ。 #BenQアンバサダー #reviews_ad
4K Ultra HD画質のプロジェクターですよ!


この4Kの迫力は、ぜひ実際に見て確かめて欲しいなぁと思った。 #BenQアンバサダー #reviews_ad
この4K映像の迫力は、ぜひ実際に見て確かめてもらいたい


ベンキューアジアパシフィック社長のジェフリーさん #BenQアンバサダー #reviews_ad
ベンキューアジアパシフィック社長のジェフリーさんがご登壇


BenQジャパンの洞口さん。実はこの数日前にも別イベントでご登壇されてるのを拝見しました。 #BenQアンバサダー #reviews_ad
BenQジャパンの洞口さんによるプレゼンも


会場では、いくつかのプロジェクターの映像も見比べつつ。 #BenQアンバサダー #reviews_ad
プロジェクターごとに、映像も見比べつつ

4K映像がどのくらい緻密で美しいかは、たぶん見た人にしか伝わらないかもしれないけど、映像のディテールが本当にくっきりはっきり見えて、引き込まれるみたいな感覚になって見てるだけでドキドキする。これで映画を観たら、本当にもう最高の体験でしょうね。

実際に、会場では「HT8050」で4Kのサンプル動画とか、映画のワンシーンも見たのですが、普通にミニシアターで映画を見ている雰囲気でしたよ。これが、ホームシアタープロジェクターとして発売されるってのが、すごいな、と。価格は、オープンなので定価は無いようなのですが、聞くところによると70万くらいだそうです。プラス、音声を再生するアンプやスピーカーと、もちろん動画を再生するための機器も必要ですね。あとは、投影するためのスクリーンとか。金額だけ聞くとちょっとお高めに感じるかもしれませんが、実際に映像を体感すると十分その分の価値はあると思いますよ。

ちょこっとだけ、スペックの話をしましょうか。BenQホームシネマプロジェクター「HT8050」は、同社のDLPプロジェクターとしては初めての、4K UHD DMDチップを搭載。フルHDをはるかにしのぐ、830万画素の4K Ultra HDの高解像度で映像の細部まで投影することが可能。デュアルポジションの精度光アクチュエイタを経由してXPR高速スイッチング技術を活用している全米民生技術協会の仕様に対応しているって言われてもなかなかそのすごさが伝わらないですが、要は「映画館に配給される映画製作会社の映像をそのまま忠実に映し出すことができる」ってことらしいです。まぁとにかく、何度も言うけど映像を見れば分かる、と。

会場に参考出品されてた「X12000」という製品もかなり気になりました。見た目は、「HT8050」とほぼ一緒なのですが、光源がLEDとのことで、電球の寿命が断然長い、と。「どのくらい違うんですか?」って質問してみたのですが、その光源の寿命があまりにも長いので、光源を交換するよりも早くにプロジェクターの方が古くなって交換になるんじゃないかっていう回答があったほど。プロジェクターって、意外とこの電球交換のメンテナンス費がかかるんですよね。「HT8050」の光源も、標準設定で使用すると最大約3000時間程度。もし1日に2時間ずつ使い続けたとすると、4年くらいで交換。1日4時間ずつだと、2年ちょい、と。それが、LEDになることで光源寿命の心配がほぼ無くなる、と。「X12000」の日本での発売は未定ということですが、こちらも楽しみな製品です。

というわけで、そろそろうちもプロジェクターが欲しいなぁと思うわけです。部屋が明るいままでも使える高輝度のものとか、スクリーンとの距離が近くても投影できる短焦点のものとか、プロジェクターにもいろいろ種類があるんですよね。中には、専用の電子ペンを使って、投写画面に手書きで書き込みができる電子黒板のプロジェクターも。今回、いろんなプロジェクターを体験することができたので、とても有意義なイベントでしたよ。スマホで映画を観るのも良いけど、やっぱり自宅にプロジェクターがあればめいっぱい大きな画面で楽しめる。そういった製品があることで、生活がちょっと変わるわけですよ。

