ブログトップ | ログイン
カテゴリ:モニターレビュー( 317 )

c0060143_10570583.jpg

ジョギングをする時などに、スマートフォンなどを収納して腕に巻くことができるアームバンドです。FREETOOさんより依頼を受けての製品レビューです。

FREETOO スポーツアームバンド

6インチまでのスマホに対応しているので、iPhone6やiPhone7、7 Plusなどの大きめの端末も収納できます。便利なのが、中に仕切りやカードポケットがついていること。スマホ以外にも、鍵や小銭、クレジットカードなども収納しやすいです。イヤホン専用の穴が3つあるので、そこからケーブルを通すことができます。
c0060143_10570528.jpg

c0060143_10570679.jpg


かなり前ですが、別のメーカーのアームバンドを使っていたことがあります。当時はガラケーでしたので、アームバンドも比較的小さいサイズでした。特に、僕が当時使っていたのが「Sportio」っていうスポーツに特化したケータイだったので、余計に小さかったです。

それが今では、スマートフォン。ここ最近、かなり画面が大きな端末が販売されていますよね。iPhone 7 Plus なんて、7.8 × 15.8センチくらいのサイズがありますからね。必然的に、アームバンドも大きくなる、と。

なかなかに存在感のあるアームバンドですが、収納力もしっかりしていて良いと思います。





by t0maki | 2017-02-01 21:41 | モニターレビュー | Comments(0)
c0060143_16322597.jpg

こちらは、iClever社製の「Bluetooth 4.1 トランスミッター レシーバー」です。hisgadgetさんよりご依頼を受けての製品レビューです。

iClever Bluetooth 4.1 トランスミッター レシーバー

c0060143_16322601.jpg

Bluetoothの送信機(トランスミッター)と受信機(レシーバー)が一体となった製品です。と言っても、分かりづらいという方もいらっしゃると思うので、具体的に説明すると、このデバイスをレシーバーとしてイヤホンにつなぐと、スマホからの音声や音楽をワイヤレスで聴くことができるようになります。つまり、Bluetoothに非対応の有線のイヤホン/ヘッドホンが、このデバイスを繋ぐことでBluetooth対応になるという優れもの。これがレシーバーとしての使い方。


c0060143_16322611.jpg

もう一つは、トランスミッターとしての使い方。例えば、Bluetooth非対応の音楽プレーヤーがあったとします。古いラジカセとかでも良いです。それにこのデバイスを接続すると、音声データをワイヤレスで送信することができるので、Bluetooth対応のスピーカーなどで聴くことができますよ、と。


c0060143_16322675.jpg

Bluetoothが届く距離は、約10m程度。
試してないですが、本体にはマイクが内蔵されているので、ハンズフリー通話もできるとのこと。

なかなか面白いデバイスですよ。





by t0maki | 2017-02-01 21:19 | モニターレビュー | Comments(0)
c0060143_10501790.jpg

腕時計のベルトが壊れてしまったので、ネットでベルトを購入し、自分で付け替える際にこちらの工具を使ってみました。Ohuhu(オフフ)さんより依頼を受けての、製品レビューです。

Ohuhu 腕時計修理工具 16点セット

ひととおりの工具がそろっていますので、自分で腕時計の電池交換などをする時にも役立つと思います。ひとつひとつの工具の詳しい使い方等は付属してませんでしたので、別途ネットなどで調べるとよろしいかと思います。
c0060143_10501844.jpg

セット内容は、こんな感じ。専用ケースに収納されています。

高級バンドピンはずし×1
高級精密ドライバー×3
固定器×1
プラスドライバー×2
スクリュー用裏蓋オープナー×1
レンチ×1
バンド抜きピン×3
バネ棒外し×1
ハンマー×1
ピンセット×1
裏蓋こじ開けツール×1

そんなに頻繁に使う機会があるものではないですが、いざという時にあると非常に便利に使えると思います。




by t0maki | 2017-02-01 21:04 | モニターレビュー | Comments(0)
c0060143_15125667.jpg
用意するもの:
たくさんの写真と、100円ショップで買ったスクラップブック。
カッターと定規、両面テープだけ。

オリジナルの手作り写真集をつくりましたよ、と。
エプソンさんからプリンターをモニターでお借りしてるので、チェコ旅行の写真をどっさりプリントアウトしてみました。


うん、良い感じ。

c0060143_15125661.jpg
先日、チェコ政府観光局のブロガーツアーに参加しまして、チェコを7日間かけて巡りながら、写真をたくさん撮ったんですよ。で、たくさんインスタグラムにアップした写真をそのまま使って写真集をつくろう、と。パソコンは使わず、iPhoneからアプリとWiFiで直接プリンターに出力。
c0060143_15125686.jpg
L版の写真用紙にインスタグラムの画像を四角く印刷したかったんですが、これが意外と難しかった。普通にiPhoneから「Epson iPrint」アプリを使って印刷する際に、「ふちなし」か「ふちあり」かを選べるんですが、その際に写真がちょうど中央にくるように長方形にクロップされてしまうんですね。どうやっても正方形にならない。

