ブログトップ | ログイン
カテゴリ:モニターレビュー( 308 )

c0060143_13562715.jpg
VRゴーグルもずいぶん手軽に入手できるようになったんですね。これなんて、セールで2,000円を切る金額ですよ(執筆時)。CHOETECHさんより依頼を受けての製品モニター記事です。

CHOETECH 3D VR ゴーグル

このゴーグルの中にお手持ちのスマホを入れて使用します。いろんなVRアプリがあるので、好きなものをダウンロードして楽しむことができます。ゴーグルの中にはレンズが入ってて、スマホ画面がすぐ目の前に広がっているように見えるっていう仕組み。焦点距離を調整できるようになっているので、見やすいように調節が可能です。顔に当たる部分にはクッションがあり、ベルト部分も調節できるので、長時間つけていても疲れにくいです。
c0060143_13562777.jpg
c0060143_13562827.jpg

僕は以前、ガラケーを2台使ってステレオ写真をつくっていたことがあります。右目用と左目用の写真を撮影し、画像加工でつなげると、3Dで立体に見えるステレオ写真がつくれるんです。そういうステレオ写真なども、このVRゴーグルで見ると、立体に見えますよ。

昔、ステレオ写真が流行った時代に、レンズが二つ付いてるカメラなんかも発売されて、当時のカメラや写真なんかが博物館に展示されてたりもします。そういうコンテンツをこの最新のVRゴーグルで見たりすると楽しそう。

VRの場合は、ステレオ写真だけでなく、全天球型の360度を立体に見られるのが特長。で、スマホの加速度センサーや傾きセンサーを使って、あたかも自分がその世界の中にいるように体感できるってわけ。仕組みは結構簡単。なので、この先コンテンツが充実してきたら面白いんじゃないかなぁと思うんですが、どうですかね?

なんか、近未来的で良いですよね。





by t0maki | 2017-01-17 20:17 | モニターレビュー | Comments(0)
c0060143_14114431.jpg
膝を覆う形で装着する、膝用サポーター。FREETOOさんより依頼を受けての製品レビューです。

FREETOO 膝サポーター

故障部位を守るため、あるいは関節や靭帯を保護するために有効なのがテーピングやサポーター。テーピングの場合はそれぞれの症状や身体の部位に合わせて細かく調整ができるので良いですが、慣れない人がやるときつくしすぎたり、そもそも保護の意味になってなかったりとなかなか難しいですよね。その点、サポーターは着脱がしやすく、誰でも装着できるのが利点。いろんなタイプのサポーターがありますが、ポイントとしてはそのサポーターが自分に合っているかどうか。サイズや、厚さ、保護の具合など。これは実際に使ってみないとなかなか分からないものかもしれませんが。いろいろ試してみて、ご自分に合ったものを見つけると良いと思います。

昔から僕は運動が好きな方だったので、剣道、ソフトボール、水泳、バスケ、陸上といろいろやってきましたが、その分怪我もそれなりにしていて、2002年には右足首靭帯の手術をしています。社会人ソフトボールで張り切りすぎたのが直接の原因ですが、その前にも同じ怪我を何度かしているので、ゆるゆるになった靭帯を修復しよう、と。その後しばらく運動をしていなかったのですが、ここ数年は日常的に走ったり、またスポーツを楽しめるようになってきました。マスターズ陸上の大会に出場して、400mなどの短距離を走ったりもしています。

長いブランクが功を奏して(?)か、今はすこぶる身体が調子よくて、細かい怪我はまぁまぁあるものの元気に運動ができています。
c0060143_14120945.jpg
c0060143_14121784.jpg
というわけでこの膝サポーターに話を戻すと、生地はナイロン65%・ゴム25%・ポリウレタン10%の素材でできていて、吸汗性と伸縮性にすぐれているのが特長。きちんと自分に合うサイズを選ぶことで、しっかりと膝を保護してくれます。最初見た時に意外と薄いんだなーと思いましたが、装着してみると肌にぴったりと膝を包み込む感じでなかなか良さそうです。ガチガチに固める感じではなく、伸縮性を残して動きやすくしつつ、包み込む感じのサポーターです。両膝欲しい方は、二つ購入してください。




by t0maki | 2017-01-14 13:58 | モニターレビュー | Comments(0)
c0060143_20223363.jpg

どんな商品でも買取査定してくれるって、すごいな(もちろん、法律に反しない、常識的な範囲でだけどね)。

兵庫県に本社を置き、全国で買取サービスを展開している「エコリング」の体験モニターをしてみましたので、そのレポートです。株式会社エコリングさんからのご紹介で利用しましたよ、と。