最後に、僕も参加している「BenQアンバサダープログラム」のご紹介を。BenQ社の製品を使っている人、あるいは使っていないけど気になってる人、これから使ってみたい人など、みんなでBenQ社さんと一緒にその製品の魅力を広めようっていうプログラムです。登録すると、アンバサダー限定のイベントや、製品モニターの企画などに参加でき、ブログやSNSに投稿することができます。僕も、プロジェクターをお借りしたり、カラーマネージメントディスプレイやLEDデスクライトを実際に使わせていただきました。また、2月23日~27日にパシフィコ横浜で開催される、カメラと写真・映像をテーマにしたCP+(Camera & Photo Imaging Show 2017)では、BenQさんのブースでレポートなどのお手伝いをさせていただきました。気になる方は、ぜひBenQアンバサダープログラムのサイトから登録申請してみてください。


BenQアンバサダープログラム



by t0maki | 2017-03-06 11:57 | アンバサダー | Comments(0)
c0060143_18275728.jpg

カメラがテーマの「CP+」っていうイベントは、前から存在は知ってたんですけど、こんな風に参加するのは初めて。「BenQアンバサダー」として、会場でお煎餅を配るという高難度のミッションを与えられ、当日はBenQのシャツを着て会場をうろうろしておりました。お役に立てたかは分かりませんが、何事も経験、と。

記念撮影。 #benqアンバサダー
記念撮影。 #benqアンバサダー


黒野さんのプレゼン中。Webデザイナー視点でのPD2700Qについてのレビュー。 #benqアンバサダー
黒野さんのプレゼン中。Webデザイナー視点でのPD2700Qについてのレビュー。 #benqアンバサダー


ウェブ制作の時にモニター縦位置表示は良いなぁ。 #benqアンバサダー
ウェブ制作の時にモニター縦位置表示は良いなぁ。 #benqアンバサダー


ようこそ。 #benqアンバサダー
ようこそ。 #benqアンバサダー


裏側。
裏側。


三井さんのプレゼン中。写真は途中で消さない方が良いって、なるほど。カードエラーの原因になることがある、と。 #benqアンバサダー
三井さんのプレゼン中。写真は途中で消さない方が良いって、なるほど。カードエラーの原因になることがある、と。 #benqアンバサダー


BenQブースのおねえさん。テキパキお仕事こなしててかっこよかった。 #benqアンバサダー
BenQブースのおねえさん。テキパキお仕事こなしててかっこよかった。 #benqアンバサダー


BenQのシャツを着て、「出展社」のネックストラップを下げて、来場したお客様にアンケートを配りつつ、景品をお渡ししつつ、はたから見たらBenQの人に見えたかもしれないけど、実はむしろユーザー代表に近い「アンバサダー」。それが、こんな風に出展に関われるのはすごく面白い。

モニターで使わせていただいたカラーマネジメントディスプレイの「SW2700PT」についてはそれなりに知ってるのですが、さすがにその他の新製品などは全然詳しくないので、そこらへんを質問されたらさりげなく社員さんにお繋ぎするのが難しかった。むしろ、僕の方が新製品について話を聞きたかったくらい。

休憩時間に他のブースを見たりトークセッションを聴講してたらお昼を食べる時間が無くなり、今帰り道、空腹を我慢しながらブログ更新、と。

このディスプレイ、モニターして使って見た人の中でもすごく人気があって、モニター終了後に自腹で購入してる人が結構いるみたい。カラーマネジメントディスプレイで、7万円を切る金額は、確かに安いですからね。写真好きな人や、デザイナーさんにもおすすめ。

もちろん、僕も欲しいのですよ、実は。
もうすぐ、誕生日なんですよね。ねぇ。


by t0maki | 2017-02-25 18:27 | アンバサダー | Comments(0)
c0060143_20334926.jpg

今年も、『アンバサダーサミット2017』に参加させていただきました。最前列のプレス席で、前のめりな感じで。今回、4回目の開催。毎回、いろいろ勉強させていただいてます。

過去に参加した時に書いた記事がこちら。

アンバサダーサミット2014

アンバサダーサミット2015

アンバサダーサミット2016

この4年で、「アンバサダー」っていう言葉も浸透してきたと思うし、各企業がどんどん施策をはじめてますね。今回のイベントの主催者である、アジャイルメディア・ネットワーク(AMN)社でも、すでに90件のアンバサダー施策を運営してきたらしい。

