ブログトップ | ログイン
カテゴリ:モニターレビュー( 371 )

c0060143_18121664.jpg

Ohuhu(オフフ)さんよりアイシングバッグをご提供いただきましたので、さっそく使ってみました。
またもう、ちょうど良い感じで気管支炎で臥せってましてね。ちょうど良いので頭をアイシング。ま、いわゆる氷嚢ですな。

サイズが、大、中、小の三種類あって、用途や当てる部位に合わせて使い分けることができます。
おでこだったら、小で十分かも。膝とか、肩とか、広い部分を冷やしたいときは、中とか大を使う感じ。
c0060143_18121699.jpg

c0060143_18121601.jpg

c0060143_18121653.jpg

c0060143_18121641.jpg

使い方は、キャップをくるくると回して外して、中に氷を入れて使います。
ま、使い方を説明するほどでもないですけどね。

急な発熱とか、スポーツ後のケアとか、こういうアイシングバッグが家にあると便利だと思いますよ。



by t0maki | 2016-02-04 22:52 | モニターレビュー | Comments(0)
c0060143_18121901.jpg


CHOETECHさんからこのケーブルをご提供いただいたのですが、商品を受け取ってから気づいた。うちのMacBookは、そもそもこのケーブル対応じゃなかった……。Type-Cケーブルって、もっと新しいMacBookの規格でしたね。いやはや。

CHOETECH USB-C & USB-C Cable (2m) タイプCケーブル

c0060143_18121922.jpg
c0060143_18122013.jpg

MacBookを使った商品レビューはできませんでしたが、普通にこのType-Cで給電するタイプのモバイルバッテリーなんかもあるので、そのモバイルバッテリーを充電するために使おうかな、と。

Type-Cケーブルって、旧来のUSBと違って、上下どちらでも挿せるのって楽で良いですよね。今後、もっと普及するのかな。



by t0maki | 2016-02-04 22:15 | モニターレビュー | Comments(0)
c0060143_19054828.jpg

ライトニングケーブルって、純正品でも結構すぐにダメになったりしません?
僕も、以前使ってたケーブルが根元んとこから千切れて、使えなくなったことも。

で、今回CHOETECCHさんにご提供いただいたのは、このiPhone用のライトニングケーブル。
しっかり丈夫なので、これなら長持ちしそうです。

CHOETECH ライトニング ケーブル 1m

▼箱から
c0060143_19054976.jpg

▼取り出すと
c0060143_19054968.jpg

▼ライトニングケーブル
c0060143_19054935.jpg


今、出先でモバイルバッテリーから充電する時に、このケーブルを愛用しています。



by t0maki | 2016-02-04 21:56 | モニターレビュー | Comments(0)
この記事は、reviews(レビューズ)より依頼した企画です。

c0060143_23571994.jpg

これはもう、食器というより芸術作品ですね。桐箱に入って、どうどうとしたその存在感。ギフト用ってことですけど、これはもらったら嬉しいなぁ。

というわけで、今回は高級有田焼の専門店「JTOPIA」について実際にオンラインショップで注文したレビュー記事です。レビューズさんからの記事の依頼を受けての執筆ですが、もともと僕は大学時代に陶芸彫刻を専攻しておりまして、器は見るのも作るのも好きなので、こんな記事を書く機会をいただいて嬉しいです。僕の場合はアメリカの大学でアート学部に在籍して、どちらかというと陶芸よりも彫刻に近い、オブジェをつくったりするのが専門だったのですが、空いてる時間に轆轤をひいて自宅で使うための食器をごっそりつくってました。多い時は一晩で100個くらい器や皿を一気につくったことがあります。置き場に困るのでみんなにあげたり売ったりしましたけど。

で、今回の有田焼。見た瞬間「いや、すごい。参りました!」って感じで。さすがに僕にはこんな気品と風格のある器はつくれないですよ。いや、さすが。

というわけで、マグカップと湯呑をいただいたのですが、まずは湯呑の方からご紹介。


■「湯呑 色絵桜図」

c0060143_15025983.jpg

c0060143_15025919.jpg

有田焼 仁窯の小畑裕司氏による、「湯呑 色絵桜図」というJTOPIA特別販売の湯呑です。柿右衛門様式のその技術は国内外でも高い評価を得ているそうで、近年では天皇皇后両陛下に献上されたそうですよ。柿右衛門と言えば、艶やかな「赤色」が有名ですね。

