ブログトップ | ログイン
カテゴリ:モニターレビュー( 371 )

c0060143_08251765.jpg

アイロボット ファンプログラムの企画でブラーバのモニターに参加しています。

2台目のお掃除ロボットが家にやってきました。今回は、「ブラーバジェット 240」モニターとしてお借りしています。

すでに家にあるルンバは掃除機ですが、こちらのブラーバは拭き掃除。今回の機種は、水を噴射して拭き掃除に対応しています。もちろん、アタッチメントを付け替えることで乾拭きにも対応。

乾拭きから水拭きまで、三種類のアタッチメントがあります。 #ブラーバ借りてみた
乾拭きから水拭きまで、三種類のアタッチメントがあります。 #ブラーバ借りてみた


同社の製品であるルンバとの違いは、あちらが吸引式の掃除機であることに対して、ブラーバは拭き掃除に特化してるということ。ルンバは充電ドックに自走して戻るけど、ブラーバはバッテリーユニットを外してコンセントで充電する形式です。 #ブラーバ借りてみた
同社の製品であるルンバとの違いは、あちらが吸引式の掃除機であることに対して、ブラーバは拭き掃除に特化してるということ。ルンバは充電ドックに自走して戻るけど、ブラーバはバッテリーユニットを外してコンセントで充電する形式です。 #ブラーバ借りてみた


コンセント。このプラグの部分は折りたためないので、しまう時にちょっと邪魔になる。 #ブラーバ借りてみた
コンセント。このプラグの部分は折りたためないので、しまう時にちょっと邪魔になる。 #ブラーバ借りてみた


元気に動き回るブラーバジェット君。ドッグヤードに飼い犬を放した飼い主の気分って、こんな感じ? #ブラーバ借りてみた
元気に動き回るブラーバジェット君。ドッグヤードに飼い犬を放した飼い主の気分って、こんな感じ? #ブラーバ借りてみた


前進するして、障害物が無いことを確認。下がって水を噴射。前進してそれを拭き取る。その繰り返し。 #ブラーバ借りてみた
前進するして、障害物が無いことを確認。下がって水を噴射。前進してそれを拭き取る。その繰り返し。 #ブラーバ借りてみた


かわるがわる2台のロボットがかいがいしく動き回りながら床を掃除しているのを見てると、「あぁ、これが昔思い描いていた近未来の風景なんだなぁ」みたいなことを感じます。

こういった日常の中で活躍しているテクノロジーなどを見ていると、さらにこの先10年、20年、30年とどのように変わっていくのかな、と思ったり。

面白い時代ですね。






by t0maki | 2017-08-23 08:19 | モニターレビュー | Comments(0)
c0060143_12155829.jpg
インスタグラム・ツイッターのフォロワーを増やすアプリというものをモニターで使わせていただきました。なんとなくこういうツールがあるのは知ってましたが、実際に使ってみると「へー、こういう仕組みなんだー」と。なるほどね。

今回紹介するのは、「Autolikes(オートライクス)」っていうパソコン用のアプリ。WindowsかMacのパソコンにインストールして使います。なにが出来るかと言うと、あらかじめ設定をしておくと、自動で「いいね」や「フォロー」ができるというもの。例えば、あらかじめキーワード、ハッシュタグ、ユーザーなどを指定しておくと、その条件に合ったツイートが見つかったときに自動でいいねをしてくれます。1日でいいねできる数は、最大1000件まで。

自動フォローも同様の仕組みで、こちらは1日最大500フォローまで。

基本的な機能はそんな感じです。他にも、いいねやフォローを解除したり、いいねやフォローを除外する「ブラックリスト」の機能とか、スケジュール管理、プロキシ設定なども可能。

c0060143_12165632.png
とりあえず試しに使ってみただけなので、正直「フォロワーが増えた!」とは報告ができませんが、「こういうツールもあるんだなぁ」っていうのが理解できたので面白かったですよ。今後、もしこのツールを使うとしたらどんな風に使うのが良いかなぁって考えたときに、たぶん僕は「フォロワー数を増やす」という目的のためには使わないかもしれない。あるとしたら、応援したいハッシュタグがあって、そのハッシュタグを盛り上げるためとかに使うかもなぁ、とか。あとは、友達へのいたずらネタに。いろいろ出来そう。

キャンペーンやプロモーションでSNSを活用している担当者とかは、こういうツールを導入すると運用が効率的になるかもしれません。ただし、やっぱりツイッターなりインスタグラムなりできちんとコミュニケーションをとってる人たちは、自動いいねとかなんとなく分かっちゃいますけどね。