ここでいうアンバサダーとは、いわゆる一昔前のタレントや有名人を起用したアンバサダーともちょっと違っていて、その製品やブランドの「ファン」と一緒に盛り上げよう、っていうマーケティング施策のこと。派手なマス広告とは違い、草の根的にじわじわと口コミなどを中心に応援者を広げていくような感じ。

アンバサダープログラムについては、僕もそれなりにいろいろ参加しているので一通りは理解しているつもりでしたが、冒頭の基調講演で佐藤尚之さんがおっしゃってた、「ファンベース(アンバサダー)は、高感度層にリーチする手段」っていうのがすごく目から鱗な感じで面白かった。「ファンがファンじゃない人をファンにする」過程で、情報への感度が高い人が口コミで伝えていくという流れが見えた。それは、マス広告にとってかわるものではなく、むしろ補完するべき役割だ、と。

それと、トークセッションの中で出てきた発言で、広告費の予算取りのためにどうしても短期的な効果測定をしてしまいがちだけど、中・長期のファンベース施策ではそのような効果測定は意味がないし、人の感情などは計るべきではないっていう考え方も「さすが」と思いました。

オープニング、AMNの徳力さん。 #アンバサダーサミット
オープニング、AMNの徳力さん。 #アンバサダーサミット


佐藤尚之さんの基調講演。ファンベースマーケティングを高感度層への施策と位置づけることで、全体がすごく分かりやすくなった。 #アンバサダーサミット
佐藤尚之さんの基調講演。ファンベースマーケティングを高感度層への施策と位置づけることで、全体がすごく分かりやすくなった。 #アンバサダーサミット


ライオンの浅沼氏。 #アンバサダーサミット
ライオンの浅沼氏。 #アンバサダーサミット


花押の山田氏 #アンバサダーサミット
花押の山田氏 #アンバサダーサミット


カプコンの中谷氏。世界132カ国に参加者がいるバイオハザードアンバサダープログラムを紹介。 #アンバサダーサミット
カプコンの中谷氏。世界132カ国に参加者がいるバイオハザードアンバサダープログラムを紹介。 #アンバサダーサミット


ベンキュージャパンの洞口氏。アンバサダー企画、僕も参加しています。 #アンバサダーサミット
ベンキュージャパンの洞口氏。アンバサダー企画、僕も参加しています。 #アンバサダーサミット


トリドールの大洞さん。丸亀製麺試食部の取り組みについて。 #アンバサダーサミット
トリドールの大洞さん。丸亀製麺試食部の取り組みについて。 #アンバサダーサミット


トークセッション
トークセッション


セールス・オンデマンドの徳丸氏。アイロボットファンプログラムについて。 #アンバサダーサミット
セールス・オンデマンドの徳丸氏。アイロボットファンプログラムについて。 #アンバサダーサミット


ヤマト運輸の服部さんによる、クロネコアンバサダーの施策について。最初のきっかけは「宅急便コンパクト」発売の時だったんですね。 #アンバサダーサミット
ヤマト運輸の服部さんによる、クロネコアンバサダーの施策について。最初のきっかけは「宅急便コンパクト」発売の時だったんですね。 #アンバサダーサミット


花王…じゃぁない、小林製薬の福井さん。ヒフミドアンバサダーについて。 #アンバサダーサミット
花王…じゃぁない、小林製薬の福井さん。ヒフミドアンバサダーについて。 #アンバサダーサミット


アンバサダープログラムの取り組み紹介の第2部。トークセッションはじまりました。 #アンバサダーサミット
アンバサダープログラムの取り組み紹介の第2部。トークセッションはじまりました。 #アンバサダーサミット


ファシリテーターは、AMNの藤崎さん。 #アンバサダーサミット
ファシリテーターは、AMNの藤崎さん。 #アンバサダーサミット

さまざまな企業の担当者さんたちが、それぞれの事例を持ち寄ってプレゼンし、トークセッションする内容もとても勉強になりました。たまにプレゼン資料に僕がチラッと写ってたり、ブログ記事を取り上げてもらったりもしたよ。僕も、結構いろんな「アンバサダー」として活動しているので。

