ブログトップ | ログイン
カテゴリ:アンバサダー( 34 )

c0060143_20334926.jpg

今年も、『アンバサダーサミット2017』に参加させていただきました。最前列のプレス席で、前のめりな感じで。今回、4回目の開催。毎回、いろいろ勉強させていただいてます。

過去に参加した時に書いた記事がこちら。

アンバサダーサミット2014

アンバサダーサミット2015

アンバサダーサミット2016

この4年で、「アンバサダー」っていう言葉も浸透してきたと思うし、各企業がどんどん施策をはじめてますね。今回のイベントの主催者である、アジャイルメディア・ネットワーク(AMN)社でも、すでに90件のアンバサダー施策を運営してきたらしい。

ここでいうアンバサダーとは、いわゆる一昔前のタレントや有名人を起用したアンバサダーともちょっと違っていて、その製品やブランドの「ファン」と一緒に盛り上げよう、っていうマーケティング施策のこと。派手なマス広告とは違い、草の根的にじわじわと口コミなどを中心に応援者を広げていくような感じ。

アンバサダープログラムについては、僕もそれなりにいろいろ参加しているので一通りは理解しているつもりでしたが、冒頭の基調講演で佐藤尚之さんがおっしゃってた、「ファンベース(アンバサダー)は、高感度層にリーチする手段」っていうのがすごく目から鱗な感じで面白かった。「ファンがファンじゃない人をファンにする」過程で、情報への感度が高い人が口コミで伝えていくという流れが見えた。それは、マス広告にとってかわるものではなく、むしろ補完するべき役割だ、と。

それと、トークセッションの中で出てきた発言で、広告費の予算取りのためにどうしても短期的な効果測定をしてしまいがちだけど、中・長期のファンベース施策ではそのような効果測定は意味がないし、人の感情などは計るべきではないっていう考え方も「さすが」と思いました。

オープニング、AMNの徳力さん。 #アンバサダーサミット
オープニング、AMNの徳力さん。 #アンバサダーサミット


佐藤尚之さんの基調講演。ファンベースマーケティングを高感度層への施策と位置づけることで、全体がすごく分かりやすくなった。 #アンバサダーサミット
佐藤尚之さんの基調講演。ファンベースマーケティングを高感度層への施策と位置づけることで、全体がすごく分かりやすくなった。 #アンバサダーサミット


ライオンの浅沼氏。 #アンバサダーサミット
ライオンの浅沼氏。 #アンバサダーサミット


花押の山田氏 #アンバサダーサミット
花押の山田氏 #アンバサダーサミット


カプコンの中谷氏。世界132カ国に参加者がいるバイオハザードアンバサダープログラムを紹介。 #アンバサダーサミット
カプコンの中谷氏。世界132カ国に参加者がいるバイオハザードアンバサダープログラムを紹介。 #アンバサダーサミット


ベンキュージャパンの洞口氏。アンバサダー企画、僕も参加しています。 #アンバサダーサミット
ベンキュージャパンの洞口氏。アンバサダー企画、僕も参加しています。 #アンバサダーサミット


トリドールの大洞さん。丸亀製麺試食部の取り組みについて。 #アンバサダーサミット
トリドールの大洞さん。丸亀製麺試食部の取り組みについて。 #アンバサダーサミット


トークセッション
トークセッション


セールス・オンデマンドの徳丸氏。アイロボットファンプログラムについて。 #アンバサダーサミット
セールス・オンデマンドの徳丸氏。アイロボットファンプログラムについて。 #アンバサダーサミット


ヤマト運輸の服部さんによる、クロネコアンバサダーの施策について。最初のきっかけは「宅急便コンパクト」発売の時だったんですね。 #アンバサダーサミット
ヤマト運輸の服部さんによる、クロネコアンバサダーの施策について。最初のきっかけは「宅急便コンパクト」発売の時だったんですね。 #アンバサダーサミット


花王…じゃぁない、小林製薬の福井さん。ヒフミドアンバサダーについて。 #アンバサダーサミット
花王…じゃぁない、小林製薬の福井さん。ヒフミドアンバサダーについて。 #アンバサダーサミット