以前僕は、京都の伝統工芸の学校で、陶芸の体験合宿をしたことがあります。その時に絵付けにもトライしてみたのですが、本当に難しいですね。フラットなカンバスに絵を描くのとは違い、カーブを描いた器の側面に、筆を走らせるだけでも一苦労。線が太くなったり細くなったりで、全然思うように描けなくて。こんな繊細な桜の絵を描けるようになるのには、いったい何年かかるんだろう

この湯呑、ふっくらとしたカーブとくびれがあります。この形、何かに似ていませんか?ヒントは、桐箱に書かれた「ひさご湯呑」という名前。そう、ひさごとは「ヒョウタン」のことです。ヒョウタンのようなふっくらとしたくびれが特徴的なこの湯呑。このカーブがあるため、手に持った時に掌に吸い付くようなフィット感があります。

この、湯呑の底に花びらが一枚さりげなく描かれているのも良いですよね。ぜひ、桜の季節に花見をしながら、この湯呑でお茶を飲んでみたい。
c0060143_15025946.jpg


【天皇皇后陛下献上記念品】湯呑み 色絵桜図 - JTOPIA


■マグカップ 白磁牡丹彫り

c0060143_15030034.jpg

さて、続いては白磁製のマグカップ。もうなんか、この繊細な造形にはため息が出てきます。白磁特有の、ちょっと青みがかった吸い込まれるような白色も美しい。

つくったのは、山幹窯の窯主、山口幹彦氏。国指定の伝統工芸士として、四十年以上陶芸作品をつくりつづけているそうです。

持ってみると分かるのですが、しっかり大きいのに軽い。ためしに、計量カップ1杯分の250mlを注いでみたら、全部入ってまだ余裕がありました。こんなに量が入るのに、マグカップ自体の重さはなんと190グラムしかないという。そして何よりも感動するのが、内側に光を当てると、牡丹が浮かび上がってくるこのレリーフ彫りの技術。これは感動しますよ。

c0060143_15030054.jpg


【有田焼】マグカップ 白磁牡丹彫り - JTOPIA


■実際にサイトで注文してみて

c0060143_22343233.png

さて、最後に高級有田焼・伊万里焼オンラインストアの「JTOPIA」で実際に商品を購入してみた感想。まず、商品のラインナップが豊富。「酒器」、「茶碗」、「花瓶」などの種類から選べる他、ギフトの用途別に「結婚祝い」「還暦祝い」「誕生日」など、いろいろなシチュエーションごとに
「初任給ギフト」のページには、「初任給でプレゼントを贈る予算は、1万~3万という方が多いようです」というようなプチ情報の他、熨斗(のし)の結び方や表書きについてのアドバイスなども。

そう、この表書きの作法とか、なかなか難しいんですよね。贈りたいのだけど、熨斗や表書きをどのようにすれば良いか分からず、失礼にならないようにネットでいろいろ調べたり。今回JTOPIAで買ってみて「便利だな」と思ったのは、表書きがわからない場合は、注文する時に「お祝い等の内容」を記入すると、【おまかせ】で表書きを書いてくれること。

というわけで、僕はこんな風に説明して、表書きを【おまかせ】しました。

「2004年2月に結婚し、今年で12年。結婚記念として妻に贈りたいと思います。」

で、書いてくれた表書きはこちら。
c0060143_15151229.jpg

「二人で絹婚式記念」って、素敵な表書きを書いていただきました。

法人からの注文や、海外発送にも適時対応とのこと。専門のスタッフによる丁寧な包装、厳重な梱包の上、最良の状態で発送するため、繊細な磁器でも破損することなく安全に送り届けられるそうです。

一流の職人・産地メーカーと直接提携し、名匠が創り上げた最上級の名品を手軽に贈ることができるJTOPIA。まずは、その商品のセレクションを実際に見てみてください。


JTOPIA
https://www.jtopia.co.jp/

by t0maki | 2016-01-28 00:00 | モニターレビュー | Comments(0)
c0060143_23060259.jpg

いよいよMISFIT社製の活動量計「SHINE 2」が1月29日に発売されますね。
以前、MISFIT新製品発表会(オープンプレスカンファレンスvol.7)に参加して、このSHINE 2の製品情報について話を伺いつつ、お土産になぜか「SHINE」をいただいたので(SHINE 2の方じゃなくて、SHINEね)、毎日歩数や睡眠を記録しています。冒頭の写真も、このSHINEです。泳いでもオッケーな防水だよ。

で、今回新機種の「SHINE 2」になって、いったい何が変わったか。
電池もちが、4か月から6か月(利用状況によって異なりますけど)になったらしいです。4か月でもすげーのに、6か月って半端ない。ただ、どちらもすごすぎて、いまいち違いが体感できないかも。11月からSHINE使ってるけど、一向にバッテリーがなくならないから。