アンバサダーサミット2017に参加してみて思ったこと。結局、マーケティング施策って、効率化だけを目的としてガチガチに仕組み化してもうまくいかないかもしれないかもな、と思った。結局最後は、人と人との付き合いなのですよね。マス広告というものは引き続き存在しつつ、その周りを取り囲むようにインターネットやSNSの台頭によってコミュニケーションの形も変わってきた。そこに広告が割り込むのではなく、対話をしながらコミュニティの一部となるようなマーケティング手法が理想的なのだな。なんてことを考えつつ、個人的にも引き続き「アンバサダーのアンバサダー」としていろいろ活動していきますよ。


by t0maki | 2017-02-06 10:27 | アンバサダー | Comments(0)
c0060143_13524349.jpg

「アイロボット ファンプログラムアワード2016」に参加してきました。場所は、飯田橋グラン・ブルーム サクラテラス 2階にある、「ロイヤルガーデンカフェ」。そして開催日は、2016年11月29日……。最近、小人が僕のブログ記事を消しているようだ。書いたつもりの記事がアップされてないので、改めて書きます。
c0060143_13524499.jpg

c0060143_13524465.jpg


というわけで、「アイロボット ファンプログラム」、一周年おめでとうございます!
うちのアイロボット社製ルンバ君も元気に活躍しております。

今回のアイロボットアワード2016では、1周年を記念しての年間MVP発表や、グループワーク、クイズ大会などを食事や飲み物もいただきつつ参加者みんなで楽しむという、とても素敵なイベントでした。改めて、ルンバの良さを再確認しつつ、他の家ではどのように使われているのかなども伺いつつ、これからもアイロボット ファンとして活動していこうと思った次第です(の割にはなんと遅筆)。

「ルンバが家に来て、部屋を綺麗に片づけるようになった」っておっしゃる方がいて、なるほどなぁ、と。そうなんですよね、ルンバ君が気持ちよく家の中を掃除してくれるように、床にいらないものを置かない、と。ロボット掃除機ルンバ君はちゃんとセンサーが(と、最新機種はカメラも)付いてるので、障害物はきちんと避けて掃除してくれるんですけど、やっぱり部屋を片付けておいた方が隅々まできれいにしてくれるから気持ちが良い。そういう、生活の変化とか、掃除に対する意識の変化とか、ルンバによって変わってくるのって面白いですね。

なんて話をしながらグループワークをやってたら、隣でタムカイさんがぐりぐり発表資料をすごいクオリティで描きこんでくれて、いやさすがだな、と。
c0060143_13524557.jpg

c0060143_13524515.jpg

ルンバが家にやってきてちょうど一年。これからもよろしくお願いします。



by t0maki | 2017-01-14 13:08 | アンバサダー | Comments(0)
c0060143_14355724.jpg
ケロッグママ アンバサダー プログラムのモニターに参加しています!
とっくに記事を書いてたつもりが、写真だけアップして忘れてたらしい。おっと。

というわけで、ケロッグママ アンバサダーが何かというと、ケロッグ社が主体となって、子ども用シリアルを通じて、子どもの朝食の大切さを「ケロッグママ」たちがSNSやブログなどで発信するというもの。ママたちが主役のプログラムですが、僕はパパとして参加しています。

詳しい内容や参加方法は、ケロッグの公式サイトよりどうぞ。


今回、ケロッグの「親子でグラノラ モーニングレポーター」ということで、ケロッグのシリアルとハンドブックをいただきました。

・フロスティ 成長応援グラノラ
・厳選素材 フルーツグラノラ(こちらは大人用)
・成長応援ハンドブック


▼こちらが「ケロッグママ 成長応援ハンドブック」です
c0060143_14363853.jpg
▼監修は成田奈緒子先生
c0060143_14364368.jpg
▼「げんきカレンダー!」には「きょうのきぶん」や「おへんじコーナー」を書き込めるようになっており、子どもとの通信欄として使えます。
c0060143_14364785.jpg
うちは、娘はきちんと朝食を食べて学校へ行ってますが、パパは普段朝食抜き。体によくないとは分かっていても、仕事をしている平日は1日1食だけの日もたまにあったりして、こりゃいかんなぁ、と。唯一、旅をしている期間だけは一日にしっかり朝・昼・夕の3食を食べるので、旅をしているとみるみる健康になってくんですよね。よく寝て、よく食べて、よく歩く。普段からいつもできれば良いんですけどね。