というわけで、iPhone版のPhotoshopの出番。わざと画像加工で上下に余白をつけて保存。その写真をふちありで印刷したらうまくいきました。パソコンから印刷すれば楽なんでしょうけど、今回はパソコンを使わずに、iPhoneとプリンターだけで印刷したかったので。うまくいったので良かった、良かった。

c0060143_15125704.jpg
こうして、70枚くらいのインスタ写真を加工して、アプリからプリンターに出力。で、その中から良さそうな30枚を選んで、スクラップブックに両面テープで貼り付け。チェコの思い出がつまった、手作りの写真集ができました。




by t0maki | 2017-01-24 21:52 | モニターレビュー | Comments(0)
c0060143_15114561.jpg
いろんな形の額縁を買ってきて、家族写真を壁に貼りました。
娘がまだ本当に小さかった頃の懐かしい写真から、つい先日スタジオで撮影した新しいものまで。白と黒の額縁を使って、モノクロプリントした写真を配置しつつ。

ただいま、エプソンさんからプリンターをお借りして、モニター利用中です。


特長的なのは、6色インクがシアン、マゼンタ、イエロー、ブラックに加えてレッドとグレーの組み合わせなので、カラーで印刷するとより鮮やかに、モノクロで印刷するとより濃淡が豊かに表現できるっていうこと。実際に白黒で印刷してみましたが、確かに自然な感じで美しく出力されますね。表現力がアップしている感じ。

c0060143_15114551.jpg
マットボードも自分で切りました。100円ショップの厚紙でつくったので、ちょっと厚さが足りないですけど、この専用のカッターで切ると、切り口が45度の角度で斜めに切ることができるんです。写真を額装する時に、あると便利なカッター。
c0060143_15114564.jpg

c0060143_15114649.jpg
と、この水平水準器で、しっかり水平を測りながら。巻尺に取り付けられるの、良いでしょ?(あんまり取り付けて使いませんでしたが)
c0060143_15114606.jpg
しっかりマスキングテープで配置を考えつつ。きちんと測りながら壁にフックを取り付けていきます。
c0060143_15114791.jpg
というわけで、完成。額縁も比較的安いものを買ったのですが、こうして並べるとなかなか良い感じ。
たまには、写真を印刷して飾ってみるのも良いなぁ、と思いました。


 


by t0maki | 2017-01-24 04:53 | モニターレビュー | Comments(0)
c0060143_20241336.jpg
このヘッドホン、耳にスポットかぶさる密閉型なので、専用ケースに入れて持ち歩こうとすると意外と鞄の中の場所を取る。特に、飛行機の機内持ち込みはなるべくコンパクトに収めたい。でもね!でもなんですよ!!このヘッドホンは絶対に飛行機に持ち込んだ方が良い。

ノイズキャンセリング機能が付いてるので、耳に装着して、スイッチを入れた瞬間「スッ」と周りの音が静かになる。ずーっとエンジン音が響いてる飛行機の中で、この静けさ!もう感動ですよ。

というわけで、Bose社製のワイヤレスノイズキャンセリングヘッドホンについて、製品をご提供いただいてのレビューです。


ちょっと、想像してみてください。普段、飛行機で映画を観る時のことを。
エコノミー席で、シートの前ポケットにある安っぽいヘッドセットをつなぐと、かなりの確率で断線してるか接触不良で聴こえないことがある。で、客室添乗員の方にヘッドセットを取り換えてもらい装着するも、シャカシャカ音が弱々しく聞こえるだけで、いくら音量を上げてもちっとも聞き取れない。飛行機のエンジン音も邪魔するし、結局映画のセリフもよく聞こえず、ストーリーも分からないまま「しょうがない、帰ってからDVDでまた観るか」なんてこと、ありません?

このノイキャン付きのヘッドホンなら、周りの音に邪魔されることなく、クリアで迫力のある音を楽しむことができるんです。飛行機の中でも、しっかりと映画や音楽を楽しむことができるんです。すばらしすぎます。

通常、このヘッドホンはワイヤレスなので、スマホ等からBluetooth接続で使うことが多いですが、飛行機の中で使う時は付属のケーブルを繋ぎます。ほとんどのケースはそのケーブルだけで大丈夫ですが、たまに差込口が2本の場合もありますよね。その場合も、このヘッドホンにアダプターが付属しているので大丈夫。

連続再生時間は20時間なので、長いフライトでも安心。充電が切れても、モバイルバッテリー等から充電もできますしね。

先日、チェコ共和国を訪れた際も、12時間のフライトもこのヘッドホンのおかげで快適でした。唯一の欠点は、このヘッドホンが優秀すぎて、食事を持ってきてくれる客室添乗員さんの声も聞こえなくなること。その時は、気配を感じて、映画を一時停止にして、ヘッドホンをはずして「チキン、プリーズ」とか言ってましたけどね。