あとは、LEDがいろんな色になったらしいけど、正直これは気にはなるけどそんなに魅力には感じない。
バイブレーション機能もまだいまいちイメージ湧かないから、これは実際に使ってみてから。

気になるのは、「MISFIT LINK」アプリと連携することにより「リモートコントローラー」になります、っていう機能。これは、どんなものなのか、どんなことができるのか、ぜひ使ってみたい。

というわけで、「SHINE 2」の方もご提供いただけるようなので、今から楽しみです。


MISFIT SHINE 2(ミスフィット シャインツー) 充電不要・防水・軽量・睡眠ログ・ファッショナブルな活動量計

by t0maki | 2016-01-27 01:16 | モニターレビュー | Comments(0)
c0060143_17481837.jpg

今回、株式会社ワキプリントピアのモニターに参加して、寒中見舞いをAmazonでオーダーして、実際に使ってみました。

そもそも寒中見舞いとは?その名の通り寒い季節に出す季節の便りのこと。暑中見舞いの逆パターンですね。
通常よく使われるのは、喪中の際に年賀状の代わりに出すケースが多いみたいですね。喪中の人は「喪中はがき」を送るのですが、その返事として年賀状の代わりに寒中見舞いを送る場合とか。あるいは喪中なのに喪中ハガキを送ってない相手から年賀状が届いてしまったら、その返事として寒中見舞いを出すとか。

あとは、「年賀」の期間が過ぎてしまった後に、「いやー、年賀状間に合わなかったスマンスマン」という形で寒中見舞いを出す場合もあって、今回僕はこのパターンです。正式には、「松の内」を過ぎたら年賀状ではなく寒中見舞いで出した方が良いそうですよ。
ちなみに、松の内がいつまでなのか調べてみたのですが、1月7日だったり、10日だったり、15日だったり、いろいろまちまちみたいですね。まぁとりあえず、松の内が終わったら門松を片付けることになっているので、街角から門松が見当たらなくなったら年賀状じゃなくて、寒中見舞いの方を出した方が良さそうです。

さて、注文方法はいたって簡単。Amazonで注文した後、つながるプリント.comから印刷データ作成ページのURLが送られてくるので、そのページへアクセスして手順に従って入力していくだけ。今回僕は利用しませんでしたが、宛名プリントにも対応しているみたいですね。これは便利。

さくっと入力完了し、あとは届くのを待つだけ。

▼いろいろな絵柄から選べます
c0060143_1659523.png


▼自宅に印刷された寒中見舞いはがきが届きます
c0060143_17481802.jpg


僕と家族の名前と、住所がきちんと印刷されていて、あとはちょっと手書きのコメントなんかを追記したりして、寒中見舞いを発送しました。いつもは自宅のプリンターでつくることが多いのですが、注文できるのは便利ですね。選べるデザインもいろいろあって、どれにするか結構迷いました。

喪中の相手に贈るのももちろん、ついつい出しそびれてしまった年賀状を寒中見舞いで送るのはありですね。


つながるプリント.com

ブログで口コミプロモーションならレビューブログ

by t0maki | 2016-01-26 18:27 | モニターレビュー | Comments(0)
c0060143_10260166.jpg


スマートウォッチを2つ付けて生活しています。右手にMisfit社のSHINE、左手にHUAWEI社のTalkBand B2。どちらも、歩数や睡眠を自動的に計測してくれる、健康管理のウェアラブルデバイスです。モニターレビュー用に、それぞれの企業さんより製品を提供いただき、両方使っています。

丸っこい方の「SHINE」の特徴は何と言ってもその電池持ちの良さ。4ヶ月くらいは持つそうです。今のところ、2ヶ月に使ってますが全く電池切れの気配もなく。
c0060143_10260171.jpg

風呂に入る時も、寝る時も、ずっと付けっぱなしで生活しています。軽いので、付けてるのも忘れそう。

一方のTalkBand B2も防水なんですが、こちらは僕が使ってるモデルが革のベルトの仕様なので、さすがに風呂の中には持ち込んでません。Bluetoothの受話器になるので、これで電話の音声が聞こえます。あと、計測値はこっちの方が正確。歩いたり、走ったり、自転車に乗ったりを自動で判別。睡眠も、眠りの深さも含めてかなり正確ですが、たまに映画見てじっとしてると寝てることにカウントされたりも。まぁ、そこらへんは。

c0060143_10260121.jpg


バッテリーのもちは、2日くらいかな。だいたい、風呂に入ってる時に充電しています。それと、眠る時は革のバンドをちょっと緩めに調整して寝ます。走る時はちょっときつめとか。