というわけで、朝食にグラノラ。お子様の成長には、子ども用の「フロスティ 成長応援グラノラ」をぜひ。



by t0maki | 2017-01-13 04:34 | アンバサダー | Comments(0)
c0060143_17374967.jpg
チェコ旅行中にBenQ社製「カラーマネジメントディスプレイSW2700PT」が届いてたのですけど、これが製品モニターで12月20日返却期限だったのですね。もう、めっちゃ急いで開けて、とりあえず組み立てて、使ってみて、もうあっという間に返却。
で、記事を書こうとしてメールを見返したら、返却期限が来月中旬に伸びてる!!ぬぉぉー、すごいもったいないことをした。もっと使いたかったよー。

「BenQアンバサダー」として、モニターに参加しました。
c0060143_17374258.jpg
ゴリゴリのプロ仕様で良い感じのディスプレイです。写りこみを防止するためのひさしみたいなフードが付いててね。今まで自分が使ってるディスプレイが恥ずかしくなってしまうような、立派な感じ。

このモニターにフルスクリーンでPhotoshopを立ち上げてね、年賀状をつくりましたよ。なんかもう、ため息がでるくらい使いやすい。僕の肩書がまだデザイナーだったら、無理をしてでもこれを買おうとしただろうな。しっかりカラーマネージメントされているので、その色本来が持つ発色がディスプレイ上で再現されるのが特長。室内の明るさや色温度に応じてキャリブレーションをする場合は、専用のデバイスを別途購入するみたいですね。前回のイベントの際は、会場にキャリブレーターが置いてありました。

年賀状が完成した後、チェコで撮影した写真をどわーっと画面いっぱいにサムネイル表示させてね、少し写真の整理をしたり。パソコンで写真やデザインの作業をするのがすごく楽しくなりますね。
僕みたいな貧乏日曜アーティストには手の届かない製品だよなー、と思いつつ、Amazonで価格を見てみたんですね。そしたら、「あれ?頑張れば買えるかも」っていう金額でびっくり。


解像度が2560x1440(WQHD)ピクセルの27型サイズ。プロのカメラマンやフォトグラファー、デザイナーが使うカラーマネジメント液晶ディスプレイ。付属の「OSDコントローラー」で、AdobeRGB、sRGB、モノクロモードなど、色の設定を切り替えることができます。入力端子は、DVI-DL、DisplayPort1.2と、HDMI1.4です。ここらへんはまぁ、スペック情報なので参考まで。
c0060143_17374697.jpg
写真が好きでパソコンで画像編集をする人とか、あるいはデザインをする人などにおすすめ。
というわけで、お金を貯めて買おうかどうか検討中なのです。



by t0maki | 2016-12-20 17:44 | アンバサダー | Comments(0)
c0060143_16302790.jpg

オールブランシリーズの3種類(オリジナル、ブランフレークプレーン、フルーツミックス)をいただきました!「オールブランアンバサダー」として、オールブランのモニターに参加しています。

オールブランの特長と言えば、なんといっても自然由来の食物繊維である「ブラン」でできていることですよね。小麦の「ふすま」と呼ばれる外皮を使うことで、食物繊維がお腹の中からきれいにしてくれます。

今回当選したプレゼントには、持ち歩きに便利な「ちょい足しボトル」が付属してました。小さめの小瓶に、オールブランを入れて持ち歩きます。オフィスでランチにコーンスープを食べた際、オールブランを「ちょい足し」してみましたよ。

前にも書いたかもしれませんが、オールブランに牛乳を入れて食べる時に、このカインズで買ったカップがすごく使いやすい。メモリが付いているので、ブランフレークを入れる分量と、牛乳の分量がすぐに分かります。
c0060143_16302723.jpg

「オールブラン ブランフレーク プレーン」と「オールブラン オリジナル」は、「おなかの調子を整える食品」として特定保健用食品(トクホ)の許可を受けています。

ワタシ スッキリを目指す方に。



by t0maki | 2016-11-28 09:27 | アンバサダー | Comments(0)

   
Back to Top