あなたの家に、不用品はありますか?ブランド品だけじゃなく、衣替えでいらなくなった衣類とか、文具とか、雑貨とか。使いかけの化粧品でさえ買取査定をしてくれるのが、今回ご紹介するエコリングです。買取方法は、店舗まで持っていく「店頭買取」と、自宅まで来てくれる「出張買取」、そして商品を宅配便で送ることができる「宅配買取」の三種類。面白いのは、こうやって買い取った商品をそのまま店頭で販売するのではなく、リペアや修復をしてからインターネットのオークションで販売したり、海外などで販売していること。

海外でも、国によって売れ筋が違うそうで。例えばアラブ首長国連邦にはロシアからの観光客が多いので、電気製品や毛皮などがよく売れるそうです。香港は貴金属が売れ筋。そしてタイは、意外と日本のお土産などの民芸品や、和風の家具なんかがよく売れるそうですよ。ドバイを足掛かりにアフリカへも販路拡大をしている様子をテレビ番組で取材されたようですね。いや、面白い。

実際にいくつか製品を店舗に持ち込んで査定してもらいましたが、本当にどれでも金額をつけてくれました。企業のロゴ入りグッズから、製品レビューで使ったガジェット、車の模型、腰や膝のサポーターなど。ものによっては、購入した金額より高く査定してくれたものもあってびっくり。査定金額は市場価値など流動的なので、その都度調べて値付けをしてくれるようです。中古品だからそれほど期待はしてなかったのですが、思いのほかしっかりと査定してくれて嬉しかったです。

c0060143_20223392.jpg

c0060143_20223488.jpg

基本的になんでも査定してくれますが、法律的に買い取りできないものがあって、例えば刀剣や銃、火器類などはもちろんダメ、医療機器や薬、動物のはく製や標本などの他、古すぎる家電とか、取扱いができないものもあります。お酒なども基本的にはダメですが、一部のブランデーやウイスキー、シャンパンなどは買取可能なものもあったりするので、詳しくはエコリングのホームページなどで確認してみてください。

実際に店頭買取を試してみて、意外といろんなものを買い取ってくれるんだなぁという印象でした。使いかけの化粧品とかも、ニーズがあるんですね。それと、海外に持っていくことで付加価値を生むのも面白い。メイド・イン・ジャパンだけじゃなく、ユーズド・イン・ジャパンでも、ものによってはよく売れるんだって。

限られた資源の中で環境のことを考えながらモノを有効的に使うには、こうしたリユースの精神って大切だな、と思うわけで。インターネットや海外も巻き込んでリユースの商品を流通させているエコリングのサービスって、面白いなと思った次第です。


by t0maki | 2017-01-11 20:25 | モニターレビュー | Comments(0)
c0060143_22432999.jpg
CHOTECHさんより依頼を受け、充電器の製品レビューをします。
見た目は普通の充電器ですが、急速充電(QC3.0)に対応しているので、対応機器をすばやく充電することが可能。5つのUSBポートで、最大5台の機器を同時に充電できます。

急速充電(QC3.0)対応 5ポート充電器

Quick Charge 3.0の対応機器は、LG G5や、HTC 10、HTC One A9、HP Elite x3 などがあります。もちろん、Quick Charge 2.0にも対応しているので、Samsung社製のGalaxy S7,S6 や、 S7 Edge ,S6 Edge などでも急速充電が実感できると思います。急速充電に対応していない機器でも、普通に充電は可能ですよ。

USBポートが5個あって、ひとつひとつの間隔が充分に空いているので抜き差しがしやすいです。コードの長さは、1.5m。全部のポートを同時にオン/オフするためのスイッチもついてます。
c0060143_22434385.jpg
c0060143_22434890.jpg
90Wのパワフルな充電器。急速充電(QC3.0)対応で、3.6Vから12Vまで最適な出力をコントロール。18ヶ月間の保証付きです。




by t0maki | 2017-01-05 22:59 | モニターレビュー | Comments(0)
c0060143_14543721.jpg
今年は、ひたすら製品レビューを書き続けた一年でした。もうホント、修行です。