飛行機に乗るときはもちろん、普段の生活でも集中したいときや周りがうるさいときなど、必携の逸品です。





by t0maki | 2017-01-17 23:09 | モニターレビュー | Comments(0)
c0060143_12374762.jpg
良いよなー、欲しいなー、プロジェクター。
BenQさんから年末年始にプロジェクターをお借りしてました。何してたかっていうと、iPadにつないでベッドで映画鑑賞会ですよ。壁一面に映し出された映画の迫力。しかも、別件でBOSEのワイヤレススピーカーもお借りしてたので、音も映像もすごい、すごい。

BenQ HT3050

この記事を執筆してる時点で、プロジェクターが10万円くらい。スピーカーが5万弱だったかな。安い金額ではないけど、その分の価値は十分にあるなぁ、と。
プロジェクターを返却してしまって寂しいのだけど、買ってしまおうかな、とも思ったり。ま、いつかね。有り余る富を手に入れたら。

とりあえず、プロジェクターを返却してしまった今は、iPadを胸のところに抱えて、近距離疑似大画面で映画を観ています。



by t0maki | 2017-01-17 21:36 | モニターレビュー | Comments(0)
c0060143_12353104.jpg
男女問わずかぶれる、ニット帽です。FREETOOさんより依頼を受けての製品レビューです。

FREETOO ニット帽子

寒い冬の屋外など、折り返し部分を調整することで耳まですっぽり覆うことができます。てっぺんにあるこの丸いふわふわの部分を「ポンポン」って呼びますが、その由来はフランス語のpomponから来ているらしいですね(諸説あり)。チアリーダーが両手に持って応援に使うふさふさのやつもポンポンって呼びますよね。なんかこう、ポンポン跳ねる感じがイメージ通り。
c0060143_12355047.jpg
c0060143_12360177.jpg
c0060143_12354512.jpg
この帽子は、綿45%・アクリル55%の生地でできているので、柔らかくてかぶり心地が良いです。冬の防寒対策として、あるいはスキーやスケートなどのアウトドアアクティビティなどにもおすすめ。





by t0maki | 2017-01-17 20:26 | モニターレビュー | Comments(0)
c0060143_13553653.jpg
さて今回は、CHOETECHさんのご依頼で、「Bluetooth 送信機+無線受信機 2-in-1 アダプタ」の製品レビューをしますよ。え?なんの製品か分かりづらいですか?

CHOETECH Bluetoothオーディオ アダプタ

Bluetoothを使ってワイヤレスで音を楽しみたい時、普通は音声データを送る側(デバイス)と、受け取る側(スピーカーやヘッドフォンなど)の両方がBluetoothに対応していないといけません。ところが、このデバイスを使うとどちらか片方がBluetoothに対応していなくても、このトランスミッター&レシーバーを接続すると通信ができちゃうんです!っていう製品です。安い無線機能無しの音楽プレーヤーにこのデバイスを繋げて、BOSEのワイヤレススピーカーで聴いてみました。
c0060143_13553688.jpg
c0060143_13553775.jpg
c0060143_13553779.jpg
反対に、Bluetooth対応のスマートホンで音楽を再生して、普通のヘッドホンやイヤホンの方にこのデバイスを繋げて、ワイヤレスで音楽を楽しむこともできますよ。

通信が可能な距離は、約10メートル。
一回の充電で、最大約10時間使うことができます(使用状況によって変わります)。





by t0maki | 2017-01-17 20:19 | モニターレビュー | Comments(0)
c0060143_13562715.jpg
VRゴーグルもずいぶん手軽に入手できるようになったんですね。これなんて、セールで2,000円を切る金額ですよ(執筆時)。CHOETECHさんより依頼を受けての製品モニター記事です。

CHOETECH 3D VR ゴーグル

このゴーグルの中にお手持ちのスマホを入れて使用します。いろんなVRアプリがあるので、好きなものをダウンロードして楽しむことができます。ゴーグルの中にはレンズが入ってて、スマホ画面がすぐ目の前に広がっているように見えるっていう仕組み。焦点距離を調整できるようになっているので、見やすいように調節が可能です。顔に当たる部分にはクッションがあり、ベルト部分も調節できるので、長時間つけていても疲れにくいです。
c0060143_13562777.jpg
c0060143_13562827.jpg

僕は以前、ガラケーを2台使ってステレオ写真をつくっていたことがあります。右目用と左目用の写真を撮影し、画像加工でつなげると、3Dで立体に見えるステレオ写真がつくれるんです。そういうステレオ写真なども、このVRゴーグルで見ると、立体に見えますよ。

昔、ステレオ写真が流行った時代に、レンズが二つ付いてるカメラなんかも発売されて、当時のカメラや写真なんかが博物館に展示されてたりもします。そういうコンテンツをこの最新のVRゴーグルで見たりすると楽しそう。

VRの場合は、ステレオ写真だけでなく、全天球型の360度を立体に見られるのが特長。で、スマホの加速度センサーや傾きセンサーを使って、あたかも自分がその世界の中にいるように体感できるってわけ。仕組みは結構簡単。なので、この先コンテンツが充実してきたら面白いんじゃないかなぁと思うんですが、どうですかね?

なんか、近未来的で良いですよね。





by t0maki | 2017-01-17 20:17 | モニターレビュー | Comments(0)

   
Back to Top