なんにしても、便利なツールだとは思います。仕組みを知るためにも、使ってみると面白いかも。「今なら1ヶ月無料キャンペーン!」だそうですよ。


Autolikes

インスタグラムとツイッターのフォロワーを増やすアプリ - Autolikes



by t0maki | 2017-08-22 12:19 | モニターレビュー | Comments(0)
c0060143_23253042.jpg
レビューブログのモニターで、「ポニークリーニング」を体験してきましたよ、と。
普段スーツを着ない(もってない)ので、ワイシャツとかをクリーニングする習慣があまりない。
家にあるシャツは、ことごとく黄ばんでしわくちゃ。なのでちょうど良い機会ということで。家にあるワイシャツを持って、いざポニークリーニングへ。

半蔵門にある「ポニークリーニング 一番町店」に行ってきました。
ワイシャツを出して、「ひのきの香り健康ワイシャツクリーニング」を依頼したら、なんとまさかのNG。素材的に、ワイシャツではなくて、ドライ洗いのシャツ扱いになるとのこと。

というわけで、日を改めて、お盆明けを待って、再度ポニークリーニングへ。
見た目は似たようなワイシャツなのに、素材によって洗い方が変わるんだなぁ、と。まぁ、考えてみれば当たり前ですけどね。ワイシャツのタブのところにも、洗い方がそれぞれ書いてあるしね。

で、あらためまして、「ひのきの香り健康ワイシャツクリーニング」を依頼しました。事前にサンプルの布を嗅がしてもらったんだけど、ホントにひのきの匂いがする。タンスから出したばかりの衣類の匂い。
c0060143_23290028.jpg
c0060143_23262955.jpg
ポニークリーニングでは、このひのきの香りがするワイシャツクリーニングがデフォルト。つまり、普通にオーダーするとこの洗い方なんですよ。「天然ヒノキチオール」を糊づけの際にワイシャツに定着させるという方法らしいですよ。抗菌性とか、汗の臭いを軽減させる効果があるとのこと。

この洗い方は、ワイシャツのみ。なので、ワイシャツの形をしているけど素材が違う方のシャツは、ひのきの香りにはなりませんでした。ちょっと残念。

ひのきの香りのワイシャツは、会員価格で180円でした。通常は200円か、240円か、500円か。染み抜きをしてもらうと追加料金。ハンガーかけはサービスだけど、畳んでもらうと追加料金。ワイシャツじゃないほうのシャツは、あれ?いくらだったっけ?300円かそこらで、ダブルフレッシュ洗いを頼んだから追加料金で、さらに染み抜きと、折りたたみの料金と。クリーニングの料金って、分かりにくいね。「こちらのサービスはいかがしますか?」って聞かれて、「はい、はい、お願いします」って応えてたら、二着で1300円ちょっとくらい。なぜか、当初の予想より高くなった。でも、黄ばんだシャツが前よりかなりきれいになって仕上がってたので、大満足ですよ。
c0060143_23265352.jpg

もちろん、会員になりましたよ、と。
c0060143_23255371.jpg
クリーニング屋って、結構自宅から近いところとか、買い物のついでとかで何も考えずに選びがちだけど、スーパーをハシゴしてちょっとでも安くて良い食材を買う努力をするなら、クリーニング屋もちょっとこだわって選んだら良いんじゃないかな、と思いましたよ。ひのきの香りのワイシャツ、良いですよ。




by t0maki | 2017-08-21 23:31 | モニターレビュー | Comments(0)
c0060143_20532356.jpg
便利ですね、カメラバッグ。何よりも、カメラ専用なので収納しやすいし、取り出すのも簡単。

さっそく使ってみました。シングルショルダーで斜めがけタイプのカメラバッグ。製品をご提供いただいてのレビュー記事です。


上のチャックをカパッと開く。雨の日用のカバーが付いてる。
上のチャックをカパッと開く。雨の日用のカバーが付いてる。


下半分は可動式のコンパートメントになってて、背中にあたる部分から開けられる。
下半分は可動式のコンパートメントになってて、背中にあたる部分から開けられる。


表側、薄いものが入れられる収納。
表側、薄いものが入れられる収納。


コンパートメントのとこ、裏からも、横からも、両方から取り出せるのは良いですね。レンズをここに入れておこう。
コンパートメントのとこ、裏からも、横からも、両方から取り出せるのは良いですね。レンズをここに入れておこう。


手持ちのコンデジ、バッテリー、レンズなどを入れてみた。この後、上野へ撮影しに行ってみました。
手持ちのコンデジ、バッテリー、レンズなどを入れてみた。この後、上野へ撮影しに行ってみました。

デジタル一眼レフカメラのCanon EOS 80Dと、交換用のズームレンズ、ニコン社製のコンデジ、モバイルバッテリーと予備バッテリーなどいろいろ詰め込んで、雨の中を撮影散歩。傘差しながらでも、鞄を小脇にずらして横から取り出せるので良いですね。SDカードを収納できるポケットも便利。一番外側のチャック付きのポケットには防水スマホを入れておいて、時々そちらを取り出して撮影したり。雨用カバーも付属してましたが、中身の出し入れが面倒になるので今回は使いませんでした。