自分で勝手に購入して書いたものもありますが、いろんなところから依頼を受けて書いたものもたくさんあって、全部で軽く100点以上になっていると思います。画材や工作ツールであったり、アウトドア用品、ガジェットや電子機器系、傘や財布。ヘルスケア系やダイエットに効果がありそうな健康グッズなども。中には、髪の毛をウェーブさせるカーラーとか、化粧用のブラシとかもレビューの依頼がありましたが、ここらへんは嫁さんや娘にも手伝ってもらって書きましたよ。

今年レビューを書いた100以上の製品のうち、「え?なにコレいいかも!」っていう、使ってみたら意外と良かった商品をご紹介。


■ZBet 伸びるホース
使ってみるまでは「へー、そんなのあるんだー」くらいな感覚でしたが、使ってみたらこれが意外と便利。使わないときは縮むので、収納に場所を取らない。放水口のヘッドもシャワーやジェットなど7種類に切り替えられるし。ホースが水圧でひゅるひゅる伸びてくのを見てるのも楽しい。ベランダでビニールプールに水を入れる際に活躍しました。


■Hisgadget ジャンプスターター
これも、製品レビューの依頼を受けるまではその存在すら知らなかった製品。車がバッテリー切れになってエンジンがかからなくなったときに、こちらの小型ジャンプスターターを使うと一時的に電気を供給してエンジンをかけることができるという優れもの。普通、ジャンプスタートというと2台の車同士のバッテリーを繋ぎますが、こちらは、持ち運びできる小型バッテリーといった感じ。面白いのは、ジャンプスターターとしての機能の他にも、懐中電灯になったり、コンパスがついてたり、普通にモバイル機器も充電できるということ。


■ドライヤーボール
洗濯物と一緒に乾燥機に入れると、乾燥時間が短縮でき、さらに衣類もフワフワになるアイデア商品。アメリカなどでは、結構人気の商品らしいですよ。乾燥機を使っている人にはぜひ試して欲しい一品。


■VRゴーグル
VRが流行ってるっていうので、この商品もマイベストに入れてみました。仕組みはいたって簡単。スマホをこのゴーグルの中にセットして、サイドバイサイド方式のステレオ写真なり映像を再生すると、立体に見える、と。で、スマホの加速度センサーによってゴーグルの動きを検知して、あたかもそのバーチャルの世界の中にいるような感覚になるというもの。なかなか面白かったですよ。


■Dr.Meter デジタルノギス
デジタルノギス、いいよねー。気になるものの厚みや直径、長さ、深さなどをサクッと測れるツール。数値がデジタルで表示されるのが便利すぎる。インチとセンチの切り替えもボタン一つで簡単。デジタルノギスのレビューができるなんて、ものづくり好きとしては嬉しくて仕方ない。


■Ohuhu 湯たんぽ
いやー、湯たんぽって初めて使ってみたけど、良いね。先人の知恵というか、お湯の熱で布団の中を温めるという単純な仕組みなんだけど、そのぬくもりがなんかとてもほんわかあたたかくて心地よい。電源もいらないし。勝手に冷めちゃう潔さも、切り忘れにならないし良い感じ。


■iClever 折りたたみ式キーボード IC-BK06
これは単純にガジェットとして「良いな」と思ったもの。iPhoneにつないで、普通にワイヤレスのキーボードとして使うことができます。ひとつひとつのキーも比較的大きくて打ちやすいし、二つ折りになるので携帯性にも優れてるし。右手と左手とで良い感じに角度がついてるのも打ちやすい。


■Ohuhu 携帯型ウッドストーブ
薪や乾いた木などを燃やすタイプのアウトドア用ウッドストーブです。もともとアウトドアが好きなんだけど全然やる機会がないので、今年はベランダバルコニーでアウトドアごっこをすることが多かったです。シェードになるテントを買って、中に寝袋持ち込んで寝てみたり。自宅で手軽にできるアーバンキャンプ。このウッドストーブでインスタントラーメンをつくって食べたよ。


■SkySeaCloud USB扇風機
今年の夏、かなり活躍したのがこのUSB扇風機。ベッドのサイドテーブルに置いといて、厚い夜はこの扇風機を使って涼んでました。USBケーブルで充電式なので、電源が無いところでも使えるのが便利。夏場、テントの中に持ち込んでつかったりもしましたよ。ソーラーチャージャーとつないだりして、完全にアウトドアでも使える感じ。


■CHOETECH ソーラーチャージャー
これも、アウトドアに持っていきたいグッズ。太陽光を電気に変えてデバイスを充電することができるソーラーチャージャーです。すごいジャングルの奥地とかでちょっと使ってみたいよね。なんか、探検家っぽい雰囲気。災害時の停電対策用にも、一個あると便利だと思います。