カジュアルに身につけて使いやすいのはSHINEの方。ただし、時計も5分刻みだけだし、計測値も目安程度。
がっつり計測してくれて、受話器にもなる多機能なのはTalkBand B2の方。ただし、バッテリーの持ちと、サイズの大きさが若干ネック。

それぞれ特長があるので、適した方を選んでください。




by t0maki | 2016-01-22 00:05 | モニターレビュー | Comments(0)
c0060143_23554575.jpg

FREETOOさんより、超音波式加湿器 アロマディフューザーの製品をご提供いただいたので、レビューを書きますね。ちょうどこの乾燥した季節にピッタリ。LEDライトとアロマのミストに思いっきり癒されちゃってください。

▼こんな感じのアロマディフューザー。
こんな感じのアロマディフューザー。


▼LEDの色は、いろいろ変えられます。
LEDの色は、いろいろ変えられます。


▼カポってはずすとこんな感じ。
カポってはずすとこんな感じ。


▼蒸気、ふしゅー。
蒸気、ふしゅー。


▼立ち上るミスト
ふしゅーーーー


▼LEDの色が変わる、アロマディフューザー。
LEDの色が変わる、アロマディフューザー。


使い方はカンタン。外側のカバーをカポっとはずし、中にある漏斗をさかさまにしたみたいな蓋をとり、メモリのとこまで水を注ぎます。あとは、閉じてスイッチを入れるだけ。
左側のライトボタンでLEDライトをオン。じわじわと発光色が変わるので、任意のところでもう一度スイッチを押すと、色が固定になります。で、もう一度押すとLEDライトがオフになります。
もちろん、LEDライトをオフにしたままで、ミストのみで使うこともできます。
右側のスイッチを押すと、ミストが出てきます。二回目押すと、ミストがインターバルになります。で、三回目でオフ、と。通常のミストは3時間くらい、インターバルにすると6時間くらいもつようです。

使い方はこれだけ。水にアロマを2,3滴垂らして、香りのミストを楽しみます。

うちは、LEDライトの光をループのままにしておいて、じわじわと色が変わっていくのをずっと眺めて楽しんでいます。アロマは付属していないので、お好きな香りをご自分で用意して使ってみてください。

デザインもシンプルで良い感じ。
唯一「惜しいな」と思ったのは、これって電源コードが必要なのですよね。これで充電式だったら持ち運べて便利なのになーとは思いました。

今、Amazonのページを見たら品切れになってたので、また入荷したらぜひどうぞ。



by t0maki | 2016-01-21 23:58 | モニターレビュー | Comments(0)
c0060143_23023656.jpg


単三電池で動く他に、なんとUSB給電もできる電動の鉛筆削りです。Ohuhuさんからいただいたので、製品レビューを書きますよ。

(オフフ) Ohuhu 電動 鉛筆削り 電池式orUSB駆動式 予備用シャープナー付き 一年間品質保証

電動の鉛筆削りです。鉛筆を差し込むと、ウィンウィン削ってくれます。芯が尖ると自動でストップする機構らしいのですけど、力入れて押すと止まらないのね。ここら辺、ちょっとコツが要りそう。

▼USBケーブルと、替えの刃もついてます。
お次はこちら


▼単三電池、もしくはUSBケーブルで給電。
単四電池、もしくはUSBケーブルで給電。


▼削りかすを捨てる時は、カバーをカポッと外します。
削りかすを捨てる時は、カバーをカポッと外します。


▼たくさん削った。
たくさん削った。


コンパクトで場所を取らず、かなり便利ですよ。



by t0maki | 2016-01-13 20:23 | モニターレビュー | Comments(0)
c0060143_23032156.jpg


いや、思った以上に本格的でごっつい剪定バサミでした。Ohuhuさんに製品を提供いただいて、レビュー書きます。

(オフフ) Ohuhu 剪定鋏 230mm 切断径:20mm 予備用の刃とスプリング 付 (20mm)

といっても、それほどレビューポイントは無いんですけどね。手に持った感じ、結構重量感があって、かなりがっつり切れそうな感じ。園芸用に使うのももちろん、工作用にも使えそうだな、と。

▼ごっつい剪定バサミ
ごっついハサミ


▼ジャキーン
ジャキーン


▼スペアパーツも付いてました。
スペアパーツも付いてました。


この、スペアパーツが付いてるのって、良いですよね。刃を交換したり、スプリングを替えたり。長く重宝しそうな剪定バサミです。



by t0maki | 2016-01-13 20:15 | モニターレビュー | Comments(0)

   
Back to Top