アンバサダープログラムの取り組み紹介の第2部。トークセッションはじまりました。 #アンバサダーサミット
アンバサダープログラムの取り組み紹介の第2部。トークセッションはじまりました。 #アンバサダーサミット


ファシリテーターは、AMNの藤崎さん。 #アンバサダーサミット
ファシリテーターは、AMNの藤崎さん。 #アンバサダーサミット

さまざまな企業の担当者さんたちが、それぞれの事例を持ち寄ってプレゼンし、トークセッションする内容もとても勉強になりました。たまにプレゼン資料に僕がチラッと写ってたり、ブログ記事を取り上げてもらったりもしたよ。僕も、結構いろんな「アンバサダー」として活動しているので。

アンバサダーサミット2017に参加してみて思ったこと。結局、マーケティング施策って、効率化だけを目的としてガチガチに仕組み化してもうまくいかないかもしれないかもな、と思った。結局最後は、人と人との付き合いなのですよね。マス広告というものは引き続き存在しつつ、その周りを取り囲むようにインターネットやSNSの台頭によってコミュニケーションの形も変わってきた。そこに広告が割り込むのではなく、対話をしながらコミュニティの一部となるようなマーケティング手法が理想的なのだな。なんてことを考えつつ、個人的にも引き続き「アンバサダーのアンバサダー」としていろいろ活動していきますよ。


by t0maki | 2017-02-06 10:27 | アンバサダー | Comments(0)
c0060143_13524349.jpg

「アイロボット ファンプログラムアワード2016」に参加してきました。場所は、飯田橋グラン・ブルーム サクラテラス 2階にある、「ロイヤルガーデンカフェ」。そして開催日は、2016年11月29日……。最近、小人が僕のブログ記事を消しているようだ。書いたつもりの記事がアップされてないので、改めて書きます。
c0060143_13524499.jpg

c0060143_13524465.jpg


というわけで、「アイロボット ファンプログラム」、一周年おめでとうございます!
うちのアイロボット社製ルンバ君も元気に活躍しております。

今回のアイロボットアワード2016では、1周年を記念しての年間MVP発表や、グループワーク、クイズ大会などを食事や飲み物もいただきつつ参加者みんなで楽しむという、とても素敵なイベントでした。改めて、ルンバの良さを再確認しつつ、他の家ではどのように使われているのかなども伺いつつ、これからもアイロボット ファンとして活動していこうと思った次第です(の割にはなんと遅筆)。

「ルンバが家に来て、部屋を綺麗に片づけるようになった」っておっしゃる方がいて、なるほどなぁ、と。そうなんですよね、ルンバ君が気持ちよく家の中を掃除してくれるように、床にいらないものを置かない、と。ロボット掃除機ルンバ君はちゃんとセンサーが(と、最新機種はカメラも)付いてるので、障害物はきちんと避けて掃除してくれるんですけど、やっぱり部屋を片付けておいた方が隅々まできれいにしてくれるから気持ちが良い。そういう、生活の変化とか、掃除に対する意識の変化とか、ルンバによって変わってくるのって面白いですね。

なんて話をしながらグループワークをやってたら、隣でタムカイさんがぐりぐり発表資料をすごいクオリティで描きこんでくれて、いやさすがだな、と。
c0060143_13524557.jpg

c0060143_13524515.jpg

ルンバが家にやってきてちょうど一年。これからもよろしくお願いします。



by t0maki | 2017-01-14 13:08 | アンバサダー | Comments(0)
c0060143_14355724.jpg
ケロッグママ アンバサダー プログラムのモニターに参加しています!
とっくに記事を書いてたつもりが、写真だけアップして忘れてたらしい。おっと。

というわけで、ケロッグママ アンバサダーが何かというと、ケロッグ社が主体となって、子ども用シリアルを通じて、子どもの朝食の大切さを「ケロッグママ」たちがSNSやブログなどで発信するというもの。ママたちが主役のプログラムですが、僕はパパとして参加しています。