ここ2週間ほど、休みの日などに持ち歩いて使っています。シングルショルダーなので、そのままぐるりと背中から小脇に移動させて、出し入れも簡単。小さめなので、収納力に限りはありますが、デジイチと替え用のレンズ1本くらいの僕には最適なサイズです。




by t0maki | 2017-08-07 08:39 | モニターレビュー | Comments(0)
c0060143_19073355.jpg
さて、コマンド(TM) フックのサンプリング企画に当選しましたので、製品をいただいて記事を書きます。3M社製のフックで、しっかり接着固定できるのに、キレイにはがせるのが特長なのです。

さっそく、使ってみました。

まず、貼り付ける面をキレイに拭きます。このとき、家庭用洗剤等は使わないこと。で、フックに両面テープの片面を貼り付け、もう片方のはくり紙も剥がして、壁面に30秒間強く押し付ける、と。これだけでフックが固定できます。
その後、実際に使うのは1時間経ってから。かけるものの重さは、最大荷重を超えないように。

貼って、剥がせるのか特長。2個のフックに、6個の粘着タブが付いてました。
貼って、剥がせるのか特長。2個のフックに、6個の粘着タブが付いてました。


さて、実際に貼っていきましょう。
さて、実際に貼っていきましょう。


まず、指定された剥離紙を剥がして、本体にくっつける。
まず、指定された剥離紙を剥がして、本体にくっつける。


こんな感じ。
こんな感じ。


で、もう片面の剥離紙も剥がして、キレイに拭いて乾かした柱に30秒間押さえて接着。
で、もう片面の剥離紙も剥がして、キレイに拭いて乾かした柱に30秒間押さえて接着。


くっつけてから1時間経過したら、フックとして使えるようになります。
くっつけてから1時間経過したら、フックとして使えるようになります。


剥がす時は、タブをみよーーーんと引っ張る感じ。これで、剥がせます。
剥がす時は、タブをみよーーーんと引っ張る感じ。これで、剥がせます。


濃い色の壁には、白だと目立つので透明なフックが良いですね。
濃い色の壁には、白だと目立つので透明なフックが良いですね。


こちらも、いったん接着したあと、タブを引っ張ると剥がすことができます。
こちらも、いったん接着したあと、タブを引っ張ると剥がすことができます。


ここに貼ろうとしたのですが、凹凸面だったのでダメでした。
ここに貼ろうとしたのですが、凹凸面だったのでダメでした。


こんなガラス面にフックを設置することにしました。ネジや釘では無理ですが、コマンド(TM) フックなら設置可能。
こんなガラス面にフックを設置することにしました。ネジや釘では無理ですが、コマンド(TM) フックなら設置可能。


ドライフラワーを吊るす、「スワッグ」を飾ってみました。フックが透明なので目立たず、かつガラス面にも貼れるし、後で剥がすこともできるのって素晴らしすぎる。
ドライフラワーでつくる「スワッグ」を飾ってみました。フックが透明なので目立たず、かつガラス面にも貼れるし、後で剥がすこともできるのって素晴らしすぎる。


釘やネジが不要で、いろんなところに貼れるのが良いですね。板壁とか、柱、タイル、ガラス、ステンレス、冷蔵庫や家具・机など、凹凸の無いなめらかな面に取り付けることができます。

逆に、取り付けられないのは凹凸があるところや、ザラザラしていたり、曲面になってたりするところ。壁紙の上には貼れません。壁紙ごと剥がれてしまいますからね。一応ガラスに貼ることはできるのですが、反対側から直射日光が当たる場合は接着剤が劣化するので注意が必要です。また、屋外や浴室など、水がかかるような場所もNG。

詳しくは、製品の説明書きを読んでください。

手軽にフックを取り付けて、模様替えをしたくなったら剥がせるのが良いですね。接着用のタブは多めに付属しているので、何回か使うことができます。今回の2個セットには、それぞれ6枚ずつのタブが付属していました。タブだけを別売りで購入もできるようですね。

釘うちが困難な場所に、作品を飾ったりするのに役立ちそう。


今回レビュー用にいただいたのは、下記の2製品を2個ずつ。
8月31日までの期間、「レシートで応募」と「写真投稿で応募」のキャンペーンもやってるみたいですよ。




by t0maki | 2017-07-31 22:10 | モニターレビュー | Comments(0)
c0060143_20550715.jpg
ちょうど、夏の日差しの中で走るときにサングラスが欲しいなぁと思っていたところ。こちらの製品のサンプリングレビューをさせていただくことになったのでさっそく使わせていただきました。