というわけで、以上が今年製品レビューした100以上のアイテムの中から厳選した、「へー、これ意外といいじゃん」と思える製品10選でした。

ついでに、「これはちょっと無いな」と思う製品をいくつか紹介。製品自体は全然悪くないんだけど、使う機会がなかったり、なんだかんだで製品レビュー以降使って無いやつ。

タクティカルグローブは、とりあえず面白そうなので製品レビューしてみたけど、そもそもサバゲーとかしないし、日常にタクティカルな要素があまりないというね。見た目はかっこいいですけどね。

あと、時計修理工具と、時計蓋閉め器については、普段そんなに時計が壊れることが無いので、レビュー以来使って無い。そもそも、普段僕が時計をしていないという致命的な問題が……。このレビューの時は、ちょうど電池切れの腕時計があったので、家電量販店で電池を買ってきて、このツールを使いながら自分で電池交換してみましたよ。その体験は面白かったですけどね。

最後に、土壌水分センサー計は、これ自体はすごく面白い。でも普段園芸もやらないし、そもそも土に触れる機会がほぼ皆無なので全然使う機会がない。むしろ、どんどん使ってみたいんですけどね。土と対話しながら、野菜や果物をつくってみたいよ。

というわけで、そんなところですかね。僕が製品レビューを書きまくる理由は、こういったいろいろな商品を実際に使ってみて、その機能に感心したり、使い方を考えたり、そして最終的にそれを記事にするのが楽しいから。もっとも、最後の方は依頼をたくさん受け過ぎてしまって、じっくりその製品を使う時間がないまま、記事を書いてしまったこともあり、それはちょっと反省。製品レビューを書くのは、楽しいですよ。




by t0maki | 2016-12-29 23:07 | モニターレビュー | Comments(0)
c0060143_20244883.jpg

日新製糖の「ボックスシュガーミニ」をご紹介!と。
レビューブログのモニターに参加しています。

というわけで、お砂糖です。400g入りの「白砂糖」と「グラニュ糖」をひとつずつ購入してみました。グラニュ糖の方が、白砂糖より粒子が大きい感じ。料理や、用途にあわせて使い分けるのが良いと思います。
この砂糖の特長は、パッケージをそのまま保存容器として使えることですね。詰め替え不要。チャック付きのボックスになっているので便利です。

コーヒーなどに入れても良いですし、お菓子づくりにも最適。嫁さんが、クリスマスケーキをこの砂糖を使ってつくってくれました。

c0060143_20244989.jpg

c0060143_20244983.jpg

今回、期間限定のプレゼントとして、スティック砂糖の無料サンプルもいただきましたよ。
c0060143_20245065.jpg
という、お砂糖のご紹介でした。

日新製糖は、1950年から続く会社で、砂糖の精製販売の他にも、スポーツクラブの経営や、不動産事業もやっているようですね。今回の家庭用の砂糖の他にも、きび砂糖やカルシウム糖、角砂糖やガムシロップ、業務用の特大サイズまで、砂糖関連の商品を幅広く取り扱っています。ネットショップで購入ができます。公認ブロガーレシピのコーナーには、スイーツやドリンク、和食、洋食、中華、アルコールなど、たくさんのレシピが掲載されており、随時更新されているのでそちらも要チェック!





by t0maki | 2016-12-28 20:21 | モニターレビュー | Comments(0)
c0060143_15253223.jpg

今、大工さんが使う道具もどんどんデジタル化が進んでいてね、木材を切ったり、釘を打ったりする電動工具ももちろんですが、水平を図るため水準器もレーザー照射だったり、デジタルのノギスがあったりもするのですよ。

というわけで今回は、Hisgadgetさんより依頼を請け、デジタルノギスの製品レビューです。


c0060143_15253301.jpg

c0060143_15253323.jpg

c0060143_15253488.jpg

c0060143_15253405.jpg

実は、この製品を購入する前から、僕は既にデジタルノギスを自宅で持っています。便利ですよね。板の厚さを計ったり、棒の直径を計ったりする道具。普通のアナログのものは、測った時に目盛りを目で見て数値を確認しなければならず、読み取りもちょっとしたコツが要るのですが、デジタルノギスはそのまま数値が一目でわかるように表示されるのが特長。そして、インチとセンチの切り替えもボタン一つで簡単。