詳しい内容や参加方法は、ケロッグの公式サイトよりどうぞ。


今回、ケロッグの「親子でグラノラ モーニングレポーター」ということで、ケロッグのシリアルとハンドブックをいただきました。

・フロスティ 成長応援グラノラ
・厳選素材 フルーツグラノラ(こちらは大人用)
・成長応援ハンドブック


▼こちらが「ケロッグママ 成長応援ハンドブック」です
c0060143_14363853.jpg
▼監修は成田奈緒子先生
c0060143_14364368.jpg
▼「げんきカレンダー!」には「きょうのきぶん」や「おへんじコーナー」を書き込めるようになっており、子どもとの通信欄として使えます。
c0060143_14364785.jpg
うちは、娘はきちんと朝食を食べて学校へ行ってますが、パパは普段朝食抜き。体によくないとは分かっていても、仕事をしている平日は1日1食だけの日もたまにあったりして、こりゃいかんなぁ、と。唯一、旅をしている期間だけは一日にしっかり朝・昼・夕の3食を食べるので、旅をしているとみるみる健康になってくんですよね。よく寝て、よく食べて、よく歩く。普段からいつもできれば良いんですけどね。

というわけで、朝食にグラノラ。お子様の成長には、子ども用の「フロスティ 成長応援グラノラ」をぜひ。



by t0maki | 2017-01-13 04:34 | アンバサダー | Comments(0)
c0060143_17374967.jpg
チェコ旅行中にBenQ社製「カラーマネジメントディスプレイSW2700PT」が届いてたのですけど、これが製品モニターで12月20日返却期限だったのですね。もう、めっちゃ急いで開けて、とりあえず組み立てて、使ってみて、もうあっという間に返却。
で、記事を書こうとしてメールを見返したら、返却期限が来月中旬に伸びてる!!ぬぉぉー、すごいもったいないことをした。もっと使いたかったよー。

「BenQアンバサダー」として、モニターに参加しました。
c0060143_17374258.jpg
ゴリゴリのプロ仕様で良い感じのディスプレイです。写りこみを防止するためのひさしみたいなフードが付いててね。今まで自分が使ってるディスプレイが恥ずかしくなってしまうような、立派な感じ。

このモニターにフルスクリーンでPhotoshopを立ち上げてね、年賀状をつくりましたよ。なんかもう、ため息がでるくらい使いやすい。僕の肩書がまだデザイナーだったら、無理をしてでもこれを買おうとしただろうな。しっかりカラーマネージメントされているので、その色本来が持つ発色がディスプレイ上で再現されるのが特長。室内の明るさや色温度に応じてキャリブレーションをする場合は、専用のデバイスを別途購入するみたいですね。前回のイベントの際は、会場にキャリブレーターが置いてありました。

年賀状が完成した後、チェコで撮影した写真をどわーっと画面いっぱいにサムネイル表示させてね、少し写真の整理をしたり。パソコンで写真やデザインの作業をするのがすごく楽しくなりますね。
僕みたいな貧乏日曜アーティストには手の届かない製品だよなー、と思いつつ、Amazonで価格を見てみたんですね。そしたら、「あれ?頑張れば買えるかも」っていう金額でびっくり。


解像度が2560x1440(WQHD)ピクセルの27型サイズ。プロのカメラマンやフォトグラファー、デザイナーが使うカラーマネジメント液晶ディスプレイ。付属の「OSDコントローラー」で、AdobeRGB、sRGB、モノクロモードなど、色の設定を切り替えることができます。入力端子は、DVI-DL、DisplayPort1.2と、HDMI1.4です。ここらへんはまぁ、スペック情報なので参考まで。
c0060143_17374697.jpg
写真が好きでパソコンで画像編集をする人とか、あるいはデザインをする人などにおすすめ。
というわけで、お金を貯めて買おうかどうか検討中なのです。



by t0maki | 2016-12-20 17:44 | アンバサダー | Comments(0)
c0060143_16302790.jpg

オールブランシリーズの3種類(オリジナル、ブランフレークプレーン、フルーツミックス)をいただきました!「オールブランアンバサダー」として、オールブランのモニターに参加しています。

オールブランの特長と言えば、なんといっても自然由来の食物繊維である「ブラン」でできていることですよね。小麦の「ふすま」と呼ばれる外皮を使うことで、食物繊維がお腹の中からきれいにしてくれます。