Youngdo製のサングラスです。

サングラス
サングラス


こんな感じ
こんな感じ


かけてみた。
かけてみた。


ケースに入れたところ。
ケースに入れたところ。

さっそく使ってみましたが程よいフィット感で、なかなか快適です。鼻に当たる部分と、耳のところに当たる部分に凹凸があるので、滑りにくくなっています。専用のケースの他に、ソフトポーチが付いているのも良いですね。顔をぐるりと覆うような形状になっているので、正面からだけでなく横からの光も遮蔽します。



by t0maki | 2017-07-31 20:41 | モニターレビュー | Comments(0)
c0060143_23402117.jpg


今でこそ防水スマホがだいぶ普及したけど、それでもこういった防水スマホケースは便利だよねっていう話。防水ケース スマホ用の製品レビューです。LESGOさんからのご依頼。

防水スマホケース。
防水スマホケース。


防水スマホケースに防水スマホを入れてみた。ダブル防水。
防水スマホケースに防水スマホを入れてみた。ダブル防水。


濡らしてみました。しっかり、防水。
濡らしてみました。しっかり、防水。


防水スマホと言えども、例えば革製のケースを付けたりとか、海辺の海水や砂が気になるときなんかは、こういった防水スマホケースがひとつあると非常に便利です。水しぶきのかかる船の上で、落下防止のためにこのケースに入れて首から下げるだけでも重宝すると思います。



by t0maki | 2017-07-28 08:48 | モニターレビュー | Comments(0)
c0060143_01102251.jpg

タイトル通りの記事なんですけどね。
HTC社製のU11っていうスマホをモニターレビュー中。一定期間お借りして、ブログに感想を書くという企画。HTCサポーターとして、参加してますよ、と。

で、このスマホで撮った写真など。明暗をしっかりくっきり重ね撮りするHDRとか、明暗の調節とかしながら。かなり良いカメラですね。シンプルにシャッター押すだけでも撮れるし、ちょっとこだわりたかったらいろいろ設定もできるし。

というわけで、六本木ヒルズの森タワービル屋上スカイデッキで撮影した作例をいくつか紹介。無加工で、そのままFlickrにアップしています。

IMAG0117
IMAG0117


IMAG0120
IMAG0120


IMAG0142
IMAG0142


IMAG0125
IMAG0125


IMAG0155
IMAG0155


IMAG0158
IMAG0158


IMAG0210
IMAG0210




by t0maki | 2017-07-21 01:03 | モニターレビュー | Comments(0)
c0060143_15571194.jpg
3ポートのAC式充電器の製品レビュー!
3つのUSBポートがあって、最大3台の機器を同時に充電・給電することができます。

iClever 3ポートUSB急速充電器

#製品モニターレビュー中
#製品モニターレビュー中


3 port USB charger #製品モニターレビュー中
3 port USB charger


クイックチャージ3.0対応 #製品モニターレビュー中
クイックチャージ3.0対応

本体を直接電源コンセントに挿すタイプ。3つあるUSBポートのうち、上から2つは「SmartID」っていうiClever社独自のフルスピード充電方式。で、3つ目のポートがQualcommの「Quick Charge 3.0」に対応しています。つまり、充電するデバイスがQuick Charge 3.0の方式に対応していたら、とりあえず何も考えずに3つ目のポートに差し込んでおけば早く充電できる、と。それ以外は、上の2個のポートで。

デザインも良い感じ。今、会社のデスクで充電をするときに使っています。microUSB、Type C、Lightingケーブルを挿して、どのデバイスでも充電できるようにしています。便利ですね。



by t0maki | 2017-07-14 23:00 | モニターレビュー | Comments(0)
c0060143_00134310.jpg
15,000mAh の大容量モバイルバッテリー。iClever社製のモバイルバッテリーを製品レビューしますよ。

出力2ポート
出力2ポート


LEDライト付き
LEDライト付き


専用ケース付き
専用ケース付き

付属のmicroUSBケーブルでバッテリーをチャージすることができます。面白いのは、Lightningケーブル(別売り)でもチャージができるのですが、ケーブルを2本同時に指すことで、このモバイルバッテリーへの充電を50%アップできるということ。蛇口2つでドバドバ水を入れて早く貯める、みたいな感じですかね。

出力の方も、USBポートが2つあるので、2つの端末を同時に充電可能。なにやら独自の「SmartID3.0」っていうテクノロジーで、充電スピードも最適化してくれるらしい。

何気に、布製ポーチが付属しているのも良いなと思いました。

外出時や、ちょっとした旅行などに重宝すると思います。




by t0maki | 2017-07-14 22:06 | モニターレビュー | Comments(0)

   
Back to Top