このデジタルノギスの使い方は普通のノギスと同じ。「ジョウ」と呼ばれる顎みたいな部分で厚さや直径を計り、「クチバシ」と呼ばれる部分で内径を計ります。持ち手の手前のところについている細い棒は、「デプスバー」といって深さや段差を測るためのものです。

電源は「CR2032」のボタン電池を使います。電池を節約するために、使わない状態が5分間続くと、自動的にオフになります。裏面にネジの早見表がついてます。




by t0maki | 2016-12-28 19:57 | モニターレビュー | Comments(0)
c0060143_15274460.jpg

Hisgadgetさんより依頼を受け、優待価格で購入したOxyLEDのLEDデスクライトのレビューです。


c0060143_15274503.jpg

c0060143_15274578.jpg

c0060143_15274689.jpg

LEDデスクライトです。暖色の電球と、白色の電球があるので、どちらか一方、あるいは両方同時という形で、3種類の色温度を切り替えながら使うことができます。明るさは、2段階調光なので、組み合わせで6種類の灯りということですね。
クリップ式なので、テーブルやデスクなどに挟んで固定します。首の向きはぐねぐねと自由に曲げることができるので、角度調節がしやすいです。
電源コードは直接コンセントに差すタイプではなく、USB端子になっています。なので、コンセントから給電したい場合は、別途アダプターが必要です。電源が無いところでも、自前のモバイルバッテリーでも給電できるのはなにげに良いかも。ベランダでちょっと灯りが欲しい時、このデスクライトに自前のモバイルバッテリーを繋げれば、コンセントがなくても点灯することができます。




by t0maki | 2016-12-28 19:56 | モニターレビュー | Comments(0)
c0060143_15241966.jpg

これを最初に見た時、思わずシャワーヘッドを連想しましたよ。デザインがとてもユニークで面白い。友達が見たら「え?これなに、扇風機?」って言われそうですが、ちゃんとしたBluetoothスピーカーです。

Hisgadgetさんから依頼を受け、優待価格で製品を購入してのレビューです。

c0060143_15241910.jpg


存在感のある円形のデザイン。白を基調とした本体と、アルミ合金の組み合わせも見栄えがします。ワイヤレスなので、どこにでも置きやすく、実用性のあるインテリアという風に使うこともできますね。背面に青色のLEDライト(3段階調光)がついていて、部屋を暗くして点灯すると、さらにまた違った雰囲気に。




by t0maki | 2016-12-28 19:55 | モニターレビュー | Comments(0)
c0060143_15264850.jpg

2013年にカナダへオーロラを観に行きました。その時、「屋外の撮影であると便利だから」と言われて、LEDヘッドライトを購入。確かに、真っ暗な中でカメラの設定をする時などに重宝しましたよ。「光が写りこみにくい、赤色のライトも付いてるのが良いよー」と言われたので、アウトドアショップの店頭でしっかり赤色にも切り替えられるものを買っていきましたが、赤でもしっかり写りこんでました。むしろ、景色が赤くなっちゃうのは、白色ライトよりも目立つという……。

それはそれ。

Hisgadgetさんより依頼を受け、優待価格で購入したOxyLEDのLEDヘッドライトのレビューです。


c0060143_15264954.jpg

c0060143_15264974.jpg

c0060143_15265023.jpg

c0060143_15265033.jpg

c0060143_15265016.jpg

ヘッドライト、すなわち、頭部に装着するタイプのライトです。懐中電灯と違って、手を使わずに辺りを照らすことができるので、夜間の暗いところでの作業や、ハイキング、アウトドアなどに重宝します。良いなと思ったのは、USB充電式なので何回も繰り返し充電して使うことができるということと、さらに普通の単四型電池も使えるということ。両方使えるというのは、利便性が高い。アウトドアで長時間使う時は、自分のモバイルバッテリーを持参して充電するか、あるいは単四電池をあらかじめ購入しておけばそれに替えることもできる、と。ちなみに、市販の普通の単四電池をこのヘッドライトに入れても、当然ながら充電はできません。
IPX64防水ということで、防まつ形と耐水形の両方の防水性能があるということですね。雨の日でも使うことができます。ただし、水没はNG、と。
ライトの角度は、上下に傾けて調整することが可能。連続点灯や点滅、SOSモードなど切り替えることができます。照射距離は、最大65メートル。白色ライトと、赤色の両方使えます。購入日から一年間の品質保証がついてます。




by t0maki | 2016-12-28 19:55 | モニターレビュー | Comments(0)

   
Back to Top