今回当選したプレゼントには、持ち歩きに便利な「ちょい足しボトル」が付属してました。小さめの小瓶に、オールブランを入れて持ち歩きます。オフィスでランチにコーンスープを食べた際、オールブランを「ちょい足し」してみましたよ。

前にも書いたかもしれませんが、オールブランに牛乳を入れて食べる時に、このカインズで買ったカップがすごく使いやすい。メモリが付いているので、ブランフレークを入れる分量と、牛乳の分量がすぐに分かります。
c0060143_16302723.jpg

「オールブラン ブランフレーク プレーン」と「オールブラン オリジナル」は、「おなかの調子を整える食品」として特定保健用食品(トクホ)の許可を受けています。

ワタシ スッキリを目指す方に。



by t0maki | 2016-11-28 09:27 | アンバサダー | Comments(0)
c0060143_22061221.jpg

カロリーメイトは、ブロックタイプをよく高校陸上部の大会の日などに食べてました。「味はプレーンが好きです」って言ったら、「あ、それ私が開発したんです!」「えーー!」っていうのが本日のハイライト。大塚製薬の社員さんも交えて、「カロリーメイトアンバサダー」のワークショップをした時の出来事。

本日は、大塚製薬さんが開催した「カロリーメイトアンバサダーミーティング」に参加してきました。本日の主役は、ゼリータイプのカロリーメイト。ちょうどこの夏に、百貨店でキッズ向けのワークショップを開催した時に、朝からずっと休憩無しでぶっ続けで教えてたので、このカロリーメイトゼリーにホント助けられました。

というわけで、本日のイベントの模様など。

▼本日の会場は大塚製薬社内
本日は、品川の大塚製薬にて、カロリーメイトアンバサダーミーティングに参加しましたよ、と。


▼名札
うぃ。


▼テーブルに置いてあるスナックが全部大塚製薬製。こんなにあるんだねー。
さて、今日はこちらへ。 #カロリーメイトアンバサダー


▼会場にあったパネルで、歴史のお勉強
歴史のお勉強 #カロリーメイトアンバサダー


▼大塚製薬の中尾さんによる、カロリーメイトの歴史や特長の紹介など
大塚製薬の中尾さん。 #カロリーメイトアンバサダー


▼続いて、同じく大塚製薬で今回のカロリーメイトゼリーの開発を担当された矢田さんによる説明
同じく大塚製薬で、今回のカロリーメイトゼリーを担当された矢田さん #カロリーメイトアンバサダー


▼試食中。味を調える作業は、たいへんだー。
試食中。味を調える作業は、たいへんだー。 #カロリーメイトアンバサダー


▼さすがにボールに並々注がれたカロリーメイトゼリーの試作品は、いくら僕でも完食できませんでした
さすがにボールに並々注がれたカロリーメイトゼリーの試作品は、いくら僕でも完食できませんでした #カロリーメイトアンバサダー


▼ワークショップの後、発表も。
ワークショップの後、発表も。 #カロリーメイトアンバサダー


カロリーメイトゼリーの試食では、実際には商品化されないある意味「失敗作」と、さらにそれをわざと劣化させた「古くなった失敗作」を味わってから、「実際に販売されてる製品」を食べ比べました。当然だけどやっぱり全然違う。ダメな試作品に練乳を加えてみる実験もしてみたけど、ミルクが粉っぽく感じられて僕のは余計にダメでした。うーむ。味を整えるのは、難しい。メープルシロップとか、フルーツ系のソースとかならどうだろう?あの試作品のボールを持ち帰って、キッチンでいろいろ実験してみたくなりました。

カロリーメイトゼリーを製品化するにあたり、5年かけて約千パターンを試作してみたらしいですよ。栄養バランスの良いものをつくるのがまず一苦労。そしてさらに味も良くしていく、と。その千パターンのうち、発売されてる3つの味以外は全て日の目を見なかったわけだけど、多分量産する時の材料確保の問題とか、コストの問題とかで見送った味もあるんだろうなーと思いつつ、そんなところを質問してみたけど、具体的には教えてもらえなかったので残念。次回、こっそり教えてください。

開発は徳島で行ってるとのこと。徳島の開発現場とか、見てみたいなー。

そんなわけで、各種カロリーメイト製品のお土産もいただいて、楽しいイベントでした。

そういえばオレ、今日はダイエット企画でファスティングの初日なんですけど、参加してみたらむしろそれにぴったりのイベントでした。カロリーメイトは栄養バランスバッチリなので、これはかなりいいですね。お土産で三種類のカロリーメイトゼリーをいただいたので、明日もそれを飲みつつ、プチ断食2日目を頑張ります。


by t0maki | 2016-10-19 22:05 | アンバサダー | Comments(0)
c0060143_22543557.jpg

このスタンディングパウチの生クリーム、ホントに使いやすいんですよねー。冷蔵庫に常備しておいて、ちょこっと料理に加えるだけで美味しくなる。しかも、こんなメリットもある、と。

・光劣化が抑えられる
・脂肪塊の発生量が少ない
・乳香(にゅうこう)の保持能力が高い
・外部からの香りの遮断性が高い

というわけで本日は、「明治北海道十勝フレッシュ100 アンバサダー」として、『明治北海道十勝フレッシュ100 アンバサダーミーティング』に参加しました。行ってみて驚いたんですが、「明治北海道十勝フレッシュ100 アンバサダー」として参加したのに商品名が「明治北海道十勝フレッシュ100」から「明治北海道十勝純乳脂45」に変わっていたということで、100から45になってるけど、実は以前の100の時は乳脂が40で、今回45に増えてるという。つまり、「明治北海道十勝フレッシュ100(純乳脂40)」から、「明治北海道十勝純乳脂45」になったというわけ。うむ。

▼今日はこちらへ
さて、今日はこちらへ。 #十勝フレッシュ


▼まずは、真面目なお話。大事です。
まずは、真面目なお話。大事です。 #十勝フレッシュ


▼料理研究家の神野さん。野菜ソムリエで、スティックおにぎりの本も出してらっしゃいます。
料理研究家の神野さん。野菜ソムリエで、スティックおにぎりの本も出してらっしゃいます。 #十勝フレッシュ


野菜ソムリエCanacoとしてご活躍の料理研究家、神野さん。なにやら多彩な経歴をお持ちで。楽しい方だなー。料理の本を出してらっしゃるそうなので、今度探してみます。

▼キッチンスタジオ
本日は、こんなキッチンスタジオ。 #十勝フレッシュ


▼「とっても簡単ブランマンジェ」がホントに簡単そうなので、つくってみよう。
「とっても簡単ブランマンジェ」がホントに簡単そうなので、つくってみよう。 #十勝フレッシュ


▼デコってみてって言われたので。
デコってみてって言われたので。 #十勝フレッシュ


▼「ダイエットは明日から」
「ダイエットは明日から」けだし名言である。 #十勝フレッシュ


▼生クリームのきれいなトッピングの仕方を教わった。奥が先生がやった方。手前がオレ。あれ? むずかしーね。
生クリームのきれいなトッピングの仕方を教わった。奥が先生がやった方。手前がオレ。あれ? むずかしーね。 #十勝フレッシュ


最後は、グループワークもありつつ。和やかな雰囲気のイベントでしたよ。


by t0maki | 2016-10-12 21:41 | アンバサダー | Comments(0)
c0060143_10141028.jpg

いただきました。タイ観光アンバサダーのご褒美として、ありがたくいただきます。


▼バンコクのBTS電車1日乗車券。もう少し早く届いてたら、こないだのバンコク旅行で使えたなー。また行こう。
と、こちらもいただいた!バンコクのBTS電車1日乗車券。もう少し早く届いてたら、バンコクで使えたなー。また行こう。


▼こちらは、折り畳み傘。
結構長めの折り畳み傘。ありがとうございました。


▼ロゴも入ってて良い感じ
こちらも傘!タイ政府観光局のプロモーションに当選したのです。


というわけで、「タイ観光アンバサダー」としてタイについてもっと知らなければ。そういえば、こないだのタイ旅行もまだ書き足りないので、もうちょい記事を書こう。

とりあえず、そんなところで。

by t0maki | 2016-09-15 09:00 | アンバサダー | Comments(0)
c0060143_16290589.jpg

「くりかえし原点、くりかえし未来。」

すごいなー。お客様から寄せられた意見やコメントをきちんと受け止めるって、決して簡単なことではない。特に、大きな企業やメーカーになると、寄せられる意見の数も多くなってくる。それをスルーしないのは社内の仕組みとか、やる気とか、そもそもお客様を大切にする気持ちとか、いろんな要素が必要になってくる。きちんとやろうとすると、すごくたいへんなことですよ。
c0060143_16290645.jpg

無印良品を展開する、株式会社良品計画の「くらしの良品研究所」がアンバサダーアワード2016を受賞したので、その受賞スピーチを聞いてきました。良品計画では、以前からご意見箱的なサービスは提供していたそうです。しかし、当初はそこに寄せられたコメントは基本的に一般公開はせず、クローズドだったそうです。しかし、対応の結果を公開する目的で、2012年に「ご意見パーク」をオープン。お客さんからのご意見を集めて、その対応について公開していったそうです。この時はまだ、お客様のご意見をピックアップする形で一部だけ公開していたそうです。

そしてそのご意見パークは2014年1月に「IDEA PARK」として進化。そのリニューアルしたタイミングで、お客様から寄せられた全てのご意見を公開するようにしたとのこと。これって、すごいことですよね。どんな意見もまず公開する、と。昨年は年間4000点の意見が寄せられ、その結果として200点以上の商品が見直されたり改善されたそうですよ。

お客さんときちんと向き合って、その声をきちんと受け止めて、それを商品開発に結びつける。やっぱりさすがだなー、と思いました。

今回の「アンバサダーアワード2016」では、株式会社良品計画の「くらしの良品研究所」以外にも、合計8社のアンバサダープログラムが受賞しました。

・ピカ☆ママ コミュニティ(花王株式会社)
・それいけ!じゃがり校(カルビー株式会社)
・カンパイ会議(キリン株式会社)
・Xperiaアンバサダープログラム(ソニーモバイルコミュニケーションズ株式会社)
・KFCアンバサダープログラム(日本ケンタッキー・フライド・チキン株式会社)
・ネスカフェ アンバサダー(ネスレ日本株式会社)
・CLUB Panasonic(パナソニック株式会社)
・くらしの良品研究所(株式会社良品計画)

アンバサダーマーケティングについて、先ほどひとつ前の記事にも書きましたのでそちらもぜひ。


■関連記事&リンク
アンバサダーのアンバサダーとしてアンバサダーの魅力を伝える : 日曜アーティストの工房

『アンバサダープログラムアワード2016』に参加中 #アンバサダーアワード : 日曜アーティストの工房

アンバサダープログラムアワード Ambassador Program Award 2016 - Agilemedia Network, inc.

アンバサダープログラムアワードの受賞企業8社を発表|アジャイルメディア・ネットワーク(AMN)

by t0maki | 2016-08-29 16:30 | アンバサダー | Comments(0)
c0060143_15591637.jpg

お客様との接点を増やすこと。モノやサービスを売って終わりではなく、その後もお客さんと良好な関係を築いて、コミュニケーションをとりながらブランドや商品の価値を高めていくということ。商品を通してお客さんとの「絆を深める」ということですね。

「アンバサダーマーケティング」っていう、広告・PRの考え方。ブログやソーシャルメディアの台頭によって、ひとりひとりが情報発信をするようになり、消費者やユーザーの発信力が高まったことが背景にあるけど、昔から「口コミ」や「評判」ってネットが無い時代からもあったことだし、「お客様を大切にしよう」っていう姿勢は新しいものではない。ただそこに「アンバサダー」っていう名前をつけて、マーケティング施策として体系化して効果測定も含めて現場で使える手法として仕組化・サービス化した立役者がアジャイルメディア・ネットワーク(AMN)社、と。

というわけで今回、AMN社が主催の『アンバサダープログラムアワード2016』に参加してきました。最前列のプレス席で、前向き前のめりな感じで。

「アンバサダー」について、もうちょい補足を。そもそも、アメリカで「Brand Advocates」という、商品の「ファン/サポーター」を巻き込んでマーケティングを展開しようっていう考え方が一般的に知られるようになったのは、Rob Fuggettaさんが『Brand Advocates: Turning Enthusiastic Customers into a Powerful Marketing Force』っていう本を出版した2012年頃から。その流れを受け、日本ではこの書籍の日本語訳が『アンバサダーマーケティング』というタイトルで2013年に刊行されました。ちなみに、この日本語版を監修したのが、AMNの藤崎実さん。

この時に、「Advocates」という言葉が「アンバサダー」に置き換えられたのは、このアドボケイツという言葉が日本になじみがなく、すでにアンバサダーという言葉の方が一般的に使われていたため。ただ、それ以前から使われていた「アンバサダー」という呼称については、いわゆる企業が有名人を起用した「タレントアンバサダー」的なニュアンスがあって、ちょっと意味合いが違っていた。一方で、商品の専門家は伝道師という意味の「エバンジェリスト」であったり、ユーザーとは異なる情報拡散の影響力がある人を「インフルエンサー」と呼んだり、いろんなワードは存在していた。「マーケットメイブン」なんてのもありましたね。

とにかく、今回の「アンバサダープログラムアワード」は、それらのタレントアンバサダーとは一線を画すもの、とだけ理解していただければ。というわけで、ユーザーやファンを主軸にした「アンバサダー」施策を展開している企業のうち、優秀だと評価された8社が今回「アンバサダープログラムアワード」を受賞しました。


■アンバサダープログラムアワード2016 受賞企業一覧
c0060143_15591652.jpg

・ピカ☆ママ コミュニティ(花王株式会社)

・それいけ!じゃがり校(カルビー株式会社)

・カンパイ会議(キリン株式会社)

・Xperiaアンバサダープログラム(ソニーモバイルコミュニケーションズ株式会社)

・KFCアンバサダープログラム(日本ケンタッキー・フライド・チキン株式会社)

・ネスカフェ アンバサダー(ネスレ日本株式会社)

・CLUB Panasonic(パナソニック株式会社)

・くらしの良品研究所(株式会社良品計画)

各社、自社の取り組みについて、約10分程度の講演を行いました。そして、この中からさらに大賞を受賞したのは、ネスカフェアンバサダーでした。おめでとうございます!

■「アンバサダー」について思うこと
僕は「アンバサダーマーケティング」について非常に興味を持っていて、いわば「アンバサダーのアンバサダー」だったりします。実際に、いろいろアンバサダープログラムにも参加していて、イベントに参加したり、ブログやSNSで情報を発信したりもしています。

自分が参加しているアンバサダープログラムについて、ちょっと前に記事を書いてまとめてみました。
アンバサダーのアンバサダーとしてアンバサダーの魅力を伝える : 日曜アーティストの工房

ここから半年以上経って、さらにいくつかアンバサダーになりました。
山ほどアンバサダープログラムに参加してみて思うこと。

個人的には、商品を愛してくれてる人を招待や接待として「お客さん」としてもてなすのではなく、「身内」っていう感じで仲間や味方として扱ってくれるアンバサダー施策は参加していて楽しいです。商品開発の現場を見学しつつ、PRや広報担当ではなくて本当の商品をつくってる担当者と直接話をしながら、自分の好きな商品について語れる機会があると、参加したかいがあります。中には、延々と商品情報をプレゼンして、なんなら商品を売りつけようとするアンバサダープログラムもあったりします。アンバサダーとは名ばかりの、メルマガ会員でしかなかったり。そういうのは、参加してても全然楽しくないし、商品情報を並べ立てて「拡散してください!」って言われてもなんだかなぁ、という感じ。

というわけで、今後も良質なアンバサダープログラムがどんどん増えて行けば良いなぁと思う次第です。引き続き、いろいろなアンバサダーに参加しつつ、記事を書いていきますよ。


■関連リンク
アンバサダープログラムアワード Ambassador Program Award 2016 - Agilemedia Network, inc.

アンバサダープログラムアワードの受賞企業8社を発表|アジャイルメディア・ネットワーク(AMN)

by t0maki | 2016-08-29 14:39 | アンバサダー | Comments(0)

   
Back to Top